判例検索β > 令和1年(ネ)第10064号
職務発明対価請求控訴事件 特許権 民事訴訟
事件番号令和1(ネ)10064
事件名職務発明対価請求控訴事件
裁判年月日令和2年3月30日
裁判所名知的財産高等裁判所
権利種別特許権
訴訟類型民事訴訟
裁判日:西暦2020-03-30
情報公開日2020-07-02 12:00:51
裁判所の詳細 / 戻る / PDF版
令和2年3月30日判決言渡
令和元年(ネ)第10064号

職務発明対価請求控訴事件

(原審・東京地方裁判所平成29年(ワ)第14685号)
口頭弁論終結日

令和2年2月5日
判決
控訴人兼被控訴人

X
(以下1審原告という。)

訴訟代理人弁護士

木村貴司
補佐人弁理士

廣田恵
被控訴人兼控訴人

株式会社日本触媒

梨奈
(以下1審被告という。)

訴訟代理人弁護士

重光田誠司大1貴松主冨和奈月文
1審原告の控訴に基づき,原判決を次のとおり変更する。
(1)

1審被告は,
1審原告に対し,
256万4950円及びこれに対

する平成29年5月17日から支払済みまで年5分の割合による
金員を支払え。
(2)

1審原告のその余の請求を棄却する。

2
1審被告の控訴を棄却する。

3
訴訟費用は,第1,2審を通じて,これを25分し,その24を1審原告の負担とし,その余を1審被告の負担とする。
4
この判決の第1項(1)は,仮に執行することができる。
事実及び理由

第1

控訴の趣旨

1
1審原告
(1)

原判決を次のとおり変更する。

(2)

1審被告は,
1審原告に対し,
2100万円及びこれに対する平成29年

5月17日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。
2
1審被告
(1)

原判決中,1審被告敗訴部分を取り消す。

(2)

前項の部分につき,1審原告の請求を棄却する。

第2事案の概要(略称は,特に断りのない限り,原判決に従う。)1
事案の要旨
本件は,1審被告の元従業員である1審原告が,多孔質架橋重合体材料の製造方法に関する本件各特許(国内特許3件(144号特許,642号特許及び811号特許)及びこれらに対応する外国特許)に係る発明は,1審原告が1審被告の他の従業員と共同で行った職務発明であり,その特許を受ける権利の持分を1審被告に承継させた旨主張し,平成16年法律第79号による改正前の特許法35条(以下特許法旧35条という。)3項及び4項の規定及びその類推適用に基づき,1審被告に対し,上記特許を受ける権利の持分の承継に係る相当の対価の一部請求として5862万8568円及び遅延損害金の支払を求めた事案である。
原審は,1審原告の請求を226万4061円及びこれに対する平成29年5月17日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで年5分の割合による遅延損害金の支払を求める限度で一部認容し,その余の請求をいずれも棄却した。これに対し1審原告は,控訴の趣旨の限度で敗訴部分を不服として控訴を提起し,1審被告は,敗訴部分を全部不服として控訴を提起した。
2
前提事実
次のとおり訂正するほか,原判決の事実及び理由の第2の1記載のとおりであるから,これを引用する。
(1)

原判決5頁15行目から16行目までを次のとおり改める。

ア1審原告は,昭和63年3月に大阪大学大学院基礎工学研究科を修了して同年4月に1審被告に入社し,平成12年6月に退職するまで1審被告に在職し,吸水剤の研究開発に関する業務に従事していた者である。


(2)

原判決7頁8行目の冒頭にアを加える。

(3)

原判決7頁17行目から19行目までを次のとおり改める。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
(4)

原判決8頁1行目から2行目までを

支払う(6条,7条)。

と改め,
同頁3行目から4行目までを次のとおり改める。
(イ)国内優先出願,分割出願又は変更出願をする場合及び国内出願した発明を外国出願する場合には,出願補償金の支払はしない(9条1項)。
(5)

原判決8頁5行目から6行目にかけての

受け取るものとする。

受け取るものとする(10条)。

と,同頁13行目及び14行目の各特許法35条4項を特許法旧35条4項と改める。3
争点
(1)

本件各発明により1審被告が受けるべき利益の額(争点1)

(2)

本件各発明がされるについて1審被告が貢献した程度(争点2)

(3)

本件各発明の共同発明者間における1審原告の貢献度(争点3)

(4)

1審原告が支払を受けるべき相当の対価の額(争点4)

第3争点に関する当事者の主張
1
争点1(本件各発明により1審被告が受けるべき利益の額)について原判決9頁22行目末尾に行を改めて当審における当事者の補充主張を加えるほか,原判決の事実及び理由の第2の3(1)記載のとおりであるから,これを引用する。
【当審における当事者の補充主張】
(1)

1審被告の主張
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

小括
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●寄与率は,それぞれ20分の1とするのが相当である。
これと異なる原判決の判断は誤りである。

(2)

1審原告の主張
1審被告の主張は争う。●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●寄与率をそれぞれ17.5分の1とした原判決の判断に誤りはない。
2
争点2(本件各発明がされるについて1審被告が貢献した程度)について原判決12頁13行目末尾に行を改めて当審における当事者の補充主張を加えるほか,
原判決の
事実及び理由の第2の3(2)記載のとおりであるから,
これを引用する。
【当審における当事者の補充主張】
(1)

1審原告の主張
原判決は,1審被告の貢献度に係る事情として,主に,①平成5年の研究を中心とした平成8年以前の事情,②1審原告がFAMの研究を始めた平成8年の姫路の研究所における研究状況,③FAMプロジェクトの開始された平成9年10月以降の研究状況●●●●●●●●●●●●●●●●他方で,1審原告を含む共同発明者の貢献度については,1審被告の費用負担の下,1審被告に雇用された後に得た知識経験に基づき,FAMプロジェクト内で知見を共有しつつ,発明に至ったにとどまると述べ,最終的に,本件各発明により1審被告が受けるべき利益についての1審被告の貢献度は高く,その貢献度は95%と認めるのが相当である旨判断した。しかしながら,上記①及び②については,1審被告が平成5年に研究開発していたのはアクリル系のHIPEの硬化物に関するものであり,本件各発明とは関係がなく,同5年の1審被告の研究開発状況は,1審被告の貢献とはおよそ無関係であるし,仮に何らかの貢献があったとしてもごく僅かである。また,1審原告は,1審被告が平成5年に研究開発していたアクリル系のHIPEの硬化物の研究開発が中断していた状況の中,平成8年4月19日のミーティングを契機に以後自発的に研究を行うことにしたものであり,1審被告から●●●●●●追試を行う指示やFAM研究をするような指示を受けることなく,鋭意検討,試行錯誤を繰り返しアクリル系からスチレン系でのHIPEという大きな転換を果たし,1審被告社内で初めて均一な網目構造を持つW/O比の高いものを作製し,●●●要求するレベルのサンプルを作製できるまでに至ったものである。
次に,上記③については,機器の導入の資金提供が1審被告の貢献であると認められるのであれば,各種機器を導入した1審原告の貢献も相応に認められなければならない。1審原告は,●●●●●●●●●●●●●新たな組成のFAM作製に必須となる特殊な撹拌羽根を導入したり,撹拌装置,水相滴下用ロート,ジビニルベンゼンや乳化剤等の試薬を順次揃えたりするなど,1審被告社内でFAM研究開発が進められるような実験環境を全て整えたのであるから,設備や機器導入に関する1審原告の対応は,発明者の貢献度として大きく評価されるべきものである。
上記④については,特許法旧35条4項は,

