判例検索β > 平成30年(行ウ)第254号
行政文書不開示決定処分取消請求事件
事件番号平成30(行ウ)254
事件名行政文書不開示決定処分取消請求事件
裁判年月日令和元年9月12日
裁判所名東京地方裁判所
判示事項情報公開法に基づく情報開示請求のうち宗教法人が所轄庁に提出した役員名簿,財産目録,収支計算書,貸借対照表,境内建物に関する書類及び公益事業以外の事業に関する書類に係る部分につき存否を明らかにしないで不開示とした決定が不適法とされた事例
裁判要旨情報公開法に基づく情報開示請求のうち宗教法人が所轄庁に提出した役員名簿,財産目録,収支計算書,貸借対照表,境内建物に関する書類及び公益事業以外の事業に関する書類に係る部分について,これらの書類の写しが所轄庁に提出されていない事実が明らかになったとしても,当該宗教法人の具体的な状況,活動内容等が明らかになるものとはいえないことから,書類提出制度の事務又は事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがなく,当該宗教法人又はその代表役員等の権利,競争上の地位その他正当な利益を害するおそれがあるものと認められないことなど判示の事情の下においては,本件対象文書の存否について回答することが同法5条2号イ又は6号柱書きの不開示情報を開示することになるとはいえないから,同法8条に基づいて上記部分につき存否を明らかにしないで不開示とした決定は,不適法である。
裁判日:西暦2019-09-12
情報公開日2020-03-26 12:00:33
裁判所の詳細 / 戻る / PDF版
令和元年9月12日判決言渡
平成30年(行ウ)第254号

行政文書不開示決定処分取消請求事件

主1文
文化庁長官が原告に対して平成28年11月25日付けで行った行政文書不開示決定(〇受庁文第〇号)のうち,A教団が所轄庁に提出
した役員名簿,財産目録,収支計算書,貸借対照表,境内建物に関する書類及び公益事業以外の事業に関する書類の存否を明らかにしないで不開示とした部分を取り消す。
2
訴訟費用は被告の負担とする。
事実及び理由

第1

請求の趣旨
主文同旨

第2

事案の概要
本件は,原告が,処分行政庁に対し行政機関の保有する情報の公開に関する法律(平成28年法律第51号による改正前のもの。以下情報公開法とい
う。
)3条に基づき,A教団が所轄庁に提出した規則,役員名簿等に係る開示請求(以下本件開示請求という。
)をしたところ,処分行政庁が,平成28年
11月25日付けで,①規則については,取得しておらず保有していないとして不開示とし,②その他の請求文書(以下本件対象文書という。)について
は,情報公開法8条に基づき,これらの文書の存否を明らかにしないで不開示
とする旨の決定(〇受庁文第〇号。以下本件不開示決定といい,②の部分を本件存否応答拒否部分という。
)をしたことから,処分行政庁の所属する
被告に対し,本件不開示決定のうち本件存否応答拒否部分の取消しを求める事案である。
1
関係法令等の定め
関係法令等の定めは別紙2-1~2-4のとおりである(なお,同別紙中で定義した略称等は,以下の本文においても同様に用いることとする。。)
2
前提事実
(1)

原告による本件開示請求
原告は,平成28年10月25日付けで,情報公開法4条1項に基づき,
処分行政庁に対し,A教団が現在に至るまで所轄庁に提出した規則,役員名簿,財産目録,収支計算書,貸借対照表,境内建物に関する書類,公益事業以外の事業に関する書類,その他宗教法人法(改正前のものを含む。)に基づ
き提出義務が課されている一切の書類(ただし,本件開示請求に先立つ行政文書開示請求において開示されたものを除く。の開示を請求した

(本件開示

請求。甲1の1,2,甲2,乙3)

なお,A教団の所轄庁は文部科学大臣であるが(宗教法人法5条2項),文
部科学省の所掌事務のうち宗教法人法の規則,規則の変更,合併及び任意解散の認証並びに宗教に関する情報資料の収集及び宗教団体との連絡に関する事務は文化庁宗務課の所掌事務とされているため(文部科学省設置法4
条1項85号,19条,平成30年政令第266号による改正前の文部科学省組織令106条1項)文化庁長官が処分行政庁である

(国家行政組織法3
条2項,情報公開法2条1項3号,3条)

(2)

処分行政庁による本件不開示決定
処分行政庁は,平成28年11月25日付けで,原告に対し,本件開示請
求の請求文書のうち,①規則については,取得しておらず保有していないこと,②その他の請求文書(本件対象文書)については,その存否を答えることにより,A教団から当該文書が提出されているか否かを明らかにすることになるところ,これは,国の機関が行う事務に関する情報であって,公にすることにより,当該事務の性質上,当該事務の適正な遂行に支障を及ぼすお
それがあるもの(情報公開法5条6号柱書き)に該当するため,同法8条により当該文書の存否を明らかにすることができないことを理由として,同法9条2項の規定に基づき,本件不開示決定をした(争いのない事実)。
(3)

原告の審査請求
原告は,平成29年2月27日付けで,処分行政庁に対し,行政不服審査
法2条の規定に基づき,
本件不開示決定の取消しを求める審査請求をした
(争
いのない事実)


(4)

情報公開・個人情報保護審査会への諮問及び同審査会の答申
処分行政庁は,平成29年5月29日付けで,本件不開示決定は適法かつ
妥当であり,
上記(3)の審査請求には理由がないと判断し,
行政不服審査法4
5条2項の規定に基づき,
審査請求を棄却する旨の裁決をすべく,
情報公開・
個人情報保護審査会へ諮問した。

