裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62865 
刑事22155民事40710
罪名
公務執行妨害
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
公務執行妨害の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
公務執行妨害を犯した場合、 3.7%の確率で無罪、
96.3%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
48
3
1
12
0
511 件中 4/11 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
上告を棄却
判示要旨:いわゆる分割審理の違憲をいう主張が不適法とされた事例
上告を棄却
判示要旨:一、行政協定違反の主張であつて、刑訴法四〇五条にあたらないとされた例 二、憲法三七条三項違反の主張が欠前提とされた例
上告を棄却
判示要旨:第一審裁判所が併合審理要求及び国選弁護人の辞任申出を容れなかつたのは憲法三一条、三二条、三七条三項に違反するとの主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
判示要旨:いったん公判期日に出頭した被告人が法廷の秩序維持のため退廷を命ぜられたとき裁判所は刑訴法三四一条により当日の公判審理を行うことができるか
控訴を棄却
のであり、この事実が本条例三条三号、五条に該当するものとして、公務執行妨害、... 第一審判決は、公務執行妨害、傷害の点については、被告人を有罪としたが、本
判示要旨:一 昭和二七年徳島市条例第三号集団行進及び集団示威運動に関する条例三条三号の「交通秩序を維持すること」の意義とその犯罪構成要件としての明確性 二 昭和二七年徳島市条例第三号集団行進及び集団示威運動に関する条例三条三号、五条と道路交通法七七条一項四号、三項、一一九条一項一三号、徳島県道路交通施行細則一一条三号との関係
上告を棄却
判示要旨:いわゆる分割審理の違憲をいう主張が不適法とされた事例
破棄
 論旨一は、原判示第一の公務執行妨害、傷害の事件当時、被告人Aは、左手にカ... しかしながら、刑法九五条一項に定める公務執行妨害罪は、公務員によつて行わ...同被告人に公務執行妨害罪の刑責を問うことは許されない。これに反する原判決は
判示要旨:県農林部水産課技師に対する暴行が刑法九五条一項にいう「職務ヲ執行スルニ当リ」加えられたものとは認められないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:原判決の憲法解釈の当否が原判決の結論に影響するものでないことがその判示自体において明らかであるとして、違憲の主張が不適法とされた事例―いわゆる大阪中郵事件―
上告を棄却
判示要旨:いわゆる分割審理と被告人の防禦権
上告を棄却
判示要旨:原判決の年次休暇請求権の性質に関する法律判断の当否は、結論に影響を及ぼさないとして、右の誤りをいう憲法違反、判例違反の主張が不適法とされた事例
控訴を棄却
判示要旨:法廷の秩序維持のため被告人が退廷を命ぜられた場合において、刑訴法三二六条二項を適用して証拠を採用したことが違法でないとされた事例
破棄
くその余の公務執行妨害、傷害、放火未遂、建造物侵入未遂、放火予備の各罪につ...放火予備罪の刑で処断することとし、更に右の罪と公務執行妨害などの各罪とを刑...ほか数名と共謀のうえ、一、の公務執行妨害、傷害、放火未遂、建造物侵入未遂な
判示要旨:兇器準備集合罪と共謀共同正犯の成否
上告を棄却
判示要旨:原審判に司法行政介入等の違法がある旨の主張につき、理由なしと「なお書」された事例
上告を棄却