前項の対価の額は,その発明により使用者等が受けるべき利益の額及びその発明がされるについて使用者等が貢献した程度を考慮して定めなければならない。

と規定しており,かかる条文を素直に読めば,その発明がされるについての使用者の貢献度としては,文言上,発明完成までの事情を評価すべきであり,発明完成後の事情は評価すべきでないのは明らかであるから,発明完成後の事情である●●●●●●●●●●●●●使用者の貢献度として評価すべきではなく,仮に評価するとしても,過剰に評価すべきでない。
さらには,研究開発機関である独立行政法人理化学研究所や国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構等では,職務発明の対価算定について発明者貢献度は20~50%や25~50%と算定され
(甲27の1,,
2)
大学職員についても,発明者貢献度が30%や25~50%と算定されていること(甲28の1,2),特許庁においても,発明者貢献度は25~50%とされていること(甲29)から理解できるように,発明者貢献度は概ね20~50%程度とされているのであり,
これらの対比からしても,
原判決認定の発明者貢献度は不当に低いものである。

以上によれば,本件各発明により1審被告が受けるべき利益についての1審被告の貢献度は多くても50%と評価すべきであるから,原判決の前記判断は誤りである。

(2)

1審被告の主張

原判決の事実認定を前提とすれば,本件においては,本件各発明の研究開発の開始に先立ち,使用者たる1審被告がFAM・HIPEに関する研究開発基盤を有しており,1審被告自らが本件各発明の研究開発の開始を決定し,FAMプロジェクトを企画し,ヒトモノカネを投下して1審被告が事業成否のリスクを全て負担して本件各発明に係る研究開発事業を推し進めたものであり,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●その全てが1審被告の貢献と評価すべきである。そして,FAMプロジェクトは,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●最たる会社主導事業であり,本件各発明の1審原告を含む共同発明者らは,
かかるプロジェクトのメンバーとして,
1審被告の業務命令に従って各研究開発に従事したにすぎない。


以上のように,本件は使用者貢献度の極めて高い事例である上に,発明者は,給与及び身分等を保障され,研究開発に係るリスクを負わないのに対し,使用者は事業の失敗のリスクを負っていることを斟酌すれば,本件各発明により1審被告が受けるべき利益についての1審被告の貢献度は,原判決認定の95%を優に超えるものであり,99%と認められてしかるべきである。
なお,1審原告が挙げる国立の研究機関,大学及び特許庁の規程(甲27ないし29)については,これらの機関等においては所属する研究者等が自らの発意に基づいて主体的に研究開発を行うことが念頭に置かれており,1審被告のように企業が主導して研究開発テーマを設定して人員・設備・資金を拠出する研究開発活動とは全く性質を異にするから,本件には妥当しない。

3
争点3(本件各発明の共同発明者間における1審原告の貢献度)について原判決20頁16行目末尾に行を改めて当審における当事者の補充主張を加えるほか,原判決の
事実及び理由の第2の3(3)記載のとおりであるから,
これを引用する。
【当審における当事者の補充主張】
(1)

1審原告の主張
144号発明等について
(ア)

原判決は,144号発明等の特徴的部分の着想及びその具体化の一
部は●●●●●行われており,1審被告において行われたのは,多数回にわたる排水の再使用技術を完成させた点にあると認定した上で,144号発明等の発明者を1審原告,N,B及びCの4名であり,1審原告の貢献度は,他の発明者の平均的な貢献度よりも高いと認められないとして,4分の1である旨判断した。
しかしながら,144号特許の請求項1記載の発明は,油中水滴型高分散相エマルションを形成して多孔質材料を製造するに際し,該製造工程で得た廃水を該製造工程のいずれかで再使用することを特徴とする多孔質材料の製造方法というものであり,その特徴的部分は,廃水を製造系に再使用することによって使用水量及び廃水量を低減できるという点にある。原判決の上記特徴的部分に係る認定は,特許請求の範囲の記載はもとより明細書にも記載のない外部的事情●●●●●●●を解釈に取り込んだものであるから,誤りである。
また,
1審原告は,
生分解性ポリマーの研究を行っていたこともあり,
環境負荷低減に対する意識が高くFAMの実験過程において大量の廃水を生み出す状況を危惧し,FAM生産において廃水リサイクルを行うことを想起し,
廃水リサイクルの方法について具体的な実験計画を策定し,
平成9年12月8日,●●●●技術会議において,廃水リサイクルを行うことや,廃水リサイクルの具体的な実験を今後行っていくことについてプレゼンテーションをした。
そして,
1審原告は,
平成10年1月頃,
オープンセル構造のFAMを調製することに成功し,遅くとも同年4月頃までには,1審原告一人による創作活動の結果,3回の廃水リサイクルを実現し,この時点で,144号特許の請求項1ないし6,12ないし15,17記載の発明は完成した。仮に1審原告が廃水リサイクルを行うことを想起し,1審被告の指示なく自発的に廃水リサイクルの実験計画を立てたこと等が,1審原告の貢献として認められないとしても,1審原告が,廃水リサイクルの実験計画を立てて,●●●●●●●●●発表し,その後,1審被告社内では一度も成功していなかった廃水リサイクルについて成功させた上,少なくとも3回の排水リサイクルに成功し,不純物除去の必要性の把握,pHへの着目等をしたことは揺るぎない事実である。これらの点は,発明完成に対する貢献度として十分に評価に値するものであり,1審原告の貢献度がpH技術や遠心分離技術の下位の請求項を実施したにすぎない者と同様の貢献度というのはあり得ない。
次に,Bは,1審原告の補助者にすぎず,Bが平成10年4月から同年8月末頃まで行った中和技術に関する実験は,1審原告の具体的な指導の下で行われたものであり,また,Nは,Bの行う実験を一部担当したにすぎない。C及びBは,遠心分離に関する実験を行ったものの,実際の廃液を使用していないため,144号発明等とは無関係である。さらに,1審原告は,144号特許の出願の願書に筆頭発明者として記載され,明細書原案を作成した。
(イ)

以上によれば,144号発明等の共同発明者間における1審原告の
貢献度は,低く見積もっても90%以上であるから,原判決の前記判断は誤りである。

642号発明等について
(ア)

