裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62865 
刑事22155民事40710
罪名
公務執行妨害
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
公務執行妨害の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
公務執行妨害を犯した場合、 3.7%の確率で無罪、
96.3%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
48
3
1
12
0
48 件中 1/1 ぺージ
執行猶予
った旨を述べているが,共謀による公務執行妨害ということで逮捕勾留されていた被告人...よって判示のとおり,各被告人の単独での公務執行妨害行為の限度で認定した次第
懲役1年6月
威力業務妨害,兇器準備集合,公務執行妨害被告事件... (2) また,被告人は,昭和46年11月24日,兇器準備集合及び公務執行妨害の被疑...停止されていた公訴時効が再び進行して,遅くとも兇器準備集合,公務執行妨害被告事
懲役1年
護事務担当の神戸市a区役所吏員に対し,判示の暴行を加えた公務執行妨害の事案
破棄
 本件公訴事実につき、差戻し後の第一審判決は、公務執行妨害、傷害の事実を認...認められず、また、認定可能な被告人らの行為は、いまだ公務執行妨害罪あるいは...議する過程でなされたものであることをも考慮すれば、いずれも公務執行妨害罪に
判示要旨:公務執行妨害罪にいう「暴行」に当たるとされた事例
控訴を棄却
に対する暴力行為等処罰に関する法律違反、威力業務妨害、窃盗、公務執行妨害の...違反、公務執行妨害、傷害の事実(同第三)については、ほぼ公訴事実どおりの事...物損壊、公務執行妨害、傷害の各行為(○△□襲撃事件と同一の事実)に及び、遂
判示要旨:甲事実につき逮捕・勾留中の被疑者に対する乙事実についての取調べが違法とされ、その取調べに基づく被疑者の供述調書の証拠能力が否定される場合
破棄
た、被告人Cに関しては、原審の本件審理中に言い渡された別件の公務執行妨害、
判示要旨:一 複数の集団による暴行・脅迫と騒擾罪における共同意思 二 騒擾罪における共同意思と故意との関係 三 騒擾罪の成立が認められた事例
破棄
判決は、公務執行妨害罪の主観的成立要件としての職務執行中であることの認識の...ずれも公務執行妨害罪に該当するとして、起訴されたものである。...して、公務執行妨害罪は成立しないと判示し、さらに、暴行罪の成否については、被告人の行為は、暴行罪の構成要件に該当するが、その法益侵害の程度も極めて軽
判示要旨:一 刑法九五条一項にいう職務の範囲 二 刑法九五条一項における職務の執行中であるか否かの判断に際しその性質上ある程度継続した一連の職務として把握するのが相当であるとされた事例 三 刑法九五条一項における職務の執行が終了したものではないとされた事例 四 公務執行妨害罪の主観的成立要件としての職務執行中であることの認識の程度
破棄
和五〇年三月二四日午前五時一〇分ころ、公務執行妨害の現行犯人として大阪府布...にそれぞれ該当するので、公務執行妨害、暴行及び器物損壊の各罪については所定
判示要旨:公務員の作成中の文書と刑法二五八条にいう「公務所ノ用ニ供スル文書」
破棄
現認した丸の内警察署巡査B3が同被告人を公務執行妨害の現行犯人として逮捕す...察署巡査B2が、公務執行妨害の現行犯人として逮捕された前記A10を丸の内警...たので同被告人を公務執行妨害の現行犯人として逮捕するため、右暴行の直後同被
判示要旨:昭和二五年東京都条例第四四号集会、集団行進及び集団示威運動に関する条例違反の罪を具体的危険犯と解し無許可又は条件違反の集団行動につき公共の安寧に対する具体的危険の発生を認めた事例
破棄
いものであり、更に、第二の公務執行妨害の所為は、その法益侵害の程度に鑑みて
判示要旨:昭和三六年静岡県条例第五七号集団示威運動等に関する条例一〇条の合憲性
破棄
 論旨一は、原判示第一の公務執行妨害、傷害の事件当時、被告人Aは、左手にカ... しかしながら、刑法九五条一項に定める公務執行妨害罪は、公務員によつて行わ...同被告人に公務執行妨害罪の刑責を問うことは許されない。これに反する原判決は
