判例検索β > 令和1年(ネ)第10044号
損害賠償等請求控訴事件 不正競争 民事訴訟
事件番号令和1(ネ)10044
事件名損害賠償等請求控訴事件
裁判年月日令和2年1月31日
裁判所名知的財産高等裁判所
権利種別不正競争
訴訟類型民事訴訟
裁判日:西暦2020-01-31
情報公開日2020-06-04 22:29:18
裁判所の詳細 / 戻る / PDF版
令和2年1月31日判決言渡
令和元年(ネ)第10044号

損害賠償等請求控訴事件

(原審・東京地方裁判所平成29年(ワ)第29604号)
口頭弁論終結日

令和元年12月10日
判控人X
訴訟代理人弁護士

山本紀夫山本智子松本幸太松村達紀被訴決控訴人
日本製鉄株式会社

訴訟代理人弁護士

川弘島田ま石川智也濱野敏彦小川裕子河野充志室町峻哉伊主合藤隆大文1本件控訴を棄却する

2
控訴費用は控訴人の負担とする。
事実及び理由
造どか
第1控訴の趣旨
1
原判決を取り消す。

2
被控訴人の請求をいずれも棄却する。

第2事案の概要(略称は,特に断りのない限り,原判決に従う。)1
事案の要旨
本件は,被控訴人が,被控訴人の元社員である控訴人が,被控訴人の保有す
る営業秘密である電磁鋼板に係る原判決別紙2営業秘密目録記載の技術情報(以下本件技術情報と総称し,そのうちの各技術情報を同目録記載の頭書の番号に従って本件技術情報1などという。)を取得し,これを株式會社ポスコ(以下POSCOという。)に対し開示した行為が不正競争防止法(以下不競法という。)2条1項4号又は7号の不正競争(営業秘密の不正取得又は不正開示)に当たる旨主張して,控訴人に対し,同法3条1項に基づき,本件技術情報の使用及び開示の差止めを,同条2項に基づき,本件技術情報を記録した電子ファイル及び同電子ファイルが保存された媒体の廃棄を,同法4条に基づく損害賠償として,10億2300万円及びこれに対する不正競争の後である平成24年4月30日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
原判決は,本件技術情報は同法2条6項の営業秘密に該当すると認定した上で,控訴人が平成17年8月頃から平成19年5月頃にかけて不正の利益を得る目的で本件技術情報をPOSCOに対し開示した行為が同条1項7号の不正競争に当たる旨認定判断し,被控訴人の請求をいずれも認容した。控訴人が原判決を不服として本件控訴を提起した。
2
前提事実
次のとおり訂正するほか,原判決の事実及び理由の第2の2記載のとおりであるから,これを引用する。
(1)

原判決3頁4行目の平成20年3月までを平成19年5月頃まで
と改める。
(2)

原判決3頁6行目の勤務し,の次に平成17年から平成24年までの8年間でを加える。(3)

原判決4頁7行目の損害賠償等を986億円の損害賠償等と改め

る。
(4)

原判決4頁24行目に行を改めて次のとおり加える。

(4)ア本件訴訟に至る経緯被控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●に対し,本件技術情報の漏えいに●●●●●●が関係している疑いがあることを伝え,調査を依頼した。●●●●●は,被控訴人からの依頼に応じて調査を実施し,被控訴人に対し,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●を順次提出した(甲77)。イ被控訴人の担当者は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●控訴人と面談した。控訴人は,上記面談において,控訴人が,●●●●●●●●●●●に転職していたこと,●●●●●●●●●●●における業務に際し,●●●●●●●●●に会ったことがあり,●●●●●●●●●●●●●●●●●に立ち入ったこと,●●●●●●●●●●●から給与として約3000万円を受領したことを認めた。その後,控訴人は,被控訴人からの面談の要請に応じなかった。ウ3被控訴人は,平成29年8月31日,原審に本件訴訟を提起した。
争点
(1)

本件技術情報の不競法2条6項の営業秘密該当性(争点1)。

(2)

控訴人による不競法2条1項4号又は7号の不正競争の成否(争点2)。
(3)

