裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62600 
刑事22116民事40484
罪名
保護責任者遺棄
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
保護責任者遺棄の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
保護責任者遺棄を犯した場合、 3.1%の確率で無罪、
96.9%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役1-3年」に処する。
1
1
0
29 件中 1/1 ぺージ
控訴を棄却
保護責任者遺棄致死被告事件...主張する。しかしながら,本件の訴因は保護責任者遺棄致死であり,Aによ
懲役13年
う保護責任者遺棄致死の事案である。...次に,保護責任者遺棄致死事件についてみると,上記のような監禁行為...そこで,以上の事情を総合考慮し,保護責任者遺棄致死事件の量刑傾向
懲役5年
は生じず,保護責任者遺棄罪,同致死罪の遺棄,不保護に該当しない,②被告人に...識がなく,遺棄,不保護の故意がないから,被告人には保護責任者遺棄罪,同致死...これに対し,当裁判所は,判示第1の行為につき被告人には保護責任者遺棄罪,
破棄
平成28年(あ)第1549号 保護責任者遺棄致死(予備的訴因重過失致死)...刑法218条の不保護による保護責任者遺棄罪の実行行為は,同条の文言...検察官は,平成26年12月22日,保護責任者遺棄致死罪として本件を
判示要旨:1 刑法218条の不保護による保護責任者遺棄罪の実行行為の意義 2 子に対する保護責任者遺棄致死被告事件について、被告人の故意を認めず無罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例 3 裁判員の参加する合議体で審理された保護責任者遺棄致死被告事件について、訴因変更を命じ又はこれを積極的に促すべき義務がないとされた事例
禁錮1年6月
1 主位的訴因(保護責任者遺棄致死罪)について...(1) 保護責任者遺棄致死罪の公訴事実は,...とまでは認められず,したがって,保護責任者遺棄致死罪は成立しないと判断
判示要旨:被害者(難病に罹患した当時3歳の女児)が保護を要する状態であったことを認識し、認容していたか等が争点となった保護責任者遺棄致死(予備的訴因 重過失致死)被告事件において、養父である被告人にはそのような認識、認容があったとまでは認めがたいものの、僅かな注意を払えば、被告人がそのように認識できたと認められるとして、重過失致死罪の成立を認めた事例(裁判員裁判実施事件)
無罪
判示要旨:主として生存に必要な保護をしないことの認識の有無が争点となった保護責任者遺棄致死事件において、被害者(難病に罹患した当時3歳の女児)が十分な栄養を与えられていない状態にあると認識していたと、常識に照らして間違いなくいえるだけの立証が検察官によりなされているとは認め難いとして、実母である被告人に無罪の言渡しをした事例(裁判員裁判実施事件)
破棄
自動車運転過失傷害,保護責任者遺棄被告事件...(保護責任者遺棄) というものである。...保護責任者遺棄の公訴事実についてみても,自動車運転過失傷害の事実が認
懲役6年
保護責任者遺棄致死被告事件
判示要旨:保護責任者遺棄致死被告事件について、被害者の衰弱状態等を述べた医師らの証言が信用できることを前提に被告人両名を有罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
破棄
保護責任者遺棄致死...までの間,被害者は,極度に衰弱した状態にはなく,保護責任者遺棄罪の客体で...保護責任者遺棄致死罪の成立を認
判示要旨:裁判員裁判対象事件である保護責任者遺棄致死被告事件について、夫婦である被告人両名が、被告人(妻)の妹である同居の被害者について、その生存を確保するため、医療措置を受けさせるなどの保護を必要とする状態であると分かっていながら、その生存に必要な保護を加えず、被害者を死亡させたとの第1審判決の認定、判断が、論理則、経験則等に照らして、合理的なものとして是認することはできず、第1審判決には、判決に影響を及ぼすことが明らかな事実誤認があり、被害者が上記の状態にあることについての被告人両名の認識の有無について更に審理をする必要があるとして、第1審判決を破棄して差し戻した事例
懲役3年6月
判示要旨:被告人が、弟と共謀の上、実子である当時5歳の被害者に対し、十分な食事を与えたり適切な医療措置を受けさせたりするなどの生存に必要な保護をしなかった保護責任者遺棄及び同じ被害者に対する暴行の事案について、犯行に至る経緯や不保護の態様の悪質さ等を考慮して、被告人を懲役3年6月に処した事例
懲役5年
