裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62575 
刑事22110民事40465
罪名
傷害致死
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
傷害致死の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
傷害致死を犯した場合、 3.1%の確率で無罪、
96.9%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役5-10年」に処する。
19
6
4
37
52
3
419 件中 1/9 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
懲役3年,執行猶予
本件は,3歳の弟に対する傷害致死1件の事案である。
懲役9年
傷害致死,傷害被告事件...Cに対する傷害致死及び傷害被告事件の原審での公訴提起や訴因変更請求等の...平成30年1月15日付け起訴状により傷害致死被告事件が起訴され,その公訴
懲役10年
本件は傷害致死の事案であり,被害者が亡くなるという重大な結果が生じている。
判示要旨:被告人が、知人であった被害者男性に対し、その全身を、数十回足で踏みつけるなどの暴行を一方的に加え、頭部皮下出血・くも膜下出血等の傷害を負わせ、当該傷害に基づく外傷性ショックにより死亡させた事案で、暴行の過酷さを中心に前科等も考慮し、被告人に懲役10年の刑を言い渡した事例。
懲役16年
傷害,傷害致死,暴行,強要...ことは間違いない旨供述し,弁護人も傷害致死罪の成立自体は争っていない。しか...どり,Bへの虐待をエスカレートさせて行き,最終的に,判示第6の傷害致死の犯
懲役9年
また,弁護人は,各傷害の追起訴がなければ,それらに関する証拠を傷害致死...傷害致死被告事件の起訴後にされた各傷害の追起訴は,そのような立証の禁止を...しかしながら,同一の人的関係等を背景とした傷害と傷害致死との関係や,各
懲役7年
傷害致死被告事件...そうすると,本件は,単独犯で,心神耗弱の状態にあった者の傷害致死1件とい
判示要旨:被告人が、来訪していた交際相手に暴行を加え、死亡させた事案につき、犯行当時、被告人が心神耗弱の状態にあったと認めた上、懲役7年に処した事例。
懲役3年
用のある傷害致死(被害者D。以下「被害者」...よって傷害が生じ更に同傷害から死亡の結果が発生したという傷害致死の事案...したがって,刑法207条の適用により被告人両名に傷害致死
破棄
,傷害致死被告事件
判示要旨:被告人が、生後2か月の孫の頭部に強い衝撃を与える暴行を加えて急性硬膜下血腫等の傷害を負わせ、同傷害に起因する脳機能不全により死亡させたとして起訴された傷害致死の事案。同児の症状の原因は、内因性の脳静脈洞血栓症とDICであった可能性が否定できず、原判決が外力によると認定した根拠についても、そのように認定できるだけの基礎的事情を認めることはできず、被告人が同児の死亡に結びつくような暴行を加えたことを積極的に推認できるような状況も見当たらないとし、被告人を有罪と認めた原判決には判決に影響を及ぼす事実誤認があるとして、被告人を懲役5年6月に処した原判決を破棄した上、被告人に無罪を言い渡した事例
控訴を棄却
に掲記した傷害致死の事案であるが,原判決が説示する量...所論は,❶量刑資料を検索した結果によれば,同種の児童虐待に係る傷害致死の
懲役5年
傷害致死被告事件...を踏まえると,本件は,子を被害者とする単独犯の傷害致死事案の中で中程度の部
懲役3年6月
傷害致死被告事件...以上からすれば,本件は,同種事案(子を被害者とする傷害致死事件1件の事
懲役3年6月
平成30年(わ)第271号傷害致死被告事件等...判示第4の事実(傷害致死)について...判示第4の事実(傷害致死)に関する争点について
懲役10年
本件が,被告人両名いずれの関係ででも,傷害致死を処断罪とする同種事案の中で
控訴を棄却
傷害致死被告事件...対する傷害致死罪での逮捕を免れる意図がなかったとはいえない。そ
懲役10年
められず,被告人両名に傷害致死罪が成立すると判断したので,以下説明する。...あることを立証し,刑法207条が適用され,被告人両名に傷害致死罪が成立...ついても責任を負うから,いずれも傷害致死罪が成立する。
破棄
各傷害致死被告事件...害の特例(刑法207条)が適用され,傷害致死の罪責を負うことになる...ら,傷害致死罪の共同正犯が成立し,仮に,被告人両名の間に暴行の共謀
懲役22年
