裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62532 
刑事22100民事40432
罪名
強要
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
強要の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
強要を犯した場合、 2.9%の確率で無罪、
97.1%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役1-3年」に処する。
10
1
1
13
0
78 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2
懲役16年
傷害,傷害致死,暴行,強要...よ。」と言ったから撮影したなどとも供述している。これは,Bを怖がらせ,強要...したことを実質的には否定しているとも見受けられることから,判示第2の強要罪
禁錮4年6月
2のうち,強要未遂の点...トーカー行為と強要未遂は,いずれも1個の行為が2個の罪名に触...結局以上を1罪として最も重い強要未遂罪の刑で処断)
破棄
,器物損壊,強要未遂被告事件...会の強要未遂2件及び器物損壊1件の各訴因からなるものである。
執行猶予
被告人両名の判示所為のうち,Aに対する強要の点は1及び2を包括して刑法6...Bに対する強要の点は同法60条,...項前段,10条により1罪として犯情の重いAに対する強要罪の刑で処断すること
棄却
件対象業務」という。)を強要してはならない。...けるA店舗の開店及び営業(以下本件深夜営業」という。)を強要してはな...本件深夜営業を強要しており,これは私的独占の禁止及び公正取引の確保に
判示要旨:コンビニエンス・ストアのフランチャイズ・チェーンの運営会社とフランチャイズ契約を締結してコンビニエンス・ストアを経営する者らが、同社が公共料金等の収納代行サービス等及び深夜営業を強要するのは私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律2条9項5号ハ所定のいわゆる優越的地位の濫用に該当し、同法19条に違反するとしてした、同法24条に基づき前記収納代行サービス等及び前記深夜営業の強要の禁止等を求める請求が、いずれも棄却された事例
棄却
係る業務を強要してはならない。...舗の開店及び営業を強要してはならない。...(以下「本件深夜営業」という。)を強要されており,これは私的独占の禁止
判示要旨:コンビニエンス・ストアのフランチャイズ・チェーンの運営会社とフランチャイズ契約を締結してコンビニエンス・ストアを経営する者らが、同社が公共料金等の収納代行サービス等及び深夜営業を強要するのは私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律2条9項5号ハ所定のいわゆる優越的地位の濫用に該当し、同法19条に違反するとしてした、同法24条に基づき前記収納代行サービス等及び前記深夜営業の強要の禁止等を求める請求が、いずれも棄却された事例
懲役9年
住居侵入,強姦致傷,強要被告事件...強要罪の成否について...意書を書いた事実に照らせば,強要罪が成立することは明らかである旨主張して
懲役5年
訴事実(強要)については,被告人は公訴事実記載のような発言はしていない...強要の犯行に及んだものといえる。...部長選挙に立候補していた被害者を脅迫して,立候補を断念させたという強要
判示要旨:1 共犯者と共謀の上、株式会社から現金等を横領したという業務上横領事件について、被告人は同社の全株式を有するオーナーで実質的経営者であるから、その現金等は被告人にとって他人の物ではなく、また他人の物であることの認識を欠くなどとの弁護人の主張が排斥され、一部を除き有罪とされた事例 2 談合に反して公共工事を落札した会社に対し、紛争解決のための対策費等が必要であるかのように装い、小切手等を詐取したという詐欺事件について、欺罔行為が認められないとして無罪が言い渡された事例
