裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62865 
刑事22155民事40710
罪名
公務執行妨害
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
公務執行妨害の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
公務執行妨害を犯した場合、 3.7%の確率で無罪、
96.3%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
48
3
1
12
0
511 件中 6/11 ぺージ
◀前    次▶
2 3 4 5 6 7 8 9 10
上告を棄却
措置に抵抗しても公務執行妨害罪は成立しないと主張するものであるが、刑訴二〇
判示要旨:被疑者の逮捕引致後における留置場所変更の適否。
無罪
判示要旨:第一審の無罪判決を維持した第二審判決に対する被告人の上訴権。
破棄
二五八条に、公務執行妨害の事実(第一審判示第二の事実)は同法九五条一項に、...脅迫の事実(第一審判示第三の事実)は同法二二二条一項罰金等臨時措置法二条三条に各該当するので、公務執行妨害及び脅迫の罪につき所定刑中いずれも懲役刑を
判示要旨:一 刑法第二五八条にいう「公務所ノ用ニ供スル文書」の意義 二 公文書毀棄罪にあたるとされた事例
上告を棄却
判示要旨:昭和二四年愛知県条例第三〇号(行進又は集団示威運動に関する条例)第五条等の合憲性。
上告を棄却
判示要旨:三重県公安委員会運営規程(昭和二九年同県公安委員会規則第一号)第七条に基づき三重県警察本部長専行規程(昭和二九年県公安委員会規程第二号)第三条により同警察本部長が専行した示威行進等の許可は憲法第二一条に違反し無効であるか。
破棄
 (三) 被告人A12に対する公務執行妨害の公訴事実につき、原審が同被告人...援にかけつけたB9、B8巡査らが、被告人A1をB7巡査に対する公務執行妨害...より公務執行妨害の現行犯人として逮捕されんとした時右B9巡査部長の左拇指を
判示要旨:いわゆる自動車検問の許される場合
上告を棄却
判示要旨:公共企業体等労働関係法第一七条違反の争議行為と労働組合法第一条第二項。
控訴を棄却
判示要旨:刑訴第三二一条第一項第二号後段但書所定の要件を欠く事例
破棄
作成の公務執行妨害被疑事件捜査現場図二葉、同巡査作成の時間測定報告書、押収...立向う様子を示し、A巡査を脅迫してその捜索を妨げた行為が、公務執行妨害罪を...あるからこれを省略し、また弁護人の控訴趣意は、原審が公務執行妨害罪の起訴に
判示要旨:被疑者を逮捕する場合に刑訴第二二〇条の規定に基づき人の住居等に入り被疑者の捜索をする必要性判断の基準
上告を棄却
判示要旨:刑務所長の事前の命令なき戒具の使用が適法な職務の執行と認められた事例。
上告を棄却
判示要旨:収税官吏の公務執行行為にあたるとした事例。
上告を棄却
判示要旨:一 県教職員組合役員の組合員に対する所為が正当行為といえない事例 二 刑法第九五条にいわゆる暴行の意義
上告を棄却
判示要旨:刑訴法第四一一条にあたらない事例―心神耗弱の主張に対する判断遺脱。
控訴を棄却
 論旨は、公務執行妨害罪が成立するには、適法な公務の執行があることを要す...しかるに原判決が判示第二について公務執行妨害罪の成立を認めたのは、法令の解... <要旨>公務執行妨害罪の成立するためには、適法な職務の執行を前提とすること
判示要旨:刑務所長の事前の命令に基づかないでなした看守の受刑者に対する革手錠使用の適用の適法性
破棄
 被告人Bの公務執行妨害に関する弁護人の控訴趣意及び同被告人の控訴趣意につ...法な公務執行行為であるから、これに対する妨害は公務執行妨害罪を構成しないと...ものとも認められない。)これに対する妨害行為が公務執行妨害罪を構成すること
判示要旨:昭和二四年岐阜県条例第二八号行進又は示威運動に関する条例第一条、第五条の効力
上告を棄却
判示要旨:一 騒擾罪の成立と共同意思 二 騒擾罪における多衆の意義 三 右共同意思の意義 四 騒擾罪における暴行の意義 五 騒擾罪と他の罪名に触れる暴行脅迫 六 騒擾罪における暴行又は脅迫と認められる場合 七 右罪における共同意思の内容
上告を棄却
判示要旨:昭和二五年京都市条例第六二号、集会、集団行進及び集団示威運動に関する条例の合憲性。
上告を棄却
判示要旨:昭和二五年広島市条例第三二号集団行進及び集団示威運動に関する条例の合憲性。
上告を棄却
々被疑事実の要旨や令状発布の事実を告げなかつたとしても、公務執行妨害罪の成
上告を棄却
判示要旨:証拠物たる録音テープの証拠調の方法。
破棄
排除行為を暴行もしくは脅迫によつて妨害したとしても、公務執行妨害罪は成立し...員両名に対し、原判示の如き各暴行を加えたため、公務執行妨害の現行犯人として...為をなしたので、同人等はこれを公務執行妨害の現行犯人として逮捕したものであ
判示要旨:一、 鉄道公安職員は鉄道営業法第四二条第一項の「鉄道係員」にあたるか 二、 不法な目的で鉄道地内に立入つたりなどした鉄道職員と鉄道営業法第四二条第一項の「旅客及公衆」 三、 鉄道営業法第四二条第一項にいわゆる「退去セシムルコトヲ得」の意義および憲法第三一条との関係
上告を棄却
加えた被告人の原判示所為は、刑法九五条の公務執行妨害罪を構成するものといわ