被控訴人の損害額(争点3)

(4)

弁済の抗弁の成否(争点4)

(5)

消滅時効の抗弁の成否(争点5)

第3争点に関する当事者の主張
1
争点1(本件技術情報の不競法2条6項の営業秘密該当性)について次のとおり訂正するほか,原判決の事実及び理由の第3の1記載のとおりであるから,これを引用する。
(1)

原判決6頁20行目から24行目までを次のとおり改める。

イ控訴人は,控訴人作成の「営業秘密(目録番号1~27)に非公知性が認められないことに関する報告書と題する文書(乙11)記載の特許公報,論文等(以下,これらを総称して乙11記載の公知文献等という。)によれば,本件技術情報1ないし6,8ないし17及び26は,公知である旨主張するが,以下に述べるとおり,いずれも非公知である。
(ア)

本件技術情報は,被控訴人の大規模な工場で行われる方向性電磁

鋼板の工業生産のための実際の操業に関する情報であり,被控訴人において,長い年月と膨大なコストをかけて,膨大な数のラボ実験,現場試験等を実施し,そこから得られるデータや知見に基づいて●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●を作成していくことにより初めて得られたものである。
しかるところ,乙11記載の公知文献等に方向性電磁鋼板の製造方法に関する条件の一部が記載されているとしても,それらはあくまでも,ラボ実験条件等のごく一部が記載されているにすぎないから,乙11記載の公知文献等で開示されている情報と本件技術情報はそもそもその実務的な有用性の点で性質が異なる。
また,乙11記載の公知文献等に営業秘密に近い情報が一部存在していたとしても,本件技術情報そのものが開示されているものではない。
したがって,乙11記載の公知文献等によって,本件技術情報1ないし6,8ないし17及び26の非公知性が否定されることはない。(イ)

本件技術情報1は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●控訴人の主張は,その前提において誤りがある。
(ウ)

本件技術情報2は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
(エ)

本件技術情報3は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
控訴人は,上記技術情報が多くの乙11記載の公知文献等に記載されている旨主張する
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
(オ)

本件技術情報4は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
(カ)

本件技術情報5は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
(キ)

本件技術情報6は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
(ク)

本件技術情報8は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
控訴人は,乙11記載の公知文献等には,●●●●●●●●●●●技術が多く開示されている旨主張する。
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
(ケ)

本件技術情報9は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●技術情報である。控訴人は,
乙11記載の公知文献等
(特開平7-62440号公報,
特開平6-25749号公報,特開平6-100938号公報等)には,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●は乙11記載の公知文献等に全く記載されていない。
(コ)

本件技術情報10ないし14は,被控訴人が,方向性電磁鋼板の

品質を向上させるために,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●独自の研究を行った結果として確立された被控訴人の独自の工業生産技術である●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●に関する技術情報である。
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●乙11記載の公知文献等に開示されている旨主張するが,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●は,乙11記載の公知文献等に記載されていない。(サ)

本件技術情報15ないし17は,工業生産に耐え得る条件で●●

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●を実現すべく,多額の開発費を投じて独自に行った研究の結果を内容とする●●●●●●●●●●●●の製造技術を確立するための技術情報である。
控訴人は,上記技術情報は乙11記載の公知文献等に開示されている旨主張するが,●●●●●●●●●●●●●●●●は乙11記載の公知文献等に記載されていない。
(シ)

本件技術情報26は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
控訴人は,上記技術情報は乙11記載の公知文献等に開示されている旨主張するが,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●は,乙11記載の公知文献等に一切開示されていない。」
(2)

原判決7頁16行目末尾に行を改めて次のとおり加える。

被控訴人の主張によれば,控訴人は,被控訴人を退職した平成6年12月31日以降に,本件技術情報を持ち出したことになる。このことは,本件技術情報が秘密として管理されていたことと矛盾する。

(3)

