判例検索β > 平成31年(行ウ)第203号
厚生年金保険料納入告知等取消請求事件
事件番号平成31(行ウ)203
事件名厚生年金保険料納入告知等取消請求事件
裁判年月日令和3年4月15日
法廷名東京地方裁判所
判示事項1 健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て支援法上の拠出金の納入の告知と抗告訴訟の対象 2 健康保険・厚生年金保険の被保険者標準報酬月額に係る決定・改定,標準賞与額の決定の行政手続法2条4号所定の「不利益処分」該当性 3 日本年金機構が,国内の事業所から海外法人に転籍した上で国内の事業所に出向していた従業員の標準報酬月額及び標準賞与額を決定するに当たり,海外法人名義で支払われていた給与及び賞与を報酬月額及び賞与額に算入すべきであるとして,職権により行った健康保険・厚生年金保険の被保険者標準報酬月額に係る決定又は改定及び標準賞与額の決定が,行政手続法14条1項本文所定の理由の提示を欠き,違法であるとされた事例
裁判要旨1 健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て支援法上の拠出金の納入の告知は,抗告訴訟の対象となる行政処分に当たる。 2 健康保険・厚生年金保険の被保険者標準報酬月額に係る決定・改定,標準賞与額の決定は,行政手続法2条4号所定の「不利益処分」に当たる。 3 日本年金機構が,国内の事業所から海外法人に転籍した上で国内の事業所に出向していた従業員の標準報酬月額及び標準賞与額を決定するに当たり,海外法人名義で支払われていた給与及び賞与を報酬月額及び賞与額に算入すべきであるとして,職権により行った健康保険・厚生年金保険の被保険者標準報酬月額に係る決定又は改定及び標準賞与額の決定は,これらの決定に係る通知書に,補正前及び補正後の標準報酬の額,届出年月日等の記載があるにすぎず,海外法人名義で支払われていた給与や賞与を報酬額に算入すべきものとされたという上記決定の基因となった事実について記載された箇所がなく,これを了知させる手がかりとなる記載も一切ないことなど判示の事情の下においては,行政手続法14条1項本文所定の理由の提示を欠き,違法である。
全文全文
最高裁判所〒102-8651 東京都千代田区隼町4番2号 Map
裁判日:西暦2021-04-15
情報公開日2022-02-06 19:21:30
裁判所の詳細 / 戻る / PDF版
令和3年4月15日判決言渡
平成31年(行ウ)第203号(以下第1事件という。)
令和元年(行ウ)第286号(以下第2事件という。)
令和元年(行ウ)第287号(以下第3事件という。)
令和元年(行ウ)第288号(以下第4事件という。)
令和元年(行ウ)第289号(以下第5事件という。)
令和元年(行ウ)第290号(以下第6事件という。)
令和元年(行ウ)第291号(以下第7事件という。)
令和元年(行ウ)第292号(以下第8事件という。)

令和元年(行ウ)第293号(以下第9事件という。)
令和元年(行ウ)第294号(以下第10事件という。)
令和元年(行ウ)第295号(以下第11事件という。)
令和元年(行ウ)第296号(以下第12事件という。)
令和元年(行ウ)第297号(以下第13事件という。)

厚生年金保険料納入告知等取消請求事件
判決
当事者の表示

別紙1当事者目録記載のとおり

主文12
別紙4取消対象目録記載の各処分をいずれも取り消す。

3
原告らのその余の請求をいずれも棄却する。

4
本件訴えのうち,別紙3却下部分目録記載の各部分をいずれも却下する。
訴訟費用の負担は,別紙5訴訟費用負担目録記載のとおりとする。事実及び理由

第1

請求
別紙6請求目録記載のとおり

第2

事案の概要

運送業等を営むグループ会社である原告らは,原告ら各社が雇用する従業員の一部を,香港に所在する海外法人(以下本件海外法人という。)に転籍させた上,本件海外法人から原告ら各社に出向させ,給与の一部を原告ら各社が支払い,その余の給与及び賞与を本件海外法人が支払うという手法(以下本件手法という。)を導入していた。
これに対し,被告機構は,原告らから本件海外法人に転籍した従業員(以下本件従業員らという。)について,本件海外法人名義で支払われた給与及び賞与を報酬月額及び賞与額に算入して標準報酬月額及び標準賞与額(以下,これらを併せて標準報酬といい,その算定の基礎となる報酬月額及び賞与
額を併せて報酬額という。)を決定すべきであるとして,原告らに対し,別紙7処分目録記載のとおり,健康保険・厚生年金保険の被保険者標準報酬月額に係る決定又は改定及び標準賞与額の決定(以下,併せて本件各標準報酬決定という。)をした。そして,厚生労働省年金局事業管理課長は,原告らに対し,これを前提に,健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て支援
法上の拠出金(以下,併せて社会保険料という。)を計算し直した額と納付済みの社会保険料額との差額分(以下遡及分ということがある。)の納入の告知(原告Aを除く原告らについては,遡及分に平成30年9月分の社会保険料額を合算したものの納入の告知。以下本件各社会保険料納入告知という。)及び遡及分に係る督促(以下本件各社会保険料督促という。)を
した。
一方,群馬労働局長は原告B,同C,同D及び同Aに対し,また福島労働局長は原告E及び同Fに対し,本件従業員らについて,本件海外法人名義で支払われた給与等を賃金総額に算入して労働保険料を決定すべきであり,これによると平成28年度の労働保険料に不足が生じているとして,それぞれ同年度の
労働保険料の認定決定(以下本件各認定決定という。)及び追徴金の徴収決定(以下本件各追徴金徴収決定という。),不足額に係る労働保険料の
納入の告知及び追徴金の納入の告知(以下,併せて本件各労働保険料等納入告知という。),不足額に係る労働保険料の督促(以下本件各労働保険料督促という。)をした。本件は,①原告らが,被告機構を相手に,本件各標準報酬決定のうち自己に関するものの取消しを求めるとともに,被告国を相手に,本件各社会保険料納
入告知及び本件各社会保険料督促のうち自己に関するものの取消しを求め,②原告Gを除く原告らが,被告国を相手に,本件各認定決定,本件各追徴金徴収決定,本件各労働保険料等納入告知及び本件各労働保険料督促のうち自己に関するものの取消しを求める事案である。
1
関係法令の定め
関係法令の定めは,別紙8-1から8-8までのとおりである(なお,これらの別紙中で定義した略称等は,以下の本文においても同様に用いるものとする。)。

2
前提事実(証拠等を掲げていない事実は当事者間に争いがない。)(1)

当事者等
原告らは,群馬県所在の訴外H株式会社を親会社とするグループ会社(以
下本件グループという。)に属し,運送業等を営む株式会社であり(弁論の全趣旨),健保法3条3項及び厚年法6条にいう適用事業所であるとともに,徴収法3条,4条,労災保険法3条1項及び雇用保険法5条1項にいう適用事業の事業主である。
原告らは,平成24年頃から,一部の従業員を香港に所在する海外法人(本件海外法人)に転籍させた上,本件海外法人から原告ら各社に出向させ,給与の一部を原告ら各社が支払い,その余の給与及び賞与を本件海外法人が支払うという手法(本件手法)を採用しており,被告機構に対し,当該従業
員の報酬額について,本件海外法人名義で支払われていた給与及び賞与を除く形で届出を行っていたが,平成29年9月支払分から本件手法をやめ,原
告Aを除き,同年12月を改定月として,本件海外法人名義で支払われた給与を含めた金額を報酬月額とする月額変更届を被告機構に提出した(甲1~7,乙20,21,丙3〔いずれも枝番を含む。〕,弁論の全趣旨)。(2)

本件各標準報酬決定,本件各認定決定等に至る経緯
平成29年9月,本件グループにおいて,従業員を海外の架空会社に転籍させた上,海外の事業所からの出向扱いとし,厚生年金保険料の納付を免れている旨の匿名の通報があったことを契機として,同月以降,原告らにつき,前橋年金事務所,郡山年金事務所,群馬労働局及び福島労働局による合同調査等が実施された(乙5~10,12~15,丙4~12,21,26〔いずれも枝番を含む。〕)。


本件各標準報酬決定について
(ア)

本件従業員らについて原告らから自主的な報酬訂正の届出がされな
かったことから,健保法204条,厚年法100条の4により厚生労働大臣から権限の委任を受けた被告機構は,平成30年10月1日から同月11日にかけて,職権により,本件従業員らにつき,本件海外法人名義で支払われた給与及び賞与を算入した額を報酬額とすることを前提に,別紙7処分目録のとおり,健康保険・厚生年金保険の被保険者標準報酬月額に係る決定又は改定及び標準賞与額の決定(本件各標準報酬決定)を行い,同月16日以降,原告らそれぞれに対し,上記決定に係る通知
書(以下本件各標準報酬決定通知書という。)を送付した(甲1~7〔枝番を含む。〕,乙15)。
(イ)

すなわち,本件従業員らについては,①従前,原告らが本件海外法
人支払分の給与を除いた額を報酬月額とする月額変更届出を行い,被告機構は上記届出に基づき随時改定によって標準報酬月額の等級を引き下げ,②その後,毎年の定時決定においても,原告らから本件海外法人支払分の給与を除いた報酬月額の届出がされ,被告機構はこれに基づき標
準報酬月額を決定していたが,③平成29年9月支払分から本件手法が採られなくなり,原告Aを除く原告らが同年12月を改定月として本件海外法人支払分の給与を含めた額を報酬月額とする月額変更届出を行ったことから,被告機構はこれに基づき標準報酬月額の等級を引き上げる随時改定を行った。また,④原告らは,本件従業員らにつき,本件手法が採られなくなるまでは賞与額の届出をしていなかった(甲1~7〔枝番を含む。〕,丙3〔枝番を含む。〕,弁論の全趣旨)。
本件各標準報酬決定は,上記①及び③の随時改定をいずれも取り消し,上記②につき,平成28年及び平成29年の定時決定を取り消して,本
件海外法人名義で支払われた給与を算入した報酬月額に基づき定時決定をし直すとともに,被保険者資格取得時から本件海外法人名義で支払われていた給与を除いた報酬月額に基づいて標準報酬月額が決定されていた従業員につき,上記給与を算入する形で被保険者資格取得時の標準報酬月額を訂正し,上記④については,本件海外法人名義で支払われた賞
与額を前提に平成28年及び平成29年の標準賞与額を登録するというものであった(甲1~7〔枝番を含む。〕,弁論の全趣旨)。
(ウ)

厚生労働省所管会計事務取扱規程3条により厚生労働大臣から事務
の委任を受けた歳入徴収官である厚生労働省年金局事業管理課長は,原告らに対し,平成30年10月22日付けで,本件各標準報酬決定による標準報酬の訂正に伴って発生した未払分(遡及分)の社会保険料及び同年9月分の社会保険料(原告Aについては上記未払分(遡及分)の社会保険料のみ。)について,納入の告知(本件各社会保険料納入告知)をし,原告Aを除く原告らは,遡及分を除く社会保険料を支払った。その金額は,別紙9のとおりである(甲8~11の各枝番1,甲12,甲
13及び14の各枝番1,甲15~21,乙17〔枝番を含む。〕,弁論の全趣旨)。

(エ)

前記(ウ)のとおり厚生労働大臣から事務の委任を受けた厚生労働省
年金局事業管理課長は,原告らに対し,平成30年11月19日付けで,指定期限を同月29日とする社会保険料の督促(本件各社会保険料督促)をした(ただし,督促額は,原告Aを除き,原告らが遡及分を除く部分を支払った後の残額であり,具体的には,別紙9の1から4まで,6及
び7の各(2)のうち遡及分の額のとおりである。)。

労働保険料の認定決定等
(ア)

歳入徴収官である群馬労働局長及び福島労働局長(厚生労働省所管
会計事務取扱規程3条)は,原告Gの従業員らを除く本件従業員らについて,本件海外法人名義で支払われた給与及び賞与を賃金総額に算入して労働保険料を決定すべきであり,これによると平成28年度の労働保険料に不足が生じているとして,原告E及び同Fについては福島労働局長が平成30年10月22日付けで,原告B,同C,同D及び同Aについては群馬労働局長が同月23日付けで,それぞれ平成28年度の労働
保険料の認定決定及びこれに係る追徴金の徴収決定(本件各認定決定,本件各追徴金徴収決定)を行い(甲22~27,乙5~10の各枝番1の2),同日又は同月24日,上記各原告らに対して,本件各認定決定及び本件各追徴金徴収決定に係る通知書を送付又は交付するとともに,労働保険料の不足額及び追徴金について納入の告知(本件各労働保険料
等納入告知)をした。
本件各認定決定における労働保険料の額及び本件各追徴金徴収決定における追徴金の額は,別紙10のとおりである(甲22~27,乙5~10の各枝番1の2)。
(イ)

上記(ア)の労働保険料の不足額及び追徴金が納付されなかったこと
から,福島労働局長は原告E及び同Fに対し,群馬労働局長は原告B,同C,同D及び同Aに対し,それぞれ平成31年1月15日付けで,労
働保険料の督促(本件各労働保険料督促)及び追徴金の督促をした(甲32~35,43,44,乙19の1・2)。
(3)

審査請求等
原告らは,平成30年11月6日,本件各標準報酬決定及び本件各社会保険料納入告知を不服として審査請求をした。


原告Gを除く原告らは,平成30年11月5日,本件各認定決定及び本件各追徴金徴収決定を不服として審査請求をした。

(4)

原告らは,上記(3)の各審査請求から2か月以上が経過したとして,平成
31年4月22日,本件訴えを提起した(顕著な事実)。
3
本件の争点は,下記(1)から(4)までのとおりである。なお,争点(2)における被告らの主張を前提とした場合に,①本件従業員らの標準報酬が本件各標準報酬決定における金額となり,原告らが納付すべき社会保険料の額が本件各社会保険料納入告知における金額となること,②原告Gを除く原告らが納付すべき労働保険料の金額及び追徴金の金額が,本件各認定決定及び本件各追徴金徴収決定のとおりとなることについては,当事者間に争いがない。