判示要旨:県農林部水産課技師に対する暴行が刑法九五条一項にいう「職務ヲ執行スルニ当リ」加えられたものとは認められないとされた事例
破棄
くその余の公務執行妨害、傷害、放火未遂、建造物侵入未遂、放火予備の各罪につ...放火予備罪の刑で処断することとし、更に右の罪と公務執行妨害などの各罪とを刑...ほか数名と共謀のうえ、一、の公務執行妨害、傷害、放火未遂、建造物侵入未遂な
判示要旨:兇器準備集合罪と共謀共同正犯の成否
破棄
た、鉄道公安職員の右の職務が公務執行妨害罪の客体たる公務にあたることは、既... 第二節 被告人A3に対する公務執行妨害、傷害被告事件関係...す。)に対する本件公務執行妨害、傷害の公訴事実につき、信用性の高い検察側証
判示要旨:列車の発進を妨害したピケツテイングが正当な行為ではないとして威力業務妨害罪を構成するとされた事例
破棄
器準備集合、公務執行妨害をした、との訴因については、公訴を棄却する。...兇器準備集合及び公務執行妨害の各所為と同日午後七時二五分ころ同都同区a町b...意を継続して行つた兇器準備集合及び公務執行妨害の各包括一罪となる所為と判断
判示要旨:公訴事実の同一性がないとされた事例
破棄
 所論は、原判示第一の公務執行妨害の事実についての理由不備の主張であつて、...要するに、刑法九五条一項の公務執行妨害罪の判示には、公務員の適法な公務の執...て、「右調査を実施するに当り」と判示し、判示第一の公務執行妨害の事実摘示
判示要旨:刑法九五条一項の「公務員ノ職務ヲ執行スルニ当リ」の判示につき理由不備の違法があるとされた事例
破棄
 所論は、原判示第一の兇器準備集合罪と同第二の公務執行妨害罪とは刑法五四条...を公務執行妨害の所為に対する単なる手段としてのみ評価することはできない。ま
判示要旨:兇器準備集合罪と公務執行妨害罪との罪数関係
破棄
年法律第六一号による改正前のもの。)三条一項一号に、公務執行妨害の点は刑法...刑処分一日一〇〇〇円に処し、理由中で、公務執行妨害罪については犯罪の証明が... 原判決が右のごとく公務執行妨害罪の成立を認めなかつた理由の骨子は、右Bにつき適用があると解すべき労働基準法三二条一項はその本質上強行規定であつて、
判示要旨:労働基準法所定の労働時間の制限を超える公務の執行と公務執行妨害罪の成否
破棄
れに抵抗した被告人の行為は公務執行妨害罪を構成しない、(三)被告人の原判示
判示要旨:刑訴法二八六条の二の合憲性
破棄
 論旨は、原判決は、被告人AのB巡査に対する公務執行妨害の訴因事実中、同被... よつて検討するのに、本件の訴因は公務執行妨害であつて器物損壊ではないので...に対する暴行行為は公務執行妨害罪にあたらないばかりでなく、正当防衛として暴
判示要旨:一、 組合員の就労を阻止したピケツテイングが労働組合法一条二項にいわゆる正当性の範囲を逸脱したものとして威力業務妨害罪が成立するとされた事例 二、 現に犯罪が行なわれている場合における警察官の制止行為と警察官職務執行法五条との関係
破棄
判示要旨:一、 いわゆる東大事件に対するグループ別審理方式の適否 二、 弁護人が控訴趣意の陳述を肯んじない場合と手続の進行
破棄
     原判決中起訴状記載の公訴事実第一、第二(各公務執行妨害の罪)、及...公務執行妨害罪の構成要件に該当することを認めた。...人の本件所為は原判決の認容するとおりB3教頭に対する公務執行妨害罪を構成す
判示要旨:職員組合の役員をしている県立高校の教諭が自己の勤務している高校の校長または教頭に対し加えた暴行、傷害の所為が公務執行妨害罪、傷害罪、職務強要罪としての実質的違法性を欠くものではないとされた事例
破棄
 原判決が有罪と認定した公務執行妨害罪の犯行並びに前記兇器準備集合罪の犯行... (原判示の公務執行妨害罪の事実に加え、当裁判所の新たに認定した兇器準備集...時措置法二条、三条(懲役刑選択)に、原判示の公務執行妨害の所為は刑法九五条
判示要旨:一、 刑法第二〇八条の二の一項の解釈 二、 前同条同項にいわゆる兇器にあたる一事例 三、 前同条同項前段所定の兇器準備集合罪の成立する一事例
破棄
