判例検索β > 平成28年(ネ)第987号
損害賠償請求控訴事件
事件番号平成28(ネ)987
事件名損害賠償請求控訴事件
裁判年月日平成30年8月31日
裁判所名・部大阪高等裁判所  第4民事部
結果その他
原審裁判所名京都地方裁判所
原審事件番号平成23(ワ)1956
原審結果その他
裁判日:西暦2018-08-31
情報公開日2018-10-23 16:00:39
裁判所の詳細 / 戻る / PDF版
判決
大阪高等裁判所第4民事部

目主

文................................................36
事実
第1章

及び理
由................................................40
当事者の求めた裁判..............................................40
第1

一審原告らの控訴..................................................40
1
一審原告ら........................................................40
2
一審被告国........................................................41
3
一審被告企業ら....................................................41
第2

一審被告国,同A&Aマテリアル,同ケイミュー,同新日鉄住金化学,同大
建工業,同太平洋セメント,同ニチアス,同日東紡績,同ノザワ及び同エム・エム・ケイの控訴........................................................421
上記一審被告ら....................................................42
2
一審原告ら........................................................42
第2章

事案の概要等....................................................42
第1

事案の要旨,経過等................................................42
1
事案の要旨........................................................42
2
一審原告らの原審主位的請求及び原審予備的請求.....................44
3
原判決の結論......................................................44
4
当事者の控訴,控訴の取下げ,当審における一審原告らの請求の追加,訴えの一部取下げ等......................................................45一審原告ら......................................................45一審被告国及び原審一部敗訴一審被告企業ら.......................46当審における審理の対象等.......................................46
第2

前提事実..........................................................46
1
当事者等..........................................................46一審原告ら......................................................46一審被告企業ら..................................................492
石綿の概要........................................................49
3
石綿含有建材の概要................................................50
4
建築工事の概要....................................................51
5
石綿関連疾患の概要................................................51
6
労災認定..........................................................52
7
関係法令等の定め..................................................52
8
労災保険特別加入制度..............................................56
9
その他(原判決本冊別紙3略語表の補正).......................56
第3

一審被告国の責任に関する当事者の主張.............................57
1
旧労基法及び安衛法に基づく規制権限等不行使の違法性...............57規制権限等不行使の違法性の判断基準.............................57イ
原判決の補正..................................................57

当事者の当審補充主張.........................................57(一審被告国の主張)............................................57(一審原告らの主張)............................................58石綿関連疾患に関する一審被告国の予見可能性.....................59

原判決の補正..................................................59

当事者の当審補充主張.........................................59(一審原告らの主張)............................................59(一審被告国の主張)............................................60建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する一審被告国の
予見可能性........................................................60イ
原判決の補正..................................................60

当事者の当審補充主張.........................................60(一審原告らの主張)............................................60
予見可能性の程度............................................61予見可能性の基準時期.......................................61屋外作業についての予見可能性...............................65(一審被告国の主張)............................................66予見可能性の判断枠組み
(被害の実情の深刻性及び予見可能性の程度)
..............................................................66予見可能性の基準時期.......................................67石綿工場との相違............................................69屋外作業(ネット,シート等の内側)の危険性についての予見可能性..............................................................70建築工事の事業者に対する規制権限不行使の違法性.................71イ
原判決の補正..................................................71

当事者の当審補充主張.........................................72(一審原告らの主張)............................................72原判決の全体的判断について.................................72粉じん濃度測定について.....................................73石綿吹付作業の禁止について.................................73石綿吹付作業における送気マスクの着用について...............76屋外での石綿切断等作業における防じんマスクの着用について...77集じん機付き電動工具の使用について.........................78事業者に対する警告表示(掲示)について.....................81(一審被告国の主張)............................................82石綿吹付作業における送気マスクの着用について...............82建設屋内での石綿切断等作業における防じんマスクの着用について84集じん機付き電動工具の使用について.........................85事業者に対する警告表示(掲示)について.....................87
石綿含有建材の製造・販売企業(建材メーカー)に対する規制権限不行使の違法性..........................................................89イ
原判決の補正..................................................90

当事者の当審補充主張(製造等禁止)...........................91(一審原告らの主張)............................................92製造等禁止を基礎付ける石綿の危険性に関する事実.............92石綿含有建材のノンアス化(非石綿化)状況,製造等禁止を巡る社会的状況及び一審被告国の対応状況等.............................94旧労基法及び安衛法に基づく規制権限不行使の違法性...........96(一審被告国の主張)...........................................100製造等禁止に関する考慮要素等..............................100製造等禁止に関する医学的,技術的知見と社会的,経済的諸事情,これらに基づく一審被告国の対応状況等..........................102製造等禁止に関する諸外国の動向............................106一人親方等との関係における規制権限等不行使の違法性............107

原判決の補正.................................................107

当事者の当審補充主張........................................107(一審原告らの主張)...........................................107一人親方等も旧労基法及び安衛法の保護対象となること........108労働者性の判断基準及び具体的判断..........................111(一審被告国の主張)...........................................114一人親方等は旧労基法及び安衛法の保護対象とならないこと....114労働者性の判断基準及び具体的判断..........................117
2
建基法に基づく規制権限の行使又は不行使,立法行為又は立法不作為の違法性.................................................................119建基法2条7号ないし9号に基づく石綿含有建材の指定・認定等の違法性
.................................................................119イ
原判決の補正.................................................119

当事者の当審補充主張........................................120(一審原告らの主張)...........................................120建基法2条7号ないし9号の保護対象........................120国賠法上の保護範囲........................................121当審における建基法2条7号ないし9号に基づく指定・認定等の違法性(違法時期と違法内容)の再整理............................121(一審被告国の主張)...........................................124建基法2条7号ないし9号の保護対象........................124国賠法上の保護範囲........................................124当審における建基法2条7号ないし9号に基づく指定・認定等の違法性(違法時期と違法内容)の再整理............................124建基法2条9号に係る立法行為又は立法不作為の違法性............125

当事者の当審補充主張........................................125(一審原告らの主張)...........................................125立法行為又は立法不作為の違法性............................125一審被告国による時機に後れた攻撃方法却下の申立てに対する反論.............................................................127(一審被告国の主張)...........................................127時機に後れた攻撃方法却下の申立て..........................127一審原告らの当審補充主張に対する認否......................128建基法90条2項に基づく規制権限不行使の違法性................128

原判決の補正.................................................128

当事者の当審補充主張........................................131(一審原告らの主張)...........................................131
建基法90条の保護対象等..................................131国賠法上の保護範囲........................................132(一審被告国の主張)...........................................132建基法90条の保護対象等..................................132国賠法上の保護範囲........................................1333
一審被告国の規制権限不行使の違法性と一審原告らの損害との因果関係133(一審原告らの主張)...............................................133(一審被告国の主張)...............................................134
第4

一審被告企業らの責任に関する当事者の主張........................135
1
一審被告企業らの故意・過失......................................135原判決の補正...................................................135当事者の当審補充主張...........................................136(一審原告らの主張).............................................136ア
一審被告企業らの予見可能性..................................136石綿関連疾患に関する医学的知見の確立......................136予見可能性の基準時期......................................136屋外作業についての予見可能性..............................138

一審被告企業らの警告表示義務違反............................139改修工事や建替工事における解体作業と警告表示義務違反......139石綿含有建材施工後の警告表示義務違反......................140

一審被告企業らの石綿不使用義務違反..........................141石綿不使用義務の存在(原判決の不当性)....................141石綿不使用義務違反の基準時期..............................142
(一審被告企業らの共通主張)....................................143ア
判断枠組み...................................................143

一審被告企業らの予見可能性..................................143
石綿関連疾患に関する医学的知見の確立......................143他社製品による石綿粉じん曝露と一審被告企業らの認識........144建築作業中の石綿粉じん曝露に関する一審被告企業らの認識....144屋外作業についての予見可能性..............................146法令上限論等...............................................146予見可能性の基準時期......................................146ウ
一審被告企業らの警告表示義務違反............................147警告表示の態様及び内容....................................147警告表示義務違反の基準時期................................147

一審被告企業らの石綿不使用義務違反..........................147
(一審被告企業らの個別主張)....................................148ア
一審被告クボタ(番号7・ク)及び同ケイミュー(番号8・ケ)..148予見可能性.................................................148警告表示義務違反...........................................150

一審被告新日鉄住金化学(番号11・チ)......................150予見可能性.................................................150警告表示義務違反...........................................150

一審被告積水化学工業(番号13・テ)........................152予見可能性.................................................152警告表示義務違反...........................................153石綿不使用義務違反........................................153

一審被告大建工業(番号14・ト)............................153

一審被告太平洋セメント(番号16・ニ)......................154予見可能性.................................................154警告表示義務違反...........................................156石綿不使用義務違反........................................157

一審被告ニチアス(番号23・マ)............................157

一審被告日東紡績(番号25・ム)............................158予見可能性.................................................158警告表示義務違反...........................................158石綿不使用義務違反........................................159

一審被告エム・エム・ケイ(番号32・ワ)....................159警告表示義務違反...........................................159石綿不使用義務違反........................................160
2
一審被告企業らの共同不法行為責任................................160共同不法行為の法的根拠........................................160イ
原判決の補正.................................................160

当事者の当審補充主張........................................161(一審原告らの主張)...........................................161加害行為の捉え方等........................................161民法719条1項後段の類推適用の可否......................162(一審被告企業らの共通主張)..................................163加害行為の捉え方等........................................163民法719条1項後段の類推適用の可否......................164(一審被告企業らの個別主張)..................................168一審被告A&Aマテリアル(番号6・キ)....................168一審被告クボタ(番号7・ク)及び同ケイミュー(番号8・ケ)168一審被告神島化学工業(番号10・シ)及び同大建工業(番号14・ト).........................................................168一審被告積水化学工業(番号13・テ)......................169一審被告太平洋セメント(番号16・ニ)....................169一審被告ノザワ(番号29・ラ)............................170
一審被告企業らの共同不法行為責任(一審被告企業らの共同不法行為と一審原告らの損害との因果関係を含む。)............................171(一審原告らの主張).............................................171ア
原審主位的請求における石綿含有建材の製造・販売企業の特定方法及び一審原告らの同請求に関する主張の概要..........................171

当審請求(当審で変更後の原審予備的請求)における石綿含有建材の製造・販売企業の特定方法及び一審原告らの同請求に関する主張の概要172

加害行為.....................................................174

関連共同性,累積的競合又は重合的競合,民法709条に基づく不法行為責任.........................................................174

当審補充主張.................................................175共同不法行為者の範囲......................................175共同不法行為者の認定......................................176
(一審被告企業らの共通主張)....................................179イ
原判決の補正.................................................179

当審補充主張.................................................179共同不法行為者の範囲......................................179a
一審原告らによる直接曝露建材特定の可能性等..............179
b
シェア10%基準の不合理性..............................180
c
シェアと到達可能性との関係..............................181共同不法行為者の認定......................................182
a
シェア認定の困難性......................................182
b
一部の期間のシェアから他の期間のシェアを推認することの不合理性.........................................................183
c
シェア資料の不正確性.....................................183
d
ノンアス建材を含めた代替建材の考慮の必要性等............185
e
石綿含有建材(石綿繊維)の種類の考慮の必要性............185
f
各被災者の就労状況の考慮の必要性........................185
(一審被告企業らの個別主張)....................................185イ
原判決の補正.................................................186

当審補充主張.................................................186一審被告A&Aマテリアル(番号6・キ)....................186一審被告クボタ(番号7・ク)及び同ケイミュー(番号8・ケ)187一審被告神島化学工業(番号10・シ)......................190一審被告新日鉄住金化学(番号11・チ)....................191一審被告積水化学工業(番号13・テ)......................194一審被告大建工業(番号14・ト)..........................195一審被告太平洋セメント(番号16・ニ)....................198一審被告東レACE(番号21・フ)........................205一審被告ニチアス(番号23・マ)..........................206一審被告日東紡績(番号25・ム)..........................209一審被告日本バルカー工業(番号28・ユ)..................214一審被告ノザワ(番号29・ラ)............................218一審被告エム・エム・ケイ(番号32・ワ)..................221
第5

一審原告らの損害に関する当事者の主張............................224
2
原判決の補正.....................................................224
3
当事者の当審補充主張.............................................226包括一律請求に基づく慰謝料額の算定,基準慰謝料額及び損益相殺..226(一審原告らの主張).............................................226ア
基準慰謝料額.................................................226

損益相殺.....................................................226
(一審被告国の主張).............................................227

基準慰謝料額.................................................227

損益相殺.....................................................227一審被告国が負担すべき損害額..................................228
(一審原告らの主張).............................................228ア
一審被告国の責任範囲を踏まえた修正..........................228

肺がんを発症した被災者の喫煙歴による修正....................229

一審被告国の責任期間に応じた修正............................230
(一審被告国の主張).............................................230ア
一審被告国の責任範囲を踏まえた修正..........................230

肺がんを発症した被災者の喫煙歴による修正....................231一審被告企業らが負担すべき損害額..............................232
(一審原告らの主張).............................................232ア
一審被告企業らの責任範囲を踏まえた修正......................232

肺がんを発症した被災者の喫煙歴による修正....................233

責任外建材からの曝露を踏まえた修正..........................233

防じんマスクの不着用による修正(過失相殺)..................233
(一審被告企業らの共通主張)....................................233ア
一審被告企業らの責任範囲を踏まえた修正......................233

肺がんを発症した被災者の喫煙歴による修正....................234

防じんマスクの不着用による修正(過失相殺)..................235
(一審被告企業らの個別主張)....................................235アイ
第3章

一審被告大建工業(番号番号14・ト)........................235

第6

一審被告新日鉄住金化学(11・チ)..........................235
一審被告太平洋セメント(番号16・ニ)......................237
消滅時効・除斥期間に関する当事者の主張..........................238当裁判所の判断.................................................239
第1

具体的判断の前提となる事実......................................239
1
石綿関連疾患に関する医学的情報の集積ないし医学的知見の確立に関連する事実...............................................................239石綿肺に関する研究報告等......................................239イ
原判決の補正.................................................239肺がん及び中皮腫に関する研究報告等............................240

原判決の補正.................................................240びまん性胸膜肥厚に関する研究報告等............................241
2
建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する一審被告らの予見可能性に関連する事実...............................................242建築現場における石綿含有建材の使用等に関する事実..............242ア
石綿含有建材の概要...........................................242原判決の補正...............................................242石綿含有吹付材施工後の剥がし作業の存否....................243

我が国における石綿含有建材の位置付け........................244原判決の補正...............................................244

建築作業工程等...............................................244原判決の補正...............................................244足場周囲のネット又はシート設置による影響..................246

粉じん濃度の評価指標(基準)及び測定技術....................248原判決の補正...............................................248建築現場における石綿粉じん曝露等に関する事実..................249

建築作業従事者の建築現場における石綿粉じん暴露の実態........249原判決の補正...............................................249石綿吹付作業との同時並行作業による石綿粉じん曝露..........250

石綿粉じん濃度の測定結果....................................253
原判決の補正...............................................253石綿粉じん濃度の測定結果に関する追加事実..................254a
kの測定結果(昭和51年)..............................254
b
石綿取扱い事業場実態調査研究報告書(昭和60年)........254
ウエ3
建築作業従事者の石綿関連疾患発症状況等......................254一審被告国による石綿問題に関する検証の結果..................255
製造等禁止に関する一審被告国の規制権限不行使の違法性及び一審被告企業らの石綿不使用義務に関連する事実..................................255一審被告国が石綿の製造等禁止措置をとるに至った経過等..........255イ
一審被告国が石綿の製造等禁止措置をとるに至った経過等に関する追加事実...........................................................256アスベスト・パニック又は学校パニック
(昭和61年から平成
元年).......................................................256グッバイ・アスベスト
(昭和62年).....................256アスベスト根絶ネットワーク(アスネット)(昭和62年~昭和
63年).....................................................257アスベスト問題研究会及びアスベスト対策をどうするか(昭
和63年まで)..............................................257石綿対策全国連絡会議(石綿全国連)(昭和62年~)...257アスベスト対策の政策提言-アスベスト規制法(仮称)制定に向けて(平成2年)............................................258アスベスト規制法制定をめざす会(めざす会)(平成2年)258アスベストなんていらない(平成2年9月).............258アスベスト規制法制定をめざすシンポジウム(平成3年3月)
.............................................................258その後のめざす会の活動(平成3年~平成4年).............258
石綿製品の規制等に関する法律案
(アスベスト規制法案)
の提出,
廃案等(平成4年~平成5年)................................259石綿の管理使用の可否に関する医学的知見等......................259イ
石綿の管理使用の可否についての医学的知見等に関する追加事実..259ILO石綿を安全に使用するための実施要綱(昭和58年)260静かな時限爆弾アスベスト災害
(昭和60年)...........260

OSHAアスベストの人体への影響
(昭和61年。ただし,翻訳は
平成2年)...................................................260アスベスト曝露による人体影響
(昭和62年).............261
石綿・アスベスト健康障害を予防するために
(昭和62年)261

グッバイ・アスベスト
(昭和62年).....................262アスベスト関連疾患1990~2020年
(平成元年)...262

石綿・建設労働者・いのち
(平成元年)...................263
石綿の排出規制に関する国会議事録
(平成元年)...........263
ワグナーのアンフィボール仮説(平成元年)..............263アスベスト・職業がん110番
(平成3年)...............263
中皮腫による死亡者数及び石綿肺がん・中皮腫の労災認定件数..264WHOクリソタイルの評価に関するプレスリリース
(平成8年)
.............................................................264石綿含有建材の代替可能性......................................265イ
石綿含有建材の代替可能性に関する追加事実....................265ノンアス建材の製造・販売期間..............................266建築物のノンアスベスト化技術の開発(平成元年度概要報告書)
(平
成2年).....................................................267石綿代替製品調査研究報告書“中小企業のための石綿代替製品開発ガイドライン”(平成3年)..................................267
「アスベスト問題(報告版)(平成3年).....................268」
建設省ヒアリング
(平成3年)...........................268建築物のノンアスベスト化技術の開発
(平成3年).........268
石綿の使用に関する
ポジションステートメント
(基本的な考え方)
,
石綿製品の代替化状況石綿粉じん自主基準値等(平成3年)

.............................................................269石綿代替物質の生体影響に関する研究(平成3年)........269石綿含有率低減化製品調査研究報告書
(平成4年).........270
建築物の解体・撤去等に係わるアスベスト飛散防止対策について
(平成8年).................................................270平成12年度無機新素材産業対策調査(石綿含有率低減化製品等調査研究)報告書.................................................271一審被告企業らの資料......................................272諸外国における石綿の規制状況..................................2724
本件における被災者らの就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況...........................................................273一審原告A(番号1・被災者A´・左官)........................273イ
原判決の補正.................................................273一審原告B(番号2・被災者B´・電工)........................273

原判決の補正.................................................274一審原告C(番号3・被災者C´・電工)........................275

原判決の補正.................................................275一審原告D(番号4・被災者D´・左官)........................276

原判決の補正.................................................276一審原告E(番号5・被災者本人・配管工)......................277

原判決の補正.................................................277
一審原告F(番号6・被災者F´・大工)........................278イ
原判決の補正.................................................278一審原告G(番号7・被災者本人・内装工)......................279

原判決の補正.................................................279一審原告H(番号8・被災者本人・大工)........................280

原判決の補正.................................................280一審原告I(番号11・被災者I´・左官)......................281

原判決の補正.................................................281一審原告J(番号12・被災者J´・左官,大工)................281

原判決の補正.................................................282一審原告K(番号13・被災者K´・電工)......................282

原判決の補正.................................................282一審原告L(番号14・被災者本人・電工)......................283

原判決の補正.................................................284一審原告M(番号15・被災者M´・鉄工)......................284

原判決の補正.................................................284一審原告N(番号16・被災者本人・大工)......................285一審原告O(番号17・被災者O´・大工)......................285一審原告P(番号18・被災者本人・大工)......................285

原判決の補正.................................................286一審原告Q(番号19・被災者本人・大工)......................286

原判決の補正.................................................286一審原告R(番号20・被災者R´・吹付工,大工)..............287

原判決の補正.................................................287一審原告S(番号21・被災者S´・自動ドア工)................287一審原告T(番号22・被災者本人・大工)......................288

原判決の補正.................................................288一審原告U(番号23・被災者U´・ガス配管工)................289

原判決の補正.................................................289一審原告V(番号24・被災者V´1・大工)....................291

原判決の補正.................................................291一審原告W(番号25・被災者W´・機械工)....................292

原判決の補正.................................................292一審原告Xら(番号26・被災者X´・屋根工)..................293

原判決の補正.................................................293一審原告Y(番号27・被災者本人・左官)......................294

原判決の補正.................................................294
第2

一審被告国の責任.................................................295
1
旧労基法及び安衛法に基づく規制権限不行使の違法性................295規制権限不行使の違法性の判断基準..............................295石綿関連疾患に関する医学的情報の集積ないし医学的知見の確立....298ア
医学的情報の集積ないし医学的知見の確立......................298

各石綿関連疾患に関する医学的知見の確立時期..................300石綿肺.....................................................300肺がん.....................................................302中皮腫.....................................................305びまん性胸膜肥厚...........................................307建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する一審被告国の
予見可能性.......................................................307ア
建築作業従事者が石綿関連疾患に罹患する客観的な危険性........307

上記アの危険性に関する一審被告国の予見可能性................312石綿吹付作業...............................................312
建設屋内での石綿切断等作業................................313屋外での石綿切断等作業....................................315ウ
補足説明.....................................................317一般的な補足説明...........................................317a
間接曝露に関する一審被告国の予見可能性..................317
b
石綿関連疾患に関する医学的知見の確立時期と一審被告国に建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する予見可能性が認められる時期との関係........................................318一審原告らの主張に対する検討..............................319
a
情報収集調査義務........................................319
b
一審被告国の予見可能性の基準時期........................319
c
屋外作業(屋根作業)に関する一審被告国の予見可能性......323一審被告国の主張に対する検討..............................324
a
被害の実情が深刻であるとの事情を考慮する必要性..........324
b
石綿工場と建築現場の相違を考慮する必要性................325
c
足場周囲のネット又はシート設置による影響................326
d
屋外での石綿切断等作業に関する一審被告国の予見可能性....327
e
一審被告国の予見可能性の基準時期........................328
一審被告国が講じてきた石綿粉じん曝露防止対策の有効性..........334イ
原判決の補正.................................................334石綿の使用を前提とした規制権限等不行使の違法性................337

防じんマスクの着用義務付け..................................337石綿切断等作業.............................................337a
義務付けの有効性及び必要性..............................337
b
規制権限不行使の不合理性................................339石綿吹付作業...............................................341
当事者の主張に対する検討..................................342abイ
一審原告らの主張について................................342一審被告国の主張について................................343
送気マスクの着用義務付け....................................347義務付けの有効性及び必要性................................347規制権限不行使の不合理性..................................348当事者の主張に対する検討..................................349abウ
一審原告らの主張について................................349一審被告国の主張について................................350
集じん機付き電動工具の使用義務付け..........................352集じん機付き電動工具の概要................................352a
集じん機付き電動工具の意義..............................352
b
粉じん捕捉能力...........................................352
c
粉じん吸引能力...........................................353義務付けの有効性及び必要性................................354規制権限不行使の不合理性..................................357当事者の主張に対する検討..................................359
abエ
一審原告らの主張について................................359一審被告国の主張について................................360
建材メーカーに対する警告表示の義務付け......................365義務付けの有効性及び必要性................................365a
法律に基づく規制の概要及び趣旨..........................365
b
追加的規制の具体的内容..................................366表示内容...............................................366規制対象...............................................368規制権限不行使の不合理性..................................369
一審被告国の主張に対する検討..............................371オ
事業者に対する警告表示の義務付け............................373義務付けの有効性及び必要性................................373規制権限不行使の不合理性..................................374当事者の主張に対する検討..................................375abカ
一審原告らの主張について................................375一審被告国の主張について................................376
粉じん濃度測定の義務付け....................................378原判決の補正...............................................378一審原告らの主張に対する検討..............................379

石綿吹付作業の禁止...........................................379原判決の補正...............................................380一審原告らの主張に対する検討..............................381

一審原告らの主張するその他の規制............................382原判決の補正...............................................382

石綿の使用を前提とした一審被告国による規制権限等不行使の違法性のまとめ.........................................................382補足説明...................................................384石綿の製造等禁止に係る規制権限不行使の違法性..................386

石綿の製造等禁止に関する基本的な考え方......................386

石綿の製造等禁止に関するその他の事情........................387石綿の管理使用の可否に関する医学的知見等..................387石綿含有建材の代替可能性..................................392一審被告国が石綿の製造等禁止措置をとるに至った経過等及び諸外国における規制状況.............................................394

石綿の製造等禁止に関するまとめ..............................397
一人親方等との関係における規制権限等不行使の違法性............397ア
一人親方等と旧労基法及び安衛法の保護対象(国賠法上の保護範囲)...............................................................397

本件における被災者らの労働者性..............................404一審原告A(番号1・被災者A´・左官)....................404一審原告B(番号2・被災者B´・電工)....................406一審原告C(番号3・被災者C´・電工)....................406一審原告D(番号4・被災者D´・左官)....................406一審原告E(番号5・被災者本人・配管工)..................406一審原告F(番号6・被災者F´・大工)....................407一審原告G(番号7・被災者本人・内装工)..................408一審原告H(番号8・被災者本人・大工)....................408一審原告I(番号11・被災者I´・左官)..................409一審原告J(番号12・被災者J´・左官,大工)............409一審原告K(番号13・被災者K´・電工)..................410一審原告L(番号14・被災者本人・電工)..................410一審原告M(番号15・被災者M´・鉄工)..................411一審原告N(番号16・被災者本人・大工)..................411一審原告O(番号17・被災者O´・大工)..................411一審原告P(番号18・被災者本人・大工)..................411一審原告Q(番号19・被災者本人・大工)..................412一審原告R(番号20・被災者R´・吹付工,大工)..........412一審原告S(番号21・被災者S´・自動ドア工)............413一審原告T(番号22・被災者本人・大工)..................414一審原告U(番号23・被災者U´・ガス配管工)............414一審原告V(番号24・被災者V´1・大工)................415
一審原告W(番号25・被災者W´・機械工)................415一審原告Xら(番号26・被災者X´・屋根工)..............415一審原告Y(番号27・被災者本人・左官)..................4152
建基法に基づく規制権限等不行使の違法性..........................416建基法2条7号ないし9号に基づく指定・認定行為等の違法性......416建基法90条に基づく規制権限不行使の違法性....................421建基法2条9号に係る立法行為又は立法不作為の違法性............422
3
一審被告国の規制権限不行使の違法性と一審原告ら(被災者ら)の石綿関連疾患発症との因果関係及び一審被告国の責任..........................424
第3

一審被告企業らの責任.............................................428
1
一審被告企業らの故意・過失......................................428判断枠組み.....................................................428建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する一審被告企業らの予見可能性...................................................428ア
判断.........................................................428石綿関連疾患に関する医学的知見の確立等....................428石綿含有建材の建築現場への到達及びその予見可能性..........429建築作業中の石綿粉じん曝露及びその予見可能性..............429自社製品の石綿含有性に関する予見可能性....................431小括.......................................................431

補足説明.....................................................432一般的な補足説明...........................................432a
間接曝露に関する一審被告企業らの予見可能性..............432
b
石綿関連疾患に関する医学的知見の確立時期と一審被告企業らに建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する予見可能性が認められる時期との関係....................................432
一審原告らの主張に対する検討..............................433a
医学的知見の確立を求めることの不当性....................433
b
予見可能性の基準時期....................................434
c
屋外作業(屋根作業を含む。)に関する予見可能性..........436一審被告企業らの共通主張に対する検討......................438
a
石綿関連疾患に関する医学的知見の確立....................438
b
他社製品による石綿粉じん曝露と一審被告企業らの認識......440
c
建築作業中の石綿粉じん曝露に関する一審被告企業らの認識..440
d
予見可能性の基準時期....................................443一審被告企業らの個別主張に対する検討......................444
a
一審被告クボタ(番号7・ク)及び同ケイミュー(番号8・ケ)
...........................................................444
b
一審被告新日鉄住金化学(番号11・チ)..................447
c
一審被告積水化学工業(番号13・テ)....................448
d
一審被告太平洋セメント(番号16・ニ)..................449
e
一審被告日東紡績(番号25・ム)........................456
一審被告企業らの警告表示義務違反..............................457ア
判断.........................................................457

当事者の主張に対する検討....................................459一審原告らの主張について..................................459a
建替工事や改修工事における解体工事と警告表示義務違反....459
b
石綿含有建材施工後の警告表示義務違反....................460一審被告企業らの共通主張について..........................461
a
a表示...............................................461
b
警告表示の態様及び内容..................................461
c
周辺作業者又は後続作業者に対する警告表示義務違反(警告表示に
よる結果回避可能性)......................................462d
法令上限論等.............................................464労働安全衛生法令......................................464JIS規格.............................................464建基法令...............................................465
e
建築作業従事者の専門家性................................465
f
警告表示義務違反の基準時期..............................466一審被告企業らの個別主張について..........................467
a
一審被告クボタ(番号7・ク)及び同ケイミュー(番号8・ケ)
...........................................................467
b
一審被告新日鉄住金化学(番号11・チ)..................468
c
一審被告積水化学工業(番号13・テ)....................470
d
一審被告大建工業(番号14・ト)........................470
e
一審被告太平洋セメント(番号16・ニ)..................471
f
一審被告ニチアス(番号23・マ)........................472
g
一審被告日東紡績(番号25・ム)........................474
h
一審被告エム・エム・ケイ(番号32・ワ)................475
一審被告企業らの石綿不使用義務違反............................476アイ2
判断.........................................................476一審原告らの主張に対する検討................................477
一審被告企業らの共同不法行為責任................................478共同不法行為の判断枠組み......................................478ア
共同不法行為(民法719条1項)に関する一般的な解釈........478民法719条1項前段(狭義の共同不法行為)................478民法719条1項後段(加害者不明の共同不法行為)..........479

建築作業従事者の石綿粉じん曝露の実態等......................480

一審原告らの(共同)不法行為に関する主張の概要..............481

当裁判所の(共同)不法行為に関する基本的な考え方............483民法719条1項前段の適用................................483民法719条1項後段の適用................................484民法719条1項後段の類推適用............................485a
民法719条1項後段の類推適用の可否....................485
b
到達及び他原因者不存在の要否並びに加害行為の捉え方......487民法709条の適用........................................488

一審被告企業らの主張に対する検討............................489一審被告企業らの共通主張について..........................489a
加害行為の捉え方........................................489
b
民法719条1項後段の類推適用の可否....................492一審被告企業らの個別主張について..........................494
a
一審被告A&Aマテリアル(番号6・キ)..................494
b
一審被告クボタ(番号7・ク)及び同ケイミュー(番号8・ケ)
...........................................................495
c
一審被告神島化学工業(10・シ)及び同大建工業(番号14・ト)...........................................................496
d
一審被告積水化学工業(番号13・テ)....................497
e
一審被告太平洋セメント(番号16・ニ)..................497
f
一審被告ノザワ(番号29・ラ)..........................498
共同不法行為者の範囲(シェア論)..............................499ア
判断.........................................................499

一審被告企業らの主張に対する検討............................505共通主張について...........................................505a
一審原告らによる直接曝露建材特定の可能性等..............505
b
シェア10%基準の不合理性..............................506
c
シェアと到達可能性との関係..............................508個別主張(シェア10%基準の不合理性及びシェアと到達可能性との
関係)について...............................................510(共同)不法行為者の認定......................................511イ
シェア認定に関する一審被告企業らの主張に対する検討..........511シェア認定の困難性........................................512一定の期間から他の期間のシェアを認定することの不合理性....513シェア資料の不正確性......................................513a
国交省データベースの不正確性............................513
b
個々のシェア資料の不正確性..............................515ノンアス建材を含めた代替建材の考慮の必要性................516

各石綿含有建材のシェア認定..................................520①吹付石綿.................................................520②石綿含有吹付ロックウール及び③湿式石綿含有吹付材........524⑦石綿含有けい酸カルシウム保温材..........................531⑪石綿含有けい酸カルシウム板第2種........................533⑫石綿含有耐火被覆板......................................533石綿スレート(⑮~⑳㉖㉗)................................533..............................536........................537
ックウール吸音天井板..........................541..........................545
㉟石綿含有窯業系サイディング..............................548筒........................................551...................................................551
その他の石綿含有建材......................................552エ
一審被告日本バルカー工業の責任..............................553認定事実...................................................553a
一審被告日本バルカー工業の製造業者性を裏付ける事情......553
b
一審被告日本バルカー工業と日本リンペット工事の関連共同性
及び幇助を裏付ける事情................................554判断.......................................................554
bオ
一審被告日本バルカー工業の主張に対する検討..............555
責任建材に関する一審被告企業らの主張に対する検討............559一審被告企業らの共通主張について..........................559a
石綿含有建材(石綿繊維)の種類の考慮の必要性............559
b
各被災者の就労状況の考慮の必要性........................560
c
石綿含有建材の製造・販売期間............................561一審被告企業らの個別主張について..........................561
a
一審被告クボタ(番号7・ク)及び同ケイミュー(番号8・ケ)
...........................................................561
bc
一審被告大建工業(番号14・ト)........................563
d
一審被告太平洋セメント(番号16・ニ)..................565
e
一審被告東レACE(番号21・フ)......................570
f
一審被告ニチアス(番号23・マ)........................570
g
一審被告日東紡績(番号25・ム)........................573
h
一審被告ノザワ(番号29・ラ)..........................574
iカ
一審被告新日鉄住金化学(番号11・チ)..................562
一審被告エム・エム・ケイ(番号32・ワ)................576
各被災者に対する(共同)不法行為者・総論(因果関係及び一審被告企業らの責任を含む。)...........................................578
共同不法行為者(民法719条1項の類推適用)..............578a
責任建材の認定...........................................578
b
因果関係及び責任........................................579単独不法行為者(民法709条)............................582
abキ
責任建材の認定...........................................582因果関係及び責任........................................582
各被災者に対する(共同)不法行為者・各論(因果関係及び一審被告企業らの責任を含む。)...........................................582一審原告A(番号1・被災者A´・左官)....................583a
責任建材の認定...........................................583
b
因果関係及び責任........................................583一審原告B(番号2・被災者B´・電工)....................584
a
責任建材の認定...........................................584
b
因果関係及び責任........................................585一審原告C(番号3・被災者C´・電工)....................586
a
責任建材の認定...........................................586
b
因果関係及び責任........................................587一審原告D(番号4・被災者D´・左官)....................588
a
責任建材の認定...........................................588
b
因果関係及び責任........................................589一審原告E(番号5・被災者本人・配管工)..................590
a
責任建材の認定...........................................590
b
因果関係及び責任........................................591一審原告F(番号6・被災者F´・大工)....................592
a
責任建材の認定...........................................592
b
因果関係及び責任........................................594
一審原告G(番号7・被災者本人・内装工)..................595一審原告H(番号8・被災者本人・大工)....................595a
責任建材の認定...........................................595
b
因果関係及び責任........................................596一審原告I(番号11・被災者I´・左官)..................597
a
責任建材の認定...........................................597
b
因果関係及び責任........................................598一審原告J(番号12・被災者J´・左官,大工)............599
a
責任建材の認定...........................................599
b
因果関係及び責任........................................599一審原告K(番号13・被災者K´・電工)..................600
a
責任建材の認定...........................................600
b
因果関係及び責任........................................601一審原告L(番号14・被災者本人・電工)..................602
a
責任建材の認定...........................................602
b
因果関係及び責任........................................603一審原告M(番号15・被災者M´・鉄工)..................604
a
責任建材の認定...........................................604
b
因果関係及び責任........................................605一審原告N(番号16・被災者本人・大工)..................606
a
責任建材の認定...........................................606
b
因果関係及び責任........................................607一審原告O(番号17・被災者O´・大工)..................608
a
責任建材の認定...........................................608
b
因果関係及び責任........................................608一審原告P(番号18・被災者本人・大工)..................609
a
責任建材の認定...........................................609
b
因果関係及び責任........................................609一審原告Q(番号19・被災者本人・大工)..................610
a
責任建材の認定...........................................610
b
因果関係及び責任........................................610一審原告R(番号20・被災者R´・吹付工,大工)..........611
a
責任建材の認定...........................................611
b
因果関係及び責任........................................612一審原告S(番号21・被災者S´・自動ドア工)............613一審原告T(番号22・被災者本人・大工)..................614
a
責任建材の認定...........................................614
b
因果関係及び責任........................................614一審原告U(番号23・被災者U´・ガス配管工)............615
a
責任建材の認定...........................................615
b
因果関係及び責任........................................616一審原告V(番号24・被災者V´1・大工)................617
a
責任建材の認定...........................................617
b
因果関係及び責任........................................618一審原告W(番号25・被災者W´・機械工)................619一審原告Xら(番号26・被災者X´・屋根工)..............620
a
責任建材の認定...........................................620
b
因果関係及び責任........................................622一審原告Y(番号27・被災者本人・左官)..................623
a
b
第4

責任建材の認定...........................................623因果関係及び責任........................................624
一審原告らの損害.................................................626
1
包括一律請求の適否...............................................626
2
基準となる慰謝料額...............................................627判断...........................................................627一審原告らの主張に対する検討..................................629
3
一審被告国の負担すべき損害額....................................629一審被告国の責任範囲に基づく修正..............................629ア
判断.........................................................629

一審原告ら及び一審被告国の主張に対する検討..................631一審原告らの主張について..................................631一審被告国の主張について..................................632肺がんを発症した被災者の喫煙歴に基づく修正....................632

判断.........................................................632

一審原告ら及び一審被告国の主張に対する検討..................632一審原告らの主張について..................................632一審被告国の主張について..................................633一審被告国の責任期間に基づく修正..............................634防じんマスク不着用に基づく修正................................635公的給付等受給に基づく損益相殺................................635

判断.........................................................635

一審被告国の主張に対する検討................................636弁護士費用.....................................................637各一審原告の損害額.............................................637

一審原告A(番号1・被災者A´・左官)......................637

一審原告B(番号2・被災者B´・電工)......................638

一審原告C(番号3・被災者C´・電工)......................638

一審原告D(番号4・被災者D´・左官)......................639
オカ
一審原告F(番号6・被災者F´・大工)......................640

一審原告G(番号7・被災者本人・内装工)....................641

一審原告H(番号8・被災者本人・大工)......................641

一審原告I(番号11・被災者I´・左官)....................642

一審原告J(番号12・被災者J´・左官,大工)..............642

一審原告K(番号13・被災者K´・電工)....................643

一審原告L(番号14・被災者本人・電工)....................644

一審原告M(番号15・被災者M´・鉄工)....................644

一審原告N(番号16・被災者本人・大工)....................645

一審原告O(番号17・被災者O´・大工)....................645

一審原告P(番号18・被災者本人・大工)....................646

一審原告Q(番号19・被災者本人・大工)....................646

一審原告R(番号20・被災者R´・吹付工,大工)............647

一審原告S(番号21・被災者S´・自動ドア工)..............648

一審原告T(番号22・被災者本人・大工)....................648

一審原告U(番号23・被災者U´・ガス配管工)..............649

一審原告V(番号24・被災者V´1・大工)..................650

一審原告W(番号25・被災者W´・機械工)..................651

一審原告Xら(番号26・被災者X´・屋根工)................651
ノ4
一審原告E(番号5・被災者本人・配管工)....................640
一審原告Y(番号27・被災者本人・左官)....................652
一審被告企業らの負担すべき損害額................................653一審被告企業らの責任範囲に基づく修正..........................653ア
判断.........................................................653

一審原告ら及び一審被告企業らの主張に対する検討..............654一審原告らの主張について..................................654
一審被告企業らの主張について..............................655肺がんを発症した被災者の喫煙歴に基づく修正....................655責任外建材からの曝露に基づく修正..............................656一審被告企業らの責任期間に基づく修正..........................657防じんマスク不着用に基づく修正................................658公的給付等受給に基づく損益相殺................................658弁護士費用.....................................................658各一審原告の損害額.............................................659ア
一審原告A(番号1・被災者A´・左官)......................659

一審原告B(番号2・被災者B´・電工)......................660

一審原告C(番号3・被災者C´・電工)......................664

一審原告D(番号4・被災者D´・左官)......................668

一審原告E(番号5・被災者本人・配管工)....................671

一審原告F(番号6・被災者F´・大工)......................675

一審原告G(番号7・被災者本人・内装工)....................679

一審原告H(番号8・被災者本人・大工)......................679

一審原告I(番号11・被災者I´・左官)....................681

一審原告J(番号12・被災者J´・左官,大工)..............683

一審原告K(番号13・被災者K´・電工)....................685

一審原告L(番号14・被災者本人・電工)....................689

一審原告M(番号15・被災者M´・鉄工)....................693

一審原告N(番号16・被災者本人・大工)....................697

一審原告O(番号17・被災者O´・大工)....................699

一審原告P(番号18・被災者本人・大工)....................702

一審原告Q(番号19・被災者本人・大工)....................705

一審原告R(番号20・被災者R´・吹付工,大工)............708

一審原告S(番号21・被災者S´・自動ドア工)..............708

一審原告T(番号22・被災者本人・大工)....................708

一審原告U(番号23・被災者U´・ガス配管工)..............711

一審原告V(番号24・被災者V´1・大工)..................714

一審原告W(番号25・被災者W´・機械工)..................717

一審原告Xら(番号26・被災者X´・屋根工)................717

一審原告Y(番号27・被災者本人・左官)....................719
第5

消滅時効等.......................................................723
1
消滅時効.........................................................723
2
除斥期間.........................................................724
第6

結論.............................................................725
平成28年

第987号

損害賠償請求控訴事件(原審・京都地方裁判所平成23

第1956号(以下第1事件という。,同年


事件」という。,平成24年

5年

第4104号(以下第2第2100号(以下「第3事件という。,平成2)

第1627号(以下第4事件という。


下第5事件という。)

主1文
一審被告国の関係
一審原告A,同E,同F,同H,同I,同J,同K,同L,同M,同P,同S,同W,同X1,同X2及び同X3の各控訴並びに一審原告F,同I,同W,同X1,同X2及び同X3の各当審訴訟承継に基づき,原判決中,上記一審原告らと一審被告国の関係部分を次のとおり変更する。

一審被告国は,上記一審原告らに対し,本判決別紙3控訴審の結論一覧表の一審被告国の認容額欄記載の各金員並びにこれに対する本判決別紙4遅延損害金起算日一覧表の上記一審原告ら及び一審被告国に対応する欄記載の各日からそれぞれ支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。


上記一審原告らの一審被告国に対するその余の請求をいずれも棄却する。一審原告B,同C,同D,同G,同N,同O,同Q,同R,同T,同U,
同V及び同Yの一審被告国に対する各控訴並びに一審被告国の各控訴をいずれも棄却する。
一審原告Vの当審訴訟承継に基づき,原判決中,同一審原告と一審被告国の関係部分を次のとおり更正する。

一審被告国は,
一審原告Vに対し,
本判決別紙3
控訴審の結論一覧表
の一審被告国の認容額欄記載の金員及びこれに対する本判決別紙4遅延損害金起算日一覧表の同一審原告及び一審被告国に対応する欄記載の日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。


一審原告Vの一審被告国に対するその余の請求を棄却する。
一審原告Bの当審訴訟承継に基づき,原判決中,同一審原告と一審被告国
の関係部分を次のとおり更正する。

一審被告国は,
一審原告Bに対し,
本判決別紙3
控訴審の結論一覧表
の一審被告国の認容額欄記載の金員及びこれに対する本判決別紙4遅延損害金起算日一覧表の同一審原告及び一審被告国に対応する欄記載の日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。

イ2
一審原告Bの一審被告国に対するその余の請求を棄却する。

一審被告企業らの関係
本判決別紙3控訴審の結論一覧表の一審被告企業らの符号欄に<
及び0<と記載された各部分に対応する一審原告らの各控訴並びに同一審原告らのうち同符号欄に承と記載された一審原告らの各当審訴訟承継に基づき,原判決中,上記各部分を次のとおり変更する。

本判決別紙3
控訴審の結論一覧表
の一審被告企業らの符号欄に

及び0<と記載された各部分に対応する一審被告企業らは,同部分に対応する一審原告らに対し,同別紙の認容額欄記載の金額が一致する限度で連帯して,
同認容額欄記載の各金員並びにこれに対する本判決別紙4
遅延損害金起算日一覧表の同一審原告ら及び同一審被告企業らに対応する欄記載の各日からそれぞれ支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。

上記アの一審原告らの上記アの一審被告企業らに対するその余の請求をいずれも棄却する。
本判決別紙3控訴審の結論一覧表の一審被告企業らの符号欄に>

及び>0と記載された各部分に対応する一審被告企業らの各控訴並びにこれに対応する一審原告らのうち同符号欄に承と記載された一審原告らの各当審訴訟承継に基づき,原判決中,上記各部分を次のとおり変更する。ア
本判決別紙3
控訴審の結論一覧表
の一審被告企業らの符号欄に


と記載された各部分に対応する一審被告企業らは,同部分に対応する一審原告らに対し,同別紙の認容額欄記載の金額が一致する限度で連帯して,同認容額欄記載の各金員並びにこれに対する本判決別紙4遅延損害金起算日一覧表の同一審原告ら及び同一審被告企業らに対応する欄記載の各日からそれぞれ支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。

上記アの一審原告らの上記アの一審被告企業らに対するその余の請求をいずれも棄却する。


本判決別紙3控訴審の結論一覧表の一審被告企業らの符号欄に>0と記載された各部分に対応する一審原告らの,同部分に対応する一審被告企業らに対する各請求をいずれも棄却する。
本判決別紙3控訴審の結論一覧表の一審被告企業らの符号欄に=

と記載された各部分に対応する一審原告ら及び一審被告企業らの同部分に係る各控訴,同符号欄に>,>0及び0-と記載された各部分に
対応する一審原告らの同部分に係る各控訴並びに同符号欄に<と記載された各部分に対応する一審被告企業らの同部分に係る各控訴及び同符号欄に>と記載された各部分に対応する一審被告企業らの同部分に係るその余の各控訴をいずれも棄却する。
一審原告Wの当審各追加請求をいずれも棄却する。
本判決別紙3
控訴審の結論一覧表
の一審被告企業らの符号欄に
承=
及び承0-と記載された各部分に対応する一審原告らの各当審訴訟承継に基づき,同部分を次のとおり更正する。

本判決別紙3控訴審の結論一覧表の一審被告企業らの符号欄に承=と記載された各部分に対応する一審被告企業らは,同部分に対応する一審原告らに対し,同別紙の認容額欄記載の金額が一致する限度で連帯して,同認容額欄記載の各金員並びにこれに対する本判決別紙4遅延損害金起算日一覧表の同一審原告ら及び同一審被告企業らに対応する欄記載
の各日からそれぞれ支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。イ
上記アの一審原告らの上記アの一審被告企業らに対するその余の請求をいずれも棄却する。


本判決別紙3控訴審の結論一覧表の一審被告企業らの符号欄に承0-と記載された部分に対応する一審原告らの,同部分に対応する一審被告企業らに対する各請求をいずれも棄却する。

3
訴訟費用(一審原告Wの当審各追加請求に関する費用を含む。
)の負担は,第
1,2審を通じて,以下のとおりとする。
一審原告らと一審被告国との間に生じたものについては,これを5分し,その4を一審原告らの負担とし,その余を一審被告国の負担とする。一審原告らと一審被告A&Aマテリアルとの間に生じたものについては,これを100分し,その90を一審原告らの負担とし,その余を同一審被告の負担とする。
一審原告らと一審被告クボタ及び同ケイミューとの間に生じたものについては,これを100分し,その99を一審原告らの負担とし,その余を同一審被告らの負担とする。
一審原告らと一審被告新日鉄住金化学との間に生じたものについては,これを100分し,その97を一審原告らの負担とし,その余を同一審被告の負担とする。
一審原告らと一審被告大建工業との間に生じたものについては,これを100分し,その96を一審原告らの負担とし,その余を同一審被告の負担とする。
一審原告らと一審被告太平洋セメントとの間に生じたものについては,これを100分し,その96を一審原告らの負担とし,その余を同一審被告の負担とする。
一審原告らと一審被告ニチアスとの間に生じたものについては,これを1
00分し,その93を一審原告らの負担とし,その余を同一審被告の負担とする。
一審原告らと一審被告日本バルカー工業との間に生じたものについては,これを100分し,その97を一審原告らの負担とし,その余を同一審被告の負担とする。
一審原告らと一審被告ノザワとの間に生じたものについては,これを100分し,その94を一審原告らの負担とし,その余を同一審被告の負担とする。
一審原告らと一審被告エム・エム・ケイとの間に生じたものについては,これを100分し,その95を一審原告らの負担とし,その余を同一審被告の負担とする。
一審原告らと一審被告神島化学工業,同積水化学工業,同東レACE及び同日東紡績との間に生じたものについては,
すべて一審原告らの負担とする。
4
この判決は,第1項

ア及び

仮に執行することができる。

ただし,一審被告国,同クボタ,同ケイミュー及び同日本バルカー工業が本判決別紙3控訴審結論一覧表の同一審被告らの担保額欄記載の各金員の担保を対応する一審原告らに提供するときは(ただし,担保額欄に¥0と記載された部分を除く。,同一審被告らは,当該一審原告らの請求との関係にお)
いて,それぞれその仮執行を免れることができる。

第1章
第1
1実及び理由
当事者の求めた裁判
一審原告らの控訴
一審原告ら
原判決中,一審被告らに関する部分を次のとおり変更する。
一審被告国に対する請求
一審被告国は,各一審原告に対し,本判決別紙5控訴審請求一覧表の
各一審原告に対応する請求額欄記載の各金員及びこれに対する本判決別紙4遅延損害金起算日一覧表の一審被告国及び各一審原告に対応する欄記載の各日からそれぞれ支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。一審被告企業らに対する請求
本判決別紙5控訴審請求一覧表の一審被告欄記載の各一審被告企
業は,対応する一審原告欄記載の各一審原告に対し,連帯して,対応する請求額欄記載の各金員及びこれに対する本判決別紙4遅延損害金起算日一覧表の各一審被告企業及び各一審原告に対応する欄記載の各日からそれぞれ支払済みまで年5分の割合による金員を支払え(一審原告Wの一審被告新日鉄住金化学,同太平洋セメント,同日東紡績,同日本バルカー工業及び同ノザワに対する各請求は,当審追加請求である。)。
訴訟費用は第1,2審とも一審被告らの負担とする。
上記
2
及び

につき,仮執行宣言

一審被告国
本件各控訴をいずれも棄却する
控訴費用は一審原告らの負担とする。
担保を条件とする仮執行免脱宣言び執行開始時期を判決が一審被告国に送達された後14日を経過したときとする申立て

3
一審被告企業ら
本件各控訴をいずれも棄却する。
一審被告新日鉄住金化学,同太平洋セメント,同日東紡績,同日本バルカー工業及び同ノザワ
一審原告Wの当審各追加請求をいずれも棄却する。

上記

の一審被告企業ら

控訴費用(一審原告Wの当審各追加請求に係る費用を含む。)は一審原告らの負担とする。


その余の一審被告企業ら
控訴費用は一審原告らの負担とする。


一審被告ケイミュー
仮執行免脱宣言び執行開始時期を判決が一審被告ケイミューに送達された後14日を経過したときとする申立て


一審被告クボタ及び同日本バルカー工業
仮執行免脱宣言

第2

一審被告国,同A&Aマテリアル,同ケイミュー,同新日鉄住金化学,同大
建工業,同太平洋セメント,同ニチアス,同日東紡績,同ノザワ及び同エム・エム・ケイの控訴
1
上記一審被告ら
原判決中,上記一審被告ら敗訴部分を取り消す。
上記

の取消しに係る一審原告らの請求をいずれも棄却する。

訴訟費用は第1,2審とも一審原告らの負担とする。
2
一審原告ら
本件各控訴をいずれも棄却する。
控訴費用は上記一審被告らの負担とする。

第2章
第1
1
事案の概要等
事案の要旨,経過等
事案の要旨
本件は,一審原告らが,自身又はその被相続人が建築作業に従事した際,石
綿含有建材から発生した石綿粉じんに曝露したことにより,石綿関連疾患(石綿肺,肺がん,中皮腫,びまん性胸膜肥厚の各疾患)に罹患したこと(以下,この一審原告ら自身又はその被相続人を被災者という。
)を前提として,一
審被告国に対しては,一審被告国において,①旧労基法及び安衛法(労災保険法を含む。,②建基法2条7号ないし9号及び90条に基づいて建築作業従事)

者の石綿粉じん曝露による石綿関連疾患罹患を防止するための規制権限又は監督権限(以下規制権限等という。
)を行使しなかったことが違法であると
主張して,国賠法1条1項に基づき,また,一審被告企業らに対しては,一審被告企業らにおいて,被災者らが建築現場で建築作業に従事する際に石綿粉じんに曝露する相当程度以上の危険性のある石綿含有建材(一審原告らは,これを直接曝露建材と称する。
)を製造・販売したと主張して,民法719条前
段又は後段の適用若しくは類推適用(一審原告G及び同R以外の一審原告らの関係)
,あるいは同法709条(一審原告G及び同Rの関係)に基づき,連帯して,被災者ごとに損害賠償金3850万円(一審原告らが被災者の相続人である場合には,
各自の相続分に相当する額。
ただし,
後記のとおり,
一審原告C,
同K,同R,同S及び同Uは,被災者の相続人が複数人であるが,単独で全額を請求している。)の損害賠償金及びこれに対する不法行為の後で訴状送達日の翌日である本判決別紙4遅延損害金起算日一覧表記載の各日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である。なお,被災者の相続人の中には,当審で承継の手続がされた者が含まれているが,そのような者も一審原告と呼称している。
なお,一審原告らは,原審において,一審被告企業ら及び他の18の企業に対し,主位的に,上記企業らにおいて,被災者らが建築現場で建築作業に従事する際に石綿粉じんに曝露する相当程度の危険性のある石綿含有建材(一審原告らは,
直接取扱建材と称する。
)を製造・販売したと主張し,予備的に,
一審被告企業らにおいて,直接曝露建材を製造・販売したと主張して,上記と同様の損害賠償請求をしていたが(以下,それぞれ原審主位的請求原審,予備的請求という。,後記のとおり,当審において,原審主位的請求(の訴)
え)を取り下げ,原審予備的請求を当審請求とした。なお,一審原告らの原審主位的請求と原審予備的請求の相違は,上記企業らが製造・販売したとされる石綿含有建材の被災者らへの到達可能性の程度,換言すれば,被災者らにつき
石綿粉じん曝露の原因となった上記企業らの製造・販売に係る石綿含有建材の特定(絞り込み)の程度によるものであり,本来的な主位的請求と予備的請求の関係に立つものではない。
2
一審原告らの原審主位的請求及び原審予備的請求
一審原告らの原審主位的請求及び原審予備的請求は,本判決別紙6原審主位的請求一覧表及び同別紙7
原審予備的請求一覧表のとおりであった
(一
審被告国については,主位的請求と予備的請求の区別はない。)。なお,下記3のとおり,前記18の企業は,いずれも原審主位的請求のみの対象とされており,一審被告企業らは,いずれも原審主位的請求及び原審予備的請求の対象とされていた。

3
原判決の結論
原判決は,本判決別紙8原判決の結論一覧表のとおり判断した。本判決別紙8原判決の結論一覧表のうち,網掛け部分は一審原告らの請求がなかった部分であり,その余の部分は一審原告らの請求があった部分である。金額が記載された部分は一審原告らの請求を一部認容した部分であり,-と記載された部分は請求を棄却した部分である。
すなわち,一審被告国の関係では,
金額が記載された部分に対応する一審原告らの請求をそれぞれ一部認容し,その余の一審原告らの請求をいずれも全部棄却した。また,一審被告企業ら及び前記18の企業の関係では,一審原告らの原審主位的請求を全部棄却し,一審原告らの原審予備的請求につき,一審被告A&Aマテリアル,同ケイミュー,同新日鉄住金化学,
同大建工業,
同太平洋セメント,
同ニチアス,
同日東紡績,
同ノザワ及び同エム・エム・ケイ(旧三菱マテリアル建材)(以下,これらの一審被告企業らを原審一部敗訴一審被告企業らという。)の予備的請求欄のうち金額の記載のある部分を一部認容し,その余の一審被告企業らに対する原審予備的請求を全部棄却した。なお,一審原告らの一審被告国に対する請求及び一審被告企業らに対する予備的請求に係る原審の一部認容額の明細及
びその算定要素の一つである責任期間等は,本判決別紙9-1原判決の認容額算定表(一審被告国)及び同別紙9-2原判決の認容額算定表(一審被告企業ら予備的請求)のとおりである。4
当事者の控訴,控訴の取下げ,当審における一審原告らの請求の追加,訴えの一部取下げ等
一審原告ら

一審原告らは,原判決中,一審原告ら敗訴部分を不服として控訴した。

元一審原告Zは,原審において,請求を全部棄却されていたところ,当審において,控訴を取り下げた。


一審原告(亡W´承継人)Wは,当審において,一審被告新日鉄住金化学,同太平洋セメント,同日東紡績,同日本バルカー工業及び同ノザワの関係で,請求を追加した。
なお,
一審原告Wの当審における上記請求の追加は,
原審主位的請求
(の
訴え)を取り下げる前にされたものである。


一審原告らは,当審において,原審主位的請求(の訴え)を取り下げ,原審予備的請求を当審請求とした。


一審原告Nは,当審において,一審被告新日鉄住金化学,同日東紡績及び同日本バルカー工業に対する請求(の訴え)を取り下げた。


一審原告Sは,当審において,一審被告新日鉄住金化学,同太平洋セメント,同ニチアス及び同ノザワに対する請求(の訴え)を取り下げた。

以上の結果,一審原告らの当審請求は,本判決別紙5控訴審請求一覧表に記載のとおりとなった。なお,同別紙及び後記のとおり,当審において,一審原告B,同F,同I,同V,同W,同X1,同X2及び同X3について訴訟手続の承継がされ,また,一審被告エム・エム・ケイは,
三菱マテリアル建材株式会社
から商号変更がされたものである。

一審被告国及び原審一部敗訴一審被告企業ら
一審被告国及び原審一部敗訴一審被告企業らは,原判決中,敗訴部分を不服として控訴した。
当審における審理の対象等
本判決別紙3控訴審の結論一覧表の不服欄の控は控訴人であ
ることを,被は被控訴人であることを示しており,当審における審理の対象は,同別紙のうち網掛け部分(一審原告らの請求がない部分)を除いた部分である。
第2

