裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
すべて:63503 
刑事22266民事41237
罪名
窃盗
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
窃盗の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
窃盗を犯した場合、 4.8%の確率で無罪、
95.2%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
113
23
10
100
51
61
10
111 件中 2/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
破棄
れ等のさけは、水揚するまでもなく、窃盗罪の客体となることは明らかである。...とを、推認するに難くないから、被告人等の本件各所為が、窃盗罪を構成すること...るものとはいいがたく、従つて、水中にあるさけは、無主物であつて、窃盗罪の客
判示要旨:建込中の落網内にあるさけは窃盗罪の客体となるか
破棄
な格別の動機を窺い得ないのである。して見れば、被告人A2及び同A3間の窃盗...談話要領欄の記載によれば、右向被告人が木件公訴にかかる窃盗被告事件により浜...同判示第四の窃盗の事実は、同判決挙示の対応証拠によつて、一応、肯認し得る如
判示要旨:刑訴第四一一条第三号の理由に基く破棄差戻判決の拘束力
破棄
日確定)西宮簡易裁判所において窃盗罪により懲役一年(三年間刑の執行猶予)の
判示要旨:刑訴第四〇二条の不利益変更にあたる一事例
破棄
(判示第一の(1)(2))同年三月八日の窃盗(判示第二)並びに同月一六日の...日確定しているので、被告人の前記各横領及び窃盗の罪については、これらの罪が...条により更に裁判を経ない前記各横領及び窃盗の罪について被告人を懲役一年に、
判示要旨:各犯罪の間にある罪につき確定裁判を経たものがある関係により二個以上の懲役または禁錮の刑に処しそのすべての刑に再度の執行猶予を言い渡す場合右裁判の刑は合算して一年以下であることの要否
破棄
法四五条の併合罪であるから同法四七条、一〇条に則り重い(一)の窃盗の刑に法... およそ、簡易裁判所は、裁判所法三三条一項によれば窃盗罪及び右銃砲刀剣類等...定事件の中には、窃盗罪に係る事件又は窃盗罪及びこれと観念的競合若くは牽連犯
判示要旨:簡易裁判所が裁判所法第三三条第三項の制限を超えて懲役刑を言渡した判決の違法と非常上告
上告を棄却
 被告人甲に対する窃盗事件の第一回公判期日において同被告人から窃盗の事実を...自認する陳述を聴取しその証拠書類の取調をした裁判所が、同被告人より右窃盗の...る、よつて、第一審裁判所は、先ず被告人Bの窃盗等事件のみについて第一回公判
判示要旨:裁判官が他の被告事件の公判審理により被告事件の内容を予め知つていた場合と刑訴法第二五六条第六項
破棄
判示要旨:一 刑法第二五条第二項の法意 二 刑訴第四〇六条刑訴規則第二五七条によつて受理された事件と同法第四一一条の適用
破棄
の(1)ないし(9)の窃盗の事実を認定し、なお被告人が昭和三十年九月六日新...宿簡易裁判所において窃盗罪により懲役一年執行猶予三年間の判決を受けた事実を...ずしも明確とはいえないが、原判示第一の罪は昭和三十年五月二十六日ころの窃盗
判示要旨:刑法第四五条後段の趣旨
破棄
に対する窃盗傷害被告事件につき二個の窃盗の事実並びに二個の傷害の事実を認定... 原判決確定の事実に法律を適用するに、窃盗の点については刑法二三五条、傷害...ては所定刑中罰金刑を選択し、以上は刑法四五条前段の併合罪であるから、各窃盗
判示要旨:簡易裁判所が裁判所法第三三条第三項の制限を超えて懲役刑を言渡した判決の違法と非常上告
上告を棄却
判示要旨:刑法第二五条第二項の法意
破棄
