裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62865 
刑事22155民事40710
罪名
公務執行妨害
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
公務執行妨害の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
公務執行妨害を犯した場合、 3.7%の確率で無罪、
96.3%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
48
3
1
12
0
511 件中 3/11 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
上告を棄却
判示要旨:一 訴訟費用負担の主文例 二 刑法二〇八条の二にいう「兇器」等の文言があいまい不明確で憲法三一条に違反するとの主張が欠前提とされた事例 三 いわゆる分割審理をしたこと、国選弁護人の辞任申出を認めず弁護人不出頭のまま審理をしたこと等につき違憲をいう主張が欠前提とされた事例
破棄
の一の建造物侵入、第二の二の公務執行妨害、傷害及び火炎びんの使用等の処罰に
判示要旨:航空の危険を生じさせる行為等の処罰に関する法律一条にいう「航空の危険を生じさせた」ことの意義
棄却
判示要旨:裁判長が看守の着席位置に関してとつた措置に対する異議申立棄却決定が、刑訴法四三三条一項にいう決定にあたらないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:一 国選弁護人の解任がやむをえないとされた事例 二 被告人の国選弁護人選任請求を却下した裁判所の措置の当否と憲法三七条三項 三 国選弁護人の辞任の申出と解任の裁判の要否 四 国選弁護人の解任の裁判と事実の取調
上告を棄却
判示要旨:一 北海道はアイヌ民族の領土であつて日本国の領土でないことを前提とする違憲の主張が欠前提とされた事例 二 監獄法及び同法施行規則の規定する懲罰や戒護は刑罰ではないから同一の犯罪について二重に処罰されたものではないとして違憲の主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
判示要旨:暴行・傷害を共謀した共犯者のうちの一人が殺人罪を犯した場合における他の共犯者の罪責
上告を棄却
判示要旨:昭和三六年全国中学一せい学力調査が違憲であるとの主張を刑訴法四〇八条により処理した事例
上告を棄却
る妨害であつても、その態様のいかんによつて公務執行妨害罪(同法九五条)が競...においては、それは公務執行妨害罪の規定にいう公務員の職務の執行からは除外さ...競合を構成するのは格別、公務執行妨害罪と傷害罪との観念的競合を構成するもの
判示要旨:国鉄の気動運転士に対する暴行が公務執行妨害罪を構成するとされた事例
破棄
 原判決は、九名の警察官に対する公務執行妨害の点を除いてほぼ公訴事実どおり...渡した。九名の警察官に対する公務執行妨害罪が成立しないとした理由は、「被告...たものと認めるのが相当である」、また、「公務執行妨害罪が成立するためには、
判示要旨:一 刑法九五条一項における職務の執行中とはいえないとされた事例 二 爆発物の投てきから爆発までの間に職務の執行を開始した警察官に対し公務執行妨害罪が成立するとされた事例
破棄
る公務執行妨害のうち、A1警部を含む一〇名の警察官について、「鉄パイプ爆弾...きした際における公務執行妨害の成立が否定されたA1警部ら一〇名の警察官の外...する公務執行妨害罪の成立を否定するに至つたものであるというのである。
判示要旨:爆発物の投てきと爆発が刑法九五条一項の暴行にあたるとされた事例
控訴を棄却
D員七名をも公務執行妨害の現行犯として逮捕し、C及び被告人三名は引き続き勾...く、被告人らにおいて右逮捕行為を妨害した旨の各公務執行妨害の事実を認定した...警察官の宣伝カーのドアー開披作業に対する妨害が違法な公務執行妨害に当ること
判示要旨:現行犯逮捕の現場から自動車で三、四分直線距離約四〇〇メートル離れた警察署において被逮捕者の所持品等を捜索押収することが適法とされた事例
上告を棄却
判示要旨:公務執行妨害罪の現行犯人として逮捕された直後の両手錠をかけたまま呼気検査についての違憲(三一条)主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
判示要旨:職務質問及び交通の危険防止のため自動車の窓から手を差し入れエンジンキーを回転してスイツチを切り運転を制止した警察官の行為が適法とされた事例
棄却
判示要旨:司法警察員による建物差押処分を取り消す旨の準抗告決定に対する特別抗告の決定中に、「なお、所論にかんがみ職権により調査するもいまだ刑訴法四一一条を適用すべきものとまでは認められない。」との判示が付加された事例―いわゆる成田・横堀要塞差押事件―