これに対し,情報公開・個人情報保護審査会は,同年12月8日付けで,本件不開示決定のうち本件存否応答拒否部分については取り消すべきである旨の答申をした(以上につき,甲5,弁論の全趣旨)

(5)

処分行政庁による棄却裁決
処分行政庁は,本件裁決を踏まえ,再度検討を行った上で,平成30年2
月6日付けで,
原告に対し,
前記(3)の審査請求を棄却する旨の裁決をした
(甲
4,弁論の全趣旨)

(6)

原告による本件訴訟提起
原告は,平成30年6月25日,本件不開示決定のうち本件存否応答拒否
部分の取消しを求めて,本件訴訟を提起した(当裁判所に顕著な事実)。

3
争点及びこれに関する当事者の主張
本件の争点は,本件不開示決定のうち本件存否応答拒否部分について,情報公開法5条6号柱書き又は2号イの不開示事由に該当することにより同法8条に基づき文書の存否を明らかにしないで不開示としたことの適否である。
(被告の主張)
(1)

本件対象文書記載の情報が情報公開法5条6号柱書きに該当し,
同法8条
により文書の存否を明らかにしないで開示請求を拒否することができることア
国の機関〔中略〕が行う事務〔中略〕に関する情報該当性
本件対象文書は,いずれも,宗教法人法25条4項に基づき所轄庁に提出されるべきものであるところ,これらの書類は,宗教法人が規則等に従ってその目的に沿った活動を行っていることを所轄庁が継続的に確認し,
宗教法人法の適正な運用を図るために提出されるべきものである。したがって,本件対象文書に記載された情報は,いずれも情報公開法5条6号柱書きの国の機関〔中略〕が行う事務〔中略〕に関する情報に当たる。イ
事務〔中略〕の性質上,当該事務〔中略〕の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがあること(ア)おそれの判断における判断手法
情報公開法5条6号柱書きに定める事務又は事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがあるか否かという将来の予測に係る事由の判断についてみると,問題の情報を公にすることによって,国の事務等の適正
な遂行にどのような判断が及ぶかの判断は,それまでに蓄積された行政運営上の経験の上に立って初めて的確にすることができる場合が多いものであり,また,それぞれに関連する行政事務等の実態や全容等を把握しないままでは,的確にその予測をすることができない場合もある。そして,情報公開法は,行政文書の開示請求について,申請権として
の開示請求権を付与し,行政庁に応答としての開示又は不開示の決定をさせる,すなわち,開示の拒否に関する法制度において,行政庁の第一次的判断権を介在させるという仕組みを採用している。
そうすると,情報公開法5条6号柱書きに定める事務又は事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがあるという要件については,行政機
関の長に要件裁量を付与したとまではいえないとしても,開示実施の任に当たる行政機関の長に一定の幅のある判断をさせることを許容しているというべきである。
したがって,情報公開法5条6号柱書きに定める不開示情報に係る,将来の予測を内容とする要件である
おそれ
の要件該当性については,
少なくとも,行政機関の長に一定の幅のある判断が許容されていると解し得るものであり,そのような幅を逸脱する判断がされた場合に限り,その要件該当性が否定され,当該不開示処分が違法性を帯びるとの判断手法を採用するのが相当である。
このことは,情報公開法8条に規定する存否応答拒否の要件である,開示請求に係る行政文書の存否を明らかにするだけで当該おそれが
あるといえるか否かの判断についても同様であり,そのような幅を逸脱する判断がされた場合に限り,おそれ
当該
の要件該当性が否定され,
当該存否応答拒否処分が違法性を帯びるとの判断手法を採用するのが相当である。
(イ)宗教法人からの信頼を維持する必要性

a
宗教法人法25条4項による備付け書類の所轄庁への提出制度(以下書類提出制度という。
)に基づき提出されるべき書類(同条2項
2号~4号及び6号の書類
(以下
役員名簿等
という。の写し)

は,
制度の趣旨(前記ア)からも,公開が予定されているものではなく,宗教法人から所轄庁に役員名簿等の写しが提出されているかについて
も,同様に,その公開が予定されていないものであって,役員名簿等の存否については,同条3項に基づき信者その他の利害関係人が宗教法人に直接確認することが予定されている。このことは,①公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律
(以下
認定法
という。

22条2項が,宗教法人法25条4項と同趣旨の規定である認定法2
2条1項に基づき行政庁が公益法人から提出を受けた財産目録等について閲覧又は謄写の請求があった場合には,閲覧及び謄写をさせなければならないと定めているところ,宗教法人法はこのような規定を設けていないこと,②同法25条3項と同趣旨の規定である認定法21条4項は,公益法人の備置書類の閲覧請求権の主体を何人もと規
定し,宗教法人法25条3項のような主体の限定をしていないことからも明らかである。

そして,書類提出制度が,これに基づき提出される書類について,その提出の有無自体も含めて公開が予定されていないことを前提とした制度である以上,宗教法人としても公開されないことを信頼の上で書類の提出に応じているものであって,仮に,その書類の提出の有無自体が明らかとなった場合,今後,書類の提出に応じなくなる宗教法
人が生じることも予想される。例えば,報道機関が会計年度ごとの書類提供状況を宗教法人間で比較する目的で情報公開請求を行うことも考えられ,実際に同様の事例が発生しているところ,そのような場合に書類の提出の有無自体を明らかにすれば,このような比較を嫌う宗教法人が提出拒否に転じる可能性がある。

