裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62962 
刑事22175民事40787
殺人
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
殺人の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
殺人を犯した場合、 2.3%の確率で無罪、
97.7%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役10年超」に処する。
74
23
4
111
130
150
171
56
1902 件中 6/39 ぺージ
◀前    次▶
2 3 4 5 6 7 8 9 10
棄却
姦致死,殺人,死体遺棄被告事件については,沖縄県内において,米軍基地やい
判示要旨:刑訴法17条1項2号にいう「裁判の公平を維持することができない虞があるとき」に当たらないとされた事例
取り消す
10月に憲法裁判所は,反逆罪と殺人罪に問われていたベシグエを始
懲役9年
殺人被告事件
判示要旨:義母に対する殺人被告事件(自白)において、被告人に懲役9年を言い渡した事例
上告を棄却
住居侵入,殺人,窃盗,傷害,脅迫被告事件...本件各犯行の動機は甚だ身勝手で,前記電子メールの内容等から認められる殺人
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(長崎ストーカー殺人事件)
懲役4年
判示要旨:子に対する殺人被告事件(自白)において、被告人に懲役4年を言い渡した事例
懲役30年
このように被告人Aが強盗殺人において果たした役割は重大である。それにもかか...被告人Bは,死体損壊・遺棄については主体的に行っているものの,強盗殺人に
判示要旨:被告人2名の強盗殺人等被告事件(否認)において、被告人の一方に無期懲役、他方に懲役30年を言い渡した事例
上告を棄却
傷害,殺人,殺人未遂,未成年者略取,銃砲刀剣類
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(元少年石巻殺傷事件)
上告を棄却
住居侵入,逮捕監禁,殺人,現住建造物等放火,...余の間に,いずれも交際相手を連れ戻したいという思いから出発して,殺人,放火...とより極めて重大である。また,東京事件は,殺人の点も含めて周到な用意の上で
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(山形東京連続放火殺人事件)
懲役6年
的な動機は想定し難い。しかも,Aは現在では既に本件について殺人罪...本件犯行の主導者であり,殺人罪を犯したAと比較をすれば,被告人は,
控訴を棄却
殺人被告事件...そこで検討すると,本件は前記2⑴に記載したとおりの殺人の
判示要旨:被告人は意図的に被害者からの加害行為に比べて著しく過剰な行為に出たものと認め、専ら攻撃の意思に基づくものであって防衛の意思を欠くとして正当防衛及び過剰防衛の成立を否定した原判決の認定判断に、論理則、経験則違反はないとした事例
無期懲役
平成27年(わ)第655号 強盗殺人被告事件...は,強盗殺人の包括一罪に当たる。)
判示要旨:被告人が、闇金業者である被害者から借り入れていた約200万円の債務の返済を免れるため、被害者の頭部をガラス製灰皿で殴るなどして殺害し、同暴行終了後、被害者所有の現金約135万円を強取した強盗殺人被告事件において、被告人に無期懲役を言い渡した事例
破棄
殺人,死体遺棄,詐欺,窃盗被告事件...原判決は,原判示第1の殺人(以下「本件殺人」という。)の事実について,被...原審裁判所が,本件殺人の事実について,訴因変更手続を経ることなく,Aが被
判示要旨:被告人Aが被害者の首を絞めた後被告人Bが更に被害者の首を絞めて殺害したとして最後にとどめを刺した者が明示されている殺人罪の共同正犯の訴因において訴因変更手続を経ることなく被告人Aのみが被害者の首絞め行為を行ったと認定したことが被告人Aの関係で違法とされた事例
上告を棄却