り、窃盗の既遂と謂うべく、後者は窃取行為に着手したが自己の<要旨>支配内に移...す以前に発見され逃げ出したのであるから窃盗の未遂であると云わなければならな...的物の一部につき既遂、他の一部について未遂に終つた場合は全体を通じて窃盗既
判示要旨:窃盗罪の既遂未遂に係る接続犯
破棄
すると、被告人の窃盗の所為は刑法二三五条に、賍物牙保の所為は同法二五六条二項に各該当するところ、被告人には原判示の如き前科があるから同法五六条五七条
判示要旨:上告審における公訴時効の完成と免訴の言渡
破棄
判示要旨:連合国最高司令官の昭和二〇年九月一三日附覚書第二六号、同二一年一一月一三日附覚書第一三三五号及び同二三年六月八日附覚書第一三三五号の一についての昭和二五年政令第三二五号違反の罪と講和条約の発効
破棄
被告人が昭和二六年七月上旬以後同二九年五月二四日までに犯した窃盗、有価証券... 原判決の確定した犯罪事実に法令を適用すると、原判示第一ないし第六の各窃盗...以上窃盗並びに偽造有価証券行使の各所為は同法四五条前段の併合罪であるから同
判示要旨:刑訴第四五八条第一項但書にいう「原判決が被告人のため不利益であるとき」に当る一事例
破棄
だのにすぎない。被告人の主観から見れば窃盗の目的遂行中途の運搬であるから、...いまだ独立した食糧管理法上の輸送違反と見るべきではなくして判示第一の窃盗の...罪に包含されるべきものであるから之を独立の犯罪と認めて判示第一の窃盗の罪と
判示要旨:窃盗直後の米の持ち運びが米穀の輸送違反とならない一事例
破棄
 よつて案ずるに、被告人Aに対する窃盗被告事件の訴訟記録に徴すれば、同被告...頃から同月二一日頃までの間に七回に亘つて犯した窃盗の事実を認定し、これに対...において窃盗並びに常習賭博罪により懲役一〇月に処せられたが右刑の執行を終つ
判示要旨:刑法第二五条の二を適用できない場合これを適用した判決の違法と非常上告
破棄
 論旨は原判決は被告人を懲役八月の実刑に処しているが、本件窃盗の罪は所謂余... 被告人Aが昭和二十九年一月二十二日原審において別件の窃盗被告事件について...並びに原審が認定した本件窃盗の事実は右確定判決以前の昭和二十八年十二月二十
判示要旨:執行猶予の言渡を受けた犯罪の余罪につき執行猶予をする場合と保観察
破棄
判示要旨:一 原判決後になされた最高裁判所判決は、刑訴第四〇五条第二号にいう判例か 二 刑訴第四一一条第一号にあたる一事例 ―刑法第二五条第一号の解釈の誤り―
破棄
三、同年十二月五日頃の三回に亘る本件各窃盗の犯罪事実を認定し、夫々相当法条...の昭和二十八年十一月七日及び同年十二月四日の二回に亘る各窃盗の罪と刑法第四... 法律に照らすと、被告人の本件各窃盗の所為は何れも刑法第二百三十五条に該当
判示要旨:刑法第二五条第二項の法意
破棄
四月一一日東京簡易裁判所において窃盗罪により懲役一年、五年間右刑の執行を猶
判示要旨:刑法第二五条第二項を適用できない場合にこれを適用した判決の違法と非常上告
破棄
判示要旨:簡易公判手続において提出された証拠書類については相手方に対し同意の有無につき意見を求めかつその結果を公判調書に記載することを要するか
控訴を棄却
和二十一年十一月二十九日札幌地方裁判所において窃盗、贓物牙保罪により懲役一
判示要旨:刑の時効が完成した者と刑の執行猶予
破棄
つたのであるから、原判決が四十四噸全部について共謀による窃盗並びに塩専売法...為について、窃盗及び塩専売法違反の共同正犯と認定擬律したのは不当ではない。...ると主張するけれども、右の輸入塩を窃取し又はその窃盗犯人から故買する行為と
判示要旨:一、 国税犯則取締法による通告処分を履行した塩専売法違反罪と処断上一罪の関係にある刑法犯は一事不再理となるか 二、 塩専売法違反物件の最終譲受人が没収および追徴の通告処分を履行した場合におけるその物件の各譲渡人と塩専売法第五一条第二項の追徴
棄却
 原判決を査閲すると同判決は論旨摘録の如き前後三回に亘る併合罪たる各窃盗の...月二十五日一宮簡易裁判所において窃盗罪により懲役一年、三年間執行猶予の判決