b
取り分け,役員名簿等のうち収支計算書については,当分の間,宗教法人法6条2項による公益事業以外の事業を行わない場合であって,その一会計年度の収入の額が8000万円以内にあるときは,当該会計年度に係る収支計算書を作成しないことができるものとされており
(同法附則23項,平成8年6月3日文部省告示第116号〔宗教法人法附則23項の規定に基づく文部科学大臣が定める額の範囲〕,ま)
た,貸借対照表については,そもそもその作成は任意であり,相応の体制,規模の宗教法人が作成するものと考えられ,さらに,同法6条2項による公益事業以外の事業に関する書類については,当該事業の
実施の有無によって,当該事業に関する書類の備付けの有無が分かれるものである。したがって,役員名簿等の写しの存否を明らかにした場合,当該宗教法人の年間の収入規模(収入規模が8000万円以内であるか否か)や事務処理能力,収益事業の実施の有無等を推測される可能性がある。
そして,役員名簿等については,宗教法人法25条3項により信者等のみが所定の要件の下で閲覧をすることができることとされていることを踏まえると,本来開示が予定されていない者に対して情報公開法の枠内で役員名簿等の写しの開示を認めることは,当該宗教法人が役員名簿等の写しに係る情報を秘匿する利益を侵害することとなる。そして,役員名簿等の写しの存否を明らかにした場合にも,同様に宗
教法人の上記利益を侵害し,宗教法人からの信頼を失うことにつながり,以後,そのほかの文書も含めて宗教法人から所轄庁への書類の提出が行われなくなることによって,宗教法人法25条4項に基づく書類提出制度による行政目的の遂行・達成に支障を及ぼすおそれがあるといえる。

このようなおそれは,書類提出制度が導入された後,多くの宗教法人から同制度への反対意見や懸念が報道されてきたことからも裏付けられるものである。そして,全ての宗教法人について提出が義務付けられている文書についても,一たび提出拒否の姿勢に転じた宗教法人が収支計算書や貸借対照表についてのみ提出を拒み,そのほかの文書
について提出に応じるとは考え難いから,上記のおそれは,書類提出制度の対象となる全ての文書について考慮すべきものである。
(ウ)不活動宗教法人対策の実を挙げる必要性
書類提出制度による書類提出率が高い状況の下で,特定の宗教法人について役員名簿等の写しが所轄庁に提出されていないことは,当該宗教
法人が不活動であることを容易に推測させる情報であるところ,当該情報を第三者に開示した場合,開示を受けた第三者が当該宗教法人の法人格を不正に取得し,脱税などの行為に悪用するなど,様々な問題を生じさせる契機を与えることになりかねず,宗教法人制度に対する国民の信頼を損ねることにもなりかねない。実際に,不活動宗教法人の法人格が悪用された事例が複数存在するし,公表されている不活動宗教法人数よりも多くの数の不活動宗教法人又は将来不活動宗教法人となる可能性の
ある宗教法人が知られることにより,宗教法人格を悪用する契機を増加させ,不活動宗教法人対策に実害を与えることは明らかである。

情報公開法8条の存否応答拒否の要件に該当すること
情報公開法8条に基づく存否応答拒否が必要な類型の文書については,常に存否応答拒否をすべきところ,役員名簿等を作成している場合や不活
動宗教法人でない場合には当該文書の存否を明らかにし,これらを作成していない場合や不活動宗教法人の可能性がある場合には存否応答拒否をするというのでは,存否応答拒否をする意味がなく,宗教法人からの信頼の維持及び不活動宗教法人対策の実を挙げることができない。
本件対象文書は,その存否を含めて情報公開法による公開を予定してい
ないものである一方,その存否を明らかにした場合,所轄庁が実施する不活動宗教法人対策に支障を及ぼすおそれがあるばかりか,宗教法人法25条4項に基づく書類提出制度による行政目的の遂行・達成にも支障を及ぼすおそれがあり,情報公開法5条6号柱書きの事務〔中略〕の性質上,当該事務〔中略〕の適正な遂行に支障を及ぼすおそれに該当する不開示
情報を開示することになる。
したがって,本件対象文書については,情報公開法8条により存否を明らかにしないで開示請求を拒否することができる。
(2)
本件対象文書記載の情報が情報公開法5条2号イに該当し,
同法8条によ

り文書の存否を明らかにしないで開示請求を拒否することができることア
前記(1)イ(イ)aのとおり,役員名簿等の写しは,そもそも公開が予定されていないものであるところ,宗教法人により所轄庁へ提出されているか否かについても,同様に,その公開が予定されていないものであり,役員名簿等の存否についても,宗教法人法25条3項が定める要件の下で信者等が宗教法人に直接確認することが予定されているものである。
そうすると,情報公開法の枠内で役員名簿等の写しの存否を明らかにす
ることは,本来開示が予定されていない者に対して宗教法人法25条2項各号の書類の存否を明らかにする結果となってしまい,当該宗教法人がその存否に係る情報を秘匿する利益,ひいては当該宗教法人の信教の自由が害されることになる。そして,このように解することが,情報公開法制定の経緯や,提出書類の取扱いにつき宗教法人の宗教上の特性及び慣習を尊
重し信教の自由を妨げることのないよう特に留意を求めた同条5項の趣旨に沿う。

また,宗教法人が書類提出制度により提出が求められる書類の写しの提出を怠ったときは,当該宗教法人の代表役員等を10万円以下の過料に処
するものとされているところ
(宗教法人法88条5号)役員名簿等の写し