判示要旨:一 第一審における併合審理の範囲、程度が相当であるとされた事例 二 いわゆる裁定合議委員会の行なつた調査と裁判に対する司法行政の介入 三 司法行政の運営上必要な資料の入手といわゆる事件に関する予断
上告を棄却
判示要旨:公共企業体等職員の労働争議の際のピケツテイングが違法であるとしてこれを鎮圧排除しようとした警察官の実力行使に対してなされた暴行が公務執行妨害罪を構成するとされた事例
棄却
判示要旨:少年法三五条一項所定の再抗告につき憲法三一条、三二条違反の主張が欠前提とされた事例
破棄
た、鉄道公安職員の右の職務が公務執行妨害罪の客体たる公務にあたることは、既... 第二節 被告人A3に対する公務執行妨害、傷害被告事件関係...す。)に対する本件公務執行妨害、傷害の公訴事実につき、信用性の高い検察側証
判示要旨:列車の発進を妨害したピケツテイングが正当な行為ではないとして威力業務妨害罪を構成するとされた事例
上告を棄却
判示要旨:判決の結論に影響のない事項に関する違憲の主張として不適法とされた事例
破棄
器準備集合、公務執行妨害をした、との訴因については、公訴を棄却する。...兇器準備集合及び公務執行妨害の各所為と同日午後七時二五分ころ同都同区a町b...意を継続して行つた兇器準備集合及び公務執行妨害の各包括一罪となる所為と判断
判示要旨:公訴事実の同一性がないとされた事例
破棄
 第二、 控訴趣意第二部(公務執行妨害罪関係)第五点共謀に関する事実誤認の...面において、公務執行妨害の共謀が成立したものと認定されるという。... 公務執行妨害の共謀も認められない以上、先に認定したとおり、被告人らのうち
判示要旨:無許可の集団示威運動を昭和二五年東京都公安条例四条に基づいて阻止し解散させることのできる要件が備わつていないと認められた事例
上告を棄却
判示要旨:一 使用者の団体交渉拒否が正当とされた事例 二 原判決自体においてその結論に影響のないことが明らかな憲法解釈を非難する上告趣意の適否
破棄
 所論は、原判示第一の公務執行妨害の事実についての理由不備の主張であつて、...要するに、刑法九五条一項の公務執行妨害罪の判示には、公務員の適法な公務の執...て、「右調査を実施するに当り」と判示し、判示第一の公務執行妨害の事実摘示
判示要旨:刑法九五条一項の「公務員ノ職務ヲ執行スルニ当リ」の判示につき理由不備の違法があるとされた事例
控訴を棄却
判示要旨:弁護人が控訴趣意書に基づいてする弁論を肯じない場合に事件を終結した事例
破棄
の公務執行妨害罪および同法二〇四条の傷害罪にあたるものとして、被告人を懲役八月に処する旨の判決を言い渡した。これに対し、被告人は量刑不当を理由に控訴...対し、「本件当時大型貨物自動車を運転し、公務執行妨害、傷害の罪を犯したのは、...た結果、昭和四七年一〇月三日、右Bにつき、道路交通法違反、公務執行妨害、傷
判示要旨:身代り犯人について再審事由を理由に破棄無罪とした事例
破棄
 所論は、原判示第一の兇器準備集合罪と同第二の公務執行妨害罪とは刑法五四条...を公務執行妨害の所為に対する単なる手段としてのみ評価することはできない。ま
判示要旨:兇器準備集合罪と公務執行妨害罪との罪数関係
破棄
年法律第六一号による改正前のもの。)三条一項一号に、公務執行妨害の点は刑法...刑処分一日一〇〇〇円に処し、理由中で、公務執行妨害罪については犯罪の証明が... 原判決が右のごとく公務執行妨害罪の成立を認めなかつた理由の骨子は、右Bにつき適用があると解すべき労働基準法三二条一項はその本質上強行規定であつて、
判示要旨:労働基準法所定の労働時間の制限を超える公務の執行と公務執行妨害罪の成否
破棄
被告人らの各所為は、公務執行妨害罪を構成するものではなく、また、労働運動の...号五八七頁)の認めるところであり、また、かかる職務が公務執行妨害罪の客体たる公務にあたることも、同決定の示すとおりである(日本国有鉄道法三四条一項参...かけた被告人らの所為は、公務執行妨害罪を構成するものと解されるのである。