前提事実

1
当事者等
一審原告ら
一審原告らは,建築作業従事者であった者(被災者)又はその相続人であり,一審原告らが被災者と主張する者は,本判決別紙3控訴審の結論一覧表の一審原告ら欄の被災者欄に記載のとおりである(以下の認定は,後掲各証拠のほか,弁論の全趣旨による。以下,各被災者を個別に被災者A´などという。)。被災者の死亡に伴い,本訴提起の前後を含めて承継があった一審原告らについては,以下のとおりである。

被災者A´(番号1)は,第1事件が原審係属中の平成27年1月2日に死亡した。
一審原告Aは,
被災者A´の妻であり,
遺産分割協議により,
被災者A´の本件に関する権利義務を相続し,原審で同被災者の訴訟手続を承継した。


被災者B´(番号2)は,第1事件が原審係属中の平成27年6月5日に死亡した。
一審原告Bは,
被災者B´の妻であり,
遺産分割協議により,
被災者B´の本件に関する権利義務を相続し,当審で同被災者の訴訟手続を承継した。


被災者C´(番号3)は,一審原告Cが第1事件を提起する前の平成2
0年6月29日に死亡していたところ,被災者C´の相続人は,妻の一審原告C,子のa,b及びcである(甲D3の17)。なお,一審原告Cは,単独で一審被告らに対し本件損害賠償請求をしている。

被災者D´(番号4)は,第1事件が原審係属中の平成24年1月23日に死亡した。一審原告Dは,被災者C´の子であり,遺産分割協議により,被災者C´の本件に関する権利義務を相続し,原審で同被災者の訴訟手続を承継した。


被災者F´(番号6)は,第1事件が原審係属中の平成27年6月14日に死亡した。一審原告Fは,被災者F´の子であり,遺産分割協議により,被災者F´の本件に関する権利義務を相続し,当審で同被災者の訴訟手続を承継した。


被災者I´(番号11)は,本件訴訟が当審係属中の平成29年7月31日に死亡した。一審原告Iは,被災者I´の子であり,遺産分割協議により,被災者I´の本件に関する権利義務を相続し,当審で同被災者の訴訟手続を承継した。


被災者J´(番号12)は,第2事件が原審係属中の平成24年10月26日に死亡した。一審原告Jは,被災者J´の妻であり,遺産分割協議により,被災者J´の本件に関する権利義務を相続し,原審で同被災者の訴訟手続を承継した。


被災者K´(番号13)は,一審原告Kが第2事件を提起する前の平成22年11月21日に死亡していたところ,被災者K´の相続人は,妻の一審原告K及び子のdである(甲D13の9)。なお,一審原告Kは,単独で一審被告らに対し本件損害賠償請求をしている。


被災者M´(番号15)は,第3事件が原審係属中の平成25年12月21日に死亡した。被災者M´の相続人は弟の一審原告Mのみであり,一審原告Mは,被災者M´の本件に関する権利義務を相続し,原審で同被災
者の訴訟手続を承継した。

被災者O´(番号17)は,第3事件が原審係属中の平成24年12月6日に死亡した。一審原告Oは,被災者O´の妻であり,遺産分割協議により,被災者O´の本件に関する権利義務を相続し,原審で同被災者の訴訟手続を承継した。


被災者R´(番号20)は,一審原告Rが第3事件を提起する前の平成23年12月3日に死亡していたところ,被災者R´の相続人は,妻の一審原告R及び2人の子である(甲D20の2)。なお,一審原告Rは,単独で一審被告らに対し本件損害賠償請求をしている。


被災者S´(番号21)は,一審原告Sが第4事件を提起する前の平成25年3月16日に死亡していたところ,被災者S´の相続人は,妻の一審原告S及び3人の子である(甲D21の1)。なお,一審原告Sは,単独で一審被告らに対し本件損害賠償請求をしている。


被災者U´(番号23)は,一審原告Uが第4事件を提起する前の平成23年6月27日に死亡していたところ,被災者U´の相続人は,妻の一審原告U及びeほかのきょうだいである(甲D23の11・17・25・33)。なお,一審原告Uは,単独で一審被告らに対し本件損害賠償請求をしている。


被災者V´1(番号24)は,第4事件が原審係属中の平成27年2月27日に死亡した。被災者V´1の相続人は妻のV´2及び子の一審原告Vであり,両名は,被災者V´1の本件に関する権利義務を各2分の1の割合で相続し,
原審で同被災者の訴訟手続を承継した。
次いで,
V´2は,
本件訴訟が当審係属中の平成29年4月26日に死亡した。V´2の相続人は一審原告Vのみであり,同一審原告は,V´2が有していた被災者V´1の本件に関する権利義務2分の1を相続し,V´2の訴訟手続を承継した。


被災者W´(番号25)は,第4事件が原審係属中の平成27年7月23日に死亡した。被災者W´の相続人は妹の一審原告Wのみであり,一審原告Wは,被災者W´の本件に関する権利義務を相続し,当審で同被災者の訴訟手続を承継した。


被災者X´(番号26)は,第5事件が原審係属中の平成27年11月9日に死亡した。一審原告X1は被災者X´の妻,同X2及び同X3はいずれも被災者X´の子であり
(以下,
この3名を
一審原告Xら
という。,

遺産分割協議により,被災者X´の本件に関する権利義務を一審原告X1が2分1,同X2及び同X3が各4分の1の割合で相続し,当審で被災者X´の訴訟手続を承継した。
一審被告企業ら


一審被告企業らは,国交省データベース(国土交通省及び経済産業省が連携して,建設事業者,解体事業者や住宅・建築物所有者等が,解体工事等に際し,使用されている建材の石綿含有状況に関する情報を簡便に把握できるようにすることを目的とし,建材メーカーが過去に製造した石綿含有建材の種類,名称,製造時期,石綿の種類・含有率等の情報及びその検索システムとして構築した石綿(アスベスト)含有建材データベースをいう。に石綿含有建材を製造又は販売していた企業として掲載された会)
社又はその地位を承継したと一審原告らが主張する会社で,一審原告らにおいて,当該会社の製造した石綿含有建材が被災者らのいずれかに到達した相当程度以上の可能性を有すると主張する会社である(甲A393の1~5,弁論の全趣旨)



なお,一審被告エム・エム・ケイは,第1ないし第4事件が原審係属中に,その商号を三菱マテリアル建材株式会社から株式会社エム・エム・ケイに変更した(弁論の全趣旨)。
2
石綿の概要

上記の点については,原判決本冊の事実及び理由中の第2章概要等欄の第2節前提事実の第2事案の石綿の概要(原判決本冊4頁
25行目から6頁18行目まで)
に記載のとおりであるから,
これを引用する。
3
石綿含有建材の概要
上記の点については,次のとおり補正するほか,原判決本冊の事実及び理由中の第2章事案の概要等欄の第2節前提事実の第3石綿含有建材の概要(原判決本冊6頁19行目から8頁末行まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。

原判決本冊7頁初行の石綿含有建材の推定量(予測量)はを石綿含有建材の出荷量は約4300万トンで,推定石綿使用量は約540万トンでありに改め,2行目の甲C16の次に・6,17頁を加える。


原判決本冊7頁6行目のレベル1の次に(著しく発じん量の多い製品)を,7行目のレベル2の次に(比重が小さく,発じんしやすい製品)を,8行目のレベル3の次に(発じん性の比較的低い製品)をそれぞれ加え,22行目の

超」を削る。ウ原判決本冊別紙9「石綿含有建材の使用実態

の表1吹付材の石綿の種類,使用時期及び含有率の注5中の・+を削り,同表2吹付石綿の施工量(t)の「施工量」「合計」欄の141,636を127,376に,同表5
調査した石綿含有建築材料成形板石綿含有建築材料一般名

欄の石綿含有押出成形品,同表6成形板の石綿含有率(質量%)
及び同表7石綿含建築材料(成形板)の出荷量(千㎡)中の各石綿含有押出成形板をいずれも石綿含有押出成形セメント板に,同表の注1中の
石綿含有押出しセメント板石綿含有押出成形セメント板

に,石綿含有せっこうスラグ板を石綿含有スラグせっこう板にそ
れぞれ改める。

なお,以下,本判決において,石綿含有建材の種類の分類は,基本的に国交省データベースによるものとし,各石綿含有建材について,例えば①吹付石綿のように,同データベースにおける分類番号を付して表示することがある(混和剤については,㊸混和剤と表示する。)。また,①吹付石綿,②石綿含有吹付ロックウール及び③湿式石綿含有吹付材をまとめて石綿含有吹付材といい,②石綿含有吹付ロックウール及び③湿式石綿含有吹付材をまとめて石綿含有ロックウール吹付材ということがある。
4
建築工事の概要
上記の点については,原判決本冊の事実及び理由中の第2章概要等欄の第2節前提事実の第4事案の建設工事の概要(原判決本冊
9頁初行から10頁3行目まで)
に記載のとおりであるから,
これを引用する。
5
石綿関連疾患の概要
上記の点については,次のとおり補正するほか,原判決本冊の事実及び理由中の第2章事案の概要等欄の第2節前提事実の第5石綿関連疾患の概要(原判決本冊10頁4行目から17頁14行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。
原判決本冊10頁18行目の壁側胸膜の次に(横隔膜や肋間膜を覆っている胸膜)を,同行目の限局性胸膜肥厚の次に

(胸膜肥厚斑,あるいは肥厚斑とも呼ばれる。)

をそれぞれ加え,11頁3行目及び5行目の各マイクロファージをいずれもマクロファージ(貪食作用を有する大型細胞)にそれぞれ改める。原判決本冊11頁17行目の間質の次に

(肺の実質である肺胞を支えるものであり,狭義では肺胞隔壁,広義では小葉間間質,胸膜近傍等を含む。)

を,12頁12行目の肺性心の次に(肺・肺血管・排ガス交換を一次性に障害して,肺高血圧症を呈する疾患)をそれぞれ加える。原判決本冊13頁6行目末尾に従来は,石綿曝露によって生じる肺がんは,石綿肺に合併した肺がんであり,肺の繊維化が発がんメカニズム上重要であると考えられてきたが,最近では石綿肺を合併しない石綿肺がんの存在も明らかとなり,石綿自体が肺がんの発生に重要であるとの考えが提唱されている。を,14頁6行目の非小細胞がんの次に

(大細胞がん。扁平上皮がんにも腺がんにも分化が証明されない未分化な細胞の大きなもの)

を,8行目の小細胞がんの次に(扁平上皮や腺等,身体の正常な組織に似たところがないがんのうち,細胞の小さいもの)をそれぞれ加え,17行目のICPSをIPCSに改める。
原判決本冊14頁末行の漿膜の次に(胸腔,心膜腔,腹腔等の体腔の壁の内面並びに肺,心臓,腸等の体腔内に収納されている器官を覆っている薄い膜)を,15頁2行目の中皮腫は,の次にその組織が基本的に上皮様細胞と肉腫様細胞から形成されるところ,を,16頁12行目の臓側胸膜の次に(肺を覆っている胸膜)をそれぞれ加える。
6
労災認定
上記の点については,原判決本冊18頁2行目から3行目にかけてのこれらの作業と同程度以上に石綿粉じんの曝露を受ける作業,を削り,4行目の取扱い作業,の次にこれらの作業と同程度以上に石綿粉じんの曝露を受ける作業を,14行目のじん肺法の次に4条1項に規定するエックス線写真像の型(区分)及びを,24行目の第4型「の次にじん肺によるをそれぞれ加え,20頁11行目の抽出を描出に改めるほか,原判決本冊の事実及び理由中の第2章提事実の第6事案の概要等欄の第2節前労災認定(原判決本冊17頁15行目から21頁8行目
まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。
7
関係法令等の定め
上記の点については,次のとおり補正するほか,原判決本冊の事実及び理由中の第2章事案の概要等欄の第2節前提事実の第7関係法令等の定め(原判決本冊21頁9行目から73頁25行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。
原判決本冊22頁8行目のまたをそしてに改め,同行目の同法は,の次に使用者が,を加え,10行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。

また,同法は,労働者に対し,危害防止のために必要な事項を遵守すべき義務(44条)を負わせた。そして,同法は,労働者がこの義務に違反したときは,5000円以下の罰金に処する旨(120条1号)を定めた。

原判決本冊24頁9行目の
当該検定について
の次に
は,昭和25年,
を,15行目の規格については,の次に昭和25年,を,18行目の定められたの次に(1条2項,4条4号)を,20行目の使用基準については,及び25頁4行目の労働省労働基準局長は,の次にいずれも昭和26年,を,15行目の規格は,及び22行目の使用基準は,の次にいずれも昭和30年,をそれぞれ加える。原判決本冊28頁21行目のその中で,の次に石綿粉じんに関しては,を加え,末行の労働省労働基準監督局長を労働省労働基準局長に改める。
原判決本冊32頁17行目の呼吸要保護具を呼吸用保護具に,2
0行目の石綿を製造する作業についてはを石綿を製造する作業に労働者を従事させる場合は,当該作業を行う作業場ごとににそれぞれ改める。原判決本冊34頁8行目の措置を設備に,36頁2行目の作業所をものにそれぞれ改め,23行目の基づき,の次に雇入れ時又は作業内容変更時にを加える。原判決本冊39頁4行目のこれらは,から5行目末尾までを

昭和50年改正安衛令は同年4月1日に,昭和50年改正特化則は同年9月30日にそれぞれ施行された。

にそれぞれ改め,40頁18行目の含まれることとなった(の次に昭和50年を,41頁10行目の具体的内容については,の次に昭和50年表示通達(を,11行目の乙アB172)の次に)をそれぞれ加える。原判決本冊43頁18行目の前記通達を昭和48年通達に,21
行目の労働省労働基準監督局長を労働省労働基準局長にそれぞれ改め,44頁2行目の元方事業者の次に

(一つの工事現場で複数の請負契約が存在する場合における最も先次の請負契約の注文者。安衛法15条1項)

を加える。原判決本冊46頁15行目の呼吸要保護具を呼吸用保護具に,1
6行目,47頁初行及び6行目の各労働省労働基準監督局長をいずれも労働省労働基準局長に,13行目の労働省労働基準監督局長を労働省労働基準局安全衛生部長に,48頁7行目の粉砕を破砕にそそれぞれ改める。
原判決本冊49頁初行から2行目にかけての建設設計主務課長を建築設計主務課長に改め,4行目の石綿等の次に(例えば,建築材料では石綿吹付材)を加え,25行目,52頁3行目及び18行目の各労働省労働基準監督局長をいずれも労働省労働基準局長に改め,50頁13行目末尾に(建築物に関連しない③及び④を省略)を加える。原判決本冊55頁3行目の当該事業者からの次に呼吸用を,58
頁5行目の特定元方事業者の次に

(安衛法15条1項の特定元方事業者をいう。)

を,同行目の関係請負人の次に

(同条項の関係請負人をいう。)

を,59頁23行目の含有量が,の次に当該物の重量のを加え,末行の建築物の次ののを削る。
原判決本冊61頁14行目の建基令の次に(昭和25年政令第338号)を,63頁8行目の改正により,の次に原則として,をそれぞれ加え,65頁2行目の昭和38年住指発第58号(甲B28)を
「建築基準法第23条に規定する土塗壁と同等以上の延焼防止の効力を有する構造の取扱いについて(昭和38年住指発第58号,甲B28)」に改める。
原判決本冊66頁10行目の昭和39年改正建基令の次に(昭和39年政令第4号)を,10行目の壁,の次に柱,をそれぞれ加え,67頁7行目冒頭の昭和62年改正を削り,13行目の平成10年改正建基法の次に(平成10年法律第100号)を加え,17行目及び同行目から18行目にかけての各国土交通大臣をいずれも建設大臣に改め,19行目の平成12年改正建基令の次に(平成12年政令第211号)を加える。原判決本冊68頁5行目の平成4年改正建基法の次に(平成4年法律第82号)を,8行目の平成5年改正建基令の次に(平成5年政令第170号)をそれぞれ加え,16行目のこれに基づきをその後,同告示による申請に基づき,に,22行目及び同行目から23行目にかけての各国土交通大臣をいずれも建設大臣にそれぞれ改める。
原判決本冊69頁15行目の昭和34年改正建基令の次に(昭和34年政令第344号)を,16行目の3号の次にイをそれぞれ加え,21行目の仕様を使用に改め,同行目の防火構造としての
次に個別を,23行目の2号の次にヌを,25行目の構造を
の次に防火構造としてをそれぞれ加え,70頁5行目から6行目にかけて及び6行目の各国土交通大臣をいずれも建設大臣に改め,13行目の構造がの次に防火構造としてを加え,15行目の(甲B3)
を削り,16行目の改正されの次に(甲B25)を,17行目の構造がの次に防火構造としてをそれぞれ加え,20行目の耐火構造を防火構造に改める。
原判決本冊70頁24行目の昭和34年改正建基法の次に(昭和34年法律第156号)を加え,71頁25行目の二つ目の告示を削り,72頁3行目の国土交通省の次に告示を加える。
原判決本冊72頁23行目の昭和45年改正建基法の次に(昭和45年法律第109号)を,25行目の
昭和45年改正建基令
の次に(昭
和45年政令第33号)をそれぞれ加え,73頁7行目の「定めた。」を

定められた。

に改める。
8
労災保険特別加入制度
上記の点については,原判決本冊74頁2行目の労災保険法の次に(昭和22年法律第50号)を加え,10行目の第130条を第130号に,75頁9行目の特別作業従事者を特定作業従事者にそれぞれ改めるほか,原判決本冊の事実及び理由中の第2章2節前提事実の第8事案の概要等欄の第労災保険特別加入制度(原判決本冊73頁末行
から75頁13行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。9
その他(原判決本冊別紙3略語表の補正)
原判決本冊別紙3略語表6頁6行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。
石綿救済法石綿による健康被害の救済に関する法律(平成18年法律第4号)原判決本冊別紙3略語表6頁12行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。
昭和48年通達「特定化学物質等障害予防規則に係る有害物質(石綿およびコールタール)の作業環境気中濃度の測定について(昭和48年基発第407号)」

原判決本冊別紙3略語表6頁16行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。

昭和50年表示通達「労働安全衛生法第57条に基づく表示の具体的記載方法について(昭和50年基発第170号)」第3
1
一審被告国の責任に関する当事者の主張
旧労基法及び安衛法に基づく規制権限等不行使の違法性
規制権限等不行使の違法性の判断基準

上記の点に関する当事者の主張は,次のイのとおり補正し,後記ウのとおり,
当事者の当審補充主張を加えるほか,
原判決別冊1
(当事者の主張)
の第1の1

(同1頁3行目から4頁9行目まで)に記載のとおりである

から,これを引用する。

原判決の補正
原判決別冊1(当事者の主張)2頁8行目の等からすれば,の次に建設作業従事者がを加え,9行目の危険の蓋然性を危険が生じる蓋然性があることに,4頁初行から2行目にかけての相当程度の危険の蓋然性があればを一審被告国において,建設作業従事者が石綿粉じんに曝露することにより生命,健康に対する相当程度の危険が生じる蓋然性があることを認識し得たことでにそれぞれ改める。

当事者の当審補充主張
(一審被告国の主張)
原判決は,筑豊じん肺訴訟の最高裁判決(最高裁平成16年4月27日第三小法廷判決(民集58巻4号1032頁))を引用し,一審被告国の旧労基法及び安衛法に基づく労働大臣の規制権限が,適時にかつ適切に行使されるべきであると判断している(原判決本冊77頁)。しかし,筑豊じん肺訴訟の最高裁判決のほか,水俣病関西訴訟の最高裁判決(最高裁平成16年10月15日第二小法廷判決
(民集58巻7号1802頁)

及び泉南アスベスト第2陣訴訟の最高裁判決(最高裁平成26年10月9日第一小法廷判決(判例タイムズ1408号32頁))は,いずれも,各
事案における具体的な規制権限不行使の違法性の有無の判断に当たり,適時にかつ適切に行使されるべきという文言を用いず,その権限を定めた法令の趣旨,目的や,その権限の性質等に照らし,具体的事情の下において,その不行使が許容される限度を逸脱して著しく合理性を欠くと認められるときは,その不行使により被害を受けた者との関係において,国賠法1条1項の適用上違法となるとの判断枠組みによって判断しており,適時にかつ適切に行使されるべきとの文言は,国民の生命,身体,健康等の保護を目的とする法令の規制権限不行使の事案における行政庁の裁量権行使の在り方について説示したものではあるが,具体的な規制権限不行使の違法性の有無に関する判断枠組みや判断基準を示したものではない。(一審原告らの主張)
一審被告国の上記主張は争う。筑豊じん肺訴訟の最高裁判決は,鉱山保安法の目的,各規定の趣旨に鑑みると,同法の主務大臣であった通産大臣の同法に基づく保安規制権限,特に同法30条の規定に基づく省令制定権限は,鉱山労働者の労働環境を整備し,その生命,身体に対する危害を防止し,その健康を確保することをその主要な目的として,できる限り速やかに,技術の進歩や最新の医学的知見等に適合したものに改正すべく,適時にかつ適切に行使されるべきものであるとの具体的判断基準を示している。また,水俣病関西訴訟の最高裁判決は,主務大臣の規制権限は,当該水域の水質の悪化にかかわりのある周辺住民の生命,健康の保護をその主要な目的の一つとして,適時にかつ適切に行使されるべきものであるとの具体的判断基準を示している。そして,泉南アスベスト第2陣訴訟の最高裁判決も,労働大臣の規制権限は,粉じん作業等に従事する労働者の労働環境を整備し,その生命,身体に対する危害を防止し,その健康を確保することをその主要な目的として,できる限り速やかに,技術の進歩や最新の医学的知見等に適合したものに改正すべく,適時にかつ適切に行使され
るべきものであるとの具体的判断基準を示している。
石綿関連疾患に関する一審被告国の予見可能性

上記の点に関する当事者の主張は,次のイのとおり補正し,後記ウのとおり,
当事者の当審補充主張を加えるほか,
原判決別冊1
(当事者の主張)
の第1の

(同4頁10行目から10頁2行目まで)に記載のとおりで

あるから,これを引用する。

原判決の補正
原判決別冊1(当事者の主張)4頁14行目の医学的情報の集積の程度もを医学的情報が集積したことでよく,その程度もに,5頁初行の医学的知見が確立したを医学的情報が集積したに,6頁10行
目の

医学的知見が存在した。

医学的情報が十分集積していた。

にそれぞれ改め,7頁11行目の含め,の次に石綿粉じんの発がん性に関するを加え,8頁16行目及び20行目の各知見をいずれも情報に,22行目の集積を確立にそれぞれ改め,9頁23行
目のに関する知見の確立を削る。


当事者の当審補充主張
(一審原告らの主張)
一審被告国の規制権限等不行使の違法性の前提としては,医学的知見の確立までは必要でなく,医学的情報の集積で足りるというべきである。また,医学的情報の集積については,石綿関連疾患がいずれも石綿粉じん曝露を原因とする重篤な不可逆性疾患であり,基本的な予防対策が石綿粉じんの発生・曝露防止,石綿の代替化の推進である点で共通していることから,石綿粉じんがいずれかの石綿関連疾患を発症させる危険性があることについて予見可能性があれば足り,個々の石綿関連疾患ごとに予見可能性を検討する必要はない。そして,本件のように,被侵害利益が生命・健康である場合には,それが失われてからでは遅く,特に石綿関連疾患は長期
にわたる潜伏期間を経て発症するものであり,規制が遅れることによって生命・健康の被害が発生・拡大し続けるおそれがあることからすれば,石綿関連疾患に係る医学的知見の確立に関する原判決の判断は,あまりに厳格にすぎるというべきである。
(一審被告国の主張)
本件において問題とされているのは,作為義務を肯定するための大前提としての予見可能性であり,これを基礎付ける医学的知見の存在を前提とせず,作為義務が認められることはあり得ない。特に,一審被告国の規制権限行使は,憲法上も認められた規制対象者の権利や利益を国家権力をもって強制的に制限するものであることからすれば,医学的知見に至らない仮説のひとつに依拠して直ちに規制権限を行使することは許されず,一審被告国が規制権限を行使する前提として,合理的根拠をもって正当化できるだけの医学的知見が確立している必要がある。
建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する一審被告国の予見可能性

上記の点に関する当事者の主張は,次のイのとおり補正し,後記ウのとおり,
当事者の当審補充主張を加えるほか,
原判決別冊1
(当事者の主張)

あるから,これを引用する。

原判決の補正
原判決別冊1(当事者の主張)11頁7行目の直接を削り,8行目
のによる石綿粉じんをにより直接曝露した石綿粉じんに,24行目の調査を労働衛生試験研究に,13頁10行目の

すぎずない。

を「すぎない。」にそれぞれ改める。

当事者の当審補充主張
(一審原告らの主張)

予見可能性の程度
被災者らの被害は生命・健康という極めて重大な法益に対する侵害であるのに対し,被規制者である石綿含有建材の製造・販売企業の被る不利益は経済的不利益にすぎないことからすれば,建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する一審被告国の予見可能性の程度は,相当程度の危険の蓋然性に対する予見可能性で足りるというべきである。相当程度の危険の蓋然性とは,抽象的な危険性と具体的な危険性の中間的概念であり,判例・学説上も定着した概念である。
予見可能性の基準時期
原判決は,石綿吹付作業については昭和46年中に,建設屋内での石綿切断等作業については昭和48年中に,屋外での石綿切断等作業については平成13年中に,それぞれ一審被告国において建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する予見可能性があったと判断している
(原判決本冊172~176頁)。
しかし,
以下の事情からすれば,
一審被告国には,建築作業の種類を問わず,①昭和15年,②昭和30年,③昭和33年,④昭和35年,⑤昭和40年,⑥昭和46年,⑦昭和48年,⑧昭和50年,⑨昭和51年,⑩昭和54年,⑪昭和62年以降の各時点において,建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する予見可能性が認められるべきである。そして,建築作業の種類に即していえば,石綿吹付作業及び建設屋内での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者との関係では,遅くとも原判決が石綿吹付作業との関係で予見可能性を認めた昭和46年時点か,どんなに遅くとも原判決が建設屋内での石綿切断等作業との関係で予見可能性を認めた昭和48年時点で,一審被告国に上記予見可能性が認められるべきであり,また,屋外での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者との関係では,昭和46年時点か,遅くとも昭和50年時点,どんなに遅くとも昭和6
2年時点で,一審被告国に上記予見可能性が認められるべきである。a
昭和15年
海外では,1930年代から建設作業者等に石綿粉じん曝露により石綿肺,肺がん,中皮腫を発症することが報告され,イギリスで既にアスベストに対する規制が行われ,我が国においても,戦前から石綿を原因とする労働災害として石綿肺が発生していた。そして,昭和12年から昭和15年にかけて行われた保険院調査において,石綿取扱作業者に石綿粉じんによる石綿肺発症の危険性が指摘された。

b
昭和30年
昭和30年にドール報告が発表され,石綿粉じん曝露と肺がん発症との関係が明らかにされた。

c
昭和33年
一審被告国は,昭和31年に特殊健康診断指導指針について
(昭
和31年通達)を発出し,石綿製品を切断,研磨する場所における作業を特殊健康診断の対象とした。昭和31年度から昭和34年度にかけて,労働衛生試験研究として,宝来らに石綿肺に関する研究を委託し,その研究結果が昭和33年3月に発表され,石綿粉じんによる石綿肺発症の深刻な被害が明らかとなった。

d
昭和35年
一審被告国は,昭和35年にじん肺法及び同法施行規則を制定した(乙B19,20)


e
昭和40年
セリコフにより大規模な疫学調査が行われ,ニューヨーク科学アカデミーの会議で短期間かつ微量の石綿粉じん曝露であっても中皮腫発症の危険が高まることが報告された。昭和40年に,国際対がん連合(UICC)のワーキンググループとしての報告と勧告が採択さ

れ,少量曝露でも中皮腫が発症することも含め,石綿粉じんの発がん性が明確となった。
f
昭和46年
昭和40年代には,石綿の輸入量及び電動のこ等の電動工具の販売台数が飛躍的に増加し,昭和46年の一審被告国による石綿取扱い作業者のじん肺罹患状況調査結果でも,建設業も含めて作業者の石綿肺の有所見者率が明らかに有意な数値を示した。また,建材からの石綿粉じん飛散を懸念し,環境曝露による一般人の発がん性の危険性を指摘する記事が繰り返し報道されたり,この問題が国会でも取り上げられたりした。そのような中で,一審被告国は,昭和46年に旧特化則(乙アB17)を制定し,すべての石綿を第二類物質
(例外なく微
量で有害な作用をもたらす有害物質)と定め,同年に刊行された労働と科学で石綿肺の特集が組まれた。さらに,労働省が昭和46年に石綿吹付作業時の石綿粉じん濃度の測定を実施した結果,その当時日本産業衛生学会が勧告していた許容濃度(2㎎/㎥)を大幅に上回る濃度の石綿粉じんが発生するとの結果が明らかとなっていた。

g
昭和48年
昭和47年のILO職業がんの管理と予防に関する専門家会議
の報
告書やIARC報告書で石綿の発がん性が指摘されたことから,一審被告国は,昭和47年に安衛法(乙アB24)及び特化則(乙アB27)を制定し,特化則で旧特化則と同様にすべての石綿を第二類物質と定め,昭和48年に昭和48年通達(乙アB51)を発出し,石綿粉じんの抑制濃度を2㎎/㎥(33本/㎤相当)から5本/㎤とするよう指導することを指示し,建設省は,同年に官庁営繕工事における技術的基準の一つである庁舎仕上げ標準の内部仕上げ表
から石綿吹付材を削除した。また,昭和48年に刊行された労働の科学で建築作業従事者の石綿肺及び石綿による肺がんが大きな問題となっていることが指摘され,同年に開催されたILO総会で,職業がんの管理と予防が議題として取り上げられるなどした。h
昭和50年
日本産業衛生学会は,昭和49年に,石綿粉じんの許容濃度を2本/㎤(いかなる時も15分の平均濃度が超えてはならない天井値を10本/㎤)に改め,一審被告国は,昭和50年に特化則を改正し(乙アB29)
,石綿及び石綿製剤を特別管理物質と定め,石綿含有率
5%を超える石綿の吹付作業を原則として禁止し,事業者に対し,石綿切断等作業につき原則として湿潤化措置を義務付けた。

i
昭和51年
一審被告国は,昭和51年に昭和51年通達(乙アB32)を発出し,都道府県労働基準局に対し,関係事業場及び石綿取扱者の把握,石綿の代替措置の促進,環気中の石綿粉じん抑制の各措置を指導するよう求めた。
この昭和51年通達に添付された
石綿関係資料
では,
労働省が昭和46年に石綿吹付作業時の石綿粉じん濃度の測定を実施した結果,その当時の許容濃度(2㎎/㎥)を大幅に上回る濃度の石綿粉じんが発生するとの結果が示されていた。また,東京労働局が昭和51年に大手建設業者86社に対し石綿の取扱いについて照会した結果,石綿吹付作業については局所排気装置の設置や防じんマスクの着用を指示し,石綿成形板の切断作業については動力丸のこについて除じん機付き局所排気装置を設け,手のこの場合は特級防じんマスクを着用させる必要がある旨の回答があった。

j
昭和54年
AIA(国際アスベスト協会)が昭和54年に石綿セメント製品取扱いに対する勧告を発出し,ILOが昭和58年10月に専門家
会議を開催し,
石綿を安全に使用するための実施要綱
を発表した。
k
昭和62年以降
東敏昭らが昭和62年に実施した一般家屋壁材施工時の発塵状況調査の結果や,海老原勇が同年に実施した木造住宅現場における外壁材の切断作業を中心とした短時間の作業者の石綿粉じん曝露濃度の測定結果では,その当時の許容濃度(2本/㎤)を超える測定結果が示された。また,ドイツで労災認定のマニュアルとして用いられている平成9年のBKレポートでは,屋外における石綿含有建材の加工作業
について,作業者に健康被害を生じさせるほどの高い値の石綿粉じん濃度が示され,建設業労働災害防止協会が平成9年に出版した平成9年マニュアルでも,除じん装置を装着しない電動工具による石綿含有建材の加工作業について,屋内で電動丸のこ等を使用した場合には,管理濃度(2本/㎤)を超える状況にあり,密閉状態にある場合は管理濃度の数倍から数十倍になることがあると指摘された。
屋外作業についての予見可能性

a
一般論
原判決は,屋外作業については,平成13年まで一審被告国がその当時の抑制濃度や許容濃度を超える石綿粉じんが発生していることを認識することが可能であったとは認められないと判断している(原判決本冊174~175頁)。しかし,一審被告国の予見可能性の点において,屋内作業と屋外作業とを区別する理由はない。また,前記のとおり,昭和62年時点では,屋外作業の危険性を示す石綿粉じん濃度の具体的な測定結果が存在し,一審被告国は,屋外作業における発じん状況をメンブランフィルター法により測定すれば,許容濃度を超える石綿粉じんが発生していることを容易に認識することができたはずであるから,遅くとも昭和62年時点で,一審被告国の予見可能性
を認めるべきである。
b
屋根作業
原判決は,屋根作業について,平成13年まで一審被告国の予見可能性を認めていない(原判決本冊174~175頁)
。しかし,建築工
事においては,
足場を組んだ後にその外側全体にネットが張られるが,
そのネットは,建物の軒先より60cm位上まであるいは屋根の仕上げ面よりも60㎝は上げて張られるため,屋根工が建材の切断等を行っている高さの周囲には,
ネットやシートが張られていることが多い。
特に,京都では,間口の狭い家が密集している場所が多いため,そのような場所では,作業を行う屋根の高さには隣家の壁や屋根が位置しており,高い位置までネットを張る必要性が高く,風通しはより一層悪くなる。よって,屋根作業は,屋外作業ではなく,建設屋内作業というべきである。

(一審被告国の主張)
予見可能性の判断枠組み
(被害の実情の深刻性及び予見可能性の程度)
筑豊じん肺訴訟の最高裁判決及び泉南アスベスト第2陣訴訟の最高裁判決は,労働大臣において労働者の安全衛生,特に粉じん作業に従事する労働者の健康被害を防止するために必要な措置に係る省令制定権限を行使すべき義務が生ずる前提として,①労働者の健康被害状況の深刻性及びこれに対する国の認識,②労働者の健康被害に関する医学的知見の確立,③粉じん防止対策の有効性及び当該対策による健康被害の相当程度の防止可能性,④当該対策の取組みやその進展状況といった事情を考慮している。
このように,一審被告国による規制権限不行使の違法性の有無の判断に当たっては,当該不行使が問題とされる当時,被害の実情が相当深刻であったことが判明していたという事情が極めて重要な要素となり,一
審被告国による規制権限の不行使を違法というためには,単に物質の危険性やこれにより将来の被害発生に係る抽象的な認識・予見可能性があるだけでは足りず,深刻な被害が発生する差し迫った現実の危険性があり,かつ,既存の規制措置に加え更に厳しい規制措置を講じなければ上記被害を回避できないことについて,具体的な認識・予見可能性が必要というべきである。ところが,原判決は,一審被告国による規制権限不行使の違法性を認めた各時点における被災者らの健康被害状況の深刻性及びこれに対する一審被告国の認識を的確に考慮していない。
予見可能性の基準時期
原判決が一審被告国において建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する予見可能性があったとする時期は,一審原告らの主張(前記


)のとおりである。しかし,以下の各事情からすれば,上

記各時点において,石綿関連疾患の被害の実情が相当深刻であることが明らかとなっていたという事実は認められない。
a
建設業における石綿関連疾患の状況
中皮腫の労災認定件数(甲A67の2・9頁),胸膜肥厚斑(胸膜プラーク)の有所見率(甲A108,109)及び大阪労働基準局による昭和63年から平成6年までの調査結果
(乙アA294の1~7)
によると,石綿関連疾患の労災認定件数,認知件数は,平成に入ってからでもわずかな件数にすぎない。また,昭和45年度以降の主要産業分野別(鉱業,建設業,製造業等)の労働人口と石綿関連疾患発生件数及びそれらの比率(暦年・累計,疾患別)をみても,建設業の労働者におけるじん肺症等発症率は,他の産業分野に比して明らかに低かった。なお,全産業における労災保険法及び石綿救済法に基づく肺がん又は中皮腫による労災保険給付の支給件数が急増したのは平成17年度頃である。

b
電動工具の普及状況
昭和30年頃から切断,穿孔,研磨等に電動工具が普及し始め,昭和40年代に入って販売台数が急増したが,石綿関連疾患は潜伏期間が長く,石綿粉じん曝露からその発症までに極めて長期間がかかるものであり,被害の実情が相当深刻であることが明らかになるまでには自ずと相当の期間を要する。したがって,原判決が一審被告国の予見可能性を認めた時期において,建設労働者一般について石綿関連疾患罹患の実情が相当深刻であることが明らかになっており,これを一審被告国が認識していたと認められないことは明らかである。

c
労働環境技術基準委員会の有害物等による障害の防止に関する対策について昭和45年9月に労働省により全国1万3665の事業場における石綿等46種類の有害物質の排出処理状況に関する総点検が行われ,その検討結果が有害物等による障害の防止に関する対策について
(乙アB15)にまとめられているが,石綿は,がん原性物質とされていない。

d
科学技術庁の諮問機関である資源調査会の報告
科学技術庁の諮問機関である資源調査会は,昭和47年11月28日,
資源問題からみた建材を審議,決定した(乙アA1081)。
ここでは,石綿粉じんによる労働者の健康被害のおそれや,これを根拠とする石綿含有建材の規制については,議論の俎上にすら上げられていなかった。

e
労働衛生(昭和50年3月1日発行。乙アA1091)
医学部の教授らによる職業がんの現状とその対策と題する座談
会が掲載されているが,石綿の危険性は指摘されたものの,その深刻性や将来における石綿被害増大の可能性についてまでは認識されてお
らず,石綿について法的規制を強化する必要があるとの議論もなされていなかった。
石綿工場との相違
建設屋内での石綿切断等作業における石綿粉じんの飛散状況は,石綿工場のそれとは大きく異なり,一審被告国による規制権限不行使の違法性(予見可能性)の前提となる石綿関連疾患の被害の実情が相当深刻であることが明らかとなっていたという事実は認められない。
a
建築作業は,構築する建築物等によってその内容は様々であるが,少なくとも,石綿工場のように石綿粉じんを発生させることがその主たる作業に常に付随するということはあり得ないし,一般的な粉じんの発生源は木材やコンクリート等の石綿含有建材以外にも多数存在する。そして,建築現場における石綿取扱作業の中でも,石綿粉じんが発生する石綿含有建材の切断等の作業は,更に一部にとどまる。このように,建築作業全体における石綿粉じん作業は時間的にごくわずかであり,この点のみをとっても,石綿工場における労働者の石綿粉じん曝露実態と,建築現場における労働者の石綿粉じん曝露実態との間には,厳然たる差異が存在する。

b
また,石綿含有建材は,一定の範囲でプレカット加工されるなどし
ており,建築現場で最初からすべて切断等がされるものではなく,石綿含有建材を切断等するために必ず電動工具が使われるわけではない。そして,屋内ではなく屋外において主に切断等作業が行われる建材も少なからず存在しており,そのような対応も十分可能である。特に,屋根材や外装材等は,主に建築物の外側に係る建材であるから,その切断・加工作業については,開放されて風通しがよく,発生した粉じんが希釈される屋外で行われることが通常である。加えて,上記のとおり,建築作業全体における石綿粉じん作業は時間的にごくわずかで
あるから,建築現場において,石綿含有建材を加工するなどして石綿粉じんが飛散する作業は,粉じんの量的にも極めて限られているといえる。なお,石綿含有吹付材については,基本的に水を含んで湿っており,目に見えない大きさの吸入性粉じんがもうもうと舞うような状況にはならない。
c
さらに,建築現場においては,同じ屋内作業とはいえ,就労時
間中,原料である100%の石綿の加工を常に行っていた石綿工場におけるのとは異なり,取り扱う石綿含有建材に含まれる石綿量がはるかに小さい。
屋外作業(ネット,シート等の内側)の危険性についての予見可能性
a
原判決は,建物外であってもネットやシートの内側は,屋内作業と同程度の粉じん滞留状態となり,粉じんの滞留状態において石綿工場と建設屋内とで異なるところはないものと判断している。しかし,ネットに通気性があることはもちろん,シートについても,風圧による足場への負担を軽減するため,通気性のあるメッシュ状のものであることが通常である。したがって,ネットやシートによる養生を行っても,その内部に石綿工場と同様に粉じんが滞留するものではないことは明らかである。
また,建物とネットやシートの間には空間があり,その上部は開放され,下方も地面に達するまで張るものではなく,例えば,地面から1m50㎝以上の部分に張るというような態様が通常である。したがって,ネットやシートの内部の客観的状況(空間の閉鎖状況,密閉状況)は,石綿工場のそれとは明らかに異なるものである。

b
原判決は,平成13年当時,一審被告国に,屋外での石綿切断等作業により建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性があることの予見可能性があったと判断している
(原判決本冊174~175頁)


しかし,原判決が上記判断の根拠とする石綿粉じん濃度の測定結果,すなわち,一般家屋壁材施工時の発塵状況調査結果(昭和62年。乙アA206),海老原測定(昭和62年。甲A108),平成9年マニュアル(甲A248),BKレポート(甲A1283,1284),平成17年日本労働衛生工学会・作業環境測定研究発表会の報告(甲A1288)をみても,実験を行った際の切断の早さや,現場における空気の流れ等も明らかではなく,実験回数も限られたものであり,屋外における石綿切断等作業における石綿粉じん曝露実態を一般的に示したものとは到底いえず,上記各測定結果をもって,屋外での石綿切断等作業に係る一審被告国の予見可能性を裏付けるものとはいえない。
建築工事の事業者に対する規制権限不行使の違法性

上記の点に関する当事者の主張は,次のイのとおり補正し,後記ウのと
おり,
当事者の当審補充主張を加えるほか,
原判決別冊1
(当事者の主張)
の第1の1

(同15頁4行目から58頁12行目まで)に記載のとおり

であるから,これを引用する。

原判決の補正
原判決別冊1(当事者の主張)15頁4行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。
一審原告らのうち,対応する被災者に労働者性が認められる一審原告らについては,以下のアないしサのすべての規制権限等不行使の違法性を主張し,対応する被災者に労働者性が認められない一審原告らについては,アの粉じん濃度測定に関する規制権限不行使の違法性,イの石綿吹付作業に関する規制権限不行使の違法性,オの警告表示(掲示)に関する規制権限不行使の違法性,サの警告表示(掲示)に関する監督権限不行使の違法性のみを主張する。
原判決別冊1(当事者の主張)21頁8行目の昭和40年には,
の次にニューハウス報告により,を加える。
原判決別冊1(当事者の主張)25頁18行目の着用事例は,の
次に昭和54年制定のを,19行目の冒頭に昭和47年制定のを
それぞれ加える。
原判決別冊1(当事者の主張)37頁13行目の安全衛生措置か
ら同行目から14行目にかけての主張までを労働安全衛生措置を義務付けただけではこれが実際に実施されない可能性が高いとの一審原告らの主張に改め,19行目のじん肺法の次に6条を,21行目の安衛則の次に35条を,38頁24行目の必要不可欠の
次にな規制をそれぞれ加える。
原判決別冊1
(当事者の主張)
40頁13行目の
果たさせるべく,
の次に昭和47年のを,25行目から26行目にかけての警告表示の次に(掲示)をそれぞれ加える。原判決別冊1(当事者の主張)43頁20行目の日本産業衛生学会がの次に昭和40年を加え,47頁13行目の旧を削る。原判決別冊1(当事者の主張)54頁末行から55頁初行にかけての規制すること
の次に

を,
55頁16行目の

の次に
吹付
を,同行目の解体工事の次にを行うときをそれぞれ加え,17行
目の吹付石綿の損傷・劣化を吹付石綿が損傷,劣化して粉じんが発散し,建築作業従事者がその粉じんに曝露するおそれがあるときに改め,58頁8行目の(乙ア9別紙2)を削る。

当事者の当審補充主張
(一審原告らの主張)
原判決の全体的判断について
作業環境の管理のため,粉じん濃度測定,石綿吹付作業の禁止,局所
排気装置の使用,作業場所の隔離及び排気装置の設置・使用,プレカット工法,吹付石綿の剥離・除去に関する措置は,いずれも現実に採用され,効果を上げていた対策であり,仮に,その効果が部分的なものにとどまるとしても,対策をとらなくてよいというものではない。
粉じん濃度測定について
原判決は,作業環境測定を軽視し,場の測定と個人サンプラーによる測定のいずれの方法によっても,粉じん濃度測定が特定の建築作業従事者の曝露防止対策に資するものではないという理由で,粉じん濃度測定の義務付けを否定した。しかし,上記のとおり,作業環境管理は,3管理(作業環境管理のほか,作業管理及び健康管理)のうちで最も重要なものであり,建築現場では,諸対策を複合的に組み合わせて,石綿粉じん濃度を下げる必要があり,諸対策が功を奏しているかどうかを検証するためには,粉じん濃度の測定が不可欠である。また,粉じん濃度測定は,管理使用の限界を画するという意味においても重要である。したがって,一審被告国が粉じん濃度測定を義務付ける規制権限を行使しなかったことは違法である。
石綿吹付作業の禁止について
a
吹付作業を禁止する必要性
原判決は,送気マスクの着用義務付けをすれば,石綿粉じんへの
曝露を防止できたとの理由で,石綿吹付作業の禁止に係る一審被告国の規制権限不行使の違法性を否定した。しかし,吹付作業従事者に対して送気マスクの着用を義務付けただけでは,他の建築作業従事者が,吹付作業により発生する石綿粉じんに曝露することを防ぐことはできず,一審被告国は,吹付作業そのものを禁止する規制をすべきであった。
昭和50年改正特化則では,吹付作業者に送気マスク等を着用さ

せることを条件として,建築物の鉄骨等への石綿吹付作業が禁止対象から除外された。これは,吹付作業者のみならず,吹付作業の周辺作業従事者や建築現場周辺住民への健康被害の発生を未然に防
止することも目的としたものであるから,石綿を吹き付ける対象の如何によって規制の内容に違いを設ける合理性はない。また,昭和50年時点においては,既に石綿代替の吹付材としてロックウールが存在しており,一審被告国が昭和50年改正特化則で吹付作業者に送気マスク等を着用させることを条件として,建築物の鉄骨等への石綿吹付作業が禁止対象から除外したことに合理性はない。
昭和50年改正特化則では,石綿含有率5%以下の石綿吹付作業
が禁止対象から除外された。しかし,石綿は,それ自体がん原性のある物質であり,いかなる低濃度でも安全とする最小の閾値はなく,いかに石綿含有量を低減させても,石綿粉じん曝露により石綿関連疾患(特に,肺がんや中皮腫)に罹患する危険性があることは同じであるから,石綿含有率が5%以下なら安全であるという医学的根拠は全くなく,石綿含有率の下限値を5%としたことに合理的根拠はない。ところが,一審被告国が石綿含有量率%以下の吹付材の製造等を許容したことにより,かえって石綿含有率5%以下の吹付材の普及を促進する結果となった。
b
規制権限不行使の違法時期
石綿吹付作業は,昭和30年頃から国内で普及し始めたが,昭和38年の建基法改正による一部建物の高さ制限の撤廃,昭和39年建設省告示第1675号(甲B12)による柱や梁における鉄骨への石綿吹付けが耐火構造に指定されたことを端緒として大幅に増加し,その施工面積が昭和42年から急激に増加し,
昭和47年にピークを迎え,
その後も引き続き高水準で推移していた。このような事情の下で,一
審被告国が規制権限を行使すべきであった時期とその根拠事実は,以下のとおりである(違法時期の主張は原審と同様である。。

昭和30年
昭和30年にドール報告が発表され,石綿粉じん曝露と肺がんと
の関係が明らかとなった。
昭和40年
昭和35年にじん肺法(乙アB19)が制定され,昭和39年1
0月に開催されたニューヨーク科学アカデミー主催の石綿の生物学的影響と題する会議において,短期間かつ微量の石綿粉じん曝露であっても中皮腫発症の危険が高まることが報告され,昭和40年にUICC(国際対がん連合)の報告と勧告が採択され,石
綿粉じん曝露と中皮腫発症との関係が明確となった。
昭和45年
ニューヨーク市において石綿吹付作業の禁止を含む条例案が同市
議会に提出されたことが昭和45年12月15日に開催された参
議院地方行政委員会・交通安全対策特別委員会連合審査会で取り上げられた。
昭和47年
アメリカにおいて,石綿吹付作業を禁止する州が増え,昭和48
年にアメリカ全州で禁止されるに至った。昭和46年に旧特化則
(乙アB17)で石綿が微量な曝露でも健康障害をもたらすおそれのある
第二類物質に指定され,
昭和46年9月の
労働と科学
で石綿と肺がんとの間に因果関係があるとされた。また,上記のとおり,吹付石綿の施工面積が昭和47年にピークを迎えた。
昭和48年
昭和47年に特化則(乙アB27)で旧特化則に続いて石綿が微

量な曝露でも健康障害をもたらすおそれのある第二類物質に指
定され,昭和48年に官庁営繕工事における技術的基準の一つである庁舎仕上げ基準の内部仕上表から石綿吹付けが削除され
た。
昭和50年
昭和50年に特化則が改正され,石綿含有率5%を超える石綿吹
付作業が禁止されたものの,石綿含有率5%以下の石綿吹付作業を禁止対象から除外したため,かえって石綿含有率5%以下の吹付材の普及を促進する結果となった。
石綿吹付作業における送気マスクの着用について
a
はじめに
原判決は,昭和47年10月1日(安衛法の施行日)から昭和50年9月30日(昭和50年改正特化則の施行日の前日)までの間について,石綿吹付作業における送気マスクの着用義務付けに係る一審被告国の規制権限不行使の違法性を認めた。しかし,後記のとおり,昭和47年10月1日よりも早い時期に上記違法性を認めるべきであり,かつ,昭和50年から平成17年に石綿則で石綿吹付作業が全面的に禁止されるまでの間についても,上記違法性を認めるべきである。
b
規制権限不行使の違法時期
一審被告国が規制権限を行使すべきであった時期とその根拠事実は,以下のとおりである(違法時期の主張は原審と同様である。。

昭和40年
昭和33年には石綿肺の医学的知見が確立し,昭和40年までに
は,微量の石綿粉じん曝露によっても中皮腫発症の危険性のあることが明らかとなり,同年には,送気マスクの使用が技術的に可能となっていた。

昭和47年
昭和46年1月から3月の調査(甲A457)により,建築現場
で石綿肺を発症する程度の高濃度の石綿粉じんが発生しているこ
とが明らかとなった。昭和47年の時点で,ILO専門家会議の報告書やIARC報告により,
石綿による発がん性,
中皮腫発症の危険性は
より一層明らかにされていた。昭和46年制定の旧特化則(乙アB17),昭和47年制定の特化則(乙アB27)において,石綿が微量な曝露でも健康障害をもたらすおそれのある第二類物質に指
定された。
昭和50年
石綿含有率が5%以下なら安全であるという医学的根拠はなく,
この時点で石綿代替の吹付材が存在していたから,昭和50年以降についても,石綿吹付作業における送気マスクの着用義務付けに係る一審被告国の規制権限不行使は違法である。
屋外での石綿切断等作業における防じんマスクの着用について
a
原判決の不当性
原判決は,建設屋内での石綿切断等作業について,昭和49年1月1日(予見可能性が認められる翌年)から平成16年9月30日(石綿含有製品の製造・販売が原則として禁止された平成15年改正安衛令の施行日の前日)までの間について,防じんマスクの着用義務付けに係る一審被告国の規制権限不行使の違法性を認めた。しかし,昭和49年1月1日よりも早い時期に上記違法性を認めるべきである。また,原判決は,屋外での石綿切断等作業については,防じんマスクの着用義務付けに係る一審被告国の規制権限不行使の違法性を認めていない。しかし,防じんマスクの着用義務付けの規制から屋外での石綿切断等作業を除外する理由はなく,屋外での石綿切断等作業につ
いても,防じんマスクの着用義務付けを認めるべきである。
b
規制権限不行使の違法時期
一審被告国が規制権限を行使すべきであった時期とその根拠事実は,以下のとおりである(違法時期の主張は原審と同様である。。

昭和22年
昭和22年に旧労基法が制定され,石綿粉じん曝露と石綿肺との
関係について十分な医学的情報が集積していた。
昭和30年
前記のとおり,昭和30年にドール報告が発表され,石綿粉じん
曝露と肺がんとの関係が明らかとなった。
昭和47年
前記のとおり,昭和47年時点で,ILO専門家会議の報告書やIARC報告により,
石綿による発がん性,
中皮腫発症の危険性はより一
層明らかにされていた。昭和46年制定の旧特化則(乙アB17),
昭和47年制定の特化則(乙アB27)において,石綿が第二類物質に指定された。労働省が行った昭和46年の石綿取扱い事業者のじん肺罹患状況調査で,建築作業従事者の3.5%が石綿肺に罹患しているとの調査結果が報告された。
昭和50年
昭和47年に制定された鉛中毒予防規則
(鉛則)
,有機溶剤中毒予
防規則(有機則)
,昭和54年に制定された粉じん則,同年改正の金
属山保安規則(金則)
,昭和61年に改正された石炭鉱山保安則(炭
則)は,いずれも様々な安全管理体制とともに,労働者に防じんマスクを使用させることを事業者に義務付けている。
集じん機付き電動工具の使用について

a
はじめに

原判決は,建設屋内での石綿切断等作業について,昭和49年1月1日(予見可能性が認められる翌年)から平成16年9月30日(石綿含有製品の製造・販売が原則として禁止された平成15年改正安衛令の施行日の前日)までの間について,集じん機付き電動工具の使用義務付けに係る一審被告国の規制権限不行使の違法性を認め,また,屋外での石綿切断等作業について,平成14年1月1日(予見可能性が認められる翌年)から平成16年9月30日での間について,集じん機付き電動工具の使用義務付けに係る一審被告国の規制権限不行使の違法性を認めた。しかし,原判決が違法を認めた時期よりも早い時期に一審被告国の規制権限不行使の違法性を認めるべきであるし,かつ,規制権限不行使の違法時期について,建設屋内での石綿切断等作業と屋外での石綿切断等作業とを区別する必要はない。
b
集じん機付き電動工具の工学的知見,実用性等
集じん機付き電動工具の基本的な構造は,電動工具と集じん機と
をホース等で接続するというごく単純なものであり,特別な機械装置を必要とするものではなく,基本的には場所の広狭を選ばずに電動工具が使用可能なあらゆる場所で使用することができる。これは,電動工具の有用性・基本的特質を損なうことのない防じん措置であり,石綿含有建材の管理使用という観点からは極めて有効な対策の一つと位置付けられる。
集じん機付き電動工具は1930年代から製造・販売されていた
から,一審原告らが集じん機付き電動工具の使用義務付けに係る規制権限不行使の違法時期と主張する後記の各時点で,その技術的基盤や有効性は十分に形成・確立していたといえる。

c
規制権限不行使の違法時期
一審被告国が規制権限を行使すべきであった時期とその根拠事実は,
以下のとおりである(違法時期の主張は原審と同様である。。

昭和22年
海外においては1930年代(昭和5年から昭和14年まで)初
頭に,現在の製品と変わりない構造の集じん機付き電動工具の販売が開始されており,昭和22年に普及していた通常性能のフィルターは,2,3枚重ねることで,建築作業従事者の石綿粉じん曝露を防止するのに十分な性能を有していた。規制のために要する費用としても,
集じん機付き電動工具は,
大型機械と比べると安価であり,
より容易に実行可能であり,また,集じん機に吸引した石綿粉じんの捕集能力があれば,二次発じんの危険性もなかった。
昭和35年
昭和31年には国内においてもポータブル集じん機が開発・製造
され,昭和40年代には国内メーカーにより集じん機付き電動工具の製造・販売が開始されていたのみならず,石綿粉じんを捕捉しうるHEPAフィルタは,昭和35年には外国産のものが国内で流通し,1960年代(昭和35年から昭和44年)までには国産品が流通していた。したがって,国内で電動工具が本格的に普及し始めた昭和30年から5年後でじん肺法が制定された昭和35年の時
点で,石綿粉じんを吸引し,かつ吸引した石綿粉じんを捕集することのできる集じん機を製造することが技術的に可能であった。
昭和47年
電動工具が大量に普及するとともに加工対象である石綿含有建材
の使用量が大幅に増加した昭和40年から7年後で安衛法が制定