行は公務執行妨害罪を構成しない旨判示したけれども、本件当時、横浜郵便局出入...する被告人らの暴行につき公務執行妨害罪の成立を否定した原判決には重大な事実...た被告人両名の所為はかかる観点からしても公務執行妨害罪を構成するものという
判示要旨:一、 郵便局における労働争議に際し、違法なピケッティングによつて当該郵便局の一切の業務が停止された場合と右警察官職務執行法第五条後段の「財産に重大な損害を受ける虞があつて急を要する場合」との関係 二、 ピケッティングが威力業務妨害罪を構成する場合におけるピケ隊員に対する警察官の引き抜き行為の適法性
破棄
本件デモ行進の制止行為は公務の執行に該当せず、従つて被告人に公務執行妨害罪...示のように同助役に暴行を加えて原判示傷害を与えた行為は公務執行妨害罪の成立...原判決が公務執行妨害罪の成立を肯定したことには何ら法令の解釈適用の誤りがあ
判示要旨:一、 駅のホームが刑法第一三〇条の建造物に該当する事例 二、 日本国有鉄道における駅長の助役に対する勤務時間延長の業務命令を適法とした事例
破棄
 公務執行妨害罪にいわゆる「公務員の職務を執行するに当り」とは、公務員が現
判示要旨:駅構内運転掛詰所勤務の運転掛が「その職務の執行に当つていたもの」と認められる事例
破棄
二五八条に、公務執行妨害の事実(第一審判示第二の事実)は同法九五条一項に、...脅迫の事実(第一審判示第三の事実)は同法二二二条一項罰金等臨時措置法二条三条に各該当するので、公務執行妨害及び脅迫の罪につき所定刑中いずれも懲役刑を
判示要旨:一 刑法第二五八条にいう「公務所ノ用ニ供スル文書」の意義 二 公文書毀棄罪にあたるとされた事例
破棄
 (三) 被告人A12に対する公務執行妨害の公訴事実につき、原審が同被告人...援にかけつけたB9、B8巡査らが、被告人A1をB7巡査に対する公務執行妨害...より公務執行妨害の現行犯人として逮捕されんとした時右B9巡査部長の左拇指を
判示要旨:いわゆる自動車検問の許される場合
破棄
 被告人Bの公務執行妨害に関する弁護人の控訴趣意及び同被告人の控訴趣意につ...法な公務執行行為であるから、これに対する妨害は公務執行妨害罪を構成しないと...ものとも認められない。)これに対する妨害行為が公務執行妨害罪を構成すること
判示要旨:昭和二四年岐阜県条例第二八号行進又は示威運動に関する条例第一条、第五条の効力
破棄
排除行為を暴行もしくは脅迫によつて妨害したとしても、公務執行妨害罪は成立し...員両名に対し、原判示の如き各暴行を加えたため、公務執行妨害の現行犯人として...為をなしたので、同人等はこれを公務執行妨害の現行犯人として逮捕したものであ
判示要旨:一、 鉄道公安職員は鉄道営業法第四二条第一項の「鉄道係員」にあたるか 二、 不法な目的で鉄道地内に立入つたりなどした鉄道職員と鉄道営業法第四二条第一項の「旅客及公衆」 三、 鉄道営業法第四二条第一項にいわゆる「退去セシムルコトヲ得」の意義および憲法第三一条との関係
破棄
 原判示公務執行妨害の事実はこれに対応する原判決挙示の証拠によつて優にこれ...を認めることができるのである。もとより公務執行妨害罪の成立するがためには、...に該当する公務執行妨害罪をもつて論じなければならない。されば、これと同一の
判示要旨:一、 警察官が職務質問のために進行中の自動車を停車させる行為の適法性 二、 職務質問のために進行中の自動車の運転者に停車を命じ、その自動車の扉に手をかけた警察官を、停車しないでそのまま引きずつた行為と公務執行妨害罪
破棄
     同被告人に対する本件公訴事実中、公務執行妨害(原判示第一の(一)...は、正当防衛であつて公務執行妨害罪を構成しないものと解せられるのである。而...認め得るから、同被告人の行為は正当防衛に該当し、未だ公務執行妨害罪を構成す
判示要旨:被疑者を逮捕する場合における方式違反と公務執行妨害罪の成否
控訴を棄却
 そもそも公務執行妨害罪が成立するにはその職務の執行が適法であることを要す... 更に所論は被告人A3、同Bには公務執行妨害の犯意も、艦船覆没の犯意も存し...には公務執行妨害及び艦船覆没の未必的犯意があつたものと謂わねばならない。
判示要旨:海上における漁業に関する現行犯の検挙と海上衝突予防法規遵守の要否
破棄