(1)

社会保険料の納入の告知並びに労働保険料及び追徴金の納入の告知が抗告
訴訟の対象となる処分か否か
(2)

本件各標準報酬決定,本件各認定決定及び本件各追徴金徴収決定が実体上
適法であるか否か
(3)

本件各標準報酬決定,本件各認定決定及び本件各追徴金徴収決定につき,
行政手続法14条1項本文所定の理由の提示を欠く違法があるか否か(4)

本件各社会保険料納入告知及び本件各社会保険料督促が適法であるか否か,
また,本件各労働保険料等納入告知及び本件各労働保険料督促が適法であるか否か
4
争点(1)(社会保険料の納入の告知並びに労働保険料及び追徴金の納入の告知が抗告訴訟の対象となる処分か否か)に関する当事者の主張

(原告らの主張)
(1)

納入の告知とは,一般に,債務者に対して国の歳入についてその納付すべ
き金額,納付期日,納付場所等を通知する対外的な行為をいうが,一部の歳入については,これによって金銭の納付義務を課する行政行為としての性質を有するものがあるところ,この場合の納入の告知は一種の下命行為であり,その内容に従って法律上の効果を生ずるものといえる。
(2)

社会保険料の納入の告知については,通常の納付者は,標準報酬決定等に
よっては支払うべき社会保険料の具体的な金額を認知することができず,納入告知書によって初めてこれを知ることができるのであるから,納入の告知によって初めて社会保険料の具体的金額についての納付義務が生じるといえる。社会保険料の納入告知書においては不服申立手続の教示が行われており,処分性があることが前提とされている。
したがって,社会保険料の納入の告知は,抗告訴訟の対象となる処分に当たる。

(3)

労働保険料及び追徴金の納入の告知についても,これによって初めて認定
決定によって定められた金額を納付する具体的義務が生じるものといえるから,抗告訴訟の対象となる処分に当たる。
(被告国の主張)
(1)
社会保険料及び労働保険料(追徴金を含む。)の納入の告知の効果は,各
保険料等に係る請求権の消滅時効の中断効であり,納入の告知の性質は,私法上の催告に類似するものである。
社会保険料及び労働保険料(追徴金を含む。)については,国税通則法36条の規定が準用されるところ,同条に関する裁判例の中には,源泉徴収による所得税の納税の告知について処分性を認めるものもあるが(最高裁昭和
43年(オ)第258号同45年12月24日第一小法廷判決・民集24巻13号2243頁。以下昭和45年最判という。),昭和45年最判が
あることから,同条に基づく納税告知一般について直ちに処分性が肯定されるということにはならない。
(2)

労働保険料及び追徴金については,納入の告知の前段階である,事業主等
を名宛人とした労働保険料の認定決定及び追徴金の徴収決定にそれぞれ処分性が認められ,しかも,これにより事業主等は処分者側の算定の考え方及び
それにより負担を余儀なくされる具体的金額を知り得るという意味において,納入の告知がなくとも,これらの各決定について争う機会を付与されているということができる。このように,労働保険料及び追徴金の場合,昭和45年最判とは法律の仕組みを異にしており,その納入の告知について,あえて処分性を肯定する必要はない。

(3)

社会保険料については,労働保険料の場合と異なり,事業主等を名宛人と
した徴収に係る決定を経ているものではなく,行政実務においても,処分性があることを前提とした手続教示が行われているところではあるが,納入の告知の前段階においても,標準報酬が確定すれば社会保険料の額は自動的に定まり,かかる標準報酬の決定については処分性が認められているのであっ
て,事業主等において争う機会が付与されているから,昭和45年最判とは法律の仕組みを異にしており,直ちに処分性を肯定することには疑義がある。5
争点(2)(本件各標準報酬決定,本件各認定決定及び本件各追徴金徴収決定が実体上適法であるか否か)に関する当事者の主張

(被告機構の主張(本件各標準報酬決定について))
(1)

健保法3条1項,厚年法9条にいう適用事業所に使用される者とは,
必ずしも事業主との間に法律上の雇用関係が存在することを必要とせず,従業員が事実として労務を提供し,これに対して事業主が一定の報酬を支払う事実上の使用関係があれば足りるものであるが,単に名目的な雇用関係があっても事実上の使用関係がない場合,使用される者には当たらないというべきである。そして,上記事実上の使用関係の有無は,実態としての指揮
監督,労務の提供及びその対償としての報酬の支払等の関係の有無を基準に判断すべきである。
また,報酬とは,労働者が労働の対償として受ける全てのものをいうところ,ここにいう労働の対償とは,被保険者が事業所で労務に服し,その対償として事業主より受ける報酬の支払又は受け得る利益をいうのであり,その支給形態又は名称のいかんを問わず,その実態が経常的実質的収入の意義を有するものであれば,報酬に当たるというべきであって,海外事業所から支給されている給与等であっても,適用事業所の給与規程や出向規程等により,実質的に適用事業所から支払われていることを確認することができる
場合には,報酬に含まれるというべきである。
(2)

原告らについては,調査によって,①本件従業員らは形式上転籍,出向と
いう雇用形態であったが,実態は国内の事業所のみで労務に従事していたこと,②本件海外法人が本件従業員らに支払う給与等は,原告らが本件海外法人に対して支払う出向料によって負担される取決めとなっていたこと,③源泉所得税の基となる報酬は,本件海外法人から支払われる報酬も合算して申告等がされていたこと,④本件従業員らについて,転籍前後で業務内容に相違はなく,転籍した従業員と転籍していない従業員についても業務内容に相違がないことが判明した。また,本件グループの最高経営責任者(CEO)であり,本件海外法人の社長であるI(以下Iという。)は,聴き取り
調査において,本件海外法人の活用を検討したことはあっても,具体化には至っておらず,表面上稼働していない旨を述べたほか,従業員は本件海外法人で働いている認識はないと思う旨を述べた。
このように,本件従業員らについては,本件海外法人への転籍という形をとってはいるものの,出向先である原告らの就業規則に従って原告らに対し
て労務を提供しており,その労務の対償となる報酬に関しても,本件海外法人が本件従業員らに対して支払う給与等は,原告らが実質的に負担していた
ものである。
以上に照らせば,本件海外法人名義で本件従業員らに支払われた給与等は,実質的には適用事業所である原告らが支払ったものと同視することができるから,本件従業員らについては,本件海外法人名義で支払われた給与と適用事業所である原告らが支払った給与を合算したもの及び本件海外法人名義で支払われた賞与を,報酬額とすべきである。
(3)

憲法84条違反の主張について
原告らは,健保法等の関係法令が憲法84条に反する旨主張するが,被告
機構は,本件海外法人が適用事業所に該当するとしたものではなく,本件従業員らに対して本件海外法人名義で支払われている給与等は原告らが支払っているに等しい実態であると判断して,本件各標準報酬決定をしたものであって,原告らの主張は,その前提を誤るものである。
(4)

信義則違反との主張について
原告らは,本件手法を導入するに当たり,年金事務所に適法であるかを確
認したなどと主張するが,そもそも海外勤務者や事業所の形態は様々であるため,詳細かつ具体的な照会でなければ適切な回答は困難であるところ,原告らからそのような照会があった形跡はない。また,原告らが本件手法を導入していることを年金事務所が事前に把握することは困難であり,年金事務所等がこれを黙認してきた事実はない。したがって,原告らの主張は失当で
ある。
(5)

裁量権の範囲の逸脱の主張について
原告らは,本件各標準報酬決定が裁量権の範囲を逸脱するものである旨主
張する。しかしながら,原告らについて法律上保護されるべき利益が存したり,被告機構において信頼保護の原則に反するような事実が存したりすることはない。また,仮に内部通報がされなかった他の事業所において不足分の保険料を徴収されることがなかったとしても,適用事業所間の平等原則は,
そのような事業所との比較で論じられるべきものではなく,法律の規定に基づいて正しい届出を行っている大多数の適用事業所との比較において,原告らについても正しく標準報酬を決定し直すことが,平等原則の趣旨に沿うものである。したがって,原告らの主張は理由がない。
(6)

以上によれば,本件各標準報酬決定は,実体上適法である。

(被告国の主張)
(1)

本件従業員らについては,本件海外法人への転籍及び原告らへの出向とい
う形がとられているものの,①就業場所,業務内容に何ら変更は生じていないこと,②賃金についても,出向先である原告らから本件海外法人に出向料として支払われる額と,出向先である原告らから本件従業員らに直接支払われる支払額の合計は,本件従業員らが書類上転籍,出向する前に受領していた給与額と同一であること,③本件海外法人と本件従業員らとの雇用契約書には,本件海外法人において支払う賃金について条件が示されておらず,不明瞭な契約書であること,④Iは,前橋年金事務所職員に対し,本件海外法
人が実態のない法人であることを認めていたことからすれば,本件海外法人は,原告らの労働者(被保険者,従業員)に対する給与支払を行った形を書面上作るために用いられた,実態のない法人であるといわざるを得ない。また,本件従業員らに対する指揮命令系統も人事権も,従前のとおり原告らが有していたことは明らかであるし,賃金台帳等の書類上は,原告らと本
件海外法人が分担して給与を支払った形式となっていたものの,結局のところ全給与の原資は原告らから出されており,本件海外法人を迂回させているにすぎないことからすれば,本件従業員らの給与を原告らが全て支払っていたことは明らかである。
以上によれば,標準報酬の算定に当たっては,国内事業者から支払われた
分と本件海外法人名義で支払われた分を合算した額を本件従業員らの報酬額とすることが相当であり,労働保険料の決定に当たっても,同様に,本件海
外法人名義で支払われた分を合算した額を基にすべきである。
(2)

課税要件明確主義に反する旨の主張について
社会保険料及び労働保険料は,健保法等における特別の給付に対する
反対給付として徴収されるものであるから,憲法84条の規定が直接に適用されることはない。また,健保法,厚年法,支援法及び徴収法においては,いずれも,労働者(被保険者,従業員)に支払われる報酬(賃金)を前提として,一定の係数を掛けて保険料が算出されることが明記されており,賦課,算定要件が明確であることは明らかである。
原告らは,従業員を転籍扱いとした本件海外法人が上記各法の適用外であ
る海外事業所に該当するか否かが不明瞭であったなどと主張するが,本件は,いかなる海外法人が上記各法の適用外となるかが問題とされる事案ではなく,当該労働者が原告ら各社において雇用され,その労働の対価として賃金が支払われていたか否かという事実認定が問題となる事案にすぎない。また,原告らは,健保法及び厚年法における使用される者との文言に
ついて,事実上の使用関係がない場合は該当しないという解釈が一義的に読み取れないなどとも主張するが,使用される者等の文言の意義は明確であり,原告らの主張は理由がない。
(3)

信義則違反の主張について
海外勤務の形態は多種多様であり,事業主から詳細な勤務形態や雇用関係
について説明がされなければ,照会に対して適切な回答をすることはできない。年金事務所においては,具体的な事例について具体的な照会がされた場合,被告機構の本部に照会し,同本部においても判断することができない場合には,更に厚生労働省年金局と協議した上で回答がされることとなるが,本件については,このような照会がされたことすらない。

原告らは,本件手法を年金事務所等が黙認してきたとも主張する。しかしながら,厚年法等一連の法律は,事業主に対して届出を義務付け,虚偽の届
出につき罰則を定めており,実際の運用においては,事業主から適正な届出が行われるという前提の下,原則として基礎資料となる賃金台帳や雇用契約書等の提出を求めることはしていない。原告らが導入した本件手法についても,単に原告らから被保険者の資格並びに報酬額に係る届出がされただけでは,各年金事務所においてその適法性を的確に判断するだけの資料がなく,事業所調査において実態を把握するほかないのであり,年金事務所等が本件手法の実態を把握しつつ長年放置していたというものではない。したがって,原告らのいう信頼保護は,その前提を欠くものである。
そもそも,従前と全く同一の労働を従業員に行わせていながら,実態のな
い本件海外法人に書類上転籍等をさせるだけで社会保険料等の支払を免れるというスキーム自体,健全な社会常識をもって判断すれば,適法でないことは明らかであって,原告らの信義則違反の主張は,前提を誤るものというほかない。
(4)

裁量権の範囲の逸脱の主張について
原告らは,本件各標準報酬決定,本件各認定決定及び本件各追徴金徴収決
定について,裁量権の範囲の逸脱がある旨主張する。しかしながら,上記各処分については,行政庁に裁量はない。この点をおくとしても,違法性の認識の有無は上記各処分の適法性を左右する関係にはないし,一般人の健全な社会常識に照らし,本件手法が違法であることを認識することは十分可能である。また,行政庁としては,違法行為を捕捉することができない事業主に対して標準報酬月額の訂正等の対応を行うことができないことは明らかであり,そのような事業所との比較を理由とする原告らの平等原則違反の主張は理由がない。
(5)

以上によれば,本件各標準報酬決定,本件各認定決定及び本件各追徴金徴
収決定は,いずれも実体上適法である。
(原告らの主張)

(1)

本件海外法人は適用事業所に該当せず,本件海外法人の事業は適用事業に該当しないこと本件海外法人は,原告らが,その事業である運送業につき,荷送料の低額化,ドライバー不足等の国内事業状況の打開のため,ベトナム,ミャンマー等の国外事業への進出を目指す海外拠点とされた事業所である。本件海外法人は,海外の拠点として運営され,現にミャンマーでの事業進出を達成し,原告らは従業員をミャンマーに赴任させていた。このように,本件海外法人については,原告らの経営戦略上有用な事業目的及び事業実態が存在していたのであるから,本件海外法人は,健保法3条3項及び厚年険法6条にいう
適用事業所に該当しないし,本件海外法人の事業は,徴収法3条,4条,労災保険法3条1項及び雇用保険法5条1項にいう適用事業に該当しない。
したがって,本件従業員らに対する本件海外法人支払分の給与及び賞与に関しては,被告国は,社会保険料及び労働保険料の賦課徴収権を有しないか
ら,本件各標準報酬決定,本件各認定決定及び本件各追徴金徴収決定は,いずれも違法である。
(2)

