裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62602 
刑事22116民事40486
罪名
詐欺業務上横領
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
詐欺業務上横領の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
詐欺業務上横領を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
0
0
0
12 件中 1/1 ぺージ
控訴を棄却
判示要旨:一、 歳出金支払証票の財物性 二、 郵便切手類及び印紙の売さばき人の名義貸行為の適否 三、 渡切経費と業務上横領罪の成否
破棄
判示要旨:同一人に対し同時に懲役刑の実刑と執行猶予の言渡をすることの許否
破棄
判示要旨:控訴趣意書に他の被告人に対する控訴趣意書の控訴理由の一部を引用した旨の記載があつて、他の被告人に対する控訴趣意書の謄本を添付してある場合の適式性
破棄
判示要旨:弁護士が委任者から預かつた供託保証金に対する業務上横領罪の成立
破棄
判示要旨:詐欺の訴因と弁護士法違反の予備的訴因との間に公訴事実の同一性ありとした事例
破棄
判示要旨:たばこ専売法第六六条第一項但書にいわゆる正当の事由により所持する場合にあたる一事例
破棄
判示要旨:一、 県吏員が県債務の成立原因の一部を詐つた公文書により会計係員をして債権者に弁済金を交付せしめた場合と詐欺罪の成否 二、 架空の県債務の弁済を命ずる県出納長の支払命令と県金庫の職責
棄却
判示要旨:一、 起訴状謄本の作成者 二、 起訴状原本に掲げられた数個の犯罪事実のほかに余分の犯罪事実を記載した起訴状謄本送達の効力
破棄
判示要旨:起訴状に記載された公訴事実等の判決書への引用の仕方
破棄
判示要旨:刑訴第三四〇条に違反する疑のある公訴提起の事例
12 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in