裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62575 
刑事22110民事40465
罪名
重過失致死
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
重過失致死の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
重過失致死を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
0
1
0
25 件中 1/1 ぺージ
懲役16年
本件の争点は,判示第4の現住建造物等放火,重過失致死被告事件について,...重過失致死罪が成立することも明らかである。...量刑の中心となる現住建造物等放火,重過失致死(判示第4)についてみると,
破棄
平成28年(あ)第1549号 保護責任者遺棄致死(予備的訴因重過失致死)...に,第1審裁判所が検察官に対し重過失致死罪に訴因を変更するよう促し,又はこ...て,第1審裁判所には,検察官に対し重過失致死罪に訴因を変更するよう促し又は
判示要旨:1 刑法218条の不保護による保護責任者遺棄罪の実行行為の意義 2 子に対する保護責任者遺棄致死被告事件について、被告人の故意を認めず無罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例 3 裁判員の参加する合議体で審理された保護責任者遺棄致死被告事件について、訴因変更を命じ又はこれを積極的に促すべき義務がないとされた事例
禁錮2年
以上の事情,とりわけ本件被害結果の重大性に照らせば,本件は重過失致死
判示要旨:無免許で水上オートバイを操船し、その操作を誤ってゴムボートに衝突させ、ゴムボートに乗っていた4人のうち2人を死亡させ、他2人にも重傷を負わせた事案につき、生じた結果が重大であること、無免許で操船技術が未熟であるのに、自己の楽しみのために操船し、運転操作を誤って事故を生じさせた被告人の過失の程度は重いことなどを考慮し、被告人を禁錮2年及び罰金10万円に処した事例。
禁錮4年6月
各重過失致死の点...犯情の最も重いEに対する重過失致死罪の刑で処断...たことを考慮しても,本件は重過失失火,重過失致死傷の事案の中では最も重い部
禁錮1年6月
2 予備的訴因(重過失致死罪)について...したがって,判示のとおりの重過失致死罪を認定した。...重過失致死の事案の中でも重いかという観点からみると,
判示要旨:被害者(難病に罹患した当時3歳の女児)が保護を要する状態であったことを認識し、認容していたか等が争点となった保護責任者遺棄致死(予備的訴因 重過失致死)被告事件において、養父である被告人にはそのような認識、認容があったとまでは認めがたいものの、僅かな注意を払えば、被告人がそのように認識できたと認められるとして、重過失致死罪の成立を認めた事例(裁判員裁判実施事件)
懲役11年
おり,因果関係が遮断されるとして,被告人については結局,重過失致死罪が成立... なお,弁護人は,重過失致死罪は現住建造物等放火罪に吸収され,別罪を構成し...ない旨主張する。しかし,重過失致死罪は,人の死亡という極めて重大な結果を構
破棄
の過失責任を問うことができないので、被告人に対し重過失致死傷罪の成立を認め
判示要旨:一 船舶改装のための溶断・溶接工事と塗装工事が同時並行して行われたため発生した引火爆発事故に関し、両工事を各別の業者に注文した注文者に対し要求される事故防止のための注意義務の内容 二 右引火爆発事故に関し注文者の注意義務違反と現場作業員らの注意義務違反が競合した場合において、注文者の義務違反と事故発生との間に因果関係が存しないとされた事例
上告を棄却
ため無罪とするほかなくても、審理の経過にかんがみ、これを重過失致死の訴因に...た重過失致死の訴因について自判し、被告人を有罪としたことは、違法とはいえな
判示要旨:訴因の変更を促しまたはこれを命じないことが審理不尽になるとされた事例
上告を棄却
判示要旨:業務上過失致死の起訴に対し重過失致死を認定する場合と訴因罰条の変更手続の要否。
上告を棄却
判示要旨:情状に関する事実の認定について補強証拠の要否と憲法第三八条第三項違反の主張。
上告を棄却
判示要旨:刑訴法第四〇二条に違反しないとされた事例。
破棄
は、道路交通法六四条、一一八条一項一号、罰金等臨時措置法二条に、重過失致死...二条に各該当するところ、以上は刑法四五条前段の併合罪であるから、重過失致死...選択し、同法四七条本文、一〇条により最も重い重過失致死罪の刑に法定の加重を
破棄
判示要旨:一 道路交通取締法施行令第六七条第二項にいう「事故の内容」の意義 二 同条項中事故の内容の報告義務を定めた部分の合憲性。
上告を棄却
判示要旨:重過失致死罪の成立を認めた事例。―放火後の注意義務
破棄
判示要旨:重過失致死罪の罪となるべき事実の判示方法に理由不備があるとした一事例
控訴を棄却
被告人としては、同人らに対する原判示重過失致死、傷の罪責を免れないことは、
判示要旨:重過失致死傷罪の成立を認めた一事例
上告を棄却
判示要旨:電気事業法施行当時同法に違反した行為と刑の廃止
破棄
判示要旨:公益事業令失効後従前の電気事業法第三八条違反の所為を処罰することができるか
棄却
なつて他人を死傷に致した場合には被告人に重失火、重過失致死傷の責任のあるこ
判示要旨:一、 重失火罪重過失致死傷罪における他人の過失の存在と重過失者の罪責 二、 乗合自動車車掌の注意義務
25 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in