裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62600 
刑事22116民事40484
罪名
過失運転致死傷
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
過失運転致死傷の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
過失運転致死傷を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
0
0
0
24 件中 1/1 ぺージ
懲役7年
過失運転致死傷)...た過失運転致死傷の事案である。...以上のような本件の犯情の悪質さは,他に想定し得る過失運転致死傷の事案との
過失運転致死傷罪が成立するためには,その要件である注意義務違反の前...る状態」に陥るおそれがあるというだけでは,過失運転致死傷罪の構成要件的...違反行為を過失運転致死傷罪に問うには,運転避止義務の前提となる予見可能
禁錮4年6月
過失運転致死傷事件について...種の過失運転致死傷事件の中でも相当に重い部類の事案であるというべきで...被告人は,判示第1の過失運転致死傷事件が起訴されて保釈された後,ネ
禁錮5年6月
過失運転致死傷被告事件...以上の犯情に照らせば,被告人の刑事責任は,過失運転致死傷の事案の中
禁錮1年2月,執行猶予
過失運転致死傷被告事件
判示要旨:深夜、激しい吹雪のため前方の見通しが困難な状態で自動車を運転し、道路脇の歩行者に衝突するなどして1名を死亡させ、1名に重傷を負わせた事故につき、被告人には、進路上に人が存在して衝突事故に至る予見が可能であり、一時停止はともかく、徐行すべき自動車運転上の注意義務があったが、これを怠った過失があるとして、過失運転致死傷罪の成立を認め、被告人に禁錮1年2月、3年間執行猶予を言い渡した事例
禁錮3年
過失運転致死傷被告事件...た本件事故が社会に与えた衝撃は大きい上,過失運転致死傷罪等の交通事犯に対す
禁錮2年
過失運転致死傷被告事件...いう過失運転致死傷の事案である。
禁錮2年,執行猶予
過失運転致死傷被告事件...本件は,判示のとおりの過失運転致死傷の事案である。
禁錮2年,執行猶予
過失運転致死傷被告事件...本件は,判示のとおりの過失運転致死傷の事案である。
禁錮5年6月
以上の犯情に照らせば,被告人の刑事責任は,過失運転致死傷の事案の中でも特
禁錮2年8月
上記の者に対する過失運転致死傷被告事件について,平成30年3月19...一般的に見て,スマホ「ながら運転」は,過失運転致死傷の各類...ホ「ながら運転」が比較的新しい過失運転致死傷の社会的類型の1つである
禁錮3年
を負わせたという過失運転致死傷の事案である。
禁錮2年8月
て多重交通事故を起こし,1名を死亡させ,4名に傷害を負わせた過失運転致死傷...最大限考慮しても,一般的に見て,スマホ「ながら運転」は,過失運転致死傷の各...評価し,このような類型が一定数出現する以前の従来の過失運転致死傷の量刑傾向
控訴を棄却
論旨は,被告人には危険運転致死傷罪の故意がなく,過失運転致死傷
禁錮3年2月
判示要旨:最高速度が50キロメートル毎時に規制された自動車道において、携帯電話機の画面を脇見したため、工事規制に気付かないまま、大型貨物自動車を漫然と時速約90キロメートルで運転して、自車を工事車両やガードレール等に順次衝突させ、その衝撃により工事車両等を押し出し、更に自車の積荷を高架下に落下させたことにより、工事作業員1名を死亡させ、工事作業員や高架下道路を走行中の車両の運転者等8名に傷害を負わせた事案。被害結果は重大で、死亡した被害者の遺族の感情が峻烈である。また、自動車道において大型貨物自動車を運転中に、携帯電話機の地図アプリケーションを起動させようとして脇見した過失も重い。他方、工事規制がされた場所にいた工事作業員や、高架下道路を走行中の車両の運転者等である被害者らに落ち度はない。
懲役6年
公訴事実のとおり過失運転致死傷罪が成立するにとどまる旨を主張している。...因等の追加請求書記載の公訴事実のとおり過失運転致死傷罪が成立するにとど...日付け予備的訴因等の追加請求書記載の公訴事実記載の過失運転致死傷罪が成
控訴を棄却
道路交通法違反,過失運転致死傷(変更後の訴...因・危険運転致死傷(予備的訴因・道路交通法違反,過失運転致死傷)),...道路交通法違反,過失運転致死傷,道
禁錮2年8月
過失運転致死傷被告事件...生じさせた過失運転致死傷の事案の中では相当悪いというべきである。...を併せ考慮し,過失運転致死傷の事案における量刑傾向をもとに検討して,被告人
判示要旨:大型貨物自動車を運転し路面が凍結した道路を走行中、不必要にトレーラブレーキを操作して制動措置を講じ、自車トレーラ部の後部を滑走させて対向車線にはみ出させた過失により、対向直進してきた大型貨物自動車の運転者をして自車との衝突回避のため左転把の措置を余儀なくさせるなどして自車の後続車と衝突させた結果、対向車の運転者を死亡させ、後続車の運転者に傷害を負わせたとして、被告人に禁錮2年8月を言い渡した過失運転致死傷の事案
禁錮4年
過失運転致死(変更後の訴因,過失運転致死傷)
懲役4年
平成28年(わ)第246号,同第367号 過失運転致死傷,道路交通法違反被...ることはやむを得ないとしても,本件が過失運転致死傷の事案において特に重い部
判示要旨:被告人が、高速道路上でトラックを運転中、連続した長時間勤務による過労のため仮睡状態に陥り、トンネル内で渋滞のため停止中の車両に次々と衝突し、複数の車両を炎上させるなどして、被害者2名を死亡させ、被害者8名に傷害を負わせた過失運転致死傷等被告事件において、被告人に懲役4年を言い渡した事例
懲役22年
判示要旨:スマートフォンの画面を注視し、被害者らに気がつかないまま自車を衝突させた危険運転致死傷等(予備的訴因 過失運転致死傷等)被告事件において、危険運転致死傷罪の成立が争われたが、約15ないし20秒もの間ほとんど前を見ていないという運転態様や酔いの程度等を総合して、危険運転致死傷罪の成立を認めた事例
24 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in