懲役1年
強要,脅迫被告事件...弁護人は,判示第2について,被告人につき強要罪は成立しないと主張する。そ...こで,以下,同判示のとおり強要罪の成立を認めたことにつき補足して説明する。
判示要旨:被告人が、病院長に対し、同病院職員の配置転換を要求し、それを決定させた事案につき、(1)被告人が行った行為が強要罪における脅迫とはならない、(2)被告人の行為が法令行為として違法性を阻却する、(3)被告人は「義務なきことを行わしめた」わけではないと主張して争ったが、いずれの主張も排斥された事例。
懲役1年
強要,脅迫被告事件...弁護人は,判示第2について,被告人につき強要罪は成立しないと主張する。そ...こで,以下,同判示のとおり強要罪の成立を認めたことにつき補足して説明する。
判示要旨:被告人が、病院長に対し、同病院職員の配置転換を要求し、それを決定させた事案につき、?被告人が行った行為が強要罪における脅迫とはならない、?被告人の行為が法令行為として違法性を阻却する、?被告人は「義務なきことを行わしめた」わけではないと主張して争ったが、いずれの主張も排斥された事例。
懲役1年6月
第2(全裸でのランニング強要)...強要罪について...強要罪の争点(懲戒の該当性,義務なき行為か,畏怖の有無等)
懲役3年
1 被告人3名は,判示第2の強要罪につき,Iを脅迫していない旨を供述し,各...弁護人はかかる供述を前提に強要罪は成立しない旨を主張するが,当裁判所は判示...のとおり被告人らに対して強要罪の成立を認めたので,以下補足して説明をする
懲役2年6月
で,上記強要及び恐喝未遂の共謀を遂げたことも,Bらを脅迫したこともないか...その信用性を肯定して,強要及び恐喝未遂の事実を認定した原判決は不当であ...   しかしながら,強要及び恐喝未遂の被害状況に関するB及びDの各供述
懲役1年
分に当たる被告人を強要事件の共犯者として逮捕・勾留されるような事態に巻き込...は,自らが起訴された強要未遂被告事件の第1審において,被告人が起訴されたこ...ったという強要未遂の事案である。
懲役4年
罰   条 判示第1の所為につき人質による強要行為等の処罰に関する法律1条1項
無罪
ものである(なお、その罪名は「強要未遂」であり、罰条は「刑法第223条第3...月12日に強要未遂(本件公訴事実)で起訴され、平成15年2月17日の保...    なお、そのやりとりは、検察官の主張にかかる強要の目的に直接関わる本件
無期懲役
同部に保護されている自己の前妻らとの面会等を強要しようと企て,...人質による強要行為等の処罰に関する法律1条...  本件は,被告人が,被害者Dを,強姦すると共に自己の妻子との面会を強要するた
棄却
職強要行為により退職を余儀なくされて損害を受けたと主張して,債務不履行又は...(1) 嫌がらせないし退職強要行為...被告大学及び被告aによる継続的な退職強要による意に反した退職届の提出を強制
懲役1年6月
・Aに対する職務強要は包括して刑法60条,95条2項... 刑法54条1項前段,10条(重い職務強要罪の刑で処断)...長に対して脅迫行為を行ったという職務強要,脅迫の事案である。
懲役1年6月
傷,強要被告事件...ず,Cは進んでその作成に応じたものであるから,判示事実中,強要罪については...とが優に認められるところ,これが強要罪に該当することは明らかというべきであ
懲役2年6月
て,極めて悪質と言うべきものであるところ,被告人は,恐喝未遂及び強要未遂の
懲役1年6月
1 被告人X1及び同被告人の弁護人は,職務強要の事実につき,同被告人は,被...加えかねない気勢を示して脅迫したことはなく,また,職務強要の故意もなく,さ...び同被告人の弁護人は,職務強要の事実につき,同被告人には,C工業を指名業者
懲役3年
喪失状態に陥っていた。そして,強要未遂事実については,その外形的事実はある...平成13年11月21日付け公訴事実(強要未遂)について...被告人は,本件の手紙を出したことは認めるものの,心底から強要するつも
