裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62865 
刑事22155民事40710
罪名
公務執行妨害
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
公務執行妨害の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
公務執行妨害を犯した場合、 3.7%の確率で無罪、
96.3%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
48
3
1
12
0
511 件中 7/11 ぺージ
◀前    次▶
3 4 5 6 7 8 9 10 11
破棄
いたから、公務執行妨害の故意がない、被告人A14に関する原審証人B26は...の行為は公務執行妨害罪とならない」と判断したのである。...暴行脅迫を加えた場合公務執行妨害罪が成立する、と主張するのである。
判示要旨:一、 公務執行妨害罪における執行行為の適法性の要件 二、 公務員に認定権または裁量処分権を認められているばあいの執行行為の適法性の認定標準 三、 被疑者を逮捕するばあいにおける方式違反と公務執行妨害罪の成否
控訴を棄却
ら、A3らの所為につき公務執行妨害、傷害罪の成立が認め得られる以上、被告人
判示要旨:集団行進の際に行われた暴行脅迫行為につき右集団行進に参加していた者が共謀してこれに加担したものと認められるための要件
上告を棄却
判示要旨:一 強盗傷人とならない一事例 二 牽連犯の要件
上告を棄却
は公務執行妨害罪と傷害罪との観念的競合一罪を構成するこというまでもなく、従...つてまたその現場におけるこれらの公務執行妨害傷害罪の現行犯人を併せ逮捕しよ...たか或は本件被告人等の公務執行妨害傷害行為に妨げられて不成功に終つたかは被
上告を棄却
は公務執行妨害罪と傷害罪との観念的競合一罪を構成するこというまでもなく、従...つてまたその現場におけるこれらの公務執行妨害傷害罪の現行犯人を併せ逮捕しよ...したか或は本件被告人等の公務執行妨害傷害行為に妨げられて不成功に終つたかは
上告を棄却
は公務執行妨害罪と傷害罪との観念的競合一罪を構成するこというまでもなく、従...つてまたその現場におけるこれらの公務執行妨害傷害罪の現行犯人を併せ逮捕しよ...したか或は本件被告人等の公務執行妨害傷害行為に妨げられて不成功に終つたかは
判示要旨:一 緊急逮捕をするにあたつて被疑者の特定がされていたと認められる事例 二 右の場合急速を要し裁判官の逮捕状を求めることができないと認められる事例 三 緊急逮捕をするにあたつて逮捕の理由を告げたと認められる事例
上告を棄却
いうのであるから、被告人の右所為が公務執行妨害罪を構成すること、即ち公務員
上告を棄却
審の法律見解であつて、所論のように本件公務執行妨害の構成要件に該当する罪と
判示要旨:一 判例と相反する判断をしたことにならない一事例 二 昭和二五年東京都条例第四四号に違反する集団示威運動と認められる一事例 −国会に対する請願および陳情と認められない場合−
上告を棄却
判示要旨:一 憲法第三八条第一項の法意 二 氏名の黙秘権の有無 三 氏名黙秘の弁護人選任届の却下は憲法第三七条第三項第三八条第一項に違反するか 四 憲法第二八条の保障する団体行動に該当しない一事例
上告を棄却
 本件のごとく、公務執行妨害と傷害とが刑法五四条一項前段の関係に立つ場合には法定刑の重い傷害罪の規定によつて処断すべきであるが、そうだといつて傷害罪...については定めがあつても、公務執行妨害罪については定めのない罰金刑をもつて
判示要旨:刑法第五四条第一項前段にいう「其最モ重キ刑ヲ以テ処断ス」の意義
上告を棄却
判示要旨:公務執行妨害罪の保護法益
控訴を棄却
も、刑法第二百八条の単純暴行罪にあたるのみで、同法第九十五条の公務執行妨害... (二) 原判決が、被告人BのQ巡査に対する公務執行妨害行為に対し、刑法第
判示要旨:職務執行の一時的不能と公務執行妨害罪の成否
上告を棄却
判示要旨:一 公文書偽造罪の判示として正当と認められる一事例 二 偽造外食券の形式外観 三 心神耗弱の主張に対する判断の遺脱は絶対的控訴理由となるか 四 右判断遺脱は訴訟手続の法令違反として常に判決に影響するか
上告を棄却
判示要旨:検察官の上訴と憲法第三七条第一項第一三条
棄却
一三〇条、六〇条に、同第一の(四)の所為中公務執行妨害の点は、同法九五条一
判示要旨:団体行動権の行使と認められない一事例
控訴を棄却
