裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62363 
刑事22063民事40300
罪名
虚偽有印公文書作成
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
👨‍⚖️AI裁判官
虚偽有印公文書作成を犯した場合、 2.0%の確率で無罪、
98.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
21
1
2
20
0
41 件中 1/1 ぺージ
懲役3年
虚偽有印公文書作成・同行使,受託収賄,地方公務員法違反
懲役3年
虚偽有印公文書作成の点...1項後段,10条(虚偽有印公文書作成とその行使と詐欺と
懲役2年6月
虚偽有印公文書作成・同行使,犯人隠避被告事件...まず虚偽有印公文書作成・同行使についてみると,被告人は,麻薬取締官として...一方,被告人には前科前歴がなく,虚偽有印公文書作成・同行使については事実を認めて反省の弁を述べたこと,職場の元上司及び被告人の妻が被告人の更生への
懲役3年
虚偽有印公文書作成,虚偽有印公文書行使,詐欺被告事...虚偽有印公文書作成の点
懲役1年
て,被告人とJ及びMとの間に,虚偽有印公文書作成,同行使の共謀が認めら...ず,被告人とJ及びMとの間に虚偽有印公文書作成,同行使の共謀は認めら...り,虚偽有印公文書作成,同行使についての共謀を意味する。)。
判示要旨:厚生労働省の係長であった被告人が、障害者団体が郵便料金の割引を受けるための同省発行の証明書の偽造などをした事件において、弁護人が、本件では検察官による証拠(フロッピーディスク)の改ざん等の違法行為があったことから本件刑事手続を打ち切るべきであると主張したのに対し、手続の打ち切りが認められるとしても、それは、検察官等による重大な違法があり、それによる被告人の権利や防御権に対する侵害が著しく、もはや公正な裁判を期待することができず、被告人の救済、司法の廉潔性維持や将来における違法行為の抑制のためには、当該刑事手続を打ち切る以外に手段がないような極限的な場合に限定されるものと解した上、本件ではそのような場合にまで至っているものとは認められないとして、実体判決により、被告人の有罪を認定し、検察官の違法行為によって被告人が負担を強いられたことなどをも考慮して、被告人に懲役1年(3年間執行猶予)を言い渡した事例
した。」というものであり,検察官は,被告人に虚偽有印公文書作成,同行使...これに対し,弁護人は,被告人に,虚偽有印公文書作成,同行使の共謀はな...5月26日,B,Dが,虚偽の稟議書等に関する虚偽有印公文書作成,
判示要旨:厚生労働省の課長(当時)として、心身障害者団体用の郵便割引に関する公的証明書発行の職務に従事していた被告人が、その部下職員及び実体のない障害者団体の会長等と共謀の上、上記部下職員に指示して、上記団体が郵便割引の適用のある団体である旨などを記載した内容虚偽の公的証明書を発行したとされる虚偽有印公文書作成・同行使被告事件について、上記団体の会長等その他関係者らの各供述は、客観的証拠に反するなどして信用できず、共謀は認められないとして、被告人を無罪とした事例。
却下
同日,Aは別件禀議書に関する虚偽有印公文書作成,行使の事実で逮捕...Bは,5月26日,別件の虚偽有印公文書作成,同行使(前記の虚偽の...Bは,本件虚偽有印公文書作成,同行使の事実で7月4日に起訴され,
判示要旨:厚生労働省の課長であった被告人が郵便割引に関する内容虚偽の公的証明書を発行したとされる事件で、共犯者とされる者らに対する検察官による取調べに問題があったなどとして、一部の検察官調書につき特信性を否定し証拠請求を却下した事例
無罪