(原審認定罪名・傷害致死)被告事件...第1(常習傷害),同第2(公訴事実殺人,原審認定罪名傷害致死)の1(火...とする,3名に対する傷害罪及び1名に対する傷害致死罪等で懲役10年に処
懲役7年
押さえつけるなどの暴行を加えて死亡させた傷害致死 判示第3) ほか,...事件後の状況についてみると,被告人は,傷害致死の暴行を終えた後,...以上の事情を前提にして,同種の傷害致死事案(単独犯・凶器等なし・
懲役5年
傷害致死被告事件...そうすると,被告人の刑事責任の重さは,被害者1名に対する傷害致死の単独犯,
判示要旨:妻である被害者に対し、つえで殴打するなどの暴行を繰り返し行い被害者を死亡させたという傷害致死事案において、懲役5年を言い渡した事案。
懲役7年
実子に対する傷害致死の犯行であって,未だ3歳の,いたいけな息子に対し,
控訴を棄却
傷害致死(予備的訴因及び認定罪名...傷害致死幇...論旨は,傷害致死幇助についての事実誤認と量刑不当の主張である。
懲役9年
平成28年(あ)第1869号 傷害致死被告事件...妻との傷害致死の共同正犯が成立するとしたことは,原審では当事者双方ともこの...ば,訴因どおりに傷害致死の単独犯を認定して被告人を懲役9年に処した第1審判
判示要旨:原判決が理由中において訴因外の共同正犯が成立するとしたことが是認できないとされた事例
懲役8年
傷害致死被告事件...という,傷害致死の事案である。
懲役10年
従って,傷害致死罪が成立するにとどまると判断した。...傷害致死の態様は,強い力で,数分間継続して,鼻口部付近や頸部を圧迫したの...めた上,運河に投棄したのであり,傷害致死及び不法残留の発覚を免れ,責任を回
懲役11年
傷害致死,窃盗,窃盗未遂,死体遺棄被告事件...て,傷害致死罪を1件犯した事案であるところ,前記の動機は,けんかや家族...そこで,本件では,処断罪が傷害致死罪で,単独犯であり,動機が類型化し得
懲役7年6月
暴行,逮捕,死体遺棄,傷害致死被告事件...被告人は,Aに対する暴行,逮捕被告事件及びEに対する死体遺棄,傷害致死被告...事件で起訴され,このうち,傷害致死の訴因の概要は,「被告人は,平成24年11
懲役4年
本件でDらにより判示傷害致死の犯行が行われたことに争いはなく,争点は,...以上のとおりであって,被告人両名は,傷害致死罪について共同正犯の責任を
懲役12年
傷害致死,死体遺棄被告事件...共同正犯の傷害致死の事例等における量刑傾向等をみると,それらの事例の中には,...第1の犯行よりも危険・悪質な類型の事例もそれなりにみられるが,本件傷害致死の
判示要旨:被告人両名が、被害者を金属製パイプで多数回殴るなどの暴行を加えて被害者を死亡させ、その死体を隠匿した傷害致死、死体遺棄被告事件において、被告人両名にそれぞれ懲役12年、懲役10年を言い渡した事例
懲役28年
殺人(認定罪名傷害致死),傷害致死,窃盗被告事件...原判示第1の傷害致死の事実を認定した。...3の各傷害致死の事実並びに原判示第4の窃盗の事実を認め,被告人を懲役28年
懲役9年
上記の者に対する死体遺棄,傷害致死被告事件について,当裁判所は,検察官...は,傷害致死罪の成否である。...傷害致死罪について,被告人は無罪であると述べ,弁護人は,被害者が死亡
判示要旨:被害者の死因が不明で犯人性が問題となった傷害致死の事案において、被害者の死亡前の言動や骨折状況等といった間接事実のほか、被告人の捜査段階の供述の任意性、信用性を認めて、被告人の捜査段階の供述と補強証拠とがあいまって全体として被告人の犯人性を肯定し、被告人に懲役9年を言い渡した事例(なお、任意性判断については、別添の平成29年2月27日付け決定がある。)。
懲役8年
上記両名に対する各建造物侵入,窃盗,傷害致死被告事件について,当裁判所は,...量刑上,最も重視されるべき,傷害致死の事案についてみると,被告人両名は,...う点で,傷害致死の事案の中でも特に軽いものとはいえない。さらに,ひったくり
判示要旨:被告人両名が、共謀の上、ひったくり及び複数回の侵入盗をしたほか、知人である被害者に対して、複数の薬物を多量に混入したアルコール飲料等を飲ませて死亡させた傷害致死等被告事件において、被告人両名にいずれも懲役8年を言い渡した事例
懲役8年
意があったかどうか,②判示第3の傷害致死について,被告人Bが,本件橋の中...れるものとなり,結局,傷害致死罪の成立を免れない。...判示第3の傷害致死は,真冬の明け方に,被害者を約5.8メートルの高さから
