2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62197 
刑事22003民事40194
罪名
業務上過失致死傷
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
業務上過失致死傷の判決統計
16
5
3
0
107 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
上告を棄却
業務上過失致死傷被告事件
曲線での速度超過により列車が脱線転覆し多数の乗客が死傷した鉄道事故について、鉄道会社の歴代社長らに業務上過失致死傷罪が成立しないとされた事例
上告を棄却
業務上過失致死傷被告事件...域官」という。)が平成14年12月26日に業務上過失致死傷罪で起訴され,平...るというためには,被告人とB地域官に業務上過失致死傷罪の共同正犯が成立する
花火大会が実施された公園と最寄り駅とを結ぶ歩道橋で多数の参集者が折り重なって転倒して死傷者が発生した事故について、警察署副署長に同署地域官との業務上過失致死傷罪の共同正犯は成立しないとされた事例
無罪
各業務上過失致死傷被告事件...しかしながら,業務上過失致死傷罪における予見の対象は死傷の結果であ
上告を棄却
業務上過失致死傷被告事件
ガス抜き配管内で結露水が滞留してメタンガスが漏出したことによって生じた温泉施設の爆発事故について、設計担当者に結露水の水抜き作業に係る情報を確実に説明すべき業務上の注意義務があったとされた事例
上告を棄却
所論に鑑み,被告人両名に対する業務上過失致死傷罪の成否について,職権で判...両名の実際の権限等に照らすと,被告人両名には,Dハブをリコールすべきであるという業務上過失致死傷罪上の義務が課されていたとはいえない,③本件瀬谷事故...起因して本件瀬谷事故を生じさせたと認められるから,被告人両名につき業務上過失致死傷罪が成立する。同罪の成立を認めた原判断は,結論において正当である。
1 トラックのハブが走行中に輪切り破損したために前輪タイヤ等が脱落し、歩行者らを死傷させた事故について、同トラックの製造会社で品質保証業務を担当していた者において、同種ハブを装備した車両につきリコール等の改善措置の実施のために必要な措置を採るべき業務上の注意義務があったとされた事例 2 トラックのハブが走行中に輪切り破損したために前輪タイヤ等が脱落し、歩行者らを死傷させた事故と、同種ハブを装備した車両につきリコール等の改善措置の実施のために必要な措置を採るべき業務上の注意義務に違反した行為との間に因果関係があるとされた事例
無罪
上記の者に対する業務上過失致死傷被告事件について,当裁判所は,検察官出席
上告を棄却
所論にかんがみ,被告人両名に対する業務上過失致死傷罪の成否について,職権...の結果を生じさせた被告人両名には,いずれも業務上過失致死傷罪が成立する。こ
花火大会が実施された公園と最寄り駅とを結ぶ歩道橋で多数の参集者が折り重なって転倒して死傷者が発生した事故について、雑踏警備に関し現場で警察官を指揮する立場にあった警察署地域官及び現場で警備員を統括する立場にあった警備会社支社長に業務上過失致死傷罪が成立するとされた事例
禁錮2年
第2【業務上過失致死傷】...関係につき,被告人A1及び同A2に業務上過失致死傷罪が成立すること自体...また,業務上過失致死傷罪に関しては,被告人A1及び同A2が負っていた注
禁錮2年
せて死亡させたという業務上過失致死傷の事案である。
懲役20年
審判決が予備的訴因である脇見運転による業務上過失致死傷を認定した点には事実...1審判決が認定した業務上過失致死傷を前提として,その一部に事実誤認があると...運転致死傷の訴因につき,業務上過失致死傷及び道路交通法違反(酒気帯び運転)
禁錮3年
業務上過失往来危険,業務上過失致死傷被告事件...判示所為のうち,各業務上過失致死傷の点について...められる。被告人には,判示のとおり,業務上過失往来危険罪,業務上過失致死傷
禁錮4年
業務上過失致死傷被告事件
懲役5年
合計17人に重軽傷を負わせたという業務上過失致死傷の事案である。...も著しい変化が生じて,法定刑の長期を5年とする業務上過失致死傷罪では十分な...もちろん,危険運転致死傷罪は故意犯であるのに対し,業務上過失致死傷罪
禁錮4年
という業務上過失致死傷の事案である。
禁錮2年
せ,もう一名の自車の同乗者に傷害を負わせたという業務上過失致死傷の事案で
懲役6年
断し,判示第2のとおり予備的訴因である業務上過失致死傷の事実を認定した。...訴因である業務上過失致死傷罪が成立することは証拠上明らかであり,弁護人
禁錮3年
   各業務上過失致死傷につき 被害者毎にそれぞれ平成13年法律第138...負わせた,という業務上過失往来危険及び業務上過失致死傷の事案である。
禁錮2年6月
ったことによるものといわざるを得ないと主張し,そこに本件業務上過失致死傷事...あるから,当裁判所としては,それをもとにして本件業務上過失致死傷事件の過失...件業務上過失致死傷事件における被告人らの過失の有無を判断する上において,こ