憲法84条違反
社会保険料の徴収は,国が事業主に対して,事業主が雇用する被保険者たる国民の健康保険及び厚生年金保険の資金に充てるため,強制的に徴収
するものである。また,労働保険料も,国が国民の労働保険の資金に充てるため,強制的に徴収するものである。そして,これらは,事業主にとっては特別の給付に対する反対給付としてではなく,強制的に徴収されるものであるから,憲法84条に規定する租税に当たるべきものである。したがって,事業主との関係では,社会保険料及び労働保険料の徴収に
つき憲法84条が直接適用され,仮にそうでないとしても,少なくとも同条の趣旨が及ぶというべきである。


社会保険料が,日本の社会保障制度として,国家が公権力に基づいて強制的に賦課徴収するものであることに照らすと,健保法3条3項及び厚年法6条にいう適用事業所とは,日本において事業を行う事業所又は事務所と解するのが自然かつ合理的である。また,労働保険料についても,日本の社会保障制度である労働保険の保険料を国家が公権力に基づいて強
制的に賦課徴収するものであることに照らすと,徴収法3条,4条,労災保険法3条1項,雇用保険法5条1項にいう適用事業とは,労働者を日本において雇用する事業と解するのが自然かつ合理的である。
ところが,本件においては,本件海外法人に在籍する従業員について,社会保険料及び労働保険料の納付義務の対象となるものとされた。
上記各条文上,海外に所在する事業所において雇用される者についても社会保険料及び労働保険料の納付義務の対象となる場合があることや,いかなる場合に対象となるかということが,客観的,一義的に明確であるとはいえないことからすると,上記各条文は,憲法84条の課税要件明確主義に違反するというべきである。

したがって,上記各法令に基づいてされた本件各標準報酬決定,本件各認定決定及び本件各追徴金徴収決定は違法である。

被告らは,使用される者(健保法3条1項,厚年法9条)について,法的雇用関係が存在することを要せず,事実上の使用関係があれば足りる旨主張するが,原告らは,このような解釈が法令上一義的に読み取れない
ことが問題であると主張するものである。上記各条文における報酬の文言や,労働保険料に係る法令の文言についても同様である。
(3)

信義則に反すること
本件手法のように海外に所在する事業所から報酬を支払うことで標準報酬
を低額に抑える手法は,平成29年8月30日付け年管管発0830第5号厚生労働省年金局事業管理課長通知適用事業所の報酬調査の徹底について
が発出される以前は,多くの社会保険労務士によって,いわば合法的節税手法として,多くの事業主に導入されていた。原告らも,平成24年7月頃,社会保険労務士に原告らの事業の海外展開を見据えた組織再編とそれに伴う新たな給与制度として提案されたことから,本件手法を導入するに至った。原告らは,本件手法の導入に当たって,法令の解釈上不適切となる可能性を考慮して年金事務所に問い合わせをしたところ,年金事務所の担当者は,不適当,不適法とまではいい難い旨回答した。原告らは,年金事務所長との意見交換の機会にも本件手法について質問したが,同様の回答であった。本件各標準報酬決定,本件各認定決定及び本件各追徴金徴収決定は,関係
機関において,原告らが本件手法を導入するに当たり何度も問い合わせた際には不適法と断言せず,導入から5年もの間黙認してきたにもかかわらず,上記通知が発出されたことを契機として,遡って増額された社会保険料及び労働保険料の納付義務等を課すものである。
このように,本件各標準報酬決定,本件各認定決定及び本件各追徴金徴収
決定は,原告らの予測可能性を著しく害するものであり,信義則に反するというべきである。
(4)

裁量権の範囲の逸脱等
前記(2)のとおり,本件に関係する各法令の文言は漠然曖昧としており,標
準報酬の決定の際に海外法人からの報酬を報酬額に含めるのか否か,また,含めなくてよい場合,海外法人にどの程度の実態が必要であるのかが全く不明であるという状況の中,原告らは,社会保険労務士という専門家の助言に従って届出を行っていたから,その金額が誤ったものであることを認知する機会がなく,内部通報後に年金事務所から誤りを指摘されるまで是正の機会がなかった。

また,本件手法と同様の手法を導入していた事業所のうち,内部通報等がされずに年金事務所から覚知されていない事業所については,遡って過去の
社会保険料及び労働保険料の不足分の徴収がされないことからすると,原告らに対する本件各標準報酬決定,本件各認定決定及び本件各追徴金徴収決定は,適用事業所間の平等に反する。
本件各標準報酬決定,本件各認定決定及び本件各追徴金徴収決定は,年金事務所側において,調査不足や,海外法人がどの程度の実態を有するもので
あれば当該海外法人からの報酬を含めて標準報酬を算定するべきなのかについての周知不足があるにもかかわらず,納付義務者である原告らに責任を転嫁するものであって,その予測可能性を大きく害するものであり,信義則,平等原則に反して行政裁量を著しく逸脱するものであるから,違法である。6
争点(3)(本件各標準報酬決定,本件各認定決定及び本件各追徴金徴収決定につき,行政手続法14条1項本文所定の理由の提示を欠く違法があるか否か)に関する当事者の主張
(原告らの主張)
(1)

本件各標準報酬決定通知書並びに本件各認定決定及び本件各追徴金徴収決
定に係る通知書には,理由の提示が一切ない。したがって,本件各標準報酬決定,本件各認定決定及び本件各追徴金徴収決定は,行政手続法14条1項本文所定の理由の提示を欠き,違法である。
(2)

本件各標準報酬決定について
標準報酬の決定は,標準報酬を確定するものであり,これに法令上定められた保険料率を乗じることにより自動的に社会保険料の額が定まる仕組みであることからすると,標準報酬の決定は,行政手続法2条4号にいう不利益処分に当たるというべきである。
そうしたところ,本件各標準報酬決定通知書の記載からは,本件各標準報酬決定の根拠法令,その解釈の合理的根拠,被告機構の調査結果及びそ
のうち事実認定に利用した資料,処分の基礎となる事実認定の結果を理解することはできず,本件各標準報酬決定通知書は,いかなる事実関係に基
づき,いかなる法規を適用して処分がされたかを具体的に了知させるものではないから,理由の提示として不備がある。

被告らの主張について
(ア)

被告機構は,本件各標準報酬決定通知書に注釈として届書年月日の標準報酬月額(算定記録)を訂正しました等の補正内容の記載があることをもって,理由が示されている旨主張し,被告国も,理由が示されていることを前提に,その程度が十分であるか否かを論じている。しかしながら,理由の提示において示されるべき不利益処分の理由とは,行政庁がその不利益処分を行うべきであるとの最終的な判断に至
った論理的プロセスをいうところ,本件各標準報酬決定通知書の記載は,補正内容(結果)を記載するものにすぎず,補正の原因となった理由について記載するものではない。したがって,本件各標準報酬決定は,理由の提示の程度が十分であるか否かを論じるまでもなく,理由の記載が欠けたものとして取消しを免れない。

(イ)

被告機構は,標準報酬を決定するまでの一連の過程が法令に明記さ
れていること,及び,調査等の過程において本件各標準報酬決定の理由が説明済みであることを主張するが,行政庁の恣意の抑制及び不服申立ての便宜という理由の提示制度の趣旨に鑑みれば,被告機構の主張する事情によって理由の提示の不備が治癒されるものではない。
(ウ)

被告らは,本件各標準報酬決定について,行政庁の恣意が入る余地
が極めて乏しいなどとも主張する。
しかしながら,本件各標準報酬決定は,事業主の届出に基づいて行われたものではなく,被告機構が届出と異なる事実関係を認定の上,職権で訂正又は取消しを行ったものであり,上記の職権による訂正及び取消しは,健保法や厚年法に明記されているものではなく,厚生労働省が職権によっても可能であると解釈した結果行われたものにすぎない。また,
事実認定においても行政裁量は働くのであり,理由の提示制度の趣旨である恣意抑制機能が軽視されるべき事情はない。特に,本件においては,原告らの担当者や顧問社会保険労務士らが,何度も根拠法令及び違法の理由を示すよう伝えており,原告らにとって根拠規定及び処分理由は明らかでなかった。調査を経ているからといって,理由の提示の程度が軽
減されるものではなく,むしろ原告らの言い分を踏まえて理由を提示することこそが,理由の提示制度の趣旨に適うものである。
(エ)

被告国は,本件各標準報酬決定に係る資料や事実関係を原告らが把
握しているとして,理由の提示の程度が軽減される旨主張するが,理由の提示の程度は,処分の名宛人の認識によって軽減されるものではない。
(オ)

被告国は,本件各標準報酬決定が取り消された場合の本件従業員ら
の被る損害について主張するが,理由の提示とは無関係の事情である。本件従業員らと原告らとの関係は,取消訴訟によって調整されるべき事情ではなく,本件従業員らと原告らとの間の私法上の法律関係の中で調整すべき事情である。

(被告機構の主張(本件各標準報酬決定について))
(1)

標準報酬月額を決定又は改定する処分は,飽くまで,定時決定,被保険者
の資格を取得した際の決定又は随時改定が行われる時点における被保険者の標準報酬月額を個別に確定することを目的とした処分にすぎない。また,例えば被保険者数に異動が生じた場合には,定時決定によって決定した標準報酬月額に基づくその年の9月分以降の社会保険料は再計算されることになるから,定時決定によって決定された標準報酬月額に基づいて事業主が負担する社会保険料額が直接確定するわけではない。
このように,定時決定等により標準報酬月額が決定したこと自体によって
直接に社会保険料の負担義務が課せられるわけではなく,特定の者に義務を課したり,その権利を制限したりするような効果は生じないから,標準報酬
月額の決定又は改定は,行政手続法2条4号にいう不利益処分には当たらない。このことは,標準賞与額の決定についても同様である。
したがって,本件各標準報酬決定に行政手続法14条は適用されず,理由の提示は不要である。
(2)

仮に,標準報酬の決定が不利益処分に該当するとしても,処分の性質
と理由の提示を命じた法律の規定の趣旨及び目的に照らし,本件各標準報酬決定通知書の理由の提示は十分である。
すなわち,本件各標準報酬決定通知書には,注釈として

届書年月日の標準報酬月額(算定記録)を訂正しました。

などと処分理由が記載され,処分前と処分後の標準報酬が表示されて補正内容が明らかとなっており,各記載を見れば,標準報酬の額を決定又は訂正したことは明らかであって,容易にその内容を把握することができる。
そして,定時決定等によって標準報酬を決定するまでの一連の過程は法律の規定に明記されており,報酬が定まれば標準報酬はおのずと定まるもので
あるところ,事業主のした届出の基礎となる事実関係に誤りがあるなどの場合,被告機構において,事業主に確認するなどの手順を踏んだ上で,職権により訂正又は取消しの処分を行っており,標準報酬の決定において行政庁の恣意的判断が介在する余地はない。
加えて,被告機構の担当者は,本件各標準報酬決定が行われた理由,つま
り,何が原因で標準報酬が変更されるに至ったかについて,原告らに繰り返し説明しており,原告らもこれを十分認識することができていたはずであるから,不服申立てに際し便宜を与えるという理由の提示の趣旨にも合致している。
このように,原告らは,本件各標準報酬決定通知書の記載内容から本件各
標準報酬決定の内容を正確に確認することができ,また,原告らの不当な届出を否定するために行われた本件各標準報酬決定と,これが行われるまでの
被告機構と原告らとの間の長期にわたるやり取りの内容からすれば,原告らにおいて本件各標準報酬決定が行われた理由を十二分に認識することができる状況にあったことは明らかであって,これらの事情に鑑みると,本件各標準報酬決定通知書の記載をもって,行政手続法が定める理由の提示の程度を満たしていないということはできない。
(被告国の主張)
(1)

本件各標準報酬決定について
標準報酬の決定は,基本的に,機械的かつ画一的にその内容が確定する上,定期的に大量処理が予定されている処分である。また,標準報酬の決定より前に事業主の社会保険料の納付義務は発生しており,同決定は,
個々の被保険者ごとに仮定的な納付額を算出することを可能とするものにすぎない。
また,標準報酬は,被保険者の報酬額に対応して機械的,画一的に定まるものであって,行政庁の恣意が入る余地は極めて乏しいし,標準報酬を確定するために必要な資料は処分の名宛人である事業主が全て保有し,標
準報酬の確定に必要な事実関係も事業主が全て把握している。さらに,標準報酬の決定については,事業主からの届出により大半の事務処理がされていることからすれば,事業主は,標準報酬の決定に係る根拠規定やその決定方法についても一般的に認識しているものと認められる。
以上の標準報酬の決定に係る法制度や特色を踏まえるならば,理由の提
示の程度は,その趣旨を満たす最低限のもので足りるというべきである。イ
本件においては,原告らが,本件各標準報酬決定の理由について具体的かつ的確に把握している。すなわち,本件各標準報酬決定の理由を端的にいえば,本件海外法人が被保険者である本件従業員らに支払っているとさ
れた報酬は,実質的に原告らにおいて支払っていることが認められたということに尽きる。被告機構の担当者は,調査の結果判明した上記の点を繰
り返し原告らに伝え,自主的に標準報酬月額の届出をするよう求めていた。しかも,原告らは,本件海外法人の実情に何ら変更がないにもかかわらず,平成29年9月以降の本件従業員らの報酬については全て原告らが負担していることを前提に,同年12月を改定月とする報酬月額変更届出をした。このように,本件では,本件各標準報酬決定における理由の提示によって,
原告らにおいて,本件各標準報酬決定に係る根拠規定も,その具体的な理由(本件海外法人が被保険者に支払っているとされた報酬は,実質的に原告らが支払っていると認められたこと)についても,十二分に把握することができたという特段の事情があった。

