- 当日の裁判予定を検索できるwebサービス

今日の裁判 - 過去の開廷表 - 傍聴記
裁判員日程 - 傍聴券日程 - 判例検索 - 法令検索

【お詫び】2018/1/10~未定:しばらく冬休みの為、更新お休みします。
一覧に戻る
開廷情報
事件番号: 平成29年特(わ)第1948号
罪名罰条: 児童福祉法違反等
時刻:2017-10-25 10:00~11:00
裁判所: 東京地裁
法廷:713 (7階)
傍聴定員:52席
被告人: ***
審議:新件
審議経過:

児童福祉法違反
10年以下の懲役または300万円以下の罰金
児童(18歳に満たない者)に淫行をさせる行為を行った場合に成立。淫行とは、性交の他、性交類似行為をも含んでおり、手淫や口淫、性交にいたらない行為であっても児童福祉法における罰則の対象となる。
判例検索 法令検索
838 pv (計:1349 pv)
傍聴記(3件)
傍聴したご感想、裁判に関するご意見等
2017/11/09 判決 (653日前)
1 2017/11/30 23:43 ID:b3 いいね! 1

主文:求刑1.6月に対し、

懲役1.6月。ただし刑の執行を3年猶予ゆるとす。

理由:被告は児童福祉法違反をしたことを認め、取り調べに素直に応じた。被害者心理を考え、間接的ながら被害児童に謝罪したいと言う内容の供述があり反省の色が見られ、また被告も21歳と若く更生の見込みがありなお、初犯であるため執行猶予処分が妥当であると判断。

また、被告人逮捕後に聴取した被害者調書では、「家庭環境が悪いところに戻すよりも金持ちの男と接待」という内容は母親に対して反感を持っていた被害児童が考えた文であり被告人が書いたという内容ではないと結論付けるとす。
よって弁護側の弁論趣旨並び検察側の求刑双方を認めた判決。
返信
2017/10/25 新件 (668日前)
1 2017/10/26 09:28 ID:eb いいね! 4
30代、無職。コスプレイベントで知り合った未成年がコスプレ衣装ほしさに援助交際相手を紹介してほしいと、被告に相談。
被告は、被告の金持ちの知り合い等複数男性を紹介し斡旋し、利益を折半していた。

未成年女性は、被告の知人の家に被告と共に居候し、寝泊まりしていたところ、
母親より被告に娘を帰ってこさえてほしいと依頼したが、
被告人は未成年女子が援助交際を行っている事を告げた上に、
『家庭環境が悪いところに戻すよりも金持ちの男と本番なしで接待させていたほうが本人の為』等と持論を展開。
被告人は娘を返してほしいとの母親の要請を拒否。

そこで母親が警察に相談し、事件が発覚。
返信
2 2019/01/04 00:13 ID:60 いいね!  
児童福祉法違反及び売春防止法違反


返信
トップに戻る