の虚偽有印公文書作成,同行使の点については,被告人は無罪。...(虚偽有印公文書作成,同行使の点について無罪とした理由)...あり,検察官は,被告人に虚偽有印公文書作成,同行使罪が成立すると主張す
判示要旨:厚生労働省の課長(当時)が郵便割引に関する内容虚偽の公的証明書を発行したとされる事件で、共犯とされた発行先の自称障害者団体の元会長について、虚偽有印公文書作成、同行使罪の故意、共謀を否定し、無罪とした事例。
懲役2年
告人A及び同Bには虚偽有印公文書作成罪が成立するのに,被告人両名を無罪と...虚偽有印公文書作成罪の公訴事実についての無罪の理由の項の第3の2,3(原...関与した者には,虚偽有印公文書作成罪が成立する,と解すべきである。
判示要旨:地方公共団体の長らが請負業者と口頭で約束して履行させたのとは明らかに異なる内容の契約書を作成した行為が虚偽有印公文書作成罪に当たるとされた事例
執行猶予
本件1ないし7の虚偽有印公文書作成等の各公訴事実について...以上のような点からして,本件1ないし7の虚偽有印公文書作成等の各...公訴事実について,虚偽有印公文書作成罪等の各罪が成立することは明ら
懲役2年
上記2名に対する虚偽有印公文書作成,同行使,地方公務員法違反各被告事件に...被告人両名の判示第1の1及び2の各所為のうち各虚偽有印公文書作成の点は刑...10条により各虚偽有印公文書作成とその行使とをそれぞれ1罪として犯情の重い各
判示要旨:市助役であった被告人両名が、1.市消防局幹部らと共謀の上、虚偽の内容の試験成績に関する文書を作成し、同局に備え付けて行使し、2.市消防局長と共謀の上、能力の実証に基づかない市消防吏員の任用を企て(地方公務員法違反)、かつ、3.市長と共謀の上、能力の実証に基づかない市職員の任用を企てた(同法違反)という事案において、各被告人が執行猶予付き懲役刑に処せられた事例
懲役2年
上記2名に対する虚偽有印公文書作成,同行使,地方公務員法違反各被告事件に...被告人両名の判示第1の1及び2の各所為のうち各虚偽有印公文書作成の点は刑...10条により各虚偽有印公文書作成とその行使とをそれぞれ1罪として犯情の重い各
判示要旨:市助役であった被告人両名が、?市消防局幹部らと共謀の上、虚偽の内容の試験成績に関する文書を作成し、同局に備え付けて行使し、?市消防局長と共謀の上、能力の実証に基づかない市消防吏員の任用を企て(地方公務員法違反)、かつ、?市長と共謀の上、能力の実証に基づかない市職員の任用を企てた(同法違反)という事案において、各被告人が執行猶予付き懲役刑に処せられた事例
懲役1年6月
判示第1の1及び2の各所為のうち各虚偽有印公文書作成の点は刑法60条,15...該当するが,判示第1の1及び2の各虚偽有印公文書作成とその各行使との間に...被告人両名の判示第1の1及び2の各所為のうち各虚偽有印公文書作成の点は
懲役1年6月
判示第1の1及び2の各所為のうち各虚偽有印公文書作成の点は刑法60条,15...該当するが,判示第1の1及び2の各虚偽有印公文書作成とその各行使との間に...被告人両名の判示第1の1及び2の各所為のうち各虚偽有印公文書作成の点は
判示要旨:?市消防局幹部で市消防吏員採用試験の試験委員であった被告人ABCが、助役らと共謀の上、得点・順位等を改ざんした成績に関する文書を作成し、同局に備え付けて行使し、かつ、?市消防局長として消防吏員の任用権限を有していた被告人Aが、助役らと共謀の上、能力の実証に基づかない職員の任用を企てた(地方公務員法違反)という事案において、各被告人が執行猶予付き懲役刑に処せられた事例
懲役3年6月
及び判示第1の2の各所為のうち,各虚偽有印公文書作成の点はいずれも同法15...1の1(2)の各虚偽有印公文書作成とその各行使と詐欺との間及び判示第1の2の...各虚偽有印公文書作成とその各行使と詐欺との間にはいずれも順次手段結果の関係
懲役2年6月