以上のとおり,標準報酬は報酬額が決まれば機械的に定まるものである上,報酬の具体的な金額は処分の名宛人である事業主が当然に把握しているものであり,処分に当たって行政庁の恣意が入る余地はほとんどない。また,標準報酬は,通常事業主の届出が契機となって機械的に決定されるものであり,通知された標準報酬から逆算すれば行政庁が認定した報酬額
がおおむね判明するものである上,本件においては,調査の際に,被告機構の担当者が原告らに決定の理由を十分に説明している。
さらに,仮に本件各標準報酬決定が理由の提示の不備により取り消された場合,社会保険料を徴収する権利が時効によって消滅したときは,被保険者である本件従業員らやその家族は,実際に支払われた正当な報酬額に
対応する年金額を受け取ることができなくなり,妥当なものとはいい難い。労働者及び家族の生活の安定と福祉の向上への寄与という健保法及び厚年法の目的を参酌するならば,標準報酬の決定等の理由の提示の程度は,なおさら必要最小限のもので足りるというべきである。
したがって,本件の事実関係等を前提とした場合,本件各標準報酬決定
についての理由の提示の程度は,行政庁の恣意抑制及び名宛人の不服申立ての便宜付与という行政手続法14条1項の趣旨を満たすものといえるか
ら,違法ではない。
(2)

本件各認定決定及び本件各追徴金徴収決定について
徴収法37条は,同法の規定による処分について行政手続法第2章及び第
3章の規定は適用しない旨規定しており,労働保険料の徴収に係る処分について理由の提示がなかったとしても,同法違反となる余地はない。
もっとも,本件各認定決定に係る通知書には,差額を生じた理由が記載されている。
7
争点(4)(本件各社会保険料納入告知及び本件各社会保険料督促が適法であるか否か,また,本件各労働保険料等納入告知及び本件各労働保険料督促が適法
であるか否か)に関する当事者の主張
(被告国の主張)
(1)

本件各標準報酬決定,本件各認定決定及び本件各追徴金徴収決定は適法で
あるから,原告らについて,社会保険料及び労働保険料(追徴金を含む。)の納付義務が生じていたことは明らかである。それにもかかわらず,原告らはこれらの納付をしなかったのであるから,本件各社会保険料納入告知,本件各社会保険料督促,本件各労働保険料等納入告知及び本件各労働保険料督促が適法であることは明らかである。
(2)

理由の提示について
本件各社会保険料納入告知及び本件各社会保険料督促について
前記4(被告国の主張)のとおり,社会保険料に係る納入の告知については処分性がないが,この点をおくとしても,納入の告知は,標準報酬に法令で定めた保険料率を乗じて算出された額を納付すべき保険料額として通知するものにすぎず,納付義務を課すものではないから,行政手続法2条4号にいう不利益処分に当たらず,理由の提示を問題とする余地は
ない。
社会保険料の督促についても,上記手続により算出される社会保険料に
ついて,事業主が納期限を徒過して支払わない場合にその旨を伝える手続にすぎず,不利益処分に当たらないから,理由の提示を問題とする余地はない。

本件各労働保険料等納入告知及び本件各労働保険料督促について
前記6(被告国の主張)(2)のとおり,徴収法37条により,労働保険料
の徴収に係る処分については,理由の提示をせずにされたとしても,行政手続法違反に当たる余地はない。
(原告らの主張)
(1)

前記5の(原告らの主張)と同様の理由により,本件各社会保険料納入告
知,本件各社会保険料督促,本件各労働保険料等納入告知及び本件各労働保
険料督促も違法である。
(2)

理由の提示に不備があること
本件各社会保険料納入告知,本件各社会保険料督促,本件各労働保険料等納入告知及び本件各労働保険料督促に係る書面には,理由の提示が一切ないから,上記各処分は,行政手続法14条1項本文に反し,違法である。

社会保険料の納入の告知及び労働保険料の納入の告知は,前記4(原告らの主張)のとおり,納付者に具体的な納付義務を生じさせるものであるから,行政手続法2条4号にいう不利益処分に当たる。
なお,被告機構は,本件各標準報酬決定が不利益処分でない旨主張するが,仮にそうであれば,後続処分である納入の告知が不利益処分
に当たることは明らかである。
第3
1
当裁判所の判断
争点(1)(社会保険料の納入の告知並びに労働保険料及び追徴金の納入の告知が抗告訴訟の対象となる処分か否か)について

(1)

社会保険料の納入の告知について
社会保険料は,標準報酬月額の決定又は改定及び標準賞与額の決定により
確定した標準報酬の額に,法令で定められた保険料率(支援法上の拠出金については拠出金率。以下同じ。)を乗じて算出されるものであり,標準報酬の額が確定すれば,特別な手続を要することなく納付すべき額が定まるものである。そして,納入の告知は,このように納付すべき額の確定した社会保険料について,納期限を指定してその履行を請求する行為にすぎず,これによって納付すべき社会保険料の額が確定するものということはできない。もっとも,標準報酬決定に係る通知書には,納付すべき社会保険料の額が記載されず(甲1~7〔枝番を含む。〕,弁論の全趣旨),納付すべき社会保険料の額がいくらであるかについての行政庁の見解が初めて公にされるの
は,納入の告知がされた段階であるといえる。そうすると,納付義務者である事業所が,標準報酬の額から社会保険料の額を算出する計算過程に誤りがあるなどとして社会保険料の額を不服とすることが想定されるから,当該額による社会保険料の徴収を防止するため,抗告訴訟を提起することができるものと解するのが相当である(昭和45年最判参照)。実務において,社会
保険料の納入の告知の際に不服申立ての手続が教示されていること(甲45,46,乙16)も,このような理解に基づくものと解される。
以上によれば,社会保険料の納入の告知は,抗告訴訟の対象となる処分に当たるというべきであるから,原告らの本件各社会保険料納入告知の取消しを求める訴えは適法である。

(2)

労働保険料及び追徴金の納入の告知について
労働保険料及び追徴金の具体的な納付義務は,労働保険料の認定決定及び
追徴金の徴収決定によって確定するものであり,納入の告知は,このように納付すべき額の確定した労働保険料及び追徴金について,納期限を指定してその履行を請求する行為にすぎない。また,納付すべき労働保険料及び追徴金の額は,労働保険料の認定決定及び追徴金の徴収決定によって明らかにされており,納入の告知によってこれらの金額についての行政庁の見解が初め
て明らかにされるというものでもない。
以上によれば,労働保険料等の納入の告知は,抗告訴訟の対象となる処分に当たらないというべきであり,原告Gを除く原告らの本件各労働保険料等納入告知の取消しを求める訴えは不適法である。
2
争点(2)(本件各標準報酬決定,本件各認定決定及び本件各追徴金徴収決定が実体上適法であるか否か)について
(1)

認定事実
前記前提事実,後掲各証拠及び弁論の全趣旨によれば,次の事実が認めら
れる。

原告らにおいては,平成24年頃から本件手法が採用されていたところ,平成29年9月,本件グループについて,海外に架空会社を作り出して従業員を海外の事業所からの出向扱いとし,厚生年金保険料の納付を免れている旨の通報があったことを契機に,原告らに対し,前橋年金事務所,郡山年金事務所,群馬労働局及び福島労働局の合同調査等が実施されることとなった(前記前提事実(1)及び(2)ア)。


本件従業員らについては,本件手法が採用されていたところ,本件手法においては,①原告らとの間に雇用契約が成立している従業員に対し,本件海外法人への転籍命令が発令され,当該従業員と本件海外法人との間で雇用契約書が締結され,その上で,本件海外法人において当該従業員に対
して原告らへの出向が命じられ,同一日付で当該従業員と原告らとの間で本件海外法人との間の上記雇用契約と同一条件の雇用契約書が締結されていた。また,②賃金の支払については,原告らが一定額を当該従業員に直接支払い,本件海外法人が当該従業員にその他の給与(雇用契約書において合意された賃金額から原告らが支払うものとされた上記一定額を控
除した金額)及び賞与を支払うものとされていた。そして,③本件海外法人と原告らとの間の出向協定書において,原告らが,出向料として,上記
②において本件海外法人が当該従業員に支払うものとされた一定額の給与及び賞与に相当する額を負担する旨定められていた(乙20〔枝番を含む。〕,21,丙22~25,弁論の全趣旨)。

本件グループのCEOであり,本件海外法人の社長でもあるIは,平成29年10月25日,前橋年金事務所の職員による聴取の際,本件海外法
人に関して,

現地に従業員はいません。海外法人の活用を検討したことはありますが,具体化には至っておらず,表面上稼働していません。

従業員は,海外法人で働いているといった認識はないと思います。

と述べていた(丙5〔1,3頁〕)。

本件海外法人の所在地である事業所の家賃は相場の100分の1程度であるところ,その理由は,複数の企業で当該事業所を借り受け,その家賃を負担しているからであった(乙15〔4頁〕,丙11〔3頁〕)。
(2)

検討
標準報酬は被保険者の報酬及び賞与の額によって定まり,労働
保険料は労働者の賃金総額によって定まるものであるところ(健保法40条1項,45条1項,厚年法20条1項,24条の4第1項,徴収法11条2項),上記報酬,賞与及び賃金は,名称のいかんを
問わず労働の対償として受けるもの又は支払われるものとされている(健保法3条5項,6項,厚年法3条1項3号,4号,徴収法2条2項)。
そして,健保法及び厚年法は,被保険者とは適用事業所に使用される者等をいうとし,被保険者及び被保険者を使用する事業主はそれぞれ保険料額の2分の1を負担し,事業主はその使用する被保険者及び自己の負担する保険料を納付する旨規定している(健保法3条1項,161条1項,2項,厚年法9条,82条1項,2項)。また,徴収法は,
事業主はその保険年度に使用するあるいは使用した全ての労働者
に係る労働保険料を支払う旨規定している(15条1項,19条1項,5
項)。
そうすると,本件においては,本件海外法人名義で支払われていた給与及び賞与が,原告らの業務に対する労働の対価として,原告らによって支払われていたといえるか否かが問題となるというべきである。

前記認定事実ウ及びエに照らせば,本件海外法人は,実態の伴った事業所であったとはおよそいい難く,本件従業員らについては,契約書等の書類上,本件海外法人に転籍した上で,原告らに出向するという形式が採られていたものの,上記転籍前後を通じて本件従業員らの業務内容に変更があったわけではなく,原告らの業務に引き続き従事しており,上記転籍後も本件従業員らに対して指揮監督権を有していたのは原告らであったもの
と推認されるところ,これを覆すに足りる証拠はない。
そして,本件従業員らに支給されていた給与及び賞与についてみても,前記認定事実イ②及び③のとおり,形式上は,給与のうち一定額を原告らが支払い,その余の給与及び賞与は本件海外法人名義で支払われていたものの,本件海外法人の負担分については,出向料という名目で原告ら
から本件海外法人に支払われていたのである。そうすると,本件海外法人名義で本件従業員らに支払われていた給与及び賞与は,上記のとおり実態のない本件海外法人を迂回させる方法により,実質的には原告らが支払っていたものとみるのが相当である。
以上の事情に照らせば,本件従業員らが支払を受けていた給与及び賞与
は,本件海外法人名義で支払われていた分も含めて,全て原告らへの労働の対価として原告らが支払っていたものと認められる。
したがって,本件従業員らの標準報酬の算定においては,本件海外法人名義で支払われていた分を報酬額に算入するのが相当であるし,労働保険料の算定においても,同様にこれを賃金総額に算入するのが相当である。
(3)

原告らの主張について


原告らは,本件海外法人について,原告らの経営戦略上有用な事業目的及び事業実態が存在していた旨主張する。しかしながら,本件海外法人が実際に稼働していたことを示す証拠は見当たらないばかりか,本件海外法人の社長であるI自身が,本件海外法人が実態のないものであったことを裏付ける発言をしていたこと(前記認定事実ウ)に照らすと,上記主張を
採用することはできない。
また,原告らは,本件海外法人が健保法及び厚年法にいう適用事業所に該当せず,本件海外法人の事業は徴収法等にいう適用事業に該当しない旨主張するが,本件各標準報酬決定は健保法及び厚年法にいう報酬及び賞与について,本件各認定決定は徴収法等にいう賃金につい

て,いずれも本件海外法人名義で支払われていた分を原告らが支払ったものとして算入すべきであるとしたものであり,本件海外法人やその事業が適用事業所や適用事業に該当するとしたものではないから,原告
らの主張は前提を欠くものというべきである。

