裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62934 
刑事22171民事40763
罪名
公務執行妨害
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
公務執行妨害の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
公務執行妨害を犯した場合、 3.7%の確率で無罪、
96.3%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
48
3
1
12
0
512 件中 9/11 ぺージ
◀前    次▶
3 4 5 6 7 8 9 10 11
控訴を棄却
て、本件は併合罪の関係にある二つの公務執行妨害罪をもつて起訴されたのである...が、もともと公務執行妨害罪の法定刑たるや、三年以下の懲役又は禁錮の刑である...えたという、公務執行妨害の事実と基本的事実関係を同一とするものであるから、
判示要旨:一、 刑訴第二八九条第一項の刑の意味 二、 勾留状に記載した被疑事実と起訴状記載の犯罪事実と相違する場合でも右勾留状による勾留を違法でないとした事例
上告を棄却
等の所為につき公務執行妨害罪の成立を認めたことを非難するに帰するのであつて、...迫によつてこれを妨害した被告人等の所為が公務執行妨害罪を構成することは多言
判示要旨:税務署員が被告人等の暴行脅迫により捜索差押許可状を呈示できなかつた場合と公務執行妨害罪の成立
上告を棄却
判示の暴行を加えたことが明かであるから、公務執行妨害罪の成立することは当然
判示要旨:刑訴第四一一条にあたらない一事例−収税官吏が臨検捜索にあたり被告人の暴行により令状を示すことができなかつた場合
破棄
決が公務執行妨害の罪と傷害の罪とを刑法五四条一項前段の一所為数法の関係にお...のは正当であるが、公務執行妨害の罪の刑が三年以下の懲役又は禁錮と定められ罰...一の事実中、公務執行妨害の点は刑法九五条一項に、傷害の点は同法二〇四条罰金
判示要旨:一 刑法第五四条第一項前段の法意 二 公務執行妨害罪と傷害罪が刑法第五四条第一項前段の関係にある場合に傷害罪所定の罰金刑で処断することは適法か
上告を棄却
判示要旨:判決書末尾の年月日は判決宣告年月日と認むべきか
上告を棄却
共犯者等と意思を連絡して公務執行妨害及び恐喝を犯したことが認められるから共
判示要旨:刑訴第二二六条・第二二七条に基づく裁判官の証人尋問と弁護人に対する尋問の日時および場所の通知
上告を棄却
巡査Aが上司の命を受け、Bを公務執行妨害の現行犯として逮捕しようとした際こ...公務執行妨害の罪責を負うべきは当然である。所論は右と異なる事実を前提とする...人が公務執行妨害の正犯として処罰を受けるのは当然であるから、かかる見解を是
上告を棄却
旨に関聯して、本件の場合公務執行妨害罪が成立するか否かの問題を考えてみるに、...ないところである。のみならず仮りに事実がそうであつて、公務執行妨害罪が成立
判示要旨:刑訴法第四一一条にあたらない一事例(公務執行妨害罪と暴行罪)
上告を棄却
ては差押許可状の無効は少しも右公文書毀棄罪及び公務執行妨害罪の成否に影響す
判示要旨:差押の許可の瑕疵は他の差押許可の効力に影響をおよぼすか
上告を棄却
の認定し、原審もこれを肯認したとおり逮捕、監禁、公務執行妨害等の刑法に触れ
上告を棄却
判示要旨:一 憲法第二八条にいわゆる「団体行動をする権利」の行使に該当しない一事例 二 刑法第九五条第二項にいわゆる「公務員の処分」の意義
棄却
は公務執行妨害罪を構成することは勿論であつて原判決には所論のような違法はな
判示要旨:警察官の職務質問の正当性
破棄
 本件の刑法第九十五条の公務執行妨害罪と同法第二百四条の傷害罪との観念的競...き選択刑として定められている罰金以下の刑は、軽い罪たる公務執行妨害罪につき... しかして、原判決は右の公務執行妨害及び傷害の罪と他の傷害の罪とを併合罪と
判示要旨:観念的競合犯におけるその最も重い刑をもつて処断する場合の刑
上告を棄却
あると主張するが、原判決の認定した事実は公務執行妨害罪の構成要件を具備する
棄却
由行動を阻害する作用を為す以上この種の行為は公務執行妨害罪の構成要件たる暴...り被告人がその職務執行を妨害する為暴行を為したと云う公務執行妨害罪につき公...され之を処罰の対象と為し得る場合は格別本件の如き公務執行妨害の事実のみを捉
判示要旨:公務執行妨害罪における暴行の一事例
控訴を棄却
判示要旨:国税徴収法第三一条の二第五項第三号の場合における決定の趣意
控訴を棄却
判示要旨:搜索と差押を併せ行うために一通の令状を作成することと憲法第三五条第二項違反の有無
上告を棄却
判示要旨:脅迫行為にあたる事例
上告を棄却
判示要旨:刑訴第四一一条を適用すべきものと認められない事例―破棄自判に当つて他の論旨についての判断を省略した場合
控訴を棄却
判示要旨:集会集団行進及び集団示威運動に関する東京都条例の合憲性の有無
控訴を棄却
判示要旨:刑法第九五条第一項の暴行にあたる一事例
上告を棄却
之に対して暴行又は脅迫を加えたときは公務執行妨害罪に該当するものといわなけ...あるということはできないのであつて、従つて判示被告人の行為は公務執行妨害罪...告人を公務執行妨害罪に問擬したことは相当であつて、論旨はその理由がない。
判示要旨:一 収税官吏が検査章を携帯せずにした物件検査行為とこれに対する公務執行妨害罪の成否 二 収税官吏に対して暴行脅迫を加えてその職務の執行を妨げた場合の罪責
控訴を棄却
であり之を妨害した被告八等六名の行為は公務執行妨害罪に該当することは疑な
判示要旨:逮捕状に記載すべき被疑者の氏名の解釋
破棄
という理由から、直に本件被告人の前示所為が公務執行妨害罪を構成しないものと...速断してはならない。公務執行妨害罪は、公務員がその一般的権限に属する事項に...適法な執行行為と認められる以上、公務執行妨害の成立を妨ぐるものではない。本
判示要旨:逮捕状の緊急執行の手続
破棄
する公務執行妨害の公訴事実につき事実を誤認し有罪と断じて判決を言渡したが該
判示要旨:一、 昭和二三年政令第二三八号第一七条における「検査」の告知の一事例 二、 同政令第一七条第三項の解釈 三、 同政令に基く県吏員の検査行為の法律上の根拠
512 件中 9/11 ぺージ
◀前    次▶
3 4 5 6 7 8 9 10 11

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in