の存否を明らかにした場合,当該書類を提出していない宗教法人については,その代表役員等が過料に処せられた事実が明らかになる。このような事実は,それ自体,当該宗教法人やその代表役員等の名誉を毀損するものである上,当該宗教法人の宗教活動の態様に対する誹謗中傷や,宗教法人
の自主的な運営に干渉するための材料に使われるおそれのあるものである。取り分け,本件についていえば,原告は本件対象文書の提出者とされるA教団の関係者と推察されるところ,本件開示請求に対する回答内容によっては,A教団が被告に対して文書の存否を明らかにした決定について差止めの訴え等を提起するなど,被告がA教団の内紛に巻き込まれる結果に
もなるから,このような観点からも,本件対象文書の存否を明らかにすることは適切ではない。

したがって,本件対象文書の存否を明らかにした場合,情報公開法5条2号イの公にすることにより,当該法人等又は当該個人の権利,競争上の地位その他正当な利益を害するおそれがあるものに該当する不開示情報を開示することとなるから,本件対象文書は,情報公開法8条により存否を明らかにしないで開示請求を拒否することができる。

(3)

まとめ
以上のとおり,本件対象文書については,情報公開法8条によりその存否
を明らかにしないで開示請求を拒否することができるから,本件不開示決定のうち本件存否応答拒否部分は適法である。
(原告の主張)
(1)

本件対象文書記載の情報が情報公開法5条6号柱書きに該当せず,同法8

条に基づき存否応答拒否処分をすることが許されないこと

おそれの判断につき行政機関の長に裁量がないこと
情報公開法5条6号所定の不開示情報に当たるか否かは,同号の定める要件に該当する事情の有無・程度によって客観的に判断されるべきもので
あり,行政機関の長の一定の幅のある判断(裁量判断)に委ねられていると解することはできない。

書類提出制度の運用に支障を及ぼすおそれがないこと
役員名簿等の写しの存否が明らかにされたとしても,これにより判明す
るのは,事務所備付け書類の提出義務の履行状況であり,当該宗教法人の秘匿すべき具体的な内情等は何ら明らかになるものではない。
被告は,役員名簿等の写しの存否を明らかにした場合,当該宗教法人の年間の収入規模や事務処理能力,収益事業の実施の有無等が推測される可能性がある,書類の提出拒否に転じる可能性があるなど,幾つかの可能性
を指摘するが,いずれも抽象的な可能性であって,被告の事務又は事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれを基礎づけるような支障が生じる具体的な蓋然性があるとはいえない。
したがって,役員名簿等の写しの存否が明らかにされることにより,宗教法人の信頼を失い,以後,宗教法人から所轄庁への書類の提出が行われなくなるという事態が発生するおそれがあるとは認められない。

不活動宗教法人対策に支障を及ぼすおそれがないこと
上記イのとおり,役員名簿等の写しが存在しないことが明らかにされることによって判明するのは,当該宗教法人が事務所備付け書類の提出義務を履行していないという事実であるところ,そこから当該宗教法人について現在不活動状態にあるということが直ちに推測されるものではない。したがって,役員名簿等の写しの存否を答えることにより,不活動宗教
法人の法人格が悪用されるなどして所轄庁の不活動宗教法人対策に支障を及ぼすおそれがあるとは認められない。

情報公開法8条に該当する事由がないこと
以上のとおり,本件対象文書の存否を回答することで情報公開法5条6号の不開示情報を開示することになるとはいえないから,同法8条に基づ
き本件対象文書の存否応答拒否処分をすることは許されない。
(2)

本件対象文書記載の情報が情報公開法5条2号イに該当せず,
同法8条に

基づき存否応答拒否処分をすることが許されないこと

宗教法人法25条には,書類提出制度に基づく書類の提出の有無自体の公開が予定されていないとは規定されていない。
また,そもそも書類の内容が明らかになることと書類の存否のみが明らかになることとでは知り得る情報に大きな違いがあるから,前者の公開が予定されていないからといって当然後者の公開が予定されていないと解釈し得るものではない。そして,書類提出制度で提出される書類は,宗教法
人のいわゆる財務会計,法人組織の管理運営に関する事項を客観的に記載したものであり,信仰内容や信仰対象それ自体が記載されているものではないし,
個々の具体的な宗教活動の内容が記載されているものではない上,そのような書類の存否が明らかにされたとしても,それによって判明するのは作成の事実の有無又は書類提出制度に基づく義務の履行の有無にすぎず,宗教法人の信仰に関係する部分はもちろん,当該宗教法人の秘匿すべき具体的な内情等が明らかになるものでもない。

したがって,
本件において本件対象文書の存否を明らかにしたとしても,
A教団の権利,競争上の地位その他正当な利益が害される相当の蓋然性が客観的に認められるものではない。

なお,被告は,本件対象文書の存否を明らかにした場合,当該書類の写しを提出していない宗教法人についてはその代表者役員等が過料に処せら
れた事実が明らかになる旨主張する。しかしながら,実際に過料に処せられるか否かは裁判所の決定次第であって,被告の主張は当を得ないし,これにより当該宗教法人や代表役員等の名誉毀損,宗教活動の態様に対する誹謗中傷や自律的運営への干渉などの実害が発生する蓋然性を裏付ける事情もない。

