裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:63013 
刑事22186民事40827
罪名
殺人
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
殺人の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
殺人を犯した場合、 2.3%の確率で無罪、
97.7%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役10年超」に処する。
74
23
4
112
130
150
171
57
150 件中 1/4 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4
懲役6年
殺人未遂被告事件...あり,刃物を用いて相手を殺害しようとした他の多くの殺人未遂事案に比肩し得る
懲役6年
殺人被告事件...ットで殺人罪の量刑を検索する一方,被害者宅のごみを片付け再び別居す...そうすると,本件犯行は,同種事案(殺人,単独犯,処断罪と同一又は
懲役10年
第447号 死体損壊,死体遺棄,殺人被告事件...下「②の犯行」という。),として,被告人を殺人,死体損壊・遺棄の罪で公訴提起...本件は,親を被害者とする殺人1件の事案の量刑傾向から見ると,死体損壊・遺
懲役10年
令和2年 第11号,第18号,第48号 被告人Tに対する傷害,監禁,殺人,...道路交通法違反,被告人Yに対する傷害,監禁,殺人各被告事件...2 下記第2(傷害),第3(監禁)及び第4(殺人)の各犯行に至る経緯
懲役6年
令和元年(う)第1251号 被告人aに対する殺人,死体遺棄被告事件,被告人b...に対する殺人幇助,死体遺棄被告事件...に対する殺人及び死体遺棄,被告人bに対する殺人幇助及び死体遺棄の事案である。
懲役8年6月
殺人被告事件...に対する殺人1件(「その他の家族関係」を動機とするもの)という類型の中では,
判示要旨:被告人が、身の回りの世話等をしていた母親を殺害した殺人罪の事案において、懲役8年6月に処した事例。
懲役5年6月
被告人は真意に基づく嘱託であると誤信したのであるから,嘱託殺人罪が成立す...ながら逮捕当初から嘱託殺人を主張していること,被害者のことを大事に思っ...供述について合理性を疑わしめるものとはいえないし,嘱託殺人自体も犯罪で
懲役5年
外の事情によりAが死亡した可能性があるとして,因果関係を争い,殺人未遂罪が...以上によれば,配偶者に対する殺人という重大事案の中で,本件が執行猶予を付
懲役7年
殺人,傷害被告事件(裁判員裁判)...殺人の行為態様をみると,凶器こそ用いられておらず,殺意は未必的なものにと...本件は,同種事案(量刑検索システムの検索条件を,処断罪:殺人,共犯関係等:
懲役7年
殺人未遂,銃砲刀剣類所持等取締法違反被告事件...かった殺人未遂,...類を使用して被害者に2週間以内から1か月以内の傷害を負わせた殺人未遂の事案
懲役8年
以上によれば,本件犯行は殺人未遂事件の中でも相当重い部類に属し,その刑
判示要旨:殺意をもって、普通乗用自動車を時速約40kmで走行させ、道路端を一列に並んで集団登校していた小学生10人に、その背後から衝突させ、そのうち9人に傷害を負わせた事案。被告人は殺意を否認したが、自動車の走行態様等から殺意を認定した。さらに、弁護人は、被告人が当時持続性妄想性障害に罹患していた等の事情から心神耗弱であった旨の主張をしたが、妄想の影響は限定的であるなどの理由から、完全責任能力を認めた。
懲役8年
強盗殺人未遂被告事件...本は,判示強盗殺人未遂の用に供した物で被告人以外の者に属しないから,同法19
判示要旨:多量の酒を飲みかなり強く酔った状態で、通行人を襲って金品を奪い取ろうと思い立ち、購入したカッターナイフで殺意をもって被害者の胸部を突き刺すなどして反抗を抑圧し、同人所有の携帯電話機1台在中のダウンベスト1着(時価合計約1万2000円相当)を強取したものの、同人に全治約1か月間を要する胸部刺創による左外傷性血気胸等の傷害を負わせるにとどまり殺害の目的を遂げなかった事案において、犯行当時アルコールによる複雑酩酊の影響で精神障害の状態を来し心神耗弱の状態にあったとして法律上の減軽をし、懲役8年を言い渡した事例。
