裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62476 
刑事22085民事40391
罪名
恐喝未遂
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
恐喝未遂の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
恐喝未遂を犯した場合、 6.1%の確率で無罪、
93.9%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役1-3年」に処する。
2
1
13
0
119 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
懲役6年
欺,恐喝,恐喝未遂被告事件...弁護人は,判示第1の詐欺事件及び判示第2の恐喝・恐喝未遂事件については事...詐欺事件及び恐喝・恐喝未遂事件について
控訴を棄却
平成29年(う)第128号 強盗致傷(認定罪名 恐喝未遂,傷害)被告事件...があり,その場合には,強盗致傷罪ではなく,恐喝未遂罪と傷害罪が成立するとし...を免れさせようとしたもので,恐喝未遂罪と傷害罪が成立するにとどまると主張し
判示要旨:被害者が解放後に借金全額を肩代わりして支払うことに向けられた暴行、脅迫の影響が強盗罪にいう反抗を抑圧するに足りる程度のものとは認められないとされた事例
上告を棄却
本件の争点は,恐喝未遂の被害に遭ったという当時18歳の女性(以下...弁明を否定して被告人が一審判決認定の恐喝未遂行為を行ったと認定するには,な...に,その目的を遂げることができなかった,という恐喝未遂の事案であり,一審判
判示要旨:恐喝未遂罪の成否に関する原判決の事実認定の是非等について補足意見、反対意見が付された事例
無罪
恐喝未遂...金銭を騙し取ろうとしたことはないなどと供述し,本件恐喝未遂についても,...そもそも恐喝未遂の対象となる債権はなく,被告人Bらと共謀したこともない
判示要旨:タレントとして稼動していた被告人Aが、入手価格と同一の価格で被害者に未公開株式を譲渡するよう装い、購入価格の3倍に相当する株式購入代金及び譲渡手数料として合計3億7000万円を騙し取ったとする詐欺被告事件、被告人A及び俳優として稼動していた被告人Bが、共犯者2名と共謀して、被告人Aが被害者から請求されている合計約4億円の株式代金等の返還請求につき、1000万円を支払うことでその余の請求を放棄させるため、被害者を脅迫したが、被害者が請求を断念せず、未遂に終わったという恐喝未遂被告事件について、詐欺の欺罔行為並びに2項恐喝の前提となる債権、恐喝の共謀及び被告人Bの実行行為を認めるには合理的な疑いが残るとして、被告人両名にいずれも無罪が言い渡された事案
懲役1年
被告人両名に恐喝未遂罪の実行共同正犯が成立することは優に認められる 。...刑法54条1項前段,10条(犯情の重いDに対する恐喝未遂...う恐喝未遂の事案である。
判示要旨:恐喝文言の一部否認、違法性阻却(権利行使)、共謀否認(いずれも排斥)
上告を棄却
判示要旨:誤ってした併合罪関係にある事実についての訴因変更請求と公訴時効停止の効力
懲役15年
被告人Bの控訴趣意中,恐喝未遂に関する事実誤認について...したり相談したりしたにもかかわらず,被告人Bについて恐喝未遂による逮捕状...論旨は,要するに,原判示第2の各恐喝未遂につき,単純一罪又は包括一罪と
懲役5年
恐喝未遂罪は成立しないと主張するので,以下,当裁判所が,判示第3のとおり認...を喝取しようとしたがこれを遂げなかった恐喝未遂1件(判示第3)からなる事案...また,恐喝未遂についても,被害者から供託をしたなどと説明を受け,また,警
懲役1年6月
判示要旨:宣告内容と判決書の記載が異なる第1審判決等に対する非常上告
懲役20年
  恐喝未遂の点につき 刑法60条,250条,249条1項...第2 恐喝未遂及び傷害(判示第2。以下「本件恐喝未遂等」という。)の犯行に... 1 本件恐喝未遂等の犯行は,被告人らに被害者の殺害等を依頼したBにおいて
上告を棄却
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(茨城の同級生連続殺人事件)
懲役2年6月
で,上記強要及び恐喝未遂の共謀を遂げたことも,Bらを脅迫したこともないか...その信用性を肯定して,強要及び恐喝未遂の事実を認定した原判決は不当であ...   しかしながら,強要及び恐喝未遂の被害状況に関するB及びDの各供述
無罪
告人は,恐喝未遂の罪責を負うことを疑う余地はないと主張し,弁護人は,恐喝行
懲役1年8月
実中,恐喝未遂の点について,恐喝の犯意も共謀の事実もないから,被告人両名は...5 以上のとおり,前掲関係各証拠によれば,判示恐喝未遂の事実を認めるに十分...  被告人両名の判示各所為中,恐喝未遂の点はそれぞれ刑法60条,250条,
懲役4年
を死亡させたという恐喝未遂,暴行,暴力行為等処罰に関する法律違反,傷害致死の
懲役1年
(2) 第2(恐喝未遂)の点は,あらかじめ被害者が不倫している弱みにつけ込ん
懲役15年
B2から金員を喝取しようと脅迫等を加えたが未遂に終わったという恐喝未遂(判示第...ることなくBに対すると同様の態様である判示第3の恐喝未遂の犯行を敢行している...3 本件恐喝未遂について
