裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62603 
刑事22116民事40487
罪名
窃盗教唆
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
窃盗教唆の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
窃盗教唆を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役1-3年」に処する。
0
0
0
22 件中 1/1 ぺージ
懲役1年8月
い窃盗教唆の限度で犯罪が成立すると認められる。...い窃盗教唆の限度で犯罪の成立を認めるべきである。そして,判示窃盗教唆...大きい。認定罪名は,Aの非知情性が認められないので窃盗教唆にとどまるが,
判示要旨:窃盗(間接正犯)の訴因に対し、被利用者の道具性(非知情性)が認められないとして、教唆犯にとどまるとされた事案
上告を棄却
判示要旨:訴因の変更を許可した第一審の措置に違法な点はないとした原判断は相当であるとして違憲の主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
判示要旨:一 被告人の供述調書の任意性立証の要否 二 右供述調書の任意性の調査方法 三 右供述調書の任意性調査と公判調書
破棄
円相当)を窃取せしめて教唆したという窃盗教唆の事実について起訴し、原審にお...をなし、前記窃盗教唆の事実については無罪の判決をなしたものである。論旨は、...前記窃盗教唆の事実と右贓物運搬及び故買の事実とは、同一性を失わないのである
判示要旨:一、 窃盗教唆と賍物運搬または故買とが公訴事実の同一性がない場合の事例 二、 窃盗教唆と賍物故買とを併合して審理し、前者についての未決勾留日数を後者の罪の刑に算入し得るか 三、 窃盗教唆の審理を開始した後、賍物故買の事実を併合した場合、併合前取調べた証拠を後者の証拠とすることができるか
上告を棄却
所論のように、賍物寄蔵の罪は窃盗教唆の罪に吸収されるのではなく、両者の併合
上告を棄却
 被告人Aの窃盗教唆については、原判決挙示の証拠で充分に認めうるから論旨は
判示要旨:刑訴施行法第三条の二並びに旧刑訴事件の上訴審における審判の特例規則と憲法第一四条
破棄
判示要旨:刑訴第三二一条第一項第二号但書にあたる事例
上告を棄却
 原判決は、第一審判決の認めた窃盗教唆の事実を確定しているのであつて、共同
上告を棄却
判示要旨:審判の請求を受けた事実について審判をしない違法があるということにならない事例
上告を棄却
判示要旨:刑法第六一条にいわゆる「正犯ニ準ズ」の意義と窃盗教唆行為と賍物故買行為とを各別個に処罰したことの正否
上告を棄却
判示要旨:ある住居侵入窃盜を教唆した場合において被教唆者がこれと異る他の被害者に對して住居侵入強盜をしたときの教唆者の罪責
棄却
る、しかし原判示の窃盗教唆の事実は原判決挙示の証拠によつて十分認められるか... しかし窃盗教唆罪と賍物牙保罪とは別個独立の犯罪であるから同一人が「窃取し...旋して牙保をしたときでも、それは窃盗教唆と賍物牙保の二罪が成立するのであつ
判示要旨:窃盜を教唆しその賍物の賣却を周旋して牙保をした行爲の擬律
上告を棄却
判示要旨:一 相被告人よりも重い刑を言渡したことと公平な裁判 二 新刑訴法施行前に言渡された判決に對する新刑訴法施行後の上告と新刑訴法第四一一條第二號適用の有無
上告を棄却
判示要旨:沒收物及びその數量についての證據説示の要否
上告を棄却
公定価格違反)についてではなく、窃盗教唆、賍物故買の行為について被告人に没
判示要旨:一 賍物の對價として得た物を沒收するにはその對價を得た行爲が犯罪を構成することを必要とするか 二 刑訴法第三七三條の「被害者ニ還付スヘキ理由明白ナル」旨の判示の要否 三 賍物の對價として得た金錢は沒收し得るか 四 公定價格ある賍物の對價として得た金錢に對する被害者の交付請求權の範圍
22 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in