また,被告は,本件開示請求を通じてA教団の内紛に巻き込まれる可能性があるため文書の存否を明らかにすることは適切ではない旨主張するが,当該主張自体が臆測にすぎないし,この事情が情報公開法5条各号該当性及び同法8条による不開示の可否の判断に関連するともいえない。第3
1
当裁判所の判断
情報公開法8条に基づく存否応答拒否の可否に関する判断枠組み
情報公開法は,開示請求に対する行政機関の長の対応について,行政文書の存否を明らかにした上で,これを開示又は不開示のいずれとするかを決定するのが原則であるとした上で,文書の存否自体が一つの情報であることもあり得
ることから,同法8条において,開示請求がされた行政文書の存否自体を明らかにするだけで不開示情報を開示することとなるときは,行政機関の長は,当該行政文書の存否を明らかにしないで,当該開示請求を拒否できる旨定めたものと解される。
そして,上記のとおり,情報公開法8条が開示請求に対する行政機関の長の対応の例外として定められたものであり,その文言上,行政文書の存否を明らかにしないで開示請求を拒否できる場合を当該開示請求に係る行政文書が存在しているか否かを答えるだけで,不開示情報を開示することとなるときに限定していること,文書の存否を明らかにした上で不開示事由に該当する場合に不開示とし,このような措置が是認されるか否かは司法の判断を含む情報公開手続上の判断に委ねることが情報公開法の趣旨に沿うものというべきであること等に照らすと,同条に基づいて行政文書の存否を明らかにしないことが許
されるのは,当該行政文書の存否を回答すること自体から不開示情報を開示したこととなる場合や,当該行政文書の存否に関する情報と開示請求に含まれる情報とが結合することにより当該行政文書の存否について回答するだけで上記の不開示情報を開示したことになる場合に限られると解するのが相当である。2
本件対象文書につき,情報公開法5条6号柱書きに該当することにより同法8条に基づき存否応答拒否をすることの可否について
(1)

判断枠組み
情報公開法5条6号柱書きは,不開示情報として,
国の機関,独立行政法人等,地方公共団体又は地方独立行政法人が行う事務又は事業に関する情報であって,公にすることにより,〔中略〕当該事務又は事業の性質上,当該事務又は事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがあるものを掲げているところ,
当該事務又は事業の性質上,当該事務又は事業の適正な遂行に支障を及ぼすとは,国の機関等が行う事務又は事業の目的及び内容に照らして,当該事務又は事業に関する情報を公にすることにより,当該
情報を公にすることによる利益を踏まえても看過し得ないような実質的な支障が当該事務又は事業に生じる場合をいい,
また,支障を及ぼすおそれ」
があるというためには,事務又は事業の適正な遂行について支障が生じる抽象的な可能性があるというだけではなく,当該事務又は事業の適正な遂行について実質的な支障が生じる蓋然性が認められることを要すると解すべきである。イ被告は,情報公開法5条6号柱書きの「事務又は事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがあるとの要件は,開示実施の任に当たる行政機関の長に一定の幅のある判断をさせることを許容しているものであり,そのような幅を逸脱する判断がされた場合に限り,その要件該当性が否定されると解すべきであると主張する。
しかしながら,被告の上記主張は,実質的には,上記のおそれの有
無の判断について行政機関の長の一定の裁量を認めるものと解されるところ,上記のおそれの有無については,国の機関等が行う事務又は事業の性質に照らして客観的に判断するのが相当であり,同号の文言に照らしても,行政機関の長の裁量判断に委ねられているものと解することはできない。そして,このことは,同法8条所定の存否応答拒否の要件である,
開示請求に係る行政文書の存否を答えるだけで当該おそれがあるといえるか否かの判断についても,同様というべきである。
したがって,被告の上記主張を採用することはできない。
(2)

