裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62575 
刑事22110民事40465
罪名
非現住建造物等放火
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
👨‍⚖️AI裁判官
非現住建造物等放火を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役1-3年」に処する。
0
0
13
11
2
57 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2
控訴を棄却
非現住建造物等放火被告事件...等にライターで点火し,本件神社を全焼させた非現住建造物等放火(原判...の犯人性,③原判示第3の事件(非現住建造物等放火)における本件神社
上告を棄却
殺人,非現住建造物等放火被告事件...放火して全焼させたという殺人,非現住建造物等放火の事案である。
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(山口周南市連続殺人放火事件)
懲役7年
2。以下「非現住建造物等放火事件」という。...現住建造物等放火事件及び非現住建造物等放火事件については,被告人の具体的な...発炎筒を投げ込んで放火した(非現住建造物等放火事件)
懲役12年
判示要旨:所持金が尽きたときには死ぬしかないと考えていた被告人が、同居していた知的障害のある妹との無理心中を図り、自宅に放火して妹を殺害するなどした事案について、被告人を懲役12年に処した。
懲役3年6月
建造物侵入(変更後の訴因・建造物侵入,非現住建造物等放火)被告...人が放火した犯人であると認めるに足りる証拠もないとして非現住建造物等放火に
無期懲役
強盗殺人の点は同法240条後段に,非現住建造物等放火の点は同法109条1項...造物等放火との間にはそれぞれ手段結果の関係があり,非現住建造物等放火と死体
控訴を棄却
非現住建造物等放火被告事件
判示要旨:差し押えたパソコンに対する検証許可状を得てサーバにアクセスし、メール等を閲覧するなどの検証をして作成された検証調書等の証拠能力を否定したものの、その他の証拠については、本件検証がなくても、捜査機関がそれらの証拠を取得することが可能であったと認められるため、本件検証と密接な関連性がないとして証拠能力を認めた原判決の判断が是認された事例
控訴を棄却
建造物等以外放火,非現住建造物等放火,住居侵...非現住建造物等放火の公訴事実について
判示要旨:建造物等以外放火、非現住建造物等放火、住居侵入、器物損壊被告事件について、第一審が、建造物等以外放火及び非現住建造物等放火の各控訴事実につき無罪とした(住居侵入、器物損壊は有罪)のに対し、検察官が控訴を申し立てたところ、無罪とされた各事実について、被告人が犯行現場や同現場付近に立ち寄った事実が認められるものの、特定されている犯行時間帯が長時間に及ぶことや犯行現場への第三者の立ち入りが容易であること等から、第三者による犯行の機会も存在しており、被告人以外の者が犯人である可能性を十分に排斥できておらず、被告人が上記各犯行の犯人であることの証明がないと判断した原判決に論理則、経験則等に照らして不合理な点はないとして、控訴を棄却した事例。
無期懲役
判示要旨:殺人を伴わない現住建造物等への連続放火事案について、無期懲役とされた事例(裁判員裁判実施事件)
上告を棄却
せた非現住建造物等放火の事案,(2)...ーマーケットの建物の一部を焼損した非現住建造物等放火の事案,(6)
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(館山の放火殺人等事件)
懲役1年2月
判示要旨:前訴の建造物侵入、窃盗の訴因と後訴の非現住建造物等放火の訴因との間には公訴事実の単一性がなく、前訴の確定判決の一事不再理効は後訴に及ばないとされた事例
懲役1年2月
月4日に確定しているところ,本件非現住建造物等放火は,119号事件の...被告人は,同年11月8日,本件非現住建造物等放火被告事件により...本件非現住建造物等放火被告事件が併合された。
判示要旨:被告人に対する非現住建造物等放火被告事件(以下、「本件」という。)と併合審理されていた被告人に対する同一の建物に対する建造物侵入、窃盗被告事件等(以下、「前訴」という。)について、弁護人の請求により弁論を分離した後、有罪判決が言い渡され確定したところ、本件については、前訴と公訴事実の同一性が認められ、上記確定判決の一事不再理の効力が及んでいるから、刑事訴訟法337条1号により判決で免訴を言い渡すべきであるのに、それをしなかった原判決には重大な法令違反があること等を理由とする控訴に対し、本件と前訴の両訴因が、一罪の関係にあり、公訴事実の同一性が認められるとしても、弁護人が、前訴及び本件について、弁論の分離を請求し、それぞれ判決が言い渡されることを当然の前提にしていたこと等にかんがみると、本件において、前訴の確定判決の一事不再理の効力を主張して免訴を求めるのは、権利の濫用に当たり、刑事訴訟規則1条2項の法意に照らし許されないとして、控訴を棄却した事案
上告を棄却
記録によれば,本件の第1審公判において,本件非現住建造物等放火罪に係る火
判示要旨:火災原因の調査、判定に関し特別の学識経験を有する私人が燃焼実験を行ってその考察結果を報告した書面について、刑訴法321条3項は準用できないが、同条4項の書面に準じて同項により証拠能力が認められるとされた事例
懲役5年