原告らは,健保法,厚年法,徴収法等にいう適用事業所,適用事業,使用される者,報酬といった文言からは,海外に所在する事業所において雇用される者が社会保険料及び労働保険料の納付義務の対象となる場合があることや,いかなる場合に対象となるのかといったことが客観的,一義的に明確であるとはいえず,憲法84条に違反するから,
本件各標準報酬決定及び本件各認定決定が違法である旨主張する。そこで検討すると,国又は地方公共団体が,課税権に基づき,その経費に充てるための資金を調達する目的をもって,特別の給付に対する反対給付としてではなく,一定の要件に該当する全ての者に対して課する金銭給付は,その形式いかんにかかわらず,憲法84条に規定する租税に当たり,
租税以外の公課であっても,賦課徴収の強制の度合い等の点において租税に類似する性質を有するものについては,同条の保障が及ぶと解すべきで
あるところ(最高裁平成12年(行ツ)第62号,同年(行ヒ)第66号同18年3月1日大法廷判決・民集60巻2号587頁参照),社会保険料及び労働保険料は,健保法,厚年法,児童手当法,支援法,労災保険法及び雇用保険法における特別の給付に対する反対給付として徴収されるものであるから,租税には当たらず,同条が直接適用されることはないが,
租税に類似する性質を有するものとして同条の保障が及ぶものということができる。
もっとも,原告らの主張は,本件において,海外に所在する事業所において雇用される者が社会保険料及び労働保険料の納付義務の対象となる場合があるとされたことを前提に,上記各文言からはそのような場合がある
こと等が明らかでない旨をいうものと解される。しかるところ,本件手法の下においては,国内事業所が海外法人に従業員を形式上転籍させ,海外法人名義で給与等が支払われていたが,従業員は引き続き国内事業所の業務に従事し,国内事業所が海外法人に対して上記給与等と同額の負担をしていたのであり,原告らの主張は,そのような場合における標準報酬や労
働保険料の算定方法を法文上明記しなければ憲法84条やその趣旨に反する旨をいうものに等しいというべきであって,上記各文言の意義が不明確であることにより同条の趣旨に反するものということはできない。したがって,原告らの上記主張は理由がない。

原告らは,本件手法の導入に当たって年金事務所に問い合わせをしたところ,担当者から不適当,不適法とまではいい難い旨回答があり,行政庁は長年これを黙認してきたなどとして,本件各標準報酬決定及び本件各認定決定は信義則に反する旨主張する。
しかしながら,原告らが本件手法の詳細な内容を明らかにして問合せ等
をしたことを認めるに足りる証拠はなく,関係行政庁が,本件グループに関する内部通報を受ける以前において,本件海外法人の実態や原告らと本
件海外法人との間の本件従業員らに対する給与等の取扱いといった,本件手法に関する個別具体的な事情を知りながらこれを放置していたものといえるような事情は見当たらないから,信義則に反する旨の原告らの主張は前提を欠き,採用することができない。

原告らは,①社会保険労務士の助言に従って届出をしていたにすぎず,その金額が誤ったものであることを認知する機会がなかった,②本件手法と同様の手法を導入していたが内部通報等がされなかった事業所は,過去の社会保険料及び労働保険料の不足分の徴収を免れており,平等原則に反する,③海外法人にどの程度の実態が必要であるかについて十分な周知がなく,予測可能性を害するなどとして,本件各標準報酬決定及び本件各認
定決定が裁量権の範囲を逸脱するものである旨主張する。
しかしながら,標準報酬は被保険者に支払われた報酬額に基づき,労働保険料は賃金額に基づき,それぞれ機械的に定まるものであるから,標準報酬決定や労働保険料の認定決定をする際に行政庁の裁量が認められることを前提とした原告らの主張は,理由がないといわざるを得ない。
この点をおくとしても,上記①及び③については,実態のない海外法人を介することによって社会保険料や労働保険料の負担を免れることが脱法行為に当たることは,健全な社会常識に照らし明らかであり,上記②については,行政庁において同様の手法を採用している事業所を覚知し得ない以上,職権による標準報酬決定等をすることができないにすぎず,そのこ
とを理由に原告らに対して是正措置を講ずることが平等原則に反するなどといえないことは明らかであるから,いずれにしても,原告らの主張を採用することはできない。
(4)
以上によれば,本件各標準報酬決定及び本件各認定決定は,実体上適法で
あり,本件各認定決定を前提としてされた本件各追徴金徴収決定も,実体上適法である。

3
争点(3)(本件各標準報酬決定,本件各認定決定及び本件各追徴金徴収決定につき,行政手続法14条1項本文所定の理由の提示を欠く違法があるか否か)について
(1)


本件各標準報酬決定について
行政手続法2条4号の不利益処分に当たるか否かについて
行政手続法における不利益処分とは,行政庁が,法令に基づき,特定の者を名宛人として,直接にこれに義務を課し又はその権利を制限する処分をいう(同法2条4号本文)。
事業者が納付すべき社会保険料の額は,標準報酬の額に一定の保険料率
を乗じて算定されるものであり,その標準報酬の額は,標準報酬の決定によって確定するものであることからすると,いったんこれらの決定がされれば,事業者は,当該決定が取り消されない限り,これに応じた社会保険料を納付する義務を負うこととなるといえる。このような性質に鑑みると,標準報酬の決定は,事業主を名宛人として,直接にこれに義務を課す処分
に当たるというべきであるから,行政手続法2条4号の不利益処分に当たることになる。
これに対し,被告機構は,例えば被保険者数に異動が生じた場合には,定時決定によって決定した標準報酬月額に基づくその年の9月分以降の社会保険料は再計算されることになるなどとして,定時決定によって決定さ
れた個別の被保険者の標準報酬月額に基づいて事業主が負担する社会保険料額が直接確定するわけではない旨主張する。しかしながら,被告機構が主張するような被保険者数の異動が生じた場合でも,事業所全体の社会保険料の額の算定に当たり,異動のない被保険者に係る定時決定によって決定された標準報酬月額は変更されることなく,再計算の要素とされるもの
と考えられるから,被告機構の主張する点は,上記判断を左右するものとはいえない。

イ(ア)

行政手続法14条1項本文が,不利益処分をする場合に同時にその
理由を名宛人に示さなければならないとしているのは,名宛人に直接に義務を課し又はその権利を制限するという不利益処分の性質に鑑み,行政庁の判断の慎重と合理性を担保してその恣意を抑制するとともに,処分の理由を名宛人に知らせて不服の申立てに便宜を与える趣旨に出たものと解されるのであり,同項本文に基づいてどの程度の理由を提示すべきかは,上記のような同項本文の趣旨に照らし,当該処分の根拠法令の規定内容,当該処分に係る処分基準の存否及び内容並びに公表の有無,当該処分の性質及び内容,当該処分の原因となる事実関係の内容等を総
合考慮してこれを決定すべきである(最高裁平成21年(行ヒ)第91号同23年6月7日第三小法廷判決・民集65巻4号2081頁)。そして,上記のような行政手続法14条1項本文の趣旨に鑑みれば,同項本文による理由の提示は,特段の事情のない限り,いかなる事実関係に基づきいかなる法規を適用して不利益処分がされたのかを,処分の
相手方においてその記載自体から了知し得るものでなければならないというべきである(最高裁昭和45年(行ツ)第36号同49年4月25日第一小法廷判決・民集28巻3号405頁等参照)。
(イ)

前記前提事実(2)イ(ア)及び(イ)のとおり,本件各標準報酬決定は,
本件海外法人名義で支払われていた給与及び賞与を報酬額に算入すべきであるとして,原告らの届出に基づく当初の標準報酬月額の決定を職権で訂正し,賞与については,原告らが支払ったものとして標準賞与額の登録をするというものである。
そして,本件各標準報酬決定通知書には,個々の従業員ごとに補正前及び補正後の標準報酬の額,届書年月日等が記載され,補正内容欄
には,

届書年月日の標準報酬月額(算定記録)を訂正しました。

標準報酬月額(算定記録)を登録したため,届書年月日の標準報酬月額(月額変更記録)を取り消しました。

届書年月日の標準報酬月額(月額変更記録)を取り消しました。

届書年月日の標準賞与額を登録しました。

等の記載があり(甲1~7〔枝番を含む。〕),個々の従業員について,補正前の標準報酬決定に係る報酬額が誤りであって,補正後の標準報酬に係る報酬額が正しいものとされたということについては,その記載自体から了知することが可能であるといえる。しかしながら,本件各標準報酬決定通知書には,なぜ補正前の標準報酬決定に係る報酬額が誤っており,補正後の標準報酬に係る報酬額が正しいものとされたのかに関する事情,すなわち,本件海外法人名義で支
払われていた給与や賞与を報酬額に算入すべきものとされたという,本件各標準報酬決定の基因となった事実について記載された箇所はなく,これを了知させる手がかりとなる記載も一切ない(甲1~7〔枝番を含む。〕)。
そうすると,本件各標準決定通知書の記載は,本件従業員らについて,
いかなる事実関係に基づいて,同通知書記載の日に行った届出に基づく標準報酬の決定等が訂正されたり,標準賞与額が登録されたりしたのかを,その記載自体から了知することができるものとはいえないから,行政手続法14条1項の要求する理由の提示を欠くものといわざるを得ない。

(ウ)

これに対し,被告機構は,本件各標準報酬決定通知書の記載内容か
ら処分内容を理解することが可能である旨主張するところ,上記(イ)のとおり,個々の従業員について,補正後の標準報酬に係る報酬額が正しいものとされたという処分の結果については,その記載自体から了知することが可能といえる。また,標準報酬額から逆算すれば被告機構が認定したおおよその報酬額を把握することはできるから,報酬額に関する資料を保有する原告らにおいて,補正後の標準報酬の記載等に当該資料
の情報を併せることによって,本件海外法人名義で支払われた給与及び賞与を報酬の額に算入すべきものとされたという事実を推知することは,可能であったと考えられる。
しかしながら,上記(イ)のとおり,本件各標準報酬決定通知書自体には,上記の本件各標準報酬決定の基因となった事実を了知させる手がかりとなる記載すらないのであるから,いかなる事実関係に基づいて本件各標準報酬決定がされたかについて,その記載自体から了知することはできないといわざるを得ない。
(エ)

被告らは,本件各標準報酬決定が行政庁の恣意的判断が介在する余
地のない処分である旨主張し,被告国は,理由の提示の程度は標準報酬の決定に係る法制度や特色の趣旨を満たす最低限のもので足りる旨主張する。
この点について,確かに,報酬額が定まれば標準報酬の額は一義的に定まるものであり,その報酬額がいくらであるかは基本的に事実認定の
問題であることからすると,標準報酬の決定等については,いわゆる裁量処分と比較して行政庁の恣意が介在する余地が類型的に乏しいということができる。そして,報酬額を認定するために必要な資料等を処分の名宛人である事業主が保有していることにも照らせば,事業主のした届出に基づく当初の標準報酬決定の訂正等をする標準報酬決定に係る通知
書において示されるべき理由は,必ずしも詳細なものでなくとも,行政庁の判断の慎重と合理性を担保するとともに不服申立ての便宜を与えるという,前記(ア)の理由の提示制度の趣旨を満たすものと評価して差し支えないと考えられる(例えば,本件各認定決定に係る通知書の差額を生じた理由欄にある賃金総額への算入漏れ,雇用保険申告に海外法人支払分未算入のためといった記載(甲22~27)の程度であっても足りるというべきである。)。

しかしながら,本件各標準報酬決定は,届出に基づいて行われた当初の決定を職権により訂正等するものであるから,上記の理由の提示制度の趣旨に鑑みれば,少なくともその基因となった事実関係,すなわち,本件海外法人からの支払分を報酬に算入すべきものとしたことについては,何らかの形で書面上に示される必要があったというべきである。に
もかかわらず,前記(イ)のとおり,本件各標準報酬決定通知書には,これを了知し得る手がかりとなる記載すらないのであるから,理由の提示として不備があるものといわざるを得ない。
被告らは,被告機構の担当者が原告らに対し,調査の過程で本件各標準報酬決定の基因となる事実を説明していることに照らせば,原告らは
本件各標準報酬決定の理由を十分認識することができており,理由の提示の趣旨は満たされているとも主張する。しかしながら,前記(ア)のとおり,行政手続法14条1項本文は,処分の名宛人に不服申立ての便宜を与えるのみならず,行政庁の判断の慎重と合理性を担保してその恣意を抑制する趣旨に出たものであるから,原告らの認識や,原告らにおい
て処分を受けたこと自体からこれを推知することができたか否かにかかわらず,本件各標準報酬決定通知書において,上記に説示した程度の理由が示されていなければならないというべきである。
(オ)

被告国は,標準報酬決定について定期的に大量処理が予定されてい
る処分である旨を指摘するが,本件各標準報酬決定は,届出に基づいて
行われた当初の決定を職権により訂正等するものであるから,定期的に大量処理が予定されているものということは困難である。
また,被告国は,本件従業員らに責任を転嫁することはできない旨主張するが,被告国の指摘する事情は,本件各標準報酬決定が理由の提示を欠くものであるか否かの判断に関連する事情であるとはいい難い。

以上によれば,本件各標準報酬決定における理由の記載は,行政手続法
14条1項本文の理由の提示を欠くものであり,本件各標準報酬決定は,同項に違反するものといわざるを得ない。
(2)

本件各認定決定及び本件各追徴金徴収決定について
徴収法37条によれば,労働保険料の認定決定及び追徴金の徴収決定につ
いて,行政手続法14条1項の規定は適用されないから,本件各認定決定及
び本件各追徴金徴収決定が同項に反する旨の原告らの主張は,前提を欠くものとして採用することができない。
4
本件各標準報酬決定,本件各認定決定及び本件各追徴金徴収決定の適否上記3のとおり,本件各標準報酬決定は,行政手続法14条1項に反するものとして違法であるから,取り消されるべきである。他方,前記2及び3によ
れば,本件各認定決定は適法であり,これを前提とした本件各追徴金徴収決定もまた適法である。
5
争点(4)(本件各社会保険料納入告知及び本件各社会保険料督促が適法であるか否か,また,本件各労働保険料等納入告知及び本件各労働保険料督促が適法
であるか否か)について
(1)

本件各社会保険料納入告知及び本件各社会保険料督促について
上記4のとおり,本件各標準報酬決定は違法であり,取消しを免れないから,その余の点について判断するまでもなく,本件各標準報酬決定を前提にされた本件各社会保険料納入告知(ただし,遡及分に係る部分に限る。)及び本件各社会保険料督促は違法であり,取消しを免れない。