判示要旨:一、勤労者の争議行為に際して行なわれた犯罪構成要件該当行為について違法性阻却事由の有無を判断する一般的基準 二、A労働組合員らの争議行為の際における信号所侵入行為が刑法上の違法性を欠くものでなくその刑事責任を問うことが憲法二八条に違反しないとされた事例 三、鉄道営業法四二条一項により鉄道係員が旅客公衆を車外または鉄道地外に退去させるにあたり必要最少限度の強制力を用いることの可否と憲法三一条 四、旧「鉄道公安職員基本規程」(昭和二四年一一月一八日総裁達四六六号)三条、五条(現「鉄道公安職員基本規程(管理規程)」(昭和三九年四月一日総裁達一六〇号)二条、四条)に定める鉄道公安職員の鉄道施設警備等の職務と公務執行妨害罪における公務 五、A労働組合員らの争議行為の際におけるてこ扱所二階の信号所への立入り、同所に通ずる階段へのすわり込みが鉄道営業法三七条、四二条一項三号にいう公衆がみだりに鉄道地内に立ち入つた場合にあたるとされた事例 六、鉄道公安職員がてこ扱所二階の信号所に立ち入り同所に通ずる階段にすわり込んだA労働組合員らを鉄道営業法四二条一項により退去させる場合に許される強制力行使の程度
控訴を棄却
 論旨は要するに、原判示第二の公務執行妨害の事実について、同判示の道路にお...する自動車検問などの適法性の点を含め、原判示第二の公務執行妨害の事実を肯認...暴行は公務執行妨害に該当することは明白といわねばならない。
判示要旨:一、 交通取締の警察官に対する公務執行妨害罪が成立するとされた事例 二、 警察官の自動車検問ないし職務質問の適法性
取り消す
か二名に対する公務執行妨害等被告事件の審理中、検察官の起訴状朗読につづいて
判示要旨:公訴権濫用の主張に関し証拠開示命令が許されないとして取り消された事例
破棄
れに抵抗した被告人の行為は公務執行妨害罪を構成しない、(三)被告人の原判示
判示要旨:刑訴法二八六条の二の合憲性
上告を棄却
判示要旨:判例の具体的摘示を欠くとされた事例
破棄
判示要旨:警察官の職務質問の附随行為として所持品検査が許されるとされた事例
 つぎに、同被告人に対する公務執行妨害の訴因について検討する。...巡査B9の肩や腕を所携の棒で殴りつけたとの事実を、公務執行妨害罪に問うてい...為を目して、刑法九五条にいう公務執行妨害罪に問擬することは許されない。
判示要旨:一、 刑法一〇六条の規定と憲法三一条 二、 近接した日時場所において構成員を異にする多数の者がそれぞれした暴行脅迫を包括して一個の騒擾罪を構成するものと評価するための要件 三、 多数の者が集合して暴行脅迫をした場合各個人について騒擾罪の罪責を認めるための要件 四、 昭和二五年東京都公安条例四条にいう「所要の措置」に集団の解散措置を含むか 五、 昭和二五年東京都公安条例四条にいう「所要の措置」として集団を解散させるための要件を備えたものと認められなかつた事例 六、 多衆の者のした暴行脅迫がいまだ一地方の静ひつを害するに足りる程度に達していたものと認められないとして騒擾罪の成立が否定れた事例 七、 刑法一〇六条二号の率先助勢の罪が成立する時期 八、 少年が少年調査官にした供述調書の証拠能力
破棄
 論旨は、原判決は、被告人AのB巡査に対する公務執行妨害の訴因事実中、同被... よつて検討するのに、本件の訴因は公務執行妨害であつて器物損壊ではないので...に対する暴行行為は公務執行妨害罪にあたらないばかりでなく、正当防衛として暴
判示要旨:一、 組合員の就労を阻止したピケツテイングが労働組合法一条二項にいわゆる正当性の範囲を逸脱したものとして威力業務妨害罪が成立するとされた事例 二、 現に犯罪が行なわれている場合における警察官の制止行為と警察官職務執行法五条との関係
却下
判示要旨:一、刑訴法二〇条六号にいう「裁判官が事件について検察官の職務を行つたとき」の意義 二、さきに最高検察庁次長検事の職にあつた最高裁判所の裁判官につき刑訴法二〇条六号の除斥原因がないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:監獄法上の懲罰を受けた行為についての公訴の提起と憲法三九条