強盗殺人,死体遺棄被告事件...時26歳)に不審を抱かれ,強盗殺人を成功させるために同女の殺害も決意して同...で運んで土中に埋めて遺棄するなどした強盗殺人,死体遺棄の事案である。
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(長野一家3人強盗殺人事件)
棄却
発物取締罰則違反,殺人,殺人未遂の公訴事実により,札幌地方裁判所に起訴
判示要旨:北海道庁に時限式消火器爆弾を設置して爆発させ、2名を殺害し81名を負傷させたとして、爆発物取締罰則違反、殺人、殺人未遂罪により死刑判決を受けた受刑者からの再審請求について、新たに提出された証拠には明白性が認められないとして、これを棄却した事例(道庁爆破事件第2次再審請求)
上告を棄却
住居侵入,強盗殺人,銃砲刀剣類所持等取締法違反被告事件...回突き刺すなどして殺害し,金品を強奪した,という被殺者2名の強盗殺人等の事...甚だ浅慮かつ身勝手に近隣の民家を襲って強盗殺人に及んだ動機に酌むべき点は
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(福島夫婦強盗殺人事件)
上告を棄却
現住建造物等放火,殺人,殺人未遂被告事件...放火,殺人,殺人未遂の事案である。...犯行態様は,人出が多い日曜日のパチンコ店を狙った計画的な無差別殺人であっ
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(大阪パチンコ店放火殺人事件)
懲役4年
殺人被告事件
判示要旨:被告人が、重度の精神発達遅滞や自閉的傾向を有する次男(当時42歳)の頸部をロープで絞めて殺害した殺人被告事件において、被告人に懲役4年を言い渡した事例
懲役23年
死体遺棄,逮捕監禁,殺人,監禁,...Mに対する殺人(判示第1の1)について...主たる争点は,GらのMに対するこれらの言動が,殺人の実行行為性を有す
懲役9年
まず,量刑の中心となるb事件(殺人)の犯行についてみる。
懲役7年
以上によれば,被告人には殺意が認められ,殺人罪が成立する。...本件殺人は突発的なものであり,被害者がカッターナイフを取り出すなどした...殺人についてみると,本件は被害者の言動をきっかけとした突発的な犯行で
棄却
原告Aは,平成14年12月11日,丙地方裁判所において,殺人,殺人
判示要旨:死刑確定者が再審請求のため弁護人と拘置所内で面会する際、拘置所長が職員の立会いのない面会を認めなかったことには、裁量の範囲を逸脱した違法があるとして、死刑確定者及びその弁護人の国家賠償請求を一部認容した事例
死刑
れ,被告人にはBに対する強盗殺人罪が成立する。...の成否である。裁判所は,判示のとおり,甲に強盗殺人の犯意があったか否か...まで確定することはできないが,被告人に強盗殺人未遂罪が成立することは認
判示要旨:被告人が、共犯者2名と共謀の上、強盗目的で民家に侵入して夫婦を殺害した住居侵入、強盗殺人と、その8年後に同共犯者のうち1名と共謀の上、強盗目的で民家に侵入して1名を殺害しようとした住居侵入、強盗殺人未遂の事案につき、死刑に処した事例
上告を棄却
殺人,銃砲刀剣類所持等取締法違反,詐欺被告事件...殺害した,という殺人2件,詐欺1件等の事案である。
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(さいたま保険金殺人等事件)
上告を棄却
平成26年(あ)第749号 強盗殺人被告事件...本件は,平成9年4月13日に行われた強盗殺人の事案であり,本件行為
判示要旨:公訴時効を廃止するなどした「刑法及び刑事訴訟法の一部を改正する法律」(平成22年法律第26号)の経過措置を定めた同法附則3条2項と憲法39条、31条
懲役28年
殺人について...(なお,本項において「犯行」という場合には,殺人の犯行を意味する。)...殺人に関する争点は,被告人が犯行時に責任能力を有していたか否かである。
無期懲役
死体遺棄,逮捕監禁,殺人,監禁,詐欺,生命身体加害略取,傷害致死被告事件...第1(V1を被害者とする殺人及びこれに関連する詐欺)...第3(V2を被害者とする監禁,殺人及びV3を被害者とする監禁)