原判決7頁19行目の例えばから23行目までを次のとおり改める。
すなわち,本件技術情報は,乙11記載の公知文献等に記載された公開情報であるから,非公知性は認められない。ア本件技術情報1は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●イ本件技術情報2は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●ウ本件技術情報3は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●多くの乙11記載の公知文献等(甲99ないし108)に記載されている。エ本件技術情報4は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●オ本件技術情報5は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●カ本件技術情報6は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●キ本件技術情報8は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●乙11記載の公知文献等には●●●●●●●●●●技術が多く開示されている。ク本件技術情報9は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●ケ本件技術情報10ないし14は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●乙11記載の公知文献等に開示されている。コ本件技術情報15ないし17は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●乙11記載の公知文献等に開示されている。サ本件技術情報26は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●乙11記載の公知文献等に開示されている。
2
争点2(控訴人による不競法2条1項4号又は7号の不正競争の成否)について
次のとおり訂正するほか,原判決の事実及び理由の第3の2記載のとおりであるから,これを引用する。
(1)

原判決8頁4行目末尾に次のとおり加える。

控訴人が,●●●●●●において本件技術情報とは関連のない業務に従事していたとしても,控訴人による本件技術情報の漏えいを否定することにはならない。また,日鐵プラント設計において副業が禁止されていなかったからといって,控訴人による本件技術情報の漏えいを正当化するものではない。(2)

原判決8頁22行目の●●●●●●●●●から24行目ののみであり,までを削る。(3)

原判決8頁25行目末尾に改行して次のとおり加える。

(3)●●●●●●●●●●●に関する控訴人の補充主張に対し原判決は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●経緯において不自然な点はないこと,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●によって実施された調査結果(甲77等)とも整合することを根拠とした上で,●●●●●●●●●十分な●●●が認められると判断したものであり,極めて正当である。控訴人は,●●●●●●●●●●●についてるる主張するが,いずれも理由がない。(4)
原判決9頁2行目から5行目までを次のとおり改める。控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●の研究に携わったが,これ自体は本件技術情報と関係がない。控訴人が,かかる業務の遂行として,●●●●●を訪問したり,●●●●●●●●と会うこと自体は,何ら不適切,不自然な行為ではない。また,控訴人は,日鐵プラント設計在職中に,●●●●●●で業務に従事した。これは,控訴人が数か月後に退職する予定であった頃に,日鐵プラント設計から転職の誘いがあり,仕事仲間に好感を持ったことから,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●週2~3日のパート勤務に従事して給与を受け取ったにすぎない。控訴人は,日鐵プラント設計の嘱託社員であったことから,副業は禁止されていなかった。したがって,控訴人が日鐵プラント設計在職中に●●●●●●で業務に従事したことを根拠に,控訴人による本件技術情報の漏えいを疑うのは邪推である。
(5)

原判決9頁20行目末尾に行を改めて次のとおり加える。

(3)●●●●●●●●●●●に関する控訴人の補充主張原判決は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●経緯に不自然な点は見当たらない上,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●によって実施された調査結果とも整合するものであるから,●●●●●●●●●●●●●旨判断した。しかしながら,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●が控訴人から本件技術情報を入手したというのみで,具体的な入手態様が明らかにされておらず,控訴人がいつの段階で本件技術情報を不正に取得し,あるいは,当該情報をどのようにして●●●●●●●●●●●●など漏えい行為の根幹となる事実が明らかでないこと,●●●●●●●●●●●●●●●(甲6,7の2,11,14及び40)には,資料作成日時,作成者,●●●●●の記載や決済印がなく,控訴人の氏名すら記載されておらず,他の被控訴人関係者が本件技術情報を開示した可能性も十分に認められるから,●●●●●●は,控訴人が本件技術情報を漏えいしたことを示すものではなく,●●●●●●●●●●を裏付けるものではないこと,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●には,技術内容の誤りが多数あり,そもそも控訴人が知らないか,知り得ない技術分野に関する説明も記載されていること(乙8,18等),●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●であるとともに,●●●●●の大口株主であり,●●●●●●●●●●●●に多数の社員が出向・転籍していることがうかがえることからすれば,中立的な第三者によって作成されたものとはいえず,具体的な調査資料の裏付けがなく,信用性がないから,●●●●●●●●●●を裏付けるものではないこと,●●●●●●●●●●●被控訴人と関係のない控訴人に本件技術情報の漏えいの罪をなすりつけ,●●●●●●被控訴人との間の紛争を和解で解決してしまおうとした動機,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●がなかったということはできないこと,●●●●●●●●●●●における控訴人の同僚や上司らは,控訴人が,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●本件技術情報の開示には関与していないと陳述していること(乙4ないし6,12)などの諸点を踏まえると,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●ことは明らかであるから,原判決の上記判断は誤りである。3
争点3(被控訴人の損害額)について
次のとおり訂正するほか,原判決の事実及び理由の第3の3記載のとおりであるから,これを引用する。
(1)