検討
書類提出制度に係る事務等の適正な遂行に支障を及ぼすおそれの有無について
(ア)被告は,宗教法人法上,役員名簿等の写しについてはその存否を含めて公開することが予定されていないとした上で,書類提出制度において宗教法人は役員名簿等の写しを公開されないことを信頼した上で書類の
提出に応じているものであって,仮に役員名簿等の写しの提出の有無が明らかにされることとなった場合には,今後書類の提出に応じなくなる宗教法人が生じることが予想されるとして,書類提出制度に係る事務又は事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがある旨主張する。
(イ)宗教法人法25条4項は,同条2項により宗教法人が事務所に備えることとされた書類等のうち,同項2号から4号まで及び6号の書類(役員名簿等)の各写しを所轄庁に提出しなければならない旨を定めているところ,同条3項は,信者その他の利害関係人であって同条2項により事務所に備えられた書類等を閲覧することについて正当な利益があり,かつ,その閲覧の請求が不当な目的によるものでないと認められる者に対し,上記書類等の閲覧を認めている。そして,公益法人については,
①宗教法人と異なり,宗教法人法25条4項と同趣旨の規定である認定法22条1項に基づき行政庁が提出を受けた財産目録等について,請求があった場合に閲覧又は謄写をさせなければならない旨規定されていること
(同条2項)②宗教法人法25条3項と同趣旨の規定である認定法,
21条4項は,同条1項及び2項により公益法人の主たる事務所に備え
置かれた財産目録等について,何人も閲覧を請求することができる旨規定することにも照らせば,宗教法人法は,役員名簿等及びその写しについて,公開することを予定していないものというべきである。
(ウ)もっとも,前記1の判断枠組みの下において,役員名簿等の写しの提出の有無につき,情報公開法5条6号柱書きに該当することにより同法
8条により存否を明らかにすることができないか否かを判断するに当たっては,役員名簿等の写しの提出の有無を開示した場合に,宗教法人法上これらの書類の公開が予定されていないことに対する宗教法人の信頼を損なうことにより,宗教法人が書類の提出に応じなくなるなど,書類提出制度に係る事務又は事業の適正な遂行に支障を及ぼす具体的なおそ
れがあるか否かについて検討するのが相当である。
(エ)そこで検討すると,役員名簿等の写しの全部又は一部が所轄庁に提出されていない事実が明らかになった場合には,これらを作成すべき前提となる事実が生じていないこと,単なる懈怠,失念や誤解,あるいは何らかの事情や事故によって作成又は提出がされていないこと,そもそも不活動法人ゆえに必要な書類の作成又は提出がされていないこと等の理由によることが考えられるものの,そのような可能性が存在することをうかがわせるにとどまり,このことによって当該宗教法人の具体的な状況,活動内容等が明らかになるものとはいえない。
また,役員名簿等のうち収支計算書については,当分の間,宗教法人法6条2項による公益事業以外の事業を行わない場合であって,その一
会計年度の収入の額が8000万円以内にあるときは,当該会計年度に係る収支計算書を作成しないことができること(同法附則23項,平成8年6月3日文部省告示第116号)から,その写しの提出の有無が明らかになることにより,当該宗教法人が上記の事業を行うか否か,また収入の額が8000万円以内か否かを推測することが可能となるものの,
具体的な事業の内容や収入の額を推測することが可能となるわけではない。貸借対照表についても,その作成は任意とされているところ,写しの提出の有無が明らかになることにより作成の有無が明らかになっても,当該宗教法人の具体的な事務処理の状況等が明らかになるわけではない。さらに,同法6条2項による公益事業以外の事業に関する書類について
も,写しの提出の有無が明らかになることにより当該事業の実施の有無を推測することが可能となるものの,具体的な事業の内容が明らかになるわけではない。
このように,役員名簿等の写しの提出の有無を明らかにしても,当該宗教法人の具体的な状況,活動内容等が明らかになるとはいえないこと
に照らせば,役員名簿等の写しの提出の有無を明らかにすることによって,宗教法人が役員名簿等の写しに係る情報を秘匿する利益を侵害するものと評価することはできず,また,宗教法人の信頼を損なうことにより書類の提出に応じてもらえなくなるなど,書類提出制度に係る事務又は事業の適正な遂行に支障を及ぼす具体的なおそれがあるということはできない。
(オ)これに対し,被告は,役員名簿等の写しの提出の有無が明らかとなった場合,書類の提出に応じなくなる宗教法人が生じるおそれは,多くの宗教法人からの書類提出制度への反対意見や懸念が報道されてきたことからも裏付けられる旨主張し,これに沿う証拠として新聞記事(乙8~10)を提出する。しかしながら,これらの証拠によれば,宗教団体か
ら,書類提出制度について,情報開示の相手方である信者その他の利害関係人の範囲が曖昧である,所轄庁が報告内容を一般に公開しなければ問題ないなどの意見が出されていたことが認められるものの,これらの意見は提出書類の内容が開示されることに対する懸念を示すものであって,書類提出の有無が開示されることについての懸念を示すものと
はいえない。
また,被告は,会計年度ごとの書類提出状況を宗教法人間で比較した結果を報道する目的で役員名簿等の写しの情報公開請求をした場合にその提出の有無を明らかにすれば,比較されることを嫌う宗教法人が提出拒否に転じ,書類提出制度の事務又は事業の適正な遂行に支障を及ぼす
おそれがあると主張し,宗教法人の財務に関する雑誌報道をした記者が実際にそのような情報公開請求をした旨主張する。しかしながら,比較されることを嫌った宗教法人が提出拒否に転じるとの主張自体,抽象的な懸念を述べるものにすぎないというべきであって,上記主張に係るおそれは具体的なものということはできない。

(カ)したがって,書類提出制度の事務又は事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがある旨の被告の主張
(前記(ア))採用することができない。
は,

不活動宗教法人対策に係る事務等の適正な遂行に支障を及ぼすおそれの有無について
被告は,書類提出制度による書類提出率が高い状況の下で,特定の宗教法人について役員名簿等の写しが所轄庁に提出されていないことは,当該
宗教法人が不活動であることを容易に推測させる情報であり,情報の開示を受けた第三者が当該宗教法人の法人格を不正に取得し,脱税などの行為に悪用するなど,様々な問題を生じさせる契機を与えかねないとして,不活動宗教法人対策の事務又は事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがある旨主張する。

確かに,特定の宗教法人について書類提出制度による書類の提出がされていないことは,当該宗教法人が不活動であることをうかがわせる一つの徴憑ということができる。
しかしながら,
前記ア(エ)のとおり,
書類提出制度による書類提出が行わ
れないことは,不活動法人であることによる場合だけでなく,役員名簿等
の写しを作成すべき前提となる事実が生じていない場合や,単なる懈怠により作成義務を怠ったあるいは提出を怠った状態などにおいても生じるものである。
被告は,
書類提出制度による書類の提出率が高い旨主張するが,
そうであったとしても,提出されていない理由が不活動法人であることに限定されるとか,その可能性が高いなどということはできない。そうする
と,特定の宗教法人について役員名簿等の写しの全部又は一部が提出されていないことが明らかになったとしても,被告が主張するおそれが生ずる可能性は抽象的なものにとどまるといわざるを得ないから,被告の主張を採用することはできない。
また,本件において,開示請求に含まれる情報と本件役員名簿等の提出
の有無に関する情報が結合することにより,A教団が不活動法人であることを推測することが可能となる具体的な事情は見当たらない。
(3)

小括
以上によれば,本件役員名簿等の存否を回答すること自体から情報公開法
5条6号柱書きの不開示情報を開示したことになるということはできないし,当該行政文書の存否に関する情報と開示請求に含まれる情報とが結合することにより上記不開示情報を開示したことになるということもできない。
3
本件対象文書につき,情報公開法5条2号イに該当することにより同法8条に基づき存否応答拒否をすることの可否について
(1)