原判決は,①HIPE連続重合発明の特徴的部分は,多孔質架橋重
合体の表面性状を制御することが可能で,幅及び厚さを自由にコントロールすることができ,かつHIPEを重合工程に連続的に供給しながらHIPEを連続重合する多孔質架橋重合体の製造重合方法を提供できるようにした点にあり,着想したのはDであり,実験を行ったり,ベンチプラントにおける検討等によって具体化するのに貢献したのは,E,D,
F,G,H及びIであり,他方で,1審原告は,HIPEの重合条件等の情報を提供し,人大装置を用いるためのHIPEを作製して提供するなどしたにとどまり,HIPE連続重合発明の完成に関与したものと認められない,②フィルム発明については,1審原告がポリエチレンを用いた実験を行い,ポリエチレンでは適切ではないことを確認したという点で一応の貢献があるが,これにとどまり,他の部分については,J,D,F,G,Cが貢献したと認められるとして,642号発明等の発明者を9名と認定し,1審原告の貢献度は,他の発明者の平均的な貢献度よりも高いとは認められないとして,9分の1である旨判断した。しかしながら,HIPE連続重合発明については,1審原告は,水平装置を用いてFAMを連続的に生産することや,HIPEを連続的に重合することを想起し,当該着想に基づいて人工大理石の連続重合装置を用いて行う実験計画を策定し,HIPE連続重合に用いるHIPEを調製し,重合条件等を設定した上で,Dらの協力を得て上記装置を用いて実験し,結果として重合物を得たものである。HIPE連続重合発明では,表面性状を制御でき,幅や厚さを自由にコントロールできるという点までは要求されていないものであり,上記実験の完了により,HIPE連続重合発明はおよそ完成したものであるから,HIPE連続重合発明は1審原告が主体となって生み出された発明である。
一方,Dは,FAMに関する知識はなく,HIPEの調製をしたこともなく,1審原告による実験結果等の説明をまとめているだけの立場にすぎず,人工大理石の連続重合装置を用いることを発案したという点についてのみ貢献があるだけである。また,E,F,G,I,Hについては,1審原告による実験の補助者か,1審原告によって概ね発明が完成した後に追加的な実験を行った者にすぎないから,1審原告以外の他の関与者は,
およそ貢献していないか,
貢献があったとしても僅かである。
次に,フィルム発明については,1審原告は,平成9年11月12日の会議以前からFAMと材質の関係に関する豊富な知識を有し,フィルム選定の必要性について十分に認識しDへ伝えていること,当時,FAMの実験を行っていたのが1審原告以外に存在しなかったこと,1審原告がA社にフィルムに挟んだ重合についてプレゼンテーションをしていることなどからすれば,フィルム選定の検討は1審原告の発案に基づくものである。また,1審原告は,平成10年1月以降,ポリエチレン袋を用いた実験を行った上,自らポリイミド,ポリエーテルイミド等の材料の材質の検討を繰り返し行い,重合装置のHIPEと接触する材質として適切なものを選別し,Gの実験やJの分析にも1審原告が関与しており,当時のフィルム発明の検討は1審原告が中心となって行われていたものである。
一方,D,F及びCは,フィルム発明とは無関係でありG及びJは,1審原告の補助者であり,1審原告以外の他の関与者は,およそ貢献していないか,貢献があったとしても僅かである。
さらに,1審原告は,フィルム発明に係る出願の願書に筆頭発明者として記載され,フィルム発明及びHIPE連続重合発明の明細書原案を作成した。
(イ)

以上によれば,642号発明等に対する共同発明者間における1審
原告の貢献度は,低く見積もっても90%以上であるから,原判決の前記判断は誤りである。

811号発明等について
(ア)

原判決は,811号発明等の特徴的部分は,公知技術よりも短時間
で,かつ安定性を損なわずにHIPEの重合を可能にする技術的課題を解決すべく,そのために,①どの程度まで前段重合を行うのかの分岐点をその測定方法も含めて明らかにし,②後硬化における加熱以外の具体的な硬化手段及び後硬化を行う時間を特定した点にあると認定した上で,811号発明等の発明者を1審原告,H,D及びNの4名と認定し,1審原告の貢献度は,他の発明者の平均的な貢献度よりもやや高いというべきであって,5分の2と認めるのが相当である旨判断した。
しかしながら,発明への貢献度は特許請求の範囲の請求項記載の事項が実施されているかどうかで評価すべきところ,原判決は,811号発明等の特徴的部分を切り離して認定した上で,それぞれの要素を個別に評価して,発明者らの発明への貢献度を判断している点において,誤りがある。
次に,1審原告は,遅くとも平成8年7月26日までに,反応条件を厳しくしてもエマルション構造が壊れないところまで重合をマイルドな条件で行い,全体として反応時間が短縮できることを見いだした後,平成10年6月から8月にかけて,HIPEへのマイクロ波の照射実験を繰り返し行い,この頃には,水の沸騰には耐えられる程度に重合したタイミングで反応条件を厳しくすれば,エマルジョンの破壊を回避してトータルの重合時間を短縮できるのではないかと考えるに至った。このことは,1審原告は,米国留学中に通っていた大学の卒業論文において,人工レンズに関するポリマーの研究に対してガンマ線等の活性エネルギー線を使用することに言及していること
(甲32)
からも裏付けられる。
このように1審原告は,811号発明等の出発のポイントを見いだしただけでなく,811号発明等において最も重要部分である臭素付加による残存二重結合(ペンダント二重結合)の定量法による特定を見いだしたことにより,どの程度まで前段重合を行うのかの分岐点を把握できるようになったものであり,さらには,マイクロ波照射の後硬化の実験その他多数の照射実験等も行い,後硬化に関する検討を行い,811号発明等における重要部分の創作を担い,811号発明全体に対して最も深く関与していた。
一方,平成8年当時のFAM研究は,1審原告が中心となって行っていたもので,Kは管理者,Lは補助者にすぎず,甲10の実施例はLによるものであったとしても,1審原告による指導に基づくものであり,甲11の実施例等の実験は1審原告が行っている。
また,Kのコメントは,1審原告から聞いた話をまとめているにすぎない。
Dは,
811号発明に関する実験を一切行っておらず,
報告書
(乙
40)等に名前が表示されているものが存在するというだけであり,同人が貢献した事実は全くない。Hは,前段重合との関係を踏まえないで後段重合の実験をしているだけであり,811号発明等への貢献と評価されるものではないし,何らかの貢献がある場合,そこに関与した1審原告の貢献も評価されなければならない。
さらに,前段重合と後段重合の分岐点の把握についてNが行ったとされる実験(乙60)は,65℃で16時間という通常の重合条件を用いて重合したものを用いて照射しており,このような条件で重合するのであれば,後硬化はそもそも不要である。また,上記実験から,前段重合の重合率が90%以下のときに後硬化処理としてエネルギーを照射することが望ましいことではないとの結論を導くことは不可能であるから,811号発明等に対するNの貢献はない。
このように1審原告以外の他の関与者の役割は部分的なものであり,811号発明等の全体に対して,1審原告が圧倒的に関与しており,他の者と比して格段に貢献している。なお,Mが行っていたのは,各担当者からヒアリングしたものをまとめ,その結果をメモに記載していただけであり,Mのメモを根拠にMが1審原告に対して指示をしていたことはない。
さらに,
811号発明等の筆頭発明者は1審原告であり,
自ら発明届,
明細書原案を作成している。
(イ)

