裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62480 
刑事22085民事40395
罪名
出資の受入れ
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
出資の受入れの判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
出資の受入れを犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「罰金」に処する。
0
7
0
15 件中 1/1 ぺージ
懲役3年
貸金業法違反,出資の受入れ、預り金及び金
判示要旨:組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律違反(無登録貸金業の犯罪収益仮装の罪)被告事件にかかる犯罪収益の没収につき、関係証拠から当該没収すべき財産が高金利受領罪等による犯罪被害財産であると認定できる場合は、同法13条1項ではなく、同法13条3項2号によって没収することができるものとなり、これを没収するときには同法18条の2により判決主文に犯罪被害財産である旨を示さなければならないとした事例。
懲役4年
弁護人は,出資の受入れ,預り金及び金利等の取締りに関する法律(以下
判示要旨:真珠事業への投資名下に、預託者22名から合計7020万円の預り金をした出資法違反、約定どおりの返還が不能になった後も勧誘を続け、4名から合計945万円をだまし取った詐欺の各事案について、これらの金員は真珠の売買代金として受け取っていたに過ぎないとの弁護人の主張が排斥され、懲役4年の実刑が言い渡された事例
懲役1年6月
出資の受入れ,預り金及び金利等の取締りに関する
判示要旨:元本保証と高率の配当を約束して、預託者8名から、現金合計1億5230万円を受け入れたという出資法違反の事案につき、投資会社の代表者である被告人(A)に対し、懲役1年6月の実刑が言い渡された事例
懲役1年10月
の受領により完済となり,その後の利息の受領は出資の受入れ,預り金及び金利等...して刑法60条,平成15年法律第136号による改正前の出資の受入れ,預り金
判示要旨:ヤミ金融組織から借入れをした被害者が自殺に及んだ事案において、同組織の統括者である被告人に対するいわゆる出資法違反事件につき、実刑を言い渡した事例
罰金30万円
1項により同法による改正前の出資の受入れ,預り金及び金利等の取締りに関する
判示要旨:被告人について、共同正犯が成立しないとの主張がされたが、被告人の関与の形態や果たした役割等からすると、共同正犯の成立を認めるのが相当であるとして排斥された事例
上告を棄却
所論にかんがみ,平成15年10月9日起訴に係る出資の受入れ,預り金及び金
判示要旨:誤ってした併合罪関係にある事実についての訴因変更請求と公訴時効停止の効力
懲役4年6月
(以下,「出資の受入れ,預り金及び金利等の取締りに関する法律」を「出資法」,
判示要旨:組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律13条2項、16条1項ただし書にいう「犯罪被害財産」の意義
懲役3年6月
 1 所論は,出資の受入れ,預り金及び金利等の取締りに関する法律(平成15
判示要旨:1 出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(平成15年法律第136号による改正前のもの)5条2項所定の行為が反復累行された場合の罪数 2 貸金業の規制等に関する法律(平成15年法律第136号による改正前のもの)47条2号、11条1項に違反して無登録で貸金業を営む行為と出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(平成15年法律第136号による改正前のもの)5条2項の制限超過利息を受領する行為との罪数関係 3 組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律10条1項の犯罪収益等の取得につき仮装する行為と出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(平成15年法律第136号による改正前のもの)5条2項の制限超過利息を受領する行為とが併合罪の関係にあるとされた事例
懲役7年
3569号,第3571号 出資の受入れ,預り金及び金利等の取締りに関する法律違反,組...事件名   :出資の受入れ,預り金及び金利等の取締りに関する法律(以下「出
懲役1年
付業務のための社債の発行等に関する法律)による改正前の出資の受入れ,...よる改正前の出資の受入れ,預り金及び金利等の取締りに関する法律8条1
上告を棄却
 【要旨第一】出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(以下「出
判示要旨:一 出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律三条の禁止する行為の意義 二 銀行支店長による融資の媒介が出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律三条の禁止する行為に該当するとされた事例
上告を棄却
判示要旨:出資の受入、預り金及び金利等の取締等に関する法律違反事件につき、原判決が誤った新法を適用したとの指摘がなされた事例
上告を棄却
判示要旨:原判決が第一審判決の懲役刑及び罰金刑のいずれに未決勾留日数を算入するのか明示していない場合につき懲役刑に算入した趣旨と解すべきであるとした事例
15 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in