かつ吸引した石綿粉じんを捕集することのできる集じん機を製造
することが技術的に可能であった。

事業者に対する警告表示(掲示)について
a
警告表示の必要性
建築現場における事業者による石綿建材取扱い上の警告表示は,建材メーカーの警告表示と同様に,建築現場において石綿含有建材を管理使用する場合の基本的かつ必要不可欠な義務であり,その義務の履行が石綿粉じん曝露への回避へ繋がる重要なものである。
したがって,
原判決が違法を認めた時期よりも早い時期に一審被告国の規制権限不行使の違法性を認めるべきである。

b
規制権限不行使の違法時期
一審被告国が規制権限を行使すべきであった時期とその根拠事実は,以下のとおりである(違法時期の主張は原審と同様である。。

昭和22年
前記のとおり,昭和22年に旧労基法が制定され,石綿粉じん曝
露と石綿肺との関係について十分な医学的情報が集積していた。
昭和30年
前記のとおり,昭和30年にドール報告が発表され,石綿粉じん
曝露と肺がんとの関係が明らかとなった。
昭和35年
前記のとおり,昭和33年には石綿肺の医学的知見が確立してい
た。そして,一審被告国は,昭和35年にじん肺法(乙アB19)を制定し,石綿吹付作業だけでなく,屋内作業あるいは連続的作業に限定せず,石綿含有建材の製品の切断等作業を含むすべての作業を粉じん作業に指定した。
昭和47年
前記のとおり,昭和39年10月のニューヨーク科学アカデミー
主催の会議で,短期間かつ微量の石綿粉じん曝露であっても中皮腫
発症の危険が高まることが報告され,昭和47年の時点で,ILO専門家会議の報告やIARC報告により,
石綿による発がん性,
中皮腫
発症の危険性はより一層明らかにされていた。昭和46年制定の旧特化則(乙アB17)
,昭和47年制定の特化則(乙アB27)におい
て,石綿が微量な曝露でも健康障害をもたらすおそれのある第二類物質に指定され,昭和46年の石綿取扱い事業者のじん肺罹患状況調査で,建築作業従事者の3.5%が石綿肺に罹患しているとの調査結果が報告された。
昭和50年
昭和50年に特化則が改正され,石綿が特別管理物質に指定
され,
同規則38条の3において,
石綿等の特別管理物質を製造し,
又は取り扱う作業場に,一定事項の周知(警告)がなされることとなったが,石綿含有率5%以下の石綿含有製剤は規制の対象から除外された。しかし,含有率5%を超える石綿含有建材と含有率5%以下の石綿含有建材とを区別すべき合理性はないから,一審被告国は,
昭和50年の特化則改正以降,
石綿含有率の如何にかかわらず,
事業者に警告表示を義務付けるべきであった。
(一審被告国の主張)
石綿吹付作業における送気マスクの着用について
a
前記のとおり,原判決が石綿吹付作業に関する一審被告国の規制権限不行使の違法性を認めた昭和47年の時点で,建築作業従事者の石綿関連疾患罹患の実情が相当深刻であることが明らかになっていた事実は認められない。

b
また,規制権限を行使する立場の労働大臣が新たに全国一律の規制を設けるに当たっては,送気マスクの着用の義務付けといった一つの規制だけを検討すれば足りるというものではなく,それよりも制約の
弱い規制で足りるか,それとも強度の制約を伴う規制が必要となるかや,それらの規制の実施の可否及び当否等について,現状を踏まえた上で,広範かつ多様な事情を考慮しつつ,多角的に検討する必要がある。したがって,国民に対して法的拘束力を有する規制の内容やその当否を検討する上で相応の時間を要することは明らかであり,原判決は,行政庁に課せられた施策の立案,実行についての理解を欠き,拙速な規則制定をした場合に国民に生じる負担を考慮しない点で不当である。
c
そして,
一審被告国は,
昭和47年にIARC報告が出されて以降,
職業性疾病対策を進めるため,専門家による検討を行うこととし,そのための準備期間を経て,昭和49年5月に有害物等に関する検討専門家会議を設け,石綿を含めた有害物等に係る規制についての検討を行い,その検討結果等を踏まえて,同年9月に中央労働基準審議会へ諮問し,同審議会から,石綿に関する規制案が妥当であるとの答申を得た上で,昭和50年に安衛令,安衛則及び特化則を改正し,石綿粉じん作業のうち飛散する粉じん量が比較的高い石綿吹付作業を原則として禁止するとともに,例外に当たる建築物の柱等として使用されている鉄骨等への石綿吹付作業についても,吹付作業に従事する労働者に送気マスク等の使用を義務付けるなど,厳格な作業者保護要件を設けており,その規制の内容は,単なる送気マスクの着用義務付けよりもはるかに強度の規制と評価することができ,これによって,その規制の適用を受ける石綿含有率5%を超える石綿を含有する吹付材の吹付作業は事実上行われにくくなったと考えられ,現に,昭和50年には,建材メーカーが自主的に石綿含有率60ないし70%と極めて高く,有害性も大きいと考えられる吹付石綿の製造を終了し,吹付石綿よりも石綿含有率が極めて低く,石綿含有率5%以下の石綿含有
吹付けロックウール等が使用されるようになった。
d
これらの事情からすれば,昭和47年の時点で,石綿吹付作業に従事する労働者に送気マスクを着用させることを事業者に罰則付きで義務付ける措置をとらず,昭和50年に特化則を改正して,石綿吹付作業の原則的禁止等の措置をとったことが著しく不合理といえない。建設屋内での石綿切断等作業における防じんマスクの着用について
a
前記のとおり,昭和49年の時点で,建築作業従事者の石綿関連疾患罹患の実情が相当深刻であることが明らかになっていたとは認められない。
また,特化則の改正により事業者に対し労働者に防じんマスクを着用させる義務付けがされた平成7年以前の時点では,建築作業従事者が石綿切断等作業において石綿粉じんに曝露することにより石綿関連疾患を発症する危険性が高いとは考えられていなかった。この点は,昭和52年4月19日の第80回国会衆議院社会労働委員会における労働省労働基準局長の答弁(甲A174の1・17頁)及び昭和61年4月2日の第104回国会参議院建設委員会における設省建設経済局長の答弁(甲A174の3・37頁)から裏付けられる。

b
石綿切断等作業においても,作業環境管理が最も重要であり,作業管理としての防じんマスクは,
補助的手段であったというべきである。

c
一審被告国は,使用者に対する呼吸用保護具の備付け義務,健康管理のための教育の実施義務,保護具の使用状況の監視義務等の規制を罰則付きで行い,昭和47年までに,労働者の防じんマスクの着用を相当程度確保する規制を実現していた。

d
防じんマスクについては,いくら事業者に各種規制を課したとしても,最終的にこれを使用するのは労働者自身にほかならず,石綿粉じん曝露防止の効果が得られるか否かは最終的に労働者自身の意思に依
拠せざるを得ず,労働者の意思に反してその使用を強いることまではできない。このように,防じんマスクに関する規制は,事業者がこれを遵守すれば直ちに石綿粉じん曝露防止の効果が得られる性格のものではなく,その実効性は,事業者のみならず労働者の意思にも左右され,その意味で限界があった。
e
前記cのとおり,一審被告国は,石綿を含む有害物質から労働者の健康被害を防止するために,安衛則や特化則等において,防じんマスクの備付け義務を事業者に課すほか,種々の規制を既に講じていたから,仮に,防じんマスクの着用義務付けが一審被告国の講じてきた規制よりも合理的な規制であったとしても,それは当・不当の問題にすぎず,防じんマスクの着用義務付けをしなかったことが著しく合理性を欠くとはいえない。
集じん機付き電動工具の使用について

a
建設屋内での石綿切断等作業
建設屋内での石綿切断等作業について石綿関連疾患の被害の実情が相当深刻であることが明らかとなっていたという事実は認められない。また,電動工具による加工作業を含めた建築作業は,主に風等による粉じん拡散効果のある屋外作業であり,屋内作業であっても,通常は長時間にわたる作業ではない上,石綿含有率が比較的低く,有害性も低いクリソタイルを中心とした石綿含有製材を取り扱っていたものであり,吹付作業ほど石綿粉じん曝露による危険性が高い作業とは考えられていなかった。しかも,一口に電動工具といっても,様々な種類の工具があり,使用方法によっても石綿粉じんの飛散量は様々であったから,一概に,これらの電動工具を用いた加工作業の際に高濃度の石綿粉じんに曝露する危険性があったとは到底いえない。また,集じん機付き電動工具の粉じん捕捉能力及び粉じん吸引能力が,建築作
業従事者の石綿関連疾患への罹患防止に有効かつ十分な対策となり得るものであったと認めることのできる的確な証拠もない。そして,日本産業衛生学会が平成13年に定めた過剰発がん生涯リスクレベル及びこれに対応する濃度レベルの評価値を根拠として昭和49年における集じん機付き電動工具の必要性やその使用を義務付けなかったことの違法性を論じることは誤りである。
さらに,昭和49年に日立工機が製造・販売していた集じん機装置付きグラインダの吸じん機部分は重量が約200㎏前後もあり,このような機械の使用を義務付けることが非現実的なものであったことは明らかである。また,集じん機等については,相当の重量があって携行性が低く,その作業の安全性に与える影響も無視できないものであり,特に,高所かつ狭い場所で,足場の中を移動しながら作業を行うことが常態である建築現場においては,集じん機やそのホース,コードに作業者がつまずくなどして転落し,あるいは誤って電動工具によって身体を切断するなどの危険性があるほか,集じん機が高所から落下して他の作業者に当たるなど,様々な危険が想定されるから,一概に実用性があるとはいえず,また,集じん機付き電動工具は,具体的な現場の状況や使用状況いかんによっては,吸引した空気の排気や作業後の防じんマットからの二次発じんにより,かえって労働者に悪影響を及ぼすことも懸念されるから,事業者に対し,罰則をもって一律にその使用を義務付けるに足りる実用的な技術的知見が存在していたとはいえない。
以上の事情からすれば,一審被告国が昭和49年の時点で事業者に対し建設屋内での石綿切断等作業に従事する労働者に集じん機付き電動工具を使用させる義務を課さなかったことが著しく不合理ということはできない。

b
屋外での石綿切断等作業
屋外での石綿切断等作業の石綿粉じん濃度の測定結果とされる一般家屋壁材施工時の発塵状況調査結果(昭和62年。乙アA206),海老原測定(昭和62年。甲A108),平成9年マニュアル(甲A248),BKレポート(甲A1283,1284),平成17年日本労働衛生工学会・作業環境測定研究発表会の報告(甲A1288)をみても,実験を行った際の切断の早さや,現場における空気の流れ等も明らかではなく,実験回数も限られたものであり,屋外での石綿切断等作業における石綿粉じん曝露実態を一般的に示したものとは到底いえず,上記各測定結果をもって,屋外での石綿切断等作業に係る一審被告国の予見可能性を裏付けるものとはいえない。
また,一審被告国は,平成14年までに,前記のとおり,建築作業従事者の石綿粉じん曝露を防止するために種々の規制を講じており,特に,平成7年の特化則改正においては,危険性の高いクロシドライト及びアモサイトの製造等を禁止し,また,事業者に対し,労働者に防じんマスクを着用させることを明示的に義務付けるなど,その規制をより強化し,適時にかつ適切に石綿粉じん曝露対策を講じてきた。これらの事情からすれば,一審被告国が平成14年の時点で事業者に対し,屋外での石綿切断等作業に従事する労働者に集じん機付き電動工具を使用させる義務を課さなかったことが著しく不合理ということはできない。
事業者に対する警告表示(掲示)について

a
建設屋内及び屋外での石綿切断等作業について石綿関連疾患の被害の実情が相当深刻であることが明らかとなっていたという事実は認められない。

b
警告表示は,それ自体,労働者の石綿粉じん曝露,石綿関連疾患罹
患を防止するものではなく,防じんマスク着用等の各種石綿粉じん曝露防止対策をとる必要があることを労働者に認識させるという契機を与える間接的な役割を持つにすぎないから,警告表示によって防じんマスクの着用等の粉じん曝露防止対策を実行する必要性があることが分かれば十分であり,それ以上に石綿により引き起こされる石綿関連疾患の具体的な内容や症状等の記載,防じんマスクを着用する必要がある旨の記載等まで事業者に義務付ける必要があるとはいえない。昭和33年ないし昭和34年頃には既に新聞等によって石綿の有害性が広く報道されていた上,事業者による安全衛生教育も別途予定されていたから,
警告表示という単体の規制措置のみにより,
労働者に対し,
石綿の有害性等に関する詳細な情報をすべて与える必然性はなかったというべきである。
c
昭和50年の改正安衛令及び改正安衛則では,石綿含有率5%以下の石綿含有製品が安衛法57条による警告表示の対象から除外されているが,当時,建材の石綿含有率が5%を下回る場合にその測定をする技術は確立されていなかった。また,一般の事業場の測定技術を踏まえて規制対象物に下限値を定めることは一般的に行われていることであり,罰則を伴う規制である以上,下限値を定めることはむしろ当然のことというべきである。そして,仮に,石綿含有率5%以下の石綿含有製品の危険性を問題とするのであれば,昭和50年時点で石綿含有量率5%以下の建材を使用した場合であっても労働者に健康被害を生じさせるとの医学的知見が確立していた事実を主張・立証すべきであるが,一審原告らは,このような主張・立証をしていない。

d
被災者らの石綿関連疾患による被害は,一審被告国による警告表示に係る規制権限不行使によりもたらされたものではない。石綿粉じんの危険性や曝露防止措置の必要性を労働者に周知・認識させるための
規制は,安衛法57条の警告表示に限定されるものではなく,作業主任者の選任や,安衛法及びじん肺法上の安全衛生教育等の規制によって図られており,警告表示の中で,石綿含有製品の有害性や取扱い上の注意事項をすべて漏らさず記載しなければ,事業者や労働者が対策をとる必要性を認識できなかったとはいえない。そもそも,労働者保護につき一次的かつ最終的な責任を負うのは事業者であり,既に規制が行われている場合には,事業者は,その規制を遵守すべき立場にある。建築作業従事者に石綿粉じん曝露の危険性について認識がなかったとしても,事業者が規制を遵守しないことが許容されるものではない。また,被災者らが防じんマスクの着用等を怠った理由は,石綿粉じんの危険性を知らなかったからではなく,疾病の原因となる危険があることを認識しつつも,当該危険は,その時点では抽象的な可能性にすぎず,自らの身体に直ちに結果が生じるものでないことから,目先の作業効率や作業中の快適さを優先させ,容易に可能な対策すら講じなかったからとみるのが自然である。このように,被災者らが石綿粉じん曝露防止対策をとらなかった理由は,警告表示の不備により危険性の認識を欠いたからではなく,むしろ,その抽象的な危険性は認識しながら,その時点では将来疾病を生じる可能性があるにすぎないため,現実化するか否かすら不明な自己の生命・身体に対する危険を防ぐことよりも,現在の作業の効率や快適さを優先したからにすぎない。
e
以上の事情からすれば,一審被告国において建設屋内及び屋外での石綿切断等作業の関係で事業者に対する警告表示(掲示)の義務付けをしなかったことが違法とはいえない。

石綿含有建材の製造・販売企業(建材メーカー)に対する規制権限不行使の違法性


上記の点に関する当事者の主張は,次のイのとおり補正し,後記ウのと
おり,
当事者の当審補充主張を加えるほか,
原判決別冊1
(当事者の主張)

であるから,これを引用する。

原判決の補正
原判決別冊1(当事者の主張)62頁2行目の事業者を建材メーカーに改める。原判決別冊1(当事者の主張)63頁20行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。
ウ吹付石綿施工建物の所有者に対する通知に関する規制権限不行使の違法性(一審原告らの主張)権限一審被告国は,昭和47年に制定された安衛法57条に基づき,吹付石綿の建材メーカー及びその関連会社に対し,吹付石綿を施工した建物につき,所有者に対する通知を義務付ける省令制定権限を有していた。規制の必要性・有効性昭和40年以降,石綿吹付けが多用されるようになり,吹付石綿が施工された建物における吹付石綿の剥離作業や同建物の改修工事及び解体工事において,その従事者が石綿粉じんに曝露することは容易に予想された。そこで,一審被告国としては,吹付石綿の建材メーカー及びその関連会社に対し,吹付石綿を施工した建物につき,石綿吹付けの年月日,石綿吹付けの面積,厚さ,含有石綿の種類,含有率等を調査して記録し,建物の所有者を直接訪問するか,あるいは郵送により,上記調査記録及び上記作業や工事にあたっての注意事項等を通知することを義務付けるべきであった。このような規制は容易であり,それによって被害の発生と拡大が相当程度防止できたことは明らかである。違法時期一審被告国は,遅くとも安衛法が制定された昭和47年の時点において,吹付石綿の建材メーカー及びその関連会社に対し,上記通知を義務付けるべきであった。不行使の不合理性しかるに,一審被告国は,現在に至るも,吹付石綿の建材メーカー及びその関連会社に対し,上記通知を義務付けておらず,かかる規制権限不行使は著しく不合理であり,国賠法1条1項の適用上,違法である。(一審被告国の主張)安衛法57条は,その文言上,「容器又は包装を対象として,一定の表示を義務付けていることが明らかであり,一審被
告国が吹付石綿の建材メーカー及びその関連会社に対し,一審原告らの主張する通知を義務付ける権限を有することが導かれる余地
はなく,そのような規制を行うことは法律上許されない。
一審被告国が吹付石綿の建材メーカー及びその関連会社に対し,
一審原告らの主張する通知を義務付けることにより,本件被災者らの被害を防止することができたという具体的な根拠はない。
よって,一審被告国の規制権限不行使が著しく不合理であるとは
いえない。」
原判決別冊1(当事者の主張)63頁21行目冒頭のウをエ
に改める。

当事者の当審補充主張(製造等禁止)

(一審原告らの主張)
製造等禁止を基礎付ける石綿の危険性に関する事実
a
製造等禁止を基礎付ける石綿の危険性に関する事実として,①昭和47年にIARC(国際がん研究機関)が発表したIARC報告
(甲A307・20頁,甲A316)
,②昭和53年に瀬良良好医師を
座長とする石綿による健康障害に関する専門家会議がまとめた石綿による健康障害に関する専門家会議検討結果報告書(甲A5,
乙アA
40)③昭和52年にNIOSH

(米国保健教育福祉省国立職業安全
衛生研究所)が刊行し,昭和57年に坂部弘之ら翻訳により発行された職業病-その認識への手引-
(甲A291)
,④昭和60年に広
瀬弘忠(東京女子大学教授)が発刊した静かな時限爆弾アスベスト災害(甲A1001)
,⑤昭和61年にOSHA(アメリカ合衆国
労働省労働安全衛生局)が刊行し,車谷典男ら翻訳により平成2年に発行されたアスベストの人体への影響
(甲A1478)
,⑥昭和6
1年の第72回ILO総会で採択された石綿の使用における安全に関する条約(石綿条約。乙アA55)
,⑦昭和62年に環境庁大気保
全局企画課監修により発行された石綿・ゼオライトのすべて
(甲A
9)
,⑧昭和62年の労働の科学の特集アスベストの諸問題に森永謙二(独立行政法人環境再生保全機構石綿健康被害救済部顧問医師。当時は大阪府立成人病センター調査部)及び横山邦彦医師(国立療養所近畿中央病院)が寄稿したアスベスト曝露による人体影響
(甲A1025)⑨昭和62年に海老原勇

(当時は千葉大学医学部助
教授)が発刊したブックレット石綿・アスベスト健康障害を予防するために(甲A1)及び同年に日本消費者連盟が発刊した冊子グッバイ・アスベスト(甲A1479)
,⑩昭和63年に労働科学研究所
(三浦豊彦編集)が発刊した現代労働衛生ハンドブック
(甲A32

3)⑪WHOが平成元年4月にまとめた報告書

石綿の職業的曝露限界
(乙アA3の2)
,⑫平成元年に開催された第2回日本石綿シンポ
ジウムでセリコフ(ニューヨーク市立大学マウント・サイナイ医科大学附属科学研究所名誉所長,ラマチーニ研究財団会長)が行った特別講演
アスベスト関連疾患1990~2020年甲A1480)



⑬平成元年に日本最大の建設労働組合である全建総連(全国建設労働組合総連合)が発刊した小冊子石綿・建設労働者・いのち
(甲A1
481)⑭平成元年の石綿の排出規制に関する国会議事録

(甲A14
83)⑮全国労働安全衛生センター連絡会議及び石綿対策全国連絡会,

(石対連)
が平成3年に実施した
アスベスト・職業がん110番
の集計結果報告
(甲A1485)
,⑯平成7年の中皮腫死亡者数及び肺
がん・中皮腫の労災認定件数を示す健康管理手帳交付対象業務等検討結果報告書(甲A1486)及び中皮腫の死亡者数の推移(甲A1487)⑰平成8年にWHOが発表したクリソタイルの評価に関する,プレスリリース(乙アA115・3頁~)を挙げることができる。
b
上記aの各事実からすれば,遅くとも昭和62年には,クリソタイルを含めた石綿の発がん性には閾値がないことが明らかにされていただけでなく,欧米諸国の調査研究により,石綿粉じんの少量曝露による重大なリスクが定量的にも明らかにされていた。そして,日本の石綿粉じん濃度基準(管理濃度)2本/㎤は,石綿肺すら防止できない緩い基準であった上,建築作業従事者にはその緩い濃度規制すら及んでいなかったこと,我が国における石綿使用量及び1人当たりの消費量はいずれも欧米諸国に比べて突出して多く,その大半が建材に使用されていたこと等からすれば,製造等禁止により直ちに石綿含有建材の使用量を大幅に削減しなければ,爾後数十年にわたって建築作業従事者の石綿被害が爆発的に拡大・継続する危険性が具体的に指摘され
ていた。このような昭和62年の時点における石綿含有建材の製造等禁止を基礎付ける石綿の危険性に関する事実は,
平成3年,
平成7年,
一審被告国が石綿の原則禁止措置をとった平成16年の各時点においても何ら異なるところはなかった。
石綿含有建材のノンアス化(非石綿化)状況,製造等禁止を巡る社会的状況及び一審被告国の対応状況等
a
石綿含有建材のノンアス化状況
石綿含有建材の製造・販売企業,特にシェア上位企業は,昭和4
0年代後半(1970年代)に,石綿含有製品からの撤退を意図して,
ノンアス建材の開発を行い,
昭和50年代後半
(1980年代)
に入ると,
使用禁止に向けた石綿消費量の削減が世界の趨勢となり,
昭和61年頃から石綿の危険性が本格的に社会問題化したため,

が国での使用禁止も時間の問題であると判断し,
急速に石綿含有建
材のノンアス化を進め,遅くとも昭和62年の時点において,技術的に石綿含有建材のノンアス化を達成し,多くのノンアス建材が製造・販売されて,公共建物のノンアス化が進み,平成3年には,全種類の石綿含有建材がノンアス化されて相当程度普及していた。石綿含有建材のノンアス化は,想定されていた一審被告国の規制を追い越して早期に達成されたが,一審被告国が規制を怠ったために,石綿含有建材のノンアス化は迅速に進まず,
ノンアス技術開発の時
間的猶予を得た石綿含有建材の製造・販売企業は,
企業戦略として,
石綿含有建材とノンアス建材の並行販売を続けた。
しかし,
石綿含有建材のノンアス化は迅速に進まなかったところ,
その主な要因は生産コストの問題であった。したがって,価格の高い安全なノンアス建材を広く普及させ,生産コストの問題を解決するためには,一審被告国の規制が不可欠であった。

b
製造等禁止を巡る社会的状況
我が国で石綿問題が大きくマスコミ報道され,本格的に社会問題
化したのは,昭和61年から平成元年にかけてのアスベスト・パニックあるいは学校の吹付石綿が問題となった学校パニックと呼ばれる時期からである。その中で大々的に取り上げられたのは吹付石綿であったが,成形板の破砕等の問題も指摘され,昭和62年にはベビーパウダーへの石綿混入,学校で使用される石綿金網や石綿水道管等も問題となった。
その後,様々な市民団体,消費者団体がクロシドライトの使用禁
止,石綿の規制強化のための出版や活動を行い,平成4年及び平成5年には石綿の規制を目的とする法案の提出にまで至っている。

の法案は,結果的に石綿業界の圧力によって廃案になったものの,一審被告国に対し,
製造等禁止の必要性とその現実的可能性を具体
的に提示するものであった。
なお,諸外国は,1980年代(昭和50年代後半)の北欧諸国
をはじめとして,平成に入ってから続々と石綿の全面使用禁止に踏み切り,現在でも全面禁止とされていないアメリカを除けば,日本の原則使用禁止時期(2004年(平成16年)
)は,先進国中で最
も遅かった。

c
一審被告国の対応状況等
以上のように,石綿の危険性が広く認識され,ノンアス建材の開発が進み,石綿の規制強化を求める国内の動きや国際的な石綿使用禁止の規制が進む中で,一審被告国は,昭和50年の改正安衛令及び改正特化則において,石綿を特別管理物質と定め,石綿吹付作業
を原則禁止するとともに(ただし,広い例外が認められ,極めて不十分な措置であった。),事業者に対し石綿の代替化努力義務を課
した。しかし,その後,平成16年にクリソタイルの使用実態がほぼなくなり,原則使用禁止措置をとるまでの約30年間,石綿使用量の削減に向けた規制をほとんど行わなかった。
なお,一審被告国は,この間,平成7年改正特化則により,クロ
シドライト及びアモサイトの原則使用禁止を定めたが,クロシド
ライトは昭和62年に,アモサイトは平成5年にそれぞれ石綿業
界の自主規制により使用が中止されており,既に使用実態がなく
なっていた状況を追認するものにすぎなかった。
また,一審被告国は,この間,石綿を取り扱う際の注意や管理濃度の厳格化等に関する通達を発し,
あるいは行政指導を行ったりはした
が,実効性を伴わず,管理濃度の厳格化といっても緩すぎるものである上,建築現場には適用されないものもあった。石綿含有建材のノンアス化については,使用実態の状況確認や代替物質の有害性・生体影響に関する研究を行ったが,結局はノンアス化を業界任せにし
た。
旧労基法及び安衛法に基づく規制権限不行使の違法性
a
製造等禁止を裏付ける危険性に関する一審被告国の予見可能性
建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する一審被告国の予見可能性については,前記

で主張したとおりである。また,

石綿含有建材の製造等禁止を裏付ける危険性に関する事実及び石綿含有建材の製造等禁止を巡る一審被告国のこれまでの対応状況等については,前記
ば,一審被告国は,石綿含有建材の製造等禁止措置をとらなければ,建築作業従事者に石綿関連疾患発症という重大な健康障害が生じること,これを防止するためには石綿含有建材の製造等禁止措置をとる必要があることを認識していたというべきである。

b
製造等禁止に関する規制権限行使の在り方
安衛法は,労基法と相まって,労働災害防止のための危害防止基準の確立,責任体制の明確化及び自主的活動の促進の措置を講じる等その防止に関する総合的計画的な対策を推進することにより職場における労働者の安全と健康を確保するとともに快適な職場環境の形成を促進することを目的としている(1条)。
そして,安衛法55条は,黄リンマッチ,ベンジジン,ベンジジンを含有する製剤その他の労働者に重度の健康障害を生じる物で,政令で定めるものの製造,輸入,譲渡,提供又は使用を禁じており,製造又は取扱いの過程において労働者に重度の健康障害を生ずる物質で,しかも現在の技術をもってしては,それによる健康障害を防止する十分な防護方法がない有害物について製造等を禁止することとしている。上記のような安衛法1条及び55条の趣旨,目的からすれば,一審被告国の規制権限は,作業工程において有害物に曝露することによって健康障害が生じることを防止し,その健康を確保することを主要な目的として,できる限り速やかに,技術の進歩や最新の医学的知見等に適合したものとなるように,適時にかつ適切に行使されるべきものである。

c
石綿含有建材の製造等禁止に関する考慮要素
石綿製品の社会的有用性や代替製品の安全性等を考慮して規制の
要否や程度,時期を決することは,授権法である安衛法の趣旨,目的から逸脱するものである。
そうすると,石綿含有建材の製造等禁止に関する規制権限行使の
際の考慮要素は,①石綿含有建材が建築作業従事者に与える健康障害の重大性及び健康障害が発生する危険性の程度,②石綿含有建材の使用による建築作業従事者の健康障害を防止する有効かつ適切

な手段の有無
(管理使用の限界)
という2点となり,
一審被告国は,
この①及び②の要素を考慮して,できる限り速やかに,適時にかつ適切に規制権限を行使して,石綿含有建材の製造等を禁止すべきであったことになる。
上記

の①の考慮要素(石綿含有建材が建築作業従事者に与える
健康障害の重大性及び健康障害が発生する危険性の程度)については,石綿粉じんの少量露露による発がん性及びその重大なリスクの点を含めて,石綿含有建材の製造等禁止を裏付ける危険性に関する事実として,前記

aで主張したとおりである。そして,建築作業

時に発生する石綿粉じん濃度の測定結果は,いずれも概ね2本/㎤を上回り,10本/㎤を超える値も計測されていたから,建築現場は,石綿粉じんの少量曝露による肺がんや中皮腫どころか,石綿肺の発症すら防げない危険な石綿粉じん曝露状況にあった。したがって,遅くとも昭和62年の時点で,建材に使用されているクリソタイルを含む石綿の建築作業従事者に与える健康障害が重大であり,健康障害が発生するリスクが極めて高いことが判明していたとい
うべきである。
次に,上記

の②の考慮要素(石綿含有建材の使用による建築作
業従事者の健康障害を防止する有効かつ適切な手段の有無(管理使用の限界))についていえば,石綿は,髪の毛の5000分の1程度という極微細な繊維である上,飛散性が高く,時間浮遊する性質を有するものである。そして,厳格な管理使用の前提となる粉じん濃度測定や,建築作業における粉じん発生抑制措置には限界があり,防じんマスクの着用が重要かつ不可欠であるが,これにも限界があったことから,建築現場における石綿の厳格な管理使用は著しく困難ないし不可能であった。

d
石綿含有建材の製造等禁止に関するまとめ
以上のとおり,遅くとも昭和62年時点において,建築現場は石綿粉じんの少量曝露による肺がんや中皮腫どころか,石綿肺の発症すら防げない危険な状態となっていた上,粉じん濃度測定,粉じん発生抑制措置,粉じん曝露防止対策の組み合わせによる管理使用の実効性には限界があり,石綿(クリソタイル)の厳格な管理使用を行うことは著しく困難ないし不可能なことが明らかであったというべきである。したがって,一審被告国は,安衛法1条及び55条の趣旨に則り,原審で主張した昭和30年,昭和40年,昭和47年,昭和50年若しくは昭和53年の時期に,更に遅くとも,建築現場における石綿粉じんが建築作業従事者に重大な健康被害をもたらすリスクが極めて高く,石綿の厳格な使用管理を期待できない状況であったことが判明していた昭和62年,あるいはどんなに遅くと全種類の石綿含有建材がノンアス化された平成3年,又はクロシドライトとアモサイトの製造等が禁止された平成7年には,クリソタイルを含めたすべての石綿含有建材の製造等を禁止すべきであり,これを禁止しなかったことは違法というべきである。
なお,仮に,石綿製品の社会的有用性や代替製品の安全性等を考慮要素の一つとするとしても,これらを殊更に重視することは許されないし,昭和62年には,多くのノンアス建材が製造・販売されて公共建物のノンアス化が進み,平成3年には,全種類の石綿含有建材がノンアス化されて相当程度普及していたことにも留意すべきである。
e
規制権限不行使の違法時期
一審被告国が規制権限を行使すべきであった時期とその根拠事実は,昭和30年,昭和40年,昭和47年,昭和50年,昭和53年及び昭和62年については,原審で主張したとおりである。

また,石綿の社会的有用性を一定程度考慮するとしても,前記のとおり,平成3年の時点で全種類の石綿含有建材がノンアス化されたから,同時点で,あるいは遅くともクロシドライト及びアモサイトの製造等が禁止された平成7年の時点で,石綿には社会的有用性がなくなっており,これらの時点で石綿含有建材の製造等を禁止しても,社会的に大きな混乱や新たな産業被害を引き起こすことはなかったから,クリソタイルを含めたすべての石綿含有建材の製造等が禁止されるべきであった。
(一審被告国の主張)
製造等禁止に関する考慮要素等
a
リスク管理の手法
リスク管理の手法として,ある化学物質の製造等の禁止措置を考える場合には,医学的,技術的知見のほか,社会的,経済的諸事情を総合的に考慮することが必要である。すなわち,医学的知見の観点からは,当該物質が人の健康に及ぼす危険性があるか否か(ハザードの有無)危険性があるとしてそれはどの程度であるか

(リスクの評価)

当該物質への曝露を一定程度に抑制することによって健康に及ぼす危険性をどの程度防止し得るか(リスクの軽減の程度)といった点を検討する必要がある。そして,禁止措置を考えるに当たっては,当該措置を講じることによるリスクトレードオフ(あるリスクを削減することにより,他のリスクが上昇すること)を考慮する必要があり,代替品の使用によりリスクトレードオフが生ずるおそれがある場合には,代替化した場合のリスクが代替化しなかった場合のリスクを下回らなければ,当該措置を選択することは適切であるとはいえない。また,技術的知見の観点からは,当該物質への曝露を一定のレベル以下に減少させることが技術的に可能であるか否かという点を検討する必要が
ある。さらに,上記のような医学的,技術的見地から他の規制手段が考えられる場合には,社会の当該物質に対する依存度,その社会の構成員の危険と便益との比較,当該物質への曝露を実際に受けた集団がその危険を許容できると判断するか否か,社会の集団が当該物質の禁止措置を許容できると判断するか否かなどといった社会的,経済的諸事情も総合的に検討する必要がある。このような考え方は,近年,リスク評価(リスクアセスメント)
,リスク管理(リスクマネジメント)
という形で体系化されるに至っており,リスクマネジメントの方法としては,現状のリスクを保有する,リスクを削減する,リスクを他に移転する,リスクを排除する等があるが,これらのどの方法を採用するかは,リスクの内容,大小,採り得る対策の価値などで判断するとされている。そして,国の政策として,ある化学物質の禁止措置の是非を検討するに当たっては,こうしたリスク・ベネフィットの考え方に基づく一定の政策判断について社会的な合意を得る必要がある。以上のようなリスク評価に基づくリスク管理の考え方は,石綿のような発がん性物質にも当然に妥当するものであり,石綿の製造等を禁止するか否かは,その医学的,技術的知見のほか,社会的,経済的諸事情を総合的に判断する必要があり,国際的にも石綿の製造等を禁止すべきであるとの考え方はとられていない。
b
石綿の種類に応じた考慮
昭和47年のIARCの専門家会議において指摘されているとおり,石綿については,繊維の種類ごとにその発がんリスクが異なるから,そのリスクの程度に従って,規制手段の評価やとるべき規制の在り方についての判断が異なることになる。この点,

発がん性は,クリソタイルを1とすると,アモサイトは100倍,クロシドライトは500倍とする意見もある。一方,胸膜中皮腫はクリソタイル単独曝露による例は非常に稀である。

などとされている。石綿含有建材の製造等の禁止措置も含めた種々の規制を考えるに当たっては,こうした発がんリスクの差を考慮に入れながら適切な規制内容を検討していくことになるため,石綿の繊維の種類によって,適切とされる規制時期や規制の態様が異なってくることは当然である。
製造等禁止に関する医学的,技術的知見と社会的,経済的諸事情,これらに基づく一審被告国の対応状況等
昭和47年から一審被告国が石綿含有建材の製造等を全面的に禁止した平成18年までの間について,石綿の有害性の程度やその規制手段に係る医学的,技術的知見,我が国における社会的,経済的諸事情をみると,以下のとおり,石綿の製造等を全面的に禁止する措置をとるだけの知見は存在せず,上記医学的,技術的知見,我が国における社会的,経済的諸事情に対応した一審被告国の規制措置に不合理な点はなかった。a
昭和40年代後半(1970年代前半)から昭和60年代(1980年代)まで
石綿のリスクの程度については,昭和47年にIARCやILOの専門家会議において,石綿の発がん性(ハザード)が指摘されたものの,IARCの専門家会議は,石綿繊維の種類ごとに検討を加え,クロシドライトと比較して,アモサイトやクリソタイルの発がん性のリスクが小さいことを指摘し,アモサイトやクリソタイルについては,特にヒトに対するリスクの程度を許容できる程度まで小さくできることを示唆した。
石綿の社会的有用性については,石綿は工業用原料に要求される性能の大半を満たすものであり,繊維あるいは繊維補強材料としての物理的・化学的特性には他の繊維の追従を許さないほど優れた特性を有しており,建材の分野においては,火災,地震等から国民の生命,身
体等を保護するなどの大きな便益をもたらしていた。
石綿代替製品の性能面及び安全性については,ポットらやスタントンらが一連の動物実験の結果から細くて長く体内停留期間も長期間にわたるものであれば発がん性を有する可能性があるとの仮説を提示したため,昭和50年代になって,石綿を代替化した場合の安全性の問題が強く意識されるようになった。しかし,石綿の優れた特性を代替できる性能を有する代替製品の開発には技術的問題が多く残されており,幅広い分野の石綿含有建材すべてを単一の材料によって代替化することは不可能であった。
以上のような状況下において,一審被告国は,昭和50年の改正特化則(乙アB29)で,建築作業におけるクロシドライトの主な用途とされる石綿吹付作業を原則として禁止するなどの規制を設け,これに併せて,クロシドライトについては優先的に代替措置をとることを内容とする昭和51年通達を発出したことから,昭和58,59年度には,全国427の石綿取扱い事業場のうちクロシドライトを使用する事業場は11にまで減少し,昭和62年には,クロシドライトの使用が中止された。他方,発がん性のリスクの程度が比較的低いとされるアモサイトやクリソタイルについては,それぞれの業種において,許容できる適正な曝露規制値を適時模索しながら,発がん性のリスクを高める要因と考えられる石綿肺への罹患や喫煙習慣を抑制するとともに,その曝露を可能な限り抑制する措置をとり,これを管理使用していくこととされた。このような対応は,リスク評価に基づくリスク管理の考え方に照らして合理的なものといえる。実際にも,昭和47年のIARCやILOの専門家会議による石綿の発がん性の指摘を受けて,直ちに石綿の製造等を禁止する法規制を行った国は世界的にみてもなく,ILO総会は,昭和58年11月に石綿の管理使用を前提
とする石綿を安全に使用するための実施要綱を作成し,昭和61
年6月24日に石綿条約を採択したが,この条約は,クロシドライトの使用及び石綿吹付作業という特定の種類の石綿使用及び特定の業種における石綿使用を禁止しただけで,その他の種類の石綿使用及びその他の業種における石綿使用については,可能な範囲で限定的に使用するとしたものである。
b
平成初期
(1980年代末)
から平成6年前後
(1990年代前半)
まで
昭和62年にクロシドライトの使用が中止され,アモサイトについても,昭和51年通達等に基づき,代替措置の促進について指導が行われた結果,昭和58,59年度には,全国427の石綿取扱い事業場のうちアモサイトを使用する事業場は52にまで減少し,平成5年には使用が中止された。したがって,問題となる石綿はクリソタイルとなるところ,ワグナーが平成元年にアンフィボール仮説(石綿による発がん性等の重大な被害は専らアンフィボール系(角閃石系:クロシドライト,
アモサイト等の石綿繊維)
によるものであるとする仮説)
を提唱したこと等から,我が国を含めて,国際的に,蛇紋石系であるクリソタイルについては発がん性のリスクの程度が小さく,安全な使用が可能であるとの考え方が支配的な状況にあった。この点は,WHOが平成元年に発表した石綿の職業的曝露限界にも表れている。
石綿代替製品の性能面及び安全性については,
上記期間においても,
未だ多数の問題が残され,クリソタイルまで含めた石綿の製造等の全面的な禁止措置により顕在化するリスクが,石綿の管理使用を継続することによるリスクを下回ることを合理的に説明できるほどの知見が確立していたとはいえない状況にあった。
また,石綿代替製品の安全性についてみても,石綿代替物質である
人造鉱物繊維や天然鉱物繊維の発がん性について適切な評価ができるだけの研究に乏しく,それまで集積された医学的知見によっては,いずれの物質についても発がん性を否定できない状況にあった。
以上のような状況下において,我が国では,上記のような石綿粉じん曝露によるリスクの程度に関する知見や,石綿代替製品の性能面に関する技術的知見,その安全性に関する医学的知見等を踏まえ,石綿(クリソタイル)を適切に管理使用するとの考え方が社会的にも支配的であり,石綿の製造等の禁止措置をとることのコンセンサスはいまだ得られていない状況にあった。
c
平成7年前後(1990年代後半)から平成14年前後(2000年代前半)まで
平成初期から平成6年前後にかけて,企業における石綿代替製品の技術開発が急速に進められたが,平成7年頃においては,一部の石綿含有製品についてノンアス化の技術開発に成功した一方,石綿含有率の低減化の技術開発にとどまり,ノンアス化の技術開発の目処が立っていないような石綿含有製品も存在した。このように,平成8年の時点でも,幅広い石綿含有建材の使用分野において,石綿代替製品を製品化して販売するまでには,材料の用途や要求性能という観点からクリアしなければならない技術的課題が未だ残されていた。他方,平成8年に発表されたWHOによるクリソタイルの評価に関するプレリリースにおいては,適切な管理使用が行われれば,クリソタイル採掘や石綿セメント製品の製造においては,石綿により石綿関連疾患が発生するリスクがかなり低減できるとされている。
その後,技術開発によって石綿含有製品の石綿含有率低減化と代替化が進展し,平成14年前後になって,ようやく石綿含有製品の多くについて技術的課題をクリアして代替製品が製品化されるに至るとと
もに,その他の石綿含有率低減化製品についても,ノンアス製品への代替化の見通しがつき始めてきた。
そして,平成7年前後から平成17年頃にかけて,石綿の全面的な禁止措置をとるべきであるとの考え方が徐々に広まり,主要先進国の中にも実際に製造等禁止の措置をとる国が現れるに至り,平成14年前後に入ると,我が国においても,クリソタイルを含めたすべての石綿について製造等の禁止措置をとるべきであるとの考え方が社会的なコンセンサスとして形成されたと評価できるに至った。
このように,平成7年前後から平成14年前後においても,なお石綿の製造等の全面的な禁止措置をとるだけの知見は集積していなかった。
d
平成14年前後頃以降
上記の頃,主な石綿代替製品の性能及び安全性に関する技術的知見が概ね確立され,社会的なコンセンサスが整うに至ったことから,一審被告国は,平成15年10月に安衛令を改正し,当該時点でノンアス製品への代替が困難なものを除き,石綿含有建材を含むすべての石綿製品について,安衛法に基づき,製造等の原則禁止措置をとり,平成18年に石綿含有製品の製造等を全面的に禁止したものである。製造等禁止に関する諸外国の動向
平成7年以降において,先進国の中でも,クリソタイルの製造等を全
面的に禁止していなかった国は複数あり,例えば,フランスでは平成9年1月からクリソタイルを含む石綿の製造等を禁止し,当初の適用除外品を含めて全面禁止に至ったのは平成14年1月であった。また,カナダが非関税貿易障壁に当たるとしてフランスを世界貿易機関(WTO)に提訴し,その結論が出たのは平成13年になってからであった。このほか,ベルギーが全石綿を禁止したのは平成10年,EUやイギリ
スが全石綿を禁止したのは平成11年(ただし,当初は多くの適用除外品もあった)オーストラリアが全石綿を原則禁止としたのは平成15年,,
EU(拡大25か国)が全石綿を禁止したのは平成17年であり,これら先進諸外国と比較しても,我が国のクリソタイル規制が遅れていたとは到底いえない。
一人親方等との関係における規制権限等不行使の違法性

上記の点に関する当事者の主張は,次のイのとおり補正し,後記ウのとおり,
当事者の当審補充主張を加えるほか,
原判決別冊1
(当事者の主張)
78頁15行目まで)に記載のとおり
であるから,これを引用する。


原判決の補正
原判決別冊1
(当事者の主張)
69頁7行目の
一人親方
の次に(個
人事業の事業主で,他の者を雇用していない者)を,同行目の中小零細事業主の次に(個人事業の事業主で,他の者を労働者として雇用している者)をそれぞれ加え,13行目の附属建物を附属建設物に改める。原判決別冊1(当事者の主張)72頁13行目末尾にこの点,「建設事業の一人親方等の団体が定めるべき業務災害の防止に関する措置について(昭和40年基発第20号)において,特別加入団体が旧安衛則
の規定に準じた措置を構成員に守らせる旨の誓約書を提出した場合,労災保険規則46条の23第2項及び第3項に基づき講ずべき措置を定めたものとみなすとされたことからすれば,一審被告国は,一人親方等に対する規制の必要性を自認していたというべきである。
」を加える。
原判決別冊1(当事者の主張)75頁9行目の及びを削る。


当事者の当審補充主張
(一審原告らの主張)

一人親方等も旧労基法及び安衛法の保護対象となること
a
一人親方等の保護の必要性
一人親方等は,建設業の重層的下請構造の最下層に位置し,その就労実態をみれば,他の労働者と等しく,同一現場,同一の作業環境の下で同一の建築作業に従事しており,建築現場で発生する石綿粉じんによる危険に等しく晒されていた。そして,建築現場で就労する他の労働者と同様に,石綿に関する安全教育を受ける機会はなく,一審被告国から石綿の有害性に関する情報提供も受けることなく,石綿の危険性を認識することもできなかった。このような実態からすれば,一人親方等を保護する必要性は高く,旧労基法及び安衛法の保護対象外とすることは到底許されない。

b
旧労基法及び安衛法の諸規定
以下のとおり,旧労基法及び安衛法の諸規定の中には,明らかに労働者だけを保護の対象にしていない規定が存在し,一人親方等も旧労基法及び安衛法の保護対象と解される。
すなわち,安衛法22条は旧労基法42条を承継した規定であるところ,旧労基法42条には労働者という文言はなかった。また,
安衛法27条1項は,事業者が同法22条及び23条によって講ずべき具体的な措置を(労働)省令に委任し,同法27条2項は,前項の労働省令を定めるにあたっては,公害その他一般公衆の災害で,労働災害と密接に関連するものの防止に関する法令の趣旨に反しないように配慮しなければならないと規定しているところ,同条1項の委任を受けた安衛則579条が有害物を含む排気を排出する局所排気装置の集じん装置を,特化則9条1項が局所排気装置の除じん装置をそれぞれ規定していることからすると,安衛法22条及び23条の目的は,事業主に使用される労働者保護に限定されるものではなく,公害防止
の趣旨も含むものと解される。
また,安衛法30条は,建設業の特定元方事業者に,その労働者及び関係請負人の労働者の作業が同一の場所において行われることによって生じる労働災害を防止するための必要な措置をとることを義務付けているところ,混在作業の危険は労働者と同一の場所で同一の作業に従事する一人親方等にも及ぶから,一人親方等も同条の保護の対象とされているといえる。
そして,安衛法31条は,注文主に建設物等の建設現場の空間において労働災害を防止することを目的としており,注文主が建設物等を使用させるのは,労働者に限らず一人親方等についても同様であるから,一人親方等も同条の保護の対象とされているといえる。
さらに,安衛法55条に定める作業現場における化学物質規制の保護対象として,家内労働者と同様,一人親方等の労働者に準じる者は排除されていない。安衛法55条は,旧労基法48条を承継した規定であるところ,旧労基法は,すべての者を適用対象とした黄燐燐寸製造禁止法を承継した法律であり,旧労基法48条は,黄りんマッチ、ベンゼンを含有するゴムのり等を規制対象とし,
労働者
という文言
はなかった。そして,安衛法55条の委任を受けた安衛令16条も,黄りんマッチ、
ベンゼンを含有するゴムのり等を規制対象としている。
もっとも,
安衛法55条には
労働者という文言があるが,これは,
化学物質の規制について,一般消費者を対象とする薬事法等と法規制の対象物を区分する基準(徴表)とすることを目的としたものと理解すべきである。したがって,安衛法55条は,黄燐燐寸製造禁止法や旧労基法48条と同様,労働者を保護するために化学物質を規制しているにとどまらず,仮に間接的にではあっても,労働者と同様に作業に従事し,作業環境の維持・形成に支配・管理権を持たない者(その
典型例が一人親方等である。の生命・身体及び健康の保護にも配慮し)
たものというべきである。
c
労災保険法の特別加入制度
昭和40年の改正労災保険法において,従前から行政上の取扱いで行われてきた一人親方等に関する特別加入制度が法制度化された。これは,労災保険法の保護対象に一人親方等が含まれることを明確化したものである。そして,改正労災保険法は,直接,国が一人親方等の生命・健康を保護する規制権限を与える規定を置いた。すなわち,改正労災保険法34条の14では,
この章の定めるもののほか,第34条の11各号に掲げる者の業務災害に関し必要な事項は,労働省令で定めると規定したところ,34条の11に掲げる者とは,個人事業主(1号)
,一人親方(3号)である。また,改正労災保険法34条の
14は,(特別加入者の)保険給付に関し必要な事項は,労働省令で定めるではなく,あえて(特別加入者の)業務災害に関し必要な事項は,労働省令で定めると規定したから,保険給付等の細則規定を求めるにとどまらず,一人親方等が建築現場で業務遂行を行うに当たり,安全衛生を確保して,その業務災害を防止するべく,適時にかつ適切に省令制定を行うよう求める趣旨も含まれると解すべきである。
d
規制権限の不行使と国賠法上の保護範囲
旧労基法や安衛法に基づく規制の直接的な目的が労働者の保護であるとしても,その規制権限の不行使が不法行為となる場合の保護範囲を定める際には,直接的な保護対象に拘泥するのではなく,規制の趣旨,目的に照らした慎重な判断が必要とされる。
そして前記b及びcに記載した法の定め,その趣旨や石綿粉じん作業の現場に一定期間滞在することが必要である者は石綿粉じんに曝露して健康被害を受ける可能性があることからすると,石綿粉じん作業
の現場に一定期間滞在することが必要である者は,一審被告国が規制権限の行使を違法に怠ったことにより,石綿粉じんによる被害を受けた場合には,その保護範囲に含まれると解するのが相当である。そして,本件で問題となっている一人親方等は,労働者と同様に建築現場で長時間石綿粉じんに曝露する可能性があり,そのことによって生命及び健康に対する被害を受ける者であるから,国賠法上その保護範囲に含まれることは明らかである。
労働者性の判断基準及び具体的判断
a
労働者性の判断基準
旧労基法及び安衛法に基づく規制権限行使の保護対象となる労働
者性の判断は,実質的な使用従属関係の有無,具体的には指揮命令下の労働といえるかどうかを主な判断要素とすべきである。
労働省は,昭和60年12月,労働者性の判断基準につき,昭和
60年・厚生労働省労働基準法研究会報告として,
労働基準法の『労働者』の判断基準について
(甲A253。以下労働者性の判断基準報告という。
)を発表したが,建築作業従事者にふさわしい
ものでなかったため,平成8年3月,労働者性の判断が問題となることが多い建設業手間請け従事者及び芸能関係者につき,労働基準法研究会労働契約等法制部会・労働者性検討専門部会報告として,建設業手間請け従事者及び芸能関係者に関する労働基準法の『労働者』の判断基準について(甲A254。以下手間請け報告と
いう。
)を発表した。手間請け報告にいう手間請けとは,工事の
種類,坪単価,工事面積等により総労働量及び総報酬の予定額が決められ,労務提供者に対して,労務提供の対価として,労務提供の実績に応じた割合で報酬を支払うという建設業における労務提供
方式と定義され,
建設業手間請け従事者とは,一人親方を意味す

る。
手間請け報告では,労働者性の判断基準が,①使用従属性の基準と②使用従属性の補強要素に分けられている。そして,①
報酬の基準の要素として,ⅰ仕事の依頼,業務従事の指示等に対する諾否の自由の有無,ⅱ業務の内容及び遂行方法に対する指揮命令の有無,ⅲ拘束性の有無,ⅳ代替性の有無が挙げられている。また,②度が挙げられている。手間請け報告は,厚労省の労災保険行政等の実務基準として運用されているところ,労働者性は実態に即して判断すべきとしていることは正当であるが,一人親方等の労働実態からすると,厳格すぎる側面を持っており,労働者と認められるべき者が認められない結果をもたらすことがある。例えば,一人親方であっても,時期によっては他の工務店の職人として就労し,あるいは自ら工事を請け負うことがあり,このような場合には,一審被告国の規制権限不行使が違法とされる期間内に,労働者としての就労実態が肯定できる時期があれば,労働者として保護されるというべきである。また,個人事業主が労働者を雇用している場合であっても,自身も指揮命令下の労働を行っている時期があれば,同様に解すべきである。そして,特定の事業者に対して専属性がないことをもって,労働者性を弱めることとはならないし,労基法で使用者であるとされ,その責任を負うべき場合でも,直ちにその者の労働者性が否定されるべきではない。さらに,個人事業主の場合であっても,自らも作業従事者の一員として建築作業に従事しており,その従事の仕方は,一人親方と変わらない。場合によれば,労働者と同じように指揮・監督下にあり,あるいは日当・月給で支払を受けるなどし,労働者性が認められる実態のある場合もある。また,個人事業主が法人成りして,その代表者となった場合であっても,自らも建築作業に従事する場合には,建築作業における石綿粉じんに曝露する危険性から保護すべき点は同様である。b労働者性の具体的判断(原判決の不当性)原判決は,労働者性を判断する要素として,受諾の自由や時間管理の自由があるか,報酬の支払方法,複数の元請業者から仕事を請けていたか否か,従業員を雇用していたか否か等の点を不可欠な要素とし,その事実認定を極めて厳格に行うことにより,被災者らの多くを労働者と認めていない。しかし,労働条件の観点から労働者を保護する場合とは異なり,本件のように一審被告国の規制権限不行使の違法性を問題とする場合には,労働者性の判断において相違があって然るべきであり,原判決が労働者性を否定した被災者らに関する認定判断は,・被災者らの就労実態を軽視し,厳格にすぎて失当である。むしろ,指揮監督下の労働といえるかどうかが主たる判断要素とされるべきであり,ある被災者が就労していた建築現場において,当該事業を監督している者が存在し,当該被災者がその下で建築作業に従事している場合には,原則として実質的な使用従属関係が認められ,労働者性が認められるべきである。上記の観点からすれば,原判決が,一審原告A(番号1・被災者A´・左官),一審原告E(番号5・被災者本人・配管工),一審原告F(番号6・被災者F´・大工),一審原告H(番号8・被災者本人・大工),一審原告I(番号11・被災者I´・左官)及び一審原告S(番号21・被災者S´・自動ドア工)について,当該被災者の労働者性を認めなかったことは不当であり,当該被災者の労働者性を認めるべきである。(一審被告国の主張)一人親方等は旧労基法及び安衛法の保護対象とならないことa一人親方等の保護の必要性健康障害を生じた一人親方等に保護の必要性があるか否かと一審被告国に国賠法1条1項に基づく損害賠償責任があるか否かは全く別の問題であり,一審原告らの主張は,両者を混同するものであって失当である。労働者でない一人親方等は,たとえ労働者と同様の建築作業に従事していたとしても,自らの選択により,使用者との使用従属関係に縛られることなく自由に活動して利益を上げることが可能な立場にあった反面,作業における安全衛生対策については自らの責任において講ずべきであったから,石綿関連疾患に罹患したことについて,労働者と同様に国賠法1条1項の適用によって保護されるべき理由はない。b旧労基法及び安衛法の諸規定旧労基法及び安衛法の諸規定は,あくまで事業者に雇用された労働者を保護の対象としており,非労働者である一人親方等は,旧労基法及び安衛法の保護対象となるものではない。すなわち,安衛法22条及び23条は,いずれも同法の「第4章労働者の危険又は健康障害を防止するための措置の中に置かれており,
旧労基法42条及び43条を承継した規定であるから,非労働者である一人親方等の保護をも目的としているものと解することはできない。また,安衛法27条も,同法の第4章労働者の危険又は健康障害を防止するための措置の中に置かれており,同法27条1項は,事
業者が同法22条及び23条によって講ずべき具体的な措置を
(労働)
省令に委任しているから,非労働者である一人親方等の保護をも目的としているものと解することはできない。
また,安衛法55条は,一人親方等を保護対象としていない。すなわち,安衛法の前身である旧労基法の目的は,事業主に使用される労働者の保護にあり(同法1条),旧労基法の適用も,同法8条所定の事業又は事業所で使用される労働者に限定されていた。また,安衛法は,1条で,旧労基法と相まって労働災害の防止のための危害防止基準の確立,責任体制の明確化及び自主的活動の促進の措置を講ずる等その防止に関する総合的計画的な対策を推進することにより職場における労働者の安全と健康を確保するとともに,快適な作業環境の形成を促進することを同法の目的とすると規定し,2条2号で,労働者を労基法9条に規定する労働者と明確に定義している。そして,旧
労基法48条を承継した安衛法55条本文は,

黄りんマッチ,ベンジジン,ベンジジンを含有する製剤その他の労働者に重度の健康障害を生ずる物で,政令で定めるものは,製造し,輸入し,譲渡し,提供し,又は使用してはならない。

として,労働者に重度の健康障害を生ずる物を製造等の禁止対象とし得ることを明示する一方,労働者以外の者に生じ得る健康障害を考慮すべきことは何ら規定していないから,同条及び同条の前身である旧労基法48条の保護対象は労働者であり,非労働者である一人親方等の保護をも目的としているものと解することはできない。
なお,安衛法57条は,同法55条及び56条と並び規定されていることや,これらの規定のいずれも労働者に(重度の)健康障害を生ずるおそれのある物を規制対象とすると定めていることから,同法57条の保護対象も同法55条と同様に解釈され,同法57条につ
いても,規制の対象者を使用者とする文言はないものの,保護の対象は労働者であるというべきである。
c
労災保険法の特別加入制度
労災保険法上の特別加入制度は,一人親方等の作業実態のみに着目したものではなく,業務上外の認定等,保険技術的に労災保険法内での処理が可能か否か,既存の制度を活用することが可能か否か等の技術的事項を踏まえた検討をした結果,導入されたものであり,その補償内容も労働者と全く同様のものではない。また,特別加入制度は,そもそも全くの任意によって加入を認める制度であり,将来自己に生じる可能性のある被災に備えたい者が,全額自己負担の保険料で,その被災による損害の補填を保険により受けようとするものであり,加入に当たっては健康上の制限もあり,その保険料を滞納すれば保険給付には制限が及ぶという労働者に関する労災保険とは大きく異なる特徴があることからすれば,通常の民間に見られる損害保険と同様の性質をもった制度というべきであり(甲A256号・27頁),その実施に当たり,労災保険の仕組みを利用した制度にすぎない。したがって,このような特別加入制度の特徴を踏まえれば,旧労基法及び安衛法の保護対象に労働者ではない一人親方等が含まれると解することはできない。

d
規制権限の不行使と国賠法上の保護範囲
国賠法1条1項にいう違法とは,
公務員が個別の国民に対して負担する職務上の法的義務に違背することをいうと解されている
(職
務行為基準説)この職務行為基準説によれば,国賠法1条1項の違法。
性は,
あくまで当該個別の国民に対する関係で判断すべきものであり,
違法と評価されるためには,公務員が当該個別の国民に対して負う職務上の法的義務に違反したことが必要である。これを当該個別の国民
の立場から違法性の要件をみれば,当該個人の個別の権利ないし法益が侵害されたことが必要であるのみならず,その者が主張する具体的権利や法益がその規制権限の根拠を定める法規において保護されていることが必要ということになる。そして,この職務行為基準説は,司法行為や立法行為のみならず,本件のような規制権限の不行使が問題となる事案を含めた行政行為一般について妥当するものである。これらの点は,過去の裁判例,例えば,最高裁平成元年11月24日第二小法廷判決
(民集43巻10号1169頁。
宅建業者国賠訴訟判決)

最高裁平成7年6月23日第二小法廷判決(民集49巻6号1600頁。クロロキン薬害訴訟判決),水俣病関西訴訟の最高裁判決等で確立したものとなっている。
上記のとおり,職務行為基準説に立つ場合には,規制権限不行使の違法性の前提となる職務上の法的義務の有無の問題と国賠法上の保護範囲の問題とは表裏の関係にある。この点,一審原告らは,職務行為基準説の枠組みの中でも,柔軟適切な解釈によって一人親方等が国賠法上の保護範囲に含まれるように主張するが,一審原告らの主張は,結局のところ,法令の規定の趣旨,目的や権限の性質等から明確に保護範囲が導かれるにもかかわらず,生命及び健康という重大な法益侵害の場合に,法令の規定以外の他の考慮要素によって,保護範囲を拡大するものであり,実質的に職務行為基準説と矛盾するものである。労働者性の判断基準及び具体的判断
a
労働者性の判断基準
労働者の定義については,安衛法2条2項が労基法9条を援用しているところ,労基法9条は,労働者について,
職業の種類を問わず,事業又は事務所に使用される者で,賃金を支払われる者と規定しているから,
使用される者賃金を支払われる者の要件を無視した