以上によれば,811号発明等に対する共同発明者間における1審原
告の貢献度は,低く見積もっても90%以上であるから,原判決の前記判断は誤りである。
(2)

1審被告の主張
144号発明等について
(ア)

原判決が認定するとおり,144号発明の特徴的部分の着想及びそ
の具体化の一部は既に●●●●●●行われていたのであり,1審被告において行われたのは,多数回にわたる廃水の再使用技術を完成させた点にある。そして,多数回にわたる廃水の再使用技術であるからこそ商用化技術として有効なのである。かかる再使用を可能としたのは,廃水中の不純物を同定し,廃水のpHを調整する方法及び遠心分離技術による不純物の除去技術であり,
この点に大きく寄与したのはB及びNである。
1審原告は,平成10年5月頃までに,3回程度廃水を再使用してFAMを作製するに至ったが,3回程度では,商用化技術としての廃水の再使用技術を完成させたとはいえない。そして,1審原告は,廃水中の不純物の同定及び除去には何ら寄与していない。
このように1審原告は,多数回にわたる廃水の再使用技術の完成に寄与したことはなく,144号発明等の具体的課題の解決手段である不純物の同定にも遠心分離技術の具体化にも何ら寄与することはなかった。一方,Bは,廃水中に生じる不純物を同定し,遠心分離による不純物の除去という解決手段の具体化のいずれにも貢献している。Bは,他の共同発明者よりも高い貢献度が認められるべきである。
(イ)

以上のとおり,1審原告以外の共同発明者が商用化技術の確立に大
きな役割を果たしたのに対し,1審原告は何ら寄与するところがなかったのである。原判決の事実認定及び上述した事情からすれば,144号発明等に対する1審原告の貢献度は4分の1よりも低く評価されるべきであって,原判決の1審原告の貢献度評価は適切であるとはいえず,より低く是正されるべきである。

642号発明等について
(ア)

原判決の事実認定によれば,642号発明はHIPE連続重合発明
及びフィルム発明からなる発明であるところ,HIPE連続重合発明の具体化に貢献したのは,D,E,F,G,H及びIの6名である。またフィルム発明の具体化に主として貢献したのは,J,D,F,G及びCの5名であり,1審原告のフィルム発明に対する貢献(ポリエチレンが適切でないことを確認したこと)は,他の共同発明者の平均的な貢献度よりも高いとは認められない。
そうすると,
1審原告のHIPE連続重合発明に対する貢献度はなく,
1審原告のフィルム発明に対する貢献度は6分の1を超えることはないから,
HIPE連続重合発明の発明者は6名
(1審原告を含まない。,

フィルム発明の発明者は6名(うち1名が1審原告)である。したがって,1審原告の642号発明に対する貢献度は,少なくとも12分の1を超えるものではないと判断されるべきである。
(イ)

以上のとおり,642号発明等に対する1審原告の貢献度は,少な
くとも12分の1を超えるものではなく,9分の1よりも低く評価されるべきである。

811号発明等について
(ア)

原判決は,Mが発明届等において811号発明等の共同発明者のう
ちの一人として取り扱われているとしても,Mが,811号発明等の特徴的部分に創作的に関与したということはできず,Mが811号発明等の共同発明者の一人であるとは認められない旨判断した。
しかしながら,Mは,平成11年3月頃にFAMプロジェクトに参加して以降,2段重合に関し,自己の知見に基づいて実験結果を考察し,2段重合がFAMの物性向上をもたらし得ること及び前段重合と後段重合の分岐点をペンダント二重結合量の定量によって把握すべきことを明らかにし,かつ,自らが分岐点の把握について分析・考察していること(乙151ないし153)からすると,Mは,単に管理者として作業内容を指示したものではなく,FAMの物性向上という効果を具体的に予測しつつ,適切な分岐点での前段重合と後段重合の切り分けを具体的に着想した上で1審原告に対してその定量化作業を指示し,かつ,自らも分岐点把握の分析・考察をしているから,Mは,発明者としての創作的な関与をしたものと評価されるべきである。
(イ)

811号発明に対する1審原告の関与としては,マイクロ波を用い
た後硬化実験を行っていることが挙げられるが,当該実験では,圧縮強度の改善をもたらしたことはなく,最適化の余地があるとの結論を導いたにすぎないから,1審原告において,後硬化手段の特定に関する貢献はない。
次に,1審原告の最も大きな貢献としては,臭素価による分岐点の定量化が挙げられるが,定量化作業自体は公知の方法により行えば足りるものであるから,811号発明においては前段重合と後段重合との分岐点の把握が重要である。しかし,1審原告は前段重合と後段重合との分岐点の把握そのものに対する貢献はない。また,臭素価の測定手法として最終的に採用されたPSDB法は,
1審原告が開発したものではなく,
公知の方法であり,1審原告は1審被告の品質管理部が保管していたPSDB法に関する文献の送付を受けて,これに基づいて検討を行ったにすぎない。このように,PSDB法を採用したことについて1審原告独自の寄与は大きなものではない。
一方,1審原告以外の研究員の貢献としては,Mが,実験結果を解析した上で,分岐点の把握においてペンダント二重結合量の定量によるべきことを導いており,また,Nはどの程度まで前段重合を行うかについての分岐点の把握について貢献があり,H及びDは活性エネルギー線の照射実験を行っている点で貢献がある。さらに,Nにおいては,前段重合後に30秒のマイクロ波の照射による後段重合の実験を行っている点で貢献がある。
(ウ)

以上によれば,811号発明等については,原判決が認定した1審
原告,
H,
D及びNに加え,
Mも発明者であるというべきであり,
Mは,
前段重合と後段重合の分岐点を定量化するという811号発明等の重要な点に大きく寄与している。これに対し1審原告は公知の方法に基づき臭素価の定量化作業を行ったにすぎないから,811号発明の完成に対する貢献は限定的である。
したがって,1審原告の811号発明等についての貢献度は共同発明者間の均等割相当分である5分の1を超えるものではない。
4
争点4(1審原告が支払を受けるべき相当の対価の額)について
(1)