上告を棄却
認定するその余の事実関係のもとでは、被告人の原判示暴行に基づく公務執行妨害
判示要旨:職員組合の役員をしている県立高校の教諭が校長と職員の勤務条件等について交渉する過程で、校長または教頭に対し加えた暴行の所為が公務執行妨害罪、職務強要罪としての実質的違法性を欠くものではないとされた事例
破棄
判示要旨:一、 いわゆる東大事件に対するグループ別審理方式の適否 二、 弁護人が控訴趣意の陳述を肯んじない場合と手続の進行
上告を棄却
判示要旨:違憲の主張が原判決に対する適法な非難とならないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:昭和二五年東京都条例第四四号四条と憲法九四条
控訴を棄却
判示要旨:刑法二〇八条ノ二の「兇器」の意義
控訴を棄却
被告人の抵抗は逮捕後しかも不当逮捕に対する消極的抵抗であり、公務執行妨害及...は、「公務執行妨害になるということだと、証人としてはA3巡査がけられたとい...の供述には変遷があり、そのときH1巡査は、公務執行妨害になると思つた(五五
判示要旨:昭和二七年徳島市条例第三号集団行進及び集団示威運動に関する条例三条三号および五条の規定と憲法三一条との関係
控訴を棄却
法九五条一項を適用し公務執行妨害罪の成立を認めたことにはなんら誤りがあると
判示要旨:一、 昭和二五年東京都条例四四号(以下「都公安条例」という。)三条一項但書と憲法二一条 二、 都公安条例五条のうち東京都公安委員会かつけた条件の違反を処罰する部分と憲法三一条 三、 集団示威運動につき付された交通秩序維持に関する条件の違反を処罰することと憲法三一条二一条 四、 都公安条例四条は警察官職務執行法五条との関係で憲法九四条地方自治法一四条一項に違反するか
破棄
第二(二)事実(公務執行妨害)につき、被告人はその犯意、実行行為のみなら...決が弁護人の無罪の主張に対し、被告人が原判示公務執行妨害の際に、実行行為を...いでもないが、このことから直ちに被告人が本件公務執行妨害に無関係であるとな
判示要旨:刑法二〇八条ノ二の兇器にあたるとされた事例
上告を棄却
 なお、所論にかんがみ、刑法九五条一項の定める公務執行妨害罪の要件について...り離し得ない一体的関係にあるとみることができる範囲内の職務行為にかぎつて、公務執行妨害罪による保護の対象となるものと解するのが相当である。以上と異な...れたものとはいえないとし、公務執行妨害罪の成立を否定した点については、にわ
判示要旨:駅の助役に対する暴行が刑法九五条一項にいう「職務ヲ執行スルニ当リ」加えられたものとは認められないとされた事例
上告を棄却
窺われるから、安保条約が合憲であるかどうかは本件公務執行妨害罪の成否自体を
破棄
判示要旨:一 公共企業体等労働関係法一七条一項の合憲性 二 公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為と労働組合法一条二項の適用
上告を棄却
本件各所為がいずれも正当な争議行為にあたらないとして、公務執行妨害罪および...行為としての正当性を有しないものとして、公務執行妨害および威力業務妨害の各
判示要旨:公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為と労働組合法一条二項の適用
上告を棄却
判示要旨:一 国鉄連絡船の乗務船員でない国鉄労働組合員が航行中の同船内において勤務当直者でない乗務船員に対してオルグ活動をしようとして乗船した場合と船長の退去命令 二 国鉄労働争議における国鉄労働組合員の信号扱所侵入行為が正当性を欠き建造物侵入罪を構成するとされた事例
511 件中 4/11 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in