原判決10頁2行目の「増加した。」の次に以下のとおり加える。

この点に関し控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●がHGOの品質改善に大きく寄与した旨主張するが,何ら裏付けがない。

(2)

原判決10頁15行目から18行目までを次のとおり改める。

POSCOが●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●とする根拠はなく,本件技術情報は,本件技術情報3,6,8及び9を除き,●●●●●●●に対しては関連が極めて薄いか,全く関連しない情報である。また,本件技術情報3,6,8及び9についても,公知文献で広く知られている一般論であり,当該情報を得たからといって,●●●●●●●●●●●●●●●されるようなものではない。また,被控訴人が有していた他の営業秘密,多数の被控訴人の元従業員による技術指導,他社からの特許のライセンス及びPOSCO自身の研究開発によって,●●●●●●●●●●●可能性もある。さらに,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●HGOの品質改善に大きく寄与していた。したがって,被控訴人の主張は根拠が薄弱である。4
争点4(弁済の抗弁の成否)について
原判決の事実及び理由の第3の4記載のとおりであるから,これを引用する。

5
争点5(消滅時効の抗弁の成否)について
次のとおり訂正するほか,原判決の事実及び理由の第3の5記載のとおりであるから,これを引用する。
原判決11頁16行目末尾に行を改めて次のとおり加える。
控訴人は,●●●●●●●●●●の被控訴人との面談までに,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●と会ったり,●●●●●に立ち入ったりしたことを被控訴人に対し述べたことはなく,控訴人が被控訴人に対し,平成24年以降の面談の際に情報を提供していなかったことは,控訴人自身が認めるところである。
第4当裁判所の判断
当裁判所も,被控訴人の請求はいずれも理由があるものと判断する。その理由は,次のとおりである。
1
事実認定
次のとおり訂正するほか,原判決の事実及び理由の第4の1記載のとおりであるから,これを引用する。
(1)

原判決11頁22行目の被告は,を控訴人((省略)生)は,と

改める。
(2)

原判決13頁18行目のイの次に控訴人は●●●●●●●●●●●に勤務し,を加え,同頁21行目末尾に行を改めて次のとおり加える。ウ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●(3)

原判決15頁3行目末尾に行を改めて次のとおり加える。

オ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
(4)