1審原告の主張
本件各発明により1審被告が受けるべき利益額は,144号発明等,642号発明等,
811号発明等につき,
それぞれ●●●●●●●●●円
(=
●●●●●●●●●●●●円×1/17.5)の合計●●●●●●●●●●●円であること(前記1(1)),本件各発明に対する1審被告の貢献度が多くても50%であること(前記2(1)),共同発明者間の1審原告の貢献度が少なくとも90%であること(前記3(1))からすると,1審原告が1審被告から支払を受けるべき本件各発明の特許を受ける権利の持分の承継に係る相当の対価の額は,144号発明等,642号発明等,811号発明等につき,それぞれ●●●●●●●●●円(=●●●●●●●●●円×(1-0.5)×0.9)の合計●●●●●●●●●円となる。イ
したがって,1審原告は,1審被告に対し,本件各発明の特許を受ける権利の持分の承継に係る相当の対価として,●●●●●●●●●円の一部である2100万円及びこれに対する平成29年5月17日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めることができる。

(2)

1審被告の主張
1審原告の主張は争う。

第4当裁判所の判断
当裁判所は,1審原告の請求は,256万4950円及びこれに対する平成29年5月17日から支払済みまで年5分の割合による遅延損害金の支払を求める限度で理由があるものと判断する。その理由は,次のとおりである。1
認定事実
次のとおり訂正するほか,原判決の事実及び理由の第3の1記載のとおりであるから,これを引用する。
(1)

原判決20頁22行目の昭和63年4月にを昭和63年3月に大阪大学大学院基礎工学研究科を修了して同年4月にと改める。(2)

原判決27頁19行目の高くなるため,を高くなり,油中水滴型高分散相エマルションを形成するために多量の水が必要となるため,と改める。
(3)

原判決35頁15行目末尾に行を改めて次のとおり加える。
また,WO-A-97-27240号公報では,HIPEの供給から重合,さらにはスライスまでを連続して行うことのできるスライス方法については具体的な提案はなんらなされていない。したがって,本発明のさらなる目的は,HIPEの供給,重合,およびスライスの全工程が連続工程である多孔質架橋重合体の連続製造方法を提供することである。発明の開示そこで,本発明者は,上記諸目的を達成すべく,未だ提案されていないHIPEの重合工程への供給,重合,(さらにはスライス)の全工程が連続工程である多孔質架橋重合体の連続製造方法(以下,単に連続製法と記す場合がある)につき,鋭意研究を重ねた結果,本発明を完成するに至ったものである(以上,4頁17行~26行)。
(4)
原判決43頁19行目末尾に行を改めて次のとおり加える。本発明者は,HIPE法による非常に短時間での多孔質架橋ポリマー材料の製造方法を開発すべく鋭意検討した結果,HIPEを臭素価が重合前の25%の値以下になるまで重合させた後,活性エネルギー線の照射,または重合温度より高温で後硬化して架橋を進めることにより,十分な機械的強度を有する多孔質架橋ポリマー材料が短時間で得られ,その吸収特性も優れることを見出し,本発明を完成させるに至ったものである(【0008】)。
(5)

原判決44頁9行目から10行目のPSDB法の次に(後記実施例のPSDB試薬を用いた臭素化測定の項に記載した方法)を加え,同頁14行目末尾に行を改めて次のとおり加える。
次いで,HIPEを重合させて多孔質架橋重合体を連続的に製造する態様の一例を,図1のフローを用いて説明する。図1に示すように,HIPE101をHIPE供給部119から連続的にシート材203上に供給し,回転ローラー209の設定高さ調整により所定厚みのシート状に成形する。シート材203はコンベアベルト201と同期できるように巻出・巻取ローラーに208,212の回転速度が制御される。シート材205はHIPE101の厚さが一定になるようにテンションをかけながら回転ローラー209,211と巻出・巻取ローラー207,213により回転速度を制御する。該コンベアベルト201の下部から温水シャワーからなる加熱昇温手段219とコンベアベルト上方から熱風循環装置からなる加熱昇温手段217によって,重合炉215内でHIPE101を重合させて多孔質架橋重合体102を得る。次いで,上下のシート材203,205をはがした後,活性エネルギー線照射装置501によって活性エネルギー線を多孔質架橋重合体102に照射して後硬化を行う。該多孔質架橋重合体102’を脱水装置303の回転ロールによる搬送用コンベア302によって回転するベルト上に載せ,ベルトの上下に設けた圧縮ロール301の間に挟んでロールを回転しつつ脱水する。なお,脱水した多孔質架橋重合体102’は連続して設けたエンドレスバンドナイフ式スライサー401に移送させ回転するバンドナイフ402により厚み方向にスライスすることもできる(【0015】)。(6)

原判決47頁20行目の同年8月28日を同年11月9日と改め

る。
2
争点1(本件各発明により1審被告が受けるべき利益の額)について(1)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
(2)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●次のとおり訂正するほか,原判決52頁22行目から54頁9行目までに
記載のとおりであるから,これを引用する。

原判決52頁22行目の冒頭にアを加える。


原判決53頁3行目から17行目までを次のとおり改める。
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
これに反する1審被告の主張は採用することができない。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●①●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●それぞれ18.5分の1(1審被告の単独保有するもの17件(別紙2●●●●●●●記載1ないし17)及び共有するもの3件(●●●●●18ないし20)×0.5=1.5件の合計分の1)であり,②●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●それぞれ17.5分の1(1審被告の単独保有するもの16件(原判決別紙2●●●●●●●記載1ないし11,13ないし17)及び共有するもの3件(●●●●●18ないし20)×0.5=1.5件の合計分の1)と認められる。」

(3)

小括
したがって,本件各発明により1審被告が受けるべき利益の額は,144
号発明等,642号発明等及び811号発明等につき,それぞれ●●●●●●●●●円と認めるのが相当である。
(計算式・●●●●●●●●●●●円÷18.5+●●●●●●●●●●●円÷17.5=●●●●●●●●●円)
3
争点2(本件各発明がされるについて1審被告が貢献した程度)について次のとおり訂正するほか,原判決の事実及び理由の第3の3記載のとおりであるから,これを引用する。
(1)

原判決54頁23行目から55頁1行目までを次のとおり改める。
(1)特許法旧35条3項は,「従業者等は,契約,勤務規則その他の定により,職務発明について使用者等に特許を受ける権利若しくは特許権を承継させ,又は使用者等のため専用実施権を設定したときは,相当の対価の支払を受ける権利を有する。と規定し,同条4項は,

前項の対価の額は,その発明により使用者等が受けるべき利益の額及びその発明がされるについて使用者等が貢献した程度を考慮して定めなければならない。

と規定している。そして,特許法旧35条3項及び4項が,従業者等と使用者等の利害関係を調整する趣旨の規定であることからすると,同条4項の使用者等が貢献した程度を判断するに当たっては,使用者等がその発明がされるについて貢献した事情のほか,特許の取得・維持●●●●●●●●●●●に要した労力や費用等を,使用者等がその発明により利益を受けるについて貢献した一切の事情として考慮し得るものと解するのが相当である。
これに対し1審原告は,発明完成後の事情●●●●●●●●●●●●●●●は特許法旧35条4項の使用者の貢献度(使用者等が貢献した程度)として評価すべきではないなどと主張するが,採用することができない。」
(2)