判示要旨:執行猶予を言い渡された犯罪の余罪につき再度刑の執行猶予をする場合と保護観察
破棄
 原確定判決が、所論のとおり、被告人の第一窃盗、第二住居侵入、第三傷害の各
判示要旨:法令の適用を誤り被告人のため不利益な判決がなされた場合と非常上告
破棄
 原判決は本件五回に亘る窃盗中第一回の窃盗が執行猶予期間内の犯行たることを...指すと解するを相当とする。記録に依ると本件第一回の窃盗は執行猶予期間内の犯... 然るに原判決が本件第一回の窃盗が執行猶予期間内の犯行だからとて被告人に対
判示要旨:刑法第二五条第二項にいわゆる執行を猶予せられたる者の意義
破棄
判示要旨:公益事業令失効後従前の電気事業法第三八条違反の所為を処罰することができるか
破棄
一の(一)乃至(六)の窃盗に刑法第二百三十五条を適用し、原判示第二の強盗未...三条第六十八条第三号に則り、未遂減軽を為し、右の窃盗と強盗未遂とは、同法第...四十五条前段の併合罪であるから同法第四十七条第十条により、最も重い窃盗(原
判示要旨:併合罪加重の際その短期はどうなるか
破棄
判示要旨:電信法第三七条にいわゆる「通信ヲ障碍スヘキ行為」にあたる一事例
破棄
ると住居侵入の点は刑法一三〇条に、窃盗の点は同法二三五条に当るところ、両者...は手段結果の関係にあるから同法五四条一項後段、一〇条により重い窃盗の刑に従
破棄
判示要旨:判決の理由にそごのある一事例
破棄
 よつて第一審判決の確定した窃盗の事実に法令を適用すると、被告人の所為は何
上告を棄却
おいて同庁昭和二五年(わ)第一〇号窃盗等被告事件につき懲役一年に処する旨(
判示要旨:一 在監者の控訴取下の効力発生時期 二 控訴取下後の控訴審判決の効力 三 控訴取下後の控訴審判決と非常上告
破棄
四七条本文一〇条に従い被告人Aに対しては第一犯罪表の(一)の六、被告人Bに対しては第二犯罪表の(一)の四の各窃盗の刑にそれぞれ法定の加重をなした刑期
破棄
を問わないものと解すべきである。けだし窃盗罪は他人の支配内に在る他人の財物...等をして直接右置場所から引取らしめた以上窃盗罪を構成するものと解すべきもの
判示要旨:刑法第二三五条にいわゆる窃取の意義
破棄
に対し「第一の窃盗事実が発覚してやけを起しどこかへ逃げようと思つて集金した...謂うのである。仍て本件記録を精査して考察するに本件は原判決認定の如く窃盗二... 窃盗の点につき各刑法第二百三十五条
判示要旨:一、 訴因の変更を要する一場合 二、 刑訴第三七八条第三号にいわゆる「事件」の意義 三、 訴因変更の手続を経ないで訴因と異なる事実を認定した場合と審判の請求を受けない事件についての判決
破棄
 検察官の主張は要するに、原判決が判示第一の窃盗の事実を認定するにあたり、... 原判決は、罪となるべき事実として、昭和二十六年四月十日附窃盗の起訴状及び...同年二月十日附麻薬取締法違反の起訴状を引用しておるが、その窃盗というのは、
判示要旨:原判決の証拠理由に違法のあることを理由とする検察官の控訴の適否
破棄
     窃盗の点については被害人は無罪。
判示要旨:刑法第二三三条第二三四条にいわゆる業務の意味
破棄
のように、日本人が日本港内の港湾に繋留されている外国船内において窃盗罪を犯
判示要旨:日本国内の港湾に繋留されている外国船内における日本人の刑法犯とその裁判権
破棄
判示要旨:伝聞供述の記載を含む供述調書に対する同意の効力
破棄
判示要旨:少年を成人と誤認し少年法所定の手続を経ないでされた起訴の適否
破棄
判決がその他挙示の証拠と綜合して判示コークスの窃盗の事実を認定したのは相当...誤認であると認むべき点<要旨(ロ)>は存在しない。しかし判示石炭の窃盗の事実
判示要旨:被害者の供述が補強証拠とならない場合
上告を棄却
判示要旨:憲法第三七條二項と被告人に反對訊問の機會を與えないで作成された被害始末書等の證據能力
111 件中 2/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in