解釈は許されない。これまでの労働基準監督行政や裁判例では,上記の二つの要件を併せて
使用従属関係にあること
と概括的に表現し,
労働関係の様々な要素を吟味し,それらを総合して労働者性を判定するというのが実務上確定した判断方法である。そして,労働者性の判断基準については,
一審原告らも指摘する労働者性の判断基準報告
(甲
A253)が存在するので,本件においても,この労働者性の判断基準報告に従って被災者らの労働者性を判断するのが相当である。
b
労働者性の具体的判断(原判決の不当性等)
原判決は,一審原告Y(番号27・被災者本人・左官)について,同被災者の父親が経営するY左官店に勤務していた昭和49年1
月から昭和58年12月までの間,労働者性が認められると判断しているが(原判決別冊2(原告各論)183頁),労働者性の判断基準報告に従った具体的な検討をしておらず,その判断の誤りは明らかである。すなわち,被災者Yは,陳述書で,上記のとおりY左官店に勤務していたと述べているが(甲D27の1・1~2頁),その裏付けとなる証拠は一切なく,報酬支払の有無,報酬の算定・支払方法や金額等は不明である。また,被災者Yの父が営んでいたとされる左官業は,旧労基法8条ただし書及び労基法116条2項の
同居の親族のみを使用する事業
に該当する以上,
被災者Yは,
旧労基法等による保護対象とはならない。そして,被災者Yは,申述書で,
昭和50年12月以降,
京都左官協同組合から勧められて,
労災保険制度に第1種特別加入の取扱いで加入したと述べている
ところ(甲D27の5・2頁),第1種特別加入は,中小事業者を対象とするものであり(労災保険法33条1号及び2号),労働者を対象とするものではない。
一審原告らは,原判決が,一審原告A(番号1・被災者A´・左

官)
,一審原告E(番号5・被災者本人・配管工)
,一審原告F(番
号6・被災者F´・大工)一審原告H

(番号8・被災者本人・大工)

一審原告I(番号11・被災者I´・左官)及び一審原告S(番号21・被災者S´・自動ドア工)について,当該被災者の労働者性を認めなかったことは不当であり,当該被災者の労働者性を認めるべきであると主張するが,労働者性の判断基準報告に示された労働者性の判断基準及び本件における証拠関係によれば,上記各被災者について労働者性を認めなかった原判決の判断は正当である。
2
建基法に基づく規制権限の行使又は不行使,立法行為又は立法不作為の違法性
建基法2条7号ないし9号に基づく石綿含有建材の指定・認定等の違法性ア
上記の点に関する当事者の主張は,次のイのとおり補正し,後記ウのとおり,
当事者の当審補充主張を加えるほか,
原判決別冊1
(当事者の主張)

あるから,これを引用する。

原判決の補正
原判決別冊1(当事者の主張)79頁18行目のものを者に
改め,80頁18行目のなったことから,の次に同年を加え,
20行目から21行目にかけての国土交通省告示1172号(甲B22)等で耐火等の性能を有する建材から石綿含有建材を削除するなどまでを平成16年国土交通省告示第1177号(甲B35),同第1172号(甲B22),同第1173号(甲B25),同第1175号(甲B27),同第1178号(甲B9)等によって,耐火性能等を有する建材から石綿含有建材をすべて削除するなどに改める。原判決別冊1
(当事者の主張)
84頁8行目から9行目にかけての
国土交通省告示1172号等によってそれ以外の石綿含有建材を各防火規定から除外するまでを前記各国土交通省告示等によって,耐火性能等を有する建材から吹付石綿以外の石綿含有建材をすべて削除するまでに改める。

当事者の当審補充主張
(一審原告らの主張)
建基法2条7号ないし9号の保護対象
建基法2条7号ないし9号は,建築作業従事者も保護の対象としており,同条項の委任の趣旨には耐火性能等の確保のみならず,建築作業従事者の安全性の確保も含意されていると解すべきである。このことは,①建基法1条が,建築物の敷地,構造,設備及び用途に関する最低基準を定めて,
国民の生命,健康及び財産の保護を図り,もって公共の福
祉の増進に資することを同法の目的と規定していること,②昭和45年の改正建基法37条が,建築材料の品質について,指定建築材料ごとに建設大臣が定める安全上,防火上又は衛生上必要な品質に関する技術的基準に適合するものとして認定を受けたものでなければならないと規定していること,③昭和45年の建基法改正に伴って建基令が改正され,建基令108条の2が新設されて,建基法2条9号の不燃材料の性能基準として,
燃焼せず,かつ,防火上有害な変形,溶融,き裂その他の損傷を生じないこと(同1号)のみならず,
防火上有害な煙又はガスを発生させないこと
(同2号)という基準が定められたこと,④平成15年の建基法改正で,建基法28条の2が新設されて,いわゆるシックハウス対策のために室内の化学物質の発散に対する衛生上の措置が設けられたこと,
⑤一審被告国が,
アスベスト問題に関する国土交通省の過去の対応の検証で,ILOやWHOにおける石綿の発がん性に関する議論や吹付石綿に対する規制の議論を踏まえて,昭和48年に官庁営繕工事における技術的基準の一つである庁舎仕上げ標準の内部仕上げ表から石綿吹付材を削除し,また,吸音,耐火等を目的として建築物に施工された吹付石綿が劣化し,石綿繊維が空気中に飛散する事例が学校等において報告され,社会的な問題意識が高まったことから,昭和62年に建基法に基づく告示において,耐火構造の規定から吹付石綿を用いた構造の規定を削除したことを報告したこと,⑥後記のとおり,建基法90条は,工事施工者に建設工事の危害防止措置を行うことを義務付け
(1項)その危害防止措置の技術的基準を政令で定めるとしていると,
ころ(2項)
,建設工事に内在する危害から,一般通行人,隣地居住者だ
けでなく,工事関係人(建築作業従事者)の生命・健康をも保護するものと解されること等から裏付けられる。
国賠法上の保護範囲
一人親方等について主張したところと同様である。
当審における建基法2条7号ないし9号に基づく指定・認定等の違法性(違法時期と違法内容)の再整理
(一審原告らの原審における主張,2017年8月31日付け控訴審準備書面(国-11),同年10月12日付け上申書及び2018年1月25日付け控訴審準備書面(国-15)における主張を善解して整理した。)
a
吹付石綿
違法時期は,①昭和40年(一審被告国は,昭和30年に石綿粉じんによる肺がん発症の危険性を,昭和40年に石綿粉じんによる中皮腫発症の危険性をそれぞれ認識することが可能であった。),②昭和45年(ニューヨーク市において石綿吹付作業の禁止を含む大気汚染規制条例案が同市議会に提出されたことが我が国の参議
院地方行政委員会・交通安全対策特別委員会連合審査会で取り上げられた。,③昭和46年(一審被告国は,石綿粉じんの少量曝露で)

も,肺がんや中皮腫が発症する危険性があることを認識し,旧特化則を制定した。),④昭和47年(石綿粉じんによる肺がん及び中皮腫発症の危険性がより一層明らかになっていた。),⑤昭和48年(一審被告国は,官庁営繕工事における技術的基準の一つである庁舎仕上げ標準内部仕上げ表

から石綿吹付材を削除した。,

⑥昭和50年(一審被告国は,石綿粉じんによる肺がん及び中皮腫発症の危険性を確定的に認識し,特化則を改正した。),⑦昭和53年(一審被告国は,石綿による健康障害に関する専門家会議検討結果報告書(甲A5)により,石綿粉じんの少量曝露によっても
中皮腫発症の危険性があることを確定的に認識していた。
)である。
違法内容は,①一審被告国が昭和39年に吹付石綿による構造を耐火構造として指定し(一般的指定),それ以降,昭和62年に至るまで,その指定を削除しなかったこと,②一審被告国が吹付石綿による構造を耐火構造として指定するのであれば,

吹付作業従事

者が吹付石綿の危険性を具体的に認識できる警告表示を付するこ
と,

吹付作業従事者に送気マスクの着用を義務付けること及び

建築現場の事業主に対し,定期的粉じん濃度測定及び評価を義務付けることを条件とすべきであるのに,そのような条件を付さなかったことである。
b
吹付石綿以外の石綿含有建材
違法時期は,
①昭和40年
(根拠事実は,
吹付石綿と同じである。,

②昭和46年(同上),③昭和47年(同上),④昭和50年(同上),⑤昭和53年(同上)
,⑥昭和61年(ILO総会で石綿条約
が採択された。,⑦昭和62年(上記aのとおり,耐火構造の指定)
から吹付石綿による構造が削除されたが,前記のとおり,この時点で,
すべての石綿含有建材の製造等が禁止されるべきであった。,


⑧平成3年(前記のとおり,この時点で,すべての石綿含有建材の製造等が禁止されるべきであった。),⑨平成5年(同上),⑩平成7年(同上),⑪平成12年(同上)である。
違法内容は,①一審被告国が昭和39年に間柱若しくは下地を不燃材料以外の材料で造った壁,根太若しくは下地を不燃材料以外の材料で造った床又は軒裏に関して,石綿スレートを張ったもの等の石綿含有建材を使用した構造を防火構造に指定し(一般的指定),それ以降,平成16年に至るまで,その指定を削除しなかったこと,②一審被告国が昭和40年に多数の石綿含有建材を使用した構造を耐火構造に指定し(個別指定),それ以降,平成16年に至るまで,その指定を削除しなかったこと,③一審被告国が昭和44年に多数の石綿含有建材を使用した構造を耐火構造に指定し(通則的指定,個別指定),多数の石綿含有建材を不燃材料,準不燃材料及び難燃材料として認定し(個別認定),それ以降,平成16年に至るまで,その指定・認定を削除しなかったこと,④一審被告国が平成5年に石綿スレートを張るなどした構造を準耐火構造として指定
し(一般的指定,個別指定),それ以降,平成16年に至るまで,その指定を削除しなかったこと,⑤一審被告国が平成12年に石綿スレート等を用いた構造を耐火構造,準耐火構造及び防火構造として指定し(一般的指定),石綿スレートを不燃材料,準不燃材料及び難燃材料として指定し(個別指定),それ以降,平成16年に至るまで,その指定を削除しなかったこと,⑥一審被告国が上記①ないし⑤の指定・認定をするのであれば,

石綿含有建材の切断等作

業従事者が石綿含有建材の危険性を具体的に認識できる警告表示
を付すること,

石綿含有建材の切断等作業に防じんマスクの着用

及び集じん機付き電動工具の使用を義務付けること及び

建築現

場の事業主に定期的粉じん濃度測定及び評価を義務付けることを
条件とすべきであるのに,そのような条件を付さなかったことである。
(一審被告国の主張)
建基法2条7号ないし9号の保護対象
建基法2条7号ないし9号の保護対象は,あくまで建築された建築物に居住する住民やその周辺住民らであり,建築作業従事者は含まれない。すなわち,建基法の性格(建築物の敷地,構造,設備及び用途に関する最低限の基準を定めたもの)防火に関する規定の趣旨,

目的,
建基法2条7号ないし9号が定める各構造等の意味内容からすると,建基法2条7号ないし9号の趣旨,目的は,建築物の構造の耐火性能や建材の不燃性能に関する最低基準を定め,建築の際にこれを遵守させることにより,建築された建築物の火災発生の際の延焼や倒壊を防止し,火災から国民の生命,健康及び財産の保護を図ることにあり,これらの規定が,建築物の建築・解体工事に従事する建築作業従事者が工事に従事する際の健康等の保護についてまでもその目的としているとは解されない。建基法2条7号ないし9号は,建築作業従事者の生命健康に関しては何ら言及していないところ,このことは,建基法が,建築作業従事者の生命健康の保護は労働関係法令等により保護されることを前提として,建基法はあくまで建築された建築物に居住する住民やその周辺住民らを保護対象とすることを目的としていることの表れというべきである。
国賠法上の保護範囲
一人親方等について主張したところと同様である。
当審における建基法2条7号ないし9号に基づく指定・認定等の違法性(違法時期と違法内容)の再整理

前記のとおり,一審原告らが主張する昭和62年,平成3年及び平成7年の各時点において,一審被告国に製造等禁止に係る規制権限不行使の違法性は認められない。また,前記のとおり,建基法2条7号ないし9号の保護対象及び国賠法上の保護範囲に建築作業従事者は含まれない。そして,建基法2条7号ないし9号に基づいて一審被告国(内閣及び建設大臣)に付与された権限は,建築物の構造が耐火性能等を有しているか否か,建築材料が不燃性を有するか否か等の性能評価に関する権限であって,一審原告らが主張するような規制権限(石綿含有建材を使用した構造を耐火構造等に含めないこと,石綿含有建材を不燃材料等に含めないこと等)ではなく,そのような規制を行うことは,建基法2条7号ないし9号や建基令による委任の範囲を明らかに逸脱する違法な措置であって許されないから,一審被告国にそのような規制権限を行使すべき義務が生じる余地はない。したがって,いずれにせよ一審原告らの主張は失当である。
建基法2条9号に係る立法行為又は立法不作為の違法性

上記の点に関する当事者の主張は,次のイのとおり当事者の当審補充主張を加えるほか,
2行目から90頁2行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。


当事者の当審補充主張
(一審原告らの主張)
立法行為又は立法不作為の違法性
a
立法の不作為が国民に憲法上保障されている権利を違法に侵害することが明白な場合や,国民に憲法上保障されている権利行使の機会を確保するために所要の立法措置をとることが必要不可欠であり,それが明白であるにもかかわらず,国会が正当な理由なく長期にわたって
これを怠る場合などには,国賠法上違法と解される(最高裁平成17年9月14日大法廷判決(民集59巻7号2087頁。在外投票制度事件)。

b
建基法2条9号の定める不燃材料から石綿板及び石綿スレートを削除し,石綿含有建材の使用禁止のための立法措置をとるべき立法不作為
昭和25年に建基法が制定された際,同法2条9号の定める不燃材料の一つとして石綿板が規定され,昭和45年に建基法が改正さ
れた際,同号の定める不燃材料の一つとして石綿スレートが例示
規定された。不燃材料としての石綿スレートの例示規定は,平成
10年に建基法が改正された際,同法2条9号の定める不燃材料の規定方法を一部例示列挙する形からすべて性能規定として定義するよう改正されるまでの間,規定され続けた。しかし,一審被告国は,昭和53年,昭和62年,遅くとも平成7年の各時点で,石綿含有建材の使用を禁止すべきであったから,建基法2条9号の石綿スレート
の規定を削除し,石綿含有建材の使用を禁止するための建基法改正をすべきであった。ところが,一審被告国は,そのような立法措置を怠ったところ,これは国賠法上違法である。

c
石綿含有建材の使用禁止のための立法措置をとるべき立法不作為
平成14年に建基法が改正された際,同法28条の2が創設され,ホルムアルデヒド等の化学物質を含む建材の使用が禁止ないし制限されることとなった。これは,建基法が国民の生命,健康及び財産の保護を図り,もつて公共の福祉の増進に資することを目的としていること(同法1条)から創設された規定である。他方,前記のとおり,一審被告国は,遅くとも平成7年の時点で,石綿含有建材の使用を禁止すべきであったから,平成14年の建基法改正の際,石綿含有建材につ
いても使用を禁止すべきであった。ところが,一審被告国は,そのような立法措置を怠ったところ,これは国賠法上違法である。
一審被告国による時機に後れた攻撃方法却下の申立てに対する反論上記

b及びcの主張は,もともと一審原告らが特定の時点をとらえ

て立法行為又は立法不作為の違法性を主張していたわけではないことから,改めて新しい主張をしたものではなく,新たな攻撃方法には当たらない。したがって,一審被告国による時機に後れた攻撃方法却下の申立ては失当である。
(一審被告国の主張)
時機に後れた攻撃方法却下の申立て
一審原告らが,①2016年(平成28年)4月8日付け控訴審準備書面(国-1)で,建基法で規制される建築物に対して,石綿含有建材を端的に使用禁止にするという立法措置を行わなかった立法不作為に関する主張を追加するとしていたが,その後,その主張を追加しなかったこと,②平成29年7月27日の控訴審第4回口頭弁論期日後の第4回進行協議期日において,一審被告国との関係では,石綿含有建材の製造等禁止に関する補充を除き,基本的な主張・立証は終えているとの認識であり,口頭弁論終結に向けては,最終的な主張整理の準備書面を提出することを予定しているなどと述べ,裁判所から平成30年2月9日の第6回口頭弁論期日で弁論を終結するとの進行予定を示されても,これに特に反対の意向を表明せず,主張を追加する予定があるとの意見も述べなかったこと,③平成29年10月19日の第5回口頭弁論期日後の第5回進行協議期日において,一審被告国との関係では,同年11月末日までに一審原告ら各論に関する主張・立証を補充し,その追加主張を同日までに行うと明言したこと,④平成29年12月25日に上記の主張・立証を補充したが,予定された第6回口頭弁論期日(平成30年2
月9日)の2週間前に至り,2018年1月25日付け控訴審準備書面(国15)対国・最終準備書面その3において,初めて上記(一審原告らの主張)

b及びcの主張をしたという経緯からすれば,同主張は,

故意又は重大な過失により時機に後れて提出した攻撃方法というべきであり,同主張の追加が認められることになれば,一審被告国としては,昭和62年から平成14年までの国会における建基法に関する審議資料等を調査し,違法と主張される立法不作為について,国会議員の職務上の法的義務違反の有無について具体的な反論・反証を検討する必要があり,その準備には更に数か月を要する見込みであることから,訴訟の完結を遅延させることになるので,民訴法157条1項に基づき,同主張の却下を求める。
一審原告らの当審補充主張に対する認否
一審原告らの当審補充主張は否認ないし争う。
建基法90条2項に基づく規制権限不行使の違法性

上記の点に関する当事者の主張は,次のイのとおり補正し,後記ウのとおり,
当事者の当審補充主張を加えるほか,
原判決別冊1
(当事者の主張)

であるから,これを引用する。

原判決の補正
原判決別冊1(当事者の主張)91頁3行目から8行目までを以下のと
おり改める。
一審被告国は,建築現場において石綿粉じん曝露による危害発生の可能性が高く,建設事業者に対し危害防止措置を義務付ける必要性が高いという一定の状況の下では,建基法90条2項に基づき,石綿粉じん曝露による危害防止のための技術的基準を定める義務を負っていたというべきである。そして,遅くとも昭和30年には石綿粉じん曝露と肺がん発症との疫学的因果関係が明らかとなっていたこと,遅くとも昭和40年には少量の石綿粉じん曝露によっても中皮腫に罹患する危険性が明らかになっていたこと,昭和47年にはILOが石綿を職業がんの危険性がある物質と指定し,IARC報告で石綿粉じん曝露と肺がんや中皮腫発症との関連性が明確に指摘されたことからすれば,一審被告国には,建基法90条2項に基づき,以下の内容の技術的基準を設けて規制すべき義務があった。a石綿粉じん作業場であることの明示義務付け一審被告国は,遅くとも昭和35年までに,事業者に対し,周辺住民,通行人及び工事関係人が見やすい箇所に,当該建築現場が石綿粉じん作業現場であることを明示するよう義務付けるべきであった。表示すべき内容は,①当該建築現場において石綿粉じん作業が行われること,②石綿粉じんの発散作業が行われる時間,③石綿粉じんの発散作業場所についてとる密閉措置の内容,④発散場所へ入場する作業員に対する保護具(防じんマスク)の着用である。b石綿粉じん発散場所の密閉措置の義務付け一審被告国は,遅くとも昭和35年までに,事業者に対し,仮囲い等によって建築現場外に建築作業による「危害が及ばないよう定めた建基令136条の2の20と同様,建築現場外に石綿粉じんが飛散しないよう石綿粉じん発散作業場を密閉し,その中で発散作業をするよう義務付けるべきであった。とられるべき密閉措置は,石綿粉じんの発散を伴う作業を行う場所を他の場所と隔離し,隔離した作業場を負圧に保ち,発散した粉じんが周囲へ飛散しないよう粉じんを密閉し内部に閉じ込めることである。
c
集じん装置及び局所排気装置の設置義務付け
石綿粉じん発散場所である建築現場において上記密閉措置がとら

れれば,その内部は高濃度の石綿粉じんで汚染されることになり,その高濃度の石綿粉じんで汚染された箇所を清浄化しなければその場所での作業を進めることはできない。そこで,一審被告国は,遅くとも昭和35年までに,事業者に対し,密閉措置がとられた作業場所で石綿粉じんを集める集じん装置を設置することを義務付けるべきであった。そして,密閉しても内部で作業をするためには,空気を環流する必要があるから,石綿粉じんに高濃度に汚染された空気を外部に排出しなければならず,その際に,汚染された空気から石綿粉じんを除去するためにHEPAフィルタをつけた局所排気装置を設置することを義務付けるべきであった。
d
防じんマスクの着用等義務付け
建築現場において,石綿含有建材の切断,穿孔,加工といった石

綿粉じんの発散作業が不可避であり,密閉措置がとられるならば,高濃度の石綿粉じんに曝露する建築作業従事者が,発散した石綿粉じんを吸引することがないよう防じんマスクの着用を義務付けた上で作業に従事させることが必要である。そこで,一審被告国は,遅くとも昭和35年までに,事業者に対し,石綿粉じん発散場所として密閉措置がとられた作業場所へ立ち入る者に,防じんマスクの着用を義務付け,着用しない者について立ち入りを禁止する措置をとるよう義務付けるべきであった。
e
石綿吹付作業の全面禁止義務付け
石綿吹付け作業は,建築作業従事者はもちろん,周辺住民も石綿

粉じんに高濃度で曝露する可能性が最も高い作業の一つである。そこで,一審被告国は,遅くとも昭和45年12月15日時点,昭和48年時点あるいは昭和50年時点で,事業者に対し,石綿吹付作業の全面禁止措置を義務付けるべきであった。


不行使の不合理性
一審被告国は,上記イ

の各義務を怠った。かかる一審被告国の規制

権限不行使は著しく不合理であり,国賠法1条1項の適用上違法である。」

当事者の当審補充主張
(一審原告らの主張)
建基法90条の保護対象等
建基法90条は,建築作業に伴う物理的な作用によって発生する危険を防止することのみを目的とするものではなく,石綿粉じん曝露による健康障害も,同条項の危害に含まれ,このような危害を防止する目的も有するものというべきである。
すなわち,建基法90条の2及び90条の3では,危害の対象について,
安全上,防火上又は避難上等の制限が付されているのに対し,同
法90条1項では,文言上,
地盤の崩落,建築物又は工事用の工作物の倒壊等として,危害の対象が限定されておらず,等が付されている
から,同項の危害には衛生上,環境上の支障である有害も含ま
れると解される。そして,工事の施工について建基法90条違反があった場合には,特定行政庁が是正措置を命じ,代執行による強制措置をとることができる強い権限が定められているところ,その趣旨は,建築工事に伴う従業員等の関係人及び周囲の第三者に対する危害の防止を図ることにあるから,生命・身体に危険をもたらす危害を広く柔軟に解釈して安全確保の実質を図ることが建基法90条の趣旨に合致するというべきである。さらに,建基法90条2項に基づいて政令で定められた技術的基準の一つである建基令136条の8は,不燃材料による囲いを設ける等防火上必要な措置を講じなければならないと規定し,
火気
の使用によって生じる事故を防止するための技術的基準として規定して
いることからも,建基法90条1項の危害が物理的な損壊等に限られるものではないことは明らかである。
国賠法上の保護範囲
一人親方等及び建基法2条7号ないし9号に基づく規制権限不行使の違法性について主張したところと同様である。
(一審被告国の主張)
建基法90条の保護対象等
建基法90条による防止措置の対象とされる危害には,建築作業
従事者の工事現場における作業時の石綿粉じんへの長期・継続的な曝露による健康障害は含まれない。すなわち,建基法90条1項は,その文言から明らかなとおり,防止措置の対象とされる危害として,地盤の崩壊や建築物等の倒壊等,工事に伴う物理的な損壊等による危害を前提としている。このことは,同条が建築物又は敷地それ自体の在り方を規制する単体規定及び集団規定を補充する規定として第6章雑則の中に規定されていることや,同条2項の委任に基づいて制定された建基令第7章の8(工事現場の危害の防止)の各規定がいずれも工事に伴う物理的な損壊等による危害に関する防止措置を定めたものであることに照らしても明らかである。
そして,上記のとおり,同条2項の委任に基づいて制定された建基令第7章の8(工事現場の危害の防止)の各規定は,いずれも工事に伴う物理的な損壊等による危害に関する防止措置を定めたものであり,建築作業従事者の工事現場における作業時の石綿粉じんへの長期・継続的な曝露による健康被害についてまで想定したものではないから,建築作業従事者の工事現場における作業時の石綿粉じんへの長期・継続的な曝露による健康被害を防止するために,一審被告国において,一審原告らが主張するような規制内容の政令を制定することは,建基法90条2項の
委任の範囲を超えるものであって許されない。
国賠法上の保護範囲
一人親方等及び建基法2条7号ないし9号に基づく規制権限不行使の違法性について主張したところと同様である。
3
一審被告国の規制権限不行使の違法性と一審原告らの損害との因果関係(一審原告らの主張)
一審被告国の規制権限不行使により,被災者らが石綿関連疾患を発症し,その結果,一審原告らが後記のとおり主張する損害が発生したから,一審被告国の規制権限不行使と一審原告らの損害との間には相当因果関係がある。一審被告国は,一審被告国の責任期間以外の期間における被災者らの石綿粉じん曝露量を考慮すれば,一審被告国の規制権限不行使と被災者らの石綿関連疾患発症との因果関係は不明であると主張する。
しかし,一審被告国は,
一審被告国が規制権限を行使していたとしても被災者らが石綿関連疾患を発症した可能性がある根拠を何ら明らかにしていない。むしろ,石綿肺,肺がん及び中皮腫の発症が石綿粉じん曝露量と量-反応関係にあり,びまん性胸膜肥厚についても,曝露期間が長くなるにつれて発症の可能性が高くなる一方,石綿粉じん曝露期間や曝露量に比例して発症時期が早まり,症状が重篤化するという知見がなく,石綿肺や肺がんの発症には10年,中皮腫の発症には1年,びまん性胸膜肥厚の発症には3年の職業曝露があればそれだけで症状を発現する危険性があることから,①一審被告国の責任期間が各石綿関連疾患の職業曝露期間以上である場合には,その責任期間内の曝露のみによっても石綿関連疾患を発症させるに足る危険性があること,②一審被告国の責任期間が職業曝露期間に満たない場合には,その責任期間内の曝露のみで発症の危険があったとはいえないが,責任期間内の曝露と責任期間外の曝露が相俟って発症させたことは否定できないことからすると,これらの場合に一審被告国の規制権限不行使と石綿関連疾患発症との間に相当因果
関係があるというべきである。
一審被告国は,昭和40年代以前の方が高濃度の石綿粉じんに曝露する機会があった可能性が高いから,一審被告国の規制権限不行使と被災者らの石綿関連疾患発症との間に因果関係はないと主張する。しかし,吹付石綿やクロシドライトによる健康障害の危険性は,昭和40年代における吹付作業だけの問題ではなく,それ以降の改修工事や解体工事の際の石綿粉じん曝露や,多様な石綿含有建材の販売や電動工具の普及による高濃度の石綿粉じん曝露の機会増大等により,昭和50年代以降も減少していない。そして,一審被告国が行ってきた石綿粉じん曝露防止対策は実効性がなかったから,昭和40年代よりも昭和50年代以降の方が建築作業従事者が建築現場で石綿粉じんに曝露する危険性が少なかったとはいえない。
(一審被告国の主張)
一審被告国の責任期間以外の期間における被災者らの石綿粉じん曝露量を考慮すれば,一審被告国の規制権限不行使と被災者らの石綿関連疾患発症との因果関係は不明といわざるを得ない。
すなわち,被災者らのほとんどは,
原判決が認定した一審被告国の責任期間外に建築現場で石綿粉じんに曝露していた上,その曝露量が一審被告国の責任期間中の曝露量よりも多かった可能性が極めて高い者もいるから,仮に,一審被告国が原判決の認めた責任期間中に規制権限を行使していたとしても,被災者らが石綿関連疾患を発症していた可能性が十分に存在する。ところが,原判決は,一審被告国の責任期間外の石綿粉じん曝露期間が各石綿関連疾患の発症に必要な職業曝露期間以上に存在した場合でも,これに比して一審被告国の責任期間が極端に短い場合に因果関係を否定するにとどめており(原判決本冊260頁),その理由は不合理といわざるを得ない。
また,仮に,原判決が一審被告国の規制権限不行使の違法性を認めた昭和47年10月1日や昭和49年1月1日以降,被災者らが石綿粉じんに曝露
したことが認められるとしても,昭和40年代以前の方が昭和50年代よりも高濃度の石綿粉じんに曝露する機会があった可能性が高いから(特に,昭和40年代の石綿吹付作業では,吹付材に石綿の中で最も毒性が強いとされるクロシドライトが使用されていたため,他の作業と比較して,健康障害の危険性が格段に高いものであった。),一審被告国の責任期間外の期間,特に昭和47年10月1日より前の石綿粉じん曝露があれば,一審被告国が同日以降に規制権限を行使していたとしても,被災者らが石綿関連疾患に罹患しなかったといえるかは大いに疑問である。
第4
1
一審被告企業らの責任に関する当事者の主張
一審被告企業らの故意・過失
上記の点に関する当事者の主張は,次の

のとおり補正し,後記

のとお

り,当事者の当審補充主張を加えるほか,原判決別冊1(当事者の主張)の第2の1(同91頁24行目から104頁12行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する(ただし,一審原告らの一審被告企業らに対する原審主位的請求に関する部分を除く。)。
原判決の補正
原判決別冊1(当事者の主張)92頁22行目から末行までを以下のとおり改める。
イ石綿関連疾患発症を回避するために求められる義務(警告義務)石綿粉じん曝露量と石綿肺及び肺がん発症との間には,累積曝露量が増えれば発症リスクが上がるという「量-反応関係があり,中皮腫の大半は石綿粉じん曝露によるもので,
石綿粉じんの少量曝露によっても発症し,
びまん性胸膜肥厚の中には石綿粉じん曝露と無関係なものも少なくなく,石綿粉じん曝露量とびまん性胸膜肥厚発症との関係は明確にされているとはいえないが,一般に,石綿粉じんに長期間曝露した者,最初の曝露から長年経た者の有所見率は高いとされている。これらの石綿関連疾患への罹
患を防止するためには,建築現場における集じん機の使用,十分な散水若しくは清掃又は防じんマスクの着用等の十分な防じん対策が必要である。」
当事者の当審補充主張
(一審原告らの主張)

一審被告企業らの予見可能性
石綿関連疾患に関する医学的知見の確立
警告表示義務は,被害が発生しないように警告することに意味があるから,その前提として医学的知見の確立を求めることは不当である。したがって,一審被告企業らの予見可能性の程度としては,建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する抽象的危険性に係る認識可能性があれば足りると解すべきである。
なお,仮に,一審被告国との関係では,規制権限行使の前提として,医学的知見の確立が必要であると解されるとしても,一審被告企業らとの関係では,予見可能性の前提として,石綿関連疾患の発症に関する抽象的な危険性があれば足り,
医学的知見の確立は不要と解すべきである。
また,仮に,一審被告企業らの予見可能性の前提として,医学的知見の確立が必要であるとしても,石綿粉じんがいずれかの石綿関連疾患を発症させる危険性があることについて予見可能性があれば足り,石綿関連疾患ごとに予見可能性を検討する必要はなく,遅くとも昭和33年の時点で,また,石綿工場と建築現場を別異に解するとしても,どんなに遅くともじん肺法が制定された昭和35年の時点で,一審被告企業らにすべての石綿関連疾患に係る予見可能性が認められるべきである。予見可能性の基準時期
原判決は,一審被告企業らには,石綿含有吹付材の販売行為について吹付工との関係では昭和46年中に,建設屋内での石綿粉じん作業において使用される石綿含有建材の販売行為については昭和48年中に,屋
外での石綿切断等作業において使用される石綿含有建材の販売行為については平成13年中に,それぞれ建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性について予見可能性があったと判断している。しかし,以下の事情からすれば,一審被告企業らには,建築作業の態様を問わず,①昭和22年,②昭和30年,③昭和33年,④昭和35年,⑤昭和40年ないし昭和41年,⑥昭和46年の各時点において,建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に係る予見可能性が認められるべきである(当審で基準時点を追加した。)。
a
昭和22年
石綿粉じんによって健康障害が発生するとの報告は戦前からあった。
一審被告国は,昭和22年に旧労基法及び旧安衛則を制定した。
b
昭和30年
昭和30年にドール報告が発表され,石綿粉じん曝露と肺がんとの
関係が明らかとなった。
c
昭和33年
一審被告国は,
昭和31年に
特殊健康診断指導指針について
を,

昭和33年に
職業病予防のための労働環境の改善等の促進について
及び労働環境における職業病予防に関する技術指針をそれぞれ発
出した。
d
昭和35年
昭和30年に制定されたけい特法におけるふきつけはいわゆる

サンドブラストを指していたが,昭和31年に発出された石綿粉じん作業を対象とした
特殊健康診断指導指針について
では,
ふきつけ
の文言が削除された。しかし,一審被告国は,昭和35年にじん肺法を制定したところ,同法では,
ふきつけの文言が復活した。
e
昭和40年ないし昭和41年

昭和39年にニューヨーク科学アカデミー主催のアスベストの生物学的影響に関する会議が開催され,その報告書により,石綿粉じん曝露により中皮腫が発症することが明らかとなった。
f
昭和46年
一審被告国は,昭和37年に労働衛生保護具検定規則の一部を改正する省令の施行並びに防じんマスクの規格及び防毒マスクの規格の適用についてを,昭和43年にじん肺法に規定する粉じん作業に係る労働安全衛生則第173条の適用についてを,
昭和46年に
石綿取扱い事業場の環境改善等についてをそれぞれ発出し,昭和46年に旧特化則を制定した。
屋外作業についての予見可能性
a
一般論
前記のとおり,建築作業従事者の石綿関連疾患発症に係る予見可能
性が認められるためには,医学的知見の確立は不要であり,抽象的な危険性に対する認識で足りるから,石綿切断等作業である以上,その作業現場が建設屋内であるか屋外であるかを問わず抽象的な危険性があることは明らかである。
また,
上記のとおり,
法令等による規制は,
一審被告企業らの予見可能性を認める上で重要な要素となるところ,昭和22年に制定された旧労基法,昭和31年に発出された特殊健康診断指導指針について,昭和35年に制定されたじん肺法では,建
設屋内と屋外による区別はされていない。そして,原判決は,建設屋内での石綿粉じん作業において使用される石綿含有建材の販売行為については昭和48年中に予見可能性があったと判断したところ,同年の時点において,屋外での石綿切断等作業であれば安全であるという合理的な指標は存在しなかった。これらの事情からすれば,建設屋内と屋外での石綿切断等作業については,同じ時期に一審被告企業らに
予見可能性が認められるべきである。
b
屋根作業
前記のとおり,建築作業従事者の石綿関連疾患発症に係る予見可能
性が認められるためには,
抽象的な危険性に対する認識で足りるから,
屋外作業において抑制濃度や許容濃度を上回る測定結果が数は少なくとも存在した以上,その時点で一審被告企業らに予見可能性が認められるべきである。また,この点を措くとしても,一審被告国の予見可能性に関して主張したとおり,そもそも屋根作業は,屋外作業ではなく,建設屋内作業というべきである。

一審被告企業らの警告表示義務違反
改修工事や建替工事における解体作業と警告表示義務違反
製品の製造・販売企業は,当該製品の新品としての使用者に対してだけでなく,後続作業者(二次加工者)
,中古品としての使用者や廃棄物の
使用者らに対しても,かかる使用が想定される場合(製造物責任法でいう通常予見される使用形態
(同法2条2項)に含まれる場合)には,
当該使用者との関係でも警告表示義務を負い,それを懈怠した場合には不法行為責任を負うというべきである。このような理論は,製造物責任法下でのみならず,同法制定以前の一般不法行為法下でも等しく妥当するというべきである。
したがって,石綿含有建材についても,後続作業(二次加工)や解体作業が想定される場合には,石綿含有建材の製造・販売業者は,当該作業者との関係で,警告表示を行う義務がある。これを吹付材についていえば,建築作業の工程上,吹付作業の後に配管工事や電気工事が行われることは周知の事実であり,その際に吹付材を削る等の作業が行われることも自明の事柄であるから,吹付材について後続作業(二次加工)が行われることは当然に想定される使用方法である。また,解体作業につ
いても,建物がいつかは解体されるものである以上,その際には吹付材が解体され,それによって石綿粉じんが飛散するであろうことも当然に想定されるから,新規の使用時に,改修工事及び解体工事も念頭においた警告表示が必要である。なお,石綿含有建材の新規使用時の警告表示として,新規使用した後における危険性の継続も念頭において,危険性の継続的な表示を行うこと自体は可能であり,吹付材については,施工後の措置として指定マークを付すことが業界指針となっているように,施工後を想定して警告表示を行うことは可能であり,現に行われていることである。
石綿含有建材施工後の警告表示義務違反
石綿含有建材の製造・販売企業は,仮に,製造・販売時に二次加工や解体作業によって建築作業従事者が石綿粉じんに曝露することを想定していなかったとしても,製造・販売後の事情によって,一定の措置をとることが義務付けられる場合があると解され,石綿含有建材の製造・販売企業は,製造・販売後の事情により,当該建材の危険性の公表,指示・警告,販売停止,回収等の措置を講じることが義務付けられる場合があるというべきである。そして,その判断に当たっては,石綿粉じんの有する致死的な危険性,進行性・不可逆性という被害の重大性,建築作業従事者が石綿含有の事実やその危険性を知らなかったこと等が考慮されるべきであり,これらの考慮要素を前提とすれば,吹付材の製造・販売企業は,昭和50年改正特化則により石綿吹付作業が原則として禁止された昭和50年の時点で,また,遅くとも平成7年改正安衛令によりクロシドライト及びアモサイトの製造等が禁止され,前記のとおり一審被告国においてクリソタイルも含めたすべての石綿の製造等禁止の措置をとるべき義務があったと解すべき平成7年の時点において,
危険性公表・
警告義務等を負っていたというべきである。

ところが,吹付材の製造・販売企業である一審被告企業らは,昭和50年の時点においてはもちろん,平成7年の時点においても,上記のような危険性公表・警告義務を果たしておらず,同義務を懈怠していたことは明らかである。

一審被告企業らの石綿不使用義務違反
石綿不使用義務の存在(原判決の不当性)
a
製品の製造・販売者は,当該製品について安全性を確保すべき注意
義務を負っており,侵害される法益の重大性に鑑み,最高,最新の学問・技術水準に基づいて当該製品から発生する危険を予見し,被害発生を防止するために高度の注意義務を負っているところ,被害発生を防止するために必要かつ相当な対策を検討するに当たっては,当該措置による製品の製造・販売者への影響を考慮すべきではない。建材の製造・販売企業は,石綿が使用不能となるのであれば,それに応じた製品の研究・開発を行い,それを前提とした経営戦略を立てるはずであり,この意味で石綿含有建材の製造・販売業者への制約は考慮に値しない。むしろ,石綿含有建材の製造・販売企業において,石綿がもはや使用できないと認識し,あるいは認識できた時点で,代替製品の研究・開発が進み,一層発展して普及していくことになる。
また,石綿が極めて危険であるとの医学情報は十分に集積していたから,代替製品が安全かどうか確認されていないという事情は,かかる危険な石綿の使用を継続してよい理由とはなり得ない。危険な物質があるのであれば単にその使用を中止すれば足り,代替製品のことまで考慮すべきではない。なお,仮に,代替製品の安全性等を一つの考慮要素とするとしても,石綿は決して建材に必要不可欠な材料ではなく,石綿含有建材が登場する前から,耐火性・防火性を有する建材は存在しており,石綿含有建材が製造・販売されるようになった時期以
降も,金属やガラス繊維等を材料とする不燃材を含め,市場には常にノンアス建材が存在しており,昭和62年には,多くのノンアス建材が製造・販売されて公共建物のノンアスが進み,平成3年には,全種類の石綿含有建材がノンアス化されて相当程度普及していたから,代替製品の安全性等を過大視することは相当でない。
b
石綿含有建材への適切な警告表示や防じんマスクの着用義務付け,
集じん機付電動工具の使用義務付け等により,建築作業従事者の石綿粉じん曝露は大きく低減させることができ,その意味でこれらの規制は必要不可欠であるが,これらの規制によって石綿粉じん曝露を完全に防止できるわけではない。むしろ,一審被告国が講じてきた種々の規制措置にはいずれも実効性がなく,建築現場における石綿の厳格な管理使用は著しく困難ないし不可能であった。また,石綿の規制に関する国際動向や,
昭和61年に採択された石綿条約,
昭和62年に発行さ
れた石綿・ゼオライトのすべて,平成元年にWHOが発表した石綿の職業的曝露限界等からすれば,石綿の管理使用が不可能であることを前提として,
石綿の全面使用禁止へと進んでいったというのが実態という
べきである。
石綿不使用義務違反の基準時期
a
昭和40年,昭和46年,昭和50年及び昭和53年(原審からの
主張)
一審被告企業らは,石綿による発がん性が明らかとなった昭和40年時点で,旧特化則が制定された昭和46年時点で,肺がん,中皮腫に関する医学的情報が集積して,昭和50年改正特化則で石綿の代替化努力義務が定められた昭和50年時点で,肺がん及び中皮腫が労災補償の対象に明記された昭和53年時点で,それぞれ石綿不使用義務を負っていた。

b
昭和62年,平成3年及び平成7年(当審追加主張)
石綿含有建材の製造等禁止に係る一審被告国の規制権限不行使の違
法性に関して主張したとおり,昭和62年,平成3年及び平成7年の各時点において,
石綿含有建材の製造は禁止されるべきであったから,
一審被告企業らは,上記各時点で,石綿不使用義務を負っていたというべきである。
(一審被告企業らの共通主張)

判断枠組み
建築作業従事者は,建材を取り扱う専門家であり,施主等からの依頼を
受けて,用途等に合わせて建材を選定し,専門的知識をもって建材を取り扱うから,一般消費者とは全く異なる地位にある。特に,本件の被災者らは,全京都建築労働組合(以下京建労という。
)又はその上部団体であ
る全国建築労働組合総連合(全建総連)等を通じて,建材への石綿の含有の有無やその危険性等について独自に調査し,対策を講じる能力,手段を有していたといえる。他方,建材の製造・販売企業は,建築現場における粉じん対策や労務管理等に関与できる立場にはない。

一審被告企業らの予見可能性
石綿関連疾患に関する医学的知見の確立
同じく石綿繊維といっても,クロシドライト及びアモサイトとクリソタイルでは,中皮腫を含めた発がん性に大きな違いがあり,中皮腫の発症性については,クロシドライトが最も強く,クリソタイルに比較して500倍の発症性を有し,アモサイトも,クリソタイルに比較して100倍の発症性を有することが医学的知見として確立している。
また,旧特化則では,石綿の抑制濃度が2㎎/㎥(33本/㎤)と定められたから,昭和46年の時点で,これを下回る濃度環境下でのクリソタイルの発がん性に係る医学的知見は確立していなかったというべき
であるし,IARC報告によっても,昭和47年の時点でクリソタイルの少量曝露による中皮腫発症に関する医学的知見は確立していなかったというべきである。さらに,その後に発表された論文や研究報告等,例えば,WHOが平成元年に発表した石綿の職業的曝露限界と題する報告,ワグナーが平成元年に提唱したアンフィボール仮説,ワグナーがIARC報告を平成2年の医学的知見によってアップデートした論文,ドナルドソンの平成22年の論文,
中村栄三ほかの平成22年の論文
アスベスト小体と悪性胸膜中皮腫,厚生労働省の下に設置された石綿による疾病の認定基準に関する検討会が平成24年2月に公表した
報告書等からすると,クリソタイルについては,特に少量曝露による中皮腫を含めた発がん性に関する医学的知見は現在も確立されていないというべきである。
他社製品による石綿粉じん曝露と一審被告企業らの認識
個々の一審被告企業らが自己の建材を製造・販売するに当たってどのような注意義務を負うかは,
当該一審被告企業がどのような建材を製造・
販売しているかによって左右される個別の問題であり,
自ら知見がなく,
コントロールもできない他社製品による石綿粉じん曝露も含めて予見可能性を判断するのは不当である。
建築作業中の石綿粉じん曝露に関する一審被告企業らの認識
a
原判決において建築作業従事者が建築作業中に石綿粉じんに曝露し
ていたことを一審被告企業らが認識していたことの根拠とする,労働省が昭和46年に行った石綿含有率50%の吹付材の吹付作業中における石綿粉じん濃度測定結果は,(測定箇所)15か所平均」と記載されていることからすれば,単に15か所の測定結果の平均値を意味しており,時間荷重平均を意味しているものではないと解される。しかし,建築作業従事者は,建築現場において,石綿含有建材に限られない多種多様な建材につき,各種作業(切断作業,研磨作業,運搬作業,設置作業等)に従事しており,建築作業従事者が1日8時間もの間,常に石綿含有建材の切断作業のみを継続することを前提とした原判決は非現実的であり,測定結果に表れた許容濃度を超える石綿粉じんに一時的に曝露したとしても,直ちに石綿関連疾患発症の危険性に直面する状況ではないと考えられる。また,過剰発がん生涯リスクレベルが10-3になる評価値が,一審被告企業らの予見可能性を基礎付けるものとして的確なものであることは論証されていない。むしろ,0.15本/㎤という評価値は,かかる濃度のクリソタイル粉じんに1日8時間,週5日(週40時間),50年間曝露した場合に,平均寿命に到達するまでに石綿に起因する肺がん又は中皮腫で死亡する者が1000人に1人の割合で生じる可能性が高まるという意味にとどまり,ある建築作業従事者の石綿粉じん曝露濃度が短時間あるいは瞬間的に上記数値を超えることがあれば,当該建築作業従事者が肺がん又は中皮腫に罹患する,あるいはその可能性が有為に高まるといった数値ではなく,むしろ著しく低い可能性を意味するにとどまる。そして,原判決が平成14年以降の予見可能性の根拠とした石綿粉じん濃度の測定結果は,1件を除き,昭和59年から昭和63年にかけて測定されたものであり,昭和63年当時の石綿含有建材から発生する石綿粉じん濃度と約15年後の石綿含有建材から発生する石綿粉じん濃度が同一であるという証拠はなく,むしろ,その間に石綿含有建材の石綿含有量は低減傾向にあったから,後者の石綿粉じん濃度が低くなることは明らかである。b一審被告企業らには,建築現場において,建築作業従事者が防じんマスクを着用していないことの予見可能性もなかった。すなわち,粉じん作業における防じんマスクの着用は,一審被告国の規制によって相当程度確保されており,一審被告企業らは,そのように認識・期待していたのであり,かかる期待は合理的なものであった。屋外作業についての予見可能性一審原告らは,屋根作業を含めて,屋内作業と屋外作業を区別する理由はないと主張する。しかし,特に,屋根作業は,屋根上という完全な開放空間で行われるから,仮に,ネットやシートが建物の軒先よりわずか60cm位上まで張られたとしても,空気の流れが遮断されるわけではなく,石綿粉じんが発生したとしても,速やかに希釈されるから,一審原告らの上記主張に理由はない。法令上限論等石綿含有建材の製造・販売は,いわば国策として,一審被告国が積極的に進めてきたものである。国内の一企業にすぎない一審被告企業らは,一審被告国がそのような政策をとる前提として,当然,一審被告国には石綿の性質に通ずる専門家がいて,最新の知見を収集しており,労働安全衛生法令やJIS規格等の一審被告国の規制により,石綿含有建材の安全性が認められているものと信じていたのであり,そのような正当な信頼の下で,上記規制に従って石綿含有建材を製造・販売してきたにすぎない。したがって,一審被告企業らは,自己の製造・販売する石綿含有建材が建築作業従事者の生命,身体を侵害する危険を内在し,当該建材からの石綿粉じん曝露が石綿関連疾患を発症させることを予見できたとはいえない。予見可能性の基準時期一審被告企業らが石綿含有建材を製造・販売していた当時,石綿は管理使用すれば安全であるとの見解が支配的であったから,仮に,一審被告企業らに予見可能性が認められるとしても,その時期は一審被告国の予見可能性が認められる時期よりも遅いというべきである。ウ一審被告企業らの警告表示義務違反警告表示の態様及び内容個々の建材については,寸法の小さなものや凹凸があって特殊な形状のものも存在するから,建材そのものに個別に原判決が求める内容の警告表示を行うことは,現実的に極めて困難であるといわざるを得ず,個々の建材すべてに原判決が指摘する内容の警告表示を行うことは,不可能を強いるものである。したがって,警告表示の態様として,「当該建材自体又はその最小単位の包装に限定することは相当ではなく,製品のパンフレット等に表示することも,必要かつ相当な警告表示であるといえる。しかも,前記のとおり,建築作業従事者は,建材を取り扱う専門家であり,建材に石綿が含有されているかどうかを分析する能力はないにせよ,一般消費者とは全く異なる地位にあるから,警告表示の内容としても,石綿が含有されている事実,大量の粉じんを吸引すると健康を損なうおそれがあることから必要に応じて防じんマスク着用等の粉じん対策をすべきこと等が表示されていれば,当該警告表示の内容は必要にして十分というべきである。
警告表示義務違反の基準時期
仮に,一審被告企業らに警告表示義務違反が認められるとしても,一審被告企業らに予見可能性が認められる時期は一審被告国の予見可能性が認められる時期よりも遅いというべきであるから,警告表示に係る一審被告国の規制権限不行使の違法性が認められる時期よりも,一審被告企業らに警告表示義務違反が認められる時期の方が遅いというべきである。


一審被告企業らの石綿不使用義務違反
ある化学物質について発がん性がある場合に,当該物質に関する製品を
製造禁止とするか,管理して使用するかといった規制の在り方は,有害性
の程度,有用性,代替可能性,経済性等の総合的な観点から形成された社会的合意により判断される。
この点,石綿含有吹付材については,社会的合意の成立時期をもって,製造等を禁止すべき知見の確立時期と考えるべきであるところ,ILOやWHOをはじめとする国際機関の検討状況,諸外国の規制の状況等からすれば,石綿含有吹付ロックウール及び湿式石綿含有吹付材の製造等を禁止する旨の社会的合意が形成されたのは,石綿含有建材の製造等が禁止されたのに合わせて,すべての吹付作業が禁止されることになった平成18年9月1日であり,その時点で石綿含有吹付材の製造等禁止に関する知見が確立したというべきである。
また,その他の石綿含有建材,特にクリソタイルについては,近年まで管理して使用するという立場が主流であり,我が国において,クリソタイルの製造等禁止に関する社会的合意が形成されたのは,その旨の規制がされた平成18年9月1日であり,その時点でその他の石綿含有建材,特にクリソタイルの製造等禁止に関する知見が確立したというべきである。(一審被告企業らの個別主張)

一審被告クボタ(番号7・ク)及び同ケイミュー(番号8・ケ)
予見可能性
a
石綿含有建材の到達に関する一審被告企業らの認識
前記のとおり,他社製品による石綿粉じん曝露も含めて予見可能性を判断するのは不当である。そして,一審被告ケイミューの㉝石綿含有住宅屋根用化粧スレートについては,建方工事や屋根下地工事が行われた後,外壁が取り付けられる前に,開放空間である屋根上で使用されるものであるから,他社製品による石綿粉じん曝露という実態は存在しない。
また,
一審被告ケイミューの⑮石綿含有スレートボード・
フレキシブル板及び㉟石綿含有窯業系サイディングについても,これ
らはいずれも外壁材として使用されるものであるところ,標準作業工程によれば,上記各建材施工時に同時に行われている可能性があるのは軒天工事及び内装工事のみである。そして,納まりや防水性確保等の観点から,軒天下地工事→外壁下地工事→軒天仕上工事の順で施工されるのが一般的であり,
軒天工事は完全な開放空間で行われるから,
軒天材から石綿粉じんが発生したとしても,速やかに大気中に希釈され,外壁材の施工時に建物の開口部はサッシ等により閉ざされているから,軒天工事や外壁工事に従事する者が,他社製品による石綿粉じんに曝露するという実態は存在しない。
b
建築作業中の石綿粉じん曝露に係る一審被告企業らの認識
前記のとおり,原判決が日本産業衛生学会の評価値をもって作業の危険性を判断する上で基準となる数値となり得ると判断したことは不当である。そして,慶応大学が昭和62年5月に屋外で測定した一審被告ケイミューの石綿含有建材施工時の個人曝露濃度は,許容濃度をはるかに下回り,石綿含有外壁材(0.098本/㎤)及び石綿含有屋根材(0.0017本/㎤)のいずれについても,過剰発がん生涯リスクレベル1/1000を下回るものであった(乙ケ4)
。なお,原
判決は,屋根材の複雑な切断には電動サンダーを使用することもあったこと等を根拠として,押し切りカッターを使用した上記測定結果を排斥しているが,一審被告ケイミューの石綿含有屋根材の切断等作業には押し切りカッターが使用される(甲A70,乙ケ4・24,68頁,乙ケ1024,1031,1032)
。したがって,原判決が依拠
する日本産業衛生学会の評価値に照らしても,一審被告ケイミューの石綿含有屋根材や外壁材には,建築作業従事者に石綿関連疾患を発症させる実質的な可能性はないというべきであり,仮に,石綿粉じんが他社製品と累積競合するという原判決の論理を前提とした場合であっ
ても,一審被告ケイミューの石綿含有屋根材や外壁材には,建築作業従事者に石綿関連疾患を発症させる実質的な寄与は存在しない。
警告表示義務違反
上記

のとおり,一審被告ケイミューに予見可能性は認められない。

また,一審被告ケイミューは,販売店・工事店等に対する文書の配布(遅くとも昭和53年以降)
,施工者に対する小冊子の配布(遅くとも昭和6
1年以降)
,施工説明書による警告(遅くとも昭59年以降)
,端面保護
材への警告表示(遅くとも昭和61年以降)を通じ,直接又は間接に,建築作業従事者に対し,必要かつ相当な警告表示を行ってきた。したがって,一審被告ケイミューに警告義務違反は認められない。

一審被告新日鉄住金化学(番号11・チ)
予見可能性
電工,配管工らの後続作業者がその職種の作業の前提として吹付済みの吹付材の剥がし作業を行い,これによって石綿粉じんに曝露したのかをみると,全京都建築労働組合(以下京建労という。
)が行ったアン
ケートでは,特に大工や電工について,吹付材の剥がし作業時の石綿粉じんの発生量は少ないという回答が多い。また,被災者Y(番号27)は,左官工であるところ,

吹付材を斫る作業で落ちてくる粉じんは微々たるもんであった。

と供述している。このように,電工,配管工らの後続作業者がその職種の作業の前提として吹付済みの吹付材の剥がし作業を行ったとしても,
これによって曝露した石綿粉じんは微量であるから,
石綿含有吹付材の剥がし作業について,一審被告新日鉄住金化学に予見可能性は認められない。
警告表示義務違反
上記

のとおり,一審被告新日鉄住金化学に予見可能性は認められな

い。

また,吹付材は,工場で製造され建築現場で切断等の加工がされて取り付けられる他の建材とは異なり,建築現場で鉄骨柱等に吹き付けて直接施工される建材であるため,耐火被覆材として国の指定を受けるに当たり,材料そのものの品質だけでなく,施工上の品質(施工技術)が伴うことが重要である。この点,平成12年6月11日の建基法改正(平成14年5月施行)
前においては,
業界団体であるロックウール工業会が,
建基令107条に基づき,ロックウール吹付材の材料及びその施工基準に係る標準仕様書を定め,同標準仕様書に基づき,施工されるロックウール吹付材について,建設大臣の認定(通則的指定)を受けていた。一審被告新日鉄住金化学は,ロックウール工業会の加盟会社として,上記標準仕様書に記載された材料で,上記標準仕様書に記載された施工基準により,ロックウール吹付材の施工を行っていた。そして,一審被告新日鉄住金化学は,上記標準仕様書の責任施工を果たすため,
認定特約店の制度を設け,研修を受けたロックウール吹付材の十分な施工能力を有する事業者のみを特約店に認定した上で,ロックウール吹付材の施工を認定特約店のみに行わせることとし,作業マニュアルを作成して,認定特約店の作業者に対し,養生囲い等,作業マニュアルの履行の徹底を求めていた。このため,一審被告新日鉄住金化学が製造するロックウール吹付材は,認定特約店の発注に基づいて認定特約店に納入され,これを吹付工が施工するという商流・物流となっていた。したがって,一審被告新日鉄住金化学が元請・元方事業者や認定特約店以外の事業者との間で発注や納入を行うことはなく,
ロックウール吹付材の包装を元請・
元方事業者や認定特約店以外の事業者,あるいは現場監督が目にする機会はほとんどなく,それらの者から建築作業従事者に警告表示が伝達されることもほぼ皆無であり,
警告表示による回避可能性は認められない。
また,上記のとおり,一審被告新日鉄住金化学は,自己が製造したロッ
クウール吹付材について,販売先の系列化を図り,施工の安全性を確保する態勢をとって,警告表示義務を尽くしていたということができる。したがって,一審被告新日鉄住金化学に警告表示義務違反は認められない。

一審被告積水化学工業(番号13・テ)
予見可能性
一審原告らが一審被告積水化学工業の責任建材であると主張する㉝石綿含有住宅屋根用化粧スレート(商品名・セキスイかわらU)の製造・販売期間は,昭和50年から平成2年までの間であるところ,その間に存在した石綿粉じん濃度の評価基準は,日本産業衛生学会が勧告する許容濃度(クロシドライトを除く石綿粉じんにつき,いずれも2本/㎤)であったから,一審被告積水化学工業の予見可能性については,上記許容濃度を基準に判断すべきである。しかるところ,昭和53年の石綿による健康障害に関する専門家会議検討結果報告書では,英国における石綿粉じん曝露濃度の測定結果等が紹介されているが,その測定結果に屋外における屋根材の石綿粉じん濃度に関するものは含まれておらず,屋外作業については特に触れられていない。
また,
平成19年発行の
建設作業者の石綿関連疾患-その爆発的なひろがり-には,海老原勇が昭和62年に行った外壁材の石綿粉じん濃度の測定結果が掲載されているが,外壁材と屋根材とでは,同じ屋外用建材であっても作業態様が異なるから,外壁材の石綿粉じん濃度の測定結果は,直ちに屋根材の石綿粉じん曝露の危険性に関する予見可能性の根拠とはならず,外壁材の測定結果においても,15分以下の短時間の測定の場合を除いては,上記許容濃度の基準を上回るような石綿粉じん濃度は測定されていない。そして,平成元年発表の論文(甲A430)に記載されている久永直見が行った石綿粉じん濃度の測定結果は,屋根葺き用石綿スレートによる屋
根葺きの場合,作業者鼻先の濃度であっても0.13本/㎤とされており,上記許容濃度の基準を大きく下回るものであった。さらに,一審被告積水化学工業がセキスイかわらUをノンアス化した平成2年以降においても,複数の石綿粉じん濃度の測定結果が発表されているが,これらが一審被告積水化学工業の予見可能性の根拠となり得ないことを措くとしても,例えば,c1の解体工事における石綿粉じん濃度測定結果(甲A1288)は,屋根用化粧スレートの切断作業等について,個人曝露濃度で0.14本/㎤,敷地境界濃度についてはND(定量下限を下回るため計測不能)であり,上記許容濃度を大きく下回るばかりか,日本産業衛生学会が平成13年に発表した評価値にすら達していない。したがって,一審被告積水化学工業に予見可能性は認められない。
警告表示義務違反
上記