破棄
判決は、公務執行妨害罪の主観的成立要件としての職務執行中であることの認識の...ずれも公務執行妨害罪に該当するとして、起訴されたものである。...して、公務執行妨害罪は成立しないと判示し、さらに、暴行罪の成否については、被告人の行為は、暴行罪の構成要件に該当するが、その法益侵害の程度も極めて軽
判示要旨:一 刑法九五条一項にいう職務の範囲 二 刑法九五条一項における職務の執行中であるか否かの判断に際しその性質上ある程度継続した一連の職務として把握するのが相当であるとされた事例 三 刑法九五条一項における職務の執行が終了したものではないとされた事例 四 公務執行妨害罪の主観的成立要件としての職務執行中であることの認識の程度
上告を棄却
判示要旨:被告人が秩序維持のため退廷を命ぜられ刑訴法三四一条により審理を進める場合と同法三二六条二項の適用の有無
上告を棄却
判示要旨:公労法一七条一項の規定が憲法二八条に違反しないとされた事例−いわゆる国労賃上斗争佐賀県久保田駅、鳥栖駅事件−
上告を棄却
職員による執行が、公務執行妨害罪によつて保護されるべき職務にあたる旨の原判...参照)、その反面において、わたくしは、この種の現業業務は公務執行妨害罪にお
判示要旨:公務執行妨害罪における職務にあたるとされた事例―いわゆる徳島専売公社事件―
上告を棄却
判示要旨:憲法三一条違反の主張(証拠物の領置手続等に瑕疵があるとの主張)が欠前提とされた事例
上告を棄却
判示要旨:刑訴法二一〇条の規定が憲法三三条に違反しないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:刑法二〇八条の二の規定違憲(三一条違反)の主張が欠前提として処理された事例
上告を棄却
判示要旨:法廷等の秩序維持に関する法律による監置の制裁後の公務執行妨害罪による処罰と憲法三九条
上告を棄却
判示要旨:公労法一七条一項は憲法二八条、三一条に違反しないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:いわゆる分割審理が正当であるとして違法の主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
をいう点は、本件被告人らの行為に公務執行妨害罪を適用することは、使用者と労
判示要旨:官公庁の労働争議で派生した暴力事犯に公務執行罪を適用するのは、憲法一四条、二八条に反するとの主張を欠前提で処理した事例
破棄
和五〇年三月二四日午前五時一〇分ころ、公務執行妨害の現行犯人として大阪府布...にそれぞれ該当するので、公務執行妨害、暴行及び器物損壊の各罪については所定
判示要旨:公務員の作成中の文書と刑法二五八条にいう「公務所ノ用ニ供スル文書」
破棄
現認した丸の内警察署巡査B3が同被告人を公務執行妨害の現行犯人として逮捕す...察署巡査B2が、公務執行妨害の現行犯人として逮捕された前記A10を丸の内警...たので同被告人を公務執行妨害の現行犯人として逮捕するため、右暴行の直後同被
判示要旨:昭和二五年東京都条例第四四号集会、集団行進及び集団示威運動に関する条例違反の罪を具体的危険犯と解し無許可又は条件違反の集団行動につき公共の安寧に対する具体的危険の発生を認めた事例
破棄
集団の学生らにつき共同加害の目的及び公務執行妨害の共謀を認定した第一審判決... 五 次に、原判決は、被告人らに対する公務執行妨害罪の刑責を否定するにあた...ほかに学生集団に公務執行妨害に関する共謀事実を認めるに足る十分な証拠はない
判示要旨:一、共同加害の目的が認められないとして兇器準備集合罪の成立を成否を否定した原判決に事実誤認の疑いがあるとされた事例 二、無許可集団示威運動と昭和二十五年東京都条例第四四号集会、集団行進及び集団示威運動に関する条例四条飯田橋
破棄
     被告人G及び同Hの公務執行妨害に関する部分につき本件上告を棄却す...事実は公務執行妨害罪、(第三)の事実は建造物侵入罪に該当するとして、起訴さ...に代えて同幇助の罪の成立を認め、公務執行妨害の点については、ほぼ公訴事実に
判示要旨:一、公共企業体等労働関係法一七条一項と憲法二八条 二、公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為と労働組合法一条二項の適用 三、公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為と刑事法上の処罰阻却 四、郵政職員の争議行為に参加を呼びかけた行為が郵便法七九条一項の罪の幇助罪による処罰を阻却されないとされた事例 五、公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為に際しこれに付随して行われた犯罪構成要件該当行為について違法性阻却事由の有無を判断する一般的基準 六、公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為に際しこれに付随して行われた建造物侵入行為が刑法上の違法性を欠くものではないとされた事例
