裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62602 
刑事22116民事40486
罪名
私文書偽造
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
私文書偽造の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
私文書偽造を犯した場合、 1.9%の確率で無罪、
98.1%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
26
2
6
25
13
11
2
319 件中 3/7 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7
上告を棄却
遺棄、有印私文書偽造、同行使、詐欺、詐欺未遂)。以上の各犯行は、いずれも罪
判示要旨:死刑事件(香川・徳島・東京・神奈川連続殺人事件)
上告を棄却
殺人、死体遺棄、有印私文書偽造、同行使、詐欺の事案である。自己中心的で身勝
判示要旨:強盗殺人等被告事件につき、無期懲役に処した第一審判決を維持した控訴審判決を破棄しなければ著しく正義に反するとは認められないとされた事例
上告を棄却
 【要旨】私文書偽造の本質は、文書の名義人と作成者との間の人格の同一性を偽...せたものというべきである。したがって、被告人の各行為について有印私文書偽造、
判示要旨:虚偽の氏名等を記載した履歴書等を作成行使した行為が有印私文書偽造、同行使罪に当たるとされた事例
上告を棄却
判示要旨:強盗殺人等被告事件について、無期懲役に処した第一審判決を是認した控訴審判決には量刑の基礎となる事実に関する認定、評価の誤り又はその疑いが認められるが、いまだ破棄しなければ著しく正義に反するとは認められないとされた事例
破棄
した強盗殺人、有印私文書偽造、同行使、詐欺の事案である。すなわち、被告人は、...計三一万円余りを騙取するなどした(同判示第二の一ないし三の有印私文書偽造、
判示要旨:第一審判決の無期懲役の科刑を維持した控訴審判決が量刑不当として破棄された事例
上告を棄却
謀の上、あるいは単独で、有印私文書偽造・同行使・詐欺五件、恐喝未遂一件、恐
判示要旨:死刑事件(熊谷の3人殺し事件)
控訴を棄却
文書を作成したのであるから、私文書偽造罪、同行使罪が成立しないのに、その成... 三 以上の事実関係を基礎とし、本件において私文書偽造罪、同行使罪が成立す... <要旨>文書偽造罪は、私文書偽造罪を含め、文書の受領者その他の関係者が文書
判示要旨:架空人名義の履歴書を作成し雇用主側に提出した行為が私文書偽造同行使罪に当たるとされた事例 ○判決要旨 別の人間になりすまして就職するため架空人名義の履歴書を作成し、雇用主側に提出した行為(判文参照)は、私文書偽造、同行使罪に当たる。
破棄
ら、原判示第二の有印私文書偽造、同行使については無罪であり、同第一の詐欺に... 所論は、要するに、原判決は、原判示第一の詐欺と同第二の有印私文書偽造、同...行使を併合罪として処理しているが、実質的にみるならば、右有印私文書偽造、同
判示要旨:詐欺罪と偽造有印私文書行使罪とが包括一罪とされた事例
上告を棄却
判示要旨:入学選抜試験の答案と刑法一五九条一項にいう事実証明に関する文書
上告を棄却
判示要旨:法令違反があるが、刑訴法411条を適用すべきものとは認められないとされた事例
上告を棄却
 二 ところで、私文書偽造の本質は、文書の名義人と作成者との間の人格の同一...の各所為について私文書偽造罪、同行使罪が成立するとした原判断は、正当である。
判示要旨:自己の氏名が弁護士甲と同姓同名であることを利用して「弁護士甲」の名義で文書を作成した所為が私文書偽造罪に当たるとされた事例
控訴を棄却
 所論は、要するに、本件各答案作成行為は、有印私文書偽造罪に該当せず、した...判示各事実を認めることができ、原判示各答案作成行為が有印私文書偽造罪に、同...告人乙の本件各行為について、有印私文書偽造、同行使罪が成立する余地はない、
判示要旨:私立大学入学選抜試験の答案と刑法一五九条一項にいう「事実証明に関する文書」
上告を棄却
判示要旨:弁論要旨と控訴趣意書を援用する旨の上告趣意の適否
上告を棄却
 なお、所論にかんがみ、記録を調査しても、被告人を本件殺人、有印私文書偽造、
判示要旨:いわゆる無盡蔵店主殺人事件
控訴を棄却
部で開かれる定例会議に出席していたものであるが、本件と同様の私文書偽造・同
判示要旨:自動車登録事項等証明書交付請求書と刑法一五九条一項にいう「事実証明ニ関スル文書」
上告を棄却
判示要旨:被疑者に対する長時間の取調べが任意捜査として許容される限度を逸脱したものとまではいえないとされた事例(反対意見がある)
上告を棄却
判示要旨:誤つて公訴事実の同一性のない訴因の追加及び立証がされた場合の事後措置