判示要旨:被告人両名が、暗黙のうちに意思を相通じ、橋の欄干外側の土台部分にしゃがみ込んで両手で欄干をつかんでいた被害者に対し、順次、その手を離させて友人2名の手を握らせた後、うち1名の腕を強く押し、それぞれ握った手を離させて被害者を約5.8メートル下方の川に落下させ、溺死させるなどした事案において、被害者の行為を利用した暴行に当たることなどを認定した上、被告人両名にそれぞれ懲役8年を言い渡した事例
懲役6年
て考慮すれば,本件は,少年による傷害致死の事案の中でも重い部類に属
上告を棄却
平成27年(あ)第703号 傷害,傷害致死被告事件...ある同時傷害致死罪の規定(刑法207条)を適用する前提が欠けることになる」...死亡の結果が発生したという傷害致死の事案において,刑法207条適用の前提と
判示要旨:1 同時傷害の特例を定めた刑法207条の法意 2 共犯関係にない二人以上の暴行による傷害致死の事案においていずれかの暴行と死亡との間の因果関係が肯定された場合と刑法207条の適用の可否
懲役4年
あって,本件犯行は,少年による傷害致死の事案の中で,重い部類に属
無罪
の死期を早めるなどしたのであれば,傷害致死罪が成立するので,念のため付
判示要旨:被告人が実子である生後2か月の乳児の頭部に衝撃を与える何らかの暴行を加えて死亡させたとされた傷害致死事件について、医学的な観点や死亡前日からの経過からすると、被告人にのみ犯行可能性のある公訴事実記載の日時以前の時点で既に死因となる損傷に至る受傷をしていた可能性が否定できないとして、無罪が言い渡された事例(裁判員裁判実施事件)
無期懲役
死体遺棄,逮捕監禁,殺人,監禁,詐欺,生命身体加害略取,傷害致死被告事件...第2(V4を被害者とする生命身体加害略取,傷害致死)...第2の各犯行(V4に対する生命身体加害略取,傷害致死)について
上告を棄却
傷害致死被告事件
判示要旨:公判調書の整理期間を定める刑訴法48条3項と憲法31条との関係
破棄
傷害致死被告事件...る。」というものである。同起訴状には,罪名及び罰条として,「傷害致死...の成立を,被告人Cについて原判示第2の内容の傷害致死の犯罪の成立を認め,「法
判示要旨:二つの暴行のいずれによって傷害が発生したか認めることができないのに、一方の暴行と死亡との因果関係が認められるから刑法207条を適用する前提が欠けると原判決が判断したのは、同条の解釈適用を誤っており、両暴行の機会の同一性に関する事実の誤認もあるとされた事例
懲役2年6月
被告人の行為は正当防衛にも正当行為にも当たらず,傷害致死罪が成立し,防...剰防衛による傷害致死の事案の中では,刑の減軽も考慮に値する中程度から軽い
判示要旨:共に飲酒して泥酔状態となった被害者(22歳の同居の息子)をタクシーに乗せて自宅に連れ帰る途中、激しく暴れる同人に対し、自己又は運転手の各身体及びタクシー内の備品等を防衛するため、被害者を後部座席前の床上に押し込むなどする中で、その頸部付近を手や足で圧迫するなどするうち、同人を頸部圧迫に伴う窒息により死亡させた傷害致死の事案につき、急迫不正の侵害に対する防衛行為であることは認めたものの、被告人が被害者には飲酒時における自傷他害等の重大な問題があることを知りながら飲酒に誘って連れ出すなどした経緯を併せ考慮して、防衛行為の相当性を否定して過剰防衛の成立を認め、併せて弁護人の正当行為(泥酔者の保護監督)の主張を排斥した事例。
懲役4年
傷害致死被告事件...り,その行為によって被害児は窒息死したのであるから傷害致死罪が成立すると主...使といえるから違法性が否定される,などとして,傷害致死罪は成立しないと主張
懲役10年
傷害致死被告事件...児童虐待の傷害致死の行為責任は重大,②態様は甚だ危険で悪質,③結果は重大,...とから,被告人両名に対しては傷害致死罪に定められた法定刑の上限に近い主文の刑が相当であると判断した。
判示要旨:傷害致死の事案につき、懲役10年の求刑を超えて懲役15年に処した第1審判決及びこれを是認した原判決が量刑不当として破棄された事例
懲役8年
てしまったが,その後,傷害致死事件の取調べを受ける中で,警察官がB役...していたとしてもAの記憶に残っていないはずはない。Aは傷害致死事件の...よって,被告人には傷害致死罪が成立する。
判示要旨:死亡当時6歳の被害者が白骨状態で発見された事案につき、被告人供述に基づいて死亡前後の経緯を認定した上、複数の医師の見解を踏まえて様々な死因の可能性を検討し、被告人の足蹴りにより被害者が浴槽壁面に頭部を打ち付けた際の頭蓋内損傷が死因であると特定して、傷害致死罪の成立を認めた事例
419 件中 1/9 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in