却下
 右の者に対する昭和五二年(あ)第一八五号公務執行妨害被告事件につき、右申
判示要旨:第三小法廷裁判官全員に対する忌避申立が簡易却下された事例
上告を棄却
判示要旨:分割審理が憲法三七条、三一条に違反するという主張が欠前提とされた事例(A大B講堂事件)
上告を棄却
判示要旨:いわゆる主文二個の原判決中一つの部分について上告理由の記載がない場合の処理方法
上告を棄却
判示要旨:憲法三七条一項違反の主張(公平な裁判所とはいえないとの主張)が欠前提とされた事例
上告を棄却
判示要旨:いわゆる分割審理の違憲をいう主張、退廷命令をうけた被告人不在廷のままの審理の違憲をいう主張が「欠前提」とされた事例
上告を棄却
判示要旨:一、いわゆる分割審理が正当であるとして違憲の主張が欠前提とされた事例 二、裁判官が会同によつて影響を受けたとの違憲の主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
判示要旨:審理方式等に関し折衝しなかつたこと及び併合要求を容れなかつたことが正当であるとして違憲の主張が欠前提とされた事例
破棄
いものであり、更に、第二の公務執行妨害の所為は、その法益侵害の程度に鑑みて
判示要旨:昭和三六年静岡県条例第五七号集団示威運動等に関する条例一〇条の合憲性
上告を棄却
判示要旨:統一公判、統一折衝の申入れに応じなかつた措置及び国選弁護人の辞任の申出を容れなかつたことの違憲の主張が欠前提とされた事例
控訴を棄却
にこれに対し被告人が暴行を加えたとしても公務執行妨害罪は成立しない。この点... 被告人の控訴趣意中、原判示第二(公務執行妨害)についての事実誤認、法令適...結局公務執行妨害罪の成立を認めている点、原判決には右事実の誤認があるか、刑
判示要旨:アパート風五階建ビルの階段通路および同屋上を刑法一三〇条所定の「人の住居」にあたるとした事例
上告を棄却
 なお、所論にかんがみ職権により判断すると、原判決が公務執行妨害罪の成立を...一 原判決が認定した公務執行妨害の事実は、公訴事実と同一であつて、「被告人...でこれを元の椅子に腰かけさせ、その直後公務執行妨害罪の現行犯人として逮捕し
判示要旨:一 任意捜査において許容される有形力の行使の限度 二 任意捜査において許容される限度内の有形力の行使と認められた事例
上告を棄却
判示要旨:分割審理が違法でないとされた事例
棄却
 (4)、 被告人a3が監置二〇日に処され、その原因となつた公務執行妨害の...四四二頁参照)から、もとより所論の公務執行妨害を原因とする逮捕勾留が捜査官...の職権濫用には当たらないし、右公務執行妨害と事案を異にする本件で処罰された
判示要旨:一、 被告人らから暴行、ばとう、ひぼうを受けたことを理由に辞任を申し出た国選弁護人を解任しても解任権のゆ越濫用にならないとされた事例 二、 右解任後被告人らからされた国選弁護人の再選任請求を却下して弁護人がないまま審理判決した原審の措置が是認された事例
破棄
公務執行妨害罪における適法な職務の執行と認めるに足りる証明が不充分である。...したがつて、Bの被告人に対する排除行為が、公務執行妨害罪における適法な職務...の執行に当ると認定し、公務執行妨害罪の成立を認めた原判決は、事実を誤認し、
判示要旨:一、 官公署においてその執務に支障を生じさせる程度の行状をした者に対して庁舎管理権にもとづきこれを庁舎外に排除する行為の適法性 二、 庁舎管理権にもとづく排除命令の執行に際し外来者の一人が職員に傷害を加えた行為につき公務執行妨害罪が成立しないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:憲法三七条二項違反(第一審における被告人本人の反対尋問の制限の違反をいうもの)主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
判示要旨:憲法三七条一項、三一条違反(分割審理の違法)の主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
判示要旨:分割審理が違法でないとされた事例(A大事件)
上告を棄却
判示要旨:いわゆる分割審理及び国選弁護人の辞任申出を容れなかつたことの違憲をいう主張が不適法とされた事例
上告を棄却
判示要旨:兇器準備集合罪にいう「兇器」の意味が不明確で憲法三一条に違反するとの主張が排斥された事例
上告を棄却
判示要旨:乗務員を保護警備する職務を執行中の鉄道公安職員に対する暴行が公務執行妨害とされた事案につき、憲法三一条、二八条、一八違反の主張がいずれも欠前提とされた事例
511 件中 3/11 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in