裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62865 
刑事22155民事40710
罪名
公務執行妨害
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
公務執行妨害の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
公務執行妨害を犯した場合、 3.7%の確率で無罪、
96.3%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
48
3
1
12
0
511 件中 8/11 ぺージ
◀前    次▶
3 4 5 6 7 8 9 10 11
上告を棄却
判示要旨:平和条約発効前における団体等規正令並びに昭和二三年政令第二三八号に基く法務総裁または都道府県知事の命により解散団体の財産接収に従事する公務員と交務執行妨害罪
控訴を棄却
の公務執行を原判示の如く妨害した被告人等三名の所為は、公務執行妨害罪を構成
判示要旨:国税犯則取締法第三条第八条第一・二項該当の一事例
棄却
 右被告人にかかる公務執行妨害、傷害被告事件につき、被告人から勾留取消請求
破棄
ものと認められないときは、これを以て公務執行妨害罪を構成する暴行ということ...結局原判決は公務執行妨害罪における暴行の判示として欠くるところがあるものと...公務執行妨害罪の成立を肯定し得ないわけではない。なほ、原判示D等数名の収税
判示要旨:公務執行妨害罪を構成する暴行と認められない事例
上告を棄却
判示要旨:警察吏員の職務執行(いわゆる職務質問)として許容される一事例
上告を棄却
判示要旨:起訴状記載の罪名と勾留状記載の罪名とが異なる場合と勾留の効力
棄却
 右被告人にかかる公務執行妨害、傷害被告事件につき被告人から勾留理由開示の
破棄
人において右Aの撮影行為を妨げたとしても、被告人につき公務執行妨害罪は成立...しない。従つてこれを公務執行妨害罪に問擬した原判決は法令の適用を誤つたもの...を要する右手背打撲傷を与えた。そこで即座に被告人は公務執行妨害の現行犯とし
判示要旨:逮捕状執行の現場における警察官の写真撮影行為を正当なる公務の執行とした事例
棄却
判示要旨:高等裁判所のした保釈請求却下決定に対して最高裁判所に抗告をなし得るか
上告を棄却
判示要旨:正当な団体交渉行為にあたらない事例
却下
 右被告人にかかる公務執行妨害、傷害被告事件につき被告人から当裁判所に対し
却下
判示要旨:勾留が不当に長いか否かは劃一的に決せられるか
却下
判示要旨:同一勾留に対する勾留理由開示請求の許否
上告を棄却
判示要旨:正当な職務質問と認められる事例
上告を棄却
判示要旨:器物損壊罪における告訴権者 ―法廷の椅子の管理者―
上告を棄却
きに至らせ、以てその公務を妨害したる事実を認定し、これに公務執行妨害罪の刑
判示要旨:一 上告申立をした原審弁護人がその資格で提出した上告趣意書の効力 二 上告趣意書提出期間後に上告審の弁護届を提出した原審弁護人が右期間内に提出した上告趣意書の効力 三 刑法第九五条と鉄道営業法第三八条との関係
上告を棄却
判示要旨:警察官等職務執行法第二条にいう「職務質問」は公務執行妨害における公務か
控訴を棄却
 被告人の本件行為が公務執行妨害罪を構成することは論旨第一点に対する判断中... <要旨第二>所論、鉄道営業法第三十八条の規定は公務執行妨害罪に対する特別法
判示要旨:一、 鉄道営業法違反の現行犯人を逮捕しようとした鉄道公安職員に対する右犯人の暴行と公務執行妨害罪の成否 二、 刑法第九五条と鉄道営業法第三八条の関係
破棄
のであつて、強盗殺人罪と公務執行妨害罪の起訴事実であるのに対し、原判決は、...の一部と認定)と単純殺人の併合罪として認定し、(二)公務執行妨害の点は、C...公務執行妨害罪は成立しないとしていることは所論のとおりである。