懲役19年
本件の主たる争点は,殺人の公訴事実について,被告人に殺意が認められる...り,被告人には殺人罪が成立する。...(2) 次に,殺人の犯行に及んだ意思決定に対する非難の程度について検討する。
判示要旨:妻の家出により長男と二人で生活するようになった被告人が、自宅の和室内から出られない状態にしていた長男に栄養不十分な食事しか与えなかったことにより、長男の栄養状態が悪化して相当衰弱し、医師による適切な診療を受けさせるなどしなければ死亡する可能性が高い状態になったが、そのような状態を認識した後も、引き続き長男を和室内から出られない状態にした上で、栄養不十分な食事しか与えず、医師による適切な診療を受けさせるなどの措置も講じないまま長男を放置し、長男(当時5歳)を栄養失調により死亡させたという殺人の事案について殺意を否認する被告人の主張を退けた上、長男死亡の事実を勤務先に隠して約7年間毎月給付される家族手当合計41万円を詐取したという詐欺の事案と併せて懲役19年に処した事例
懲役24年
殺人,住居侵入,殺人未遂,銃砲刀剣類所...各殺人未遂の点...刑法54条1項後段,10条(住居侵入と各殺人未遂と
棄却
12年前「従兄弟」が逮捕された凄惨な「金属バット殺人」(以下,...属バットで人を殺害して,殺人の容疑で逮捕され,有罪判決を受けて刑...的身近な身内に殺人犯がおり,原告はこのような重大な法を犯す犯罪者
判示要旨:被告が、当時大阪府知事であった原告の出自に関する事実や原告の同和予算削減に係る姿勢に関する事実を摘示する記事を週刊誌に掲載した行為について、出自に関する事実の摘示は原告の名誉及びプライバシーを、同和予算削減に関する事実の摘示は原告の名誉をそれぞれ侵害するものと認め、出自に関する事実の摘示行為は専ら公益目的で行われたとは認められないこと、同和予算削減に関する事実については真実性の証明がなく、被告が真実であると信じたことについて相当な理由があるとは認められないこと等から、違法性阻却事由も認められないと判断し、原告の不法行為に基づく損害賠償請求を一部認容した事例
懲役21年
禁,殺人,死体遺棄,監禁,詐欺,生命身体加害略取幇助,被告人B及び被告人C...に対する逮捕監禁,殺人,死体遺棄,監禁,詐欺,生命身体加害略取各被告事件...Iを被害者とする殺人被告事件の争点は,①Iの意思抑圧の程度(殺人の実
却下
の不法行為は,殺人から政府の権限の奪取に至るまで,さまざまである
判示要旨:1 コンゴ民主共和国国籍の男性について難民であると認められた事例 2 難民認定不認定処分に対する異議申立てと出入国管理及び難民認定法61条の2の2第2項の在留特別許可をしない処分の取消しの訴えにおける行政事件訴訟法14条1項ただし書の「正当な理由」 3 仮滞在の許可を受けていた在留資格未取得外国人で難民であると認められる者に対する退去強制手続の適否
無罪
住居侵入,窃盗未遂,殺人被告事件...及び殺人の各犯行に及んだことは争いがなく,関係各証拠により,これを
判示要旨:長期間にわたり統合失調症にり患していた被告人が、現金等を窃取しようとして、被害者宅に深夜侵入し、就寝中の被害者を殺害するなどした住居侵入、殺人等被告事件について、被告人は、被害者に出会えば殺されるという被害妄想に支配されていた一方、被害者に脅し取られたと考えていた金を取り戻さなければならないという思考障害に強く影響された状態にあり、犯行動機は、被害妄想や思考障害の影響を強く受けた中で形成されたものであって、了解することが極めて困難であることに照らすと、犯行は統合失調症の症状の圧倒的影響の下に行われたことが明らかであって、被告人は心神喪失の状態であったとの合理的な疑いが残るとして、被告人に無罪を言い渡した事例
却下
区内において拳銃を使用した殺人事件が敢行されており,要件該当暴...において発生した刃物使用の殺人未遂事件について,上記 C及び AJ...らがいわゆる組織的な殺人罪(組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規