のとおり,一審被告積水化学工業に予見可能性は認められない

から,警告表示義務違反も認められない。
石綿不使用義務違反
一審被告企業らの石綿不使用義務については,前記(一審被告企業らの共通主張)のエのとおりである。そして,仮に,一審被告企業らについて,石綿不使用義務違反が認められるとしても,上記

のとおり,一審

被告積水化学工業は,平成2年までにセキスイかわらUをノンアス化したから,一審被告積水化学工業に石綿不使用義務違反が認められる余地はない。

一審被告大建工業(番号14・ト)
(警告表示義務違反)
石綿含有建材の取付け後に加工作業を行う電工,配管工らの後続作業者が当該建材の警告表示を視認することはないから,警告表示による結果回避可能性はなく,後続作業者の関係では,一審被告大建工業に警告
表示義務違反は認められない。
㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種は,内装材のほか,軒天材としても使用される。軒天材は屋外で切断されるから,軒天材として使用される㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種については,一審被告大建工業に警告表示義務違反が認められるとしても,その発生時期は内装材のそれよりも相当遅いというべきである。

一審被告太平洋セメント(番号16・ニ)
予見可能性
a
一審被告太平洋セメントは,昭和46年に②石綿含有吹付ロックウール(スプレーコート)の製造・販売を始めたが,その当時,旧特化則(乙アB17)により,建築作業従事者の石綿による健康障害を防止するため,事業者に対しては,発じんの抑制に関する義務,呼吸用保護具を備える義務,石綿を取り扱う作業場への関係者以外立入り禁止及びその旨の表示義務等が課されていた。
また,事業者は,建築作業従事者に対し,労働契約に基づく安全配慮義務として,石綿関連疾患の発症防止対策を講じる義務を負っていた。したがって,一審被告太平洋セメントは,事業者において法令が定める安全管理等が行われることにより,建築作業従事者に石綿関連疾患が生ずることはないと認識していた。
そして,一審被告太平洋セメントは,スプレーコートについて,系列化された特定の吹付施工業者(基本的に各都道府県に1社ずつ)との間で,売買基本契約書や施工管理および品質保証に関する覚書
等を締結し,この吹付施工業者に対してのみスプレーコートを販売し(販工店制度)これらの吹付施工業者は,

元請ゼネコンの担当者との
個人的な信頼関係に基づいて,基本的に特定の元請ゼネコンからのみ発注を受けていたから,一審被告太平洋セメントが製造・販売したス
プレーコートを同系列ではない建築作業従事者が一般的に取り扱うことはあり得なかった。そして,スプレーコートの吹付作業及び原料投入作業は,販工店により行われていたところ,その作業については,一審被告太平洋セメント及び同一審被告系列の販工店で組織するスプレーコート安全衛生協議会(通称SP会)
による安全衛生パトロー
ルが行われ,養生囲いの設置や防じんマスクの着用に不備がないか等について厳しく指導されていた。このため,かかる吹付施工業者からは,現在までに建築作業従事者が石綿関連疾患に罹患したとの報告を受けたことがない。このように,一審被告太平洋セメントは,施工の安全性を確保する態勢をとっていたから,吹付作業時に石綿粉じんが飛散する可能性があるとは認識しておらず,これを認識することもできなかった。
したがって,
一審被告太平洋セメントに予見可能性は認められない。
b
原判決は,石綿含有吹付材による石綿粉じん曝露の態様として,吹付工が吹付作業で曝露する態様だけでなく,電工,配管工らの後続作業者がその職種の作業の前提として吹付済みの吹付材の剥がし作業を行い,これによって石綿粉じんに曝露したことを認めている。
しかし,石綿含有吹付ロックウールは,火災による火熱から建物の鉄骨を保護するために鉄骨全体を被覆し,鉄骨が直接火熱にさらされないようにすることにより建物の耐火性能を確保する耐火被覆材であるから,一度施工された吹付材が施工後に剥がされることは予定されていない。このため,一審被告太平洋セメントは,吹付済みの吹付材につき剥がし作業が行われることなど想定しておらず,それに伴う石綿粉じんの発生や曝露防止対策について検討する契機すらなかった。また,
仮に,
吹付材について剥がし作業を行う必要があるとしても,
その箇所は少なく,必要最小限度の範囲であるから,削ぎ落とす量は
ごく少量であり,かつ短時間の作業である。そして,吹付け後の吹付材は湿った状態であり,その後1週間程度で乾いていくものであるところ,大工,内装工,電工,配管工らが吹付材の剥がし作業を行うとしても,連続した工程で建築現場に入ることになるから,吹付材はまだ湿った状態であり,
当該箇所の吹付材がボトボトと落下するだけで,
粉じんが舞うという状態にはならず,1週間程度を経過した後は,吹付時にロックウールと石綿が水と混合され,吹付け後にコテ押さえががされ,固められて硬化しているから,石綿が単独で浮遊することはない。
したがって,
一審被告太平洋セメントに予見可能性は認められない。
警告表示義務違反
上記

のとおり,一審被告太平洋セメントに予見可能性は認められな

い。
また,建材の選定は,元方事業者や一次下請が設計監理者の承認を得て行うが,建材の選定及び発注の段階で,元方事業者らが吹付材の包装を視認する機会はなく,選定された建材が建築現場に搬入される際も,下請業者の職長(吹付材については,吹付工事を行う施工業者)が荷受けし,元方事業者らが包装を視認することはないから,元方事業者らが現場監督を通じて,包装に触れる機会のない者(吹付材の場合には,吹付工以外の職種の者)に包装上の警告表示の内容を認識させることはできず,警告表示による結果回避可能性はない。
そして,上記

aのとおり,一審被告太平洋セメントは,スプレーコ

ートについて,建材だけが流通しないように販売先の系列化を図り,その系列の販工店では,作業現場における養生囲いの設置等について厳しく指導するなど,施工の安全性を確保する態勢をとっていたから,警告表示義務を尽くしていたというべきである。

したがって,一審被告太平洋セメントに警告表示義務違反は認められない。
石綿不使用義務違反
一審被告太平洋セメントは,昭和46年から昭和53年10月までの間,②石綿含有吹付ロックウール(スプレーコート)を,昭和48年11月から平成元年11月までの間,③湿式石綿含有吹付材(スプレーコートウェット)を,平成4年4月から平成12年5月までの間,モルタル混和剤(ニューコテエース)をそれぞれ製造・販売していた。しかし,一審被告企業らの石綿不使用義務については,前記(一審被告企業らの共通主張)のエのとおりであるから,一審被告太平洋セメントに石綿不使用義務違反は認められない。

一審被告ニチアス(番号23・マ)
(警告表示義務違反)
原判決は,吹付材や仕上げ材のように包装への警告表示による他ない建
材について,当該包装に触れる機会のない者や当該建材の初期の取付けに関与しない者(吹付材については,吹付工以外の職種の者,それ以外の建材については,電工,配管工らの後続作業者)に対しても,事業者や元方事業者が当該建材の発注時や現場への搬入時に警告表示を視認し,現場監督等を通じて,建設作業従事者に警告させることも予定していると判断している。この判断は,①事業者や元方事業者の現場監督らが石綿含有建材を発注する際,あるいは石綿含有建材が現場に搬入される際に,建材の包装やカタログ・説明書に記載されている警告表示の内容を十分確認して,当該建材の危険性や取扱方法に関する知識を獲得すること,②その表示内容に従って現場監督らが現場で衛生管理を行い,建築作業従事者がそれに応じることが前提となっている。しかし,①については,原判決が挙げるfの尋問調書(甲A1278)によっても,従来から使用されている建材
について,現場監督らが逐一建材の包装や説明書等を確認するような実態は存在しない。また,②については,原判決が挙げるその余の証拠(甲A1051,被災者L,被災者P,被災者Hの各供述)によっても,上記②の事実がうかがわれるにとどまり,現場監督らが警告表示を確認していることを示唆する証拠は見当たらない。したがって,警告表示による結果回避可能性はない。
また,一審被告ニチアスは,同一審被告が製造・販売した②石綿含有吹付ロックウールについて,建材だけが流通しないように販売先の系列化を図り,その系列の吹付施工業者では,施工の安全性を確保する態勢をとっていたから,警告表示義務を尽くしていたというべきである。
したがって,いずれにせよ一審被告ニチアスに警告表示義務違反は認められない。

一審被告日東紡績(番号25・ム)
予見可能性
一審被告日東紡績は,昭和36年から昭和50年までの間,②石綿含有吹付ロックウール(スプレーテックス)を,昭和49年から昭和62年までの間,③湿式石綿含有吹付材(スプレーウェット)をそれぞれ製造・販売していたところ,これらの施工をしていたのは,一審被告日東紡績(昭和36年~昭和40年)又は一審被告日東紡績の子会社であったスプレーテックス工事株式会社(昭和40年~昭和47年)若しくは日東紡スプレー工事株式会社(昭和47年~)が認定した特定の下請事業者であった。したがって,一審被告日東紡績は,昭和40年以降,吹付作業の状況や,建築作業従事者の石綿粉じん曝露の実態等を正確に把握できる立場にはなく,上記時期以降について,一審被告日東紡績に予見可能性は認められない。
警告表示義務違反

上記

のとおり,昭和40年以降,一審被告日東紡績に予見可能性は

したスプレーテックス及びスプレーウェットについては,特定の下請業者が施工しており,一般の吹付業者が取り扱う可能性は低く,特に京都府下には下請業者が存在しなかったから,上記各建材が流通することはほとんどなかった。したがって,本件の被災者らとの関係で,一審被告日東紡績に警告表示義務違反が認められる余地はない。
石綿不使用義務違反
一審被告企業らの石綿不使用義務については,前記(一審被告企業らの共通主張)のエのとおりである。そして,仮に,一審被告企業らについて,石綿不使用義務違反が認められるとしても,一審被告日東紡績は,平成7年までに②石綿含有吹付ロックウール及び③湿式石綿含有吹付材をノンアス化したから,一審被告日東紡績に石綿不使用義務違反が認められる余地はない。

一審被告エム・エム・ケイ(番号32・ワ)
警告表示義務違反
石綿含有建材の製造・販売企業は,安衛法57条,昭和50年改正安衛令及び昭和50年改正安衛則により,製造・販売する石綿含有建材(石
綿の含有量が重量の5%以下のものを除く。
)について,警告表示を義務
付けられ,
警告表示の具体的な内容については,
昭和50年表示通達
(乙
アB172)が発出された。一審被告エム・エム・ケイは,上記のような警告表示が義務付けられた後,製造した石綿含有建材を出荷する際に,当該建材の品名,寸法,数量,製造工場名,ロット番号,製品規格に関する合否の判定,検査員氏名を表示した検査票を製品の包装に添付ないし印刷し,この検査票に製品の名称(押出成形セメント板,波板等),成分
(石綿,クリソタイル石綿等)及び石綿含有率(5~15%等)を表示
し,また,人体に及ぼす作用ないし貯蔵又は取扱い上の注意として加工上の注意事項を表示してきた。したがって,一審被告エム・エム・ケイに警告表示義務違反は認められない。
石綿不使用義務違反
一審被告エム・エム・ケイは,昭和58年から㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種をノンアス化したヒシタイカを製造・販売するようになったが,それ以降も石綿含有建材(㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種)を製造・販売してきた。石綿含有建材に匹敵する耐火性,強度等の品質を有するノンアス建材を開発することは技術的に容易ではなく,ノンアス建材の製品化には試行錯誤の研究を積み重ねるプロセスを要したものであり,一審被告エム・エム・ケイが石綿含有建材のノンアス化を遅らせたといった事実は全くない。したがって,一審被告エム・エム・ケイに石綿不使用義務違反は認められない。
2
一審被告企業らの共同不法行為責任
共同不法行為の法的根拠

上記の点に関する当事者の主張は,次のイのとおり補正し,後記ウのとおり,
当事者の当審補充主張を加えるほか,
原判決別冊1
(当事者の主張)
の第2の2

(同104頁14行目から106頁18行目まで)に記載の

とおりであるから,これを引用する(ただし,一審原告らの一審被告企業らに対する原審主位的請求に関する部分を除く。)。

原判決の補正
原判決別冊1(当事者の主張)104頁20行目の前段の次にの適用を,21行目の基礎的なの次に(弱い)をそれぞれ加え,24行目及び105頁6行目の各類推をいずれもの適用又は類推適用に改め,11行目の認められるの次に(民法719条1項後段の適用又は類推適用)を加える。
原判決別冊1(当事者の主張)105頁23行目の帰責させるの
次に不当なを,24行目及び106頁初行の各民法719条の
次にいずれも1項を,14行目の民法719条の次に1項後段をそれぞれ加える。ウ
当事者の当審補充主張
(一審原告らの主張)
加害行為の捉え方等
本件における一審被告企業らの加害行為は,被災者への到達可能性を有する石綿含有建材を製造し,警告表示なく販売し,流通に置いた行為そのものであって,個々の石綿含有建材の被災者らへの到達は不要というべきである。
すなわち,
製造物責任法は,引き渡したものの欠陥により他人の生命,
身体又は財産を侵害したことを責任発生の要件として定めており(3条)
,製造物を引き渡したこと,すなわち,製造物を流通においたことを帰責性の要件とし,加害行為と捉えている。このように,製造物を引き渡した(流通においた)行為を加害行為と捉えて不法行為責任を負わせる趣旨は,製造業者等が製造物を流通の過程におくことにより,当該製品の危険性が具体化し,現実化するからである。そして,製造物責任法は民法上の不法行為法の特則であるから,民法上の不法行為責任においても,製造物を引き渡したこと,すなわち,当該製品を製造・販売して流通の過程においたことをもって,加害行為と捉えることができる。また,一般に,不法行為における加害行為とは,権利侵害の現実的危険性を有する行為をいうところ,
建設アスベスト被害の実態に照らせば,
石綿含有建材を製造・販売し,これを市場に流通させることにより,建築現場における建築作業従事者の健康被害の現実的な危険性を惹起するということができる。

そして,被災者らが特定の石綿含有建材から石綿粉じんに曝露したことを加害行為と捉え,その主張・立証を一審原告らに要求することは,個別的因果関係の主張・立証を要求することと同義であり,個別的因果関係の要件を関連共同性等の要件に代替することによって個別的因果関係を擬制ないし推定する民法719条1項の趣旨と矛盾し,その存在意義を否定することに他ならない。民法719条1項後段の本来的な適用場面である択一的競合の場合には,真の加害行為者を除けば,加害行為の到達は不要とされているのに,同条項の類推適用の場合には加害行為の到達が必要というのは不合理である。
民法719条1項後段の類推適用の可否
a
民法719条1項後段は,
文言上,
共同行為者のうちのいずれの者がその損害を加えたかを知ることができないときも同様とすると規定するのみで,他に何らの限定を付しておらず,複数の者の行為によって結果が発生したがその原因者を特定することが困難な場合に被害者を救済して公平を図るという趣旨の規定である。そして,建設アスベスト被害は,建築作業従事者が長期間にわたって多数の企業により製造・販売された無数の石綿含有建材から発生した石綿粉じんに数多くの現場で繰り返し曝露して生じたものであり,被災者らの被害実態がいずれの競合類型(択一的競合,累積的競合,重合的競合等)に該当するかの判断は困難な場合も少なくない。このような民法719条1項後段の文言及び趣旨,建設アスベスト被害の実態等からすれば,本件において民法719条1項後段の類推適用を認めるべきである。
b
一審被告企業らの多くは,シェアや販売地域,販売期間,製品の特性等により,自社の責任が減免されるとの主張・立証を現に行っているから,その当否はともかく,一審被告企業らにおいて,自社の製造・販売した石綿含有建材が被災者らに到達しなかったことを証明するこ
とが不可能であるとはいえず,その防御権が不当に制約されるものではない。
また,被災者らの建設アスベスト被害の実態は択一的競合の場合に当たるものではなく,
一審原告らもそのような主張はしていないから,
民法719条1項後段の類推適用の場合において,他原因者不存在の主張・立証は不要であると解すべきである。そして,民法719条1項後段の類推適用を認めるための要件としては,石綿含有建材が被災者らに到達した相当程度以上の可能性があれば足りると解すべきである。
(一審被告企業らの共通主張)
加害行為の捉え方等
一審原告らの加害行為に関する主張は争う。
民法719条1項の共同不法行為の要件である加害行為は,権利
侵害の具体的・現実的な危険性を有する行為でなければならない。そして,一審被告企業らによる石綿含有建材の製造・販売行為が被災者らの生命,健康に対する具体的・現実的な危険性を有する行為であるというためには,最低限,当該石綿含有建材が当該被災者の就労した建築現場に到達したこと(当該建築現場で使用されたこと)が必要であり,一審原告らにおいて,個々の被災者が就労した建築現場で実際に使用され,当該被災者が石綿粉じんに曝露した可能性のあった石綿含有建材を製造・販売した企業を共同行為者として特定する必要があると解すべきである。これに対し,一審原告ら及び原判決のいう建築現場及びそこで就労した建築作業従事者とは,いずれも具体的な個々の被災者が就労した建築現場及び個々の被災者を意味するものではなく,抽象的な
建築現場及び
建築作業従事者
を意味するものにすぎず,
一審原告ら及び原判決のいう加害行為とは,抽象的・一般的な危険
性を有する行為をいうものにすぎない。
しかし,
このような
加害行為
の捉え方は,民法719条1項の共同不法行為の成立範囲を著しく拡大し,
これまで我が国において築かれてきた共同不法行為論の範囲を
逸脱する不当なものである。
なお,原判決は,個々の石綿含有建材の被災者らへの到達を不要とする根拠として,各加害行為者の行為と損害との因果関係は,民法719条1項の適用又は類推適用により擬制又は推定される性質のものであることを挙げているが,これは,個々の一審被告企業らの製造・販売した石綿含有建材が,①個々の被災者の就労した建築現場に到達したか否かの問題と②個々の被災者に到達したか否かの問題とを混同した議論であり,失当である。すなわち,②の点は,因果関係の問題として,民法719条1項の適用又は類推適用により擬制又は推定される性質のものであるとしても,①の点は,上記因果関係の問題ではなく,②が認められるための最低限の前提条件であり,一審被告企業らによる石綿含有建材の製造・販売行為が加害行為と認められるための要件であるというべきである。
民法719条1項後段の類推適用の可否
a
民法719条1項後段(加害者不明の共同不法行為)は,本来,択一的競合の類型において,共同行為者のうちどの行為者の行為から損害が発生したのか不明である場合において,個別的因果関係の立証の困難性から被害者を保護するために,個別的因果関係に関する主張・立証責任を転換し,共同行為者に連帯して損害賠償責任を負わせるものである。
このため,
個別的因果関係の立証の困難性のみを強調して,
その推定が認められる範囲を無限定に拡大すると,加害者とされる者に過大な主張・立証責任を負担させることになって均衡を失することになる。

ところで,上記

のとおり,一審原告ら及び原判決は,民法719

条1項後段の類推適用を認める前提として,一審被告企業らの加害行為を石綿含有建材の製造・販売行為と捉え,個々の石綿含有建材の被災者らへの到達を不要とするが,
このような
加害行為
の捉え方は,
民法719条1項の共同不法行為の成立範囲を著しく拡大し,これまで我が国において築かれてきた共同不法行為論の範囲を逸脱す
るものである。
また,一審原告ら及び原判決は,建設アスベスト被害の実態をもって,
民法719条1項後段が本来予定している択一的競合にとどまら
ず,累積的競合や重合的競合等の場合もあり得るとしているが,累積的競合や重合的競合等といった概念そのものがあいまいであり,
これ
までの裁判例において確立されたものではない。そして,累積的競合は,
加害行為とされる行為がそれのみでは損害発生の原因力を持たな
いことを前提とした類型であり,
民法719条1後段が想定している
ような場合ではない。また,重合的競合は,筑豊じん肺訴訟の福岡高裁平成13年7月19日判決(判例タイムズ1077号72頁)がその類型を認めているが,いずれの原告についても国及び当該原告が就労していた企業に対する関係でのみ損害賠償請求を認めたにすぎず,共同行為者の加害行為が被害者に到達したことを前提としており,こ
のことは累積的競合の場合も同様と解すべきである。このように,累積的競合や重合的競合等の場合にまで民法719条1項後段の類推適用を認めると,同条項の共同不法行為の成立範囲が著しく拡大し,これまで我が国において築かれてきた共同不法行為論の範囲を逸
脱することになる。
そして,原判決は,民法719条1項後段の類推適用により,被災者らへの到達可能性を有する石綿含有建材を製造・販売した一審被告
企業らの各行為を競合行為と称し,この競合行為によって作
出された建築現場における石綿粉じん曝露によって被災者らが石綿関連疾患を発症したという競合行為と結果との因果関係が立証され
れば,一審被告企業らが製造・販売した石綿含有建材が被災者らに到達し,当該被災者らが当該石綿含有建材の石綿粉じんに曝露して石綿関連疾患を発症したという一審被告企業らの行為と結果との因果関係が推定されると判断している。この点,競合行為とは,各加害
行為者の不法行為が競合している場面を指し,加害行為者の個別の行為を意味するはずであるが,原判決は,各加害行為者の行為とは別の何らかの競合行為と損害との因果関係の証明により,各加害行為
者と損害との因果関係が認定されるという論理を採用したことになる。しかし,大気汚染訴訟の事案のように,各加害行為者の排出した汚染物質が混じり合い,渾然一体となって被害者のもとに到達しているような場合には,そこに何らかの意味においての一体性を認めて,それを競合行為と見る余地はあり得るが,建設アスベスト訴訟の事案の場合には,時間的・場所的一体性のない多数の企業の行為が存在するだけで,その間に関連共同性は存在しないから,原判決のように,行為として一体性を欠く競合行為が存在するかのような前提に立ち,
それを因果関係の起点として観念することはできない。このように,原判決がいう競合行為とは,被災者らの石綿粉じん曝露が生じた
時期に,ある(複数の)企業が被災者らに使用される可能性のある石綿含有建材を販売していたという事実にすぎない。このような事実のみから個別的因果関係を推定する規範を導くとすれば,加害者となる可能性があるいかなる意味でも一体性や共同性のない集団に,その集団の中に加害者がいることを理由として団体的な責任を負わせるに等しく,不当な解釈というべきかである。

b
原判決は,一審被告企業らにおいては,自己の行為と損害との間
に因果関係がないことや,
選択された一審被告企業らの行為と相当
因果関係のある損害の範囲を主張・立証して減免責を求めることができると判断しているが,石綿含有建材の製造・販売から長期間が経過し,一審原告らにおいて,個々の被災者が就労した建築現場や使用した石綿含有建材を特定できず,
ひいては個々の一審被告企業が製造

販売した石綿含有建材の粉じんに曝露した事実を立証することが不可能であるのに,
石綿含有建材を製造販売していたということのみで,

実際の建築現場でどのような建材が誰に使用されているかを知りえない一審被告企業らにおいて,石綿含有建材の販路,物流,出荷先等を特定できる帳票が廃棄された後になって,具体的な反論・反証をすることなど不可能であり,不可能であることをあたかも可能であるかのようにいう原判決の上記判断は不合理である。
また,原判決は,択一的競合の場合とは異なり,累積的競合や重合的競合の場合には,選択された加害行為者が結果の全部又は一部に寄与していることを前提としているから,他原因者不存在の主張・立証は不要であると判断しているが,民法719条1項後段の類推適用である以上,発生した全損害について共同行為者に連帯責任を負わせるためには,他原因者不存在の主張・立証が必要と解すべきである。ところが,
一審原告らは,
この点に関する主張・立証を全くしていない。
そして,一審原告らは,本件において民法719条1項後段の類推適用を認めるための要件として,石綿含有建材が被災者らに到達する相当程度以上の可能性があれば足りると主張するが,仮に,本件において,
民法719条1項後段の類推適用を認める余地があるとして
も,一般に,不法行為における因果関係の立証としては,通常人が疑いを差し挟まない程度に真実性の確信を持ち得る高度の蓋然性が必要
とされているから,加害行為の被災者らへの到達の立証の程度についても,相当程度以上の可能性では足りず,高度の蓋然性が必要と解すべきである。
(一審被告企業らの個別主張)
一審被告A&Aマテリアル(番号6・キ)
仮に,本件において,民法719条1項後段の類推適用を認める余地があるとしても,そのためには客観的共同と主観的要件が必要
と解すべきである。すなわち,筑豊じん肺訴訟の福岡高裁判決は,重合的競合の場合に民法719条1項後段の類推適用を認める要件として,複数の行為が相加的に累積して被害を発生させていること
(客観的共同)
と各行為者が他者の同様の行為を認識しているか,少なくとも自己と同様の行為が累積することによって害を生じさせる危険があることを認識していること(主観的要件)が必要であると判断している。しかし,本件においては,上記の客観的共同と主観的要件を裏付ける事実
は認められない。
一審被告クボタ(番号7・ク)及び同ケイミュー(番号8・ケ)
仮に,本件において,民法719条1項後段の類推適用を認める余地があるとしても,そのためには当該損害の発生に寄与したことが証明されるか,又は経験則上推認されることが必要であり,寄与自体は推定の対象ではないと解すべきである。すなわち,被害者において,加害行為者の寄与(損害の一部との因果関係)を立証できなかった場合は,そもそも共同行為者としての要件が欠けて,同条項の類推適用の余地がないというのが解釈論の帰結というべきである。ところが,一審原告らは,この点に関する主張・立証を全くしていない。
一審被告神島化学工業(番号10・シ)及び同大建工業(番号14・ト)

仮に,本件において,民法719条1項後段の類推適用を認める余地があるとしても,一審被告企業らの競合関係は,択一的競合にとどまらず,累積的競合,重合的競合,それ以外の競合の場合もあり得るが,そのいずれかを特定することは不可能であるところ(ただし,実際には択一的競合のケースは皆無であるといえる。,あるグループの他に損害発)
生の原因が考えられる場合には,当該グループが負うべき集団的寄与度の範囲が特定される必要があり,一審被告企業らには特定された寄与度の範囲で責任を認めるべきであって,全部責任を負わせることは不当である(原判決は,損害論において,損害の公平な分担の見地から,責任外建材からの石綿粉じん曝露の可能性を考慮し,相当な割合を一審原告らの損害額から減額しているが,その減額割合の算定の判断過程は全く不明確である。。

一審被告積水化学工業(番号13・テ)
仮に,本件において,民法719条1項後段の類推適用を認める余地があるとしても,前記のとおり,民法719条1項の共同不法行為の要件である加害行為は,権利侵害の具体的・現実的な危険性を有する行為でなければならないから,一審被告企業らの製造・販売した石綿含有建材が被災者らに到達する可能性は,その製造・販売行為が権利侵害の具体的・現実的な危険性を有することの前提にすぎず,到達可能性が認められれば,直ちに権利侵害の具体的・現実的な危険性が認められるというものではない。したがって,被災者らがどの程度の濃度の石綿粉じんにどの程度の期間にわたって曝露したことが必要かという点を問題とすることなく,ある石綿含有建材が被災者のもとに一度でも到達した可能性があるという程度だけで,当該石綿含有建材の製造・販売行為が加害行為に該当するか否かを判断することは誤りである。
一審被告太平洋セメント(番号16・ニ)

仮に,本件において,民法719条1項後段の類推適用を認める余地があるとしても,共同不法行為者の範囲が無限定に広がることを防止するため,共同行為者の行為が累積ないし重合又は寄与することによって損害が発生することが明らかな場合に限られるというべきであり,個別具体的な結果の発生についての現実的危険性が必要である。これを本件に即していえば,①特定の一審被告企業の製造・販売した石綿含有建材が特定の被災者に石綿関連疾患を発症させ得るものであること,②当該一審被告企業が他の一審被告企業の同様の行為を認識しているか,少なくと自己と同様の行為が累積することによって当該被災者に健康障害を発生させる危険性があることを認識していたこと,③当該一審被告企業の製造・販売した石綿含有建材が特定の被災者の就労した建築現場で実際に使用され,当該被災者が特定の石綿含有建材から発生した石綿粉じんに暴露したこと(到達)が必要と解すべきである。
一審被告ノザワ(番号29・ラ)
一審被告ノザワによる石綿含有建材の製造・販売行為が共同不法行為の加害行為であるというためには,前記(一審被告企業らの共通主張)のとおり,一審被告企業らの製造・販売した個々の石綿含有建材が被災者らの就労した個々の建築現場に到達したことが必要であるが,これに加えて,当該建築現場における事業者らの安全配慮義務違反行為の存在が必要と解すべきである。すなわち,被災者らの石綿関連疾患発症という被害を起点としてみると,被害発生の直接的な原因は,各建築現場で被災者らを指揮・監督した事業者らが,被災者らに対して負う安全配慮義務に違反して,安全教育を怠り,防じんマスクの着用を指示しない等の安全配慮義務違反行為であると解され,その安全配慮義務違反行為は,結果発生の具体的危険性を有する違法性の高い行為である。このため,一審被告企業らに共同不法行為が成立するためには,一審被告企
業らによる石綿含有建材の製造・販売行為と事業者らによる安全配慮義務違反行為との一体性が認められることが必要であり,この一体性が認められて初めて,一審被告企業らによる石綿含有建材の製造・販売行為が結果発生の具体的危険性を有することになる。したがって,一審原告らは,事業者らによる安全配慮義務違反行為も加害行為として特定する必要があり,具体的には,個々の被災者が就労した建築工事の時期,建築現場及び内容等を特定した上で,当該建築工事における石綿粉じんへの曝露状況及び事業者らによる安全配慮義務違反行為を特定し,これらを主張・立証する必要がある。ところが,一審原告らは,このような主張・立証をしていない。
一審被告企業らの共同不法行為責任(一審被告企業らの共同不法行為と一審原告らの損害との因果関係を含む。)
(一審原告らの主張)

原審主位的請求における石綿含有建材の製造・販売企業の特定方法及び一審原告らの同請求に関する主張の概要
一審原告らの原審主位的請求における石綿含有建材の製造・販売企業の特定方法は,原判決別冊1(当事者の主張)の第2の2

の(原告ら

の主張)のア
のとおりであるから,これを引用する(ただし,元一審原告Zに関する部分及び当審で訴えの全部取下げがされた元一審被告企業らに関する部分を除く。)。
一審原告らは,原審において,原審主位的請求における一審原告らに対応する企業を,警告義務又は不使用義務に反して,原判決別冊1(当事者の主張)の別紙Ⅰ直接取扱建材一覧表(ただし,元一審原告Zに関する部分及び当審で訴えの全部取下げがされた元一審被告企業らに関する部分を除く。)のとおり,各被災者が建築作業に従事する際に直
接取り扱うなどし,そのため石綿粉じんに曝露した相当程度の可能性のある石綿含有建材(直接取扱建材)を製造・販売して流通においた者と特定し,かかる一審被告企業らには,民法719条1項前段の適用による関連共同性に基づく狭義の共同不法行為あるいは同項後段の適用又は類推適用による加害者不明の共同不法行為が成立すると主張した。イ
当審請求(当審で変更後の原審予備的請求)における石綿含有建材の製造・販売企業の特定方法及び一審原告らの同請求に関する主張の概要一審原告らは,上記アの原審主位的請求における企業の特定方法を前提として,国交省データベース平成26年2月版に基づき,①石綿含有建材を販売した場所的範囲,②建材の使用目的,③施工方法,④市場占有率,出荷量,石綿使用量等という四つのメルクマールによる限定を行い,原判決別冊1(当事者の主張)の別紙Ⅴ予備的請求大分類のとおり,いずれかの職種及び各被災者との関係で,相当程度以上の到達の可能性が認められる石綿含有建材の種類,企業,製造期間,使用建物の種類,使用部位等を特定した。なお,建材の性質についての限定方法については,
以下に挙げる点以外は,
原審主位的請求の場合と同様である。
a
シェアによる限定
一審原告らが当審においてシェア資料を補充して再検討した結果,各石綿含有建材のシェアは,本判決別紙10一審原告らが主張する建材シェア一覧表に記載のとおりである(原判決別冊1(当事者の主張)の別紙Ⅵ原告らが主張する建材シェア一覧を訂正した。。

なお,㊸混和剤については,シェア資料はないものの,平成4年まで一審被告ノザワが製造・販売するテーリングしか存在せず,同
年以降も一審被告ノザワのシェアが90%以上であった。シェア資料で示されるシェアが10%に近い企業の建材は,被災者らへの到達可能性の高い建材であるといえるから,これらの企業の製造・販売した
石綿含有建材のみを選定した。後記のとおり,一審被告企業らは,シェア資料を保有し,これを提出できるのに,一部を除いて,あえてこれを提出していないから,提出されたシェア資料が必ずしも完全でないことの不利益を多大な時間や労力をかけてシェア資料を収集した一審原告らに負わせるべきではなく,提出されたシェア資料から各年代のシェアを合理的に推認するべきである。地域ごとのシェアの差異については,一審被告企業らが主張・立証すべきであり,このような主張・立証がない場合は,原則どおり,シェアに応じた被災者らへの到達可能性が認められるべきである。
b
一審被告企業らの主張・立証を踏まえた限定
個別の石綿含有建材に関する一審被告企業らの主張(販売地域や取り扱う職人の限定の有無,
使用される建物の種類,
施工される箇所等)
や,同種訴訟の判決における判断等を踏まえて,原判決別冊1(当事者の主張)の別紙Ⅶ原告らが予備的主張において除外した建材一覧表のとおり,一部の建材を除外した。なお,原判決別冊1(当事者の主張)の別紙Ⅴ予備的請求大分類には,国交省データベースの
記載誤りに関する一審被告企業らの指摘も反映させている。

c
各被災者の事情による限定
各被災者の就労期間,職種,作業内容,電動工具の使用の有無,建築作業に従事した建物の種類等の被災者ら側の事情を踏まえ,さらに厳密な限定を行った。

d
当審における被災者らの直接曝露建材の再整理
一審原告らが当審において被災者らの直接曝露建材を再検討した結果,各被災者の直接曝露建材は,本判決別紙11控訴審直接曝露建材一覧表に記載のとおりである(原判決別冊1(当事者の主張)の別紙Ⅳ直接曝露建材一覧表から訂正する。。


したがって,本判決別紙11控訴審直接曝露建材一覧表に記載
された建材は,被災者らに到達し,これによって被災者らが石綿粉じんに曝露した相当程度以上の可能性を有する石綿含有建材(直接曝露建材)に該当する。そして,直接曝露建材を製造・販売した一審被告企業らが当該被災者らとの関係で当審請求における加害行為者となる。当審請求における一審原告らに対応する一審被告企業らは,警告義務又は不使用義務に反して,
本判決別紙11
控訴審直接曝露建材一覧表
のとおり,各被災者が建築作業に従事する際に直接取り扱うなどし,そのため石綿粉じんに曝露した相当程度以上の可能性を有する石綿含有建材(直接曝露建材)を製造・販売して流通においた者であり,かかる一審被告企業らには,民法719条1項前段の適用による関連共同性に基づく狭義の共同不法行為,あるいは同項後段の適用又は類推適用による加害者不明の共同不法行為が成立し,
一審原告G
(番号7・被災者本人)
に対しては一審被告ノザワ,一審原告R(番号20・被災者R´)に対しては一審被告ニチアスの民法709条に基づく不法行為が成立する。ウ
加害行為
前記

ウの(一審原告らの主張)の

(加害行為の捉え方等)で主張し

たとおりである。これを本件に即していえば,一審被告企業らにおいて,一審原告らが各被災者との関係で上記イのとおり主張する直接曝露建材を製造・販売し,
これを建材市場の流通においたことが,
当該被災者の生命,
健康に対する現実的危険性をもった加害行為に当たるというべきである。

関連共同性,累積的競合又は重合的競合,民法709条に基づく不法行為責任
上記の点に関する一審原告らの主張は,原判決別冊1(当事者の主張)
115頁9行目の基礎的なの次に(弱い)を加え,116頁20行
目の予備的請求を当審請求に,117頁6行目及び8行目の各高度の蓋然性をいずれも
相当程度以上の可能性
にそれぞれ改めるほか,
原判決別冊1(当事者の主張)の第2の2

(原告らの主張)のエない

しカ(同115頁7行目から117頁10行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する(ただし,一審原告らの一審被告企業らに対する原審主位的請求に関する部分を除く。)。

当審補充主張
共同不法行為者の範囲
a
建築現場において使用される建材は,現場ごとの偶然的な要素によって支配され,建築作業従事者は,建築現場を次々と移動しながら就労し,その現場数は多数に上ることからすれば,建築作業従事者が特定の企業の製造・販売した建材を使用する頻度は,当該企業の市場におけるシェアと相関するということができ,一審被告企業らの製造・販売した石綿含有建材が被災者らの就労した建築現場に到達した可能性を検討するに当たり,一審被告企業らのシェアを一つの考慮要素とすることには十分な合理性がある。

b
被災者らの就労現場数及び就労年数,これらを裏付ける証拠は,本判決別紙12各被災者の就労現場数等一覧表の証拠欄に記載のと
おりであり,これを総じてみれば,被災者らの職種ごとの就労現場数は,大工が平均約25件/年,左官が平均約43件/年,電工が平均約42件/年,板金工(屋根工)が約75件/年である。また,本件と同種訴訟である横浜第1陣訴訟における各被災者の就労現場数は,大工が平均約16件/年,左官が平均約48件/年,電工が平均約36件/年,
配管工が平均約40件/年,
タイル工が平均約42件/年,
鉄骨工が平均約12件/年,板金工が平均約47件/年である(甲A1330)
。いずれにせよ,被災者らの就労現場数は,職種如何に関わ

らず,年間10件を遥かに超える数である。そして,被災者らの就労現場数が年間10件を超える数であるとすれば,一審被告企業らの製造・販売した石綿含有建材が被災者らの就労した建築現場に到達した可能性は相当高いというべきである。
共同不法行為者の認定
a
前記のとおり,各石綿含有建材のシェアは,本判決別紙10一審原告らが主張する建材シェア一覧表に記載のとおりである。一審原告らは,シェアのみならず,企業側の事情として,販売地域や取り扱う職種の限定の有無,使用される建物の種類,施工される箇所等の要素を考慮する一方,被災者側らの事情として,職種,携わった建物の種類,施工箇所,日常的に取り扱った建材,発じん量,電動工具の使用の有無等の要素を考慮して,被災者らに対する加害行為者を絞り込んだのであり,このようにして絞り込まれた直接曝露建材が被災者らに健康障害をもたらした可能性は非常に高い。

b
一審被告日本バルカー工業の責任
一審被告日本バルカー工業の製造・販売業者性
国交省データベースでは,
バルカウェット
等の石綿含有建材に
ついて,
現在のメーカーとして日本バルカー工業生産時の,メーカーとして日本リンペット工事と記載されており,一審被告日本バルカー工業は,日本リンペット工事を承継していることを自認しているということができる。また,一審被告日本バルカー工業は,
本件と同種訴訟である東京第1陣訴訟において,
答弁書
(甲
A1274)で,

被告日本バルカー工業株式会社が製造していた主製造石綿含有建材と製造期間欄の記載は認める。

と記載し,石綿含有建材の製造の事実を認めていた。そして,一審被告日本バルカー工業の社史では,生産部門は,会社設立時の当社厚木工場内から,昭和37年に埼玉県東松山市に移転し,操業を続けていたとされ,同一審被告が自ら製造していた趣旨で記載されているし,紹介されている新聞記事にも,同一審被告が湿式工法を開発して吹付ロックウールに進出することが報じられている。さらに,各種のシェア資料や,他の一審被告企業らの社史,業界紙,書籍等においても,日本リンペット工事ではなく,一審被告日本バルカー工業自身が吹付材を製造する会社として紹介されている。他方,一審被告日本バルカー工業の社史では,日本リンペット工事は,リンペット式吹付石綿の工事施工会社,当社の工事施工部門,当社の工事部門などと記載され,一審被告日本バルカーの工事を請け負う会社とされおり,製造・販売を行う会社とはされていない。したがって,一審原告らにおいて一審被告日本バルカー工業が製造・販売したと主張する石綿含有建材は,一審被告日本バルカー工業が製造・販売したものと認められるべきである。
民法719条1項及び2項に基づく責任
仮に,一審原告らにおいて一審被告日本バルカー工業が製造・販
売したと主張する石綿含有建材を一審被告日本バルカー工業が製
造・販売したと認められないとしても,一審被告日本バルカー工業は,
①日本リンペット工事との間に関連共同性があるために(民
法719条1項)あるいは②日本リンペット工事の製造・販売行為,
を幇助したために(同条2項)
,日本リンペット工事が製造・販
売した石綿含有建材について責任を負うというべきである。
すなわち,①一審被告日本バルカー工業と日本リンペット工事との関連共同性

本リンペット工事

密な一体性)があるというべきである。
また,②日本リンペット工事の製造・販売行為に対する幇助については,前記のとおり,本件において,被災者らに対する加害行為は,石綿含有建材を製造・販売して流通においた行為であるところ,
日本リンペット工事がシェア上位企業であり,
加害行為者ペット工事による加害行為(石綿含有建材の製造・販売行為)を補助し,容易にならしめる行為をし,もって「幇助したというべきである。
製造物責任法の趣旨に基づく責任
製造物責任法2条3項本文及び3号,
3条は,当該製造物の製造,
加工,輸入又は販売に係る形態その他の事情からみて,当該製造物に実質的な製造者と認めることができる氏名等の表示をした者は,製造業者等として引き渡したものの欠陥により生じる損害を賠
償する責任を負うと規定しているところ,その趣旨は,流通の実態をみると,製造業者は中小企業であっても,販売業者は大企業であり,消費者は販売業者のブランドを信頼してその製造物を購入する傾向にあるため,当該消費者の信頼を保護することにある。このような製造物責任法の消費者保護の観点と製造物の製造・販売に実質的に深く関わる企業に注意義務を負わせるという趣旨は,製造物責
一審被告日本バルカー工業は,市場に対し,
日本リンペット工事
という通用力のない製造業者ではなく,
日本バルカー工業という
販売業者のブランドを前面に押し出して信頼させ,購入を促していたといえるから,一審被告日本バルカー工業に責任を負わせること
は,その製品であるとの消費者の信頼を保護し,製造物責任法の趣旨に合致するものである。
(一審被告企業らの共通主張)

共同不法行為責任に関する一審被告企業らの共通主張は,次のイのとおり補正し,
後記ウのとおり,
一審被告企業らの当審補充主張を加えるほか,
原判決別冊1(当事者の主張)の第2の2

(被告企業らの主張)
(同1

17頁11行目から120頁8行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する(ただし,一審原告らの一審被告企業らに対する原審主位的請求に関する部分を除く。。


原判決の補正
原判決別冊1(当事者の主張)117頁23行目の相当程度の可能性や到達の高度の蓋然性を相当程度以上の可能性に,118頁12行目の影響を石綿含有建材の相当程度以上の到達可能性に,17行
目から18行目にかけての高度の蓋然性を相当程度以上の可能性
に,119頁末行のみなしを擬制しにそれぞれ改める。


当審補充主張
共同不法行為者の範囲
a
一審原告らによる直接曝露建材特定の可能性等
建築作業従事者は,
一定の建材を継続的に取扱う専門の職人であり,
作業で使用する建材を熟知している。また,被災者らが就労した建築物の中には現存しているものも多く,就業先等の関係者の助力が得られる場合もあること,建材のパッケージには製造・販売企業名が記載されており,建材メーカーは,自らが製造・販売してきた石綿含有建材を国土交通省のデータベースで開示していること,被災者らは,労災申請書類や本人尋問の場面でも,各自が取り扱ってきた建材を具体的に供述していること等からすれば,被災者らにおいて自らが取り扱
った建材を特定し,立証することはさほど難しいことではない。したがって,マーケットシェアに基づく確率論のみによって,一審被告企業らの製造・販売した石綿含有建材の被災者らへの到達可能性を立証することは許されるべきではない。
b
シェア10%基準の不合理性
原判決は,比較的一つの現場に長く留まる大工であっても,1年間に10件程度の建築現場を経験することをシェア10%基準の前提としている。しかし,本件と同種の別件訴訟の原告であるvの供述録取書(甲A362)によれば,木造の新築工事は一つの現場に3か月くらいかかることが多く,建物の規模によっては4,5か月かかる現場もあり,木造建物の増改築工事は,一部の改築(改修)工事だけのときは4,5日で終わることもあるが,大規模な増築工事や大改修工事であれば,1,2か月はかかるとされている。仮に,一つの建築現場に3か月かかるとすれば,
1年間で10件以上経験するためには,
2,
3件の建築現場を同時に掛け持つ必要があり,一つの建築現場に5か月かかるとすれば,4,5件の建築現場を同時に掛け持つ必要があるが,このような掛け持ちが可能かどうかは,各建築現場の場所や具体的な作業内容等が主張・立証されて初めて判断できるところ,一審原告らは,このような主張・立証をしていない。建築作業従事者が1年間に10件以上の建築現場で建築作業に従事するとはいえず,概ね10%以上のシェアを有する建材メーカーが販売した建材であれば,建築作業従事者が1年に1回程度は当該建材を使用する建築作業に従事した確立が高いという原判決の判断は合理性を欠く。
また,原判決は,一つの建築現場において,用途を同じくする建材につき,複数の建材メーカーのものが用いられることは通常考えがたいことから,各被災者への各建材の到達可能性は,当該種類の建材に
おける建材メーカーのシェアと,当該建築作業従事者が経験した建築場の数によって左右されるとしている。しかし,実際の建築現場においては,仮に,建物の特記仕様書において,使用する建材名やメーカー名が具体的に特定されていた場合でも,それと同等の品であれば他の建材メーカーの建材を使用することが禁止されるものではなく,実務上,特に大型建設物件等であって使用建材の数量が極めて多く,一社からの調達が難しい場合や,施主から(同施主と関係のある)他のメーカーの建材も使用するよう特別の要望があった場合,同等品の方が安価に入手できる場合等には,
用途を同じくする建材について,
複数のメーカーが製造・販売した同等品が使用されることは決して珍しいことではない。
さらに,原判決のシェア10%基準によれば,シェアが10%を若干上回る企業と若干下回る企業との間において,当該企業が製造・販売した石綿含有建材の到達の蓋然性ないし可能性の有無について,全く結論を異にするという形式的かつ恣意的な区別がされる結論となり,明らかに不合理である。特に,後記のとおり,シェア認定の根拠とされた資料の数値自体があくまでも推定の数字であり,不正確なものであるから,単純に10%以上のシェアという基準で責任の有無を画するのはなおさら不当である。
c
シェアと到達可能性との関係
特定の種類の建材に占めるシェアが大きいことから,市場における流通量が多いことは推認されるものの,建築現場においてどの建材が使用されるかは流通量のみによって決まるものではなく,建築を請け負ったゼネコンや下請業者らの取引関係,
当該建築物の性質及び用途,
建築費用
(建材の価格)具体的な建築現場と建材の製造工場ないし保

管場所との距離(運搬の容易さ)等様々な要因が影響すると考えられ
る。このため,建材メーカーがある年に出荷した石綿含有建材が,同一時期・同一地域に同一シェアを保ったまま,全国の建築現場に等しく流れ着くことなどということはあり得ない。したがって,シェアに基づく確率計算によって建材の到達を推認することは不可能である。仮に,
シェアに基づく確率計算により,
到達可能性を求めるとしても,
それは,
当該建材が使用される可能性のある(同種の建材のいずれかが使用される)建築現場に限った到達可能性にすぎず,特定の被災者への到達可能性を推し量るには,当該被災者が当該建材の使用される可能性のある(同種の建材のいずれかが使用される)建築現場での作業に何回従事したかを特定しなければならない。その意味で,マーケットシェア論は,
我が国の建材市場をマクロ的に見た場合において,
特定の建材が存在する(製造・販売されている)数量的な割合を示すものにすぎず,建材市場の一部をミクロ的に見た場合に当該建材がどのように存在(分布)するかを示すものではなく,ある建材がマーケットシェアどおりに存在(分布)していることを保証するものではない。したがって,単純にシェアが大きいということをもって,被災者らが一審被告企業らの製造・販売した石綿含有建材から石綿粉じんに曝露したと推認することはできない。
共同不法行為者の認定
a
シェア認定の困難性
そもそも,正確なシェアの認定自体不可能である。すなわち,シェアを被災者らへの石綿含有建材の到達可能性の根拠とする以上,シェアを算定する前提となる市場は,石綿含有量に比例していない売上高(販売金額)ではなく,現実の販売(出荷)数量を基礎に算定されなければならないところ,
日本国内における石綿含有建材の販売
(出荷)
数量の総数を把握するためには,日本国内の全建材メーカーから当該
数量に関する正確な情報開示がなされていなければならないが,建材メーカーは,そのような情報開示を行っていない。したがって,マーケットシェア論を共同不法行為論に取り込むこと自体が不合理というべきである。
b
一部の期間のシェアから他の期間のシェアを推認することの不合理性
シェア資料は,年度によって,各建材メーカーが製造している石綿
含有建材のシェアが大きく異なっているケースが多い。例えば,①吹付石綿について,一審被告ニチアスのシェアは,昭和43年が53.6%であるのに対し,昭和45年が8.3%,同ノザワのシェアは,昭和43年が7.1%であるのに対し,昭和45年が41.3%,⑪石綿含有けい酸カルシウム板第2種について,一審被告ニチアスのシェアは,
昭和46年が52.
9%であるのに対し,
昭和50年が14.
5%,㉒石綿含有押出成形セメント板について,一審被告ノザワのシェアは,
昭和52年が90.
9%であるのに対し,
昭和53年が40.
8%,㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種について,一審被告ニチアスのシェアは,昭和44年が75.0%であるのに対し,昭和49年が36.6%,㉟石綿含有窯業系サイディングについて,一審被告クボタのシェアは,昭和50年が38.2%であるのに対し,昭和53年が11.5%となっている。このように,年度によって,各建材メーカーが製造・販売している石綿含有建材のシェアは大きく異なっており,シェアに関する資料が顕出されていない期間も大きな変動があることが推認されるから,そのような期間について資料が提出された期間と同じシェアが継続していると推認するというのは不合理である。
c
シェア資料の不正確性

国交省データベースの不正確性
前記のとおり,
一審原告らは,
国交省データベースを前提として,
被災者らの直接曝露建材を特定している。
しかし,国交省データベースは,情報整備の方法に基づく限界か
ら,石綿含有建材を製造・販売したことがある企業を網羅し,現在までに製造・販売された石綿含有建材の種類,用途等を正確に把握したものではなく,その意味で不正確なものである。
すなわち,
ご利用上の注意では,データの内容の正確性について,国土交通省及び経済産業省が保証するものではありませんとされ,いくつもの留意点が示されている。
また,国交省データベースが把握している範囲外に一審原告らが
主張する直接曝露建材と同様に石綿関連疾患の発症原因たり得る
建材が存在しており,その意味で不完全なものである。例えば,国交省・経産省のWEBサイト石綿(アスベスト)含有建材データベースの関連情報では,本データベースに登録されている以外のその他アスベスト含有建材及び石綿無含有建材の関連情報と
して,石綿を含有する建材種別が国交省データベース外に存在することについて注意喚起を行っている。このように,国交省データベースが捨象した建材から建築作業従事者が日常的に石綿粉じんに
曝露し,石綿関連疾患に罹患した可能性を否定する余地はない。
個々のシェア資料の不正確性
一審原告らが提出したシェア資料に記載された数値は,推定値で
あるものが大半であり,数値の根拠や出典が不明なもの,例えば生産量と施工量のいずれの数値か不明なもの,主要建材メーカー以外の数値が反映されていないもの等が相当数含まれており,概ねその正確性,信頼性に欠けるものである。

d
ノンアス建材を含めた代替建材の考慮の必要性等
石綿含有建材が被災者らに到達した可能性をシェアで測るのであれば,被災者らが就労した建物の種類・構造ごとにどのような種類の建材がどのような部位にどのくらいのシェアで用いられるのかという点を考慮し,
吹付材や天井材などといった大きな用途に分け,ノ
ンアス建材を含めた代替建材の存在も考慮して,シェアを検討する必要がある。国交省データベースにおける建材の分類ごとにシェアを検討し,ある一審被告企業の製造・販売した石綿含有建材のシェアが10%以上であるからといって,当該石綿含有建材が被災者らに到達した可能性が高いとはいえない。

e
石綿含有建材(石綿繊維)の種類の考慮の必要性
石綿関連疾患を発症させ得るのは,
石綿含有建材そのものではなく,
これに含まれる石綿繊維であるところ,同じ石綿繊維であっても,クロシドライト及びアモサイトとクリソタイルとでは,石綿関連疾患を発症させる危険性に大きな違いがあるから,石綿含有建材に含まれる石綿繊維の種類,ひいてはこれを含む石綿含有建材の種類を考慮すべきである。

f
各被災者の就労状況の考慮の必要性
原判決は,建築作業における多種多様な作業については,職種による分業が進み,各職種において作業内容,作業工程,作業方法等は類型化されていることから,ある被災者の作業実態は,基本的に当該被災者の職種が標準的に行う作業と同等であると判断している。
しかし,
実際には同じ職種の被災者であっても,被災者ごとに作業内容や使用した建材はまちまちであり,
作業内容等を類型化できるものではない。

(一審被告企業らの個別主張)

共同不法行為責任に関する一審被告企業らの個別主張は,次のイのとお
り補正し,
後記ウのとおり,
一審被告企業らの当審補充主張を加えるほか,
原判決別冊1(当事者の主張)124頁25行目から126頁16行目まで,128頁18行目から131頁8行目まで,同頁20行目から134頁2行目まで,135頁2行目から138頁16行目まで,142頁2行目から20行目まで,144頁6行目から16行目まで,145頁19行目から146頁初行まで,147頁12行目から149頁9行目まで及び151頁5行目から13行目までに記載のとおりであるから,これを引用する(ただし,一審原告らの一審被告企業らに対する原審主位的請求に関する部分を除く。)。

原判決の補正
原判決別冊1(当事者の主張)126頁14行目及び131頁6行目の各相当程度の次にいずれも以上を加える。
原判決別冊1(当事者の主張)131頁22行目の石綿含有建材には,の次に内装材である石綿含有を,23行目の又はの次に石綿含有を,24行目の及びの次に屋根材である石綿含有
を,132頁12行目の含んでいなかったから,の次に被災者X´が発症したを,23行目及び138頁14行目の各相当程度の次にいずれも以上をそれぞれ加える。
原判決別冊1(当事者の主張)142頁3行目の販売したの次に
石綿含有窯業系サイディングであるを加え,4行目の製造,販売窯業系サイディングであり,を削り,18行目,147頁19行目及び149頁8行目の各相当程度の次にいずれも以上を加える。


当審補充主張
一審被告A&Aマテリアル(番号6・キ)
(ノンアス建材を含めた代替建材の考慮の必要性等)
前記のとおり,一審被告企業らの製造・販売した石綿含有建材の被災
者らへの到達可能性を判断するに当たっては,建材を吹付材や天井材などといった大きな用途に分け,ノンアス建材を含めた代替建材の存在も考慮して,シェアを検討する必要がある。
この点,例えば,内装材については,㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種と石膏ボード,㉔石綿含有ロックウール吸音天井板と木毛板系,木質系,金属系等の吸音天井板は,競合する製品である。
一審被告クボタ(番号7・ク)及び同ケイミュー(番号8・ケ)
a
各建材のシェア認定(ノンアス建材を含めた代替建材の考慮の必要性等を含む。)
⑮~⑲石綿スレートボード
原判決は,一審被告クボタが昭和53年以降に概ね10%のシェ
アを有していたと認めている。しかし,原判決がシェアの認定に供した資料の中には,㉝石綿含有住宅屋根用化粧スレートに分類されるべき建材も含めたシェアが記載されている。また,一審原告らの主張によれば,一審被告クボタのシェアが昭和47年に2.42%しかなかったのに,昭和53年には19.39%又は23.53%に増えているが,そのようなことはあり得ない。これも,石綿スレートボードに本来含まれない屋根材を含めてシェアが計算されて
いるためである。
㉔石綿含有ロックウール吸音天井板
一審被告ケイミューは,平成15年に一審被告クボタ及び松下電
工の屋根材事業及び外壁材事業を会社分割により承継したが,屋根材と外壁材のいずれでもない㉔ロックウール吸音天井板に関する
権利義務は承継しておらず,同一審被告は,上記建材については,みるべきシェアを有していない。
㉝石綿含有住宅屋根用化粧スレート

一審被告企業らの製造・販売した石綿含有建材の被災者らへの到
達可能性を判断するに当たっては,建材を吹付材や天井材
などといった大きな用途に分け,ノンアス建材を含めた代替建材の存在も考慮して,シェアを検討する必要があるところ,屋根材は,一審被告ケイミューが製造・販売していた㉝住宅屋根用化粧スレートに限定されるものではない。この点,屋根材市場における住宅屋根用化粧スレート(新生瓦)の平成14年におけるシェアは17.3%,
平成15年におけるシェアは16.2%にすぎない。そして,
平成14年1月1日以降に一審被告ケイミューが製造・販売した8建材は,すべて松下電工が取り扱っていたものであるところ,新生瓦市場における松下電工のシェアは32.8%程度であったから,一審被告ケイミューのシェアは,
平成14年で5.544%,平成1
5年で5.18%にすぎず,松下電工の新生瓦のすべてが石綿含有のものではなかったから,さらに低い数値となる。
㉟石綿含有窯業系サイディング
の㉝石綿含有住宅屋根用化粧スレートと同様,
外壁材には,
㉟石綿含有窯業系サイディング以外に,金属系サイディング,
木材,
漆喰,ALC,タイル,カラー鉄板,プリント鋼板等の代替建材が存在するから,これらの代替建材の存在を考慮してシェアを検討する必要がある。
b
一審被告ケイミューの責任建材
前記のとおり,
共同不法行為者の認定については,
石綿含有建材
(石
綿繊維)の種類を考慮すべきところ,一審被告ケイミューが製造・販売した石綿含有建材は,石綿関連疾患発症の危険性が少ないとされるクリソタイルのみを原料とするものであり,飛散性もないものであったから,一審被告ケイミューが製造・販売した石綿含有建材を責任建
材とするのは不当である。
c
一審原告各論
(一審原告Xら(番号26・被災者X´・屋根工)