原判決15頁4行目から18頁16行目までを次のとおり改める。
(5)控訴人によるPOSCOに対する本件技術情報の開示控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●被控訴人の電磁鋼板に関する技術情報を,以下のとおり開示した(甲4ないし6,7の2,11,14,16の2,27,30,32,34,36,38,40,80,81)。ア本件技術情報1控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●において,本件技術情報1に係る方向性電磁鋼板の●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●に関する情報を,被控訴人が実際に採用しているという事実とともに開示した。●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●本件技術情報1を含む技術情報が記載されている(甲4,6,7の2)。イ本件技術情報2控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●において,本件技術情報2に係る方向性電磁鋼板の●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●に関する情報を開示した。●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●本件技術情報2を含む技術情報が記載されている(甲4,6)。ウ本件技術情報3控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●において,本件技術情報3に係る方向性電磁鋼板の●●●●●●●●に関する情報を開示した。●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●本件技術情報3を含む技術情報が記載されている(甲4,7の2)。エ本件技術情報4控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●において,本件技術情報4に係る方向性電磁鋼板の●●●●●●●●●●●●●●●に関する情報を,被控訴人が実際に採用しているという事実とともに開示した。●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●本件技術情報4を含む技術情報が記載されている(甲4,11)。オ本件技術情報5控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●において,本件技術情報5に係る方向性電磁鋼板の●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●に関する情報を開示した。●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●本件技術情報5を含む技術情報が記載されている(甲4,11)。カ本件技術情報6控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●において,本件技術情報6に係る方向性電磁鋼板の●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●に関する情報を開示した。●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●本件技術情報6を含む技術情報が記載されている。●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●(甲4,14,80,81)。キ本件技術情報7控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●において,本件技術情報7に係る方向性電磁鋼板の●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●開示した(甲4,5,16の2)。ク本件技術情報8控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●において,本件技術情報8に係る方向性電磁鋼板の●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●に関する情報を,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●開示した(甲4,5,16の2)。ケ本件技術情報9控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●において,本件技術情報9に係る方向性電磁鋼板の●●●●●●●●●●●●●●●●に関する情報を,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●開示した(甲4,5,16の2)。コ本件技術情報10ないし14控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●において,本件技術情報10ないし14に係る●●●●に関する情報を,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●開示した(甲4,5,16の2)。サ本件技術情報15ないし17控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●において,本件技術情報15ないし17に係る方向性電磁鋼板の●●●●●●●●に関する情報を,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●開示した(甲4,5,16の2)。シ本件技術情報18控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●において,本件技術情報18に係る方向性電磁鋼板の●●●●●●●●●●●に係る情報を,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●開示した(甲4,5,16の2)。ス本件技術情報19及び20控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●において,本件技術情報19及び20に係る方向性電磁鋼板を●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●に関する情報を,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●開示した(甲4,27)。セ本件技術情報21控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●において,本件技術情報21に係る●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●に関する情報を,●●●●●●●●●●●●●●●●●●開示した(甲4,30)。ソ本件技術情報22控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●において,本件技術情報22に係る●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●に関する情報を,●●●●●●●●●●●●●●●●●●開示した(甲4,32)。タ本件技術情報23控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●において,本件技術情報23に係る方向性電磁鋼板の●●●●●●●に関する情報を,●●●●●●●●●●●●●●●●●●開示した(甲4,34)。チ本件技術情報24控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●において,本件技術情報24に係る方向性電磁鋼板の●●●●●●●●●●●●●●●●に関する情報を,●●●●●●●●●●●●●●●●●●開示した(甲4,36)。ツ本件技術情報25控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●において,本件技術情報25に係る方向性電磁鋼板に関する●●●●●●●●●●●に関する情報を開示した。●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●(甲4,5,38)。テ本件技術情報26控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●において,本件技術情報26に係る方向性電磁鋼板の●●●●●●●●に関する情報を開示した。●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●本件技術情報26を含む技術情報が記載されている(甲5,40)。ト本件技術情報27控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●において,本件技術情報27に係る方向性電磁鋼板の●●●●●●●●●●に関する情報を開示した。●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●本件技術情報27を含む技術情報が記載されている(甲5,40)。(5)

原判決25頁23行目の
●●●●●によって実施された調査結果●を●●●●によって提出された調査結果(甲43ないし54,78ないし81)と改める。
(6)

原判決26頁8行目から9行目にかけての被告がから11行目の箇所である上,までを削る。(7)