いたから、公務執行妨害の故意がない、被告人A14に関する原審証人B26は...の行為は公務執行妨害罪とならない」と判断したのである。...暴行脅迫を加えた場合公務執行妨害罪が成立する、と主張するのである。
判示要旨:一、 公務執行妨害罪における執行行為の適法性の要件 二、 公務員に認定権または裁量処分権を認められているばあいの執行行為の適法性の認定標準 三、 被疑者を逮捕するばあいにおける方式違反と公務執行妨害罪の成否
控訴を棄却
ら、A3らの所為につき公務執行妨害、傷害罪の成立が認め得られる以上、被告人
判示要旨:集団行進の際に行われた暴行脅迫行為につき右集団行進に参加していた者が共謀してこれに加担したものと認められるための要件
破棄
にすぎなかつた旨主張する<要旨第一>のであるが、刑法公務執行妨害罪における公
判示要旨:一、 巡査の夜警邏勤務と刑法第九五条の「公務員の職務の執行」 二、 何人かが不法に持ち出した巡査の拳銃等をその持ち出した者以外の者が返還のため携帯する行為といわゆる不法所持罪の犯意の存否
破棄
ないから、之に対し暴行を加えても公務執行妨害罪は成立しないと謂うのである。...公務執行妨害罪の成立するにはその妨害が公務員の適法な職務の執行に当り為され...為とは謂い難く、従つてこれに対し暴行を加えても公務執行妨害罪が成立する謂わ
判示要旨:泥酔者の保護と公務執行妨害
破棄
人において右Aの撮影行為を妨げたとしても、被告人につき公務執行妨害罪は成立...しない。従つてこれを公務執行妨害罪に問擬した原判決は法令の適用を誤つたもの...を要する右手背打撲傷を与えた。そこで即座に被告人は公務執行妨害の現行犯とし
判示要旨:逮捕状執行の現場における警察官の写真撮影行為を正当なる公務の執行とした事例
上告を棄却
きに至らせ、以てその公務を妨害したる事実を認定し、これに公務執行妨害罪の刑
判示要旨:一 上告申立をした原審弁護人がその資格で提出した上告趣意書の効力 二 上告趣意書提出期間後に上告審の弁護届を提出した原審弁護人が右期間内に提出した上告趣意書の効力 三 刑法第九五条と鉄道営業法第三八条との関係
破棄
法第九十五条第一項の公務執行妨害罪とはその構成要件を異にする別個...令の如何により、公務執行妨害罪のみが成立する場合もあり、或は審判妨害罪と公...公務執行妨害罪によつて処断すべきで両者は一般法と特別法の関係に立つものでは
判示要旨:一、 いわゆる誘導尋問が禁止されない場合 二、 裁判所法第七三条の罪と刑法第九五条第一項の罪との関係
破棄
公務執行妨害罪は成立しないと主張するので、この点につき判断する。 案ずる...し前示の如き暴行を加えた被告人の行為が公務執行妨害罪を構成することもまた論
判示要旨:一、 失業対策事業に従事する労働者は団体交渉権を有するか 二、 右労働者がその越冬資金の支給方を交渉することは右団体交渉権の行使か
破棄
について被告人を免訴し、原判決の確定した恐喝、公務執行妨害の所為について法...令を適用すると、恐喝の点は刑法二四九条一項、六〇条に、公務執行妨害の点は同
破棄
決が公務執行妨害の罪と傷害の罪とを刑法五四条一項前段の一所為数法の関係にお...のは正当であるが、公務執行妨害の罪の刑が三年以下の懲役又は禁錮と定められ罰...一の事実中、公務執行妨害の点は刑法九五条一項に、傷害の点は同法二〇四条罰金
判示要旨:一 刑法第五四条第一項前段の法意 二 公務執行妨害罪と傷害罪が刑法第五四条第一項前段の関係にある場合に傷害罪所定の罰金刑で処断することは適法か
破棄
する公務執行妨害の公訴事実につき事実を誤認し有罪と断じて判決を言渡したが該
判示要旨:一、 昭和二三年政令第二三八号第一七条における「検査」の告知の一事例 二、 同政令第一七条第三項の解釈 三、 同政令に基く県吏員の検査行為の法律上の根拠
破棄
判示要旨:A少将の一九五〇年六月一七日発B官房長官宛覚書の国内的効力
無罪
 最後に公務執行妨害罪の成否をみるに前同日午前九時三十分頃小千谷警察署長以...分執行後のもの)並びに公務執行妨害は、いずれも犯罪の証明なく、また同A21...ち、前段説示によつて明かとなつた無罪事実については公務執行妨害の点を除き関
判示要旨:争議行為としての生産管理の非合法性
48 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in