原判決55頁18行目の

にとどまる。

ものである。

と改める。
(3)

原判決56頁1行目から2行目までを次のとおり改める。

(3)以上で認定した事情のほか,本件各発明の内容及びその技術的意義,本件各発明の完成に至る経過その他本件に顕れた諸般の事情を総合考慮すると,本件各発明に関する被告の貢献度は,いずれも95%と認めるのが相当である。(4)

原判決58頁10行目のそれを踏まえても,の次に本件各発明の内容及びその技術的意義,本件各発明の完成に至る経過に照らすと,本件各発明は1審原告を含む本件各発明の発明者らの創意工夫がなければ,発明の完成に至らなかったものであり,1審被告の貢献度は,を加える。(5)

原判決58頁11行目末尾に行を改めて次のとおり加える。

(6)当審における当事者の補充主張についてア1審原告の主張について1審原告は,①1審被告が平成5年に研究開発していたのはアクリル系のHIPEの硬化物に関するものであり,本件各発明とは関係がなく,1審被告の貢献とはおよそ無関係であること,②1審原告は,1審被告の上記研究開発が中断していた状況の中で,1審被告から●●●●●●追試を行う指示やFAM研究をするような指示を受けることなく,自発的に研究を行い,1審被告社内で初めて均一な網目構造を持つW/O比の高いものを作製し,●●●●●●●●●●●サンプルを作製できるまでに至ったことは1審原告の貢献として評価されるべきであり,また,FAMの開発に当たり,各種機器の導入を提案した1審原告の貢献についても相応に認められるべきであること,③独立行政法人理化学研究所,国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構,大学,特許庁等では発明者貢献度は概ね20~50%程度とされていること(甲27の1,2,28の1,2,29)からすると,1審被告の貢献度を95%とするのは不当である旨主張する。しかしながら,上記①については,1審被告における平成5年当時の研究開発や平成6年4月27日出願に係る131号特許は,本件各発明と組成や性能が異なるものの,HIPEに関するものであり,平成8年4月19日以降の研究開発も,上記各成果を出発点としてされたものであるから,本件各発明についての1審被告の貢献に係る事情に該当するというべきである。上記②の点については,前記認定のとおり,1審原告が,独自にFAMの研究を行っていたわけではなく,平成9年10月にFAMプロジェクトが立ち上げられたことにより,1審被告による人的資源の投入や設備投資が行われ,このことが,本件各発明の完成に貢献したというべきである。他方で,前記認定のとおり,1審原告が導入すべき機器や設備を提案していたとしても,最終的にその機器や設備の導入を決定し,その資金を提供したのは1審被告である以上,上記提案の存在をもって,1審原告の本件各発明に対する貢献の度合いに大きな影響を与える事情であるとはいえない。上記③については,1審原告が挙げる独立行政法人理化学研究所,国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構,大学,特許庁等は,専ら研究開発を業とする研究開発機関や発明を直接の業務としない官公庁であるから,民間の営利企業である1審被告と同列に論じることはできない。したがって,1審原告の上記主張は採用することができない。イ1審被告の主張について1審被告は,本件各発明は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●「最たる会社主導事業であるFAMプロジェクトの中でされたものであり,本件各発明の1審原告を含む共同発明者らは,かかるプロジェクトのメンバーとして,1審被告の業務命令に従って各研究開発に従事したにすぎないこと,発明者は,給与及び身分等を保障され,研究開発に係るリスクを負わないのに対し,使用者は事業の失敗のリスクを負っていることを斟酌すれば,本件各発明により1審被告が受けるべき利益についての1審被告の貢献度は,原判決認定の95%を優に超えるものであり,99%と認められてしかるべきである旨主張する。
しかしながら,前記認定のとおり,1審被告の指摘する諸事情を踏まえても,本件各発明の内容及びその技術的意義,本件各発明の完成に至る経過に照らすと,本件各発明は1審原告を含む本件各発明の発明者らの創意工夫がなければ,
発明の完成に至らなかったものであり,
1審被告の貢献度は,95%と認定するのが相当であるから,1審被告の上記主張は採用することができない。」
4
争点3(本件各発明の共同発明者間における1審原告の貢献度)について(1)

144号発明等について
次のとおり訂正するほか,原判決の事実及び理由の第3の4(1)記載の
とおりであるから,これを引用する。

原判決58頁14行目の特徴的部分を技術的思想と,同頁15
行目の前記第2の1(4)から16行目の特徴的部分は,までを

144号発明の特許請求の範囲の記載と前記1(3)アの144号特許の明細書の記載事項を総合すれば,144号発明等の技術的思想(技術的課題及びその解決手段。以下同じ。)は,

と,同頁23行目の「にある。」を

にあるものと解される。

と改める。

原判決58頁末行のそうするとから59頁3行目までを次のとおり改める。

そうすると,FAMの商用生産技術の確立化の観点からみた144号発明等の技術的意義は,144号発明等の実施態様として,多数回にわたる廃水の再使用技術を完成させ点にあるものと認められる。



原判決59頁6行目及び20行目の各特徴的部分を技術的思想
と,同頁8行目の検討する旨を検討すべきである旨と改める。


原判決62頁23行目末尾に行を改めて次のとおり加える。
カ当審における1審原告の補充主張について1審原告は,①1審原告は,生分解性ポリマーの研究を行っていたこともあり,環境負荷低減に対する意識が高くFAMの実験過程において大量の廃水を生み出す状況を危惧し,FAM生産において廃水リサイクルを行うことを想起し,廃水リサイクルの方法について具体的な実験計画を策定し,平成9年12月8日,●●●●技術会議において,廃水リサイクルを行うことや,廃水リサイクルの具体的な実験を今後行っていくことについてプレゼンテーションをし,平成10年1月頃,オープンセル構造のFAMを調製することに成功し,遅くとも同年4月頃までには,1審原告一人による創作活動の結果,3回の廃水リサイクルを実現し,この時点で,144号特許の請求項1ないし6,12ないし15,17記載の発明は完成したこと,②共同発明者のBは,1審原告の補助者にすぎず,Bが同年4月から同年8月末頃まで行った中和技術に関する実験は,1審原告の具体的な指導の下で行われたものであり,また,Nは,Bの行う実験を一部担当したにすぎないし,C及びBは,遠心分離に関する実験を行ったものの,実際の廃液を使用していないため,144号発明等とは無関係であること,③1審原告は,144号特許の出願の願書に筆頭発明者として記載され,明細書原案を作成したことからすると,144号発明等の共同発明者間における1審原告の貢献度は,低く見積もっても90%以上である旨主張する。しかしながら,上記①については,前記認定事実に照らすと,1審原告一人による創作活動の結果,3回の廃水リサイクルを実現した時点で,144号特許の請求項1ないし6,12ないし15,17記載の発明が完成したものと認めることはできない。次に,上記②については,前記認定のとおり,1審原告が挙げる共同発明者のB,N及びCに関する諸事情は認めることはできない。さらに,上記③については,1審原告が明細書原案を作成したことを裏付ける的確な証拠はないし,また,144号発明等に係る特許出願において1審原告が筆頭者に記載されたからといって,そのことから直ちに1審原告の貢献度が客観的にみて高いことが根拠付けられるものでもない。したがって,1審原告の上記主張は採用することができない。キ当審における1審被告の補充主張について1審被告は,1審原告以外の共同発明者が商用化技術の確立に大きな役割を果たしたのに対し,1審原告は何ら寄与するところがなかったから,144号発明等に対する1審原告の発明者間貢献度は,4分の1よりも低く評価されるべきであると主張する。しかしながら,前記認定のとおり,144号発明等の共同発明者間における1審原告の貢献度は4分の1と認めるのが相当であるから,1審被告の上記主張は採用することができない。
(2)