原判決26頁22行目末尾に行を改めて次のとおり加える。

(9)ア●●●●●●●●●●●に関する控訴人の補充主張について●●●●●●●●●●●●●は,被控訴人がPOSCOらに対しPOSCOらによる被控訴人の保有する営業秘密の侵害行為等を理由とする損害賠償請求訴訟(前件訴訟)を提起した後,平成27年9月に,被控訴人とPOSCOらとの間で,POSCOが被控訴人に対し300億円の和解金を支払うことなどを内容とする訴訟外の和解が成立したこと(甲2)●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●経緯自体が●●●●●●●●●●を基本的に基礎付けるものといえる。そして,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●によって客観的に裏付けられるものである。このうち,●●●●●●●日時,場所,●●●●●●●●●●●が記載され,社内資料の体裁として不自然な点はない。●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●③控訴人は,被控訴人及び日鐵プラント設計に在籍中に,長年にわたって一貫して電磁鋼板の技術開発業務に従事し,主に方向性電磁鋼板の●●●●●●●●●●●●●●●の開発等に貢献してきたこと(甲78)に照らすと,本件技術情報に関する知見を取得し得たこと,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●控訴人のほかに,本件技術情報に関する知見を有していた者が●●●●●との会議や打合せに関与したことはうかがわれず,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●加えて,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●によって被控訴人に提出された,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●こととも整合するものである。これらの事実によれば,●●●●●●●●●●●●●●●●●●ものと認められる。イこれに対し控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●が控訴人から本件技術情報を入手したというのみで,具体的な入手態様が明らかにされておらず,控訴人がいつの段階で本件技術情報を不正に取得し,あるいは,当該情報をどのようにして●●●●●●●●●●●●など漏えい行為の根幹となる事実が明らかでないこと,●●●●●●●●●●●●●●●(甲6,7の2,11,14,40)には,資料作成日時,作成者,●●●●●の記載や決済印がなく,控訴人の氏名すら記載されておらず,他の被控訴人関係者が本件技術情報を開示した可能性も十分に認められるから,●●●●●●は,控訴人が本件技術情報を漏えいしたことを示すものではなく,●●●●●●●●●●を裏付けるものではないこと,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●には,技術内容の誤りが多数あり,そもそも控訴人が知らないか,知り得ない技術分野に関する説明も記載されていること(乙8,18等),●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●であるとともに,●●●●●の大口株主であり,●●●●●●●●●●●●に多数の社員が出向・転籍していることがうかがえることからすれば,中立的な第三者によって作成されたものとはいえず,具体的な調査資料の裏付けがなく,信用性がないから,●●●●●●●●●●●裏付けるものではないこと,●●●●●●●●●●●被控訴人と関係のない控訴人に本件技術情報の漏えいの罪をなすりつけ,●●●●●●被控訴人との間の紛争を和解で解決してしまおうとした動機,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●がなかったということはできないこと,⑦●●●●●●●●●●●●●●控訴人の同僚や上司らは,控訴人が,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●本件技術情報の開示には関与していないと陳述していること(乙4ないし6,12)などの諸点を踏まえると,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●ことは明らかであり,控訴人が本件技術情報をPOSCOに対し開示した事実はない旨主張し,控訴人作成の令和元年9月11日付け陳述書(乙7)中には,これに沿う記載部分がある。しかしながら,上記①の点については,前記ア認定のとおり,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●基本的に基礎付けるものであり,その記載内容に客観的に裏付けがあるから,控訴人の挙げる●●●●●●●は,●●●●●●●●●●●●●●●●を揺るがすものではない。上記②の点については,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●(甲6,7の2,11,14,38,40),●●●●●●●●●●●●●●から,前記1(5)(「控訴人によるPOSCOに対する本件技術情報の開示)のとおり認定することができる。
上記③及び④の点については,前記ア認定のとおり,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●日時,場所,●●●●●●●●●●●が記載され,社内資料の体裁として不自然な点はなく,その記載内容は●●●●●●●●●●●●を客観的に裏付けるものである。また,控訴人が指摘する●●●●●●●の技術内容の誤り等は,単なる誤記か本件技術情報とは無関係の箇所である上,仮に●●●●●●●の一部に技術的に誤った記載があったとしても,翻訳等の意思の伝達方法の困難性や●●●●●●●●●の技術的知見の不十分さによるものであったとも考えられるから,直ちに●●●●●●●●●●●●●を左右するものではない。さらに,控訴人は,被控訴人及び日鐵プラント設計に在職中に,長年にわたって一貫して電磁鋼板の技術開発業務に従事してきたのであるから,控訴人が指摘する技術的事項に関する知見等について,控訴人が在職中に取得し,これをPOSCOに提供することが困難であったということはできない。
上記⑤の点については,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●を配慮して作成されたものとはいえないし,また,その記載内容に不自然な点は見当たらない。
上記⑥の点については,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●があったことを客観的にうかがわせる証拠はない。
上記⑦の点については,控訴人が挙げるA作成の陳述書(乙4,12),B作成の陳述書(乙5)及びC作成の陳述書(乙6)中には,控訴人が本件技術情報のPOSCOへの不正開示行為を行っているところを見たことはない旨などが記載されているが,他方で,控訴人が本件技術情報の不正開示行為を行った事実を否定する具体的な事情の記載はないから,上記各陳述書は●●●●●●●●●●●●●●●●を揺るがすものではない。
以上のとおり,上記①ないし⑦の点はいずれも採用することはできず,控訴人作成の陳述書中の上記記載部分は措信することができないから,控訴人の上記主張は理由がない。
その他控訴人はるる主張するが,いずれも●●●●●●●●●●●を左右するものではない。」
2
争点1(本件技術情報の不競法2条6項の営業秘密該当性)について次のとおり訂正するほか,原判決の事実及び理由の第4の2記載のとおりであるから,これを引用する。
(1)

