裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62865 
刑事22155民事40710
罪名
公務執行妨害
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
公務執行妨害の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
公務執行妨害を犯した場合、 3.7%の確率で無罪、
96.3%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
48
3
1
12
0
511 件中 5/11 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
破棄
     原判決中起訴状記載の公訴事実第一、第二(各公務執行妨害の罪)、及...公務執行妨害罪の構成要件に該当することを認めた。...人の本件所為は原判決の認容するとおりB3教頭に対する公務執行妨害罪を構成す
判示要旨:職員組合の役員をしている県立高校の教諭が自己の勤務している高校の校長または教頭に対し加えた暴行、傷害の所為が公務執行妨害罪、傷害罪、職務強要罪としての実質的違法性を欠くものではないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:一 昭和二九年京都市条例第一〇号集会、集団行進及び集団示威運動に関する条例の合憲性 二 みだりに容ぼう等を撮影されない自由と憲法一三条 三 犯罪捜査のため容ぼう等の写真撮影が許容される限度と憲法一三条、三五条
控訴を棄却
事実は、いずれも公務執行妨害罪の構成要件を充足するものであるとしながら、結...公務執行妨害罪の構成要件を充足せず、罪とならないもの、右(三)についての認...応公務執行妨害罪の構成要件に該当する事実を認定しながら、その具体的態様にお
判示要旨:一、 可罰的違法性を欠くものと認められた事例 二、 憲法第五一条所定の国会議員のいわゆる免責特権の対象となる行為の範囲 三、 国会議場内における国会議員の行為の刑事訴追と議院の告訴、告発の要否
破棄
 原判決が有罪と認定した公務執行妨害罪の犯行並びに前記兇器準備集合罪の犯行... (原判示の公務執行妨害罪の事実に加え、当裁判所の新たに認定した兇器準備集...時措置法二条、三条(懲役刑選択)に、原判示の公務執行妨害の所為は刑法九五条
判示要旨:一、 刑法第二〇八条の二の一項の解釈 二、 前同条同項にいわゆる兇器にあたる一事例 三、 前同条同項前段所定の兇器準備集合罪の成立する一事例
上告を棄却
判示要旨:監獄法に規定する懲罰と憲法三九条後段
控訴を棄却
判示要旨:国税犯則取締法第二条による臨検、捜索差押許可状に基づき当該処分を執行するについて右許可状を処分を受ける者に対し示すことの要否
控訴を棄却
判示要旨:昭和二五年東京都条例第四四号集会、集団行進及び集団示威運動に関する条例第四条の合憲性
控訴を棄却
 よつて案ずるに、原判決が(本件写真撮影の違法と公務執行妨害罪の成否)の項... よつて案ずるに、原判決が(本件写真撮影の違法と公務執行妨害罪の成否)の項...において、公務執行妨害罪の成否につき判示するところは、結論においてこれを是
判示要旨:一、 わが国においていわゆる肖像権を認めることができるか 二、 犯罪捜査上相手方の意思に反しても写真撮影が容認されるのは如何なる場合か
上告を棄却
判示要旨:一、爆発物取締罰則第一条にいう「人ノ身体財産ヲ害セントスルノ目的ヲ以テ」の意義 二、刑訴法第二一二条第二項第四号にいう「罪を行い終つてから間がないとき」および「誰何されて逃走しようとするとき」にあたるとされた事例
上告を棄却
 所論は、公訴事実第一(議長に対する公務執行妨害の事実)について、事実誤認、...妨害する本件所為については、公務執行妨害罪の成立を妨げないと解すべきてある。...所論は、議事運営の違法を主張し、公務執行妨害罪の成立を否定すべしとするが、
判示要旨:一 地方議会の議事進行に関連する議員の刑事犯罪と議会または議長の告訴告発 二 地方議会の議事進行に関する議長の措置が会議規則に違反していたとしても刑法第九五条第一項にいう公務員の職務の執行にあたるとされた事例
上告を棄却
の職務の執行を妨害したことの故をもつて、被告人につき公務執行妨害罪の成立を
破棄
