裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62600 
刑事22116民事40484
罪名
加重収賄
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
加重収賄の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
加重収賄を犯した場合、 2.9%の確率で無罪、
97.1%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役1-3年」に処する。
14
1
2
16
0
40 件中 1/1 ぺージ
懲役2年6月
として100万円分の商品券を受領した(判示第3),という加重収賄2件及び官...次に,加重収賄の各犯行についてみると,被告人は,いずれも上記のような職務
上告を棄却
判示要旨:防衛庁調達実施本部副本部長等の職にあった者が、退職後に私企業の非常勤顧問となり顧問料として金員の供与を受けたことについて、事後収賄罪が成立するとされた事例
懲役2年
加重収賄について
判示要旨:国交省職員(いわゆる造園職キャリア)で国立公園事務所長であった被告人が、同じ造園職の先輩に当たる人物からの働きかけにより同事務所が発注する公共工事の入札予定価格を指名入札業者に漏らし、これに対する謝礼として同業者から合計100万円の賄賂を受け取るなどした競売入札妨害、加重収賄被告事件について、執行猶予付判決が言い渡された事案
懲役1年8月
加重収賄罪の成否...として,本件加重収賄事件は無罪である旨を主張し,被告人も,弁護人の主張に沿...加重収賄罪の成否の検討
判示要旨:当時甲市議会議員であった被告人が、公共工事受注に係るブローカーとして暗躍していたXと共謀の上、甲市発注に係るし尿処理施設建設工事の受注を目指していた株式会社Mの従業員らに対し、株式会社Mのために有利かつ便宜な取り計らいをすることの報酬として1億1000万円を供与するよう要求し、上記従業員らにその旨を承諾させて賄賂の約束をした上、被告人が、上記工事請負契約の締結に係る議会承認決議の際、株式会社Mが談合により上記工事を落札したことを知りながら、異議を唱えることなく賛成して職務上不正な行為をし、その約束に基づき1000万円の賄賂を収受した加重収賄被告事件において、共謀、賄賂性、不正行為性、被告人の捜査段階の供述の信用性等が争われたが、関係者の証言をはじめとする関係各証拠により、加重収賄罪の成立が認められたものの、追徴額については、被告人がXから賄賂の分配として受け取った金員は、500万円にとどまると認定した上、裁量により、必要的追徴の対象となりうる7794万5925円のうち、被告人から追徴すべき金額は500万円とするのが相当であるとされた事例。
懲役2年
1 弁護人は,Bによる請託の事実はなく,被告人に加重収賄を構成する職責違反及び...務上相当な行為を行わなかったという加重収賄の事案である。
懲役1年6月
ソコン1台を供与し(贈賄),被告人Aがこれを収受した(加重収賄)という事案...コンの供与を要求しており,加重収賄に至った経緯も悪質である。
懲役1年10月
競売入札妨害,加重収賄被告事件...弁護人及び被告人は,競売入札妨害についてはおおむね認めるが,加重収賄については,その成立...とは無関係であり,加重収賄の対象となる不正な行為は存在しないから,加重収賄罪については無罪で
懲役3年
第1 判示第1の加重収賄の事実について...そうすると,判示第1の加重収賄の事実は,これを優に認めることができ...以上のとおりであって,判示第1の加重収賄及び判示第3の1の競売入札妨
懲役1年6月
ス送信し,その内容を知らせるなどの職務上不正な行為をしたという加重収賄の事案であ
懲役2年
 上不正な行為をなしたという収賄及び加重収賄とこれに対応する被告人Bの贈賄,並びに,被告人Bが,会社の営業...2 被告人Aの収賄及び加重収賄について
上告を棄却
判示要旨:迅速裁判保障条項違反の異常事態が生じていないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:公務員みなし規程(道路運送車両法九四条の七)遺脱が著しく正義に反するものではないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:公務員の地位利用と斡旋収賄罪
破棄
対し、本件加重収賄の収受物件である宅地が第三者に贈与されたため没収すること...に法律を適用すると、原判決判示第一の所為中加重収賄の点は刑法一九七条の三第...法一九七条一項前段にそれぞれ該当する。しかして右加重収賄と各有印虚偽公文書
判示要旨:没収に代えて追徴すべき賄賂の価額の算定基準時
破棄
判示要旨:被告人に会計法規に違反する認識のあつたことをもつて直ちに国に損害を加える認識もあつたとして背任罪の成立を認めるのは相当でないとされた事例
無罪
判示要旨:一 刑法第一九七条にいう「其職務」の意義 二 熊本県八代地方事務所農地課勤務の事務吏員の職務権限
上告を棄却
判示要旨:税務署所得税第一係係員の職務権限と収賄罪
控訴を棄却
判示要旨:一、 健康保険法に基く健康保険組合の役職員は公務員か 二、 同組合の実施する入札は刑法第九六条ノ三に規定する「公ノ入札」にあたるか
上告を棄却
判示要旨:証人として供述した者がその供述内容の虚偽である旨記載した書面を提出した場合と再審理由。
上告を棄却
判示要旨:刑法第一九七条は憲法第一四条に違反するか。
上告を棄却
判示要旨:公文書偽造罪の成立する事例。
上告を棄却
判示要旨:一 受訴裁判所内で受命裁判官による証人尋問を行うことの適否 二 違法な証人尋問についてその手続上の瑕疵が治癒されたものと解せられる一事例 三 刑法一九七条の三にいわゆる「相当ノ行為ヲ為ササルトキ」に当る場合
上告を棄却
判示要旨:一 いわゆる第三者収賄罪の成立と第三者の意義 二 いわゆる第三者収賄罪において第三者たる法人が賄賂を収受した場合の沒収、追徴の要件
上告を棄却
判示要旨:自白の任意性の調査方法
破棄
判示要旨:一、 刑訴第六一条の被告人の陳述録取調書が記録にない場合 二、 不当勾留中に検察官が第三者を取り調べた調書の効力
犯罪事実を認定する証拠として、被告人Aに対する前示加重収賄被告事件の公判調
判示要旨:一 重罪事件につき被告人が辯護人の選任を辭退した場合官選辯護人を付することの要否 二 違法の公判手續における相被告人の供述を證據とした判決と破毀事由の共通
40 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in