ったという建造物侵入,非現住建造物等放火,同未遂の事案である。
判示要旨:大手ゴルフクラブ製造メーカーの社長であった被告人が、共犯者と共謀の上、自社工場に放火するなどしたとの公訴事実につき、犯行への関与を否定する旨の被告人の弁解を排斥し、共犯者の供述の信用性を肯定した上、被告人と共犯者との間の共謀を認定した事例。
懲役1年6月
本件公訴事実中殺人及び非現住建造物等放火の点につき,被告人は無罪。...同年11月16日付け起訴に係る非現住建造物等放火被告事件の公訴事実は ,...被告人は,殺人で起訴された10月25日,非現住建造物等放火の容疑
懲役7年
判示要旨:報道関係者であった被告人が自宅周辺の民家などに次々と放火した8件の現住建造物等放火等の事件について、犯行当時、双極I型障害(いわゆる躁うつ病)に罹患して重度の躁状態にあり、心神耗弱状態であったと認めた上で、被告人を懲役7年に処した事例
死刑
強盗殺人及び強盗強姦との間,判示第2の住居侵入と非現住建造物等放火との間に...銃砲刀剣類所持等取締法違反,非現住建造物等放火の事案であるが,その概要は...また,非現住建造物等放火の犯行態様は,深夜で同じマンションには就寝中の
懲役3年
本件は,保険金詐取目的で,息子所有の漁船を放火した非現住建造物等放火の...非現住建造物等放火について,被告人は,燃焼力が大きく危険性の高いガソリ
判示要旨:漁業を営んでいた被告人が、息子所有の漁船に放火して、息子を被保険者とする保険契約に基づき保険金を詐取しようと企て、上記漁船に放火した上、息子に損害原因を「火災」とする内容虚偽の請求をさせたが、保険組合が支払いを留保したため、詐欺については未遂にとどまった事案について、保険契約者である息子と被告人は経済的に一体のものと認められることから、被告人が情を知らない息子を利用して保険金請求させる行為は詐欺罪における欺罔行為にあたり、息子の行為に対する支配性も認められるとして詐欺未遂罪の成立を認めた事例
上告を棄却
う住居侵入,強盗殺人,非現住建造物等放火と,それ以前に敢行した窃盗8件,道...路交通法違反1件の事案である。住居侵入,強盗殺人,非現住建造物等放火の犯行
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(栃木の老夫婦強盗殺人等事件)
懲役3年
判示要旨:被告人が、被害者が経営する工場の土地の賃料を被告人に支払わないことに対する不満を晴らすため、被告人が経営していた飲食店の従業員及びその友人と共謀し、被害者が経営する工場を放火したが、同工場の外壁を燻焼したにとどまり自然鎮火したため未遂に終わった事案
懲役6年
年余りの間に,現住建造物等放火未遂1件,非現住建造物等放火1件,建造物等以
死刑
平成16年(わ)第8号等 非現住建造物等放火,現住建造物等放火,殺人,器物...物及び物置を全焼させて焼損した非現住建造物等放火(判示第1。Bの放火),(2)...(2) 判示第1の非現住建造物等放火の犯行(Bの放火)について
懲役5年
住居侵入,窃盗,銃砲刀剣類所持等取締法違反,非現住建造物等放火,建造物等...  非現住建造物等放火,住居侵入,器物損壊及び建造物等以外放火の各罪により
懲役13年
平成15年(わ)第811号 非現住建造物等放火被告事件...る際に実母らが所有する自宅に放火した非現住建造物等放火(第2)の事案であ
懲役18年
非現住建造物等放火未遂の点   刑法112条,109条1項...第1 本件は,判示のとおりの,殺人,非現住建造物等放火,死体損壊及び窃盗の...  次に,非現住建造物等放火未遂及び死体損壊の点についてみるに,動機に酌む
懲役11年
は同法243条,235条,非現住建造物等放火の点は同法109条1項...法235条,非現住建造物等放火の点は同法109条1項...遂及び非現住建造物等放火との間にはそれぞれ手段結果の関係があるので,結局以
控訴を棄却
焼させた非現住建造物等放火(同第2)の事案である。
無期懲役
強盗殺人、非現住建造物等放火、詐欺被告事件... 本件の強盗殺人及び非現住建造物等放火事件(判示第一及び第二)は、被告人...二 強盗殺人及び非現住建造物等放火事件の犯情
懲役12年
ったとして,非現住建造物等放火罪を認定した原判決には,判決に影響を及
懲役5年
非現住建造物等放火,詐欺未遂被告事件
懲役3年
判示家屋に放火してこれを焼損したという非現住建造物等放火の事案である。
懲役1年6月
だ確定裁判を経ていない判示非現住建造物等放火罪について更に処断することと...押第38号の1)は,判示非現住建造物等放火の用に供した物で被告人以外の者に...かった不作為による非現住建造物等放火の事案である。
懲役2年
仙台高等裁判所平成13年(う)第65号 非現住建造物等放火被告事件(原審 福島地
懲役13年
1,8)・同未遂1件(判示第1の7)・非現住建造物等放火4件(判示第1の2ないし4,...6)・同未遂4件(判示第1の5,9ないし11)及び判示第1の11の非現住建造物等放火...案が未遂1件を含め3件あるだけでなく,重罰が法定されている非現住建造物等放火事
破棄
建造物侵入,非現住建造物等放火,建造物損壊,器物損壊の各事実を認定し,被告
上告を棄却
非現住建造物等放火と一件の現住建造物等放火未遂の各犯行は、事務所又は民家で
判示要旨:死刑事件(伊勢崎市連続放火、女子中学生二名強殺事件)
上告を棄却
判示要旨:強盗殺人(被害者一名)、放火等被告事件につき、無期懲役が相当とされた事例
57 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in