懲役6年
強盗殺人,傷害,窃盗,覚せい剤取締法違反被告事件...強盗殺人被告事件 当裁判所は, 示第3のとおり窃盗の限度で認定。...同年12月8日,本件について,被告人が被害者に対する強盗殺人
判示要旨:被告人が、普通乗用自動車を窃取しようとして、共犯者と共謀の上、被害者所有の普通乗用自動車を窃取し、同車を運転走行した際、これを発見した被害者に同車を取り返されることを防ぐなどのために、被害者に同車を衝突させるなどの暴行を加えて被害者を殺害するなどしたという強盗殺人等被告事件について、被告人が同車を運転していたとする共犯者等の供述の信用性には疑問が残り、被告人が同車を運転していたことの証明がされていないとして、被告人には強盗殺人罪は成立せず、窃盗罪の共同正犯が成立するにとどまるとした事例
懲役5年
本件公訴事実中殺人未遂の点については,被告人は無罪。...本件殺人未遂の公訴事実は,被告人が,判示第2記載の日時場所において,同...本件における争点は,殺人未遂罪の成否,すなわち,①被告人が本件けん銃の
判示要旨:パトカーの後部座席に乗っていた警察官に対してけん銃の銃口を向けて引き金を引いたが、弾丸が発射されずに殺害の目的を遂げなかったという殺人未遂、同じ日時場所のけん銃加重所持及びこれらに先行するけん銃発射の各公訴事実のうち、被告人がけん銃の銃口をパトカーの後部座席に向けて引き金を引いたという事実及びパトカーの後部座席の警察官に対する被告人の認識のいずれも認定することができないとして、殺人未遂の公訴事実につき無罪とした事例
死刑
り付けて殺害した,いわゆる通り魔殺人の事案である。...無差別殺人は,...殺人の犯罪類型の中でも,
判示要旨:白昼の繁華街において、無差別に通行人2名を包丁で殺害した事案につき、①心神耗弱の可能性があったとする弁護人の主張を排斥し、完全責任能力を認め、②裁判員法67条は死刑選択に裁判体全員の一致を求めていない点で憲法31条、18条に反する旨の弁護人の主張を排斥した上、③無差別殺人の罪質自体、非常に悪質なものといわざるを得ず、犯行態様が冷酷、執ようで残虐なものであり、重大かつ深刻な被害結果を生じさせた上、動機に酌むべき点がないこと等からすれば、被告人の刑事責任は極めて重大で、2名を殺害した殺人の中でも最も重い部類に当たると評価すべきであり、罪刑の均衡の観点等からみても死刑の選択はやむを得ないとして、死刑を言い渡した事例(裁判員裁判実施事件)
無期懲役
強盗致傷,強盗殺人,強盗,銃砲刀剣類所持等...び,これを用いて立て続けに一連の強盗殺人,強盗致傷及び強盗の各犯行に及ん...特に量刑上重要な強盗殺人において,被告人は,抵抗した被害者の頸部を前
判示要旨:被告人が、深夜の路上で、四人の通行人から次々と金品を強奪しようとして、一人に傷害を負わせ、一人を殺害してバッグを奪ったほか、二人から財布や普通乗用自動車を奪うなどした強盗致傷、強盗殺人、強盗等被告事件について、これらの犯行の動機は統合失調症による妄想に基づくものであり量刑上有利にしんしゃくされるべきであるとの弁護人の主張を排斥し、その動機は単に生活費等を得るためであったと認定した上、犯行時に被告人が摂取していたアルコール等により事理弁識能力及び行動制御能力が低下していたことや、被告人が自閉スペクトラム症にり患し、反社会性パーソナリティ障害を有していたことは、量刑上特に有利にしんしゃくすべきではなく、その他の諸事情を考慮しても、酌量減軽するのが相当な事案とはいえないとして、被告人に無期懲役を言い渡した事例
懲役2年6月
ーカー殺人www」などと記載したメッセージを順次送信し,いずれもその頃,...えw今流行のストーカー殺人www
無罪
判示要旨:被告人の犯人性が争点となった強盗殺人未遂等の事案において、被告人が犯人であったとしても矛盾しない証拠は多々認められるものの、被告人が犯人でなければ説明が困難であるといえるほどの証拠状況にはなく、常識に照らして判断すると、被告人が犯人で間違いないということを検察官が立証できたとは認め難いとして、被告人に無罪の言渡しをした事例(裁判員裁判実施事件)
上告を棄却