一方,遡及分を除いた本件各社会保険料納入告知については,平成30年の定時決定等を前提としたものであり,本件各標準報酬決定を前提としたものではないところ,上記定時決定等の効力は争われていないから,本件各社会保険料納入告知は,実体上適法である。なお,原告らは,遡及分
を除いた本件各社会保険料納入告知が信義則に反する旨主張するものと解されるが,これらは本件手法と無関係の上記定時決定等に基づくものであ
り,信義則に反する事情は見当たらない。
また,原告らは,遡及分を除いた本件各社会保険料納入告知についても,理由提示の不備がある旨主張する。しかしながら,社会保険料の納入の告知は,定時決定等により定められた標準報酬に法令で定めた保険料率を乗じて算出された額を納付すべき保険料額として通知するものにすぎず,こ
れによって社会保険料の納付義務を課すものではないから,行政手続法2条4号の不利益処分には当たらない。したがって,社会保険料の納入の告知について,同法14条1項の適用はないから,遡及分を除いた本件各社会保険料納入告知が理由の提示を欠いたことにより違法となることはない。

よって,遡及分を除いた本件各社会保険料納入告知は,適法である。(2)

本件各労働保険料督促について
前記4のとおり,本件各認定決定は適法であるから,これを前提としてさ
れた本件各労働保険料督促も適法である。
なお,原告ら(原告Gを除く。)は,本件各労働保険料督促について,争
点(2)に係る(原告らの主張)と同様の理由により違法である旨主張するが,前記2と同様の理由により理由がない。また,上記原告らは,本件各労働保険料督促における理由の提示に不備がある旨主張するが,前記3(2)のとおり,労働保険料の徴収については行政手続法14条1項の適用はないから,上記主張は失当である。

なお,本件各労働保険料等納入告知については,その取消しを求める訴えは不適法であるから(前記1),その適法性については検討を要しない。6
結論
以上によれば,本件訴えのうち,本件各労働保険料等納入告知の取消しを求
める部分は,いずれも不適法であるから却下し,本件各標準報酬決定,本件各社会保険料納入告知のうち遡及分に関する部分及び本件各社会保険料督促の取
消請求はいずれも理由があるから認容し,原告らのその余の請求はいずれも理由がないから棄却することとして,主文のとおり判決する。

東京地方裁判所民事第2部
裁判長裁判官

森英明
裁判官小川弘持及び裁判官三貫納有子は,転補のため署名押印することができない。

裁判長裁判官

森英明
(別紙3)
却下部分目録
1
第2事件に係る訴えのうち以下の部分
(1)

群馬労働局長が平成30年10月23日付けで原告Bに対してした労働保
険料の納入の告知の取消しを求める部分

(2)

群馬労働局長が平成30年10月23日付けで原告Bに対してした労働保
険料に係る追徴金の納入の告知の取消しを求める部分
2
第4事件に係る訴えのうち以下の部分
(1)

群馬労働局長が平成30年10月23日付けで原告Cに対してした労働保
険料の納入の告知の取消しを求める部分

(2)

群馬労働局長が平成30年10月23日付けで原告Cに対してした労働保
険料に係る追徴金の納入の告知の取消しを求める部分
3
第6事件に係る訴えのうち以下の部分
(1)

群馬労働局長が平成30年10月23日付けで原告Dに対してした労働保
険料の納入の告知の取消しを求める部分

(2)

群馬労働局長が平成30年10月23日付けで原告Dに対してした労働保
険料に係る追徴金の納入の告知の取消しを求める部分
4
第9事件に係る訴えのうち以下の部分
(1)

群馬労働局長が平成30年10月23日付けで原告Aに対してした労働保
険料の納入の告知の取消しを求める部分

(2)

群馬労働局長が平成30年10月23日付けで原告Aに対してした労働保
険料に係る追徴金の納入の告知の取消しを求める部分
5
第11事件に係る訴えのうち以下の部分
(1)

福島労働局長が平成30年10月22日付けで原告Eに対してした労働保
険料の納入の告知の取消しを求める部分
(2)

福島労働局長が平成30年10月22日付けで原告Eに対してした労働保
険料に係る追徴金の納入の告知の取消しを求める部分
6
第13事件に係る訴えのうち以下の部分
(1)

福島労働局長が平成30年10月22日付けで原告Fに対してした労働保
険料の納入の告知の取消しを求める部分
(2)

福島労働局長が平成30年10月22日付けで原告Fに対してした労働保
険料に係る追徴金の納入の告知の取消しを求める部分
以上

(別紙4)
取消対象目録
1
第1事件に関する処分
(1)

被告機構が平成30年10月9日付けで原告Bに対してした健康保険・厚
生年金保険被保険者標準報酬決定

(2)

被告機構が平成30年10月9日付けで原告Bに対してした健康保険・厚
生年金保険標準賞与額決定
(3)

被告機構が平成30年10月9日付けで原告Bに対してした健康保険・厚
生年金保険被保険者標準報酬改定
(4)

厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年10月22日付けで原告Bに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る納入の告知のうち1013万2046円を超える部分
(5)

厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年11月19日付けで原告Bに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る督促2
第3事件に関する処分
(1)

被告機構が平成30年10月10日付けで原告Cに対してした健康保険・
厚生年金保険被保険者標準報酬決定
(2)

被告機構が平成30年10月9日付けで原告Cに対してした健康保険・厚
生年金保険被保険者標準報酬決定
(3)

被告機構が平成30年10月5日付けで原告Cに対してした健康保険・厚
生年金保険被保険者標準報酬決定
(4)

被告機構が平成30年10月10日付けで原告Cに対してした健康保険・
厚生年金保険標準賞与額決定
(5)
被告機構が平成30年10月9日付けで原告Cに対してした健康保険・厚
生年金保険標準賞与額決定
(6)

被告機構が平成30年10月5日付けで原告Cに対してした健康保険・厚
生年金保険標準賞与額決定
(7)

被告機構が平成30年10月10日付けで原告Cに対してした健康保険・
厚生年金保険被保険者標準報酬改定
(8)

被告機構が平成30年10月9日付けで原告Cに対してした健康保険・厚
生年金保険被保険者標準報酬改定

(9)

被告機構が平成30年10月5日付けで原告Cに対してした健康保険・厚
生年金保険被保険者標準報酬改定
(10)

厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年10月22日付けで原告Cに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る納入の告知のうち891万7115円を超える部分

(11)

厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年11月19日付けで原告Cに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る督促3
第5事件に関する処分
(1)

被告機構が平成30年10月11日付けで原告Dに対してした健康保険・
厚生年金保険被保険者標準報酬決定
(2)

被告機構が平成30年10月10日付けで原告Dに対してした健康保険・
厚生年金保険被保険者標準報酬決定
(3)

被告機構が平成30年10月5日付けで原告Dに対してした健康保険・厚
生年金保険被保険者標準報酬決定
(4)

被告機構が平成30年10月10日付けで原告Dに対してした健康保険・
厚生年金保険標準賞与額決定
(5)

被告機構が平成30年10月5日付けで原告Dに対してした健康保険・厚
生年金保険標準賞与額決定
(6)
被告機構が平成30年10月10日付けで原告Dに対してした健康保険・
厚生年金保険被保険者標準報酬改定
(7)

被告機構が平成30年10月5日付けで原告Dに対してした健康保険・厚
生年金保険被保険者標準報酬改定
(8)

厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年10月22日付けで原告Dに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る納入の告知のうち83万6912円を超える部分
(9)

厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年11月19日付けで原告Dに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る督促4
第7事件に関する処分
(1)

被告機構が平成30年10月5日付けで原告Gに対してした健康保険・厚
生年金保険被保険者標準報酬決定
(2)

被告機構が平成30年10月5日付けで原告Gに対してした健康保険・厚
生年金保険標準賞与額決定
(3)

被告機構が平成30年10月5日付けで原告Gに対してした健康保険・厚
生年金保険被保険者標準報酬改定
(4)

厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年10月22日付けで原告Gに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る納入
の告知のうち184万2948円を超える部分
(5)

厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年11月19日付けで原告Gに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る督促5
第8事件に関する処分
(1)

被告機構が平成30年10月5日付けで原告Aに対してした健康保険・厚
生年金保険被保険者標準報酬決定
(2)

被告機構が平成30年10月5日付けで原告Aに対してした健康保険・厚
生年金保険標準賞与額決定
(3)
厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年10月22日付けで原告Aに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る納入の告知

(4)

厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年11月19日付けで原告Aに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る督促6
第10事件に関する処分
(1)

被告機構が平成30年10月4日付けで原告Eに対してした健康保険・厚
生年金保険被保険者標準報酬決定

(2)

被告機構が平成30年10月1日付けで原告Eに対してした健康保険・厚
生年金保険被保険者標準報酬決定
(3)

被告機構が平成30年10月1日付けで原告Eに対してした健康保険・厚
生年金保険標準賞与額決定
(4)

被告機構が平成30年10月1日付けで原告Eに対してした健康保険・厚
生年金保険被保険者標準報酬改定
(5)

厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年10月22日付けで原告Eに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る納入の告知のうち21万2838円を超える部分
(6)

厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年11月19日付けで原告Eに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る督促7
第12事件に関する処分
(1)

被告機構が平成30年10月1日付けで原告Fに対してした健康保険・厚
生年金保険被保険者標準報酬決定
(2)

被告機構が平成30年10月1日付けで原告Fに対してした健康保険・厚
生年金保険標準賞与額決定
(3)

被告機構が平成30年10月1日付けで原告Fに対してした健康保険・厚
生年金保険被保険者標準報酬改定
(4)
厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年10月22日付けで原告Fに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る納入の告知のうち865万0087円を超える部分

(5)

厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年11月19日付けで原告Fに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る督促以上

(別紙5)
訴訟費用負担目録
1
原告Bの負担とする費用
(1)
(2)

被告国に生じた費用の100分の5

原告Bに生じた費用の20分の3

2
原告Cの負担とする費用
(1)
(2)

被告国に生じた費用の100分の3

3
原告Cに生じた費用の20分の3

原告Dの負担とする費用
(1)

原告Dに生じた費用の20分の3

(2)

被告国に生じた費用の100分の1

4
原告Gの負担とする費用
(1)
(2)

被告国に生じた費用の100分の1

5
原告Gに生じた費用の20分の3

原告Aの負担とする費用
(1)
(2)

被告国に生じた費用の100分の1

6
原告Aに生じた費用の20分の1

原告Eの負担とする費用
(1)
(2)

被告国に生じた費用の100分の1

原告Eに生じた費用の20分の5

7
原告Fの負担とする費用
(1)
(2)

被告国に生じた費用の100分の3

8
原告Fに生じた費用の20分の3

被告国の負担とする費用
(1)

原告B,同C,同D及び同Gに生じた費用の各20分の7

(2)

原告Aに生じた費用の20分の8

(3)
(4)

原告Fに生じた費用の20分の7

(5)

被告国に生じた費用の100分の85

9
原告Eに生じた費用の20分の6

被告機構の負担とする費用
(1)

原告B,同C,同D及び同Gに生じた費用の各20分の10

(2)

原告Aに生じた費用の20分の11

(3)

原告Eに生じた費用の20分の9

(4)

原告Fに生じた費用の20分の10

(5)

被告機構に生じた費用の全部
以上

(別紙6)
請1求目録
第1事件
(1)

別紙4取消対象目録記載1(1)から(3)まで及び(5)の各処分をいずれも取り
消す。

(2)

厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年10月22日付けで原告Bに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る納入の告知を取り消す。
2
第2事件
(1)

群馬労働局長が平成30年10月23日付けで原告Bに対してした労働保
険料の認定決定のうち不足額を257万2030円とする部分及び追徴金の徴収決定を取り消す。
(2)

群馬労働局長が平成30年10月23日付けで原告Bに対してした労働保
険料の納入の告知を取り消す。
(3)

群馬労働局長が平成30年10月23日付けで原告Bに対してした労働保
険料に係る追徴金の納入の告知を取り消す。
(4)

群馬労働局長が平成31年1月15日付けで原告Bに対してした労働保険
料の督促を取り消す。
3
第3事件
(1)

別紙4取消対象目録記載2(1)から(9)まで及び(11)の各処分をいずれも取
り消す。
(2)

厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年10月22日付けで原告Cに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る納入の告知を取り消す。
4
第4事件
(1)

群馬労働局長が平成30年10月23日付けで原告Cに対してした労働保
険料の認定決定のうち不足額を184万9331円とする部分及び追徴金の徴収決定を取り消す。
(2)

群馬労働局長が平成30年10月23日付けで原告Cに対してした労働保
険料の納入の告知を取り消す。
(3)

群馬労働局長が平成30年10月23日付けで原告Cに対してした労働保
険料に係る追徴金の納入の告知を取り消す。
(4)

群馬労働局長が平成31年1月15日付けで原告Cに対してした労働保険
料の督促を取り消す。
5
第5事件
(1)

別紙4取消対象目録記載3(1)から(7)まで及び(9)の各処分をいずれも取り
消す。
(2)

厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年10月22日付けで原告Dに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る納入の告知を取り消す。
6
第6事件
(1)

群馬労働局長が平成30年10月23日付けで原告Dに対してした労働保
険料の認定決定のうち不足額を19万8495円とする部分及び追徴金の徴収決定を取り消す。
(2)

群馬労働局長が平成30年10月23日付けで原告Dに対してした労働保
険料の納入の告知を取り消す。

(3)

群馬労働局長が平成30年10月23日付けで原告Dに対してした労働保
険料に係る追徴金の納入の告知を取り消す。
(4)

群馬労働局長が平成31年1月15日付けで原告Dに対してした労働保険
料の督促を取り消す。
7
第7事件
(1)

別紙4取消対象目録記載4(1)から(3)まで及び(5)の各処分をいずれも取り
消す。
(2)

厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年10月22日付けで原告Gに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る納入の告知を取り消す。
8
第8事件
主文第2項(第8事件に係る部分)に同旨

9
第9事件
(1)

群馬労働局長が平成30年10月23日付けで原告Aに対してした労働保
険料の認定決定のうち不足額を4万7476円とする部分及び追徴金の徴収決定を取り消す。

(2)