懲役10年
する凶器を用いた殺人の事案の量刑傾向の中で,軽いほうの部類には属しない事案
懲役10年
出入国管理及び難民認定法違反,死体遺棄,殺人(認定罪名は傷害致...(殺人罪の公訴事実に関する事実認定の補足説明)
懲役9年
上記の者に対する殺人未遂,銃砲刀剣類所持等取締法違反被告事件について,当...そうすると,被告人の責任は,同種殺人未遂事案の中ではかなり重く,被告人
判示要旨:被告人が、被害者の胸部等を多数回突き刺すなどして被害者に全治1か月の傷害を負わせた殺人未遂等被告事件において、被告人に懲役9年を言い渡した事例
懲役7年
殺人未遂被告事件...これらの事情に照らすと,本件は,知人等に対する殺人未遂の事案の中でも重
判示要旨:被告人が、従前から騒音トラブルのあった隣人に対する殺人未遂の事案について、殺意をもって包丁を刺したか否か及び正当防衛の成否が争われたが、裁判所は、殺意をもって包丁を刺したと認め、正当防衛も成立しないとして、被告人に懲役7年を言い渡した事例
懲役9年
以上に,被告人に見るべき前科がないことを併せると,本件は,同種事案(殺人
懲役9年
殺人被告事件
判示要旨:義母に対する殺人被告事件(自白)において、被告人に懲役9年を言い渡した事例
懲役9年
まず,量刑の中心となるb事件(殺人)の犯行についてみる。
懲役7年
以上によれば,被告人には殺意が認められ,殺人罪が成立する。...本件殺人は突発的なものであり,被害者がカッターナイフを取り出すなどした...殺人についてみると,本件は被害者の言動をきっかけとした突発的な犯行で
懲役6年
強盗殺人,傷害,窃盗,覚せい剤取締法違反被告事件...強盗殺人被告事件 当裁判所は, 示第3のとおり窃盗の限度で認定。...同年12月8日,本件について,被告人が被害者に対する強盗殺人
判示要旨:被告人が、普通乗用自動車を窃取しようとして、共犯者と共謀の上、被害者所有の普通乗用自動車を窃取し、同車を運転走行した際、これを発見した被害者に同車を取り返されることを防ぐなどのために、被害者に同車を衝突させるなどの暴行を加えて被害者を殺害するなどしたという強盗殺人等被告事件について、被告人が同車を運転していたとする共犯者等の供述の信用性には疑問が残り、被告人が同車を運転していたことの証明がされていないとして、被告人には強盗殺人罪は成立せず、窃盗罪の共同正犯が成立するにとどまるとした事例
懲役5年
本件公訴事実中殺人未遂の点については,被告人は無罪。...本件殺人未遂の公訴事実は,被告人が,判示第2記載の日時場所において,同...本件における争点は,殺人未遂罪の成否,すなわち,①被告人が本件けん銃の
判示要旨:パトカーの後部座席に乗っていた警察官に対してけん銃の銃口を向けて引き金を引いたが、弾丸が発射されずに殺害の目的を遂げなかったという殺人未遂、同じ日時場所のけん銃加重所持及びこれらに先行するけん銃発射の各公訴事実のうち、被告人がけん銃の銃口をパトカーの後部座席に向けて引き金を引いたという事実及びパトカーの後部座席の警察官に対する被告人の認識のいずれも認定することができないとして、殺人未遂の公訴事実につき無罪とした事例
懲役5年6月
殺人罪の犯人であると疑われている被告人にとって,被害者の承諾があっ...定的な殺意が認められ,判示のとおり,殺人罪が成立する。...化包丁1本は,判示殺人の用に供した物で犯人
判示要旨:2年近くにわたり日常的に暴言・暴力を受けてきた内縁の夫を刺殺した事案につき、弁護人による被害者の承諾及び心神耗弱の主張を退けた上、犯行に至る経緯、動機に被告人に同情の余地があることや、被告人が犯行当時罹患していた前頭側頭型認知症(FTD)の犯行への影響などを考慮し、被告人を懲役5年6月に処した事例。
懲役10年
本件の中核的な犯罪は,強盗殺人事件,すなわち,被告人が,殺意をもっ
懲役7年6月
殺人被告事件
