裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62532 
刑事22100民事40432
罪名
逮捕監禁致傷
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
逮捕監禁致傷の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
逮捕監禁致傷を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役1-3年」に処する。
0
0
2
19 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
傷害致死,殺人,死体遺棄,逮捕監禁致傷,逮
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(架空請求詐欺グループ仲間割れ殺人等事件)
上告を棄却
傷害致死,殺人,死体遺棄,逮捕監禁致傷,逮捕
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(架空請求詐欺グループ仲間割れ殺人等事件)
上告を棄却
上,被害者4名の死体を土中に遺棄したという傷害致死,殺人,死体遺棄,逮捕監禁致傷,逮捕監禁,監禁,及び(2)
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(架空請求詐欺グループ仲間割れ殺人等事件)
上告を棄却
対する逮捕監禁致傷及び逃走中の窃盗並びに上記殺人事件以前に妻に対して犯していた逮捕監禁,傷害の事案である。
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(横浜一家3人殺害事件)
死刑
傷害致死,殺人,死体遺棄,逮捕監禁致傷,逮捕監禁,監禁,...傷害致死,殺人,死体遺棄,逮捕監禁致傷,逮捕監禁,監禁被告事件...Mに対する逮捕監禁致傷の点につき,
判示要旨:架空請求詐欺を行う組織の内紛から、被告人両名を含む多数の構成員が、4名の構成員を監禁の上、凄惨な暴行を加えて死亡させ、死体を山林に埋めた殺人、傷害致死、死体遺棄等の事案につき、(1)被告人両名が実行犯らに3名の殺害を含めた解決策の実現を委ねたことなどを理由に殺害の共謀を認め、(2)3名の殺人と1名の傷害致死の訴因に対し、1名に対する殺意を認めず、2名の殺人と2名の傷害致死を認定し、(3)犯行態様の残虐さや結果の重大性を指摘した上で、グループを統括する首謀者として被害者の殺害に向けて中心的かつ積極的な役割を果たした被告人に死刑を、監禁や暴行を中心的に行い、実行犯らに殺害等の方法による解決を押し付けるなど、その影響力を行使して大きな役割を果たしたが、首謀者ではなく、当初は殺害を主導していなかった被告人に無期懲役を言い渡した事例
死刑
傷害致死,殺人,死体遺棄,逮捕監禁致傷,逮捕監禁,監禁,詐欺(変更後の訴因...Nに対する逮捕監禁致傷の点につき,...れる場合であるから,1罪として最も重いNに対する逮捕監禁致傷罪の刑で処
判示要旨:架空請求詐欺を行う組織の内紛から、被告人3名を含む多数の構成員が、4名の構成員を監禁の上、凄惨な暴行を加えて死亡させ、死体を山林に埋めた殺人、傷害致死、死体遺棄等の事案につき、(1) 3名の殺人と1名の傷害致死の訴因に対し、1名に対する殺意を認めず、2名の殺人と2名の傷害致死を認定し、(2) 犯行態様の残虐さや結果の重大性を指摘した上で、当初から中心的な立場で関与し、主導的に殺害行為に及んだ被告人に死刑を、役割は中心的ではあるが同被告人と同等とまでは言えず、一部犯行につき自首が成立する被告人と、主導的、中心的な役割を果たしてはいないが、殺害行為に及ぶなど極めて重要な役割を果たした被告人にそれぞれ無期懲役を言い渡した事例
懲役4年
絡を取って状況を把握し,営利略取・逮捕監禁致傷・強盗強姦の事実を知って...いたこと,④被告人は,共犯者らが被害者に対し,営利略取・逮捕監禁致傷・...営利略取・逮捕監禁致傷・強盗強姦の共同正犯が成立すると主張する。
判示要旨:営利略取、逮捕監禁致傷、強盗強姦の被告事件について、被告人が犯人である旨の被害者供述については、その証明力に疑問が残り、また、共犯者らの供述についても、その信用性に疑問が残るとして、共謀を認定せず、監禁幇助の限度での加担を認定し、また、被告人と共犯者が共謀して行った強盗被告事件について、被告人には強盗の故意が欠け、恐喝未遂罪が成立すると判断した事例。
懲役3年
関節部,両下腿挫傷及び腰部挫傷の傷害を負わせたという逮捕監禁致傷の事案であ
懲役2年4月
2・ まず,判示第2の逮捕監禁致傷について見るに,本件は,暴力団組織を無断...以上のように,逮捕監禁致傷の犯情はまことに悪質であるところ,被告人A... ・ 判示第2の逮捕監禁致傷について見るに,被害者が必死の思いで警察に連絡
懲役10年
 「本件のうち,未成年者略取及び逮捕監禁致傷罪の犯情がまれにみる程極めて悪質なのに対して,窃盗の犯行は,その犯行態様が同種の事案と比べても,非常に悪...に本件の処断刑になる逮捕監禁致傷罪の犯情には特段に重いものがあるといわざる...するに当たり,再犯加重の場合のように,刑法47条によって重い逮捕監禁致傷罪
判示要旨:1 刑法47条の法意 2 刑訴法495条2項2号にいう「上訴審において原判決が破棄されたとき」の意義
懲役11年
 所論は,要するに,原判決は,原判示第1の略取罪と逮捕監禁致傷罪とは観念的競...合の関係にあり,略取罪についても,重い逮捕監禁致傷罪の刑を基準として同罪の終...完成していない,としたが,① 略取罪と逮捕監禁致傷罪とは観念的競合の関係にな
判示要旨:刑法47条の趣旨
破棄
判所の認定した判示第二の所為のうち逮捕監禁致傷の点は旧法六〇条、二二一条...判示第二の逮捕監禁致傷罪については同法二二〇条一項所定の刑と平成三年法律第...のそれによる。)によって処断するが、逮捕監禁致傷と強姦は一個の行為で二個の
判示要旨:刑訴法三八三条二号の「判決があつた後に刑の変更があつたこと」に該当し同法三九七条一項により第一審判決を破棄すべきであるとされた事例
破棄
取、ナイフを使用しての逮捕監禁致傷等、一件一件が重大かつ稀に見る凶悪な犯行
判示要旨:検察官が殺意につき錯誤論の適用を前提とする旨を明らかにした殺人未遂罪の訴因に対し事実の認識認容を前提とする殺意を認定するには右事実の認識認容の有無を争点として顕在化させる措置をとる必要があるとされた事例
上告を棄却
判示要旨:原判決が検察官控訴に基づき第一審判決の刑より重い刑を言渡すことと憲法三九条
上告を棄却
判示要旨:国鉄品川機関区における動労・鉄労の対立暴行事件
上告を棄却
判示要旨:一 騒擾罪の成立と地方の静謐との関係 二 訴訟費用の裁判に対する不服申立
19 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in