群馬労働局長が平成30年10月23日付けで原告Aに対してした労働保
険料の納入の告知を取り消す。
(3)

群馬労働局長が平成30年10月23日付けで原告Aに対してした労働保
険料に係る追徴金の納入の告知を取り消す。
(4)

群馬労働局長が平成31年1月15日付けで原告Aに対してした労働保険
料の督促を取り消す。
第10事件
(1)

別紙4取消対象目録記載6(1)から(4)まで及び(6)の各処分をいずれも取り
消す。
(2)

厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年10月22日付けで原告Eに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る納入の告知を取り消す。
第11事件
(1)

福島労働局長が平成30年10月22日付けで原告Eに対してした労働保
険料の認定決定のうち不足額を2万6851円とする部分及び追徴金の徴収決定を取り消す。

(2)

福島労働局長が平成30年10月22日付けで原告Eに対してした労働保
険料の納入の告知を取り消す。
(3)

福島労働局長が平成30年10月22日付けで原告Eに対してした労働保
険料に係る追徴金の納入の告知を取り消す。
(4)

福島労働局長が平成31年1月15日付けで原告Eに対してした労働保険
料の督促を取り消す。
第12事件
(1)

別紙4取消対象目録記載7(1)から(3)まで及び(5)の各処分をいずれも取り
消す。
(2)

厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年10月22日付けで原告Fに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る納入の告知を取り消す。
第13事件
(1)

福島労働局長が平成30年10月22日付けで原告Fに対してした労働保
険料の認定決定のうち不足額を134万4722円とする部分及び追徴金の徴収決定を取り消す。
(2)

福島労働局長が平成30年10月22日付けで原告Fに対してした労働保
険料の納入の告知を取り消す。
(3)
福島労働局長が平成30年10月22日付けで原告Fに対してした労働保
険料に係る追徴金の納入の告知を取り消す。
(4)

福島労働局長が平成31年1月15日付けで原告Fに対してした労働保険
料の督促を取り消す。
以上

(別紙7)
処1分目録
第1事件に関する処分
(1)
(2)

別紙4取消対象目録記載1(1)から(3)まで及び(5)の各処分厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年10月22日付けで原告Bに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る納入の告知
2
第3事件に関する処分
(1)
(2)

別紙4取消対象目録記載2(1)から(9)まで及び(11)の各処分厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年10月22日付けで原告Cに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る納入の告知
3
第5事件に関する処分
(1)
(2)

別紙4取消対象目録記載3(1)から(7)まで及び(9)の各処分厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年10月22日付けで原告Dに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る納入の告知
4
第7事件に関する処分
(1)
(2)

別紙4取消対象目録記載4(1)から(3)まで及び(5)の各処分厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年10月22日付けで原告Gに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る納入の告知
5
第8事件に関する処分
別紙4取消対象目録記載5の各処分

6
第10事件に関する処分
(1)

別紙4取消対象目録記載6(1)から(4)まで及び(6)の各処分
(2)

厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年10月22日付けで原告Eに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る納入の告知
7
第12事件に関する処分
(1)

別紙4取消対象目録記載7(1)から(3)まで及び(5)の各処分
(2)

厚生労働省年金局事業管理課長が平成30年10月22日付けで原告Fに
対してした健康保険料,厚生年金保険料及び子ども・子育て拠出金に係る納入の告知
以上

(別紙8-1)






三7ら十6に1格第五得の八条被で険ま者いな任


名称







者る


をは険



用業

に下用の

働所者る条ごと2まを項得規たにかそ年さ八



準月酬日額ら

二保三者二決


っ十月険








十四一取のし定者

び月四日三



月四日三での間又被第報月保と者て資標報得月たをが定るにり条第条の二には、
な又い月か


は改ら定九さ月れまるでべのきい被ず保れ険か者のにいつ月らか四か翌の月で各定の酬額す合。

っの決月標報月とるり被級険分の改酬額基たきき次用内



さ額を報酬月額として酬よ至等又者の三





た報定は者っ保保区に被
















れ日額使報定現け酬一にのの毎


準と括たるた月次


者得は後っら酬分略か報れ


て標に定保し九月に月除


規表略標級


での報


行前数年項


等月の標わた





準区日受額十改

四が










第等年略準定険間る用使は3決い期す



が弧たの定に所のき時に決号各除



さそを業事を被間そまを額の


次場は三はに月用適な者日月規八保て報お標年条総項


はし


た者


十所れ準一て業よ額定ら者る保定事報


例2四のる前だ





の酬保七


とまりしの一十れ際七よ用たかにさし一十定適定第定改得六規限決及を取はのをす、

た額を規三年等得月格項のの資額を酬の第三そ険資準者げ第月といか準険は険に略の格あ被し条者は得報し月か決一取の取報格標六額月のれ険定の酬の被ては準ら者よ保、

月掲し定十保れ


ず2



条額し







のて十酬のは被を取一るないいのい者との当3四次前


上働けう号手受




険以労りう保各


にで人


限との給


きるる格を当の第資格働間一資


険者次俸時を

被五がの法、時者被は、臨険健保と




こ雇い日な常働


所給してき


労は


期かの俸えさ者料超こ険手労を使保給労以被

がく被でて




続は業


だの

下者がっずお意にる事金た給月事もず除に、三継(すとあ問以適賃う律法当こでわ。けう、いる問任険こびなる所か受賃ちのはを法保)者にてとをにかを間金はの適の、わ被るのの用及れ者略業あと。事を


もとの事該れ以おもでごあ続で


も業と
業す酬の間で報ていげ「称期所用てべるるるい律の名るすにるに康か保下るなえ事のを略義さ一ず険法使条健定三被略当員下いる超す掲以おけこ業にかを与の同日賞て意れ「べ。い受てす他該次イ略律ているう法の月るいそしおけのとにかを及一二(2に○第3略与三い受こ償び他4賞の律て)て年のも対法し期お翌そるも。のとの保に時与け略いこ償3条十賞受取三対5額第)険日若の条し資第く格一はを項そ取たの得だ使すし用るさ。書のれ規る定事に業該所当がし適な用く事な業のっ所日たなと(別紙8-1)第、可保を険行者っ等たはと、き第は三、十そ九の条旨第を一当項該の事規業定主にによ通る知確す認る又もはの標と通認(四し第。関する事を保者等得に及届びけ喪出失な並けびれにば報な酬ら月な額三条第一項の規定による険料び二保た険定と者すきがるは受。、け〔こた以れ賞を与切額りに捨基てづてき、、そこのれ月に主は、厚生下労略働〕省令で定めると下号十八月っで改いさ決)のず月か月報報ら月月定はれそも年に八が受におい。)険の保被保じ険率て者者を得以の事乗た外標業じ額の準主てを被報は得い保酬険額。以険保料与険等す合及るにび費お後い期て高は齢、者第支百援報し定酬な若(けし標れく準ばは報な改酬ら定月なを額い行及。っびた標と準き賞は与、額そをのい旨うを。当以該下事同業)じ主。に)略者等は、健康十保等険事て三並る条びたのにめ規介、定護保に納額険よ付と次、きつるめ定に月各、は料る金のを拠並業に準決険充すの知保号者通料金下賞組七以準金)各被保月額たう険5条に(標付該る定保~五額者び付2険。保十当あ特納料険及康。、でと者納にる(五険保額健をす百じ)率の保被月齢む応。料にるる酬金含にう険収額報と第すす報高を分い保び関定準出)に日たあ額業総が低月っっ高酬るのなき額区と本要報と酬必で料険規標乗険険る基くし準さ報と要保の


が険者お著とに保被にのを料す


各保用者


護額被率


算使


介号険料額合者二保うれ険険料第条被いぞと保被各数た礎用者険保険九第般をれ号二


所基の標使けてこの基の


の被額率保保険一護


第法険れたそ保るし介る険ぞと保料算に保れたいる者条護そ合事そお


る険げな受す略六護れ額す保掲礎にて月払に合各現

月しの酬報徴十介用


な2五にの酬定被号に場標た改

百各支準とのる


をじ生額のすが者月


と報


の額の月い保なを酬額額険とば者報月たたも


の低酬さけら各け高報改酬被れで等そを酬準を月ま間





なく準か与は月険でしの準標


がそ標のの賞者



三額著


れ月上


らた各者保たの定し以



標険た日得はれで保条てき定ま被続べかの


七比とて


し十に月ま月十除るよ二て額翌三


改がで認の四継


い三月じ定の定酬月ら翌のはめに






た年額等と規は者るのか与険生項て介般


七賞保を前月る


い条
にじ。一と額被額同じを率与あそじ業同者)被決賞で、生事下険略該を準者きを額標第)書与の。務し当所以額義だ数業う保険及たに賞び護保付(端事い般者。月用及介納るの適を一険すの準条第月準五一者び担満)十二略保保そ2つ第及負未標八、略円け出おる十標て(四千る3被被第に,担を22負一取十条のの三の分格険第一二資、料ののは十額者項臣険料険大六険保働保保被労(れ、生百ぞり厚第れよに条に届ろ賞)び額九知(こ与十及四いに要する費用(前期(別紙8-1)第(3徴~百除き八国三26十税条収保関険料等にり収のる律促しをうすす。と規る被)以六のだ)「一定及をよ自き徴の以金担「第る険百険内除る己、収負下限(す保二保をと

険び者略もに納期

る項


は指い定う者し





て者規滞き険保第は書保の下しき律



るあ分略者たがを法の四






定の条うこる


るの納弧と段他い発別滞百括よに用のすな状


使負び二


を法すのをそ納ら督そ務及第


促こ徴

義促び滞な


はる督料を等督


主す略の及者ばて業付等険


れては事納料項険っ対を保


けしよ保よ


例一う2険第

なに4条としに則二き定者料八等督務通のい条る規る徴は


十れ項略すのの


促付と3百前納義に四保料


あを





第こはが


(別紙8-2)







九2険条第4険被適用


険人略者保



条イ事る名いてで与


もる賃をの所従げ事号員事所いさのとれう使るす業に


も又


当月事はる超所舶業るに



る使業の業下


ずのをかちわ


該三


は又すを働船事え所期事七る所歳の十い未う満の十て保標二は条


次者報酬す所実の資各施年格号に機定はる被にをり得

すし用額報者月





し準者酬あ額と

十標た報が月ま条の二には保る被被第ず保れ険か者のに月いらか二る受た者報さて標、

の改酬のの格規はにのる用保れ者事

所用適業事に所用険者項規を得るる保被保取日又若くそ使さ険るは業適が事用所業使とさ規定に該当しな者くなつた月項日額のにに基づきあが可認

被保険

次被の同れよ





わ定前は行のつたの九はる酬得たす報取至得の資るに


とし



条よす日定取第一資が険つ格条つ第は三に


た格



定れ


十条額た


を被月使し九分うれ十額者い第

月険


な第酬酬年資に報報
そ準準用けと、下2標に額る日条現月の区。に酬受十日報年級る一をの等七〕、りめ内額よ定)そとにて月額険いつ。又き定年た月規毎略は間ののつ弧月すの額ででべ項が得酬次よ〔報日三る二酬(者て準後〕義標分に括準一ま得報第れて月月定略か(区)間標改険ししび級分(た七九さを標条定)とらられの、の及等表他の二は〔保除は償第被月さな用もの区三てそるな級前で意げけで、数とい賞のりは月。月十改定かか取定三は。の額決各る同語と受限関ののににの機日す決日月いてつの二又の酬七な険を一び、際でて間対当る時こ等施いる法労、き)実期定ま月りし保第れた六決よ、よな定おの与各臨はの条にを月者さに決所そ定はに適八及定るい略時一を額のた定改取定規限関規しを月規規の十業働にがの2定事額の(二総酬年得額報項の三も第翌取月かけるらを他のけ項のそ与受務前、掲、、、受か格賞てと事一条そのの資、。厚者もし所第三よ次し当にる手号こだ俸たるとはのの以働け償く準ろ(、う手と業月給法て問受対若2の準険、十労お険)る。給の事3被、律義料いに働五(と号保の、をと労時二、該わごが常第ず金定をの、のれ定か間者、保いも給労て金給め賃期ずし年にるある問用生はかつ厚金にのて金のご、法称超あ間適あはきのるを者う業で各酬、れ用略で俸を)年こる料用当全月、業略二語報名,けえ各掲の略所「務と以条ぞ三。生用一を称に事い賞全上者三三四業に(れの次単厚第略用下次以三以適(。一2六る保の(の者時期)(別紙8-2)第に〔よ事括り業弧、主内被(略保〔〕険括)者弧並(内び〔略に括〕報弧)酬内は月略、額〕厚及)生びの労賞資働与格省額の令に取で関得定す及めるびる事喪と項失こ届た(二(2出略り、臣律おに第保5を事れ納業保付主険すは料る、の義そ半務の額を使を負用うす負担。るす被る保。期定条よ被徴担保金こす指己収負をす納保をれき料項準の報並報規酬び酬定のにのに改第決よ徴届働け大出臣な可し決条く、な定のは第けを十改十れ除四定八ばく第(条な。二第第ら)項七一なを及十項い行び八の基(用費るす要に業事険し。つ第条規た三の定と項六には八礎、に労は。険、準臣生知る保て条すつい標収れそ二大認につ標働年労厚徴ぞ、一若月にはをれは第十各料る又るそ主十通な険又料に業び険額事よ条保と保第金礎の認生)る保与る及定基分に、賞すそ略知九七の月はめ準。確定算る項にた標る定年計げ、厚十主のびすくる額掲る業て及と一生間に率者る険欄規厚充月。る)用るれ上め務は事に通し、者期るよ該)酬の義被報第は険。す定び担滞表付使にとの当。(二年等保る準のに及標の者十三翌をむ保、府被険、二旨含す額欄納を限、次下び者、月らは政、被額いの)をと十日にき料条はは酬た。5一金のか月る~険出料月準得2保十険一と第(八拠もたお者にを第保は、報報て日額あ金る得の険のてはた六。た(業総が低す額数つ2て表及びし)同所要しつつのな高収料たく必酬る標す月る報と取額と礎す略八をさ定れ格月基決~の酬使け定の報払のしきじ率略負自定料れ事、準現にてで険なた標酬月ののれ基が乗ぞの及を険表礎いと保用受こをの額著の保れににる率支)て険者。おさが酬、3そ料者規の。報そのる(二険たい場す年よらの、な合資険報て、すもと額とら準し決保じ定さと月改改額険保をそ月保被なた者定被月月標額つ、ば生額4十険、八(八ぞのに月各の酬かし各はを酬に四に機(者報酬酬い千2料は年おけ)もにに~分そ月しの法れこを処れた意こはけ月納大、き同他定受の滞月をのの働づ基そびら与項そ労に報か準れ低たの間関のを準間け高規取の月そ額準標賞て及報標のなく得施、のの一でで三でし、れの額二料月がて促生与賞第険標そた各者切捨督か険条保厚た〕略れでけ十の、を第等ずま保れ下は条は受又料きこ被、以険とが主さ月は業3い報〔者ら項また額著を実以、、ま)条上がは定)はき。事改の関た月前を格日)し得資八三日てか月険続一定継てきて七べ月のとしの十十比2改い除と(てに翌ま月、額るよ八機保るのつで)で認の二の施たに月定被じす保る生定めが二三月じ定年酬月ら翌決と規十の当決所六実を業(あ該をか、四るのは額生た月。項て与を前七賞に数額事十の端用八条月与適第がののる(い四満第月準そ準つ十未)条ろ者、標2標て賞七(二円略十をる第るけ、れ第ば八な条ら第な一い項。、第十条第一項若(別紙8-2)第(法律~十別条の保定料あのも2臣こる6定者よ対てて促規ににつし督、を略す段険がそる他のる規の通則法きの国定徴よの徴にのこ限でう発するとだ。、しい前る。条すきの規定ははこに収徴。なとによたりを例いなよ規るらなの状収ば、促税れはし律、けき督除なと、収る金り)を促項務関しの義す、収付にに督前納徴は収九。3徴八す、よ厚り生保労険大働を料(別紙8-3)2第(2拠~七~の十1一金の条金拠略徴の礎な標準法の)収徴の例収よつにる及い厚生括く(もに号支法にと