不実記録・同供用,保護責任者遺棄致死,死体遺棄,窃盗被告事件...という要件が欠けているから,保護責任者遺棄致死罪は成立しないと主張し,...保護責任者遺棄致死罪の成否
判示要旨:裁判員裁判                                               被告人に言われて自ら多量の向精神薬を飲み、意識障害になった被害者を自動車内に放置し、死亡させたとされる保護責任者遺棄致死被告事件について、病者性、故意及び保護責任がなかったとする弁解を排斥し、併合事件とあわせて懲役5年を言い渡した事例
懲役12年
判示第1の保護責任者遺棄致死の公訴事実について,被告人は,当公判廷で,...は保護責任者遺棄致死罪は成立しないと主張している。...揺るがずほぼ一貫していることや,Aが本件保護責任者遺棄致死事件に
判示要旨:被告人が、内妻の子である女児(当時9歳)に対し、内妻と共謀して行った保護責任者遺棄致死、死体遺棄事件(いわゆる西淀川虐待死事件)において、被告人の虐待による先行行為に基づく保護義務がなく、不保護の故意及び不保護と死亡結果との因果関係もない等の被告人の主張をいずれも退けて、被告人に対し懲役12年を言い渡した事例(裁判員裁判対象事件)
懲役8年6月
判示第1の保護責任者遺棄致死の公訴事実について,被告人は,当公判廷で,...いずに就寝させるなどして死亡させたという保護責任者遺棄致死(判示第1),...そこで検討すると,保護責任者遺棄致死(判示第1)の犯行に至る経緯及
判示要旨:被告人が、実子である女児(当時9歳)に対し、内縁の夫と共謀して行った保護責任者遺棄致死、死体遺棄事件(いわゆる西淀川虐待死事件)において、内縁の夫の虐待による先行行為に基づく保護義務及び不保護の故意・共謀がなく、また、不保護と死亡結果との因果関係も解明されていない等の被告人の主張をいずれも退けて、被告人に対し懲役8年6月を言い渡した事例(裁判員裁判対象事件)
懲役3年
上記の者に対する傷害,保護責任者遺棄被告事件について,当裁判所は,検察官...判示第1の保護責任者遺棄の事実について,弁護人は,Bが主導的立場にあ...とおり,保護責任者遺棄の事実に関しては,被告人に有利な供述もしている
懲役15年
保護責任者遺棄の点...うち長男に対するものは保護責任者遺棄罪に該当するが,被告人の主観面のみを
判示要旨:3歳の長男と1歳3か月の三男を養育していた実母である被告人が、同人らの存在が疎ましくなり、その世話を厭う気持ちが募ったことから、ドアに鍵をかけて容易に他者が立ち入ることのできない状態にした上で自宅から立ち去って同人らを置き去りにし、1か月余りの間一度も自宅に戻ることなく同人らを放置し、三男を脱水及び栄養不良による飢餓、低体温又はその競合により殺害するとともに長男を遺棄し、三男の死体を遺棄した殺人、保護責任者遺棄及び死体遺棄の事案。
禁錮1年6月
当裁判所は,本件起訴にかかる主位的訴因の保護責任者遺棄致死罪は成立せず,...被告人両名に保護責任者遺棄(不保護)の故意が認められるか否かである。...できず,主位的訴因の範囲内で保護責任者遺棄致死罪が成立する余地はない。
判示要旨:乳児である実子を自動車内に放置して熱中症により死亡させた事案について、故意がないとして主位的訴因の保護責任者遺棄(不保護)致死罪の成立を否定し、予備的訴因の重過失致死罪の成立を肯定した事例
懲役4年
平成16年(わ)第55号 保護責任者遺棄致死被告事件...して遺棄し,栄養不良及び寒冷のため凍死させたという保護責任者遺棄致死の事案
懲役2年6月
当裁判所は,判示のとおり,被告人につき保護責任者遺棄罪の成立を認め,同...ていれば救命される可能性があったのであるから,被告人は保護責任者遺棄...(3) 被告人が保護責任者遺棄罪の故意を有すること
本件は,実子を餓死させた保護責任者遺棄致死の事案である。
控訴を棄却
 1 所論(1)(Cの死亡についての保護責任者遺棄致死罪の成否)について...保護責任者遺棄(不保護)致死罪の故意が認められるためには,行為者に,保護責... 3 所論(3)(本件男児の死亡についての保護責任者遺棄致死罪の成否)について
懲役2年
責任者遺棄致死,保護責任者遺棄被告事件...3 よって,被告人が,保護責任者遺棄致死及び保護責任者遺棄の罪責を負うこと...弱死するに至らせたという保護責任者遺棄致死及び保護責任者遺棄の事案である。
懲役2年
345号 保護責任者遺棄致死,保護責任者遺棄被告事件...その結果,次男Vを衰弱死するに至らせた,という保護責任者遺棄致死及び保護責
懲役4年
する保護責任者遺棄致死罪の故意がない,判示第2の事実につき,Bの熱傷原因... 3 保護責任者遺棄致死罪の故意について...のある者であり,甲と共に保護責任者遺棄致死罪の責任を負うのは当然である。し
上告を棄却
判示要旨:刑法第二一八条後段にいう被保護者の生存に必要なる保護をなさない罪に該当するとされた事例。
29 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in