裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62602 
刑事22116民事40486
罪名
認定罪名
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
認定罪名の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
認定罪名を犯した場合、 3.7%の確率で無罪、
96.3%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役10年超」に処する。
1
2
0
36 件中 1/1 ぺージ
懲役22年
(原審認定罪名・傷害致死)被告事件...第1(常習傷害),同第2(公訴事実殺人,原審認定罪名傷害致死)の1(火
控訴を棄却
平成29年(う)第128号 強盗致傷(認定罪名 恐喝未遂,傷害)被告事件
判示要旨:被害者が解放後に借金全額を肩代わりして支払うことに向けられた暴行、脅迫の影響が強盗罪にいう反抗を抑圧するに足りる程度のものとは認められないとされた事例
懲役10年
出入国管理及び難民認定法違反,死体遺棄,殺人(認定罪名は傷害致
破棄
強盗殺人未遂(変更後の訴因・強盗殺人,認定罪名・...論旨を検討するまでもなく,強盗殺人(原審の認定罪名・殺人・窃盗)の点に...強盗殺人(原審の認定罪名・殺人・窃盗)の点については,犯罪の証明がないこ
判示要旨:ホテル事務所内で支配人が襲われ現金が奪取された強盗殺人(第一審認定・殺人、窃盗)被告事件について、第一審判決が被告人の犯人性の推認の根拠とした間接事実の評価(犯人像等)には一部論理則・経験則に照らして不合理な点があり、また、事件翌日に被告人が入金した被害金と金額・金種が近似する230枚の千円札の入手経路についての被告人供述を虚偽として排斥することもできず、結局、被告人が犯人であることを示す事情は、被告人に犯行の機会があったということしかなく、犯罪の証明が十分ではないとして、第一審判決を事実誤認により破棄し、被告人を無罪とした事例
懲役28年
殺人(認定罪名傷害致死),傷害致死,窃盗被告事件
破棄
判示要旨:被告人が、自動車の運転中に低血糖症による意識障害に陥って自車を暴走させ通行人らにけがを負わせた過失運転致傷の事案について、被告人には、低血糖症による意識障害に陥る可能性を予見し、適宜、血糖値を測定してこれが安定していることを確認して自車を発進、走行させるべき注意義務を怠った過失があるとした原判決の認定判断は、被告人の低血糖症が無自覚性のものであり、被告人は運転開始時には低血糖症の前兆を感じていなかったなどの原判決が認定した事実を前提とすると、上記予見可能性は認められないから、是認することができず、原判決には判決に影響を及ぼすことの明らかな事実誤認があるとされるとともに、原判決の上記前提事実の認定自体も不合理であり、本件では、被告人が運転開始時又は運転中に低血糖症の前兆を感じていた場合において過失運転致傷罪が成立するか否かについても審理判断すべきであるとして、審理が差し戻された事例。
控訴を棄却
判示要旨:1 税関長の許可を受けないでダイヤモンド原石を輸入する意思で禁制品である覚せい剤を輸入しようとした場合の罪責 2 禁制品である覚せい剤の輸入(未遂)の公訴事実について、訴因変更手続を経ることなく、ダイヤモンド原石の無許可輸入(未遂)の事実を認定した原審の訴訟手続に法令違反はないとした事例
懲役1年8月
大きい。認定罪名は,Aの非知情性が認められないので窃盗教唆にとどまるが,
判示要旨:窃盗(間接正犯)の訴因に対し、被利用者の道具性(非知情性)が認められないとして、教唆犯にとどまるとされた事案
懲役8年
判示要旨:裁判員裁判対象事件である住居侵入、強盗強姦、強盗致傷(認定罪名 住居侵入、強盗強姦)被告事件について、控訴審において、懲役11年に処した一審判決の量刑が重過ぎるとし、量刑不当の主張を認め、一審判決を破棄し、懲役8年に処した事例
懲役20年
判示要旨:事故原因を脇見として業務上過失致死傷罪を認定した第1審判決を破棄し、アルコールの影響により、正常な運転が困難な状態で本件事故を起こしたとして、危険運転致死傷罪の適用を認めた事例
破棄
判示要旨:原判決は、金品強取の目的で住居に侵入した後、被害者の頸部を絞めて頸部圧迫に基づく窒息により死亡させた事案に関し、被告人が未必的にも殺意を有していたとは認められず、強盗致死罪の限度で刑事責任を負うのに止まると判断し、その後敢行された被殺者1名の強盗殺人等と併せて無期懲役を言い渡したが、原判決には殺意について事実の誤認があるとして、これを破棄し、死刑を言い渡した事例
懲役15年
告人3名に対する各住居侵入,強盗殺人(認定罪名...遂(認定罪名
判示要旨:第一審が外国人3人を被告人とする強盗殺人等被告事件について、殺意の共謀を認定せず、強盗致死傷罪等が成立するとして、被告人Aを無期懲役、被告人Bを有期懲役、被告人C(犯行時未成年)を別の強盗殺人罪と併せて無期懲役に処したが、Aについては、同種事案の量刑、相被告人との犯情の軽重及び被害弁償の事実等を考慮すると重すぎるとして酌量減軽の上、有期懲役とし、他の被告人については、控訴を棄却した事例
懲役1年
判示要旨:被告人の控訴により第一審判決を破棄し、自判するに当たり、第一審で否定された主位的訴因も判断の対象となるとされた事例
懲役4年
判示要旨:暴行を受けて逃走した被害者が高速道路に進入しれき過され死亡した事案につき暴行と死亡との間に因果関係が認められた事例
懲役3年
 強盗致傷,強制わいせつ(ただし,認定罪名は恐喝,傷害,強制わいせつ)被告
破棄
判示要旨:窃盗犯人が他人の居宅内で財物を窃取後窃盗の犯意を持ち続けてその天井裏に潜み約三時間程度経過後に駆け付けた警察官に対して逮捕を免れるため加えた暴行が窃盗の機会継続中に行われたものとされた事例
破棄
判示要旨:常習累犯窃盗罪の常習性が認められるとされた事例
破棄
判示要旨:刑訴法三八三条二号の「判決があつた後に刑の変更があつたこと」に該当し同法三九七条一項により第一審判決を破棄すべきであるとされた事例
控訴を棄却
判示要旨:一、 暴行の時間的場所的間隔の程度等と同時犯の成否 二、 同時犯の成立を否定した事例
36 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in