裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62602 
刑事22116民事40486
罪名
私文書偽造
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
私文書偽造の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
私文書偽造を犯した場合、 1.9%の確率で無罪、
98.1%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
26
2
6
25
13
11
2
319 件中 5/7 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7
棄却
 右の者に対する私文書偽造、同行使、詐欺被告事件(昭和四二年(あ)第八五六
判示要旨:異議申立理由書が異議申立期間内に提出されない場合の処置
破棄
ち、右第一審判示第二の(二)の有印私文書偽造、同行使の犯罪事実は、その挙示する証拠によつてこれを証明することができないのである。この点において、第一
控訴を棄却
は、原判決は被告人に対し窃盗、私文書偽造、同行使、詐欺の罪責を認定している...示窃盗、私文書偽造、同行使、詐欺の各事実を優に肯認することができる。所論
判示要旨:ポリグラフ検査結果の書類の証拠能力
上告を棄却
一審判決が罪となるべき事実として認定したところによると、被告人の私文書偽造
控訴を棄却
た他人の署名を使用した場合の刑法第一五九条第一項所定の私文書偽造罪に該当す
判示要旨:一、 民法第九七六条所定の遺言書の作成名義人 二、 宣誓手続に瑕疵がある場合と偽証罪の成否
破棄
たことは私文書偽造行使罪の構成要件を充足しないと主張し、仮にそうでないとし
判示要旨:刑法第五六条にいわゆる懲役刑の執行を終りたる日
上告を棄却
判示要旨:刑法第一九七条にいう公務員の「職務」の意義。
上告を棄却
判示要旨:自己の刑事被告事件に関する証憑偽造の教唆犯の成立。
破棄
判示要旨:予期以上の金員交付があつた場合に全額につき詐欺罪の成立を認めた事例
上告を棄却
判示要旨:一 会社と同時に破産宣告を受けた合名会社の社員の破産と商法第八五条第四号。 二 醸造元および銘柄を明記した酒瓶用胴張紙は刑法第一五九条第一項にいわゆる事実証明に関する文書にあたるか。
上告を棄却
判示要旨:憲法第三八条第三項にいう自白の中には共犯者の自白をも包含するか。
上告を棄却
判示要旨:権利行使と恐喝罪成立の擬律は大審院判例に違反するか。
上告を棄却
判示要旨:間接国税以外の国税に関する犯則事件について告発は公訴提起の訴訟条件か。
破棄
第一項第六〇条に、それぞれ該当する。そして右私文書偽造とその行使、登記簿原
判示要旨:一、 偽造私文書行使罪が成立する場合 二、 公正証書原本不実記載罪が成立する場合
上告を棄却
判示要旨:迅速を欠いた裁判と破棄の理由。
上告を棄却
判示要旨:憲法第三七条違反の主張(起訴事実以外の横領の事実を量刑判断の基礎にした。)はその前提を欠くとした事例。
上告を棄却
判示要旨:第二審裁判所が事実の取調をした場合と最終陳述の規定(刑訴法第二九三条規則第二一一条)の準用の有無
上告を棄却
判示要旨:物品税の納税義務者の従業員が金員着服の目的でその義務者の業務に関し不正行為をもつて物品税を逋脱した場合と物品税法第一八条第一項第二号の罪の成否
上告を棄却
判示要旨:判例違反が判決に影響を及ぼさない事例―刑法第一九条第一項各号の適用の誤り。
控訴を棄却
る以上、仮りにそれが犯罪(私文書偽造、同行使、公正証書原本不実記載、同行使
上告を棄却
判示要旨:控訴審が事実の取調をなし自判する場合と刑訴第二九三条、刑訴規則第二一一の準用の有無。
棄却
判示要旨:上訴権回復請求の事由にあたらない事例。
上告を棄却
判示要旨:一 控訴裁判所が第一審において有罪とされた手段結果の関係にある犯罪事実の一部を無罪とし、なお第一審の刑より軽い刑を言い渡さなかつた場合と刑訴法第四〇二条 二 刑訴法第四八条第二項にいう「重要な事項」の意味
上告を棄却
判示要旨:確定裁判を経ない数個の犯罪が併合罪の関係にある併合審判の要否。
上告を棄却
 私文書偽造罪において、冒用された文書の作成名義者が実在しない場合でも、そ...しない場合でも私文書偽造罪の成立を妨げないことは当裁判所の判例とするところ
判示要旨:設立中の会社名義の売買契約書の作成と私文書偽造罪の成否。
上告を棄却
判示要旨:新聞紙上の広告文が刑法第一五九条第一項にいわゆる「事実証明に関する文書」にあたるとされた事例。
上告を棄却
判示要旨:刑法第一七二条にいう虚偽の申告の意義。
上告を棄却
判示要旨:被告人に対する上告趣意書最終提出日の告知の不適法と、上告趣意書が期限内に提出なしとして上告を棄却した決定への影響
上告を棄却
判示要旨:控訴趣意に対する再審事由の有無についての判断がなされているものと認められる場合
上告を棄却
判示要旨:日本電信電話公社の職員の作成すべき文書は公文書か
上告を棄却
判示要旨:軍人用販売機関名義の輸入免税申告書の性質
上告を棄却
がこれに有価証券偽造同行使に関する法条を適用せずして、私文書偽造、同行使罪
判示要旨:いわゆる無記名定期預金証書偽造の罪の適条。
上告を棄却
判示要旨:昭和三〇年法律第五一号による銃砲刀剣類等所持取締令の一部改正と刑の廃止
棄却
判示要旨:除斥の理由が認められない一事例と憲法第三七条第一項
上告を棄却
判示要旨:被害者の所有に属する物件を没収した違法が刑訴法四一一条に該当しない一事例
上告を棄却
判示要旨:一項詐欺の訴因を二項詐欺に認定する場合の訴因変更手続の要否。
319 件中 5/7 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in