上告を棄却
判示要旨:刑訴法411条を適用すべき事由が認められないとされた事例(いわゆる戸塚ヨットスクール事件)
懲役4年
して用いるための包丁等を要求したという,建造物侵入及び人質による強要行為等...に,人質による強要行為等の処罰に関する法律1条1項の法定刑が6月以上10年
棄却
 右の者に対する道路交通法違反、恐喝未遂、恐喝、強要被告事件(平成三年(あ)
判示要旨:執行に関する異議の申立てを不適法とした事例
上告を棄却
及び強要未遂罪に該当し、違法性にも欠けるところがないとした原判断は、正当で
判示要旨:監禁罪及び強要未遂罪の成立が肯定された事例
上告を棄却
判示要旨:憲法二八条違反の主張が欠前提とされた事例
破棄
遂、第一の(二)のAに対する脅迫および第二の(三)のBに対する強要について
判示要旨:犯人がその所有する覚せい剤及び覚せい剤原料につき検察官に所有権放棄書を差し出した場合と覚せい剤取締法四一条の六本文の適用(積極)
上告を棄却
判示要旨:正当な団体行動権の行使と認められない事例
上告を棄却
判示要旨:いわゆるF事件の監禁・強要事件の上告棄却決定
上告を棄却
および職務強要の各所為が、社会通念上許容される限度を超えるものであつて、刑
判示要旨:職員組合の役員をしている県立高校の教諭が校長と職員の勤務条件等について交渉する過程で、校長または教頭に対し加えた暴行の所為が公務執行妨害罪、職務強要罪としての実質的違法性を欠くものではないとされた事例
破棄
び同第四(職務強要、傷害の罪)に関する部分を破棄する。...     原判決中起訴状記載の公訴事実第三(職務強要の罪)について無罪とす...られるから、刑法第九五条第二項の職務強要罪の構成要件に該当すると判示する。
判示要旨:職員組合の役員をしている県立高校の教諭が自己の勤務している高校の校長または教頭に対し加えた暴行、傷害の所為が公務執行妨害罪、傷害罪、職務強要罪としての実質的違法性を欠くものではないとされた事例
上告を棄却
監禁罪および強要罪の成立を認めたのは相当である。)、同第二点は、単なる法令
上告を棄却
 所論は、公訴事実第二(議長に対する監禁、職務強要の事実)についての事実誤... 論旨は、公訴事実第二につき、職務強要罪における脅迫についての法令の解釈適
判示要旨:一 地方議会の議事進行に関連する議員の刑事犯罪と議会または議長の告訴告発 二 地方議会の議事進行に関する議長の措置が会議規則に違反していたとしても刑法第九五条第一項にいう公務員の職務の執行にあたるとされた事例
上告を棄却
の上告理由に当らない。そして、被告人Eに対する内郷町署における職務強要の事...告人Lに対する本件公訴事実は、騒擾、建造物侵入のみであつて、職務強要の事実...は存しない。されば、原判決は、同被告人に対しては、内郷町署における職務強要
判示要旨:一 騒擾罪の成立と共同意思 二 騒擾罪における多衆の意義 三 右共同意思の意義 四 騒擾罪における暴行の意義 五 騒擾罪と他の罪名に触れる暴行脅迫 六 騒擾罪における暴行又は脅迫と認められる場合 七 右罪における共同意思の内容
破棄
判示要旨:恐喝罪の成立する一事例
控訴を棄却
して義務なき行為に出でしめることをいい、即ち被強要者に、その暴行のため強要
判示要旨:弁護士法第七二条前段の趣旨
上告を棄却
関する法律一条の罪に該当する行為または刑法二二三条の強要罪に当る行為に該当
判示要旨:一 暴力行為等処罰に関する法律第一条第一項にいわゆる「数人共同シテ」同条項に掲げる刑法各条の罪を犯すことを共謀したが自らは実行行為を分担しなかつた者の責任 二 同条項の「数人共同シテ」の「数人」には「多衆」を含むか 三 本件ラムネ弾は、爆発物取締罰則にいわゆる「爆発物」にあたるか
上告を棄却
で来たこと及び将来Bの集会には来ないことをも附記せよ」と強要し、「早く書か
判示要旨:労働組合法第一条第一項の目的達成のための正当行為と認められない事例。
78 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in