判断枠組み
情報公開法5条2号イは,不開示情報として,
公にすることにより,当該法人〔中略〕の権利,競争上の地位その他正当な利益を害するおそれがあるものを規定しているところ,ここにいうおそれとは,単に行政機関の主観においてそのおそれがあると判断されるだけではなく,上記権利利益が害される蓋然性が客観的に認められることを要すると解すべきである(最高裁平成20年(行ヒ)第67号同23年10月14日第二小法廷判決・裁判
集民事238号57頁参照)

(2)

検討
被告は,役員名簿等の写しはそもそも公開が予定されておらず,情報公開法の枠内でその存否を明らかにすることは,当該宗教法人が有する役員名簿等の写しの存否に係る情報を秘匿する利益,ひいては信教の自由が害されることになる旨主張する。

しかしながら,役員名簿等の写しの存否を明らかにすることによって,宗教法人が役員名簿の写しに係る情報を秘匿する利益を侵害するものといえないことは前記2(2)ア(エ)のとおりであり,信教の自由が害されることになるといえる具体的な主張及び証拠も見当たらない。
したがって,被告の主張は採用できない。


また,被告は,役員名簿等の写しの存否を明らかにした場合,これらを提出していない宗教法人については代表社員等が過料に処せられた事実が明らかになると主張する。
しかしながら,宗教法人が書類提出制度により提出が求められる書類の写しの提出を怠ったときは,当該宗教法人の代表社員等は10万円以下の過料に処するものとされるものの
(宗教法人法88条5号)そもそも前記


2(2)ア(エ)のとおり,書類の写しの提出を要さない場合がある上,過料の裁判を執行するためには過料についての裁判を行わなければならないこと(非訟事件手続法120条,122条)等に照らせば,役員名簿等の写しの提出がされていない場合に必ず代表役員等が過料に処されているということはできない。

したがって,被告の主張は採用できない。

被告は,
本件開示請求に対して本件対象文書の存否を明らかにした場合,
被告国がA教団の内紛に巻き込まれる結果となり,
適当でない旨主張する。
しかしながら,情報公開法5条2号イは公にすることにより,当該法人等又は当該個人の権利,競争上の地位その他正当な利益を害するおそれがあるものと規定するところ,
本件において
当該法人等又は当該個人
に国が含まれるとはいえないし,内紛状態を前提として本件対象文書の存否が明らかにされた場合に,A教団の権利,競争上の地位その他正当な利益を害するおそれがあることをうかがわせる事情も見当たらない。したがって,被告の主張は採用できない。

(3)

小括
以上のとおり,本件対象文書の存否が明らかにされたとしても,これによ
り当該宗教法人又はその代表役員等の権利,競争上の地位その他正当な利益を害するおそれがあるものと認めるに足りる事情はない。したがって,本件対象文書の存否を回答すること自体から情報公開法5条2号イの不開示情報を開示したことになるとはいえないし,当該行政文書の存否に関する情報と開示請求に含まれる情報とが結合することにより,上記不開示情報を開示したことになるともいえない。
4
まとめ
以上によれば,本件対象文書の存否について回答すること自体が,情報公開法5条2号イ又は6号柱書きの不開示情報を開示することになるということは
できないし,本件対象文書の存否に関する情報と本件開示請求に含まれる情報とが結合することにより,本件対象文書の存否について回答するだけで上記の不開示情報を開示することになるということもできない。
したがって,本件対象文書について,情報公開法8条に基づいて行政文書の存否を明らかにしないで不開示とすることは許されないから,本件不開示決定
のうち本件存否応答拒否部分は,不適法であるといわざるを得ない。第4

結論
以上のとおり,本件不開示決定のうち本件存否応答拒否部分は不適法であるから,これを取り消すべきである。

よって,原告の請求は理由があるからこれを認容することとし,主文のとおり判決する。
東京地方裁判所民事第2部

裁判長裁判官


裁判官

三英明有子貫納
裁判官


(別紙1省略)
鹿祥吾
(別紙2-1)


行政イ適掲ホなる事三行の六文正書げ

否関務機







関そに支独事そ障業を報でああ



又は当該方こ事又はの業とにがの上報該と政う書の情当

行い文
。)
を必



をは要し業争人


し事た競法次





示開い方の


り事対あに関こ行よ者地も利が不


る権立に
等る求求人げ請下法す独と務以請政にの示示行掲開(立公、報独、人のす公共る情団報体又及ったときは、開示請求にず係開れび示地るか行し独方)情、に個も地るに。)め該るす、次、た当あに上ういるは体質てっす又が公のと
護れ団性あで保務は開人を等そ共のも報等情

