裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62602 
刑事22116民事40486
罪名
私文書偽造
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
私文書偽造の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
私文書偽造を犯した場合、 1.9%の確率で無罪、
98.1%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
26
2
6
25
13
11
2
319 件中 6/7 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7
上告を棄却
れない。のみならず記録によつて第一審判決挙示の証拠を調べてみると、所論共謀による私文書偽造、同行使の事実を認めるに十分であつて、所論の白白のみによる
上告を棄却
れども、本件記録によれば、第一次の公訴提起は昭和二四年七月二五日私文書偽造
判示要旨:一 刑訴第二七一条第二項(昭和二八年法律第一七二号により追加された刑訴第三三九条第一項第一号の規定の施行前における)の規定による公訴提起の失効と判断の要否 二 第一次の公訴提起失効後の第二次の公訴提起と二重危険
棄却
有印私文書偽造同行使詐欺の事実は、それぞれ原判決引用の証拠によりこれを認め
判示要旨:申請のあつた証人尋問採否の決定をしないまま結審した違法が判決に影響をおよぼさずとした事例 ○判決要旨 約束手形の割引斡旋方を依頼された犯人が、右斡旋のため支払能力なくまた支払の意思のないのにこれらがあるように装つて旅館に無料宿泊飲食したという詐欺被告事件の第一審において、弁護人が右手形割引に要する費用は依頼者の負担とする約束のあつた旨、犯人が司法警察職員の取調に際し右犯人に刑事責任がないことを強調しその旨供述調書に記載を求めた事実、犯人の旅館宿泊当時の資産状態を夫々立証するために申請した証人尋問の採否を決定しないまま結審した場合において、原審のこの措置は違法ではあるが、第二審において右申請に係る証人全部を取リ調べても右原審弁護人が右証人等によつて立証しようとした事項がその所期するように立証し得たものと認められず、従つて右詐欺の事実が否定されるに至るものとは到底認められないような場合には、右原審の訴訟手続における法令違背は、判決に影響をおよぼすものとは認められない。
上告を棄却
判示要旨:一 量刑不当の控訴趣意について判断せず、他の控訴趣意を理由ありとして破棄自判した場合、審理不尽といえるか 二 他の控訴趣意を理由ありとして破棄自判した場合、量刑不当の主張に対する判断の要否
上告を棄却
判示要旨:刑訴第二〇条七号に当らない一事例 ―民事々件に関与したる裁判官がそれと関連ある刑事々件の判決宣告への関与―
上告を棄却
ため、その取調中に発覚した私文書偽造行使詐欺同未遂事件(以下単にD事件とい...に引きつづいてこの預金通帳を利用して企てたきわめて悪質巧妙な私文書偽造行使詐欺未遂行為であつて、所論のように犯情軽い事件とはいえないのみならず、また
判示要旨:一 甲事件について起訴勾留中の被告人を乙事件の被疑者として取り調べることの合憲性 二 甲事件につき起訴勾留された被告人を乙事件の被疑者として約三九日間連続約五〇回にわたり取り調べたことと憲法第三八条第一項にいう「不利益な供述の強要」 三 憲法第三八条第二項にいう「強制拷問による自白」にあたらない一事例 四 憲法第三八条第二項にいう「不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白」にあたらない一事例 五 絞首刑の合憲性 六 被告人の証人審問権と事件に関連性のない発問の禁止
破棄
 被告人の判示所為中、判示第一の各私文書偽造の点は夫々刑法第一五九第一項...の(二)及(四)の各私文書偽造の罪について定める刑に従うこととし、判示第二
判示要旨:たばこ専売法第六六条第一項但書にいわゆる正当の事由により所持する場合にあたる一事例
上告を棄却
判示要旨:一 弁護士法に規定する懲戒は刑罰か 二 弁護士法に規定する懲戒と憲法第三九条
上告を棄却
査しても被告人の検察官に対する本件私文書偽造行使の事実についての自白が所論
上告を棄却
判示要旨:私文書偽造、行使、詐欺(処断上一罪)の起訴に対し、訴因罰条の変更手続を経ないで、一部につき有罪を認定せず且つ有罪認定の態様を変えて詐欺、私文書偽造(併合罪)と認定することは違法か
上告を棄却
判示要旨:一 数個の前科がある場合と刑法第五九条にいわゆる「三犯」 二 再犯につき刑法第五九条を適用した違法と判決への影響
上告を棄却
いこととを綜合して考えると、右擬律も判示第七の(一)等についての擬律と同様、敢えて私文書偽造同行使と業務上横領、有価証券偽造行使と業務上横領の間に、そ
上告を棄却
私文書偽造罪を構成するものと解すべきである。論旨は最高裁判所の判例違反を主...戻証書の偽造が私文書偽造罪を構成することを判例としておるのであつて(昭和二
判示要旨:架空人名義の簡易保険申込書作成と私文書偽造罪の成否
破棄
刑法第二百五十三条に、有印私文書偽造の点は同法第百五十九条第一項に、その行
判示要旨:業務上横領罪となる浮貸の一事例
破棄
点は同法一五八条一項一五五条三項に、私文書偽造の点は、同法一五九条一項に、...行使、私文書偽造と同行使は夫々手段結果の関係にあるから各刑法五四条一項後段
上告を棄却
実中特に私文書偽造、同行使の点を削除して爾余の詐欺の事実のみを認定したもの
破棄
 論旨は要するに、原判決判示第一の私文書偽造の点は当時右文書の作成名義人で
判示要旨:刑法第二三五条にいわゆる窃取の意義
控訴を棄却
ず私文書偽造罪は成立するのであり、また、公正証書原本不実記載罪は、申立事
判示要旨:所有者の死後における不動産所有権移転登記手続と公正証書原本不実記載罪の成否
棄却
 弁護人は、原判決は判示第一において架空人名義を用いて作成した私文書偽造行...る公の信用を害する危険があるのであつて、私文書偽造行使罪を構成するものと解... 弁護人は、架空人名義の私文書偽造が罪とならないことについては、我国の従来
判示要旨:架空人名義による文書の作成と私文書偽造罪の成否
上告を棄却
たかゝる私文書偽造、行使罪を免訴とすべき憲法規定は存しないのであるから、所
判示要旨:民法改正前における分家同意書の偽造、行使罪の処罰可能と憲法第一一条
上告を棄却
 所論前段の原判決判示第三の(二)の私文書偽造の事実についての事実誤認の主... 次に又記録を精査しても所論被告人の私文書偽造の所為が銘酊による心神喪失の
判示要旨:実行者の具体的行為の内容を認識しない通謀者の責任
319 件中 6/7 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in