害を加えたことはこれを公務執行妨害と傷害とのいわゆる想像的競合犯と認定する
判示要旨:警察官吏が職務質問に際しなしたる任意同行を適法なる職務の執行と認めた事例
上告を棄却
判示要旨:一 建造物侵入罪と不退去罪との関係 二 被告人が法廷の秩序維持のため退廷させられた場合とその証人審問権
上告を棄却
為が公務に非ざることを前提として本件公務執行妨害罪の成立を否定する論旨は採... 更に所論は、原判決がした公務執行妨害罪における公務執行の解釈につき違憲を
判示要旨:封印破毀罪の成立する一事例
上告を棄却
判示要旨:同時に同一場所で数名の県事務吏員の公務の執行を妨害した場合の罪数
控訴を棄却
判示要旨:新聞記者の取材活動と不可分の関係にある行為を妨害した所為と業務妨害罪の成否
上告を棄却
判示要旨:一 退廷命令に基づき法定の在る建物の外まで退去させることができるか 二 法廷秩序維持権の及ぶ場所的範囲 三 法廷秩序維持権の及ぶ時間的限界 四 警備員に対して退廷命令を出したら傍聴人の法廷のある建物の外に出すようにと事前に指示したことの可否
上告を棄却
判示要旨:公務執行妨害罪の保護法益
棄却
公務執行妨害・暴行被告事件につき罰金二千円と懲役六月の判決言渡を受け、同月
判示要旨:一 刑訴第三六二条にいわゆる「責に帰することができない事由」の意義 二 上訴権回復請求の許されない一事例
上告を棄却
の執行を脅迫によつて阻止した被告人の所為をもつて、公務執行妨害罪にあたるも
上告を棄却
判示要旨:一 刑訴法第二〇一条第二項の準用する同法第七三条第三項にいわゆる「急速を要するとき」にあたる一事例 二 逮捕状を所持しない司法巡査が被疑者を逮捕しようとするに当り被疑者を奪還するためになした暴行と公務執行妨害罪の成立
棄却
の認定した事実を建造物侵入、公務執行妨害及び傷害罪に間擬処断したのは正当で
判示要旨:ある労働組合の正当な組合大会がその組合員所属の工場構内で開催された際にこれを応援するためにその工場構内に入つた他の労働団体員の行為が刑法第一三〇条の不退去罪となる事例
上告を棄却
判示要旨:刑訴第二一〇条の緊急逮捕の規定は合憲か
上告を棄却
判示要旨:差押令状または捜索令状における押収または捜索すべき場所を表示する程度
上告を棄却
加えたので同被告人を公務執行妨害罪の現行犯として逮捕しようとした事実を認定
上告を棄却
告適法の理由に当らない。(本件起訴状は、公務執行妨害罪の構成要件である公務
破棄
文、第十条に則り犯情の最も重いと認める公務執行妨害罪につき定めた刑に法定の
判示要旨:ある団体の結成式は刑法第二三四条にいう業務にあたるか
破棄
にすぎなかつた旨主張する<要旨第一>のであるが、刑法公務執行妨害罪における公
判示要旨:一、 巡査の夜警邏勤務と刑法第九五条の「公務員の職務の執行」 二、 何人かが不法に持ち出した巡査の拳銃等をその持ち出した者以外の者が返還のため携帯する行為といわゆる不法所持罪の犯意の存否
破棄
右Aが改札掛としてなす業務は刑法第九十五条(公務執行妨害)に規定する公務に...該当すること多言を要しない。然り而して公務執行妨害罪の成立には公務に従事す...公務執行妨害罪の成立には何等関係するところがないものである。その他記録を精
判示要旨:国鉄駅改札掛に対し公務執行妨害罪が成立するとした事例
上告を棄却
のみにより破棄自判して右公務執行妨害の部分をも有罪とした。このような手続は
判示要旨:警察吏員の職務執行(いわゆる職務質問)として許される一事例
破棄
ないから、之に対し暴行を加えても公務執行妨害罪は成立しないと謂うのである。...公務執行妨害罪の成立するにはその妨害が公務員の適法な職務の執行に当り為され...為とは謂い難く、従つてこれに対し暴行を加えても公務執行妨害罪が成立する謂わ
判示要旨:泥酔者の保護と公務執行妨害
棄却
 右Aに対する公務執行妨害、昭和二四年埼玉県条例第四三号違反、住居侵入、B、...C、Dに対する公務執行妨害、昭和二四年埼玉県条例第四三号違反、傷害各被告事
上告を棄却
判示要旨:刑事訴訟に関する手続を法律で定めることと憲法第七七条
上告を棄却
判示要旨:昭和二四年埼玉県条例第四三号(集団行進及び集団示威運動に関する条例)の合憲性
棄却
公務執行妨害の罪を構成する脅迫にあたるものと解すべきである。
判示要旨:公務執行妨害の罪を構成する脅迫にあたる一事例
511 件中 7/11 ぺージ
◀前    次▶
3 4 5 6 7 8 9 10 11

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in