判示要旨:郵便集配人と公務員。
控訴を棄却
について、それが鉄道公安官であれば公務執行妨害罪或は職務強要罪となり、その...行に対する暴行脅迫による妨害が公務執行妨害にあたることは勿論である。このよ... そこで、つぎに、Dの職務の執行が公務執行妨害罪の対象たる保護に値する適法
判示要旨:一、 国鉄車掌の職務執行に対する公務執行妨害罪の成否 二、 国鉄車掌の職務執行の適法性を認めた事例
上告を棄却
された本件妨害行為は公務執行妨害罪を構成すること明らかである。そして前記施
上告を棄却
行を刑法九五条一項の公務執行妨害罪に問擬した原判決は正当でありこれを攻撃す
判示要旨:公務執行妨害罪の成立する事例。
上告を棄却
告人等の右職員に対する公務執行妨害罪の成立は、所論小樽市条例が所論のごとく... 所論第一、第二は、本件小樽市条例の違憲を主張し、ひいて、本件公務執行妨害... 所論二は、本件小樽市条例の違憲を主張し、ひいて、本件公務執行妨害罪の不成立を主張するものであるが、その理由のないことは、前示杉之原弁護人論旨第一に
判示要旨:一 公務執行妨害罪の成立する事例 二 刑訴法第三二一条第一項第一号第二号の書面の証拠能力と供述者の公判期日等における供述の任意性
破棄
 原判示公務執行妨害の事実はこれに対応する原判決挙示の証拠によつて優にこれ...を認めることができるのである。もとより公務執行妨害罪の成立するがためには、...に該当する公務執行妨害罪をもつて論じなければならない。されば、これと同一の
判示要旨:一、 警察官が職務質問のために進行中の自動車を停車させる行為の適法性 二、 職務質問のために進行中の自動車の運転者に停車を命じ、その自動車の扉に手をかけた警察官を、停車しないでそのまま引きずつた行為と公務執行妨害罪
上告を棄却
判示要旨:刑法第二三八条の強盗にあたる事例。
破棄
ないから、原判決が漫然公務執行妨害罪の成立を認めたのは、重大な事実の誤認を...を公務執行妨害罪に該るものと認定したのは、明らかに法律の適用を誤つた違法が
判示要旨:税関職員の関税犯則違反現行犯人の逮捕等の職権の有無
控訴を棄却
暴行を加えても、公務執行妨害罪は成立せず、また、その暴行により前記両巡査に...り、被告人がこれを排除するため暴行を加えても、公務執行妨害罪は成立せず又暴
判示要旨:一、 刑訴第二〇一条第二項の準用する同法第七三条第三項にいわゆる「急速を要するとき」にあたる一事例 二、 右法条による逮捕手続として被疑者に対し、単に罪名および逮捕状が発せられている旨を告げたのみで被疑事実の要旨を告げずになされた逮捕と公務執行妨害罪の成否
上告を棄却
判示要旨:労働組合法第一条第一項の目的達成のための正当行為と認められない事例。
破棄
     同被告人に対する本件公訴事実中、公務執行妨害(原判示第一の(一)...は、正当防衛であつて公務執行妨害罪を構成しないものと解せられるのである。而...認め得るから、同被告人の行為は正当防衛に該当し、未だ公務執行妨害罪を構成す
判示要旨:被疑者を逮捕する場合における方式違反と公務執行妨害罪の成否
上告を棄却
判示要旨:法廷等の秩序維持に関する法律に規定する監置と憲法第三九条。
上告を棄却
判示要旨:一 公務執行妨害罪の職務行為の根拠となるべき法令を訴因として示すことの要否 二 警察官等職務執行法第五条の解釈、適用に誤ありと認められない事例 三 刑訴法第四〇〇条但書に違反しない事例
上告を棄却
判示要旨:一 本件ラムネ弾は爆発物取締罰則にいわゆる「爆発物」にあたるか。 二 刑法第九五条第一項にいう暴行と解すべき事例。
控訴を棄却
 そもそも公務執行妨害罪が成立するにはその職務の執行が適法であることを要す... 更に所論は被告人A3、同Bには公務執行妨害の犯意も、艦船覆没の犯意も存し...には公務執行妨害及び艦船覆没の未必的犯意があつたものと謂わねばならない。
判示要旨:海上における漁業に関する現行犯の検挙と海上衝突予防法規遵守の要否
控訴を棄却
ら一連の行為を捉えて暴行とし、刑法第九五条第一項の公務執行妨害罪を以て問擬
判示要旨:刑法第九五条の「暴行」にあたる一事例
上告を棄却
判示要旨:刑訴法第二一二条第一項にいう「現に罪を行い終つた者」にあたる事例
破棄
妨害、傷害罪で起訴され、右窃盗罪による未決勾留のまゝ右窃盗、公務執行妨害、...記公務執行妨害、傷害罪の刑期に算入し得ないとして、第一審判決中被告人に関す...が被告人の身柄につき他の公訴事実(公務執行妨害、傷害罪)についても及ぶ場合
判示要旨:原判決後になされた最高裁判所判決は刑訴法第四〇五条第二号にいう判例か
上告を棄却
判示要旨:微罪の主張と刑訴法第三三五条第二項
上告を棄却
収税官吏に対する本件被告人らの暴行脅迫をもつて刑法九五条一項の公務執行妨害...つて、刑法九五条一項の公務執行妨害罪に当るものとした原判決には、所論のような違憲違法ありといえない。それ故、論旨は理由がない。
判示要旨:一 わが国の公務員が進駐軍当局の命令によりその占領目的遂行のための行動に協力、補助する行為と刑法第九五条第一項にいう「公務員ノ職務ノ執行」 二 警察官吏または収税官吏が、裁判官の令状なくして、進駐軍当局の命令によりなした臨検、捜索、押収等の行為と憲法第三五条
511 件中 6/11 ぺージ
◀前    次▶
2 3 4 5 6 7 8 9 10

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in