人お公業る法る方事法産くす地はが該


又る長る国す除義



財当のき下はを、害掲(関示に合けな記が政文政号による改正前のもの。情報公開法)開関場体以又報。除。に機の政る団業活書号い行年法律第行各○成文のいをく生情てなの事るを除、り他該れよ等を康にの人当らと〕の健こ益情れ正そにら略人行五さ〔法、める法政次ば行人認他利る務そ〕む命に人事おすのとそなすすの略法該)政政関ぼ個あ当に当報生行他及情る立のる公れ条な(書一立〔略はれ営地五の又行略す国お〔にう遂存人二でロイ位~録第れ有関の保する情報の公開に関する法律(平長かが、第こ答と八はを条当でえ開だ請該き示る行る政。求け文でに書対、の不し存開、当否示該を情開明報示らを請か開求に示にしす係なるるいこ行でと政と、当文な書該る開がと存示き請在は求し、てを行拒政いる否機する機の関否か(別紙2-2)43に法いいいの教務人に、え者れの同の宗で2らな教法宗六五四事法第〔境所はつ。人人なとて認正はめ、当ら毎な計らた者年他がかあ度ら終り請、了求後、たのき覧請書が又当帳る求類不はな簿的閲とに、は第、二こ項れのを規閲定覧によせり当場類にる該類書合当るな書るるするれば関りよ該すい関てすけ教よにのもとこ成宗時のをにに。)作しに覧なをむ簿。)定目含書成業をさく帳備えなけは貸教行ら学なわわ科ず大、い臣当場が合定で該会め計あるつて年額度の、にそ範の係囲一る内収会に計支あ年計る算度との書き収をは作入、第の成額二し十なが寡五い条少こ第とであ一が項るでの額き規とる定し。かに文て当分の間、宗教法人は、第六条第二項の規定による公益事業以外の事業を事、業反閲をし行覧なう及いびこ限提とり出が、)で公き益る事。業以外の事業を行うけ産こ目れとば録が第則)益に附部業的け財らか公目付なな法人の、のにば事はそ備しれ法人をび作事規算を除の計及をの立類表そ項支照教他の、設書の前収対、る因るもてび及借はに併げるつ録目貸に合(掲いあ産財に合立設にてでに内び場のそ次れ人以月は並う、はにさ係三後に常載行掲の内宗を〕成人略法宗そ業教人以教了書法○事教の終算記下は宗、に宗、年所計業げ閲以支録事号つ目関そ月収法公六る録計務書産。〔目度証益条事認び条五会。び宗作毎の簿録き十い及(等な法人名第で産、教。2財二ら則及るにあ物よ各四目(を宗い員産財害つが表に項規建定利か役(そ益財照規信利る一内〕の二対略条備れ会六三借第なな六五八一八、5役よ宗に法轄のは教前のの性定びよ習提尊さした信者仮表員るは類該類算すは十円下た過きにすの。表を法書宗重れは出いをにり場に慣か規及ず項特の、上各宗次二〔十〔五う特にの略号代い役れ又に書清当の人る、合万お以ての、料教処人る代第〕〕条、略務留の四項の規定によ写しの提出を怠つと。の庁教代一四の人条第法所、そ十~書教十~員意しなければならない。類人写事し務を所所に轄備庁えにら提れ出たし同な項け第れ二ばな号なら。の四かい取ら第まう及合第お号号り自扱で場びに六由を妨げるこにいと掲がいなて、はるげ(別紙2-3)4九二理各にげ、款社。)う該当、おにいと
条はてい九十等録目おに九百第産財合場の


下内こ





時るき等類業でが団書書算社人とこ般一計る益るす


項す定


を求一第規にて益つすなげ









































当該


四公る法類の定務団

同る従類る作務しに当たえ書遅事成所

備該置類滞五くをな載れ間たなの簿なたのも氏一



般及第社び一団かを記け年しばそ名ら主



い事るなるす

こ書法る第





十第3項の請項が規っに場かに




れ政た合はずこ場公に



か閣提をわはかっ定政令あがの行載前求せの請








その閲覧求行あ庁た

合益は人内ら












員さを等れさ名たせ簿事る又は中の



と員個す名人る簿の


に住つ所いる係に同て写謄の社又た名記合にのはいがはっ員は場簿録につ





個人の住所に係る条記閣第載府一令項でらあ簿項


内な求又請事前ば写名たる


謄の項等れ


れは員役さきには同ら覧で内け又


は録が


又か者閲と以な覧人法記こで覧の外の月し閲益員公はるま閲以ず項箇出の、

評又せ日て議わ同三提そはら又れさ前いかか


後に


員社さてをのつに定載過庁りの人し


日ににの記経政よ項も請益外開の等規前にの行に法該除公始録ろに定める記度をすけ受覧び開目こ関を定項年。)

認公及度産とに等ら出業く益公れ提年財定を分の事除る等業た役毎をめ載写事け認


にで5




款定記は録毎受は謄


定の当略人


人ま日こ

目は等法前の部産法録日6財て目類な益産書


い財でにはば公


該すつ出庁れ属にり当けの条よ閣内


日類に府ら又な十ろ他の間ため
)、

のか定とそ置でくでけ令な滞書え受るい算予まを第を支遅後日備府た収に定2記、

書け末認内受をの所二す人画計度務二定法定認年事閣規団業事る
)、

に財益公財公業益所住項


の度事たな始該従公団年


該業の定規人度事当


の等





に益法人業し内開団閲て当成以び当






年り作月法事よを箇覧は類を法


にし益び及きっ書三公にろ写社置人こる後益備年め過公益との


事定そ後でする


け員めでにを議令た所認評毎定務受たをはあ府事公び主令る定書



益の及度内な該げ事び含度そ間監つを当掲法一業年業の経事


で年はに三


及合


理る閣毎次を律公の録の事っ




属二はり写
簿

。)

簿場てによ法条目産財た


法にの録いるあ年そ名下


用に略名準度目はい次等


員法


以人産員


十府公



日の益事と所


をい業財い間人て役こ一るに二


第るら務う略


法は正も財



三掲いは




法又何号に面該項条公書当2人請る
。)

む一掲3当二財記書録目の面求産の写録し録等のさが閲れ電覧たの磁事請的項記求を録内を閣も府っ令てで作定成めさる方れて法いにるよとりき表は示し、
た当も該の電閲の的磁定宗学額法範法を


める教告示大の人第臣囲百が十定六め号る以円附


略内万千八弧括



額宗教法人法附則第範囲



三平項成の


八規年定六に


きづ基に定規のるす


項三十略中


二第則と内の月基部三づ日く文部部が臣大学文省科文二科
トップに戻る

saiban.in