判示要旨:被害者を殺害した行為は、正当防衛が認められる状況でされたものではあるが、防衛行為として許容される限度を超えているとして、過剰防衛の成立を認めた事例
懲役7年
殺人未遂,銃砲刀剣類所持等取締法違反被告事件...殺人未遂の実行行為の有無等について...被告人供述を前提に,被告人は本件殺人未遂の実行行為に及んでいない旨主
懲役7年6月
傷害罪及び殺人未遂罪の成否に関する争点は,①Bを木の棒で突く暴行を...挟み込んで胸部等を圧迫したか(殺人未遂罪)...人とAとの間に共謀が認められるか(殺人未遂罪)
判示要旨:通貨偽造・同行使被告事件につき、共犯者供述の信用性が認められないとして、無罪が言い渡された事例
懲役10年
本件殺人未遂は,被告人が,被害者に向けて,約6から7メートルの至近距離か
懲役7年
平成24年(わ)第184号 殺人被告事件
判示要旨:実母と二人きりで生活し、引きこもりがちであった被告人が実母を溺死させて殺害した事案につき、長年にわたる介護の果ての犯行とはいえないものの、実母の心身の状態が悪化するなか、将来に絶望して犯行に及んだ経緯等を考慮し、被告人を懲役7年に処した事例(裁判員裁判)
懲役10年
に基づくものと認められる一方,もう一度殺人事件を起こし,警察に捕まること...求から殺人を犯すという発想には飛躍があるものの,病院より刑務所の方が良い...被告人は,一般的には殺人が違法なものであることは認識していたと述べる
判示要旨:約7か月前に起こした殺人事件について、妄想型統合失調症の影響により心神喪失状態であったとして不起訴とされた上、医療観察法による入院決定を受けた者が、入院3日後に指定入院医療機関の入院患者を殺害した事案について、前件当時より統合失調症の症状が改善し、自らの意思と判断で犯行に及んだ部分が残っていたなどとして、心神耗弱状態であったと認められた事例
懲役10年
判示要旨:被告人が、実父(被害者)との口論の中で憤激し、アイロンの先端部等で被害者の頭部等を多数回殴打し殺害したという事案で、殺意の発生時期及び量刑事情に関する検察官の主張を排斥した上、懲役10年の有罪判決を言い渡した事例(裁判員裁判対象事件)
懲役7年
判示の殺人未遂の事実について,弁護人は,被告人には,Aに対する殺意はな...殺人未遂の犯行は極めて危険なものであり,幸い被害者は一命を取り留めたもの
懲役5年6月
判示要旨:友人である被害者から嫌がらせをされたと考えて怒りを募らせ、殺意をもって、被害者方で同人の首や顔面等を出刃包丁で数回切り付けたが、未遂に終わった事案で、公訴事実については争いがないが、殺意の形成過程が争点となった事例(懲役5年6月の実刑/裁判員裁判対象事件)
懲役9年
以上の事情を踏まえ,弁護人の示す量刑検索システム(子に対する殺人,自
判示要旨:適応障害である被告人が、統合失調症の息子(37歳)が自宅で寝ているところを、ハンマーでその頭部を複数回殴打し、殺害した事案で、弁護人の心神耗弱の主張を排斥し、懲役9年の実刑を言い渡した事例(裁判員裁判対象事件)
懲役9年
判示要旨:被告人が、実母である被害者(82歳)の首を延長コードで絞めるなどして、殺害した上、死体を冷凍ボックスに遺棄した殺人、死体遺棄の事案で、被告人に懲役9年の実刑が言い渡された事例(裁判員裁判対象事件)
懲役7年
まず,本件の量刑の中心となる殺人の罪について検討する。...本件の量刑の中心となる殺人の犯行は,その経緯・動機の悪質性や犯行態様等
判示要旨:父母と3人で暮らしていた被告人が、一人で母親の介護を続けてきたものの、その後母親が自宅内で凍死してしまったことから、その死体を自宅に放置していたところ、犯行当日、父親にこれを発見されて叱責されたことに立腹の余り、父親を絞殺するとともに、父親と母親の死体をいずれも押入れ内に遺棄したという殺人、死体遺棄の事案について、被告人はアスペルガー症候群に罹患していた可能性が高いものの、それが各犯行に与えた影響は本質的ではなかったなどとする精神鑑定の結果を踏まえ、心神耗弱の成立は否定する一方で、同疾患が各犯行に与えた影響の大きさ等を量刑上重視し、懲役7年の判決を言い渡した裁判員裁判の事例(検察官の求刑−懲役10年、弁護人の科刑意見−懲役3年6か月。)
