裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62539 
刑事22102民事40437
罪名
建造物等以外放火
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
建造物等以外放火の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
建造物等以外放火を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役1-3年」に処する。
0
0
0
30 件中 1/1 ぺージ
懲役30年
被告人両名が本件建造物等以外放火被告事件(以下「本件放火事件」という。)
懲役10年
昏酔強盗,建造物等以外放火被告事件...建造物等以外放火被告事件(判示第2)について...ら,被告人が本件建造物等以外放火罪の犯人であると認めるのが相当である。
控訴を棄却
建造物等以外放火,非現住建造物等放火,住居侵...そ こ で 検 討 す る に , 建造物等以外放火及び非現住建造物 等放火の各公...建造物等以外放火の公訴事実について
判示要旨:建造物等以外放火、非現住建造物等放火、住居侵入、器物損壊被告事件について、第一審が、建造物等以外放火及び非現住建造物等放火の各控訴事実につき無罪とした(住居侵入、器物損壊は有罪)のに対し、検察官が控訴を申し立てたところ、無罪とされた各事実について、被告人が犯行現場や同現場付近に立ち寄った事実が認められるものの、特定されている犯行時間帯が長時間に及ぶことや犯行現場への第三者の立ち入りが容易であること等から、第三者による犯行の機会も存在しており、被告人以外の者が犯人である可能性を十分に排斥できておらず、被告人が上記各犯行の犯人であることの証明がないと判断した原判決に論理則、経験則等に照らして不合理な点はないとして、控訴を棄却した事例。
懲役1年6月
懲役20年(ただし無罪となった建造物等以外放火,殺人罪を含めたもの)...したがって,建造物等以外放火,殺人について,被告人が犯人であるとの
無期懲役
判示要旨:殺人を伴わない現住建造物等への連続放火事案について、無期懲役とされた事例(裁判員裁判実施事件)
懲役4年
現住建造物等放火,建造物等以外放火被告事件...本件公訴事実中建造物等以外放火の点については,...建造物等以外放火の公訴事実は,「被告人は,かねてより不倫関係にあったA
懲役7年
う建造物等以外放火1件,現住建造物等放火3件,同未遂3件,非現住建造物等放
判示要旨:報道関係者であった被告人が自宅周辺の民家などに次々と放火した8件の現住建造物等放火等の事件について、犯行当時、双極I型障害(いわゆる躁うつ病)に罹患して重度の躁状態にあり、心神耗弱状態であったと認めた上で、被告人を懲役7年に処した事例
懲役2年
判示要旨:アルコール依存症のため病院への入退院を繰り返し、生活保護を受けて独り暮らしをしていた被告人が、好きなときに飲酒できないことや独り暮らしの寂しさなどからむしゃくしゃした気持ちになり、近所の人を驚かせてその気持ちを晴らそうとねぶたの台座周りの幕などに連続して放火した建造物等以外放火2件及び近所の女性の下着を窃取しようとしたが未遂に終わった事案
懲役18年
建造物侵入,建造物等以外放火,窃盗被告事件...内の休憩所に火を放ち,さらに工具類を窃取した建造物侵入・建造物等以外放火...建造物等以外放火(判示第1の1)について
懲役20年
が燃え移ることを認識・認容していたもの,すなわち,建造物等以外放火罪の故意
懲役2年
し,同車を炎上させて焼損し,公共の危険を生じさせたという自己所有建造物等以外放火の...6 しかしながら,本件事案の重大性及び悪質性や,本件が自己所有建造物等以外放火の訴
懲役5年
  非現住建造物等放火,住居侵入,器物損壊及び建造物等以外放火の各罪により
懲役3年
 本件は,被告人が敢行したガス等漏出1件(判示第1),建造物等以外放火1件(判示第
上告を棄却
ある。本件について同項の建造物等以外放火罪の成立を認めた原判決の判断は,正
判示要旨:1 刑法110条1項にいう「公共の危険」の意義 2 市街地の駐車場において放火された自動車から付近の2台の自動車に延焼の危険が及んだことなどをもって刑法110条1項にいう「公共の危険」の発生が認められた事例
懲役3年
びGは,建造物等以外放火罪という特定の犯罪を行うための共謀が成立したと...そして,建造物等以外放火罪においては,放火の故意があれば足り,公共の...建造物等以外放火の事案(第1)及び被告人Aが,車を運転中に後部座席に同乗中
上告を棄却
判示要旨:刑法一一〇条一項の罪と公共の危険発生の認識の要否
上告を棄却
判示要旨:一 設けられた障害物が通路を部分的に遮断するにすぎない場合と刑法一二四条一項にいう陸路の「壅塞」 二 往来妨害罪が成立するとされた事例
上告を棄却
判示要旨:被告人の取調の過程に供述の任意性に影響を及ぼすような違法、不当な点があつたとはいえないとして、違憲の主張が前提を欠くとされた事例
上告を棄却
判示要旨:現行刑法に関する批判をするにすぎない違憲の主張が不適法とされた事例
判示要旨:一、 刑法一〇六条の規定と憲法三一条 二、 近接した日時場所において構成員を異にする多数の者がそれぞれした暴行脅迫を包括して一個の騒擾罪を構成するものと評価するための要件 三、 多数の者が集合して暴行脅迫をした場合各個人について騒擾罪の罪責を認めるための要件 四、 昭和二五年東京都公安条例四条にいう「所要の措置」に集団の解散措置を含むか 五、 昭和二五年東京都公安条例四条にいう「所要の措置」として集団を解散させるための要件を備えたものと認められなかつた事例 六、 多衆の者のした暴行脅迫がいまだ一地方の静ひつを害するに足りる程度に達していたものと認められないとして騒擾罪の成立が否定れた事例 七、 刑法一〇六条二号の率先助勢の罪が成立する時期 八、 少年が少年調査官にした供述調書の証拠能力
破棄
月三日建造物等以外放火の嫌疑で吉原簡易裁判所野村裁判官の発した逮捕状により
判示要旨:一 自白の任意性に関する立証責任 二 刑訴法第四一一条第一号にあたる一事例。−勾留中の被疑者に対する糧食差入禁止とその間またはその後に作成された自白調書の証拠能力−
30 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in