原判決は,被災者X´の吹付石綿への曝露について,S造建物の
現場で,吹き付けられた吹付材を軒天工事の際に削り落としたときのほか,
昭和60年代に5,
6回程度,
吹付作業と同時並行的に作業
に従事した際に石綿粉じんに曝露したことのみを認定している。しかし,
被災者X´は,
S造建物の現場において,
軽量鉄骨天井下地の
取付けの際に,吹き付けられていた吹付材をヘラや金槌,時には素手で削ぎ落して溶接作業した際にも吹付石綿に曝露した。
また,被災者X´は,建物内部の内壁や天井の造作工事等で,電動丸のこを使用して石綿含有の内装材やけい酸カルシウム板を切断しており,内装材やけい酸カルシウム板に由来する石綿粉じんに大量に曝露していたほか,石炭ストーブの煙突設置作業中にも石綿に曝露した。
これらの事実に加えて,一審被告ケイミューが製造・販売した㉝
石綿含有住宅屋根用化粧スレートは,
クリソタイルのみが使用され,
実質的危険性がないものであったことからすれば,被災者X´の中皮腫は,一審被告ケイミュー以外の建材メーカーが製造・販売した吹付石綿等の石綿含有建材が原因となって発症したものというべきである。
原判決は,被災者X´に対する一審被告ケイミューの責任を単独
で認めている。
そうであれば,
一審原告Xらは,
民法709条に基づ
き,因果関係を含めて単独不法行為の成立要件をすべて立証しなければならない。しかし,一審被告ケイミューが平成14年以降に製造・販売した石綿含有屋根材はわずか8建材にすぎず,被災者X´
が取り扱ったであろう屋根材全体を基礎とした場合のシェアは極めて限定的であるはずであり,一審被告ケイミューが平成15年中に石綿含有屋根材の製造・販売を終了したことからすれば,被災者X´が平成14年以降に一審被告ケイミューの石綿含有屋根材を取り扱った蓋然性は認められず,
仮に,
これを取り扱ったとしても,
上記
屋根材から石綿関連疾患が発症する実質的危険性は存在しないというべきである。そうすると,一審被告ケイミューの石綿含有屋根材に由来する石綿粉じんが被災者X´に石綿関連疾患を発症させたという個別的因果関係が認められないことは明らかである。
一審被告神島化学工業(番号10・シ)
(各建材のシェア認定(ノンアス建材を含めた代替建材の考慮の必要性等を含む。))
a
原判決が,一審被告神島化学工業及び同大建工業の㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種に関するシェアの認定の根拠とした資料におけるけい酸カルシウム板は第1種製品に限定されず,同一年において矛盾するシェア資料が存在しており,的確なものではない。

b
前記のとおり,一審被告企業らの製造・販売した石綿含有建材の被災者らへの到達可能性を判断するに当たっては,建材を吹付材や
天井材などといった大きな用途に分け,ノンアス建材を含めた代
替建材の存在も考慮して,シェアを検討する必要があるところ,大工や内装工は,内装材として,㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種のみを使用するわけではなく,それ以外にも,⑮石綿含有スレートボード・フレキシブル板,⑯石綿含有スレートボード・平板,㉑石綿含有パルプセメント板等も使用する。
したがって,
一審被告企業らの製造・
販売した石綿含有建材の被災者らへの到達可能性を判断するに当たっては,これらの建材全体の中でのシェアを検討すべきであり,そうす
ると,一審被告神島化学の㉓石綿含有建けい酸カルシウム板第1種のシェアは5%以下となる。
c
㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種のシェアについて,東レグラサル株式会社(一審被告東レACEの旧社名,以下東レグラサル
という。乙フ11)が製造・販売していたグラサルのシェアを無
視するのは不当である。これを考慮すれば,一審被告神島化学工業のシェアは,
(その生産量が月15万7000枚であるとして)17.2
7%に低下する。

d
一審原告らは,昭和61年から平成2年までの㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種のシェアについて,
1980年版日本の建材産業
により,
一審被告神島化学工業のシェアを18.
19%
(18.
2%)
と主張するが,他の資料から同一審被告のシェアを算定ないし推定すると,上記数値より相当低い割合となる。
一審被告新日鉄住金化学(番号11・チ)

a
シェア10%基準の不合理性及びシェアと到達可能性との関係
少なくとも一審被告新日鉄住金化学が製造・販売した②石綿含有吹付ロックウール(スプレエース)については,原判決が採用したシェア10%基準は不合理である。すなわち,②③石綿含有ロックウール吹付材は,基本的にS造建物で,これが耐火被覆材に使用される建物のみに使用され,かつ,あくまでも新築工事の現場で使用され,増改築工事の現場では使用されない。したがって,仮に,一審被告新日鉄住金化学の製造・販売したスプレエースが②石綿含有吹付ロックウールの中で10%のシェアを有するものであったとしても,これによって,一般的な建築作業従事者が,1年間に1回程度,スプレエースが使用される建築現場で建築作業に従事することにはならない。

b
シェア資料の不正確性

シェア資料の数値は推定値であり,当該シェアの数値を推定・公表している団体によって,その数値が大きく異なっている上,原判決がシェア認定の根拠とした資料以外にも資料が存在するのに,これが採用されなかった理由の説明がない。
c
ノンアス建材を含めた代替建材の考慮の必要性等
前記のとおり,一審被告企業らの製造・販売した石綿含有建材の被災者らへの到達可能性を判断するに当たっては,建材を吹付材や
天井材などといった大きな用途に分け,ノンアス建材を含めた代
替建材の存在も考慮して,シェアを検討する必要がある。
この点,①吹付石綿と②③石綿含有ロックウール吹付材は,その用途が同一であり,建築工事において,どちらか一方が使用されれば,もう一方が使用されることはないという代替性を有する関係にあったから,シェア認定に際しては,①吹付石綿と②③石綿含有ロックウール吹付材を合算して算定すべきであり,②③石綿含有ロックウール吹付材のシェアのみを認定する意味はない。
また,原判決は,②③石綿含有ロックウール吹付材のシェアを認定する際,これとノンアスのロックウール吹付材を全く区別せず,両者を含めてシェアを認定している。しかし,石綿含有ロックウール吹付材については,早くからノンアス化が進められており,原判決がシェア認定に供したシェア資料には,既にノンアス化されたロックウール吹付材も多く含まれている。

d
各建材のシェア認定
一審被告新日鉄住金化学は,昭和43年から昭和53年までの間,②石綿含有吹付ロックウール(スプレエース)を製造・販売していたところ,その間のシェアを新たな資料により算定したところ,昭和43年が2.1%,昭和44年が4.2%,昭和45年が4.6%,昭
和46年が3.
8%,
昭和47年が4.
1%,
昭和48年が10.
4%,
昭和49年が9.
6%,
昭和50年が6.
8%,
昭和51年が5.
8%,
昭和52年が5.9%,昭和53年が6.4%であり,これらの平均は5.8%である。
e
一審被告新日鉄住金化学の責任建材
前記のとおり,
共同不法行為者の認定については,
石綿含有建材
(石
綿繊維)
の種類を考慮すべきところ,
一審被告新日鉄住金化学が製造・
販売した②石綿含有吹付ロックウール(スプレエース)は,石綿関連疾患発症の危険性が少ないとされるクリソタイルのみを原料とするものであり,その石綿含有率は,多いときで10%程度,昭和50年以降は5%未満と,他社と比較して明らかに低かったから,一審被告新日鉄住金化学が製造・販売した②石綿含有吹付ロックウールを責任建材とするのは不当である。

f
一審原告ら各論
一審原告B(番号2・被災者B´・電工)
原判決は,①~③石綿含有吹付材を責任建材と判断しているところ,一審被告新日鉄住金化学の製造・販売した②石綿含有吹付ロックウール(スプレエース)を責任建材とする一方,天井ボードを責任建材としなかったことは不当である。
一審原告C(番号3・被災者C´・電工),同D(番号4・被災
者D´・左官)
,同E(番号5・被災者本人・配管工),同F(番号
6・被災者F´・大工)及び同Y(番号27・被災者本人・左官)いずれの被災者についても,原判決が一審被告新日鉄住金化学の
製造・販売した②石綿含有吹付ロックウールを責任建材としたことは不当である。
一審原告J(番号12・被災者J´・左官,大工)及び同T(番

号22・被災者本人・大工)
一審原告らは,被災者J´及び同Tが①~③石綿含有吹付材からも石綿粉じんに曝露したと主張するが,同被災者が一審被告新日鉄住金化学の製造・販売した②石綿含有吹付ロックウールから石綿粉じんに曝露した可能性はほとんどなく,これを責任建材としなかった原判決の判断は正当である。
一審原告K(番号13・被災者K´・電工),同L(番号14・
被災者本人・電工),同M(番号15・被災者M´・鉄工)及び同U(番号23・被災者U´・ガス配管工)
原判決が一審被告新日鉄住金化学の製造・販売した②石綿含有吹付ロックウールを責任建材としたことは不当である。
一審原告W(番号25・被災者W´・機械工)
一審原告らは,当審で,被災者W´が①~③石綿含有吹付材から石綿粉じんに曝露したと主張するが,同被災者が一審被告新日鉄住金化学の製造・販売した②石綿含有吹付ロックウールから石綿粉じんに曝露した可能性はほとんどなく,これを責任建材とすることはできない。
一審被告積水化学工業(番号13・テ)
a
各建材のシェア認定(ノンアス建材を含めた代替建材の考慮の必要性等を含む。)
原判決は,㉝石綿含有住宅屋根用化粧スレートについて,一審被告積水化学工業が昭和62年以降一定のシェアを占めていたと認めている。しかし,一審被告積水化学工業が製造・販売していた㉝石綿含有住宅屋根用化粧スレート(セキスイかわらU)のシェアは,10%を大幅に下回っていた。すなわち,屋根材の中には,住宅屋根用化粧スレートのほか,
日本瓦や金属瓦等の多様な種類の建材が存在し,
通常,

一つの建築現場で使用される屋根材は1種類であるから,ノンアス建材である日本瓦や金属瓦等も含めた屋根材全体におけるシェアを検討する必要がある。そして,屋根材全体を一つの市場と考えると,その中で一審被告積水化学工業が製造・販売していた㉝石綿含有住宅屋根用化粧スレートの占める割合が10%を大幅に下回ることは明らかである。また,一審被告積水化学工業は,昭和63年からノンアスの住宅屋根用化粧スレートとしてBrookの製造を開始していたか
ら(甲A1180・71頁)
,同一審被告の住宅屋根用化粧スレートの
販売量及びシェアの数値にはBrookも含まれており,㉝石綿
含有住宅屋根用化粧スレートの販売量及びシェアはより小さくなる。b
一審被告積水化学工業の責任建材
仮に,原判決のシェア認定を前提としても,被災者X´は,一審被告積水化学工業が製造・販売した㉝石綿含有住宅屋根用化粧スレートを取り扱っていた時期を昭和61年か昭和62年頃からの4,5年間と供述しているところ
(本人尋問29~30頁)一審被告積水化学工

業が原判決認定のシェアを有していたのは,昭和62年から平成2年までの間にすぎないから,被災者X´が上記建材から発生した石綿粉じんに曝露した期間及び曝露量は微々たるものにすぎない。したがって,一審被告積水化学工業が製造・販売した㉝石綿含有住宅屋根用化粧スレートを責任建材とするのは不当である。
一審被告大建工業(番号14・ト)

a
ノンアス建材を含めた代替建材の考慮の必要性等
前記のとおり,一審被告企業らの製造・販売した石綿含有建材の被災者らへの到達可能性を判断するに当たっては,建材を吹付材や
天井材などといった大きな用途に分け,ノンアス建材を含めた代
替建材の存在も考慮して,シェアを検討する必要がある。

例えば,大工や内装工については,⑮石綿含有スレートボード・フレキシブル板,⑯石綿含有スレートボード・平板,㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種等は相互に代替可能な建材であり,⑳石綿含有スラグ石こう板も相当程度の代替可能な建材であるから,それぞれ個別にシェアを検討するのではなく,全体としてシェアを検討する必要がある。また,住宅用天井材には,㉔石綿含有ロックウール吸音天井板のほか,天井用合板,セミハード,インシュレーション,塩ビ合板,ポリ合板,石こう化粧,吹付材,繊維質上塗材,パルプセメント板など種々の建材が存在し,その出荷面積シェアも様々であり,昭和51年における㉔石綿含有ロックウール吸音天井板が住宅用天井材に占める出荷面積のシェアは5.3%にすぎないから,上記各建材も考慮してシェアを検討する必要がある。
b
各建材のシェア認定
⑦㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種及び第2種原判決が,標記各建材に関する一審被告大建工業のシェアを認定
する根拠とした資料とは大きく異なるシェアを示す資料があり,また,別の企業のシェアであるのに同一審被告のシェアとされていることが分かるもの,第1種だけではなく第2種のシェアが含まれてるものもある。各種資料により,正確にシェアを計算すると同一審被告のシェアは原判決が認定した割合より相当低くなる。
㉔石綿含有ロックウール吸音天井板
原判決が,標記建材に関する一審被告大建工業のシェアを認定す
る根拠とした資料の中には,シェア認定の資料としては意味のないもの,出荷量ではなく生産能力をシェアとして表示したもの,実績値ではなく推定値を記載したもの,記載の内容がばらばらで信用性に乏しいものがある。他方,昭和52年及び昭和53年のシェ資料
としては,
市場調査報告書-内装材の総合分析-には信用性があ
り,この資料により同一審被告のシェアを認定すべきである。この資料によると,同一審被告の標記建材のシェアは,昭和46年が38.3%であり,その後,年々漸減して昭和54年には25%となり,以後は25%以下と推認できる。
c
一審被告大建工業の責任建材
㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種
㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種のうち軒天材として使用さ
れる建材は,基本的に屋外で切断されるから,これを一審被告大建工業の責任建材とするのは不当である。
㉔石綿含有ロックウール吸音天井板
一審被告大建工業が製造・販売していた㉔石綿含有ロックウール
吸音天井板には,加工にボードカッターを使用する旨の注意表示がされ,実際にも加工にはボードカッターを使用するため,粉じんが飛散せず,被災者らの石綿関連疾患発症の原因とはなり得ない。なお,一審原告らは,一審被告大建工業の㉔石綿含有ロックウール吸音天井板のうち,輸出用ダイロートン及び
ダイロートンEX不燃
を予め直接曝露建材から除外している。これに加えて,一審被告大建工業のシェアは,昭和46年に38.3%,その後漸減して,昭和54年には25%となるなど,ほぼ年々低下しており,昭和55年以降は25%以下と推認できることや,一審被告大建工業の石綿含有ロックウール吸音天井板の推定石綿使用量は,昭和46年から昭和55年が2万5289トン,昭和56年から昭和62年が8628トンであり,シェアを30%とすると,累計石綿使用量は,約7600トン(年平均450トン弱)となり,これは,
昭和58年度環境庁委託業務調査報告書アスベスト製品等流通経路調査に記
載されている石綿含有ビニル床タイル(一審原告らは,これを直接曝露建材とは主張していない。
)の昭和52年及び昭和53年にお
ける1年間の石綿使用量7000トンを若干上回る数量にすぎな
いこと等からすれば,一審被告大建工業の標記建材を責任建材とすることは不当である。
d
一審原告ら各論
(一審原告F(番号6・被災者F´・大工)

被災者F´については,建材の仕入れ台帳が証拠として提出されているが(甲D6の14)
,これには,被災者F´が,ロックウール吸音
板として,主に松下電工のロッキーや彫り天を購入し,一審
被告日東紡績のソーラートンを一部購入していた旨が記載されて
おり,一審被告大建工業の㉔ロックウール吸音天井板を購入していたとの記載はなく,
被災者F´は,
このメーカーがええ,思うたら,(中略)ずっと長年使うと述べており(本人尋問15頁),一審被告大建
工業の㉔ロックウール吸音天井板を購入・使用していなかったことは明らかである。したがって,被災者F´は,一審被告大建工業が製造・販売した㉔ロックウール吸音天井板に係る石綿粉じんには曝露していないというべきである。
一審被告太平洋セメント(番号16・ニ)

a
シェア10%基準の不合理性及びシェアと到達可能性との関係
少なくとも、一審被告太平洋セメントが製造・販売した②石綿含有吹付ロックウール(スプレーコート)については,原判決が採用したシェア10%基準は不合理である。すなわち,スプレーコートは,稀に内装(吸音・断熱)のためにRC造建物に使用されることはあるが,主にS造建物に耐火被覆材として使用され,木造建物に使用されることはない。
そして,
S造建物の中でも,
主要構造部
(柱,

梁等)を耐火構造とする必要がある耐火建築物がほとんどである。したがって,仮に,一審被告太平洋セメントの製造・販売したスプレーコートが②石綿含有吹付ロックウールの中で10%のシェアを有するものであったとしても,これによって,一般的な建築作業従事者が,1年間に1回程度,スプレーコートが使用される建築現場で建築作業に従事することにはならない。
前記のとおり,一審被告太平洋セメントは,自己が製造・販売し
た②③石綿含有ロックウール吹付材について,建材だけが流通しないように販売先の系列化を図っていたから,これを同系列ではない建築作業従事者が一般的に取り扱うことは基本的にあり得なかっ
た。したがって,仮に,一審被告太平洋セメントの製造・販売したスプレーコートが②石綿含有吹付ロックウールの中で10%のシェアを有するものであったとしても,これによって,一般的な建築作業従事者が,1年間に1回程度,スプレーコートが使用される建築現場で建築作業に従事することにはならない。
b
ノンアス建材を含めた代替建材の考慮の必要性等
前記のとおり,一審被告企業らの製造・販売した石綿含有建材の被災者らへの到達可能性を判断するに当たっては,建材を吹付材や
天井材などといった大きな用途に分け,ノンアス建材を含めた代
替建材の存在も考慮して,シェアを検討する必要がある。
この点,耐火被覆材としての吹付材には,吹付石綿や石膏・バーミキュライト(ひる石)
・セラミック等を主原料とする吹付材もあり,ま
た,耐火被覆材には,石灰質原料(消石灰等)やケイ酸質原料(珪藻土等)を主原料とし,石綿やロックウール等を補助材とするケイカル板(耐火被覆板)等により鉄製の部材を覆う方法や,マット状のセラミックファイバーやロックウール等を鉄製の部材に巻き付ける方法等
もあり,これらは同時期に販売されていた。このため,耐火建築物であるS造建物であっても,必ずしも一審被告太平洋セメントが製造・販売した②石綿含有吹付ロックウール(スプレーコート)が使用されているとは限らない。ここで問題となるのは,
加害行為者らの建材が到達した可能性が高いか否か
(絶対値)であり,
石綿含有建材の中でどの建材が到達した可能性が高いか石綿含有建材の中での相対値)(
ではない。したがって,上記の施工方法等も分母に含めて,一審被告太平洋セメントのシェアを検討する必要があるが,代替建材も含めた耐火被覆用途の建材市場における同一審被告のシェアを示す証拠は一切存在しない。
他方,一審被告太平洋セメントは,昭和49年当時,特化則の改正動向を踏まえて,ノンアスの吹付ロックウール(スプレーコート)を開発し,商品化していた。ただし,完全にノンアス化したのは,昭和50年10月であった。したがって,原判決がシェア認定に供したシェア資料の数値については,ノンアス製品に係る数値をシェア算定における分子から除外すべきである。
また,原判決は,一審被告太平洋セメントのシェア認定に当たり,②石綿含有吹付ロックウール(スプレーコート)と③湿式石綿含有吹付材
(スプレーコートウェット)
のシェアを合算して認定しているが,
スプレーコートウェットを責任建材から除外しているから,これをシェア算定における分子から除外すべきである。
c
一審被告太平洋セメントの責任建材
以下のとおり,一審被告太平洋セメントが製造・販売した②石綿含
有吹付ロックウール(スプレーコート)を責任建材とするのは不当である。
②石綿含有吹付ロックウールの主原料は,
①吹付石綿とは異なり,

あくまでロックウールであり,スプレーコートの石綿含有率は最大で15%(昭和50年以降は5%以下)にすぎず,昭和46年から平成元年までの間に石綿含有建材に使用されたと推定される石綿量(379万0721トン)のうち一審被告太平洋セメントがスプレーコート及び③湿式石綿含有吹付材(スプレーコートウェット)の製造に使用した石綿量(5470トン)の割合はわずか0.1443%にすぎない。したがって,被災者らがスプレーコートから石綿粉じんに曝露した可能性は極めて低い。
スプレーコートは,建物の下の階から上の階へと順次施工されて
いくが,その施工時には,原則として同じ階において他の職種の者による同時並行作業は行われず,施工階(施工区画)に立ち入ってはならないこととされ,スプレーコートが施工区画外に漏れ出ないようシートで養生囲いを行い,床や壁に貫通部分がある場合には同様に蓋をして養生をしていた。したがって,吹付工以外の職種の者が施工階(施工区画)に立ち入ってスプレーコートから石綿粉じんに曝露することはなく,施工階(施工区画)外にいる吹付工以外の職種の者がスプレーコートから石綿粉じんに曝露することもなかった。
前記のとおり,一審被告太平洋セメントがスプレーコートを販売
していた専門の吹付施工業者においては,一審被告太平洋セメント及び同一審被告系列の販工店で組織するスプレーコート安全衛生協議会(通称SP会)による安全衛生パトロールが行われ,清掃作
業がきれいに行われているか等についても厳しく指導されており,スプレーコートの吹付作業終了後,浮遊する吹付材が床に落下するまで時間を置いた上で,吹付工が床に落ちた吹付材を清掃により十分除去し,現場監督のチェックを受けて引き渡していた。したがっ
て,仮に,建築現場に吹付材が残存していたとしても,その量は微量であり,塗装工らが下地調整の際に清掃を行うとしても,その清掃作業から曝露する石綿粉じん量は微量であった。
一審被告太平洋セメントのスプレーコートについて,剥がし作業
による石綿粉じん曝露はなかった。
S造建物の天井には,鉄製のデッキプレートを敷設する合成スラ
ブ工法が採用されることが多かったところ,一審被告太平洋セメントがスプレーコートの製造・販売を開始した昭和46年6月よりも前の遅くとも昭和41年8月5日の時点において,デッキプレートの下面に耐火被覆を要しない工法が確立されていた。この工法による場合,デッキプレートの上面にコンクリートを打設することで耐火性能を確保できるため,これに加えてデッキプレートの下面に吹付材を施工することは稀であり,仮に,何らかの吹付けがされるとしても,ほどんどは現場発泡ウレタンを主流とする断熱材の吹付けであった。
また,前記のとおり,吹付材は,火災による火熱から建物の鉄骨
を保護するために鉄骨全体を被覆し,鉄骨が直接火熱にさらされないようにすることにより建物の耐火性能を確保する耐火被覆材であるから,一度施工された吹付材が施工後に剥がされることは予定されていない。
そして,耐火用途で吹付材を施工する箇所は,主として柱や梁の
鉄骨に限られ,天井のインサートが吹付材で埋まるおそれがあるのは,柱や梁に近い箇所(柱・梁から10㎝程度)に限られるから,電工らは,柱や梁に近い天井のインサートが吹付材で埋まらないようにするため,吊りボルトを打っておいてビニールで養生し,吹付け終了後に養生を取り外すか,あるいは吊りボルトの代わりに仮ボル
トを打っておいて吹付け終了後に仮ボルトを本吊りボルトに交換するという作業を行っていた。このため,電工らが養生や仮ボルト以外の吹付材を剥がすことはなく,万が一,事前の吊りボルトや仮ボルトの設置ミスや吹付け後の設計変更等により,吹付け後に吹付材を剥がす必要が生じたとしても,それは例外的なことであり,吹付材を剥がす箇所や量は少なく,短時間の作業にすぎず,吊りボルトや仮ボルトを忘れてインサートが隠れてしまい,あるいはインサート自体を付け忘れてしまった場合でも,インサートの場所を容易に探し当てられる例外的な場合を除き,吹付材の上から電気ドリルでデッキプレートに穴を開け,その穴にインサートを直接打ち込むから,いずれにせよ発生する石綿粉じんの量は少なかった。
さらに,前記のとおり,吹付材について剥がし作業を行う必要が
あるとしても,
その箇所は少なく,
必要最小限度の範囲であるから,
削ぎ落とす量はごく少量で,かつ短時間の作業であり,吹付け後の吹付材は湿った状態であり,その後1週間程度で乾いていくものであるところ,湿った状態の吹付材を削ぎ落としても,当該箇所の吹付材がボトボトと落下するだけで,粉じんが舞うという状態にはならず,
1週間程度を経過した後は,
吹付け後にコテ押さえががされ,
固められて硬化しているから,石綿が単独で浮遊することはない。なお,一審原告らは,電工や配管工らが天井裏で作業をする際,
吹付材に身体が当たり,剥がれた吹付材から石綿粉じんに曝露したと主張するが,電気配線,配管・ダクト等は,軽天下地が取り付けられる前に設置されるのが通常であり,電工や配管工らが軽天下地を取り付けた後に天井裏に潜り込んで作業することは稀であり,
仮に,
電工や配管工らが天井裏に潜り込んで作業することがあるとしても,前記のとおり,吹付材は,吹付け後にコテ押さえががされ,固めら
れて硬化しているから,身体が少し当たったくらいで剥がれることはない。
また,改修工事は,建物の主要構造材を残しながら,建物の内装
や間取りを改修し,増築する等の工事を行うものであり,吹付材が吹き付けられた鉄骨等の躯体は原則として解体の対象とはならず,石綿粉じんが飛散することは稀であり,前記のとおり,スプレーコートは,吹付け後にコテ押さえががされ,固められて硬化しているから,身体が少し当たったくらいで剥がれることはなく,剥がれたとしてもその量は微量であるから,建築作業従事者が改修工事によって石綿粉じんに曝露したということはない。しかも,S造建物の改修・解体工事は,建築後20~30年以上経過した後に行われるのが一般であり,昭和46年6月に製造・販売が開始された一審被告太平洋セメントの石綿含有ロ吹付ックウールが使用された建物の改修・解体工事は,平成3年6月になるまでほとんど行われていなかったと考えられる。したがって,建築作業従事者が改修工事や解体工事において一審被告太平洋セメントの石綿含有ロ吹付ックウールから石綿粉じんに曝露したことは考えられない。
d
一審原告ら各論
一審原告B(番号2・被災者B´・電工),同C(番号3・被災者
C´・電工),同D(番号4・被災者D´・左官)
,同E(番号5・被
災者本人・配管工),同F(番号6・被災者F´・大工),同K(番号13・被災者K´・電工),同L(番号14・被災者本人・電工),同M(番号15・被災者M´・鉄工),同U(番号23・被災者U´・ガス配管工)及び同Y(番号27・被災者本人・左官)につき,原判決が一審被告太平洋セメントの製造・販売した②石綿含有吹付ロックウール(スプレーコート)を責任建材としたことは不当である。

また,一審原告W(番号25・被災者W´・機械工)については,被災者W´は,一審被告太平洋セメントの製造・販売した②石綿含有吹付ロックウールから石綿粉じんに曝露した可能性はほとんどなく,これを責任建材とすることはできない。
一審被告東レACE(番号21・フ)
a
各建材のシェア認定(ノンアス建材を含めた代替建材の考慮の必要性等)を含む。)
原判決は,㉟石綿含有窯業系サイディングについて,’89年建材マーケティング便覧(甲A1180・67頁)により,一審被告東レACEのシェアを昭和62年が10.
4%,
昭和63年が9.
6%
と認めている。
しかし,外壁材には,窯業系サイディングだけでなく,乾式外壁材のALC,金属サイディング,カラー鉄板,湿式モルタル等の代替建材が存在するから,これらの代替建材の存在を考慮してシェアを算定する必要がある。この点,'83外壁材市場の展望と戦略研究(甲A1355・4頁の表1)によれば,昭和63年において,外壁市場全体に占める窯業系サイディングの比率は28.6%にすぎず,窯業系サイディングのシェアが10%とすれば,外壁市場全体におけるシェアは2.86%にすぎない。
また,乾式外壁材の普及度合をみても,
'83外壁材市場の展望と戦略研究では,

中部以西はまだ乾式の割合はまだ知れたもの。モルタル王国であることを示している。

とされており,シェアの算定においては,地域差も考慮すべきである。上記資料を前提とすると,本件の被災者らが就労した近畿地方における昭和57年の一審被告東レACEの外壁材の販売量は6万4千坪,外壁材市場全体の販売量は520万4千坪であるから,一審被告東レACEの外壁材市場全体に
おけるシェアはわずか1.223%にすぎず,シェア10%には遠く及ばない。
b
一審被告東レACEの責任建材
一審被告東レACEは,平成10年10月に自社が製造・販売してきた石綿含有建材を完全にノンアス化したから,それ以降,同一審被告の製造・販売した建材が責任建材となることはない。

c
一審原告ら各論
(一審原告V(番号24・被災者V´1・大工))
一審原告らは,被災者V´1が一審被告東レACEの製造・販売した㉟石綿含有窯業系サイディングからも石綿粉じんに曝露したと主張するが,同被災者が一審被告東レACEの製造・販売した㉟石綿含有窯業系サイディングから石綿粉じんに曝露した可能性はほとんどなく,これを責任建材としなかった原判決の判断は正当である。
一審被告ニチアス(番号23・マ)

a
各建材のシェア認定(ノンアス建材を含めた代替建材の考慮の必要性等を含む。)
①吹付石綿
一審被告ニチアスのシェアは,鉱石質建材市場便覧
(甲A1
092・25頁)では,昭和43年が53.6%,
無機繊維系建材と石膏ボード甲A1093・24頁)では,そのわずか2(
年後の昭和45年が8.3%とされている。このように,シェア
が短期間で大幅に変更したことを示唆する複数の証拠がある場
合には,これらの証拠自体の信用性が疑わしく,仮に,いずれの
シェア資料の数値も正しいとしても,記各年以外のシェアにつ

いては,証拠力が極めて低いというべきである。
②③石綿含有ロックウール吹付材

昭和47年頃から昭和56年頃にかけて,
一審被告企業らの製
品開発が進むに従い,
石綿含有率が低いロックウール吹付材が順
次投入されていった。特に,一審被告ニチアスは,昭和49年頃
にノンアスのロックウール吹付材を発売した。ところが,原判決
が②③石綿含有ロックウール吹付材のシェア認定に供したシェア資料には,こうした石綿含有率を踏まえた統計(特に,石綿含有
のものとノンアスのものとを区別した統計)十分示されていな

い。
㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種
原判決は,一審被告ニチアスのシェアについて,昭和44年が7
5.0%,昭和49年が36.6%と認定しているが,本件と同種の別件訴訟で提出された証拠の中には,
昭和48年のシェアが2
1.4%にとどまると示唆するものもある。
b
一審被告ニチアスの責任建材
③湿式石綿含有吹付材
一審被告ニチアスが製造・販売した③湿式石綿含有吹付材であるミネラックスは,国交省データベースでは,③湿式石綿含有吹付材とされているが,他の吹付材とは用途及び施工箇所が大きく異なり,粒状化したロックウール等(石綿も一部含有する。
)を基材
として装飾材を加え,着色材をセットにした化粧塗材であり,原料に水を加え,施工したい色味になるよう着色材を投入して練ったものをコテ等で薄く塗りつけて施工する。そして,ミネラックスの用途は,耐火被覆ではなく,第1に吸音,結露防止等,第2に装飾のためである。このため,建物の種類に特に制限はないが,内装部分に施工することが念頭に置かれている。したがって,ミネラックスは,責任建材とはなり得ない。

㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種
一審被告ニチアスは,㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種の切
断実験を行ったところ,5㎜と6㎜のケイカル板は,2,3回程度カッターで切り込みを入れて折り曲げることで容易に切断するこ
とが可能であり,その切断時に石綿粉じんが飛散することはほとんどないと考えられる。
また,一審被告ニチアスが製造・販売した㉓石綿含有けい酸カル
シウム板第1種は,従来からその出荷先の90%が非住宅(中高層建築)であり,戸建住宅等向けの出荷は10%にとどまっており,その傾向は近時も同様である。少なくとも,一審被告ニチアスが製造・販売した㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種が戸建住宅等の建築に従事していた大工らに到達したとは考えられない。
したがって,一審被告ニチアスが製造・販売した㉓石綿含有けい
酸カルシウム板第1種は,責任建材とはなり得ない。
c
一審被告ニチアスの一審原告R(番号20・被災者R´・吹付工,大工)に対する単独不法行為責任
原判決は,被災者R´に対する一審被告ニチアスの民法709条に基づく責任を単独で認めている。しかし,一審原告らは,民法709条に基づく損害賠償を請求する場合であっても,
個々の石綿含有建
材が被災者らに現に到達したことについて,達の相当程度以上の

可能性を主張・立証するものであり,到達の事実自体を主張・立証するものではないとしているから,
被災者への加害行為の到達とい
う因果関係の主張を欠いており,その主張自体失当であり,また,被災者R´の中皮腫発症及びこれによる死亡が一審被告ニチアス
の製造・販売した石綿含有建材によるものであるとの因果関係に関する立証もない。特に,被災者R´は,型枠大工としても稼働して
いたところ,型枠大工は,石綿粉じんに直接・間接に曝露する職種であるから,この点について何ら触れないまま,被災者R´の中皮腫発症及びこれによる死亡が一審被告ニチアスの製造・販売した石綿含有建材によるものとした原判決の判断は誤りである。
一審被告日東紡績(番号25・ム)
a
シェア10%基準の不合理性及びシェアと到達可能性との関係
前記のとおり,一審被告日東紡績は,昭和36年から昭和50年までの間,②石綿含有吹付ロックウール(スプレーテックス)を,昭和49年から昭和62年までの間,③湿式石綿含有吹付材(スプレーウェット)をそれぞれ製造・販売していたところ,これらの施工をしていたのは,一審被告日東紡績(昭和36年~昭和40年)又は一審被告日東紡績の子会社であったスプレーテックス工事株式会社(昭和40年~昭和47年)若しくは日東紡スプレー工事株式会社(昭和47年~)が認定した特定の下請事業者であり,一般の吹付業者が取り扱う可能性は低く,特に京都府下には下請業者が存在しなかったから,上記各建材が流通することはほとんどなかった。したがって,仮に,一審被告日東紡績の製造・販売したスプレーテックス及びスプレーウェットが②③石綿含有ロックウール吹付材の中で10%のシェアを有するものであったとしても,これによって,一般的な建築作業従事者が,1年間に1回程度,スプレーテックス及びスプレーウェットが使用される建築現場で建築作業に従事することにはならない。

b
各建材のシェア認定(ノンアス建材を含めた代替建材の考慮の必要性等を含む。

②石綿含有吹付ロックウール(スプレーテックス)昭和50年当時,一審被告日東紡績が製造・販売していた②③石綿含有ロックウール吹付材には,建材番号14のスプレーテックス
(耐火被覆材乾式工法)だけでなく,同種類の建材である建材番号15のスプレーテックス(断熱・内装材乾式工法)及びスプレーウェット(耐火被覆材)が存在し,これら3種類の建材を併せてシェアが算定されていたから,建材番号14のスプレーテックスのシェアを区別して算定する必要がある。昭和49年において,出荷量は断熱材が60%,耐火被覆材が40%であり,耐火被覆材の場合,80%は乾式工法であったから,建材番号14のスプレーテックスのシェアは,3.6%と推定される。また,昭和51年において,出荷量は断熱材が40%,耐火被覆材が60%であり,耐火被覆材の場合,80%は乾式工法であったから,建材番号14のスプレーテックスのシェアは,4.6%と推定される。したがって,昭和50年当時,建材番号14のスプレーテックスのシェアは,3.6%~4.6%程度にとどまっていた。
③湿式石綿含有吹付材(スプレーウェット)
昭和52年においては,他の年と異なり,乾式と湿式を分けて,
実績値及びシェアを割り出しているところ,スプレーウェットの実績値及びシェアはいずれも0であり,スプレーウェットのシェアは0%と推定される。念のため,他の年の推定値も計算すると,昭和49年においては,上記のとおり,出荷量は断熱材が60%,耐火被覆材が40%であり,耐火被覆材の場合,80%は乾式工法によるから,スプレーウェットのシェアは,どんなに高くとも0.9%と推定される。したがって,昭和50年から昭和62年にかけて,スプレーウェットのシェアは,0%(どんなに高くとも0.9%程度)であった。
ノンアス化
一審被告日東紡績は,建材番号14のスプレーテックス(耐火被

覆材乾式工法)については昭和51年以降,建材番号15及び16のスプレーテックス(断熱・内装材乾式工法,非カラー品)については昭和55年以降,建材番号15ないし17のスプレーテックス(断熱・内装材乾式工法,カラー品)及び建材番号31のスプレーウェットについては昭和63年以降,ノンアス化した。
したがって,
昭和51年以降,一審被告日東紡績のシェアは,ノンアス建材を含むシェアであり,石綿含有建材のみで考えると,シェア10%以上には達しない。
c
一審被告日東紡績の責任建材(石綿含有建材(石綿繊維の種類の考慮の必要性を含む。))
②石綿含有ロックウール(建材番号14のスプレーテックス)前記のとおり,スプレーテックスは,一審被告日東紡績(昭和36年~昭和40年)又は一審被告日東紡績の子会社であったスプレーテックス工事株式会社(昭和40年~昭和47年)若しくは日東紡スプレー工事株式会社(昭和47年~)が認定した特定の下請事業者が施工しており,一般の吹付業者が取り扱う可能性は低く,特に京都府下には下請業者が存在しなかったから,スプレーテックスが流通することはほとんどなかったこと,スプレーテックスのシェアは,昭和36年から昭和50年にかけて,3.6%~4.6%程度にとどまっていたこと,スプレーテックスには,石綿関連疾患発症の危険性の低いクリソタイルのみが使用されていたこと,スプレーテックスには,吹付け後にコテ押えという作業が存在し,その
作業により,吹付け表面が平滑になり,石綿粉じんが飛散しにくい状態になること等からすれば,スプレーテックスを責任建材とするのは不当である。
③湿式石綿含有吹付材(建材番号31のスプレーウェット)
上記

と同様の事情から,スプレーウェットが流通することはほ

とんどなかったこと,スプレーウェットのシェアは,昭和49年から昭和62年にかけてほぼ0%であったこと,スプレーウェットは,スプレーテックスと比べて工事金額が4~5倍になる上,高額かつ特殊な吹付機械が必要であり,仕上工程のコテ作業が非常に難しく,高度の技術をもった左官工でないと施工が困難であるため,この点でもほとんど市場に流通することはなかったこと,上記

と同様,

スプレーウェットには,石綿関連疾患発症の危険性の低いクリソタイルのみが使用されていたこと,スプレーウェットには,吹付け後にコテ押えという作業が存在し,その作業により,吹付け表面
が平滑になり,石綿粉じんが飛散しにくい状態になること等からすれば,スプレーウェットを責任建材とするのは不当である。
d
一審原告ら各論
一審原告A(番号1・被災者A´・左官)
少なくとも昭和49年以前には一審被告日東紡績に予見可能性は
認められず,前記c

のとおり,②石綿含有吹付ロックウール(ス

プレーテックス)を責任建材とするのは不当であるから,これを責任建材としなかった原判決は正当である。
一審原告B(番号2・被災者B´・電工),同C(番号3・被災
者C´・電工),同D(番号4・被災者D´・左官)
,同E(番号5・
被災者本人・配管工),同F(番号6・被災者F´・大工),同K(番号13・被災者K´・電工),同M(番号15・被災者M´・鉄工),同T(番号22・被災者本人・大工)
,同U(番号23・被
災者U´・ガス配管工)及び同Y(番号27・被災者本人・左官)前記cのとおり,一審被告日東紡績の製造・販売した②石綿含有吹付ロックウール(スプレーテックス)及び③湿式石綿含有吹付材
(スプレーウェット)を責任建材とするのは不当である。
一審原告J(番号12・被災者J´・左官,大工)
被災者J´が吹付作業に関与したのは15件程度と極めて少なく,前記cのとおり,一審被告日東紡績の製造・販売した②石綿含有吹付ロックウール
(スプレーテックス)
及び③湿式石綿含有吹付材
(ス
プレーウェット)を責任建材とするのは不当であるから,これらを責任建材としなかった原判決は正当である。
一審原告L(番号14・被災者本人・電工)
前記c

のとおり,一審被告日東紡績の製造・販売した②石綿含
有吹付ロックウール(スプレーテックス)を責任建材とするのは不当である。
一審原告S(番号21・被災者S´・自動ドア工)
前記c

のとおり,一審被告日東紡績の製造・販売した③湿式石
綿含有吹付材(スプレーウェット)を責任建材とするのは不当である。
一審原告V(番号24・被災者V´1・大工)
被災者V´1がS造建物の新築工事に従事したのは1年に約2棟
のみであったことや,
前記c

のとおり,
一審被告日東紡績の製造・

販売した③湿式石綿含有吹付材(スプレーウェット)を責任建材とするのは不当であるから,これを責任建材としなかった原判決は正当である。
一審原告W(番号25・被災者W´・機械工)
一審原告らは,原審では一審被告日東紡績に対して予備的請求を
していなかったが,当審で,同一審被告の製造・販売した②石綿含有吹付ロックウール(スプレーテックス)を直接曝露建材として主張し,請求を追加した。しかし,そもそも,一審原告らによる上記
直接曝露建材の追加主張及び請求の追加は,時機に後れた攻撃防御方法及び時機に後れた訴えの変更として却下されるべきである。
また,この点を措くとしても,原判決によれば,被災者W´の石
綿粉じん曝露開始時期は,昭和61年以降とされているところ,一審被告日東紡績は,昭和51年以降,スプレーテックスを製造していないし,前記c

のとおり,スプレーテックスを責任建材とする

のは不当である。
一審被告日本バルカー工業(番号28・ユ)
a
一審被告日本バルカー工業の責任
一審被告日本バルカー工業の製造・販売業者性
一審原告らは,一審被告日本バルカー工業の製造・販売業者性を
裏付ける事実として,国交省データベースで,バルカウェット
等の石綿含有建材について,現在のメーカーとして日本バルカー工業,生産時のメーカーとして日本リンペット工事と記載されていることを主張する。しかし,この記載は,上記石綿含有建材の製造者は日本リンペット工事であるものの,問い合わせ先として,現在のメーカー名の欄に一審被告日本バルカー工業
の名前を残しているだけである。
また,一審原告らは,一審被告日本バルカー工業の製造・販売業
者性を裏付ける事実として,同一審被告が,本件と同種訴訟である東京第1陣訴訟において,答弁書(甲A1274)で,

被告日本バルカー工業株式会社が製造していた主製造石綿含有建材と製造期間欄の記載は認める。

と記載したことを主張する。この点,確かに,一審被告日本バルカー工業は,自己が石綿含有建材を製造した事実を認める答弁をしたが,その後,直ちに当該認否は誤りであり,石綿含有建材を製造したのは一審被告日本バルカー工業ではな
く,関連会社である日本リンペット工事であるとして訂正したところ(乙ユ5・2~3頁)
,これについて上記訴訟の原告らは異議の申
立てをせず,その後当該訂正を前提として上記訴訟が進行した。
そして,一審原告らは,一審被告日本バルカー工業の製造・販売
業者性を裏付ける事実として,一審被告日本バルカー工業の社史,新聞記事のほか,各種のシェア資料や,他の一審被告企業らの社史,業界紙であるせきめん等の記載内容を挙げる。しかし,これら
の記載内容は,一審原告らの主張を何ら裏付けるものではない。
むしろ,①一審被告日本バルカー工業は,日本リンペット工事に一定の出資をしているが,両社はあくまで別会社であり,日本リンペット工事には旧日本セメント株式会社(現在の一審被告太平洋セメント)や個人も出資していること,②一審被告日本バルカー工業(技術開発部)は,日本リンペット工事の石綿含有建材の開発に関与したが,日本リンペット工事に実施権を付与したにすぎないこと,③日本リンペット工事は,昭和35年の設立当初は一審被告日本バルカー工業の厚木工場を借り受けて石綿含有建材を製造・販売していたが,昭和40年以降は自社工場で石綿含有建材を製造していたこと,④日本リンペット工事は,石綿原料を一審被告日本バルカー工業ではなく,三菱商事株式会社や伊藤忠商事株式会社を通じた輸入により仕入れていたこと,⑤日本リンペット工事の受注先のほとんどは大手ゼネコンであったこと等の事実に加え,当社関連の建築材料一覧表と題する書面,国交省データペース,ニューリリース石綿ばく露作業による労災認定等事業場一覧表と題する書,
面等からすれば,日本リンペット工事が石綿含有建材を製造・施工していた事実はあるが,一審被告日本バルカー工業が石綿含有建材を製造・販売していた事実のないことは明らかである。

民法719条1項及び2項に基づく責任
民法719条1項(関連共同性)に基づく責任について,一審原
告らが主張する一審被告日本バルカー工業と日本リンペット工事
との密接な一体関係を裏付ける事実は,一審被告日本バルカー工業が石綿に関する研究・開発を行っていた事実を除き,いずれも一審原告らの主張を裏付けるものではない。一審被告日本バルカー工業は,パッキングやガスケットという工業用シール材のトップメーカーであり,従来からシール製品に石綿が不可欠の材料として使用されてきた経緯から,石綿に関する研究開発・技術力を有していたため,石綿含有建材についても研究・開発を行い,その実施権を日本リンペット工事に付与し,日本リンペット工事がこれに基づいて独自に企業化を図ることとしたものである。このような経緯や,上記で主張した事情からすれば,一審被告日本バルカー工業と日本リ
ンペット工事は,組織的にも人的にも独自の事業体であり,両社の間に関連共同性があるとはいえない。なお,一審原告らが援用する社史,バルカーレビュー,
せきめんの記載内容は,いずれも一審
原告らの主張を裏付けるものではない。
また,民法719条2項(幇助)に基づく責任について,前記の
とおり,
一審被告日本バルカー工業は,日本リンペット工事に対し,
石綿含有建材の製造に係る実施権を付与したにすぎず,これをもって幇助とすると解することはできない。民法719条2項の幇
助者としての責任が生じるためには,同条1項の共同不法行為者の責任が前提となるところ,日本リンペット工事と他の一審被告企業らとの間に(強い)
関連共同性はなく,日本リンペット工事に共
同不法行為者としての責任は認められない。
製造物責任法の趣旨に基づく責任

そもそも,製造物責任法が未だ制定されていない段階で,これを
根拠として責任があるとすることは,立法論であればいざ知らず,解釈論としては成り立ち得ない。
また,
製造物責任法は,
被害者が,
製造物に表示された者が真の製造者であることを念頭に,その製造物が安全であると信用し,これを購入・使用した結果,被害にあった場合に,そのように誤信した当該被害者を保護することを目的とするものであるから,被害者が表示を通じて,如何なる製造者が製造・販売した製造物であるかを認識し,その表示を信用したことが必要と解すべきであるが,被災者らは,いずれも具体的な建材メーカーの名前は知らないと主張し,特定の建材メーカーの製造物であると信用したものでないから,損賠賠償請求の前提を欠いている。b
一審被告日本バルカー工業の責任建材
(各建材のシェア認定)
原判決は,一審被告日本バルカー工業の①吹付石綿のシェアについて,昭和43年が25.0%,昭和45年が33.1%であったと認めている。しかし,原判決が認定の根拠とした書証にそのような記載はない。また,その点を措くとしても,日本リンペット工事は,木造建物には全く関与しておらず,S造建物やSRC建物でも,低層住宅(1~2階)中層住宅

(3~5階)高層住宅

(31階を超える建物)

超高層住宅(60階を超える建物)など様々な種類の建物に関与したから,仮に,シェアを論じるとすれば,各被災者が上記各種類の建物の建築に従事した期間や回数を具体的に明らかにし,他方で,各企業が施工した上記各種類の建物と各被災者が従事した期間とが重なる部分を検証することが不可欠である。また,超高層ビルの場合と低層ビルの場合を比較すると,前者が後者に比べて使用される吹付材の量は多いが,件数は少ないから,単に石綿消費量が多いことをもって,被
災者らの石綿粉じん曝露可能性が高いということはできない。
さらに,
国交省が平成26年11月に発刊した建築物石綿含有建材調査マニュアル(乙ユ17・3頁)によれば,昭和31年から平成元年までの
木造戸建住宅及び公共建築物を除いたS造建物,SRC建物等の総数は,S造建物が74万棟,SRC建物等が83万棟であり,これらの合計157万棟を28年間で除すると,
年間5万6000棟強となり,
一審原告らが主張するように,日本リンペット工事のシェアが25%であれば,年間1万4000棟に相当するシェアを有し,シェアが33%であれば,年間1万8480棟に相当し,当該数値を月に換算すれば,シェアが25%の場合は1166棟,シェアが33%の場合は1540棟となる。しかし,日本リンペット工事の協力会社(下請会社)は数社(乾式吹付工事の場合は4社程度,湿式吹付工事の場合は3社,ケイカル板の場合は1社)にすぎず,この数社で1か月の間に上記工事を施工することは到底不可能である。
一審被告ノザワ(番号29・ラ)
a
各建材のシェア認定(一部の期間のシェアから他の期間のシェアを推認することの不合理性,シェア資料の不正確性を含む。)
原判決は,
一審被告ノザワについて,
①吹付石綿,
石綿スレート
(⑮
~⑲,
㊲~㊴)㉒石綿含有押出成形セメント板,

㊸混和材について,
それぞれ10%以上のシェアを認めている。
しかし,①吹付石綿については,前記のとおり,原判決がシェア認定に供したシェア資料はいずれも不正確なものであり,原判決において警告表示義務違反の始期と判断した昭和47年1月1日以降に,一審被告ノザワが10%以上のシェアを維持していたと推認することはできない。
また,石綿スレート(⑮~⑲,㊲~㊴)についても,原判決におい
て一審被告ノザワのシェアが10%を超えていたと認めたのは昭和43年から45年と48年のみであり,警告表示義務違反の始期とされた昭和49年1月1日以降は10%未満である。そして,昭和49年以降はシェアの数値が徐々に低下していることからすれば,昭和49年以降は10%を超えていないと考えるのが合理的であり,そうであれば,10%を下回る期間の方が10%を超える期間よりも遙かに長く,平均すれば,シェアは10%未満と考えるのが合理的である。㊸混和材については,そもそも一審原告らからシェア資料は一切提出されておらず,唯一,一審被告太平洋セメントが提出したgの陳述書(乙ニ14)が存在するのみである。しかし,一審被告太平洋セメントは,一審被告ノザワとは利害が対立しており,自社のシェアを低くするため,不正確なシェアの数値を主張している可能性も否定できず,上記証拠を直ちに信用することはできない。
b
一審被告ノザワの責任建材
(シェアと到達可能性との関係を含む。

原判決は,㊸混和剤について,平成4年における一審被告ノザワのシェアを90%以上と認め,
一審原告A
(番号1・被災者A´・左官)

同D(番号4・被災者D´・左官),同I´(番号11・被災者本人・左官),同J(番号12・被災者J´・左官,大工)及び同Y(番号27・被災者本人・左官)の関係で,一審被告ノザワの製造・販売した㊸混和剤(テーリング)を責任建材と判断している。しかし,被災者らも所属する京建労に加入する組合員を対象に行われた直接取扱建材に関するアンケートによれば,混和材の取扱いの有無及び頻度については,左官12名のうち,1名がない,3名が少ない,3
名が時々と回答し,2名が回答をしておらず,むしろ,テーリン
グは,左官が直接取り扱う建材の中で使用頻度が低い建材といえる。
c
一審原告ら各論

一審原告A(番号1・被災者A´・左官)
原判決は,①吹付石綿,②石綿含有吹付ロックウール及び㊸混和剤を責任建材と判断しているところ,一審被告ノザワの製造・販売した㊸混和剤(テーリング)を使用した場合の石綿粉じん濃度の測定結果は,石綿関連疾患の発症に対する寄与度が認められる程度に高いものではないから(乙ラ51),一審被告ノザワが製造・販売した㊸混和剤を責任建材としたのは不当である。
一審原告B(番号2・被災者B´・電工)
原判決は,①~③石綿含有吹付材を責任建材と判断しているところ,前記のとおり,一審被告ノザワの①吹付石綿に係るシェアの認定には疑問があり,また,一審被告ノザワの警告表示は,吹付工以外の職種の者(周辺作業者や後続作業者)との関係で結果回避可能性を欠くから,一審被告ノザワの製造・販売した①吹付石綿を責任建材としたのは不当である。
一審原告G(番号7・被災者本人・内装工)
被災者Gがやすりで削ったパテに㊸混和剤が使用されていたとは
認められないとの理由で,一審被告ノザワの製造・販売した㊸混和剤を責任建材としなかった原判決は正当であるが,そもそも,一審被告ノザワの警告表示は,吹付工以外の職種の者(周辺作業者や後続作業者)との関係で結果回避可能性を欠くから,この点でも一審被告ノザワの製造・販売した㊸混和剤を責任建材とするのは不当である。
一審原告N(番号16・被災者本人・大工)
原判決は,⑮~⑲石綿スレート,㉒石綿含有押出成形セメント板
及び㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種を責任建材と判断して
いるところ,前記のとおり,一審被告ノザワのこれらの石綿含有建
材に係るシェアの認定には疑問がある。また,㉒石綿含有押出成形セメント板については,被災者Nは,教室の使用目的を変更する場合に,壁を設置して一つの教室を二つの教室にし,壁を撤去して二つの教室を一つの教室にするなどの作業があり,これらの壁に石綿含有押出成形セメント板が使用されたと供述しているが,被災者Nが壁の設置・撤去作業を行ったのは年に数回程度で,用途に応じて耐火ボードやケイカル板等を使い分けており,上記のような教室の使用目的を変更する場合の工事は補修工事であり,その場合には,既存の建材の解体と新規の建材の加工・施工が行われるところ,既存の建材については,その使用状況が建築物によって異なり,複数種類の建材が出荷時と異なる形態で使用され,その解体・撤去まで長期間が経過しているのが通常であり,新規の建材については,これが建築物の構成部分となることに鑑みると,一審被告ノザワの警告表示に結果回避可能性はない。したがって,原判決は,⑮~⑲㉒㉓各種ボード類を責任建材とたのは不当である。
一審被告エム・エム・ケイ(番号32・ワ)
a
一審被告エム・エム・ケイの責任建材
㉒石綿含有押出成形セメント板
㉒石綿含有押出成形セメント板は,セメント,けい酸質原料及び
繊維質原料を主原料として,中空を有する板状に押出成形し,オートクレーブ養生したパネルであり,主として中高層建物向けの非耐力壁として,外壁や間仕切壁に使用される(乙ワ6,8~10)
。㉒
石綿含有押出成形セメント板は,平成8年に押出成形セメント板協会が設立される前は,各建材メーカーの定めに基づき,また,同協会の設立後はその取組み等によって作成された標準仕様書等に基
づき,いずれも専門業者が行ってきた(乙ワ9,10)
。このため,

一審被告エム・エム・ケイが製造・販売した㉒石綿含有押出成形セメント板は,これを専門に扱う業者を除く一般の建築作業従事者が直接取り扱うことはなかった。
㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種
一審被告エム・エム・ケイは,㉓石綿含有けい酸カルシウム板第
1種として,
ヒシラックを製造・販売してきたが,昭和58年以
降は,ノンアス建材であるヒシタイカも製造・販売してきた。
一審被告エム・エム・ケイが製造・販売したけい酸カルシウム板の出荷量に占めるヒシタイカの数量・割合は,当初の平成3年は
多くはなかったものの,平成5年以降は9割超を占めてきた。このため,平成5年以降については,一審被告エム・エム・ケイが製造・販売した㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種に由来する石綿粉
じんに建築作業従事者が曝露する可能性は極めて低かった(乙ワ8,10)

b
一審原告ら各論
一審原告H(番号8・被災者本人・大工)
原判決は,
⑮~⑲石綿スレート,
㉒石綿含有押出成形セメント板,
㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種,㉔石綿含有ロックウール吸音天井板及び㉟石綿含有窯業系サイディングを責任建材と判断し
ているところ,被災者Hが使用していたセンチュリーボード,Pタイル,フルベスト,ジプトーン,コロニアル等の石綿含有建材(甲D8の1)
,同被災者が吹付現場に居合わせたと述べている②③石綿含有ロックウール吹付材(甲D8の8)を責任建材とせず,他方で,一審被告エム・エム・ケイの製造・販売した⑮石綿含有スレートボード・フレキシブル板,⑰石綿含有スレートボード・軟質版,⑲石綿含有スレートボード・その他,㉒石綿含有押出成形セメント
板及び㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種を責任建材としたの
は不当である。
一審原告N(番号16・被災者本人・大工)
原判決は,⑮~⑲石綿スレート,㉒石綿含有押出成形セメント板
及び㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種を責任建材と判断して
いるところ,被災者Nが陳述書(甲D16の1)や本人尋問で使用したと述べている元一審被告永大産業,同東洋テックス及び同吉野石膏の製造・販売した石綿含有建材を責任建材とせず,他方で,一審被告エム・エム・ケイの製造・販売した⑮石綿含有スレートボード・フレキシブル板,⑯石綿含有スレートボード・平板,⑰石綿含有スレートボード・軟質版,⑲石綿含有スレートボード・その他,㉒石綿含有押出成形セメント板及び㉓石綿含有けい酸カルシウム
板第1種を責任建材としたのは不当である。
一審原告P(番号18・被災者本人・大工)
原判決は,⑮~⑲石綿スレート,㉒石綿含有押出成形セメント板
及び㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種を責任建材と判断して
いるところ,被災者Pが本人尋問で元一審原告吉野石膏の製造・販売した石綿含有建材以外のボードはほとんど使用したことがない
と明確に供述しているのに(甲D18の1),これを責任建材とせず,他方で,一審被告エム・エム・ケイの製造・販売した⑮石綿含有スレートボード・フレキシブル板,⑯石綿含有スレートボード・平板,⑰石綿含有スレートボード・軟質版,⑲石綿含有スレートボード・その他,㉒石綿含有押出成形セメント板及び㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種を責任建材としたのは不当である。
一審原告Q(番号19・被災者本人・大工)
原判決は,
⑮~⑲石綿スレート,
㉒石綿含有押出成形セメント板,

㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種,㉔石綿含有ロックウール吸音天井板及び㉗石綿含有その他パネル・ボードを責任建材と判断しているところ,被災者Qが使用していた耐火ボードやジプトーン,へーベル板やカラーコロニアル等の石綿含有建材(甲D19の1・4)を責任建材とせず,他方で,⑮石綿含有スレートボード・フレキシブル板,⑯石綿含有スレートボード・平板,⑰石綿含有スレートボード・軟質版,⑲石綿含有スレートボード・その他,㉒石綿含有押出成形セメント板及び㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種
を責任建材としたのは不当である。
第5
1
一審原告らの損害に関する当事者の主張
一審原告らの損害に関する当事者の主張は,次の2のとおり補正し,後記3のとおり,
当事者の当審補充主張を加えるほか,
原判決別冊1
(当事者の主張)
の第3(同152頁8行目から159頁14行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する(ただし,一審原告らの一審被告企業らに対する原審主位的請求に関する部分を除く。)。

2
原判決の補正
原判決別冊1(当事者の主張)152頁10行目から153頁11行目までを以下のとおり改める。

1一審原告らの損害額慰謝料ア一審被告らの不法行為により各被災者らが被った精神的苦痛を慰謝するための慰謝料としては,各3500万円が相当である。この慰謝料額は,次の諸事情に照らし,合理的なものである。すなわち,被災者らは,石綿関連疾患により咳や痰,呼吸困難に苦しめられ,平穏な日常生活を送ることを妨げられた上,不可逆的に進行していく疾病,高い死亡率に不安を抱いており,既に無念に満ちて死亡した者もいる。また,被災者らは,石綿関連疾患による就労の困難,治療費の必要等により経済的困窮に追い込まれ,仕事ができなくなったために生き甲斐をなくした者もいるなど,身体的,精神的,経済的に大きな損害を被った。そして,被災者らの家族も,被災者らの健康状態,将来への不安や経済的な困窮により大きな損害を被った。他方で,一審被告企業らは,石綿代替化努力義務に反して積極的に石綿含有建材の製造・販売を拡大し,建築作業従事者に対して石綿の危険性に関する情報提供すらしなかった。特に,一審被告A&Aマテリアル及び同ニチアスは,規制の厳しい海外向けには,ノンアス建材を販売しながら,国内向けには,石綿含有建材の販売を続けるなど,建築作業従事者の健康,生命よりも自社の利潤を追求していた。また,一審被告国も,石綿肺の知見及び石綿の発がん性がいずれも早期から明らかになっていたのに,利潤を追求する企業と一体となって,石綿含有建材の製造・販売の拡大を許容,推進していた。なお,じん肺管理区分の行政決定等に基づき,慰謝料額に差異を設けることは,本件訴訟が終了した後も被災者らの症状が進行していく可能性が高い一方で,本件訴訟終了後に病態が上位の管理区分に認定されたからといって,差額分について再度損害賠償請求訴訟を提起することは事実上不可能であり,過分の負担を強いることになるから許されない。イ一審原告らの本件慰謝料請求は,財産的な損害をも塡補する趣旨のものではなく,全損害のうち財産的損害については別途請求しないことを明らかとした上で,被災者らが石綿関連疾患の罹患により被った身体的,精神的,経済的,社会的被害等によってもたらされる各精神的苦痛を包括した慰謝料を請求するものである。弁護士費用一審原告らは,本件訴訟を提起するに当たって弁護士への訴訟委任を余儀なくされたところ,その弁護士費用は,各被災者の上記慰謝料請求額の1割である各350万円を下回ることはない。まとめ一審原告らは,一審被告らに対し,それぞれ上記万円と上記の慰謝料3500の弁護士費用350万円の合計各3850万円及びこれに対する民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める。原判決別冊1(当事者の主張)154頁初行から5行目のこのようにまでを前記のとおりに改める。
3
当事者の当審補充主張
包括一律請求に基づく慰謝料額の算定,基準慰謝料額及び損益相殺(一審原告らの主張)

基準慰謝料額
原判決は,基準謝料額について,肺がん,中皮腫及びびまん性胸膜肥厚につき2300万円,肺がん,中皮腫,びまん性胸膜肥厚による死亡につき2600万円と認めているが,被災者らの深刻で甚大な石綿被害の実態に鑑みると,原判決の認めた上記基準慰謝料額は不十分である。特に,塗炭の苦しみの中で死亡に至った被災者らの肉体的精神的苦痛等を考慮するならば,その基準慰謝料額2600万円は不十分である。また,石綿関連疾患の進行性,不可逆性等を考慮すれば,肺がんや中皮腫によって死亡した被災者と死に直面する被災者とで,基準慰謝料額に差を設ける必要はない。


損益相殺
一審原告らの本件慰謝料請求は,
財産的な損害を塡補する趣旨のもので
はなく,全損害のうち財産的損害については別途請求しないことを明らかとした上で,
被災者らが石綿関連疾患の罹患により被った身体的,
精神的,

経済的,社会的被害等によってもたらされる各精神的苦痛を包括した慰謝料を請求するものであるから,慰謝料額の算定に当たり,一審原告らが労災保険給付又は石綿救済法による給付を受給していることを考慮することは許されない。また,仮に,労災保険給付等を受給している事実が慰謝料算定の考慮要素となり得るとしても,労災保険等の受給額を慰謝料額から減額できるかは全く別問題であり,原判決も,財産上の請求を具体的に算出した上で慰謝料額を算定したわけではなく,労災保険等の受給を慰謝料額算定の一事情として斟酌したにすぎず,その中で既に考慮済みである。
なお,実際にも,労災保険給付は,当該業務上疾病によって生じた治療費等の積極損害(療養補償給付等)や,当該疾病によって損なわれた得べかりし利益(休業補償給付,障害補償給付,遺族補償給付等)等に対する補償(損失補填)に他ならず,一審被告国のいう不安や苦痛の軽
減などといった意味は本来的に含まれていない。また,労災保険給付は,事業主や特別加入者本人の支払った保険料を基本的な財源として支給されるものであり,石綿救済法に基づく救済給付も,基本的に事業主からの拠出金を財源として支給されるものであるから,一審被告国の負担によって被災者ら(一審原告ら)の不安が軽減されるという関係にはない。(一審被告国の主張)

基準慰謝料額
一審原告らは,原判決が認めた基準慰謝料額が不十分であると主張するが,単に原判決が認めた基準慰謝料額が不十分であると批判するのみで,なぜ不十分であるのか,その具体的な根拠を一切示しておらず,失当である。


損益相殺
原判決は,基準慰謝料額を算定する上で,被災者ら又は一審原告らの労
災保険給付等の受給を考慮したと説示しながら,石綿関連疾患の種類や管理区分による区別を設けただけで,被災者ら又は一審原告らの個別の労災保険給付等の受給額によって,慰謝料額に差異を設け,又は個別の減額事由として考慮していない。しかし,基準慰謝料額算定の際,労災保険給付等の受給を考慮することができるのは,実質的に考えれば,当該労災保険給付等の受給により,違法行為によって生じた経済的不安や苦痛が軽減されるからであり,受給金額の多寡によって,当該不安や苦痛が和らぐ程度も異なると考えられる。そうとすれば,単に被災者ら又は一審原告らが総体としてどの程度労災保険給付等を受給しているかということだけではなく,個別にどの程度の受給状況にあるのかを検討した上で,一審原告らごとに適切な慰謝料額を算定すべきである。
一審被告国が負担すべき損害額
(一審原告らの主張)

一審被告国の責任範囲を踏まえた修正
原判決は,一審被告国が労働安全衛生法制において定める規制はあくまでも労災防止のための最低基準であり,一審被告国の規制の有無にかかわらず,事業者が労働者の安全に配慮すべき義務を負うことに変わりはないから,ある労働者が石綿関連疾患を発症することがないように配慮すべき責任を負うのは,第一次的には当該労働者を雇用する事業者及び当該労働者が使用する石綿含有建材を製造・販売した建材メーカーであり,一審被告国の責任は,事業者及び建材メーカーの責任を補完する二次的なものにとどまるとの理由で,一審被告国の責任範囲を各被災者が被った損害の3分の1に限定した。
しかし,一審被告国は,規制権限不行使と相当因果関係のある全損害について責任を負うべきであって,原判決が挙げる上記理由は,一審被告国の責任を限定する法的根拠になるものではなく,何故に3分の1という割
合になるのかも明らかではない。原判決は,
損害の公平な分担の見地と
いう抽象的な文言のほか,何ら説得的な理由を示していない。また,実際にも,一審被告国の長期かつ多岐にわたる規制権限不行使の違法があったこと,他方で,建築作業従事者は,数多くの建築現場を渡り歩いており,多重下請構造の複雑な契約関係の下で,事業者の責任を追及するのは困難であることから,一審被告国の責任を限定するのは不当である。むしろ,被災者らの被った損害は,事業者,石綿含有建材の製造・販売企業及び一審被告国の違法行為が一体となって発生させたものであり,一審被告国と一審被告企業らの違法行為は共同不法行為と評価できるものであり,仮に,
それを競合的不法行為と捉えても,一審被告国の国賠法1条1項に基づく損害賠償責任は,一審被告企業ら(及び事業者)の責任とは別個独立の責任であって,被災者らに対する直接的な責任であり,一審被告国の違法行為と相当因果関係にある損害全部に対する責任である。
なお,
仮に,
本件において,
一審被告国の責任範囲を限定するとしても,
被災者らの損害は,泉南アスベスト第2陣訴訟における被害者らの損害よりも重大であるから,一審被告国の責任範囲は,泉南アスベスト第2陣訴訟の大阪高裁判決以上に認められるべきであり,一審被告国の責任範囲が2分の1を上回ることはあっても,2分の1を下回ることは到底許されない。

肺がんを発症した被災者の喫煙歴による修正
原判決は,肺がんを発症した被災者について,喫煙歴がある場合,基準慰謝料額から一律に1割を減額している。しかし,そもそも,喫煙自体は何ら違法性のない嗜好であり,これを疾病と同列視する考え方自体には無理がある。また,喫煙が肺がん発症に与える影響の有無については,個体による感受性に影響される要素が強く,ヘビースモーカーであっても肺がんに罹患しない者もいれば,全く喫煙していないのに肺がんに罹患する者
もいる。そして,一審被告国が挙げる石綿業務に従事した離職者に対する健康管理についての報告書(乙ア157)
で紹介されているIPCSの
喫煙者の発がんリスクについても,喫煙本数や年数等に着目した結果は出されておらず,単に喫煙歴の有無のみで肺がん罹患率が比較されているにすぎず,その信用性は乏しい。被災者らの肺がん発症に対する寄与度に関する一審被告国の主張・立証は全く不十分といわざるを得ない。

一審被告国の責任期間に応じた修正
原判決は,一審被告国の責任期間内の石綿粉じん曝露と被災者らの石綿関連疾患発症との間に因果関係が認められる場合であっても,一審被告国の責任期間が各石綿関連疾患の発症に必要な職業曝露期間に満たない場合には,一審被告国の責任期間外における石綿粉じん曝露の影響を考慮する必要があると判断している。しかし,このような責任期間に基づく減額を認めれば,明文規定もないのに各加害者に分割責任を認めるというに等しく,加害者らに被害者の損害全部について連帯責任を負わせる共同不法行為の制度趣旨(民法719条1項)と相容れず不当である。共同不法行為の大原則からすれば,被害者たる被災者の関係では,加害者たる一審被告らに損害全部についての責任を認めるべきであり,被災者らの事業主や一審被告らの間の責任割合は,これらの者の内部的な求償の場面で考慮されるべきである。

(一審被告国の主張)

一審被告国の責任範囲を踏まえた修正
本件において,建築現場で就労していた被災者らが,事業者の安全配慮義務違反により石綿関連疾患を発症したというのであれば,当該義務違反行為により被災者らに直接被害を生じさせた者は事業主であるから,第一次的かつ最終的に責任を負うべき者は事業主である。これに対し,仮に,一審被告国が何らかの責任を負うことがあるとしても,その責任は,国民
の安全を確保するという立場から監督上の注意義務を怠って規制権限を行使しなかったという二次的・補充的な監督責任にすぎないものである。また,一審被告国において,原判決が判断したとおりに規制権限を行使していれば,被災者ら又は一審原告らに生じた損害をすべて回避できたかといえば,そうではなく,一審被告国の規制権限不行使と被災者ら又は一審原告らに生じた全損害との間に因果関係が認められるとはいえない。損害の公平な分担の見地からも,一審被告国の責任の範囲は,3分の1よりも更に限定されるべきである。

肺がんを発症した被災者の喫煙歴による修正
IPCS(国際化学物質安全性計画)は,喫煙歴も石綿ばく露歴もない人の発がんリスクを1とすると,喫煙歴があって石綿曝露歴がない人では10.85倍,喫煙歴がなく石綿曝露歴がある人では5.17倍,喫煙歴も石綿曝露露歴もある人では53.24倍になり,喫煙は石綿による肺がんの発症リスクを極めて高くすると指摘している
(乙アA157・4頁)

また,国立がん研究センターが発表した受動喫煙と肺がん発症の関連性に関する最新の研究成果(乙アA1098)では,受動喫煙と肺がんとの間には統計学的に有意な関連が認められ,能動喫煙と肺がんの関連については,
多くの調査研究によりリスク要因として確実であることが明らかで,・
日本では肺がんによる死亡のうち,男性で70%,女性で20%は喫煙が原因と考えられていると指摘されている。そして,愛知県のがんセンターホームページにも掲載されているブリクマン指数は,喫煙の肺がんリスクの高さを指数で表したものであり,その喫煙指数は,1日の喫煙本数×喫煙年数から算定され,その数値が高くなるほど肺がんのリスクも上昇し,それが400を超えると喫煙による肺がんのリスクが高いグループであるとされている(乙アA271,272)。したがって,喫煙歴のある被災者らの損害額については,
少なくとも3割の減額がされるべきであり,

ブリンクマン指数が400を超える被災者らについては,少なくとも5割を超える減額をすべきである。
一審被告企業らが負担すべき損害額
(一審原告らの主張)

一審被告企業らの責任範囲を踏まえた修正
原判決は,労働者である建築作業従事者を雇用する事業主や一人親方等への注文主(元請)において当該労働者等が石綿関連疾患を発症することがないように配慮すべき第一次的責任を負っていることを理由として,一審被告国が責任を負わない損害部分について,一審被告企業らが全責任を負うとすることはできず,一審被告企業らがその責任が肯定される被災者に対して負うべき損害賠償義務は,損害の公平な分担の見地から,それぞれの損害の3分の1を限度とするのが相当であると判断している。しかし,
一審被告企業らは,その注意義務違反と一審原告らの損害との間に相当因果関係がある以上,事業主や注文主(元請)の責任の有無に関わらず,全損害について責任を負うべきであり,一審被告企業らの責任を3分の1に限定する法的根拠はない。石綿関連疾患発症という被害は不可分のものであり,そこから発生する損害も不可分である以上,加害行為者である一審被告企業らが注意義務違反と損害との間の因果関係が部分的であることを主張・立証しない限り,全責任を負うべきことは法理論上当然である。むしろ,一審被告企業らは,石綿含有建材の製造・販売企業として,製品について最も多くの情報を有し,石綿含有建材による危険が建築作業従事者に及ばないように対応すべき義務を負っていたから,石綿含有建材から生じる危険について最も重い責任を負うというべきである。
なお,仮に,本件において,一審被告企業らの責任範囲を限定するとしても,一審被告企業らの責任割合は少なくとも7割を下るものではない。また,仮に,事業主や注文主(元請)が一審原告らに対し第一次的責任を
負うとしても,それは一審被告らが一審原告らに損害全部を賠償した後の加害行為者間の求償関係の問題にすぎず,一審被告企業らがその注意義務違反と一審原告らの損害との間の因果関係が部分的であることを主張・立証しない以上,一審被告企業らの責任が減縮される余地はない。

肺がんを発症した被災者の喫煙歴による修正
一審被告国の関係で主張したところと同様である。


責任外建材からの曝露を踏まえた修正
原判決は,被災者らの責任外建材からの曝露の影響について,一審原告ら(ただし,一審原告G(番号7)
,同S(番号21)及び同W(番号25)
を除く。
)について,10%から50%の影響を認め,一審原告らの損害
額をその割合で減じているが,これらの責任外建材からの曝露の影響の認定は過大である。
なお,原判決は,一審原告R(番号20・被災者R´・吹付工,大工)について,責任外建材からの曝露の影響を認めなかったところ,その判断は正当である。


防じんマスクの不着用による修正(過失相殺)
一審被告神島化学工業及び同大建工業は,防じんマスクの不着用という事情をもって,過失相殺が認められるべきであると主張する。しかし,被災者らは,一審被告企業らを含む石綿含有建材の製造・販売企業が石綿含有建材への適切な警告表示を怠っていたため,石綿の危険性を認識しておらず,防じんマスクを着用していなかったのであり,被災者らが防じんマスクを着用しなかった原因は一審被告企業ら自身にある。したがって,過失相殺を認めなかった原判決は正当であり,上記一審被告企業らの主張は失当である。

(一審被告企業らの共通主張)

一審被告企業らの責任範囲を踏まえた修正

原判決は,一審原告ら(被災者ら)の損害額につき,一審被告国が責任を負う範囲及び一審被告企業らが責任を負う範囲をそれぞれ3分の1と判断しており,被災者らを雇用する事業者が責任を負う範囲も3分の1と考えているように思われる。しかし,防じんマスクの着用が事業者や労働者に義務付けられており,防じんマスクの着用により,建築作業従事者が石綿関連疾患に罹患することを防止することができるから,被災者らが建築現場で石綿粉じんに曝露し,石綿関連疾患を発症したとしても,それは事業者が建築作業従事者に防じんマスクを配付して着用させる等の適切な労務管理を怠ったからである。石綿含有建材を製造・販売していた一審被告企業らは,自ら製造・販売した建材がどこで誰に施工されるかを知り得る立場にはなく,建築現場で建築作業従事者が防じんマスクを着用するように強制ないし指導できる立場にはなかった。したがって,本件において被災者らを雇用する事業者が負うべき責任の程度は一審被告企業らよりも大きいはずであり,一審原告ら(被災者ら)に対して負う一審被告企業らの責任の範囲を3分の1とした原判決は不当である。

肺がんを発症した被災者の喫煙歴による修正
一審被告国も主張するように,
IPCS
(国際化学物質安全性計画)
は,
喫煙歴も石綿ばく露歴もない人の発がんリスクを1とすると,喫煙歴があって石綿曝露歴がない人では10.85倍,喫煙歴がなく石綿曝露歴がある人では5.17倍,喫煙歴も石綿曝露露歴もある人では53.24倍になり,喫煙は石綿による肺がんの発症リスクを極めて高くすると指摘しており,喫煙が石綿曝露に比べて,2倍以上もの発がんリスクを有していることが分かる。このように,喫煙の発がんリスクと石綿曝露の発がんリスクとの比がおよそ2:1であることを踏まえれば,肺がんを発症した喫煙歴のある被災者の損害額については,少なくとも3分の2を超える割合の減額が認められるべきである。


防じんマスクの不着用による修正(過失相殺)
上記アのとおり,防じんマスクの着用が事業者や労働者に義務付けられており,防じんマスクの着用により,建築作業従事者が石綿関連疾患に罹患することを防止することができるから,被災者らが建築現場で石綿粉じんに曝露し,石綿関連疾患を発症したとしても,それは建築作業従事者が防じんマスクの着用を怠ったからであり,防じんマスクを着用しなかったのは被災者らの過失であるといっても過言ではない。したがって,防じんマスクの不着用という事情をもって,過失相殺が認められるべきであるのに,過失相殺をしなかった原判決は不当である。

(一審被告企業らの個別主張)

一審被告新日鉄住金化学(11・チ)
(責任外建材からの曝露を踏まえた修正)
原判決は,一審被告新日鉄住金化学が賠償義務を負うとした一審原告らについて,被災者らの責任外建材からの曝露の影響により,10%から50%の賠償額の減額修正をしているが,これらの責任外建材からの曝露の影響の認定は過小である。


一審被告大建工業(番号番号14・ト)
防じんマスクの不着用による修正(過失相殺)
前記のとおり,防じんマスクの着用が事業者や労働者に義務付けられており,
防じんマスクの着用により,建築作業従事者が石綿関連疾患に罹
患することを防止することができ,建設屋内での石綿切断等作業においても,屋外での石綿切断等作業と同様に,防じんマスクの着用により,石綿粉じん濃度を許容濃度以下に抑えることが可能であった。しかるところ,
㉔石綿含有ロックウール吸音天井板の加工には,
電動丸のこは使用さ
れず,ボードカッターが使用され,かつ,やすりがけもしないので,石綿粉じんはほとんど発生しない。したがって,少なくとも㉓石綿含有ロック
ウール吸音天井板を使用した被災者ら(一審原告ら)の関係では,防じんマスク不着用による過失相殺が認められるべきである。
寄与度減責(責任外建材からの曝露を踏まえた修正)
仮に,一審被告大建工業の製造・販売した石綿含有建材が被災者らに到達し,当該建材からの石綿粉じん曝露が当該被災者らの石綿関連疾患発症に寄与したとしても,
①建物の種類・構造ごとに使用される建材の種類
びシェア,②各石綿含有建材の石綿含有率及び石綿飛散性,③責任外建材の存在,
流通量,
石綿含有率及び飛散性等の要素を慎重に検討する必要が
あり,
これらの要素を慎重に検討すれば,当該被災者らの石綿関連疾患発症に対する一審被告大建工業の寄与の度合いは極めて僅少であり,一審被告大建工業の責任の程度は極めて限定されるべきである。この点,原判
決は,
被災者らの責任外建材からの石綿粉じん曝露の影響を考慮して,一審被告大建工業が負うべき責任を40%ないし50%減殺する判断をしているが,
その計算根拠は全く示されておらず,
その不当性は明らかであ
る。
具体的には,各石綿含有建材の石綿含有率についていえば,一審被告大建工業の製造・販売した㉓ロックウール吸音天井板(ダイロートン)の石綿含有率は,1~4%と低いことが国交省データベース上明らかであり,
その石綿関連疾患発症への寄与度は極めて低いというべきである。また,各石綿含有建材の石綿飛散性についていえば,加工に当たってボードカッターが使用される一審被告大建工業の製造・販売した㉓石綿含有ロックウール吸音天井板からの石綿粉じんの飛散性と石綿含有吹付材からの石綿粉じんの飛散性とを比べると,後者の方が前者に比べて飛散性が高いことは明らかである。
そして,責任外建材の存在,流通量,石綿含有率及び飛散性についていえば,①吹付石綿や②③石綿含有ロックウール吹付材は,S造建物の
耐火被覆用のみに施工されるものではなく,それ以外の建物の吸音断熱用にも使用されていた。そして,耐火被覆用以外(吸音断熱用)に施工された①吹付石綿や②③石綿含有ロックウール吹付材の使用量も無視できないほど多かった。したがって,吸音断熱用に施工された①吹付石綿や②③石綿含有ロックウール吹付材が被災者らの石綿関連疾患発症に影響した可能性がある。また,石綿含有吹付材としては,①吹付石綿や②③石綿含有ロックウール吹付材以外にも,パーライト吹付材やバーミキュライト吹付材(ひる石)も存在し,これらは天井や壁等に施工され,対象建物はS造建物には限られず,これらのメーカーは,国交省データベースに記載されたメーカーには限られない。そして,学校,国立病院機構,養護老人ホーム,地方公共団体の施設のほか,民間の建物(ボウリング場,事務所等)でも,パーライト吹付材やバーミキュライト吹付材の使用割合は,①吹付石綿や②③石綿含有ロックウール吹付材の使用割合に比較して遜色がない。したがって,S造建物以外の建物の建築作業に従事した被災者らとの関係でも,これらの石綿含有吹付材の影響を無視することはできない。

一審被告太平洋セメント(番号16・ニ)
肺がんを発症した被災者の喫煙歴による修正
一審原告W(番号25・被災者W´・大工)の関係で,被災者W´は,昭和44年から平成20年までの39年間,1日20本程度の喫煙を継続していたから(甲D25の5),同被災者が平成23年に肺がんを発症するに至った主たる原因は,長期間にわたる過度な喫煙というべきである。
責任外建材による修正
a
原判決は,一審原告らの慰謝料額の算定に当たり,責任外建材からの石綿粉じん曝露の影響を考慮し,一定の範囲で一審被告企業らの減
責を認めているが,原判決の考慮する責任外建材の範囲は,極めて限定されており不当である。
すなわち,責任外建材の中には,例えば,電工が常用する耐熱シール材,電線ケーブル内の電線絶縁紙,配電盤,分電盤等の中のサーキットブレーカ,
漏電ブレーカ,電磁開閉器,
電磁接触器,
補助継電器,
サーマルリレー,一種耐熱形分電盤の断熱ボックス,非常コンセント盤等,配管工が常用するガスケット・ジョイントシート,空調ダクトパッキング,
可動継手等,
鉄工が常用する火災防止用の防炎シート等,
各職種の建築作業従事者が自ら施工・設置等を行う資材そのものが多数存在しており,当該建材から各建築作業従事者が日常的に石綿粉じんに曝露し,石綿関連疾患を発症した可能性があるから,これらの資材からの石綿粉じん曝露の影響も考慮すべきである。
b
原判決は,責任外建材からの曝露を踏まえた修正について,一審原告L(番号14・被災者本人・電工)につき30%,同M(番号15・被災者M´・鉄工)につき10%とそれぞれ認めているが,被災者Lについては,ジャンクションボックスに絶縁のために敷き詰めていた石綿も考慮すべきであり,また,被災者M´については,溶接作業を行う際に使用していた石綿製の防火用シートも考慮すべきであるから,これらの責任外建材からの曝露の影響の認定は過小である。

第6

消滅時効・除斥期間に関する当事者の主張
上記の点に関する当事者の主張は,原判決別冊1(当事者の主張)の第4(同
159頁15行目から161頁末行まで)に記載のとおりであるから,これを引用する(ただし,一審原告らの一審被告企業らに対する原審主位的請求に関する部分を除く。)。

第3章
第1
1
当裁判所の判断
具体的判断の前提となる事実
石綿関連疾患に関する医学的情報の集積ないし医学的知見の確立に関連する
事実
石綿肺に関する研究報告等

上記の点については,次のイのとおり補正するほか,原判決本冊の事実及び理由第3章のの「第1当裁判所の判断欄の
第1節被告国の責任

旧労基法,安衛法に基づく規制権限の不行使の違法性」の2

ア(原判決本冊80頁6目から90頁24行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。

原判決の補正
原判決本冊81頁13行目の4頁を4,5頁に,18行目の
報告から同行目末尾までを

報告もあった。そのため1936年の第3次職業病法の改正により,石綿肺が職業病として認定されることになった(甲A62・113頁)。

に改める。原判決本冊82頁17行目の医学博士を技師(医学博士)に
改め,20行目から21行目にかけての明らかにされていないことの次に,恐らくは関係がたとえあるとしても諸般の状態より考察するに,けい肺のように密接なものではないであろうと思われることを加える。
原判決本冊83頁14行目の保健技師の次に支所長を,25
行目の我が国の次にの石綿紡績工場を,84頁12行目の結果,の次に石綿塵により肺に変化を来したと思われるものにつき,
を,86頁(表の部分を除く。)初行冒頭に空中浮遊塵埃数の測定の結果,をそれぞれ加え,同行目の塵埃数は,多いものからを塵埃数の多い作業場はに改め,9行目から10行目にかけての報告書は,の次に大阪市及びその近郊のを加える。原判決本冊87頁19行目の労働者のうち,の次に約6000名がけい肺で,を加え,89頁初行の1頁を1,2頁に改め,24行目の恕限度の次に(後記のとおり,作業者個人の健康被害を防止するための粉じんの曝露限界,すなわち,労働者が有害物質に曝露した場合,当該物質の空気中濃度がこの数値以下であれば,ほとんどすべての労働者に健康被害がみられないという濃度)を加え,90頁15行目の
肺胸毛細管ブロック肺胞毛細管ブロックに改める。

肺がん及び中皮腫に関する研究報告等

上記の点については,次のイのとおり補正するほか,原判決本冊の事実及び理由第3章のの「第1当裁判所の判断欄の
第1節被告国の責任

旧労基法,安衛法に基づく規制権限の不行使の違法性」の2

イ(原判決本冊90頁25目から113頁7行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。

原判決の補正
原判決本冊91頁11行目の136頁を135,136頁に,
20行目の1947年を1949年に,22行目の発見を
発表に,8頁を8,9頁にそれぞれ改める。
原判決本冊93頁4行目のコホートの次に研究と呼ばれ,過去の症例に遡ってデータを収集する手法を,10行目の本研究においては,の次にいわゆる前向きコホート研究(先に石綿粉じん曝露の有無で分けて将来に向けて追跡する手法)とは異なることから,をそれぞれ加え,94頁2行目の事実であるを事実であり,ケベック州の石綿鉱山労働者が,一般の人々から比較対象に選ばれたグループよりも有意に高い肺がん死亡率を有するわけではないに改める。原判決本冊96頁初行の経過時間の次に(潜伏期間)を加え,

97頁2行目から3行目にかけての
117頁117,118頁

に,98頁2行目の1964年を1963年に,10行目から
11行目にかけての1967年(昭和42年)を1969年(昭和44年)にそれぞれ改める。原判決本冊99頁18行目の
145頁145ないし148頁

に改め,20行目のUICCの次に(国際対がん連合)を,1
02頁14行目のIARCの次に(国際がん研究機関)をそれ
ぞれ加える。
原判決本冊105頁7行目の33頁を29頁に,8行目の250頁を248頁に,9行目の485頁を437頁に,11行目の4頁を3頁に,106頁3行目から4行目にかけて
の大阪医科大学を関西医科大学にそれぞれ改める。
原判決本冊107頁21行目の日本産業衛生学会の次に(当時は日本産業衛生協会)を加え,108頁23行目の国際産業衛生会議を国際産業衛生学会に,110頁8行目の労働省労働基準監督局長を労働省労働基準局長に,10行目の大量を多量にそれぞれ改め,111頁9行目のその一部であるの次に(170頁以下)を,19行目末尾に

他方,石綿肺の所見が軽微なもの若しくは無所見の石綿曝露労働者に発生した肺がんについては,石綿曝露歴,臨床所見,病理学的所見等を調査の上個別に石綿曝露との関連の有無について検討すべきである。

をそれぞれ加え,113頁4行目及び6行目の各線維をいずれも繊維に改める。
びまん性胸膜肥厚に関する研究報告等
上記の点については,原判決本冊の事実及び理由の第3章所の判断欄の第1節被告国の責任の第1づく規制権限の不行使の違法性の2
当裁判

旧労基法,安衛法に基

ウ(原判決本冊113頁8目から1

4行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。
2
建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する一審被告らの予見可能性に関連する事実
建築現場における石綿含有建材の使用等に関する事実

石綿含有建材の概要
上記の点については,次の

とおり補正し,後記

のとおり,石綿含

有吹付材施工後の剥がし作業の存否に関する補足説明を加えるほか,原判決本冊の事実及び理由の第3章節被告国の責任の第1行使の違法性の3
当裁判所の判断」欄の

第1旧労基法,安衛法に基づく規制権限の不ア(原判決本冊120頁8行目から130頁初行まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。原判決の補正a原判決本冊120頁15行目の「レベル1

の次に(著しく発じん量の多い製品)を,16行目のレベル2の次に(比重が小さく,発じんしやすい製品)を,同行目のレベル3の次に(発じん性の比較的低い製品)をそれぞれ加える。
b
原判決本冊121頁15行目の施工された吹付材を削ることになるを各職種の作業の前提として,施工された吹付材の剥がし作業を行うこともあるに,16行目の空調設備工を消防設備工にそれぞれ改め,同行目の取り扱ったの次に

(なお,石綿含有吹付材施工後の剥がし作業の存否については,後に補足する。)

を加える。

c
原判決本冊122頁19行目の14頁,の次に甲A1334の2~7,甲A1390,1410,を,25行目の石綿繊維の次に等をそれぞれ加える。

d
原判決本冊125頁21行目の優れており,の次にそのまま出荷されるというよりは,を,126頁14行目の
繊維質原料を
の次に主原料としてを,23行目の断熱性があり,の次に一般建築物や事務所,学校,講堂,病院等の医療施設等のを,127頁初行の寸法安定性を有し,の次に一般的な建築物のを,6
行目の吸音性があり,の次に一般住宅やビル,工場,倉庫等の
をそれぞれ加える。
石綿含有吹付材施工後の剥がし作業の存否
一審被告太平洋セメントは,石綿含有吹付材は,火災による火熱から建物の鉄骨を保護するために鉄骨全体を被覆し,鉄骨が直接火熱にさらされないようにすることにより建物の耐火性能を確保する耐火被覆材であるから,一度施工された吹付材が施工後に剥がされることは予定されていないと主張し,その主張を裏付ける証拠として,hの陳述書(乙ニ16・15~16頁,乙ニ42・10~16頁)
,写真撮影報告書(乙ニ
40)
,LGSボード・ALCと鉄骨耐火被覆納まり図(乙ニ41)
,建
築現場大辞典等(乙ニ46・399,400,416頁)を提出している。しかし,本件における被災者らの陳述(甲D2の34・2~5頁,甲D5の1・5~7頁,甲D6の1・5頁,甲D14の1・4~6頁,甲D15の1・2~3頁,甲D19の1・4頁,甲D24の1・3~4頁,甲D26の1・3~4頁)
,本件と同種の別件訴訟における証人や原
告らの証言・供述(甲A1084・21~24頁,甲A1301・14~20頁,乙アA1087・9,90頁,乙アA1089・12頁,乙アA1095・17頁,乙アA1100・4頁)等からすれば,一審被告太平洋セメントが上記のとおり主張する一般論に関わらず,建築現場における客観的な作業実態として,大工,内装工,電工,配管工らが,各職種の作業の前提として,施工された石綿含有吹付材の剥がし作業を行うことがあったと認められる。


我が国における石綿含有建材の位置付け
上記の点については,
次の
実及び理由」の第3章任の第1の3のとおり補正するほか,原判決本冊の「事当裁判所の判断欄の第1節被告国の責旧労基法,安衛法に基づく規制権限の不行使の違法性
イ(原判決本冊130頁2行目から134頁25行目まで)に記

載のとおりであるから,これを引用する。
原判決の補正
原判決本冊132頁25行目の102頁を102,103頁
に改め,133頁初行の石綿スレートはの次に,建基法上の不燃材料でありながら,それを使用した構造がを加え,134頁10行目の昭和29年の石綿スレートのJIS規格制定に際してのを昭和29年に石綿スレートのJIS規格が改正された際のに改める。ウ
建築作業工程等
上記の点については,次の

のとおり補正

周囲のネット又はシート設置による影響に関する補足説明を加えるほか,原判決本冊の事実及び理由の第3章1節被告国の責任の第1不行使の違法性の3

当裁判所の判断」欄の

第旧労基法,安衛法に基づく規制権限のないし(原判決本冊134頁末行から144頁20行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。原判決の補正a原判決本冊135頁25行目の「掘削工事の後,

の次に割栗石等を敷いて,を,末行の間仕切りの次に(建物の周囲と1階の構造)をそれぞれ加え,136頁初行の行ったを行うに改め,同行の引き込みのためのの次に基礎コンクリートへの
を,5行目の1階のの次に構造に応じて,玄関,居間,台所,浴室,廊下等の間をそれぞれ加える。
b
原判決本冊136頁17行目の垂木を棟木に改め,24行
目の胴貫の次にと呼ばれる板を,137頁11行目冒頭に桁側については,を,12行目末尾に

また,妻(梁)側については,母屋に破風板を垂直に張り,その下に軒裏を支える部材を組み入れ,その部材の下面に釘を用いて軒天井を張り付ける。をそれぞれ加え,

23行目の甲35の2を甲35に改める。

c
原判決本冊138頁2行目の

同時に電工が電気配線工事を行う。

この頃に電工が電気配線工事を行うことが多い。

に改め,14行目の日本家屋の次にや和室を,16行目の貼り付けることもあれば,の次に屋内でをそれぞれ加える。
d
原判決本冊138頁22行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。

風呂場の天井や台所のガス台の背面等,特に防火や防湿が要求される場所では,昭和50年頃までは「大平板と呼ばれる板を使用しており,これを昭和40年頃まではのこぎりで,それ以降は電動丸のこで切断し,釘で打ち付けていた。昭和50年頃以降は,大平板の代わりにケイカル板を使用するようになり,ケイカル板も必要に応じて電動丸のこで切断し,釘で打ち付けていた。」

e
原判決本冊139頁10行目の貼り付けた上にの次にラス網を張り,を,同行目末尾に

そして,最後に塗装工が吹付塗装を行う。

をそれぞれ加え,15行目の甲35の2を甲35に改め,140頁11行目の方法によることもあるの次に(甲A113の1・22頁)を加える。
f
原判決本冊141頁2行目の1278,の次に1391,1414,を加え,6行目の給水設備を給排水設備に改め,9行目の杭工事の次に(杭基礎の場合)を加える。

g
原判決本冊143頁24行目の屋根の次に葺き材を,末行
のむき出しにし,の次に切断予定部分のを,144頁13行
目の甲A371,の次に甲A1392,1415,をそれぞ
れ加える。
足場周囲のネット又はシート設置による影響

a
前記のとおり,各種建物の建築工事においては,足場工事の際,落下物防止,騒音,粉じんの外部漏出防止等を目的として,足場の周囲に,木造建物の場合は軒先から60㎝ほど上までネットが,S造建物及びRC造建物の場合は建物から1mほど上までシートがそれぞれ設置される。
S造建物及びRC造建物の建築工事に使用されるシートは,
時期や目的に応じて素材や仕様が異なり,防音目的には防音シートが使用され,昭和50年以前にはビニールシートが一般的に使用されたが,同年以降は通気性と風圧による足場への負担を考慮してビニールシートをメッシュ状に加工したメッシュシートが多く使用されるようになり,特に網目の大きさが1㎜のものが粉じんを通しにくく,多く使用された。また,木造建物の建築工事の際に用いられるネットは,上記シートに比べて通気性はあるものの,その目的から,もともと開口率が高いものではない上,工事の進行に伴い,次第に汚れて目詰まりすることがあった。(以上につき,甲A113の1・10頁,甲A119の1・7頁,甲A370・34頁,甲A371・43頁,甲A1051・18,19頁,甲A1081・38,39頁,甲A1084・25,34,67,68頁,甲A1278・60頁,乙アA259・1頁,乙アA260・117頁,乙アA261・1頁,乙アA262・1,2頁,乙アA263・9枚目)。
もっとも,建築中の建物の足場の周囲にネットやシートが設置されるとしても,一般的に,建築中の建物とネットやシートの間には一定
の空間があり,その上部は開放されており,下方も地面に達するまでネットやシートが張られるわけではない(甲A1278・61頁,乙アA260・117頁の図4-72及び同4-73,乙アA300・61頁)。
b
建物の建築工事は,その構造により具体的な作業工程に多少の違いはあるものの,いずれにおいても,屋根下地工事や外壁下地工事が行われた段階では,
建物の開口部は窓部だけとなり,
これと相前後して,
建物の周囲に開口率の低いネットやシートが張られることから,建物内は,屋内と同程度の粉じん滞留状態となるというべきである。
また,上記のとおり,ネットやシートを設置する目的には,落下物防止,騒音の外部漏出防止だけでなく,粉じんの外部漏出防止もあることからすれば,建物外であっても,ネットやシートの内側は,外部との換気が十分できる状態ではなくなり,屋内と全く同じ程度といえないとしても,少なくとも屋内に準じた程度の粉じん滞留状態になるというべきである。この点,一審被告国は,じん肺の原因となる吸入性粒子は,直径がおおむね5㎛以下(0.005㎜以下)の粉じんであるから,ネットやシートを容易に通り抜けるものであると主張するが,建築現場においては,石綿粉じんだけでなく,砂埃等の様々な粉じんが発生し,その粒子の大きさも様々であり,ネットやシートの網目の大きさよりも大きな粉じんも発生し,このような粉じんがネットやシートに付着して目詰まりを起こし,さらに通気性を妨げると考えられるから(甲A227の1・10~11頁,証人iの平成26年5月14日尋問19,31頁)
,一審被告国の上記主張は採用できない。
他方,建築中の建物の屋根上は,開放空間であるから(乙ケ1002・7頁)
,上記のとおり,ネットやシートが建物の軒先から60㎝ほ
ど又は建物から1mほど上まで張られたとしても,空気の流れが遮断
されるわけではなく,石綿粉じんが発生したとしても,希釈化されると考えられ,屋根上における粉じん滞留状態が屋内のそれと同程度あるいはそれに準じた程度と認めることはできない。この点,一審原告らは,京都では,間口の狭い家が密集している場所が多いため,そのような場所では,作業を行う屋根の高さには隣家の壁や屋根が位置しており,一般の屋外作業と同様に風通しのよい場所であるとはいえないと主張するが,その主張を裏付ける具体的な証拠はなく,上記のとおり,その主張は採用できない。

粉じん濃度の評価指標(基準)及び測定技術
上記の点については,
実及び理由」の第3章任の第1の3原判決本冊の「事当裁判所の判断欄の第1節被告国の責旧労基法,安衛法に基づく規制権限の不行使の違法性
エ(原判決本冊145頁25行目から153頁初行まで)に記載

のとおりであるから,これを引用する。
原判決の補正
a
原判決本冊146頁11行目の日本産業衛生学会の次に(当時は日本産業衛生協会)を加え,147頁9行目の乙アA77・27ないし29頁を乙アA78・31,32頁に改め,148頁の表の物質名欄の2段目の上記以外の石綿の次にを含むときを加える。
b
原判決本冊149頁11行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。

ⅲ昭和50年労働大臣は,昭和50年,抑制濃度に関する告示(昭和50年労働省告示第75号,乙アB52)を発出し,抑制濃度を従来の2mg/㎥(33本/㎤相当)から,5μm以上の石綿繊維で5本/㎤に改め,昭和48年通達(昭和48年基発第407号,乙アB51)による規制を法令による規制へと強化した。c
原判決本冊149頁12行目のⅲをⅳに,13行目及び1
50頁5行目の各労働省労働基準監督局長をいずれも労働省労働基準局長に,11行目の乙B57を乙アB57にそれぞれ改め,151頁4行目の解像力やの次に斜照射下で計数を行う場合のを加え,152頁7行目の69頁を69ないし72頁に改め,24行目の管理濃度の次にといった各評価指標(基準)を加える。
建築現場における石綿粉じん曝露等に関する事実

建築作業従事者の建築現場における石綿粉じん暴露の実態
上記の点については,次の

のとおり補正し,後記

のとおり,石綿

吹付作業との同時並行作業による石綿粉じん曝露に関する補足説明を加えるほか,
原判決本冊の
事実及び理由の
第3章欄の「第1節被告国の責任の第1制権限の不行使の違法性の3
当裁判所の判断」

旧労基法,安衛法に基づく規

ア(原判決本冊153頁6行目から1

60頁の表まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。
原判決の補正
a
原判決本冊153頁10行目の内装装飾の次にや下地保護,凍結防止等を,154頁4行目及び20行目の各曝露したの次にいずれも

(なお,吹付材施工後の剥がし作業があったことは,前記のとおりである。)

を,155頁15行目の曝露したの次に

(なお,石綿吹付作業との同時並行作業による石綿粉じん曝露については,後に補足する。)

を加える。
b
原判決本冊155頁24行目から156頁初行までを以下のとおり改める。

電気工は,吹付作業が行われた後の天井配管作業において,電線ケーブルを通すパイプを固定する吊りボルトを取り付けるため,デッキプレートに固定されたインサートに付着した吹付材を削り取って除去する際に,配線作業において,電線を固定するセッターを梁に固定するために吹付材を削り取って除去する際に,電線ケーブルやパイプが床(天井)や梁を貫通している部分にパイプを取り付けるスリーブ作業において,耐火仕切板(ケイカル板)を切断して取り付け,同部分に石綿含有の充填剤を詰め込む際に,照明器具等の取付作業において,壁や間仕切り部分に予め設置していたボックス部分を覆ったボードを,コンセントやスイッチの取付けのため切断するボックス出しをする際に,それぞれ石綿粉じんに曝露した(なお,吹付材施工後の剥がし作業があったことは,前記のとおりである。)。
c
原判決本冊156頁16行目曝露したの次に

(なお,吹付材施工後の剥がし作業があったことは,前記のとおりである。)

を加え,24行目の鉄鋼工を鉄骨工に改め,末行の曝露した
の次に

(なお,吹付材施工後の剥がし作業があったことは,前記のとおりである。)

を加え,157頁9行目の屋根裏を天井裏に改め,9行目から10行目にかけての曝露したの次に

(なお,吹付材施工後の剥がし作業があったことは,前記のとおりである。


を加え,158頁初行の作成を作るに改める。
石綿吹付作業との同時並行作業による石綿粉じん曝露
一審被告国は,石綿吹付作業と他の作業が同時に並行して行われるこ
とは想定されておらず,石綿吹付作業を行うに当たっては,近接する部分や設備,造作等が汚染されないように,作業場所に完全に養生囲いをするので,吹付作業に従事する吹付工以外の職種の者が吹付作業から発生する石綿粉じんに曝露することはないと主張し,その主張を裏付ける
証拠として,全訂新版建築施工講座10内・外装工事(Ⅲ)(乙アA265・299頁)を提出しているところ,同文献では,
(吹付作業は)特殊な機械,付属動力,水源および仮設足場と養生を必要とするので,例えば他の工事と並行したりして行う自由度がない。特に,施工中の(作業場所の)養生は近接する部分や設備,造作等が汚染されないようにプラスチック防水シート,板囲い,防水紙等により完全に覆わなくてはならない。とされている。また,一審被告太平洋セメントは,同一審被告の製造・販売した石綿含有吹付ロックウール(スプレーコート)は,建物の下の階から上の階へと順次施工されていくが,その施工時には,原則として同じ階において他の職種の者による同時並行作業は行われず,施工階(施工区画)に立ち入ってはならないこととされ,スプレーコートが施工区画外に漏れ出ないようシートで養生囲いを行い,床や壁に貫通部分がある場合には同様に蓋をして養生をしていたから,
吹付工以外の職種の者が施工階
(施
工区画)に立ち入ってスプレーコートから石綿粉じんに曝露することはなく,施工階(施工区画)外にいる吹付工以外の職種の者がスプレーコートから石綿粉じんに曝露することもなかったと主張し,その主張を裏付ける証拠として,吹付作業のDVD(乙ニ1,2の1)
,写真撮影報告
書(乙ニ3)
,hの陳述書(乙ニ9・11~14頁,乙ニ34・3頁,乙
ニ42・7~10頁)を提出している。
そして,一審被告新日鉄住金化学も,ロックウール吹付材の吹付作業には特殊な設備装置を用意し,当該作業場所から他の作業場所に石綿粉じんが飛散しないように養生囲いをすることが必要であるため,作業マニュアル(乙チ6)を作成して,吹付作業者にその徹底を求めており,上記作業マニュアルでは,ロックウール吹付材の吹付作業を行っている作業場においては,他の作業は行わないこと(使用者らにおいては,関
係しない者を吹付作業の現場に立ち入らせてはならないこと)も当然の前提とされていたから,吹付工以外の建築作業従事者が吹付作業により石綿粉じんに曝露する可能性は低いと主張する。
しかし,長年にわたって建設会社で工事主任あるいは工事所長として建築現場で監督業務に従事してきたjは,
陳述書
(甲A366・20頁)
及び別件訴訟の証人尋問(甲A1051・34~37頁)で,一定規模のビル建築においては,吹付作業と他の作業が同時並行的に行われることが一般的であり,養生囲いも十分でなかったことを具体的に陳述・供述していること,
本件における被災者らも,
陳述書
(甲D5の1・7頁,
甲D6の1・5頁,甲D7の1・5頁,甲D8の1・7頁,甲D12の1・3頁,甲D15の1・3頁,甲D24の1・4頁,甲D27の1・3頁)で同様の陳述をしていること等からすれば,一審被告国,一審被告太平洋セメント及び一審被告新日鉄住金化学が上記のとおり主張する一般論に関わらず,建築現場における客観的な作業実態としては,S造建物やRC建物の建築工事において,吹付作業と他の作業が同時並行的に行われることがあり,その際に養生囲いが必ずしも十分なものではなかったことから,他の作業に従事する職種の者が吹付作業から発生する石綿粉じんに曝露することがあったと認められる。
なお,養生囲いに関する上記一審被告らの主張について付言すると,上記建築施工講座(乙アA265・299頁)の養生の記載は,
吹付作業現場に近接する部分,設備,造作などの汚染防止を目的としたものであり,また,一審被告太平洋セメントが提出したDVD(乙ニ1,2の1)も,平成20年代の作業現場や作業状況を撮影したものであり,その主眼は,吹付作業の手順と検査の方法,あるいは点検の方法を示して,
適切な吹付けが行われるようにするためのマニュアルの一種である。一部には石綿吹付作業現場と他の現場を隔離するようにカーテンないし
覆い等が設置されていることが撮影されているが,この状況が,昭和40年代及び50年代でも同様であったというには,石綿についての考え方の進展や年代の違いに鑑みると,飛躍があるといわざるを得ない。もっとも,吹付作業を行えば,著しい粉じんが発生することからすれば,古くから,
吹付作業現場の粉じんが,
他所に漏出することのないように,
必要な養生はされていたとは推測されるが,そのような養生が,石綿粉じんに発がん性があることを前提として,専ら又は主として建築作業従事者が石綿粉じんに曝露することを防止することを目的としたものであったとは考えにくい。そのため,その養生の方法も,吹付作業現場以外の現場で,
あるいは吹付作業が終了した後の当該現場で作業を行う者が,
石綿吹付作業で発生した粉じんに曝露することがないように配慮した,厳密で漏れがない養生であったということは困難である。

石綿粉じん濃度の測定結果
上記の点については,次の

のとおり補正し,後記

のとおり,石綿

粉じん濃度の測定結果に関する追加事実を加えるほか,
原判決本冊の
事実及び理由の第3章任の第1の3当裁判所の判断欄の第1節被告国の責旧労基法,安衛法に基づく規制権限の不行使の違法性
イ(原判決本冊160頁(表の部分を除く。)7行目から166

頁19行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。
原判決の補正
a
原判決本冊161頁
(表の部分を除く。3行目及び4行目の各

昭和47年をいずれも昭和46年に改め,20行目の昭和53年報告書の次に(石綿による健康障害に関する専門家会議検討結果報告書)を加える。
b
原判決本冊163頁11行目の作業中のの次に24分間の測定でを,12行目の切断の次に4回を,15行目の上記
の次に建材の電動丸のこによる切断作業時をそれぞれ加える。
石綿粉じん濃度の測定結果に関する追加事実
a
kの測定結果(昭和51年)
kは,昭和51年に,石綿を取り扱う作業場における石綿粉じん濃度をメンブランフィルター法により測定したところ,
その測定結果は,
以下のとおりであった(甲A5・12頁)

大型の石綿板(石綿含有率20~30%)
電動鋸を使用して切断,吸塵装置作動中の場合が2.89~25.08本/㎤,吸塵装置休止中の場合が147.03~391.50本/㎤電動丸鋸を使用して切断,吸塵装置作動中で,切断速度が早い場
合が33.74~90.17本/㎤,13.30~391.50本/㎤小型の石綿板(石綿含有率約25%)
手動鋸を使用して切断,吸塵装置なしの場合が0.31~2.55本/㎤,0.11~0.38本/㎤
切断面の掃除,
吸塵装置なしの場合が17.23~162.40本/㎤,
8.36
~18.75本/㎤

b
石綿取扱い事業場実態調査研究報告書(昭和60年)
地上38階建て高層ビル建築現場の地上34階部分の密閉された室内
(窓にはガラスが取り付けられている。で,
)1日に1~2時間程度,
石綿板(石綿含有率10~20%)を使用して間仕切り工事を行ったところ,作業工程上1点における石綿濃度の測定結果は,8.94本/㎤であり,個人曝露濃度の測定結果は,午前が3.34~9.91本/㎤で,平均が7.6本/㎤,午後が13.33~27.30本/㎤で,平均が18.98本/㎤であった(甲A1256・73~74頁)



建築作業従事者の石綿関連疾患発症状況等
上記の点については,原判決本冊167頁5行目の石綿取扱事業場
を石綿取扱事業者に改め,168頁8行目のとおりであるの次に
(甲A108・16頁)を,16行目から17行目にかけての含まれていたの次に(甲A108・25,26頁)を,23行目の判明したの次に(甲A108・48頁)を,169頁2行目の観察されたの次に(甲A108・74,75頁)をそれぞれ加えるほか,原判決本冊の事実及び理由の第3章節被告国の責任の第1使の違法性の3
当裁判所の判断」欄の第1旧労基法,安衛法に基づく規制権限の不行ウ(原判決本冊166頁20行目から169頁12行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。エ一審被告国による石綿問題に関する検証の結果上記の点については,原判決本冊169頁25行目の「述べられているの次に(甲A67の1・10頁)を加えるほか,原判決本冊の「事実及び理由の第3章「第1当裁判所の判断欄の第1節被告国の責任の
旧労基法,安衛法に基づく規制権限の不行使の違法性」の3


(原判決本冊169頁13行目から25行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。
3
製造等禁止に関する一審被告国の規制権限不行使の違法性及び一審被告企業らの石綿不使用義務に関連する事実
一審被告国が石綿の製造等禁止措置をとるに至った経過等

上記の点については,原判決本冊235頁16行目の課しを課すとともに,石綿含有率5%を超える石綿等の吹付作業を原則として禁止しに改め,24行目の禁止され,の次に平成16年にはクリソタイルの使用もほぼなくなり,平成17年には石綿則により石綿吹付作業が全面的に禁止され,を加え,後記イのとおり,一審被告国が石綿の製造等禁止措置をとるに至った経過等に関する追加事実を加えるほか,
原判決本冊の
事実及び理由第3章の当裁判所の判断
欄の
第1節被告国の責任

の第1イ旧労基法,安衛法に基づく規制権限の不行使の違法性の5
a(原判決本冊235頁11行目から25行目まで)に記載のとおり
であるから,これを引用する。

一審被告国が石綿の製造等禁止措置をとるに至った経過等に関する追加事実
アスベスト・パニック又は学校パニック
(昭和61年から平成
元年)
我が国で石綿問題が大きくマスコミ報道され,本格的に社会問題化したのは,昭和61年から平成元年にかけてのアスベスト・パニックあるいは学校の吹付石綿が問題となった学校パニックと呼ばれる時期からであり,その中で大々的に取り上げられたのは吹付石綿であったが,成形板の破砕等の問題も指摘され,昭和62年にはベビーパウダーへの石綿混入,学校で使用される石綿金網や石綿水道管等も問題となった(甲1476・40~45頁)

グッバイ・アスベスト
(昭和62年)
日本消費者連盟は,昭和62年に冊子グッバイ・アスベストを発
刊し,
その中で,
家族曝露や近隣曝露の危険性のほか,
セリコフ博士
(昭
和58年)の米国では今後30年間,毎年9000人がアスベストによるがんで死亡することになるだろうという警告や,EPAのアスベストには安全濃度はないという新聞発表(昭和61年)を紹介し,環境曝露による中皮腫発症の危険性として,環境庁監修の石綿・ゼオライトのすべて(甲A9)に基づき,米国コネティカット州における中
皮腫の人口10万人当たりの罹患率が,1940年から1949年には0.04であったが,1960年から1963年には0.37に急増しており,同州の石綿累積消費量と比例して増えていることを指摘している(甲A1479・5~8頁)


アスベスト根絶ネットワーク(アスネット)(昭和62年~昭和
63年)
建物の石綿問題に取り組む市民らが結集し,昭和62年9月にアスネット準備会を結成し,
昭和63年2月に正式に発足させた(甲147
6・46頁)。
アスベスト問題研究会及びアスベスト対策をどうするか(昭
和63年まで)
米軍横須賀基地における石綿廃棄物の不法投棄問題や同基地・造船関係の石綿被害問題に取り組んでいた神奈川労災職業病センター(後に神奈川大学教授)の田尻宗昭所長の呼びかけで,鈴木武夫(国立公衆衛生院院長),佐野辰雄(元労働科学研究所副所長)らをはじめとする研究者,医師,弁護士らがアスベスト問題研究会を組織し,昭和63年7月にアスベスト対策をどうするかを出版した(甲1476・46頁,甲A1482)。同書では,年間26万トンを輸入する世界一の石綿使用国である日本の石綿問題は深刻であり,米国のように全面禁止の方針を立てて実行に移すことが求められているとして,石綿含有建材の使用規制をはじめとする建築物対策,
消費者対策,
労働現場対
策等を提言している(甲A1482・93頁~)。
石綿対策全国連絡会議(石綿全国連)(昭和62年~)
昭和62年11月に,労働組合,市民団体,様々な分野の専門家や個人で構成される石綿全国連が結成され,それ以降,石綿全国連は,石綿の全面使用禁止を目指して,当面極めて発がん性の高いクロシドライトの使用禁止,
その他の石綿の抑制基準濃度を0.
2本/㎤とすること
等を申し入れ
(当時の抑制濃度は2本/㎤)労働省,

環境省,
厚生省,
通産省,文部省,建設省の6省庁との交渉を行うほか,シンポジウムの開催や被害掘り起こし等に取り組んでいった(甲A1476・46~4
7頁)。
アスベスト対策の政策提言-アスベスト規制法(仮称)制定に向けて(平成2年)
文部省,建設省の6省庁との交渉を行い,平成2年1月10日に,平成6年までの原則禁止,
平成12年までの完全禁止を目標とする
アスベスト対策の政策提言-アスベスト規制法(仮称)制定に向けてを発表した(甲A1453,甲A1436の34~37)。
アスベスト規制法制定をめざす会(めざす会)(平成2年)
青山英康(岡山大学医学部教授),佐野辰雄,田尻宗昭,広瀬弘忠らが代表となって,
平成2年4月18日にめざす会を結成し,
特別国会提
出を目指してアスベスト規制法案の作成を進め,同年11月27日のアスベスト規制法制定をめざす全国集会石綿の規制等に関するで法律案要綱(案)を発表した(甲A1476・63~64頁)。アスベストなんていらない(平成2年9月)
アスネットは,平成2年10月,
アスベストなんていらないを出
版し,
その中で,
石綿の使用を完全に禁止するアスベスト規制法の制定
に向けた提言をした(甲A1484)。
アスベスト規制法制定をめざすシンポジウム(平成3年3月)
平成3年3月22日にアスベスト規制法制定をめざすシンポジウムが開催され,社会党政策審議会の石綿の規制等に関する法律案要綱(案)が説明されて,同年4月下旬に社会党の法律案がまとまった(甲A1455,1456)。
その後のめざす会の活動(平成3年~平成4年)
めざす会は,
平成3年4月24日に参議院議員会館で集会を開き,