無罪
(5) 現行犯人逮捕手続書によれば,被告人は,同日午前4時48分業務上過失致死傷...述から業務上過失致死傷の現行犯人と認めた」旨記載されているだけである。要する...に,被告人を業務上過失致死傷の現行犯人と認めたのは,本件交差点の一つ手前の交
禁錮1年
のうち1名を死亡させ,うち3名に重傷を負わせたという,業務上過失致死傷の事
禁錮1年2月
を死亡させ,1名に傷害を負わせたという,業務上過失致死傷の事案である。
破棄
 しかしながら,所論にかんがみ,本件における業務上過失致死傷罪の成否につい...ず,また,業務上過失致死傷罪の観点からも危険な走行であったとみられるのであ...,業務上過失致死傷罪の成立を認めて被告人を罰金40万円に処した第1審判決及
黄色点滅信号で交差点に進入した際、交差道路を暴走してきた車両と衝突し、業務上過失致死傷罪に問われた自動車運転者について、衝突の回避可能性に疑問があるとして無罪が言い渡された事例
懲役2年4月
自転車後部に同乗していた女性を死亡させた(判示第1),という業務上過失致死傷...した旨申告し,業務上過失致死傷罪については自首が成立していること,被告人が,
懲役2年
 被告人Aに対する業務上過失致死傷告事件,同Bに対する道路交通法違反,業務
禁錮1年10月
上記の者に対する業務上過失致死傷被告事件について,当裁判所は,検察官清水
懲役4年
 被告人は,本件業務上過失致死傷により,東名高速道路を走行中の被害車両10台
上告を棄却
鉄道トンネル内における電力ケーブルの接続工事を施工した業者につきトンネル内での火災発生の予見可能性が認められた事例
破棄
業務上過失致死傷被告事件について、「第一酒気を帯び、呼気一リットルにつき〇・...とにそれぞれ刑法二一一条前段を適用し、第二の業務上過失致死傷にっき、同法五...第二の業務上過失致死傷は一個の行為で四個の罪名に触れる場合であるから、同法
少年事件につき定期刑宣告による非常上告
上告を棄却
業務上過失致死傷罪の成立を認めた原判断は、正当である。
ホテルの火災事故においてホテルを経営する会社の代表取締役に業務上過失致死傷罪が成立するとされた事例
破棄
があるとして業務上過失致死傷罪の成立を認めた原判決は、以下の理由により破棄...業務上過失致死傷罪で起訴されたが、第一審の公判審理前に死亡した。以下「H社...来した旨を判示し、業務上過失致死傷罪が成立するとした。
デパートの火災事故につきこれを経営する会社の取締役人事部長並びに売場課長及び営繕課員に業務上過失致死傷罪が成立しないとされた事例
上告を棄却
デパートビルの火災事故においてデパートの管理課長並びにビル内のキャバレーの支配人及び代表取締役に業務上過失致死傷罪が成立するとされた事例
控訴を棄却
告人に業務上過失致死傷罪の成立を認めたのは法令の解釈適用を誤ったものという...べきであって、また、実際上も、ホテル火災に業務上過失致死傷罪が適用される場...い立場にもない社長が業務上過失致死傷罪に問われた例はない旨を主張するが、も
一 法人が消防法の防火対象物を管理する場合と同法八条一項にいう「管理について権原を有する者」 二 高層ホテルの火災による死傷事故につきこれを経営する会社の代表取締役に業務上過失致死傷罪が成立するとされた事例
控訴を棄却
検討すると、本件は、前記のような業務上過失致死傷の事案であつて、被告人は、
精神分裂病者に業務上過失致死傷罪における責任能力があるとされた事例
破棄
存在を認定し、被告人らに業務上過失致死傷罪の成立を認めて有罪の言渡しをして
一 市の委託業者が実施した汚水管清掃業務の遂行につき汚水管の維持管理を担当する市職員に事故防止の注意義務がないとされた事例 二 地方自治法二三四条の二第一項に規定する普通地方公共団体の職員の監督、検査義務の内容
棄却
 右の者に対する業務上過失致死傷、道路交通法違反被告事件について、昭和五八
原判決後被告人が死亡し、そのことを理由とし検察官から上告があり(原審弁護人がすでに上告していたもの)、当審が公訴を棄却した事例
破棄
業務上過失致死傷事件の過失の成否ないし程度に関し、審理不尽、重大な事実誤認の疑いがあるとして破棄された事例
控訴を棄却
被告人に対し本件結果発生の回避義務を肯定し、被告人の所為に業務上過失致死傷
磯釣客を岩場に上陸させて引き上げる場合における瀬渡し業者の注意義務を認めた事例
破棄
 昭和四六年一二月二二日付起訴にかかる業務上過失致死傷事件(ただし、第一審...ば著しく正義に反するものと認められる。 なお、原判決は、本件業務上過失致死傷罪のほか、別に昭和四八年一二月二〇日
業務上過失致死傷等被告事件において、第一審判決の事実誤認を看過した違法があるとして破棄差戻した事例
上告を棄却
ダンプ労働者であるため差別科刑をしたものとは認められず、裁判所の公平を疑わせる証跡はないとして、違憲主張(三七条一項、一四条選反)が欠前提とされた事例
上告を棄却
憲法三七条一項違反の主張が欠前提とされた事例
107 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in