上告を棄却
察官に提出した行為につき、私文書偽造、同行使の各罪の成立を認めることは、不
判示要旨:他人の氏名を冒用して交通事件原票の供述書を作成した提出した行為に私文書偽造・同行使罪の成立を認めることが不利益な供述を強要するものではないとして違法の主張を欠前提処理した事例
上告を棄却
判示要旨:判例違反の主張が欠前提及び事案異とされた事例
上告を棄却
判示要旨:判例違反の主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
判示要旨:判例違反の主張が原判決の結論に影響のない事項についてのものであるとして不適法とされた事例
破棄
 被告人の判示第一の一、二及び第二の各所為のうち、各有印私文書偽造の点はい...一の一、二の各有印私文書偽造、各同行使及び各詐欺未遂並びに判示第二の有印私
判示要旨:欺岡手段を用いて市の係員から国民健康保険被保険考証の交付を受けてこれを取得する行為と詐欺罪の成否
破棄
あるが、その行為は私文書偽造、同行使罪にあたらないと判断した。原判決が、そ... 二 一に記載した事実関係のもとにおいて、原判決は、まず、「私文書偽造とは、...いえず、これを作成しても、私文書偽造罪は成立することはなく、この理は、当該
判示要旨:被告人を指称するものとして相当広範囲に定着していた名称を用いて再入国許可申請書を作成行使した所為が私文書偽造同行使罪にあたるとされた事例
上告を棄却
警察官に提出したというのであつて、被告人の右所為につき私文書偽造、同行使の
判示要旨:他人の氏名を冒用して交通切符の供述書を作成した行為に私文書偽造、同行使罪の成立を認めることが不利益な供述を強要するものでないとして違憲の主張を欠前提で処理した事例
棄却
判示要旨:必要的弁護事件において控訴申立をした第一審弁護人及び控訴趣意書差出最終日指定後に選任された弁護人に対する右最終日の通知の要否
上告を棄却
判示要旨:道路交通法違反容疑で取調べられた際他人の氏名を冒用した所為と黙秘権
上告を棄却
判示要旨:他人の氏名を冒用して交通事故原票の供述書を作成した行為が黙秘権の行使と関係がないとして違憲の主張を欠前提で処理した事例
上告を棄却
の右所為について私文書偽造罪が成立するとした原判断は相当である(最高裁昭和
判示要旨:他人の氏名が限られた範囲で被告人を指称するものとして通用していた場合において右氏名を用いて交通切符中の供述書を作成した所為と私文書偽造罪の成否
上告を棄却
 なお、本件の事実関係のもとにおいて有印私文書偽造罪の成立を認めた原判断は
判示要旨:作成名義人の事前の承諾があつても有印私文書偽造罪が成立するとされた事例
上告を棄却
 なお、本件の事実関係のもとにおいて有印私文書偽造罪の成立を認めた原判断は
判示要旨:作成名義人の事前の承諾があつても有印私文書偽造罪が成立するとされた事例
上告を棄却
作成することは、法律上許されないところであつて、作成名義を冒用したものとして、私文書偽造罪を構成するものと考える。
判示要旨:交通切符又は交通反則切符中の供述書を事前の承諾を得て他人名義で作成した場合と私文書偽造罪の成否
上告を棄却
た場合は、あらかじめその他人の承諾を得ていたとしても、私文書偽造罪が成立す
判示要旨:交通反則切符中の供述書をあらかじめ承諾を得て他人名義で作成した場合と私文書偽造罪の成否
上告を棄却
判示要旨:迅速裁判保障条項違反の主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
判示要旨:確定裁判を経た罪の余罪を処罰することが憲法三九条後段に違反するとの主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
判示要旨:一 刑訴法四〇二条における刑の軽重の比較と刑の執行猶予の言渡の有無 二 刑訴法四〇二条に違反しないとされた事例
棄却
 右の者に対する道路交通法違反、有印私文書偽造、同行使被告事件について、昭
判示要旨:高等裁判所が言い渡した判決に対する特別抗告申立を不適法棄却した事例
棄却
判示要旨:再審請求の理由が刑訴法四三六条一項所定の再審事由にあたらない場合の棄却条文
控訴を棄却
判示の私文書偽造、同行使等の罪責を認めた原判決は事実を誤認したものである、
判示要旨:預金等に係る不当契約の取締に関する法律二条二項によつて禁止された自己媒介行為にあたるとされた事例
上告を棄却
を偽造したとの有印私文書偽造の罪により昭和二八年九月一九日起訴されたのをは...待つて、同三七年六月二日本件の審理を再開し、横領の訴因につき背任への訴因変更手続を経るなどしたうえ、同四三年五月九日被告人に対し、有印私文書偽造、背
判示要旨:憲法三七条一項の迅速な裁判の保障条項に反する異常な事態が生じていないものとされた事例
319 件中 3/7 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in