642号発明等について
次のとおり訂正するほか,原判決の事実及び理由の第3の4(2)記載の
とおりであるから,これを引用する。

原判決62頁25行目の特徴的部分を技術的思想と,同頁末行
の前記第2の1(4)から63頁1行目の特徴的部分は,までを

642号発明の特許請求の範囲の記載と前記1(4)アの642号特許の明細書の記載事項を総合すれば,642号発明等の技術的思想は,と改める。



原判決63頁17行目の

にあるということができる。

にあるものと解される。

と改め,同頁19行目の照らすと,の次にHIPE連続重合発明について,を加える。

原判決64頁1行目の特徴的部分の完成に関与したを具体化に対する貢献の程度は高くはないものと改め,同頁3行目の照らすと,の次にフィルム発明については,を加え,同頁4行目の644号特許を642号特許と,同頁7行目のあるものをあるもののと改める。


原判決65頁21行目のとどまりから23行目の「いえない。」までを

とどまるから,これをもって,1審原告がHIPE連続重合発明のおおよその完成に関与したことの根拠となるものではない。

と改める。オ
原判決66頁16行目の特徴的部分の完成についての関与をを具体化に対する貢献の程度が高いことをと改め,同頁22行目末尾に行を改めて次のとおり加える。
オ当審における1審原告の補充主張について1審原告は,①HIPE連続重合発明については,1審原告は,水平装置を用いてFAMを連続的に生産することや,HIPEを連続的に重合することを想起し,当該着想に基づいて人工大理石の連続重合装置を用いて行う実験計画を策定し,HIPE連続重合に用いるHIPEを調製し,重合条件等を設定した上で,Dらの協力を得て上記装置を用いて実験し,結果として重合物を得たものであり,上記実験の完了により,HIPE連続重合発明はおよそ完成したものであるから,HIPE連続重合発明は1審原告が主体となって生み出された発明であること,②一方,Dは,FAMに関する知識はなく,HIPEの調製をしたこともなく,E,F,G,I,Hについては,1審原告による実験の補助者か,1審原告によって概ね発明が完成した後に追加的な実験を行った者にすぎないから,1審原告以外の他の関与者は,HIPE連続重合発明についておよそ貢献していないか,貢献があったとしても僅かであること,③フィルム発明については,フィルム選定の検討は1審原告の発案に基づくものであり,また,1審原告は,重合装置のHIPEと接触する材質として適切なものを選別し,Gの実験やJの分析にも1審原告が関与しており,当時のフィルム発明の検討は1審原告が中心となって行われていたものであること,④一方,D,F及びCは,フィルム発明とは無関係であり,G及びJは,1審原告の補助者であり,1審原告以外の他の関与者は,フィルム発明についておよそ貢献していないか,貢献があったとしても僅かであること,⑤1審原告は,フィルム発明に係る出願の願書に筆頭発明者として記載され,フィルム発明及びHIPE連続重合発明の明細書原案を作成したことからすると,642号発明等の共同発明者間における1審原告の貢献度は,低く見積もっても90%以上である旨主張する。しかしながら,上記①については,前記認定のとおり,1審原告がHIPEの連続重合を水平方式で行うことを着想していたことを認めるに足りる証拠はなく,また,人工大理石の連続重合装置を用いた実験は,Dを中心として行われたものであり,HIPE連続重合発明は1審原告が主体となって生み出された発明であるものと認めることはできない。次に,上記③については,前記認定のとおり,シート材を重合装置において使用することを具体化することに貢献したのは,D,F,G及びCであると認められる。さらに,上記②及び④については,前記認定のとおり,1審原告が挙げる共同発明者に関する諸事情は認めることはできない。また,上記⑤については,1審原告が明細書原案を作成したことを裏付ける的確な証拠はないし,また,特許出願において1審原告が筆頭者に記載されたからといって,そのことから直ちに1審原告の貢献度が客観的にみて高いことが根拠付けられるものでもない。したがって,1審原告の上記主張は採用することができない。カ当審における1審被告の補充主張について1審被告は,642号発明等は,HIPE連続重合発明及びフィルム発明からなる発明であるところ,HIPE連続重合発明の具体化に貢献したのは,D,E,F,G,H及びIの6名であり,また,フィルム発明の具体化に主として貢献したのは,1審原告,J,D,F,G及びCの6名であり,1審原告のフィルム発明に対する貢献は,他の発明者の平均的な貢献度よりも高いとは認められないから,1審原告の642号発明等に対する貢献度は,少なくとも12分の1を超えるものではない旨主張する。しかしながら,HIPE連続重合発明とフィルム発明は酸素量低減手段という点で関連しているから,HIPE連続重合発明とフィルム発明の双方について発明者として挙げられている者(D,F及びG)が2倍の貢献をしたものと直ちにいうことはできないから,642号発明等の発明者は9名とみるべきである。そして,前記認定のとおり,642号発明等の共同発明者間における1審原告の貢献度は9分の1と認めるのが相当であるから,1審被告の上記主張は採用することができない。(3)

811号発明等について
次のとおり訂正するほか,原判決の事実及び理由の第3の4(3)
記載のとおりであるから,これを引用する。

原判決66頁24行目の特徴的部分を技術的思想と,同頁
25行目から末行にかけての前記第2の1(4)及び前記1(5)アにおいて判示したところに照らすと,811号発明等は,までを

811号発明の特許請求の範囲の記載と前記1(5)アの811号特許の明細書の記載事項(図面を含む。)を総合すれば,811号発明等の技術的思想は,

と改める。

原判決67頁3行目から4行目にかけての

ものである。

点にあるものと解される。

と,同頁7行目の811号発明の特徴的部分は,をFAMの商用生産技術の確立化の観点からみた811号発明等の技術的意義は,と改める。

原判決69頁20行目の特開平10-36411号公報(甲10),を削り,同頁22行目の(【0040】~【0044】)を(特開平10-36411号公報(甲10)の【0040】~【0044】)と改める。エ
原判決70頁23行目の
特徴的部分技術的思想