原判決27頁17行目の本件技術情報は,をア本件技術情報は,

と改める。
(2)

原判決27頁19行目から末行までを次のとおり改める。

イこれに対し,控訴人は,本件技術情報1ないし6,8ないし17及び26には,乙11記載の公知文献等に記載された情報が含まれており,非公知性は認められない旨主張する(乙11)。しかしながら,本件技術情報は,電磁鋼板の生産現場で採用されている具体的条件を含むものであり,乙11記載の公知文献等に記載されている研究開発段階の製造条件とは,技術的位置付けが異なる。また,乙11記載の公知文献等に記載されている製造条件は,文献毎にばらつきがあったり,一定の数値範囲を記載するにとどまるものである。そして,電磁鋼板は多段階工程で製造され,高品質の電磁鋼板を製造するためには,各工程の最適条件の組合せが必要とされるのであって,一工程の一条件のみでは高品質の電磁鋼板を製造することはできない。したがって,乙11記載の公知文献等に本件技術情報の具体的な条件を含む記載があるというだけでは,生産現場で実際に採用されている具体的な条件を推知することはできず,非公知性は失われていないというべきである。そして,以下に述べるとおり,本件技術情報1ないし6,8ないし17及び26には,乙11記載の公知文献等に記載された情報が含まれており,非公知性は認められない旨の控訴人の主張は理由がない。(ア)本件技術情報1について控訴人は,本件技術情報1は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●乙11記載の公知文献等に記載された情報とは性質を異にするものであるから,大量の情報の中に本件技術情報1に近い情報が存在しているからといって,非公知性は否定されない。したがって,控訴人の上記主張は理由がない。(イ)本件技術情報2について控訴人は,本件技術情報2は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●本件技術情報2が開示されている旨主張する。しかしながら,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●本件技術情報2の非公知性は失われないから,控訴人の上記主張は理由がない。。(ウ)本件技術情報3について控訴人は,本件技術情報3は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●このことは多くの乙11記載の公知文献等(甲99ないし108)に記載されている旨主張する。しかしながら,前記(ア)のとおり,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●乙11記載の公知文献等に記載された情報とは性質を異にするものであるから,大量の情報の中に本件技術情報3に近い情報が存在しているからといって,非公知性は否定されない。また,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●が開示されているとはいえない。したがって,控訴人の上記主張は理由がない。(エ)本件技術情報4について控訴人は,本件技術情報4は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●しかしながら,前記(ア)のとおり,本件技術情報4の操業条件は,●●●●●●●●●●●●●●●乙11記載の公知文献等に記載された情報とは性質を異にするものであり,各特許文献において「実施例として記載されているからといって,直ちに被控訴人における●●●●●●●を示すものではない。
したがって,本件技術情報4は,依然として非公知であるというべきであるから,控訴人の上記主張は理由がない。
(オ)

本件技術情報5について
控訴人は,本件技術情報5は,●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
したがって,
本件技術情報5は非公知であるというべきであるから,
控訴人の上記主張は理由がない。
(カ)