被告人Bの控訴趣意中,虚偽有印公文書作成及び同行使に関する事実誤認につ...容は明らかに虚偽であるから,原判決が上記のとおり虚偽有印公文書作成及び同
懲役3年
平成16年(わ)第1149号,平成17年(わ)第134号虚偽有印公文書作成,同行使,...   各虚偽有印公文書作成の点について
上告を棄却
判示要旨:1 医師法21条にいう死体の「検案」の意義 2 死体を検案して異状を認めた医師がその死因等につき診療行為における業務上過失致死等の罪責を問われるおそれがある場合の医師法21条の届出義務と憲法38条1項
懲役2年
所為のうち,虚偽有印公文書作成の点は同法156条,155条1項に,同行使の...100条7項にそれぞれ該当するところ,判示第2,第4の虚偽有印公文書作成と
懲役1年
第3 虚偽有印公文書作成,同行使事実(原判示第二)についての事実誤認の主張... そこで,検討するに,虚偽有印公文書作成,同行使罪に関する事実関係について...「第三 判示第二の虚偽有印公文書作成,同行使の事実について」において,これ
判示要旨:医師法21条の法意
懲役2年
 虚偽有印公文書作成・同行使,道路運送車両法違反被告事件... 被告人の判示各所為のうち,各虚偽有印公文書作成の点はいずれも刑法60条,...員名義の各虚偽有印公文書作成と各道路運送車両法違反(虚偽証明)の点及び各虚
懲役1年6月
平成14年(わ)第182号 虚偽有印公文書作成,同行使被告事件...該  当  罰  条      虚偽有印公文書作成の点
懲役1年
平成13年(わ)第297号 虚偽有印公文書作成,同行使各被告事件... 被告人両名の判示所為のうち,各虚偽有印公文書作成の点は,平成7年法律第...条1項にそれぞれ該当するが,この各虚偽有印公文書作成と各虚偽有印公文書行
懲役1年
    上記の者らに対する虚偽有印公文書作成,同行使被告事件について,当裁判所... 被告人Aは,平成10年6月18日,福岡高等裁判所において,虚偽有印公文書作成,同...た,被告人Aは,本件と同種,同時期の虚偽有印公文書作成,同行使,収賄の罪により
棄却
判示要旨:本件の勾留及び接見等禁止の裁判は自白を強要するためにとられた措置で憲法三八条一項に違反するという論旨を、実質事実誤認、単なる法令違反の主張として処理した事例
上告を棄却
第二の虚偽有印公文書作成、同行使の点につき無罪としたこと、竝にその無罪理由...を説明した部分において、被告人Aに対しては虚偽有印公文書作成同行使の点につ...つき更に起訴のあつた事案に属するところ、本件虚偽有印公文書作成同行使と適正
判示要旨:刑罰法令不遡及の原則、罪刑法定主義、不告不理の原則に違反しないとされた事例。
上告を棄却
判示要旨:一 他から買受けた外貨買取済証明書による輸出(いわゆる枠積輸出)の適法性の有無 二 外国為替及び外国貿易管理法第六九条第三項の合憲性
上告を棄却
判示要旨:公務員職権濫用罪が成立するとされた事例。
上告を棄却
判示要旨:証人として供述した者がその供述内容の虚偽である旨記載した書面を提出した場合と再審理由。
上告を棄却
判示要旨:村長が専ら第三者の利をはかる目的で内容虚偽の村長名義の公文書を作成した場合は有形偽造か無形偽造か
控訴を棄却
判示要旨:虚偽公文書作成罪とならない事例
上告を棄却
判示要旨:公文書偽造罪の成立を認められる一事例
棄却
判示要旨:一、 「禀議書」は文書偽造の罪の客体たる「公文書」に該当するか 二、 「禀議書」の名義人とその捺印の意義 三、 偽造若しくは変造の「禀議書」または虚偽の「禀議書」の行使罪が成立する時期
破棄
と、同第四の虚偽有印公文書作成同行使罪とは各別個独立の犯罪であつて所論のよ... 被告人B、同C、同Dの原判決摘示事実第四の虚偽有印公文書作成の事実は原判
判示要旨:内容虚偽の投票録に署名した投票立会人の責任
41 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in