第五う限法かたお項及



か第




て第十出に仕号を





徴八すに算に仕次


もに児い手号法よどに育げ象対二て当に子もる十第律童


金子



お掲出

両用号事て二拠子域

育(る十び者項条て地うい子第費年す一及る十第)・三い次、お事成


るび






(号う掲い二い次収第とい金第条に拠で用め百の)同るら料計平要険略(援給ま内支)て充四保法務。。弧「手用のう〔そ業援当る二の負づ料ら用支義と号基険)て以童費用下育す第事付、を(保)律費費う年。援児当子納次(にのる定条。、手るび規九支う十すすは童費務額険ていに十の・も府児要要と業法保と育及項五の収(義与金にに徴第象ものにる険年
子政対第ど前条一



業条金



用和るす



九次保金る二い主も事正金八業子出九出る援費十号準






付標す昭定業ど事改拠十拠限支事

納びはす主を年と業事生額て


法険


厚総規に金額般く


の保金除出月に項一を子事第援




に立一のは額年支域援第お「もの両て条地支生る略は主拠酬たにてい二、報立厚げ業)額得十四のて掲事額るじ金徴金~の出乗方般一項。二金とを出の拠率る一条金る第出基収2拠十出略徴収(七の4出他0第拠て育(別紙8-4)第(第は保主の四主の氏関、そ成前し条又たの称及が始出か十よ以事日の内一険業たにそに適成立の立つ成し事業にきし、の業業事所主事に一3三業に保つ険て及はび、雇労用災保係る雇保用険保関険係率がと成を得立は、額す。とるにす)険料る事事のに業更はあ前たにき定、るる変がつは止さにれの届、翌け又日出はにたな終消めけ了滅すす府そる規政、て項と廃あ、をはに主旨が用事の業費業項事るるそ係険め定るすいいてに関保で令い要としめ内険
省立定てに料成働れたしなば他が間保険労生でし業保係令期の働厚関そ


ち省立て第保るい労険

成事よべがつ

う滅に下働消係のにす関険規のの,なの労。険業以い係そ保項な保、労生関事険ら険はし2保条)だ二(き働定る、はる(る。保十五料料すてると用し率りる条業使保収十事額略









にのおいのたの保償と険す総そとた二


てのえ第がすりる賃主次加額業率すには事料徴のと乗額


に険金

い険とじ



より率は率保


とのる率を金と規の


料定


般成害第政の次収は一補収た平


る保徴

徴い労


災とる働は下い)律以法

号よ条項者


をお険険賃険係額額保に険料う料般総るそ険険に十



五料る払険料金者料



険に賃係一保険にに保保保支料般保
険一一係者う災あ料のを労条項保事二般般働災六賞第う働与労2一一前、て(保。が、保る当つ厚十保の労条,て第手法て労災百す主い、称業あ係一働般一に料で労十、。つ険2て略二二に成立事てう保す(十略て係第主がいのもいい。労総るの「第給を災つしつは「すも下律関にと下に条の以法をる)労)保険業。に業るきう)等九前
以収十正号年








保険


とれのい用日場業事れつ事


にと雇たわ業


九金働保十う償わ十四賃改
償い対く業のた行事



払事係の除の業支を五労条る第和と働てよ補

はで用関業の適事が事そ労の律昭



もも


用事そ


険のとのにい害険の七法


金の料五お災保ず外の保の


にの係類
項下、関種一第年法賃わ外険十号者険用問保,に第律働雇の条二十労保「以囲たて貨険二十る用「保十二雇い通,律法のよ下働。)和び以)こに(んめ範日項を(条以おの定るれ第かで三(に条う昭及律労法義()険の条法○一い十年定険)法い保称も。八(二う。のう令う用名省)雇こ払立さ条り、第他働成法係れ。)始の開関さ保に所険険日ら等が五る定住保の開す保事支と第の労略係災法立届日業第の労険に4関の険立規び業成が二2生険そ働保事,条保係3保、用成立名労雇関ののはの係(は。そる三る条険二名、険は保条第四る厚い生厚の労働省令で定める事項を政府に届け出なけれ事ばらな(別紙8-4)第(4十確額にき足料をはりの受同な額け項いがたのと同日規き項か定はのらにそ規十よの定五り不に日政足よ以府額り内のを政に決、府納その条厚事定納の保険他料業)生主労働は令保、省で険め度事と年定3険定と知九通の額を決書しの、記こ載れにを誤事り業が主あにる通と知認すめるる。との規定による通知を項に記次付し付決したし定し掲な労た受るし、告定項ごを申前のけた事業載たげけ働労たれ保働労労ば険保働な料険保らを料主に険は、書働、険な、が料いそなの。のい額り徴端の保保の次の料徴の前収不ばし項、足額が定未かのになたたしわよでらるず労業働は、と同、に保項険料限災規又りそ定は項ですそのるの労に働るを険足よを料い付又理徴しをそけなよにを金のそを料そなだ通の知受はき額保足に険働該略にの)険険提内途そ〕保た保に関年出は事期、業間そにの使保用て、はていと中のいつい労弧括い当なてつつてに、度年しにしは〔(に額出働とをき提険あにの立料と労いし厚た険のを内以保成険る。しがた、付め(業事も総保日十者が金書る保料。。働、認の号た賃告す納険いな働労働らし係般四第労関る一と一て滅係申知、保ないた料るの。消険たか一は保にの通は働ら労、険しべ項す該しあい又)項に主労なではそ保定た第条な、当定らし、者二五使し働第用険し度な立労険十成て算ばにいてが年第がのは主れ度おじり保け係て又業業たばる、働り事しれ限に徴労の記べ保乗誤た付けよは由は金追決た険に般項事項すをにけ納一一を府しなにき政三率載受、しの場の定働度料記れりるるた第こをを付定と決よの険の知額,が、料定な主書通にの納規合額に告業しを掲一以略申定定足事決る不府こいるな納追なた政内のあ得保額得の以、よのりのをにそ日はら規よそ定保令六一略、額項ははは規事次の二府の同に五項ががき十合のと定場なて規3又料労働度日,、項額い政険めに年2き前げ生険保立4のでご保保にの保に他)年のそ成あ省付そそ途て見料なら五数む。不じの十、納保四がが保りかるばら労ののては係べの当の省第端やい定乗、とはかのす数の係日すれに項働条の他な規をにた九満の労当な十略十未端))同該けの。前料け第円日関5生にし分の直6件付。険るじ額てが千天の同百て中す厚い保満、険は要納総じ主にがこはに保又るを度用同つ該未は年使下金乗業額主、き)月当円て般、以賃をめ額あな(に度ら、千つ一き事の。る)定足険で。にはにあ事保まる係ると、そ事合るるによ。は(、場あて業な者働て額のば労日てにうでのれ外いの合にい府額の険けの末捨者と政不捨なつそ場定
令そきだにかはり定つ満べ働りの額しべに


る労率


又切規条す


く円


以て業の度


略料険納るも額切のた年



三す険

め規い金事付え険業添す保総定の料金はの険な一料号に主保働書


し賃数で条し徴


保9事にび用の端て保


令二出追第労略使立る省べ般提十付るな千


は項ら規いすす十を二内にそのた一書料険第告険及告弧度成係働の申働納の保のがらそし下項労数同なのな収料険働申係かに労て二た括算条た号~五そ〔年日)、用以者は生い保前労次関2概、険たき厚使(般、し険働(につしと度に率労額業料一る年険たが込事し略主し険保業第れ該定事付2る三、保を算はは(二,(を一略載十内府納申第政きる告2そ年の六月し日一(別紙8-4)第く律。第)八の十規八定号に)よ第る二処章分及にびつ第い三て章はの、規行定政は手、続適法用(し平な成い年収す法手七続保険政料府その、他国こ税の滞がそ料法続)めの)第働手険外きは保除労、収定律とは働用、。徴の法にいる労別適なすの段の分あ他る三こ場十の合三法を条2で金にのこし収条律。法処十る条3徴の政十((三五。第(行三法経過たでな、発ば督すな促るら状。なをこい発の。す場る合日にかおらい起て算、し督て促十状日に以よ上り促を受定の定徴よけ国た者がに例にによ収るよる例、税そのつ徴て収、金こをれ納徴こ、はりよに金収徴を付指のをれ規除状は督分を限ける規項促よ、四期にの第督定処びき規の及て日律項べの納二し項律き対す一除第定し定の期限ま第に第指けしばなないら者ながいあ。る前付れ項の規定によつて督納(二なる七つ第て項促第合十場条い二準のす定。、及十に七条び滞労納働処保分険)と規はそ用る料督きの促は他す、第こる政一のと府項法きはの律は、規の、期定規政限に定府をよには指りよ、定追る納し徴をて徴収付義金督金務者3すし促を収徴(別紙8-5)2(三○第適業労条略用と働事す者こ業る災のの。害法範補律に囲償)お険保いて法は、労働者を使用する事業を適用事(別紙8-6)○2る労。八働十保四険号の。保以険下料「の徴徴収収法等
にと関いすう






律の

定昭め和る四と十こ四ろ年に法よ第律適事

五雇第用業用業すの業





に律







































険こ事つ保事とに用条適用法
(別紙8-7)

2を合さ金た銭に知

こよ



に付べ税き



送達等るのしをて達納行に務納長分


三を税年関律滞署処は費国十除に法の


す知下法十条の号お定よてよじ次正


掲の略うするとき告


はは


額るだ納





限務び長付




さ令えたせ

当該職及そ員の口政に保頭で当載め提定該供場るたれに同り改


に前ければしるな定さにな記め規いでてでに政を令第六し場し成律をがと平(

る告納他



次署担則知以税し告く税期場知のそ税し知代告


通条四税う付よ



税の送の国納き費六


収よす税知を国税納納消で定書告の十るるりてが納げとの告税と


にもる項つろを納税はせ徴







一い前こ納も第とらなる
(別紙8-8)

第らたなに必い対要


しがた


あだ同るし時場


に合当


は該当

理該こ由不のを利限示益りさ処でな分ないのいで理


処由分をを示すさべなきけ差れしば迫な不人

十っ四利条

益ニ八る名由基認処礎可分とさ除すと利くるし


処て処行



分政を直い接行のうに政処




庁分たこがそだ



のしに法他


義令公次務にのを基力い課づのずしき行れ




使か又特にには定当該そのた当の者るす権を行る利名為もをあをに請続時実て基にと期上等人づよし等のなのときりてを行っ効な当求の明為た力る該め処ら及る事をべ申ら分かびも実失きれに事がわ者請せるしの不提利益示処)

す実のし同た許る上認たの処意者可め行分のを等に為旨ので下名を法をあにあ拒令す届っすて否上る出てる人す必にが、
ことる要当あ当とし処とたっ該とて分さりた許ささそれそこ認れれのてのと可てる他い範をたた分をす






その名あて義権事い略行条該益





定不手由号人申理はあ分限消庁請定各を囲のの申分略てれ政処処制る略許て分のし行理と処いうのロ等(

当三イハを一


四二二〇第五



こ手続のに法法律めにる庁



























32よ内示のり不にす所行示利


こ在政さ益同とが庁な処項が判はけ分の困明


れを理難し前ば書由なな項な面を事くたらで情なだなす示さがっしいるなあた書とけるとのきれとき場はばきそ合、

なをのに前ら除他お二なき処い項い


分ての


処後は分に


後お当は相い該


当て名書の理あ面期由てに間を人理由
トップに戻る

saiban.in