裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62603 
刑事22116民事40487
罪名
賍物故買
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
賍物故買の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
賍物故買を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
0
0
0
502 件中 1/11 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
上告を棄却
 なお、刑法二五六条二項の賍物故買罪が成立するためには、情を知つて賍物の所...受けた被告人の行為は、賍物故買罪を構成する。
判示要旨:賍物故買罪の成立と賍物の所有権取得の要否
上告を棄却
判示要旨:網生けすから逃げ出した鯉について遺失物横領罪が成立するとされた事例
上告を棄却
判示要旨:賍物の知情の点につき自白を補強するに足りる証拠があり自白のみで有罪認定をしたものでないとして憲法三八条三項違反の主張が欠前提とされた事例
控訴を棄却
認識をもつて買いとつたものであり、またAと賍物故買の共謀をした事実も全くな...告人同様賍物故買の罪で起訴されるのではないかという不安から、検察官に迎合し...できるから、被告人と同人とが暗黙のうちに賍物故買の犯意を共通するにいたつた
判示要旨:懲役刑の執行を停止して罰金刑につき労役場留置の執行をしたことが違法でないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:保管の途中で賍物であることを知り保管を継続する場合と賍物の寄蔵
上告を棄却
判示要旨:不告不理の原則と窃盗本犯の起訴されていない窃盗罪の賍物故買犯処罰
上告を棄却
判示要旨:刑法二七条による刑の言渡の失効と同法四五条後段の併合罪関係の成否
上告を棄却
判示要旨:刑訴法第四〇〇条但書の事実の取調の範囲
上告を棄却
判示要旨:単に公判期日を変更する場合と公判手続更新の要否。
上告を棄却
判示要旨:刑法第一〇五条ノ二にいう「他人ノ刑事被告事件ノ審判ニ必要ナル知識ヲ有スト認メラルル者ニ対シ当該事件ニ関シ故ナク強談威迫ノ行為ヲ為シタル」ものと認められる事例。
上告を棄却
であり(窃盗幇助をした者がその賍物を故買した場合には、窃盗罪と賍物故買罪の
判示要旨:窃盗幇助をした者がその賍物を故買した場合の罪数。
破棄
同三十六年四月十日会津若松簡易裁判所で賍物故買罪により懲役八月及び罰金千円
判示要旨:累犯加重の事由となる前科と判決における証拠挙示の要否
上告を棄却
判示要旨:起訴状に併合罪に関する規定を掲げることの要否。
上告を棄却
所論起訴状の公訴事実(賍物故買)との間には、公訴事実の同一性ありと解するの
判示要旨:公訴事実の同一性ありと解された事例。―勾留状の被疑事実(窃盗)と起訴状の公訴事実(賍物故買)―
上告を棄却
D、同Aに対する強盗殺人、死体遺棄、被告人Eに対する賍物故買に関する第一審判決の事実認定には、判決に影響を及ぼすことが明らかな事実誤認の違法があるも
上告を棄却
判示要旨:判決に罰金等臨時措置法の適用を示すことの要否
上告を棄却
判示要旨:一 古物営業法第一七条にいう「その都度」の意義 二 同法第二九条、第一七条の法意 三 同法第二九条、第一七条の合憲性
上告を棄却
判示要旨:刑訴法に定めた簡易公判手続の合憲性
上告を棄却
判示要旨:刑法第一八条は憲法第一三条、第一四条に違反するか。
上告を棄却
右西条支部の判決は原判示(一)の一連の賍物故買罪と同(二)の一連の賍物故買
判示要旨:刑法第四五条後段の確定裁判のあつたことを認定する証拠書類と刑訴第三〇五条による取調の要否。
控訴を棄却
判示要旨:検察官が被告人の罪状認否後に関係人を取り調べて作成した供述調書の証拠能力
控訴を棄却
があり、賍物故買罪又は古物営業法違反で処罰されたことが三回あること、原判示
判示要旨:古物営業法施行規則第二一条第一項にいう「直接に相手方の住所、氏名を確かめる」の意義
上告を棄却
判示要旨:犯則物件を譲り受けた場合とたばこ専売法第七五条第二項の追徴。
上告を棄却
判示要旨:原本に代えて証拠書類の謄本の取調請求があつた場合と証拠調
上告を棄却
判示要旨:刑訴法第一八一条は、憲法第三七条第二項に違反するか。
上告を棄却
判示要旨:有罪の判決に証拠を取捨した理由を示すことの要否。
控訴を棄却
した物をその情を知りながら買い受けた被告人の所為は、賍物故買の罪に該当する
判示要旨:刑法第二五四条のいわゆる占有を離れた物にあたる事例
上告を棄却
判示要旨:いわゆる共謀共同正犯の成立要件。
破棄
棄、被告人A4については同判示第三の賍物故買の各事実認定の誤謬を強調し、そ...A4に対する賍物故買、被告人A2に対する窃盗の各公訴事実は、
判示要旨:刑訴第四一一条第三号の理由に基く破棄差戻判決の拘束力
上告を棄却
判示要旨:仮釈放の日は刑期満了の日となるか。
破棄
ける冒頭陳述に際し、本件賍物故買の各公訴事実につき事実相違ない旨有罪の陳述
判示要旨:一、 刑訴第三一五条の二但書の異議がないときの意義 二、 公判調書に前同条の異議がない旨の記載がない場合その旨の陳述があつたものと推定なることができるか
上告を棄却
判示要旨:刑法第二七条により刑の言渡の効力を失つた前科を量刑資料に参酌することの適否。
上告を棄却
判示要旨:一 弁護権の不法制限にならない一事例 二 事実の取調請求とは認められない一事例
上告を棄却
判示要旨:控訴審が第一審判決の事実認定を是認し他の理由によりこれを破棄する場合と該事実判示の要否
上告を棄却
判示要旨:少年法第六〇条にいう「人の資格に関する法令」と刑法第五六条、第五七条
破棄
りとし、第一審判決を破棄自判の上、前記予備的訴因の賍物故買の事実を有罪と認...前記賍物故買の事実を予備的訴因として追加することは許容されないところといわ
判示要旨:公訴事実の同一性を欠く一事例
502 件中 1/11 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in