行は公務執行妨害罪を構成しない旨判示したけれども、本件当時、横浜郵便局出入...する被告人らの暴行につき公務執行妨害罪の成立を否定した原判決には重大な事実...た被告人両名の所為はかかる観点からしても公務執行妨害罪を構成するものという
判示要旨:一、 郵便局における労働争議に際し、違法なピケッティングによつて当該郵便局の一切の業務が停止された場合と右警察官職務執行法第五条後段の「財産に重大な損害を受ける虞があつて急を要する場合」との関係 二、 ピケッティングが威力業務妨害罪を構成する場合におけるピケ隊員に対する警察官の引き抜き行為の適法性
上告を棄却
に対し暴行脅迫を加えたときは公務執行妨害罪を構成するというものであつて、本
上告を棄却
判示要旨:公務執行妨害罪における職務としての現行犯人逮捕行為の適法性の判断基準
破棄
本件デモ行進の制止行為は公務の執行に該当せず、従つて被告人に公務執行妨害罪...示のように同助役に暴行を加えて原判示傷害を与えた行為は公務執行妨害罪の成立...原判決が公務執行妨害罪の成立を肯定したことには何ら法令の解釈適用の誤りがあ
判示要旨:一、 駅のホームが刑法第一三〇条の建造物に該当する事例 二、 日本国有鉄道における駅長の助役に対する勤務時間延長の業務命令を適法とした事例
上告を棄却
単なる法令違反の主張であり(刑法九五条一項に規定する公務執行妨害罪の成立に
判示要旨:一 執行吏が債権者たる会社の職員を補助者に使用することは執行吏執行等手続規則第一四条に違反するか 二 刑法第九五条第一項にいう暴行脅迫の程度およびその客体。
上告を棄却
判示要旨:一 昭和二五年東京都条例第四四号集会、集団行進及び集団示威運動に関する条例第五条の合憲性 二 右条例第一条の改正と刑の廃止の有無
上告を棄却
迫を加えたというのであるから、原審が被告人らの所為を公務執行妨害罪に当るも
判示要旨:刑訴法第二二〇第一項による捜索等が適法に行なわれたものと認められた事例。
上告を棄却
判示要旨:一 漁業監督吏員の権限の行使が管轄区域外のものであつても法令の根拠に基づく適法な公務の執行に属するものとされた事例。 二 中型機船底曳網漁業取締規則第二六条第二八条第四号の規定と罪刑法定主義。
控訴を棄却
ける供述によつて肯定できるから、被告人に公務執行妨害の犯意がないということ
判示要旨:逮捕状執行の現場における警察官の状況写真撮影行為の適法性(いわゆる肖像権との関係)
上告を棄却
判示要旨:合法的な集団である団体または多衆の威力を示して刑法第二二二条の脅迫罪を犯した場合と暴力行為等処罰ニ関スル法律第一条第一項の適用。
上告を棄却
を窃盗未遂、公務執行妨害、傷害罪の実行行為の一部と認定したものと認められる
判示要旨:窃盗犯の見張行為は窃盗犯の実行行為の一部であるか。−見張と共同正犯−
無罪
判示要旨:有効期間経過後の保管証の携帯と自動車運転免許証不携帯罪の成否
上告を棄却
この無効の規定によりなされた逮捕手続を適法と認め、公務執行妨害罪の成立を認
判示要旨:現行犯人としての逮捕が適法であると認められた事例。
破棄
判示要旨:一 旧警察法(昭和二九年法律第一六二号による改正前の警察法をいう。)に基づく公安委員会の廃止と昭和二四年岐阜県条例第二八号行進又は示威運動に関する条例第一条、第五条の効力。 二 昭和二四年岐阜県条例第二八号行進又は示威運動に関する条例第一条に規定するその場所の所在地の区域を管轄する公安委員会の趣旨。
上告を棄却
に対して暴行を加えたときは、公務執行妨害罪が成立するものと解するのが相当で
判示要旨:鉄道公安職員に対する暴行と公務執行妨害罪の成立。
破棄
 公務執行妨害罪にいわゆる「公務員の職務を執行するに当り」とは、公務員が現
判示要旨:駅構内運転掛詰所勤務の運転掛が「その職務の執行に当つていたもの」と認められる事例
上告を棄却
 同弁護人らの上告趣意公務執行妨害罪関係第一点について。
判示要旨:一 所得の申告と憲法第三八条第一項にいう「自己に不利益な供述」。 二 所得税逋脱額の算定に関する第一審判決の違法が、判決に影響を及ぼすこと明らかである場合にあたらないとされ、また、原判決を破棄しなければ著しく正義に反するものと認められないとされた事例。
控訴を棄却
 これと異る判断をなしBを公務の執行中であるとして被告人等を公務執行妨害罪
判示要旨:撮影者不明の写真に証拠能力を付与し得る場合の要件
511 件中 5/11 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in