裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62596 
刑事22114民事40482
罪名
電子計算機使用詐欺
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
👨‍⚖️AI裁判官
電子計算機使用詐欺を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役5-10年」に処する。
0
0
1
10 件中 1/1 ぺージ
控訴を棄却
635号電子計算機使用詐欺,窃盗,殺人,死体損壊,死体...預金残高を合計70万円増加させた電子計算機使用詐欺(原判示第6)...いた預金残高を合計384万円増加させた電子計算機使用詐欺
無期懲役
強盗殺人,死体遺棄,電子計算機使用詐欺被...て財産上不法の利益を得たという,強盗殺人,死体遺棄,電子計算機使用詐欺の事案であ
懲役14年
等をしたものであるから,電子計算機使用詐欺の各公訴事実において作成した...弁護人は,要するに,被告人Yが関与したとされる電子計算機使用詐欺の各...で流出させたことにつき,これが判示の電子計算機使用詐欺等にあたるか業
死刑
電子計算機使用詐欺,窃盗,殺人,死体損壊,死体遺棄,強盗殺人,有印私文書偽...預金口座に振込送金した複数件の電子計算機使用詐欺の事案(判示第6及び判示
懲役5年6月
各電子計算機使用詐欺,電子計算機使用詐欺未遂被告...機使用詐欺,電子計算機使用詐欺未遂の事案である。
判示要旨:いわゆる還付金詐欺等の事案において、被告人Aは、いわゆるかけ子と出し子を中継する役割を専ら担ったほか、被告人Bを組織に誘った者、被告人Bは、現金運搬役や出し子の役割を担った者である。組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律に基づく没収・追徴は、不法な収益の循環を断ち切り、不法な収益を全面的に剥奪することにより、経済面から組織犯罪を禁圧する趣旨に出たものであるから、共同正犯が成立する以上、没収・追徴という付加刑についても、原則として全部の責任を負うべきであるが、同法に基づく没収・追徴は任意的なものであるから、科すか否か、科すとしてどの範囲で科すかについて、裁判所の裁量を認める趣旨と解される。本件では、確かに報酬分配割合が明らかではあるが、事案の性質、内容上、不法収益の流れ全てが解明されたとは到底いえない上、被告人両名及び共犯者においてなされた被害弁償についても、一連の行為の被害者を含めて公平に実施されたとは認められず、被害弁償により追徴の目的が達成されたとはいえない。また、被告人両名にそれぞれ被害金額全額を追徴することで超過追徴が生じるおそれがあるというが、超過追徴は執行段階で調整されるので理由とならない。被告人両名に対し、被害金額全額を追徴することとした原判決の判断は、相当であって、裁量の逸脱はない。
懲役1年6月
情報を与えたとはいえない旨主張して,電子計算機使用詐欺罪の成立を争っている。
判示要旨:運送会社の連結車両の運転手が、ETCシステムにおいて、高速道路流入時の接地車軸数によって料金車種区分が認識され、料金が決定されることを利用して、高速道路の流入料金所直前で被けん引車の車軸を一時的に上昇させて車軸数計測器の上を通過し、料金車種区分上の「大型車」であると計測させた上、同車軸が降下した「特大車」の状態で高速道路を通行し、流出料金所で同計測結果を車載器から送信させて、通行料金の差額を同運送会社に得させた行為について、ETCシステムの事務処理に使用される電子計算機に虚偽の情報を与えたものと認めて、電子計算機使用詐欺罪の成立を肯定した事案
上告を棄却
所論にかんがみ,電子計算機使用詐欺罪の成否につき職権で判断する。...磁的記録を作り,電子マネーの利用権を取得して財産上不法の利益を得たものというべきであるから,被告人につき,電子計算機使用詐欺罪の成立を認めた原判断は
判示要旨:窃取したクレジットカードの名義人氏名等を冒用してこれらをクレジットカード決済代行業者の使用する電子計算機に入力送信して電子マネーの利用権を取得した行為が電子計算機使用詐欺罪に当たるとされた事例
無期懲役
第1 電子計算機使用詐欺被告事件について...0万円を融資したように装って,本件電子計算機使用詐欺の犯行を敢行することを...の電子計算機使用詐欺の犯行によって,入手した金員で清算され,実質的にはこ
10 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in