本件技術情報6について
控訴人は,本件技術情報6は●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●本件技術情報6が開示されているとはいえない。したがって,控訴人の上記主張は理由がない。
(キ)

本件技術情報8について
控訴人は,本件技術情報8は,●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●乙11記載の公知文献等には●●●●●●●●●●●技術が多く開示されている旨主張する。
しかしながら,本件技術情報8においては,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●は乙11記載の公知文献等に開示されていない。●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●かかる技術情報も乙11記載の公知文献等に開示されていない。
したがって,控訴人の上記主張は理由がない。
(ク)

本件技術情報9について
控訴人は,本件技術情報9は,●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●は乙11記載の公知文献等に記載されていないから,
控訴人の上記主張は理由がない。
(ケ)

本件技術情報10ないし14について
控訴人は,本件技術情報10ないし14は,●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●は,乙11記載の公知文献等に開示されている旨主張する。
しかしながら,本件技術情報10ないし14を構成する●●●●●●●●●●●●●●●●は,控訴人の指摘する乙11記載の公知文献等に記載されていないから,控訴人の上記主張は理由がない。
(コ)

本件技術情報15ないし17について
控訴人は,本件技術情報15ないし17は,●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●は乙11記載の公知文献等に開示されている旨主張する。
しかしながら,控訴人の指摘する乙11記載の公知文献等に本件技術情報15ないし17は記載されていないから,控訴人の上記主張は理由がない。
(サ)

本件技術情報26について
控訴人は,本件技術情報26は,●●●●●●●●●に関するもの
であるところ,
乙11記載の公知文献等に開示されている旨主張する。
しかしながら,本件技術情報26の●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●は,控訴人の指摘する乙11記載の公知文献等に開示されていないから,控訴人の上記主張は理由がない。」
3
争点2(控訴人による不競法2条1項4号又は7号の不正競争の成否)について
次のとおり訂正するほか,原判決の事実及び理由の第4の3記載のとおりであるから,これを引用する。
原判決28頁5行目から8行目の「開示した。」までを次のとおり改める。

前記1(5)で認定のとおり,控訴人は,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●被控訴人の電磁鋼板に関する本件技術情報を開示したことが認められる。


4
争点3(被控訴人の損害額)について
次のとおり訂正するほか,原判決の事実及び理由の第4の4記載のとおりであるから,これを引用する。
(1)

原判決30頁23行目末尾に行を改めて次のとおり加える。

(4)控訴人は,控訴人が●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●が,HGOの品質改善に大きく寄与した旨主張するが,これを認めるに足りる証拠はない。控訴人は,そのほかにもるる主張するが,いずれも,●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●との上記認定判断を左右するものではない。(2)
5
原判決30頁24行目の(4)を(5)と改める。

争点4(弁済の抗弁の成否)について
次のとおり訂正するほか,原判決の事実及び理由の第4の5記載のとおりであるから,これを引用する。
原判決31頁6行目から7行目までを次のとおり改める。
しかしながら,POSCOと控訴人の負う債務は不真正連帯債務であるから,POSCOと被控訴人との間でPOSCOの負う債務の額について何らかの合意がされたとしても,合意の効果は控訴人に及ぶものではない。また,POSCOと被控訴人との間の訴訟は,POSCOらによる営業秘密侵害行為等を理由として986億円の損害賠償等を求める訴えであるところ,POSCOの支払った和解金300億円がいかなる債務のいかなる額の弁済に充てられたかを認めるに足りる証拠はない。この点に関し控訴人は,弁済の事実の証明軽減が図られるべきである旨主張するが,採用することはできない。したがって,控訴人の弁済の抗弁は認められない。
6
争点5(消滅時効の抗弁の成否)について
原判決の事実及び理由の第4の6記載のとおりであるから,これを引用する。

7
結論
以上によれば,被控訴人の請求はいずれも理由があるから,これを認容した原判決は相当である。
したがって,本件控訴は理由がないからこれを棄却することとし,主文のとおり判決する。

知的財産高等裁判所第4部

裁判長裁判官

大鷹一郎
裁判官

古河謙一
裁判官

岡山忠広
トップに戻る

saiban.in