と改める。


原判決71頁19行目の特徴的部分に対して具体的な関与をしたことをを技術的思想を着想し,又はその技術的思想の具体化に創作的に関与したことをと改める。

原判決72頁8行目末尾に行を改めて次のとおり加える。
カ当審における1審原告の補充主張について1審原告は,①1審原告が,811号発明等の出発のポイントを見いだした上,811号発明等において最も重要部分である臭素付加による残存二重結合(ペンダント二重結合)の定量法による特定を見いだしたことにより,どの程度まで前段重合を行うのかの分岐点を把握できるようになったものであり,さらには,マイクロ波照射の後硬化の実験その他多数の照射実験等も行い,後硬化に関する検討を行い,811号発明等における重要部分の創作を担い,811号発明全体に対して最も深く関与していたこと,②1審原告以外の他の関与者の役割は部分的なものであり,811号発明等の全体に対して,1審原告が圧倒的に関与しており,他の者と比して格段に貢献していること,③811号発明等の筆頭発明者は1審原告であり,自ら発明届,明細書原案を作成していることからすると,811号発明等の共同発明者間における1審原告の貢献度は,低く見積もっても90%以上である旨主張する。しかしながら,前記認定のとおり,811号発明等の発明者は,1審原告,H,D及びNの4名であり,1審原告は,811号発明等における課題の解決のいずれにも貢献し,特に,ペンダント二重結合の定量化を行うことにより,どの程度まで前段重合を行うかの分岐点の測定手法の部分について相応の貢献をしていること,他の共同発明者も相応の貢献をしているものと認められること,特許出願において1審原告が筆頭者に記載されたからといって,そのことから直ちに1審原告の貢献度が客観的にみて高いことが根拠付けられるものでもないことを総合すると,原告の811号発明等に係る共同発明者としての貢献度は,5分の2と認めるのが相当である。したがって,1審原告の上記主張は採用することができない。キ当審における1審被告の補充主張について1審被告は,①Mは,平成11年3月頃にFAMプロジェクトに参加して以降,2段重合に関し,自己の知見に基づいて実験結果を考察し,2段重合がFAMの物性向上をもたらし得ること及び前段重合と後段重合の分岐点をペンダント二重結合量の定量によって把握すべきことを明らかにし,かつ,自らが分岐点の把握について分析・考察していること(乙151ないし153)からすると,Mは,単に管理者として作業内容を指示したものではなく,FAMの物性向上という効果を具体的に予測しつつ,適切な分岐点での前段重合と後段重合の切り分けを具体的に着想した上で1審原告に対してその定量化作業を指示し,かつ,自らも分岐点把握の分析・考察をしているから,Mにおいては,発明者としての創作的関与であると評価されるべきであり,811号発明等については,1審原告,H,D及びNに加え,Mも発明者であるというべきであること,②1審原告は公知の方法に基づき臭素価の定量化作業を行ったにすぎないから,811号発明等の完成に対する貢献は限定的であることに照らすと,1審原告の811号発明等についての貢献度は共同発明者間の均等割相当分である5分の1を超えるものではない旨主張する。しかしながら,前記認定のとおり,ペンダントの二重結合自体は,平成10年3月の時点で着目されていたのであるから,それまでの実験成果を基に,その定量化を指示したからといって,811号発明等の技術的思想の具体化に創作的に関与したものと認めることはできない。加えて,証人Mの供述(原審)中には,Mは,FAMプロジェクトにおいて,研究のマネージャーとして,日々の研究の優先順位をつけ,進捗の管理をすることが重要なミッションであり,日々の研究計画を策定し,研究員に渡して,その結果のヒアリングをし,●●●●●●●●再度フィードバックして計画を作り直す業務を行った旨の供述部分があることに照らすと,MはFAMプロジェクトに管理者として関与したものであることが認められ,Mが811号発明等の共同発明者であると認めることはできない。そして,前記認定のとおり,原告の811号発明等に係る共同発明者としての貢献度は,5分の2と認めるのが相当であるから,1審被告の上記主張は採用することができない。5
争点4(1審原告が支払を受けるべき相当の対価の額)について
(1)

以上を前提として,本件各発明の特許を受ける権利の持分の承継に係る
相当の対価として,
1審原告が1審被告から支払を受けるべき額を算定する
と,次のアないしウの各差引額の合計256万4950円となる。ア
144号発明等について
(ア)

相当の対価の額

●●●●●●●円

(計算式・●●●●●●●●●●●●●●●×0.05(前記3)×1/4(前記4)=●●●●●●●円)
(イ)

既払額

●●●●円
1審原告は,1審被告の職務発明取扱規程に基づき,144号発
明について出願補償金及び登録補償金として合計●●●●円の支払を受けたものと認められる。
a
出願補償金

●●●●円(●●●●円×2×1/4=●●●●円)

(乙114の1,2,乙129)
b
(ウ)

登録補償金


●●●●円(●●円×1/4=●●●●円)

差引額

●●●●●●●円

642号発明等について
(ア)

相当の対価の額

●●●●●●●円

(計算式・●●●●●●●●●円(前記2)×0.05(前記3)×1/9(前記4)=●●●●●●●円)
(イ)

既払額

●●●●円

1審原告は,1審被告の職務発明取扱規程に基づき,642号発
明について出願補償金及び登録補償金として合計●●●●円の支払を受けたものと認められる。
a
出願補償金

●●●円(●●●●円×1/6=●●●円)(乙12

0の1,乙130)
b
(ウ)

登録補償金


●●●●円(●●円×1/9=●●●●円)

差引額

●●●●●●●円

811号発明等について
(ア)

相当の対価の額

●●●●●●●●円

(計算式・●●●●●●●●●円(前記2)×0.05(前記3)×2/5(前記4)=●●●●●●●●円)
(イ)

既払額

●●●●円

1審原告は,1審被告の職務発明取扱規程に基づき,811号発
明について出願補償金及び登録補償金として合計●●●●円の支払を受けたものと認められる。
a
出願補償金

●●●●円(●●●●円×1/5=●●●●円)(乙

124,131)
b
(ウ)
(2)

登録補償金

●●●●円(●●円×1/5=●●●●円)

差引額

●●●●●●●●円

したがって,1審原告は,1審被告に対し,本件各発明の特許を受ける権
利の持分の承継に係る相当の対価として,256万4950円及びこれに対する平成29年5月17日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めることができる。第5

結論
以上によれば,1審原告の請求は256万4950円及びこれに対する平成29年5月17日から支払済みまで年5分の割合による金員の支払を求める限度で理由があり,その余は理由がない。
したがって,これと異なる原判決は一部失当であり,1審原告の控訴はその限度で理由があるから,1審原告の控訴に基づき,原判決を上記のとおり変更し,1審被告の控訴を棄却することとして,主文のとおり判決する。
知的財産高等裁判所第4部

裁判長裁判官

大鷹一郎
裁判官

古河謙一
裁判官

岡山忠広
トップに戻る

saiban.in