裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62596 
刑事22114民事40482
罪名
私文書偽造
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
私文書偽造の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
私文書偽造を犯した場合、 1.9%の確率で無罪、
98.1%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
26
2
6
25
13
11
2
319 件中 4/7 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7
控訴を棄却
したことにはならず、本件の場合には私文書偽造罪は成立しないものであり、これ...項の私文書偽造罪が成立するか否かは、さらに慎重な検討を要する問題であり、当...裁判所は、右のような場合には、他人の事前の承諾を得ていても私文書偽造罪が成
判示要旨:交通事件原票の供述書欄末尾にあらかじめ冒用の承諾を得ていた他人の氏名を冒書することと私文書偽造罪の成否
上告を棄却
判示要旨:被告人が経理課長の地位にあつたことを利用して横領等を犯した旨の判示は憲法一四条に違反するとの主張が欠前提とされた事例
 被告人は、その窃盗、有印私文書偽造、同行使、詐欺、同未遂被告事件について、
判示要旨:上告取下の撤回が許されなかつた事例
棄却
判示要旨:一 勾留期間延長の裁判が従前の勾留期間経過後に準抗告審で取り消された場合と検察官が身柄釈放の手続をとるべき時期 二 違法に身柄を拘束されていたことが勾留の裁判の効力に影響を及ぼさないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:判決書の記載を明白な誤記と認めることが許されない場合
上告を棄却
判示要旨:交通事故原票の供述書に他人の氏名を冒書して指印し、私文書である供述書を偽造して行使した行為は、黙秘権の行使とは関係がないから、違憲の主張は前提を欠くとされた事例
上告を棄却
判示要旨:交通違反の取調を受けた際他人の氏名を冒用したことを処罰することは違憲(三八条一項)であるとの主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
判示要旨:刑法五六条一項、五七条の規定が憲法一四条、三九条に違反しないとされた事例
破棄
判示要旨:他事件の本刑に法定通算された未決勾留の期間と暦のうえで重複する未決勾留の裁定算入又は法定通算
上告を棄却
判示要旨:被告人の捜査機関に対する供述調書を捜査段階で告知されていない犯罪事実の証拠に供することは違憲(一三条、三一条、三八条一項違反)であるとの主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
判示要旨:起訴状記載事項が裁判官に事件について予断を生じさせるおそれのあるものとはいえないとし、違憲の主張が前提を欠くとされた事例
上告を棄却
判示要旨:違憲の主張がその実質は判例変更を求めて単なる法令違反を主張するものであるとして斥けられた事例
上告を棄却
判示要旨:虚無人名義の文書偽造に関する旧判例が変更されていることが明示された事例
上告を棄却
判示要旨:憲法三八条一項違反の主張(供述強要の主張)が欠前提とされた事例
上告を棄却
判示要旨:他人の氏名を冒用して交付を受けた略式命令が冒用者に効力を生じないとされた事例
控訴を棄却
判示要旨:複写機にかけて作つた警察署長名義の交通事故証明書写が有印公文書に当たらないとされた事例
破棄
判示要旨:シールを偽造する行為が「他人ノ署名ヲ使用シテ事実証明ニ関スル図画ヲ偽造シ」に当たるとされた事例
控訴を棄却
 所論は、原判決はその判示第三、第四の各私文書偽造、同行使の点につき「弁護...あつても、刑法一五九条一項の私文書偽造罪の成立を肯定すべきものと考える。す...のように私文書偽造、同行使の各罪が成立することは当然といわなければならな
判示要旨:作成名義人の事前の承諾があつても私文書偽造罪が成立するとされた事例
破棄
     本件公訴事実中、各私文書偽造、同行使の点については、いずれも被告... 第二、 原判示第二の私文書偽造、同行使の各事実について。... 本件公訴事実中、各私文書偽造、同行使の点は、「被告人は、米穀の包装に貼付
判示要旨:私文書偽造罪(刑法第一五九条第一項)が成立しないとされた事例
控訴を棄却
判示要旨:他人の氏名を冒用して受けた略式命令は冒用者に効力を生じない
控訴を棄却
判示要旨:複写機による写の作成が公文書偽造罪を構成しないとされた事例
控訴を棄却
業務上横領、私文書偽造、同行使等の前科を累ねていることを考えれば、所論の事
判示要旨:戸籍簿上夫になっている被告人の妻である女性に対する詐欺罪に刑法二五一条、二四四条の適用を否定した事例
上告を棄却
判示要旨:上告趣意差出期間の延長を求める旨の上告趣意が不適法とされた事例
上告を棄却
当時名義人が死亡していたとしても、刑法一五九条一項所定の私文書偽造罪を構成
判示要旨:死亡者の名義を冒用した交通事件原票中の供述者の作成と私文書偽造罪の成否
上告を棄却
判示要旨:詐欺の事実に刑法二四九条を適用した法令適用の誤りが著しく正義に反しないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:自白任意性欠如を理由とする違憲主張が「原判断不経由」とされた事例(なお書付き)
上告を棄却
判示要旨:検察官上訴による不利益変更が憲法三九条後段に違反しない旨の二五・九・二七大判・刑集四・九・一八〇五が再確認された事例
上告を棄却
判示要旨:違憲主張が実質は判例変更の申立だとされた事例
上告を棄却
判示要旨:金融機関の捜査関係事項照会に対する回答書の証拠能力
上告を棄却
判示要旨:虚無人名義の文書偽造に関する旧判例が変更されていることが明示された事例
破棄
判示要旨:暴行と致死の結果との間の因果関係
破棄
人の仕業であると分つた。そして、被告人は、窃盗・私文書偽造・同行使・詐欺の
判示要旨:強盗致死罪において暴行と死亡との間に相当因果関係が認められないとされた事例
破棄
判示要旨:刑事訴訟法第三四七条第一項の「押収した賍物で被害者に還付すべき理由が明らかなもの」にあたらない事例
破棄
判示要旨:偽造した登記申請関係書類により登記官吏を欺罔し土地所有者の意思にもとづくことなくその土地の所有権移転登記手続をさせた場合と詐欺罪の成否
破棄
計金一二万二六六〇円を騙取したという有印私文書偽造、同行使、詐欺の事実と、...行であつて、有印私文書偽造、同行使、詐欺において被告人が冒用した他人名義と...判決が確定した事実に法律を適用すると、被告人の各所為のうち、私文書偽造の点
判示要旨:刑訴法第四一一条第二号に該当するとして原判決破棄刑の執行猶予が言い渡された事例
上告を棄却
判示要旨:ポリグラフ検査結果回答書が刑訴法第三二六条第一項の書面として証拠能力を認められた事例
上告を棄却
判示要旨:人の噂であるという表現を用いて名誉を毀損した場合と刑法第二三〇条ノ二にいわゆる事実の証明の対象
上告を棄却
は、右詐欺とされた行為のほかにも、第一審判決判示のとおり私文書偽造、同行使、
判示要旨:土地所有者の氏名を冒用して起訴前の和解の申立をし内容虚偽の和解調書を作成させこれを用いて登記簿に不実の記載をさせた場合と詐欺罪の成否
上告を棄却
判示要旨:共同代表取締役の一人が他の共同代表取締役の署名印章を冒用して共同代表の形でした会社名義の文書の作成と文書偽造罪の成立
319 件中 4/7 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in