破棄
 恐喝未遂罪の成立を認めた原判決を破棄し,被告人に対し無罪を言い渡した事例...福岡高等裁判所宮崎支部平成14年(う)第55号恐喝未遂被告事件... その後の5月19日,Hは,本件負傷及び本件のB女に対する恐喝未遂の公訴
懲役3年
被害者が警察官に届け出たため未遂に終わった恐喝未遂の事案(第2),いずれ
懲役2年6月
て,極めて悪質と言うべきものであるところ,被告人は,恐喝未遂及び強要未遂の
懲役4年6月
1,判示第2の各犯行)及び恐喝未遂(判示第3の犯行)の事案である。
懲役1年10月
 被告人は平成11年10月25日神戸地方裁判所で恐喝未遂,傷害の各罪により...うとしたが,被害者が警察官に届け出たため,未遂に終わった恐喝未遂の事案であ
懲役2年
という,恐喝未遂の事案である。
懲役1年6月
禁致傷,恐喝未遂被告事件... 弁護人は,被告人が,恐喝未遂の点については共謀も関与もしていないし,Iに... 恐喝未遂の点    刑法60条,250条,249条1項
懲役3年6月
1 弁護人は,判示第1及び第2の恐喝未遂について,いずれも被告人が被害者を...2 判示第1の恐喝未遂について...3 判示第2の恐喝未遂について
懲役1年8月
喝,恐喝未遂被告事件... 弁護人は,判示第2の各事実のうちOに対する恐喝未遂の点について,被告人に...はOから金員を恐喝する故意がなく,恐喝行為もなかったから,恐喝未遂罪は成立
懲役2年
として恐喝未遂事件がないのにあったとしたものである。」などと主張し,Eらに...に応じなかったため,その目的を遂げなかったという恐喝未遂の事案である。
上告を棄却
挙されて未遂に終わったという強盗殺人、死体遺棄、恐喝未遂の事案である。
判示要旨:強盗殺人、恐喝未遂等被告事件につき、無期懲役に処した第一審判決を維持した控訴審判決を破棄しなければ著しく正義に反するとは認められないとされた事例
破棄
月二〇日窃盗事件で起訴され、同署に勾留され、一一月六日尊属監禁、恐喝未遂、...判示第一において右監禁のほかに傷害、恐喝未遂も犯しており、後記のとおり監禁...と恐喝未遂との間には手段結果の関係があり、恐喝未遂と傷害とは一個の行為で二
判示要旨:刑訴法三八三条二号の「判決があつた後に刑の変更があつたこと」に該当し同法三九七条一項により第一審判決を破棄すべきであるとされた事例
棄却
 右の者に対する道路交通法違反、恐喝未遂、恐喝、強要被告事件(平成三年(あ)
判示要旨:執行に関する異議の申立てを不適法とした事例
控訴を棄却
 2 また、所論は、被告人は、恐喝未遂、暴行事件で昭和六〇年八月七日に起訴...され、同年九月一五日に殺人罪で逮捕されたものであるが、恐喝未遂、暴行事件の...ために被告人を取り調べることも許されることは明らかであって、恐喝未遂、暴行
判示要旨:被害者を欺罔して自殺させた行為が強盗殺人罪の殺人行為に当たるとした事例
棄却
 右の者に対する殺人、恐喝未遂、恐喝被告事件について、昭和五九年九月四日福
判示要旨:いわゆる別府三億円保険金殺人事件の上告審結果(被告人死亡による公訴棄却)
破棄
てその目的を遂げなかつた旨の事実を認定し、これを独立の恐喝未遂罪に問擬して...上、被告人には恐喝の故意もなかつたのであるから、恐喝未遂罪の成立するいわれ...異なる事実関係を前提として、原判示第五の恐喝既遂罪のほかに同第六の恐喝未遂
判示要旨:いわゆる承継的共同正犯の成立要件
上告を棄却
判示要旨:いわゆる一項強盗による強盗殺人未遂罪ではなく窃盗罪又は詐欺罪といわゆる二項強盗による強盗殺人未遂罪との包括一罪になるとされた事例
棄却
 記録によれば、申立人は、同人に対する恐喝未遂被告事件について、昭和六一年
判示要旨:高等裁判所がした控訴取下による訴訟終了宣言の決定に対する不服申立の可否
破棄
 本件記録によれば、被告人は、昭和五八年二月二五日本件恐喝未遂の罪により起
判示要旨:双方から上告があつて未決誤算入部分を破棄する場合における主文の表示方法
上告を棄却
判示要旨:銃砲刀剣類所持等取締法二二条にいう刃物の「携帯」にあたるとされた事例
上告を棄却
判示要旨:違法押収証拠を採用したとする違憲の主張等が、実質は単なる法令違反の主張にすぎないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:憲法三七条一項(迅速裁判条項)違反の主張が欠前提とされた事例
破棄
共謀して、本件恐喝未遂罪を犯したものであることが明らかであるといわなければ
判示要旨:再犯加重すべき前科の認定判示を遺脱した判決に対する被告人のみの控訴と判決への影響の有無
上告を棄却
判示要旨:一級身体障害者の勾留が憲法三六条にいう残虐な刑罰の前提を欠くとされた事例
破棄
に過ぎないから、恐喝未遂罪は成立しないのに、原判決が第一事実としてこれらの...判決が被告人Cを恐喝未遂罪の共同正犯に問擬したのは正当であつて、同判決には... 調査するのに、原判決は、第一事実として、監禁及び恐喝未遂の事実を認定し、
判示要旨:一 営利拐取罪の性質 二 刑法二二五条の二第二項にいう「其財物」の意義
119 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in