裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62480 
刑事22085民事40395
罪名
虚偽公文書作成
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
虚偽公文書作成の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
虚偽公文書作成を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
0
0
0
31 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
判示要旨:公務員みなし規程(道路運送車両法九四条の七)遺脱が著しく正義に反するものではないとされた事例
控訴を棄却
の所為か虚偽公文書作成罪を構成</要旨>するか否かについて審究するに、凡そ公...使用して内容虚偽の文書を作成させた場合に虚偽公文書作成罪の間接正犯が成立す...確定されず草稿の域を出でないものと認められる以上未だ虚偽公文書作成罪を構成
判示要旨:刑法一五六条にいわゆる公文書にあたらないとされた事例
破棄
一項、一九七条一項前段に、各有印虚偽公文書作成の点はいずれも同法一五六条、
判示要旨:没収に代えて追徴すべき賄賂の価額の算定基準時
破棄
これに虚偽の記載をした被告人らの行為は、有印虚偽公文書作成罪を構成し、また
上告を棄却
判示要旨:一 農地法第五条第一項違反を処罰する同法第九二条の法意 二 農地の意義―土地区画整理、仮換地の指定処分との関係 三 刑法第一五六条にいわゆる公文書の意義
控訴を棄却
を完成させたものこあるから、被告人には虚偽公文書作成罪の間接正犯が成立する
判示要旨:一、 農林漁業金融公庫法による貸付金につき消費貸借契約の成立する時期 二、 農林漁業金融公庫法により受託金融機関の所定口座に振り込まれた預金の欺罔行為による払出と詐欺罪の成立
破棄
判示要旨:控訴趣意書に他の被告人に対する控訴趣意書の控訴理由の一部を引用した旨の記載があつて、他の被告人に対する控訴趣意書の謄本を添付してある場合の適式性
上告を棄却
判示要旨:公文書毀棄罪の成立する事例。
上告を棄却
 刑法一五六条の虚偽公文書作成罪は、公文書の作成権限者たる公務員を主体とす...容虚偽の公文書を作らせた場合の如きも、なお、虚偽公文書作成罪の間接正犯の成
判示要旨:補助者たる公務員が情を知らない上司を利用して虚偽の公文書を作成した場合の罪責
上告を棄却
判示要旨:控訴審の判断遺脱の違法と刑訴法411条。
上告を棄却
判示要旨:一 量刑不当の控訴趣意について判断せず、他の控訴趣意を理由ありとして破棄自判した場合、審理不尽といえるか 二 他の控訴趣意を理由ありとして破棄自判した場合、量刑不当の主張に対する判断の要否
上告を棄却
判示要旨:取引高税印紙は印紙犯罪処罰法にいう印紙にあたるか
上告を棄却
判示要旨:一 文書偽造罪における行使の目的の意義 二 公文書の意義
控訴を棄却
判示要旨:印紙犯罪処罰法にいわゆる「印紙」と取引高税印紙
破棄
判示要旨:一 その裁判所の事件を審判する権限のない裁判官を構成してした公判手続及び公判調書の効力と旧刑訴法第一二条の決意 二 公務員の身分を有しない者が虚偽の申立をなし情を知らない公務員をして虚偽の証明書を作成させた行為と刑法第一五六条の間接正犯 三 公務員の身分を有しない者が虚偽の申立をなし情を知らない公務員をして作成させた虚偽の証明書を行使した行為と虚偽公文書行使罪の成否 四 係員を欺罔して旅券の下附を受ける行為と詐欺罪の成否 五 アメリカ領事館員と刑法にいわゆる「公務員」
控訴を棄却
判示要旨:国選弁護人に支給した訴訟費用を他の共犯者に連帯負担させることの当否
上告を棄却
 原判決が被告人Aの判示虚偽公文書作成の所為に加功した所為に対し、刑法六五
判示要旨:総則規定の適用を明示しない判決と擬律不備の有無
上告を棄却
 (3)(4)は第二の虚偽公文書作成の事実に関するもの... (5)は第一および第二(たゞし虚偽公文書作成の事実を除く)に関するもの... (7)(8)(10)は虚偽公文書作成ならびに行使の事実に関するもの
判示要旨:一 證據説明の程度 二 數個の犯罪事實に關する證據説示の方法
31 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in