判示要旨:一、 準強盗による強盗殺人罪の成立しない一事例 二、 刑訴第二一二条にいわゆる罪を行い終つてから間がないと明らかに認められる場合の一事例 ○判決要旨 一、 窃盗未遂の犯人が犯行現場から追跡をうけることなく逃走し、約百米位のところで、一時間位休息した後、帰途につき、さらにそこから百数十米位離れたところを通行していたとき、届出により犯人捜査中の司法巡査に誰何されて逃走し、組み付いてきた同巡査を逮捕を免かれるために殺害しても、その殺害行為は窃盗未遂の犯行の機会継続中においてなされたものとは認められないので準強盗による強盗殺人罪は成立しない。 二、 司法巡査が届出により窃盗未遂の犯罪の発生を知り、犯人ははだしで懐中電燈を携えていることを唯一の手懸りとして犯人捜査中、犯行後一時間半位を経過した頃、犯行の現場から二百数十米位しか離れていない地点で、午前二時半頃の深夜、褌一つの裸体で首に空風呂敷をかけ、しかも手懸りどおり、はだしで懐中電燈を携え異様な風体をして歩いて行く者の姿を目撃し、右犯人と思料して誰何したのにその者が突如、逃走しようとしたときは、誰何されて逃走しようとする者が、罪を行い終つてから間がないと明らかに認められるときに該当する。
棄却
判示要旨:訴訟費用負担の裁判の執行処分に関する異議申立が理由のない一場合
控訴を棄却
のである。それで私は公務執行妨害の現行犯として逮捕しようと思つた。そこへB
判示要旨:警案吏員の正当な職務質問行為と認めた事例
破棄
判示要旨:一、 法廷の秩序維持のために不当な行状をする者を法廷の存在する建物の外にまで退去せしめる裁判官の命令は違法か 二、 法廷における不当な行状の事例
破棄
法第九十五条第一項の公務執行妨害罪とはその構成要件を異にする別個...令の如何により、公務執行妨害罪のみが成立する場合もあり、或は審判妨害罪と公...公務執行妨害罪によつて処断すべきで両者は一般法と特別法の関係に立つものでは
判示要旨:一、 いわゆる誘導尋問が禁止されない場合 二、 裁判所法第七三条の罪と刑法第九五条第一項の罪との関係
破棄
 (1) 公務執行妨害、傷害の点について... 法律に照すと、被告人の右第一の所為中公務執行妨害の点は刑法第九五条第一項...発物取締罰則第六条に各該当するところ、公務執行妨害と傷害とは一個の行為にし
判示要旨:爆発物取締罰則第六条適用の一事例
上告を棄却
 論旨第一点は、被告人Bを公務執行妨害罪に問擬したことは憲法二八条に違反す
棄却
判示要旨:集会集団行進および集団示威運動に関する京都市条例の合憲性
破棄
公務執行妨害罪は成立しないと主張するので、この点につき判断する。 案ずる...し前示の如き暴行を加えた被告人の行為が公務執行妨害罪を構成することもまた論
判示要旨:一、 失業対策事業に従事する労働者は団体交渉権を有するか 二、 右労働者がその越冬資金の支給方を交渉することは右団体交渉権の行使か
破棄
について被告人を免訴し、原判決の確定した恐喝、公務執行妨害の所為について法...令を適用すると、恐喝の点は刑法二四九条一項、六〇条に、公務執行妨害の点は同
控訴を棄却
判示要旨:一、 争議行為として行われるピケツテイングの合法性の限界 二、 警察官等職務執行法第五条後段にいわゆる「その行為を制止すること」の意義
上告を棄却
判示要旨:公務執行妨害罪の保護法益
控訴を棄却
対し暴行を加えた被告人の行為は公務執行妨害罪を成立すること論がない。
判示要旨:警察職員が現行犯人でないものを現行犯人と思料して逮捕せんとする行為の適法性
上告を棄却
に対する暴行であるから、公務執行妨害罪を構成するものであると判示している(
判示要旨:刑法第九五条にいわゆる暴行にあたる一事例。
上告を棄却
そして、第一審判決は、その判示第四において、公務執行妨害を認めたものではな
判示要旨:刑訴第四一一条にあたらない一事例(適条の誤記)
控訴を棄却
て、本件は併合罪の関係にある二つの公務執行妨害罪をもつて起訴されたのである...が、もともと公務執行妨害罪の法定刑たるや、三年以下の懲役又は禁錮の刑である...えたという、公務執行妨害の事実と基本的事実関係を同一とするものであるから、
判示要旨:一、 刑訴第二八九条第一項の刑の意味 二、 勾留状に記載した被疑事実と起訴状記載の犯罪事実と相違する場合でも右勾留状による勾留を違法でないとした事例
511 件中 8/11 ぺージ
◀前    次▶
3 4 5 6 7 8 9 10 11

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in