懲役8年
(判示第1の殺人未遂についての事実認定の補足説明)...同法19条1項2号,2項本文(判示殺人未遂の供用物)
懲役8年
いる斧1本(原庁平成20年押第9号の1)は,判示の殺人の用に供した物で被告
判示要旨:被告人の責任能力が争われた事案において、原審で行われた精神鑑定は疑問があるため依拠することができず、被告人の事理弁識能力又は行動制御能力は、持続性妄想性障害により著しく減退していた疑いがあるとして、上記鑑定に依拠して完全責任能力を認めた原判決を破棄し、心神耗弱による減軽をした上で被告人を懲役8年に処した事例
懲役5年6月
殺人未遂,銃砲刀剣類所持等取締法違反...中120日をその刑に算入することとし,押収してある柳刃包丁1本は,判示殺人...本件は,殺人未遂,銃刀法違反の事案である。
判示要旨:殺意が争われた事例(裁判員裁判対象事件)
懲役5年
殺人,強制わいせつ被告事件...示第2の殺人の用に供した物で被告人以外の者に属しないから,同法19条1項2
懲役8年
判示要旨:被告人が、交際相手を折りたたみ式ナイフで切りつけるなどして重傷を負わせた殺人未遂等の事案について、裁判員裁判において、被告人に強い殺意があったことを認めた上で、被告人を懲役8年6か月に処した事例
懲役7年
て溺死させた強盗殺人(判示第1)及び被告人Bが被告人Aらの上記行為を幇助...した強盗殺人幇助(判示第2)の事案である。...の発覚を免れるために被害者を海に沈めて殺害する旨を話し合い,殺人の
懲役7年
認められない(第1審判決及び原判決で,本件殺人及び銃砲刀剣類所持等取締法違...と共に携帯して所持したという殺人,銃砲刀剣類所持等取締法違反の事案である。被告人は,共犯者から依頼され,報酬等を目当てに本件各犯行に及んだものであ...って,その動機等に酌量の余地は認められない。取り分け本件殺人は,自宅にいた
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(富山の組長夫妻射殺事件)
懲役5年6月
刑責が科せられる殺人罪を犯すことはあまりにも目的と手段の均衡が失してい...する傷害を負わせたにとどまり,殺害するに至らなかったという殺人未遂の事案...そうすると,本件殺人が未遂にとどまったこと,本件当時,被告人が知的障害
判示要旨:知的障害者である被告人が、殺意をもって、当時3歳の男児を歩道橋上から約6.4メートル下のアスファルト路面へ投げ落としたものの、同児に加療約2か月間を要する傷害を負わせたにとどまり、殺害するに至らなかったという殺人未遂の事案につき、被告人が、当時知的障害及びこれに起因する激しい心理的葛藤状態にあったとして、心神耗弱を認め、懲役5年6月を言い渡した事例
懲役6年
本件は,被告人が,就寝中の二男を絞殺した殺人(判示第1),続いて長男を絞...どまった殺人未遂(判示第2)の事案である。
判示要旨:就寝中の二男を絞殺し、続いて長男を絞殺しようとしたが、加療日数不詳の傷害を負わせるにとどまったという殺人、殺人未遂の事案について、被告人は本件各犯行当時、統合失調症型障害に罹患しており、同障害のため心神耗弱の状態にあったと認定した上で、被告人を懲役6年に処した事例
懲役6年
号の2)は,いずれも判示殺人の用に供した物で被告人以外の者に属しないから,...とについても,被告人が殺人事件という重大事件の被疑者であった以上,...う,殺人の事案である。
判示要旨:被害者の胸部及び腹部を果物ナイフ及びペティナイフで8回にわたり突き刺して殺害した殺人の事案について、被告人が犯行の数日前からアルコールを断続的に飲酒したことによって、犯行当時、複雑酩酊又は複雑酩酊とほぼ同等の状態にあったため、心神耗弱の状態にあったと認定した上で、被告人を懲役6年に処した事例。
懲役5年
殺人が...殺人で...り,被告人Bも殺人,詐欺未遂の共同正犯であるとする。これに対し,被告人らの
懲役5年
電気ポット等で殴打したり料理ばさみで突き刺すなどして殺害したという殺人の
150 件中 1/4 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in