殺人,殺人未遂,現住建造物等放火被告事件...うち7名を殺害し,1名に瀕死の重傷を負わせた本件殺人及び殺人未遂の結果は極...人及び殺人未遂は,強固な殺意に基づく,冷酷かつ残虐な犯行というほかない。被
判示要旨:1 妄想性障害に罹患していた被告人が実行した殺人、殺人未遂等の事案につき、事理弁識能力及び行動制御能力が著しく低下していたとまでは認められないとする原判決が是認された事例 2 死刑の量刑が維持された事例(加古川8人殺傷事件)
取り消す
地方裁判所において,現住建造物等放火及び殺人の罪により,無期懲役の...原告は,現住建造物等放火,殺人の罪で無期懲役に処された長期受刑
判示要旨:受刑者が受刑者等の更生及び社会復帰支援等を目的とする団体に対して信書を発することを禁止した刑務所長の処分について、その判断に合理的根拠があるとはいえず、違法であるとして、当該処分を取り消すとともに、国家賠償法1条1項の適用上も違法であるとして、慰謝料請求を認容した事例
取り消す
取等の処罰に関する法律違反,殺人及び銃砲刀剣類所持等取締法違反の罪...った航空機の強取等の処罰に関する法律違反,殺人及び銃砲刀剣類所持
棄却
ことを問題視し,具体的な不祥事として,P15勤務の職員による殺人...市長が就任する前後に, (a) P15勤務の職員が殺人未遂の被疑事...職員が覚せい剤取締法違反や殺人未遂の容疑で逮捕されるなど,被告の
上告を棄却
営利誘拐幇助,逮捕監禁幇助,強盗殺人幇助,殺...本件は,第1審において,①Aに対する殺人被告事件,②Bに対する強盗殺人等...被告事件,③Cに対する保険金殺人被告事件という,3件の裁判員裁判対象事件が
判示要旨:裁判員裁判における審理及び裁判の特例である区分審理制度と憲法37条1項
懲役4年
危険なものではあるが,その行為態様が,殺人罪で想定される殺害行為...殺人罪の法定刑の下限をやや下回る懲役4年の実刑に処するのが相当で
死刑
住居侵入,強盗殺人,強盗殺人未遂,窃盗被告事件...窃盗にも着手していなかったので,A及びBに対しては殺人罪と窃盗罪が成立する...人未遂罪ないし殺人未遂罪が成立するとしても,中止未遂が成立する旨主張し,被
判示要旨:金品窃取の目的で民家に侵入し、家人に発見されたことから、居直り強盗を決意して、家人2名を殺害し、1名に重傷を負わせ、現金等を奪ったという強盗殺人、強盗殺人未遂等の事案につき、死刑を回避すべき特別な事情はないとして、死刑が言い渡された事例
棄却
十分に行っていたものであり,本件押さえつけ行為について,殺人や傷害
判示要旨:障害者福祉サービス事業を営む社会福祉法人の施設において、施設職員らが、興奮状態にあった施設入所者の男性をうつぶせの状態で押さえつけて死亡させたことについて、途中で離脱した職員を除く押さえつけ行為に関与した施設職員には、お互いの押さえつけ行為の態様や男性の表情などを確認しなかった過失があり、社会福祉法人の理事長には、入所者を制止する方法についての指導やマニュアルの整備を怠った過失があるとして、上記施設職員、社会福祉法人の理事長及び社会福祉法人に対する損害賠償請求が認められた事例
懲役20年
住居侵入,強盗殺人被告事件...であること,2人の生命を奪った殺人の罪等で懲役20年に処された前科がありな...い。そして,殺害された被害者が1名の強盗殺人罪のうち,前科が重視されて死刑
判示要旨:被告人を死刑に処した裁判員裁判による第1審判決を量刑不当として破棄し無期懲役に処した原判決の量刑が維持された事例
上告を棄却
姦,監禁,窃盗,窃盗未遂,強盗殺人,建造物侵入,現住建造物等放火,死体損...ンに放火し,前記(ア)の女性の死体を焼損するなどして強盗殺人の犯跡を隠蔽しよ...の強盗殺人の事案において,その殺害行為に計画性がない場合には死刑は選択され
判示要旨:被告人を死刑に処した裁判員裁判による第1審判決を量刑不当として破棄し無期懲役に処した原判決の量刑が維持された事例
1902 件中 6/39 ぺージ
◀前    次▶
2 3 4 5 6 7 8 9 10

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in