スベスト規制法
(仮称)
制定を求める国会請願署名約63万人分を衆参

両議院議長に提出し,この間,関係省庁のヒアリング,日本石綿処理工業会,日本石綿製品工業会,日本硝子繊維工業会,石綿スレート協会,石綿協会有志等との話合いや,
建設,
自動車等の業界団体に対する石綿
不使用の申入れ等の活動を行った(甲A1457の1)。
石綿製品の規制等に関する法律案
(アスベスト規制法案)
の提出,
廃案等(平成4年~平成5年)
社会党が平成4年12月3日に社会民主連合との共同提案により
石綿製品の規制等に関する法律案
(アスベスト規制法案)を議員立
法として衆議院に提出し,議事運営委員会で法案の取扱いが協議されたが廃案となり,翌平成5年にも,社会党,公明党及び民社党の共同提案によりアスベスト規制法案の再提出が模索されたが,
結局,
同法案が
再提出されることはなかった(甲A1471の1~7,甲A1476・65~68頁)

石綿の管理使用の可否に関する医学的知見等

上記の点については,原判決本冊239頁14行目の
産業保険
を産業保健
に改め,
240頁初行から21行目までを削り,
後記イのとおり,
石綿の管理使用の可否についての医学的知見等に関する追加事実を加えるほか,原判決本冊の事実及び理由の第3章「第1節被告国の責任の第1の不行使の違法性の5

当裁判所の判断」欄の

旧労基法,安衛法に基づく規制権限

b(原判決本冊235頁末行から240頁

21行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。

石綿の管理使用の可否についての医学的知見等に関する追加事実
主に石綿の管理使用の可否に関連する医学的知見として重要なものは,上記のほか,原判決が石綿関連疾患に関する医学的知見の確立の項で掲記するILO専門家会議,IARC報告(いずれも昭和47年・原判決本冊102頁5行目から104頁12行目まで)
及び昭和53年報告書
(石

綿による健康障害に関する専門家会議検討結果報告書・原判決本冊110頁24行目から113頁7行目まで)を挙げることができるが,更に以下の事実を追加する。
ILO石綿を安全に使用するための実施要綱(昭和58年)
ILO総会は,昭和58年11月に石綿を安全に使用するための実施要綱を作成したところ,これは,石綿の管理使用を前提として,それをどのように安全に取り扱うかについて詳細なガイドラインを定めたものであった(乙アA170)。
静かな時限爆弾アスベスト災害
(昭和60年)

広瀬弘忠(東京女子大学教授)は,昭和59年に,フルブライト研究員としてアメリカ滞在中,300点以上の石綿関連資料を収集するとともに,アメリカ環境保護庁をはじめとする行政機関,医学者,疫学者,鉱物学者,石綿企業の責任者,日本の環境庁や都県の公害課,公害研究所,医師らにインタヴューを行い,昭和61年11月に静かな時限爆弾アスベスト災害を発刊し,その中で,その当時,アメリカでは,
石綿関連疾患の無料健康診断が実施され,アメリカ環境保護庁がアスベストと健康障害についての小冊子を無料配布するなどし,これらがテレビニュースで報道されるほど,石綿被害が多発し,社会問題化していたこと,他方,日本では,石綿災害が全く存在しないかのように,マスコミ報道もほとんどなかったが,北川正信(富山医科薬科大学教授)や横山邦彦(国立療養所近畿中央病院医師)への取材等から,一般市民の多くが既に石綿に汚染されており,全国いたるところに石綿曝露を原因とする肺がんや悪性中皮腫等の犠牲者がいることが判明したなどと指摘している(甲A1001・ⅰ~ⅴ頁)

OSHAアスベストの人体への影響
(昭和61年。ただし,翻訳は
平成2年)

OSHA(アメリカ合衆国労働省労働安全衛生局)は,昭和61年6月に職業性石綿曝露に関する新しい規制規則を公布し,
許容曝露限界
(P
EL)を従来の10分の1に相当する8時間時間加重平均濃度(8h-TWA)で0.2本/㎤に改定し,0.2本/㎤以下であっても石綿関連がんによる重大なリスクが依然として存在するとして,0.1本/㎤をアクションレベル(労働者の曝露濃度がそのレベル以上であれば,雇用者が一定の基準に従って労働者の教育や健康診断等の措置をとらなければならないレベル)とし,平成6年には規制基準自体を0.1本/㎤に強化した(甲A1478)

アスベスト曝露による人体影響
(昭和62年)
森永謙二(大阪府立成人病センター調査部)及び横山邦彦(国立療養所近畿中央病院医師)は,昭和62年の労働の科学の特集アスベストの諸問題において,アスベスト(石綿)を吸引すれば,ヒトに致命的な疾患を引き起こすことは,何も最近知られるようになったことではない。特にアスベストの発がん性については,1964年ニューヨーク科学アカデミー主催による国際会議で各国からその事実が報告され,その後幾度も開催されて研究成果が発表されてきた。昨年1月のアメリカ環境保護庁EPAによるアスベスト建材及びアスベスト衣服の製造・輸入・加工の即時禁止,約5年後にはアスベスト摩擦材,その他のアスベスト製品については,さらにその後に禁止するという提案がなされたことから,我が国のマスコミもようやくアスベストに関心を持つようになったものの,アスベストによる健康障害やその実態については今なお等閑視されている。と指摘している(甲A1025・14頁)。
石綿・アスベスト健康障害を予防するために
(昭和62年)

海老原勇
(千葉大学医学部助教授)
は,昭和62年にブックレット
石綿,アスベスト健康障害を予防するためにを発刊し,その中で,健
康障害を予防するための特化則の規制内容等を説明した上,石綿による健康障害をなくすためにと題して,欧米諸国の厳格な規制や使用禁止の状況を紹介し,発がん性を持っている石綿をできる限り早く環境中から除去すべきこと,そのために早急に石綿を代替材へ切りかえる努力を強め,石綿の使用を大幅に減少させるべきこと,身の回りのどこに石綿があるのかを確認しておき,石綿を含む物を扱う場合には細心の注意を払うべきこと等を指摘している(甲A1・22~23頁)

グッバイ・アスベスト
(昭和62年)
グッバイ・アスベストの内容は,前記

(一審被告国が石綿の製

造等禁止措置をとるに至った経過等)のウ(一審被告国が石綿の製造等禁止措置をとるに至った経過等に関する追加事実)の該当部分のとおりである。
アスベスト関連疾患1990~2020年
(平成元年)

平成元年9月に第2回日本石綿シンポジウムが開かれ,セリコフ博士(ニューヨーク市立大学マウント・サイナイ医科大学附属科学研究所名誉所長,ラマチーニ研究財団会長)は,
アスベスト関連疾患1990~2020年と題する特別講演を行い,その中で,マウント・サイナイ医科大学のニコルソン博士が,建設関係を含む10の業種について,今後30年あるいは40年の間にどれだけがんによる死亡が増加するかを調査したところ,アメリカの公共衛生当局が当初予想したよりも,毎年9000件~1万件多くなっているとする一方で,ここ数年でアメリカにおけるアスベストの使用量が急減しているため,30年後には現在より若干少なくなると予想されるのに対し,日本では,1人当たりの石綿使用量がアメリカの1945年における石綿使用量をはるかに上回っているとして,
日本の石綿大量消費に懸念を示している
(甲A1338,
甲A1480・42頁)


石綿・建設労働者・いのち
(平成元年)
日本最大の建設労働組合である全建総連(全国建設労働組合総連合)は,平成元年に小冊子石綿・建設労働者・いのちを発刊し,その中で,

我が国の建設現場の石綿汚染はひどい状況です。既に石綿による健康障害の発生は始まっています。今後も現在のような状況が続くとしたら,それによる健康障害の多発は一層深刻なものとなるでしょう

などとしている(甲A1481・2頁)

石綿の排出規制に関する国会議事録
(平成元年)
平成元年に大気汚染防止法が改正され,その当時,発がん性等の健康影響の観点から,国民の関心が高まっていた石綿等による大気汚染の問題に対処するため,石綿その他人の健康に係る被害を生ずるおそれのある粉じんを特定粉じんとし,石綿製品等製造工場等を特定粉じん発生施設とした上で,特定粉じんの濃度の測定等の規定を設け,同施設の周辺地域において,当該工場等から排出・飛散する特定粉じんの濃度を一定の水準に抑える規制が設けられた。
同法改正までの国会審議においては,
石綿の危険性や,石綿使用量が減少している欧米諸国に比べて,日本の石綿使用量が増加していこと等が指摘されていた(甲A1483)。
ワグナーのアンフィボール仮説(平成元年)
ワグナーは,平成元年にアンフィボール仮説(石綿による発がん性等の重大な被害は専らアンフィボール系(角閃石系:クロシドライト,アモサイト等の石綿繊維)によるものであるとする仮説)を提唱した(乙ケ1004・35頁,乙ケ1008・21頁)。
アスベスト・職業がん110番
(平成3年)
全国労働安全衛生センター連絡会議及び石綿対策全国連絡会議(石対連)は,平成3年7月2日に12都府県14か所でアスベスト・職業がん110番を実施したところ,325件の相談が寄せられ,その報
告書では,その後の相談を加えた職業曝露による健康被害に関する相談140件の集計結果が報告されており,そのうち肺がんと診断された人が14人,中皮腫と診断された人が8人,石綿肺ないしじん肺と診断された人は24人であり,また,被災者とされた140名の業種・職種別では,大工8人を含む建設が21人,吹付け及び解体が各5人,電気工事が3人,板金が3人などと建築作業従事者が約3割を占めた(甲A1485)

中皮腫による死亡者数及び石綿肺がん・中皮腫の労災認定件数
昭和62年頃には,中皮腫による死亡者数は年間100人を超え,石綿肺がん・中皮腫の労災認定件数は年間10件を上回っていたが,平成7年には,中皮腫による死亡者数が年間500人となり,石綿肺がん・中皮腫の労災認定件数も年間20件を超え,平成6年度までの認定事例は肺がんが120件,中皮腫が83件,合計203件に達した(甲A1486,1487)

WHOクリソタイルの評価に関するプレスリリース
(平成8年)
WHOは,平成8年9月にクリソタイルの評価に関するプレスリリースを発表し,その中で,適切な管理対策がとられた職場では,クリソタイル曝露はかなり減少してきており,一般的にクリソタイルの採掘や摩擦材及びアスベストセメント製品の製造においては,その生産及び加工に携わる労働者に及ぶリスクは少ないが,クリソタイル含有製品のその他の用途では,健康リスクをもたらすおそれもあり,特に懸念されるのは,改築及び保守作業中の建物内でのクリソタイル曝露である。したがって,可能な限り,クリソタイルよりも安全であると考えられる代替材料を検討すべきである。,公表されたデータは,一般に過去に非常に高かった生産/加工中のクリソタイル曝露量が1970年代には大きく減少し,その後も低下し続けて今日の低いレベルに達していることを示しているが,適切な粉じん抑制がなされていない生産設備では,曝露レベルは依然として高い。,多くの建物内に依然として混合アスベストが大量に残っており,これらの脆く飛散しやすい製品の存在は高レベル曝露の発生源となる可能性がある。建築材料は,これを扱う労働者が多数である点及び管理対策が講じにくいという点で特に懸念が持たれている。既に取り付けられている建築材料が改築及び保守工事を実施する作業員にリスクを及ぼすおそれがある。管理対策が講じられている建物内では,保守作業員のクリソタイル曝露量は低いが,これが導入されていない場合には,保守作業員が高いレベルのクリソタイル及び他の石綿繊維に曝露されるおそれがある。と指摘する一方で,適切な管理対策によって石綿肺,肺がん及び中皮腫の発生するリスクをかなり低減できるはすであり,こうした対策が導入された工場からのデータは,曝露量を一般に0.5本/㎤以下のレベルに保つことが可能であることを示しており,こうした曝露条件下において石綿肺の臨床症状が発生することは考えられない。と指摘している(乙アA115・3~4頁)。石綿含有建材の代替可能性

上記の点については,原判決本冊241頁18行目及び242頁5行目の各線維をいずれも繊維に,10行目のガラス長繊維をガラス繊維に,242頁24行目の半ばを後半にそれぞれ改め,244頁16行目から245頁18行目までを削り,後記イのとおり,石綿含有建材の代替可能性に関する追加事実を加えるほか,
原判決本冊の
事実及び理由第3章のの「第1イ当裁判所の判断
欄の
第1節旧労基法,安衛法に基づく規制権限の不行使の違法性の5

c(原判決本冊240頁22行目から245頁18行目まで)に記載
のとおりであるから,これを引用する。

被告国の責任」

石綿含有建材の代替可能性に関する追加事実

ノンアス建材の製造・販売期間
一般社団法人JATI協会が作成した
石綿無含有建材一覧表
には,
各企業が製造・販売したノンアス建材の製造・販売期間が記載され,これによると,建材ごとに各メーカーの製造・販売開始時期は様々であるが,主要なノンアス建材で,その製造・販売開始時期が最も早いものを一覧にすると,次表のとおりとなる(甲A1349,1489)

建材

製造開始年

建材

製造開始年

吹付ロックウール

昭和50年

けい酸カルシウム板第1種

平成元年

湿式吹付材

昭和63年

ロックウール吸音天井板

昭和62年

吹付バーミキュライト

昭和40年

その他パネル・ボード

昭和56年

吹付パーライト

昭和44年

ビニル床タイル

昭和31年

けい酸カルシウム保温材

昭和54年

ビニル床シート

昭和49年

バーミキュライト保温材

昭和63年

けい酸カルシウム床材

平成元年

けい酸カルシウム板第2種

昭和59年

ソフト巾木

昭和41年

屋根用折板断熱材

昭和55年

住宅屋根用化粧スレート

昭和57年

煙突用断熱材

平成3年

窯業系サイディング

昭和36年

スレートボード・フレキシブル板

平成3年

複合金属系サイディング

昭和63年

スレートボード・平板

平成5年

スレート波板・大波

平成16年

スラグ石こう板

昭和60年

スレート波板・小波

平成16年

スラグセメント板

平成3年

スレート波板・その

平成16年


押出成形セメント板

昭和63年

セメント円筒

昭和62年

上記表は,各建材ごとに製造販売開始時期が最も早いものを掲記したものである。これによれば,建材ごとに製造販売開始時期には相当のばらつきがある。また,この表には現れていないが,同種の建材でも製造
販売企業ごとに製造販売開始時期にはばらつきがある。また,当初のノンアス建材が,その性能・性質が代替性を備えたものであったかについても十分な確認はできない。
建築物のノンアスベスト化技術の開発(平成元年度概要報告書)
(平
成2年)
建設省は,平成元年に,官民連帯共同研究として,
建築物のノンアスベスト化技術の開発に関する研究を行い,その概要報告書において,現在,石綿含有建材メーカーは代替繊維を利用したノンアスベスト製品の開発を急ピッチで進めているものと考えられるが,技術開発の現状は,①ノンアスベスト化技術は代替繊維の開発・改良を含めて現在進行中の技術であり,完成された技術ではないこと,②個々の石綿含有製品のノンアスベスト化に関しては,材料の用途や要求性能による個別的技術課題が多く存在すること,③代替すべき石綿含有建材及び代替繊維の種類が多岐にわたることから,ノンアスベスト製品の組成や諸性能に関する情報は詳細に公開されていない。,今後も種々のノンアスベスト製品が出現すると予想される。ここで問題となるのは代替製品の性能及びコストであり,性能面について言えば,主な要求性能項目に関しては同等程度の性能を有するであろうが,石綿が有していた程の多面的性能を確保することは困難であると考えられる。また,コスト面でのアップは避け難い。と指摘している(乙アA108・7,10頁)。
石綿代替製品調査研究報告書“中小企業のための石綿代替製品開発ガイドライン”(平成3年)財団法人建材試験センターは,平成3年3月に,平成2年度通産省委託研究として,
石綿代替製品調査研究報告書“中小企業のための石綿代替製品開発ガイドライン”を発表し,その中で,ノンアス化が遅れている石綿スレート製品についても,難燃性,耐久性といった要求性能をク
リアーできる無石綿製品の製造が可能であり,従来の石綿スレート製品と比較して若干の強度の低下と多少のコスト上昇という課題があるが,それ以外の性能に対する影響は小さく,代替繊維の原材料費の上昇はそれほど大きくないことを指摘している(甲A1443)

「アスベスト問題(報告版)(平成3年)

めざす会(アスベスト規制法の制定をめざす会)は,平成3年3月22日に第88回市民と政府の土曜協議会として,清水澄子参議院議員らとともに関係省庁からヒアリングを行い,その結果を「アスベスト問題(報告版)
」にまとめ,その中で,建設省の担当者が,
業界の自主的な代替建材の開発目標として,内装材については91年末までにノンアス化,外装材については91年末までに石綿含有率5%以下にし,さらにノンアス化を目指す,屋根材(スレート)については93年末までに石綿含有率5%以下にすることを掲げており,これらは達成できるであろう。と回答したことが記載されている(甲A1444・6頁)。
建設省ヒアリング
(平成3年)
めざす会は,平成3年4月10日に五島正規衆議院議員らとともに建設省からヒアリングを行い,
その結果を
建設省ヒアリング
にまとめ,
その中で,同議員らの質問に対し,建設省の担当者らが,

屋根材の代替品開発が遅れている理由は,一番はコストの問題であり,次に耐久性・強度の問題である。,

廃棄処理費用まで考慮すれば,コストの問題は数割高の範囲程度であれば吸収できると思う。,一定の性能をもった代替

品ができれば,それに伴ってJISはすぐ改定できる。と回答したこと

が記載されている(甲A1445)

建築物のノンアスベスト化技術の開発
(平成3年)
平成3年度建築研究年報としての官民連帯共同研究建築物のノンアスベスト化技術の開発では,平成3年度の研究成果の概要として,アスベストを全く含有しない建築材料も開発が進められており,内装材については脱アスベストがほぼ達成されている。外装材について,情報収集及び実験を行ったが,性能的にはアスベスト含有材料より多少劣るのが一般的である。と指摘されている(甲A1446)。
石綿の使用に関する
ポジションステートメント
(基本的な考え方)
,
石綿製品の代替化状況石綿粉じん自主基準値等(平成3年)

日本石綿協会は,平成3年8月に石綿の使用に関するポジションステートメント(基本的な考え方)と,そのバックアップ資料として石綿製品の代替化状況石綿粉じん自主基準値等を発表した(甲C1,
の547・1~11頁)
。これを受けて,同年11月に開催された第3回
日本石綿シンポジウムにおいて,その当時日本石綿協会会長を務めていたニチアス社長の音馬峻は,

石綿含有製品の代替化については,製品そのものあるいは施工時に石綿粉じんの発生しやすいもの,比較的容易に代替できるもの等から始まり,既に多くの石綿製品が代替化された。と

述べる一方,
石綿の健康への影響問題については,過去20年以上にわたる世界的規模における研究によって,『石綿は管理すれば使用できる』とのコンセンサスが得られてきた。そして,概ね人体に影響を与えないと考えられる作業環境の粉じん濃度は,現在の我が国の管理濃度で確保されているといえる。日本石綿協会としては,性能とか経済性の面からどうしても石綿の使用を必要とする製品については,自主基準を制定するなど健康に影響を与えないよう安全衛生面を十分配慮して石綿を使用していきたいということを基本的な考え方としている。と述べている(甲C1の552・17~23頁)

石綿代替物質の生体影響に関する研究(平成3年)
森永謙二は,平成3年3月に発表した石綿代替物質の生体影響に関する研究で,石綿代替物質の健康影響に関する評価のまとめとして,
代替原料,代替品の発がん性についても,安全であるかどうか,石綿よりはどの程度危険性が少ないのか,あるいは大きいのかということを早急に調べる必要がある。代替品にも発がん性があると,石綿と同じような経験を踏むことになるので,代替品の健康影響についての研究が今後一層重要になるものと思われる。と指摘している(乙アA123・26~29頁)。
石綿含有率低減化製品調査研究報告書
(平成4年)
財団法人建材試験センターは,平成4年3月に,平成3年度通産省委託研究による石綿含有率低減化製品調査研究報告書を発表し,その中で,実機の抄造ラインで製造した石綿含有率5%以下又は無石綿のス

レート小波板は,建設省告示の不燃材料に合格し,外装材として有害なひび割れやふくれを生じることなく,所定の強度を有して使用できる。その使用期間は確定していないがかなりの長年月と考えられる。,石綿

含有率5%の製品の曲げ強度は従来品よりも大きいものが多く,無石綿の製品の曲げ強度は従来品として同等である。ただし,外装材として使ったとき曲げ強度の低下率は,いずれも従来品の曲げ強度の低下率より大きい。いずれの製品も衝撃強度は従来品と同程度であり,釘穴強度は従来品よりも大きいが,人工気候室曝露により釘穴強度が増加するものと低下するものがある。と指摘している(甲A1447・75頁)。
建築物の解体・撤去等に係わるアスベスト飛散防止対策について
(平成8年)
平成8年2月に発行された建築物の解体・撤去等に係わるアスベスト飛散防止対策については,石綿含有製品の代替化状況について,①代替化が完了している製品(けい酸カルシウム保温材・昭和55年,パーライト保温材・昭和60年以前,船舶用隔壁材・同,ビニル床タイル・昭和61年,けい酸カルシウム板(厚物)・平成元年,けい酸カルシウ
ム板(薄物)・平成5年),②石綿含有製品を他の製品で置き換えたもの(吹付石綿・昭和50年,クロシドライトパッキン・同,石綿保温材・
メント高圧管・昭和60年),③代替化が一部進んでいる製品(住宅屋根材,サイディング,押出成形セメント製品,自動車用摩擦材,石綿ジョイントシート等のガスケット類,石綿系パッキン,石綿紡績品)に分けて説明した上で,今後の代替化の動向について,代替化にはノンアス化(全面的な代替化)と低減化(部分的な代替化)があるが,今後は低減化という形で代替化が進行する製品が多いと思われ,将来にわたって石綿含有製品として残ると思われる製品が一部あるが,これらの製品の多くは,石綿繊維をゴム,プラスチック,セメント等の結合材で封じ込めた石綿粉じんの出にくい製品であり,加工から廃棄処分に至るまでの過程における石綿じんの飛散も非常に少なく,有効な管理ができる製品であると指摘している(乙アA121・39~43頁)。
平成12年度無機新素材産業対策調査(石綿含有率低減化製品等調査研究)報告書
日本石綿協会は,通産省又は経産省から委託を受けて,平成3年度から平成11年度にわたり,石綿代替製品の開発等の研究を継続してきたところ,平成17年に実施されることになった石綿使用の全面禁止への対応を立案するための基礎的資料を得ることを目的として,それまでの研究の総括及び石綿低減化製品等に係る国内及び海外の調査を実施した。その調査報告書で,石綿低減化製品の今後の在り方について,①EU指令に基づく特殊用途を除く石綿の使用禁止を世界的な傾向と受け止め,低減化・代替化を促進する方策を早急かつ適切に立案する必要があること,②代替繊維使用によるコストアップと性能確保については,上記①のことを関係方面に周知及び理解を得た上で,技術開発とコスト低減を
積極的に図る必要があること,③代替繊維等の健康影響問題は未知の部分があり,これら繊維等に関する健康影響性能評価等について調査研究を実施し,技術指針等を整備する必要があること等を指摘している(乙アA105・60~61頁)。
一審被告企業らの資料
一審被告企業らを含む石綿含有建材の製造・販売企業は,ノンアス建材を開発し,その普及に努めていた。このことは,
新世界を拓くアスク70年史
(甲C4)ニチアス技術時報

(甲C32,甲C104の
1~28)
,一審被告ニチアスのHP建材製品無石綿化の経緯(甲A
1340の1),過去に販売したアスベスト含有製品(甲A1340の2・3),環境報告書2005(甲A1340の5)及び主要保温材無石綿化の経緯(甲A1411)一審被告ノザワのHP

石綿含有製品及び無石綿製品の製造・販売期間
(甲A1333の1)
,一
審被告積水化学工業のHP当社グループのアスベスト(石綿)関連の状況について(甲A1343の2),一審被告大建工業の当社アスベスト(石綿)含有製品についてのお知らせ(甲A1344の2,甲C30の2)及び当社『ダイロートン』のシリーズ名とアスベスト含有状況について(甲A1344の3,甲C30の3),新聞記事(甲A1435の54・57・61・63・65・69・75~77・79・80・85・92・93・114・119・131)等に表れている。諸外国における石綿の規制状況
上記の点については,原判決本冊247頁11行目から12行目にかけての禁止されていない(の次に甲A67の1・42,43頁を加え,19行目から248頁6行目までを削るほか,原判決本冊の事実及び理由の第3章当裁判所の判断欄の第1節被告国の責任の第1労基法,安衛法に基づく規制権限の不行使の違法性の5
イ旧
d(原判決

本冊245頁19行目から248頁6行目まで)
に記載のとおりであるから,
これを引用する。
4
本件における被災者らの就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況
一審原告A(番号1・被災者A´・左官)

被災者A´の就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,次のイのとおり補正するほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号1】A・被災者:A´(同原告の夫)の第1ないし第3(同1頁2行目から2頁9行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。


原判決の補正
原判決別冊2(原告各論)1頁10行目及び13行目の各外壁を
いずれも内外壁に改め,19行目のk左官におけるの次にモルタル作り作業の際のを加える。原判決別冊2(原告各論)2頁9行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。
なお,石綿吹付作業と他の作業,吹付作業以外の各作業が同時に並行して行われることがあったことについては,前記2る石綿粉じん曝露等に関する事実)のア(建築現場におけで認定したとおりである。また,一審原告らは,被災者A´が石綿含有吹付材施工後の剥がし作業からも石綿粉じんに曝露したと主張するが,その事実を認めるに足りる証拠はない。一審原告B(番号2・被災者B´・電工)

被災者B´の就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,次のイのとおり補正するほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号2】B´(被災者本人)の第1ないし第3(同7頁2行
目から8頁5行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。イ
原判決の補正
原判決別冊2(原告各論)7頁20行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。
そして,被災者B´は,平成27年6月5日,急性真菌性肺炎を直接の原因として死亡した(甲D2の40)。この点,上記のとおり,被災者B´は,石綿粉じん曝露により肺がんに罹患したと認められるが,この肺がんと急性真菌性肺炎との関係は,本件全証拠によっても不明といわざるを得ないから,石綿粉じん曝露と死亡との間に因果関係があるとは認められない。原判決別冊2(原告各論)7頁22行目の昭和50年9月を昭和48年4月から同年10月まで及び昭和49年8月に改める。原判決別冊2(原告各論)8頁初行から5行目までを以下のとおり改める。

2なお,建築作業従事者が石綿含有吹付材施工後の剥がし作業から石綿粉じんに曝露することがあったことについては,前記2場における石綿含有建材の使用等に関する事実)のア(建築現で認定したとおりである。また,一審原告らは,被災者B´が火災報知器を設置するために天井のボードをのこぎりで削って穴を開ける際に発生した石綿粉じんに曝露した点について,労災関係資料(甲D2の1・5・6)では,この事実は表れていないと主張するが,被災者B´は,労災補償給付申請に当たっての意見書(甲D2の29)及び陳述書(甲D2の34)で,上記事実について具体的に述べているから,そのとおり認めるのが相当である。そして,被災者B´は,三葉商会で就労していた昭和48年4月から同年10月まで及び日本防火産業で就労していた昭和49年8月から昭和50年9月までの間,いずれも消防設備設置工事の見習いとして就労していたところ,京都労働局の聴取書(甲D2の6・2頁)では,「見習いであったので,手伝い程度の仕事をしていた。上司に言われた仕事をしていただけなので,石綿を取り扱っていたかどうかは記憶にありません。と述べているが,石綿粉じんに曝露したことを明確
に否定しているわけではない。建築作業従事者にとって,自己が取り扱っている建材が石綿含有製品であるかどうか分からないことも多く,見習い期間であればなおさらと考えられる。むしろ,被災者B´は,本人尋問(23,37頁)で,見習い期間中であっても作業内容に違いがなかったと供述しており,その供述が不自然・不合理であるともいえないから,見習いであった上記各期間においても,石綿粉じんに曝露したと認めるのが相当である。

一審原告C(番号3・被災者C´・電工)

被災者C´の就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,次のイのとおり補正するほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号3】C・被災者:C´(同原告の夫)の第1ないし第3(同14頁2行目から22行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。


原判決の補正
原判決別冊2(原告各論)14頁9行目のパチンコ店,ワールド
をパチンコ店「ワールド」に改める。
原判決別冊2(原告各論)14頁22行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。

なお,建築作業従事者が石綿含有吹付材施工後の剥がし作業から石綿粉じんに曝露することがあったことについては,前記2(建築現場における石綿含有建材の使用等に関する事実)のアで認定したとおりである。

一審原告D(番号4・被災者D´・左官)

被災者C´の就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,次のイのとおり補正するほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号4】D・被災者:D´(同原告の父)の第1ないし第3(同22頁2行目から23頁5行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。


原判決の補正
原判決別冊2
(原告各論)
22頁18行目から19行目にかけての

認められる。

認められるが,石綿粉じん曝露と死亡との間に因果関係があるとは認められない。

に改める。原判決別冊2(原告各論)23頁5行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。
なお,石綿吹付作業と他の作業,吹付作業以外の各作業が同時に並行して行われることがあったことについては,前記2る石綿粉じん曝露等に関する事実)のア(建築現場におけで認定したとおりである。この点,一審被告太平洋セメントは,粉じんの多い環境では適切な左官作業はできないはずであるから,吹付作業と左官作業が同時に並行して行われることはないと主張する。確かに,被災者C´は,一審原告ら代理人弁護士の聴取書(甲D4の1。4頁)で,タイル張りを除くほとんどの建築現場で土間塗り作業が必要であったところ,その場合に粉じんが残っていると,モルタルが浮いて施工不良になると述べているが,他方では,自己が土間塗り作業を行う現場で前日や数日前に吹付作業が行われた場合には,空気中に石綿粉じんが舞い,床面に多量の石綿粉じんが堆積している状態であるため,床に堆積した石綿粉じんを掃除機や箒で掃くなどして除去しており,その際に石綿粉じんに曝露したと具体的に述べていることからすれば,一審被告太平洋セメントの上記主張は採用できない。また,建築作業従事者が石綿含有吹付材施工後の剥がし作業から石綿粉じんに曝露することがあったことについては,前記2おける石綿含有建材の使用等に関する事実)のア(建築現場にで認定したとおりである。一審原告E(番号5・被災者本人・配管工)

被災者Eの就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,次のイのとおり補正するほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号5】E(被災者本人)の第1ないし第3(同30頁2行目から31頁9行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。

原判決の補正
原判決別冊2(原告各論)31頁2行目の建物増改築工事の次に
の際の配管付け替え作業を加える。
原判決別冊2(原告各論)31頁5行目から9行目までを以下のとおり改める。

2なお,一審被告太平洋セメントは,被災者Eが,本人尋問(19頁)で,施工された石綿含有吹付材にドリルで穴開け作業をする際の状況について,「(穴開け作業の途中で)鉄筋に当たったりするなどと供述していることからすれば,S造建物ではなく,RC造建物を中心に配管作業に従事してきたはずであり,また,労災関係資料(甲D5の10・14)に吹付材に関する記載があるとしても,吹付材が施工された天井の穴開けによる石綿粉じん曝露についての記載は全くないから,同事実を認めることはできないと主張する。しかし,被災者Eの上記本人尋問供述のみから,直ちに同被災者が配管作業に従事した
建物がRC建物のみであったと断定できるものではない。むしろ,被災者Eは,陳述書(甲D5・5~7頁)や本人尋問(5~9,18~20頁)で,施工された吹付材にドリルで穴開け作業をした際に石綿粉じんに曝露した状況を具体的に述べており,これが不自然・不合理なものとはいえないから,同被災者が比較的大型の建物を中心に配管作業に従事していたとはいえ,配管作業に従事した建物の相当数はS造建物であり,施工された吹付材にドリルで穴開け作業をした際に石綿粉じんに曝露したと認めるのが相当である。
もっとも,
被災者Eは,
労災関係資料(甲D5の10・5枚目,5の14・4枚目)で,現場監督や職長から,カッパと保護マスクの装着を指導されて着用していたと述べているが,これらのみで石綿粉じん曝露を防止できたとは考えられず,上記認定を覆すものではない。
また,石綿吹付作業と他の作業が同時に並行して行われることがあったことについては,前記2
に関する事実)のア

(建築現場における石綿粉じん曝露等

で認定したとおりである。」

一審原告F(番号6・被災者F´・大工)

被災者F´の就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,次のイのとおり補正するほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号6】F´(被災者本人)の第1ないし第3(同37頁2行目から38頁4行目まで)
に記載のとおりであるから,
これを引用する。


原判決の補正
原判決別冊2(原告各論)37頁21行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。
そして,被災者F´は,平成27年6月14日,筋萎縮性側索硬化症を直接の原因として死亡した(甲D6の15)この点,。上記のとおり,被災者F´は,石綿粉じん曝露により肺がんに罹患したと認められるが,この肺がんと筋萎縮性側索硬化症との関係は,本件全証拠によっても不明といわざるを得ないから,石綿粉じん曝露と死亡との間に因果関係があるとは認められない。原判決別冊2(原告各論)38頁4行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。
また,建築作業従事者が石綿含有吹付材施工後の剥がし作業から石綿粉じんに曝露することがあったことについては,前記2おける石綿含有建材の使用等に関する事実)のア(建築現場にで認定したとおりであり,石綿吹付作業と他の作業が同時に並行して行われることがあったことについては,前記2る事実)(建築現場における石綿粉じん曝露等に関すで認定したとおりである。
一審原告G(番号7・被災者本人・内装工)

被災者Gの就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,次のイのとおり補正するほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号7】G(被災者本人)の第1ないし第3(同48頁2行目から49頁8行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。

原判決の補正
原判決別冊2(原告各論)49頁4行目から8行目までを以下のとおり改める。

2なお,一審原告らは,被災者Gが,内装工としてクロスを貼る前に下地であるボードにパテを塗り,やすりで研磨する際に,混和剤が含有されたパテから石綿粉じんに曝露したと主張する。この点,確かに,「石綿ばく露歴把握の手引のリフォーム工事の部分では,

下地処理が最重要であり,パテで何回もしごく。昔はこのパテに混和剤が混入されていた

との記載があるが(甲A35・21頁)
,他方で,一般的な建築工事の部
分では,

下地の石膏ボード(石綿含有時期あり)の継ぎ目にパテをしごく。パテ(石綿含有は未確認)は乾燥により痩せるので何度も丁寧にかける

との記載がある。そして,一審原告らは,パテに混和剤が含有されていた根拠として,労災関係資料(甲D7の2)を挙げるが,同資料では,下地となるモルタル及びボードには石綿が含有されていたことが確認されているとの記載はあるが,パテに混和剤が含有されていたとの記載はない(2~3頁。なお,モルタルはボードとともに下地の一つであり,モルタルとパテとは異なるものである。。さらに,被災者Gも,)
陳述書(甲D7の1・4頁)で,石膏ボードやモルタルから石綿粉じんに曝露したとは述べているが,パテに含まれる混和剤から石綿粉じんに曝露したとは述べていない。これらの事情からすれば,被災者Gがパテ塗り及びその研磨作業から石綿粉じんに曝露したと認めることはできない。
また,石綿吹付作業と他の作業,吹付作業以外の各作業が同時に並行して行われることがあったことについては,前記2
る石綿粉じん曝露等に関する事実)のア

(建築現場におけ

で認定したとおりである。」

一審原告H(番号8・被災者本人・大工)

被災者Gの就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,次のイのとおり補正するほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号8】H(被災者本人)の第1ないし第3(同52頁2行目から24行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。

原判決の補正
原判決別冊2(原告各論)52頁4行目の10・を削り,13行
目の8・の次に10・を加える。
原判決別冊2(原告各論)52頁24行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。

なお,石綿吹付作業と他の作業,吹付作業以外の各作業が同時に並行して行われることがあったことについては,前記2る石綿粉じん曝露等に関する事実)のア(建築現場におけで認定したとおりである。


一審原告I(番号11・被災者I´・左官)

被災者I´の就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,次のイのとおり補正するほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号11】I´(被災者本人)の第1ないし第3(同65頁2行目から25行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。

原判決の補正
原判決別冊2(原告各論)65頁17行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。
そして,被災者I´は,平成29年7月31日に死亡したが,その死因については,誤嚥性肺炎が直接の原因,誤嚥性肺炎の原因がアルツハイマー型認知症とされている(甲D11の19)。この点,上記のとおり,被災者I´は,石綿粉じん曝露により肺がんに罹患したと認められるが,この肺がんとアルツハイマー型認知症及び誤嚥性肺炎との関係は,本件全証拠によっても不明といわざるを得ないから,石綿粉じん曝露と死亡との間に因果関係があるとは認められない。原判決別冊2(原告各論)65頁20行目の煙突の次に

(㊶石綿セメント円筒。なお,一審原告らは,当初,これを直接曝露建材と主張していたが,後にこれを撤回した。)

を加える。原判決別冊2(原告各論)65頁25行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。

なお,石綿吹付作業と他の作業が同時に並行して行われることがあったことについては,前記2する事実)のア(建築現場における石綿粉じん曝露等に関で認定したとおりである。


一審原告J(番号12・被災者J´・左官,大工)


被災者J´の就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,次のイのとおり補正するほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号12】J・被災者:J´(同原告の夫)の第1ないし第3(同71頁2行目から末行まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。


原判決の補正
原判決別冊2(原告各論)71頁8行目から9行目にかけての吹付けを要するS造建物を石綿含有吹付材が施工された戸建て住宅の建築に関与した件数に改め,同行目のであったの次に(被災者J´本人26頁)を加え,23行目の吹付の施工を吹付材の施工された戸建て住宅の建築に改める。原判決別冊2(原告各論)71頁末行末尾に行を改めて,以下のとおり加える。

なお,石綿吹付作業と他の作業が同時に並行して行われることがあったことについては,前記2する事実)のア(建築現場における石綿粉じん曝露等に関で認定したとおりである。


一審原告K(番号13・被災者K´・電工)

被災者K´の就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,次のイのとおり補正するほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号13】K・被災者:K´(同原告の夫)の第1ないし第3(同79頁2行目から80頁6行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。


原判決の補正
原判決別冊2(原告各論)79頁5行目から18行目までを以下のとおり改める。

昭和34年4月から昭和37年まで,飲食店で調理師見習いとして就労した。昭和37年から昭和44年まで,「きんでん

の下請業者である永井電
気で,電気工として,発電所の電気室の新設,配線工事や,学校,公団住宅,工場等の耐火建築物の新築に伴う電気工事に従事した。
昭和45年から昭和47年まで,
きんでん
の下請業者である稲本電
気で,電気工として,上記と同様の作業に従事した。
昭和48年から平成21年11月まで,K´電工を経営し,電気工として,電気工事に従事した。その間の昭和48年から平成9年までは,きんでんの下請として,上記と同様の作業に従事したが,平成10年から平成16年までは,新築工事が減ったため,若山電気工事の下請けとして,昭和年間に建築された古い建物の天井裏等の電気配線の交換作業を行うことが増え,平成17年から平成21年11月までは,ディレクトファシリティの下請として,主に裏千家のビル,寮,学校,事務所等の電気器具取付工事に従事した。

原判決別冊2(原告各論)80頁6行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。
なお,建築作業従事者が石綿含有吹付材施工後の剥がし作業から石綿粉じんに曝露することがあったことについては,前記2おける石綿含有建材の使用等に関する事実)のア(建築現場にで認定したとおりであり,石綿吹付作業と他の作業,吹付作業以外の各作業が同時に並行して行われることがあったことについては,前記2石綿粉じん曝露等に関する事実)のア(建築現場におけるで認定したとおりである。
一審原告L(番号14・被災者本人・電工)

被災者Lの就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,次のイのとおり補正するほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号14】L(被災者本人)の第1ないし第3(同87頁2行
目から25行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。イ
原判決の補正
原判決別冊2(原告各論)87頁23行目の「曝露した。」を曝露したほか,モルタルに石綿を含有する「すさと呼ばれる繊維を混ぜ合わせる際にも石綿粉じんに曝露したとうかがわれる。」に,24行目から25行目にかけての電気配線のために吹き付けられた石綿を除去する際を吹き付けられた石綿を電気配線のために除去する際や,給油計量機の設置時にジャンクションボックス(電線同士を結合・分岐・中継するための端子・端末の保護箱)の下部に絶縁用の石綿(ガスケット・ジョイントシート)をほぐして敷き詰める際にそれぞれ改める。原判決別冊2(原告各論)87頁25行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。
なお,建築作業従事者が石綿含有吹付材施工後の剥がし作業から石綿粉じんに曝露することがあったことについては,前記2おける石綿含有建材の使用等に関する事実)のア(建築現場にで認定したとおりであり,石綿吹付作業と他の作業が同時に並行して行われることがあったことについては,前記2る事実)のア(建築現場における石綿粉じん曝露等に関すで認定したとおりである。
一審原告M(番号15・被災者M´・鉄工)

被災者M´の就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,次のイのとおり補正するほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号15】M・被災者:M´(同原告の兄)の第1ないし第3(同94頁2行目から95頁初行まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。


原判決の補正
原判決別冊2(原告各論)94頁末行の曝露したを曝露したほか,溶接作業の際に使用した石綿含有の防火用シートからも石綿粉じんに曝露したとうかがわれ,また,割合は少ないものの,増改築工事において石綿含有吹付材の剥がし作業を行ったことからも石綿粉じんに曝露したに改める。原判決別冊2(原告各論)95頁初行末尾に行を改めて,以下のとおり加える。
なお,建築作業従事者が石綿含有吹付材施工後の剥がし作業から石綿粉じんに曝露することがあったことについては,前記2おける石綿含有建材の使用等に関する事実)のア(建築現場にで認定したとおりであり,石綿吹付作業と他の作業が同時に並行して行われることがあったことについては,前記2る事実)のア(建築現場における石綿粉じん曝露等に関すで認定したとおりである。
一審原告N(番号16・被災者本人・大工)
被災者Nの就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,
原判決別冊2
(原告各論)
の【原告番号16】N(被災者本人)
の第1ないし第3(同101頁2行目から102頁7行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。
一審原告O(番号17・被災者O´・大工)
被災者O´の就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号17】O・被災者:O´(同原告の夫)の第1ないし第3(同109頁2行目から23行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。
一審原告P(番号18・被災者本人・大工)

被災者Pの就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,次のイのとおり補正するほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号18】P(被災者本人)の第1ないし第3(同118頁2
行目から119頁8行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。

原判決の補正
原判決別冊2(原告各論)118頁9行目の寿工芸において,の次に大工として,を加え,119頁初行の昭和50年頃には,を昭和50年に大工として独立した頃からは,台所のに改め,同行の
煙突
の次に(㊶石綿セメント円筒)を加え,2行目の平成4年頃には

平成4年頃からは,トイレの水洗化が進められたことから
に改める。
一審原告Q(番号19・被災者本人・大工)


被災者Qの就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,次のイのとおり補正するほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号19】Q(被災者本人)の第1ないし第3(同128頁2行目から129頁13行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。


原判決の補正
原判決別冊2(原告各論)128頁4行目末尾になお,被災者Qが八蔵建設を退職して大工の自営を再開した時期及び井原貞工務店に就職した時期については,被災者Qの陳述書等(甲D19の1・4)と労災関係書類(甲D19の2・5・6)で異なるが,労災関係書類は種々の調査に基づいて作成されたものと考えられるので,下記のとおり認めるのが相当である。を,5行目の二股工務店において,の次に大工見習いとして,をそれぞれ加える。原判決別冊2(原告各論)129頁13行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。
なお,一審原告らは,解体工事を除いても,建築工事からの石綿粉じん曝露開始時期は,原判決の認めた昭和57年ではなく,昭和52年であると主張するが,被災者Qは,陳述書(甲D19の1・1頁)や労災関係資料(甲D19の4・1頁,甲D19の6・1頁)で,昭和52年から昭和57年までの当時は荒壁を塗る工法が多く,石綿含有建材を日常的に使用したことは(ほとんど)ないと述べているから,解体工事を除く建築工事から石綿粉じんに曝露したとは認められない。また,建築作業従事者が石綿含有吹付材施工後の剥がし作業から石綿粉じんに曝露することがあったことについては,前記2おける石綿含有建材の使用等に関する事実)のア(建築現場にで認定したとおりである。一審原告R(番号20・被災者R´・吹付工,大工)

被災者R´の就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,次のイのとおり補正するほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号20】R・被災者:R´(同原告の夫)の第1ないし第3(同136頁2行目から25行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。


原判決の補正
原判決別冊2(原告各論)136頁9行目の昭和43年を昭和44年に改め,同行目のキュウニチの次に(九州日アス工事有限会社)を加える。原判決別冊2(原告各論)136頁25行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。
なお,被災者R´は,昭和39年から昭和余43年まで就労していた自動車部品工場でも,石綿粉じんに曝露した可能性がないではないが,これを裏付ける具体的な証拠はなく,上記期間に石綿粉じん曝露があったと認めるのは相当でない。
一審原告S(番号21・被災者S´・自動ドア工)

被災者S´の就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,原判決別冊2(原告各論)142頁初行の13の次に,甲D21の27を加えるほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号21】S・被災者:S´(同原告の夫)の第1ないし第3(同141頁2行目から142頁初行まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。一審原告T(番号22・被災者本人・大工)

被災者Tの就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,次のイのとおり補正するほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号22】T(被災者本人)の第1ないし第3(同145頁2行目から146頁9行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。


原判決の補正
原判決別冊2(原告各論)145頁5行目の3月を4月に改
める。
原判決別冊2(原告各論)146頁9行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。
なお,建築作業従事者が石綿含有吹付材施工後の剥がし作業から石綿粉じんに曝露することがあったことについては,前記2おける石綿含有建材の使用等に関する事実)のア(建築現場にで認定したとおりである。この点,一審原告らは,被災者Tが石綿含有吹付材の剥がし作業から相当程度石綿粉じんに曝露したと主張し,その根拠として,内田工務店で被災者Tと同僚であったlが,証明書(甲D22の8・1枚目)で,店舗の増築工事や工場・住宅の新築工事の際,「工期が短く鉄骨に吹き付けられたアスベストが完全に乾く前に現場に入り,アスベストを吸っていたというよりは『食べていた』という状況であったと述べている
ことを挙げる。しかし,lの上記証明書は,その内容自体が誇張された不自然なもので,他にこれを裏付ける証拠はなく,被災者T自身,本人尋問(41~42頁)で,昭和47年以降,吹付材の剥がし作業は頻繁ではなかったと供述しているから,その供述のとおり認めるのが相当である。
また,被災者Tは,自動車整備工場で板金工として就労していた際にも,石綿粉じんに曝露したとうかがわれる(甲A35)
。この点,被災者
Tは,本人尋問(32頁)で,自動車整備工場で就労していた際にブレーキを扱うことはあまりなかったと供述しているところ,その信用性はともかく,自動車関連でブレーキ以外に石綿が使用されることはなかったと断定することはできない(甲A35)」

一審原告U(番号23・被災者U´・ガス配管工)

被災者U´の就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,次のイのとおり補正するほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号23】U・被災者U´(同原告の夫)の第1ないし第3(同155頁2行目から156頁2行目まで)
に記載のとおりであるから,
これを引用する。


原判決の補正
原判決別冊2(原告各論)155頁21行目の被災者U´は,の
次に中井エンジニアリングに勤務を始めた昭和42年3月以降,を加え,156頁初行の6・を削る。
原判決別冊2(原告各論)156頁2行目末尾に行を改めて,次のとおり加える。
なお,建築作業従事者が石綿含有吹付材施工後の剥がし作業から石綿粉じんに曝露することがあったことについては,前記2おける石綿含有建材の使用等に関する事実)のア(建築現場にで認定したとおりであり,石綿吹付作業と他の作業が同時に並行して行われることがあったことについては,前記2る事実)のア(建築現場における石綿粉じん曝露等に関すで認定したとおりである。また,一審被告新日鉄住金化学及び同太平洋セメントは,被災者U´が石綿吹付作業と同時並行的にガス配管工事の現場を下見するということはあり得ないと主張する。この点,被災者U´がガス配管工事の現場を下見していた事実を裏付ける主な証拠は,mの陳述書(甲D23の36)であるところ,確かに,同人が従事していた業務は,ガス配管設計業務及び現場管理業務であり,ガス配管工事自体ではなかったとうかがわれ,同人が被災者U´と一緒に仕事をしたことはなかった。しかし,ガス配管設計業務は,ガス配管工事の前提となるものであるから,ガス配管工もガス配管設計業務を行うものと考えられ,そのためにガス配管工がガス配管工事の現場を事前に下見する必要があり,工期との関係で,吹付作業が行われている時期を避けることができないこともあるとのmの陳述書の陳述(甲D23の36・2頁)は,不自然・不合理であるとはいえない。そして,mは,被災者U´と同じ大阪ガスの指定工事会社で就労しており,同被災者の業務内容は自身の認識と重なる部分が多いと述べているから(甲23の36・1頁),mの陳述によって被災者U´の就労態様を認定することが不合理であるとはいえない。そして,一審被告新日鉄住金化学及び同太平洋セメントは,被災者U´が新築工事のガス配管作業の際に石綿含有吹付材を除去するために石綿粉じんに曝露したと認める一方で,増改築工事の際に,過去の新築工事の際に施工された吹付材から石綿粉じんに曝露することはなかったと認めることは不合理であると主張する。しかし,ガス配管工が吹付材から石綿粉じんに曝露したのは,ガス管を吊り下げるための吊り下げ金具を取り付ける場所を探すため,あるいは配管をする場所に吹き付けられた吹付材を剥がす作業を行うためであること(甲D23の36・3頁)からすれば,既に配管が施工された場所で同様の作業は不要であり,したがって,増改築工事の際に同様の作業も不要であって,吹付材の剥がし作業も不要と考えられるから,上記のとおり認定することが不自然・不合理であるとはいえない。一審原告V(番号24・被災者V´1・大工)

被災者V´1の就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,
次のイのとおり補正するほか,
原判決別冊2
(原告各論)
の【原告番号24-1】V´2【原告番号24-2】V・被災者V´1(原告24-1の夫・同2の父)の第1ないし第3(同162頁3行目から163頁5行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。

原判決の補正
原判決別冊2(原告各論)162頁4行目のV´1をV´1
に改め,5行目の6・の次に9・を加え,25行目の付近の作業を立会チェック作業や掃き掃除に,末行の「曝露した。」を

曝露したが,その件数は少なかった。

にそれぞれ改める。原判決別冊2(原告各論)163頁5行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。
なお,建築作業従事者が石綿含有吹付材施工後の剥がし作業から石綿粉じんに曝露することがあったことについては,前記2おける石綿含有建材の使用等に関する事実)のア(建築現場にで認定したとおりであり,石綿吹付作業と他の作業,吹付作業以外の各作業が同時に並行して行われることがあったことについては,前記2石綿粉じん曝露等に関する事実)のア(建築現場におけるで認定したとおりである。この点,一審原告らは,被災者V´1が石綿含有吹付材からも相応に石綿粉じんに曝露したと主張するところ,被災者V´1は,陳述書(甲D24の1・3,5頁),労災関係資料(甲D24の5・10)等で,現場監督として,石綿吹付作業に終日立ち会って吹付量をチェックし,吹付作業終了後に掃き掃除を行っていたときには全身埃まみれで真っ白になった,造作工事が始まってからは吹付材をこそげての大工作業も行っていたなどと述べているが,S造建物の新築工事に携わったのは1年に2棟のみであり,その件数は少なかったから,石綿粉じん曝露量が多かったとまではいえない。また,一審原告らは,被災者V´1がサイディングも相応に施工し,これから石綿粉じんに曝露したと主張するところ,被災者V´1は,労災資料(甲D24の5)で,石綿含有建材(石綿けいカル板・石綿スレート化粧板・石綿スレートサイディング・ヘーベル板・石膏ボード・Pタイル等)の切断加工作業がほぼ毎日の頻度であったと述べているが,・本人尋問では,同被災者が従事した京都町屋の外壁は,左官が施工する湿式工法が多く,サイディング等のボードを使用する頻度は比較的少数であったと供述しているから(28頁),サイディングの取扱量は少なかったと認めるのが相当である。一審原告W(番号25・被災者W´・機械工)

被災者W´の就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,次のイのとおり補正するほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号25】W´(被災者本人)の第1ないし第3(同172頁2行目から22行目まで)
に記載のとおりであるから,
これを引用する。


原判決の補正
原判決別冊2(原告各論)172頁6行目の屋利商店を展利商店に改める。原判決別冊2(原告各論)172頁16行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。

そして,被災者W´は,平成27年7月23日,肺がんにより死亡した(甲25の13)。したがって,被災者W´は,石綿粉じん曝露により死亡したと認められる。

原判決別冊2(原告各論)172頁21行目の掛ける際,の次に
石綿含有吹付材の剥がし作業を行い,を加える。

一審原告Xら(番号26・被災者X´・屋根工)

被災者X´の就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,次のイのとおり補正するほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号26】X´(被災者本人)の第1ないし第3(同176頁2行目から177頁2行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。


原判決の補正
原判決別冊2(原告各論)176頁20行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。

そして,被災者X´は,平成27年11月9日,中皮腫により死亡した(弁論の全趣旨)。したがって,被災者X´は,石綿粉じん曝露により死亡したと認められる。

原判決別冊2(原告各論)176頁24行目の軒天作業の次にや天井下地の取付け作業を加え,25行目の落とす際の他を落とす際に石綿粉じんに曝露したが,その回数はそれほど多くなくに改め,
末行の「曝露した。」の次に

そして,建物内部の造作工事でも,内装材(ケイカル板)の切断作業の際に石綿粉じんに曝露したが,その回数はそれほど多くなかった。

を加える。原判決別冊2(原告各論)177頁2行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。

なお,石綿吹付作業と他の作業が同時に並行して行われることがあったことについては,前記2する事実)のア(建築現場における石綿粉じん曝露等に関で認定したとおりである。また,一審被告クボタ及び同ケイミューは,被災者X´が,天井下地の取付け作業で,施工された石綿含有吹付材を削り落とした際や,建物内部の造作工事で内装材(ケイカル板)の切断作業をした際にも石綿粉じんに曝露したことから,吹付材や内装材から多数回にわたり大量の石綿粉じんに曝露したと主張する。しかし,上記のとおり,被災者X´が石綿粉じんに曝露したこと自体は認められるが,同被災者がS造建物の建築工事に従事した割合は高くなく,当該石綿粉じん曝露の回数はそれほど多くなかったから,一審被告クボタ及び同ケイミューの上記主張は採用できない。一審原告Y(番号27・被災者本人・左官)

被災者Yの就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露状況については,次のイのとおり補正するほか,原判決別冊2(原告各論)の【原告番号27】Y(被災者本人)の第1ないし第3(同182頁2行目から末行まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。

原判決の補正
原判決別冊2(原告各論)182頁25行目の曝露したを曝露したほか,煙突の切断作業や煙突に石綿の帯を巻き付ける作業でも石綿粉じんに曝露し,左官作業におけるプレミックス材からも石綿粉じんに曝露したとうかがわれるに改める。原判決別冊2(原告各論)182頁末行末尾に行を改めて,以下のとおり加える。
なお,建築作業従事者が石綿含有吹付材施工後の剥がし作業から石綿粉じんに曝露することがあったことについては,前記2おける石綿含有建材の使用等に関する事実)のア(建築現場にで認定したとおりであり,石綿吹付作業と他の作業が同時に並行して行われることがあったことについては,前記2る事実)のア第21(建築現場における石綿粉じん曝露等に関すで認定したとおりである。
一審被告国の責任
旧労基法及び安衛法に基づく規制権限不行使の違法性
規制権限不行使の違法性の判断基準

国又は公共団体の公務員による規制権限の不行使は,その権限を定めた法令の趣旨,目的や,その権限の性質等に照らし,具体的事情の下において,その不行使が許容される限度を逸脱して著しく合理性を欠くと認められるときは,その不行使により被害を受けた者との関係において,国賠法1条1項の適用上違法となるものと解するのが相当である(最高裁平成16年4月27日第三小法廷判決(民集58巻4号1032頁)最高裁平成,
16年10月15日第二小法廷判決(民集58巻7号1802頁)参照)。
したがって,公務員による規制権限の不行使が国賠法1条1項の適用上違法であるというためには,規制権限の根拠となる法令が存在し,それを行使するための要件が満たされていることに加え,規制権限の不行使によって損害を受けたと主張する個別の国民との関係で,当該公務員が規制権限を行使すべき職務上の法的義務を負い,その義務に違反したと認められることが必要である。


ところで,本件において,一審原告らは,一審被告国による旧労基法及び安衛法に基づく規制権限の不行使の違法性を主張している。
この点,昭和22年に制定された旧労基法は,労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものとして労働条件を確保することを目的として(1条)
,使用者に対し,石綿を含めた粉じん等による危害を防
止するために必要な措置を講じる義務
(42条)労働者を就業させる建設

物等について,労働者の健康,風紀及び生命の保持に必要な措置を講じる
義務(43条)等を定め,使用者が講ずべき具体的措置を命令に委任するとともに(45条)
,有害物の製造等の禁止を定め,禁止対象物の指定を命
令に委任している(48条)

また,昭和47年に制定された安衛法は,旧労基法と相まって,職場における労働者の安全と健康を確保すること等を目的として
(1条)
,石綿を
含めた粉じん等による危害を防止するため,事業者に対し,粉じん等による危害を防止するために必要な措置を講じる義務
(22条)
,労働者を就労
させる建設物その他の作業場について,換気その他労働者の健康,風紀及び生命の保持のため必要な措置を講じる義務
(23条)危険又は有害な業

務で,労働省令で定めるものに労働者をつかせるときは,当該業務に関する安全又は衛生のための特別の教育を行う義務
(59条3項)空気環境そ

の他の作業環境について必要な測定をし,その結果を記録する義務(65条)等を定め,これらの規定の対象業務,使用者が講ずべき措置の基準及び細目等の具体的な内容については労働省令に委任するとともに(27条1項,59条3項,65条)
,労働者に重度の健康障害を生ずる物の製造,
使用等の禁止
(55条)労働者に健康障害を生ずるおそれのある物につい

ての容器への警告表示義務(57条)を定め,各対象物の指定や具体的な表示事項を政令に委任している(55条,57条)

このように,旧労基法及び安衛法は,上記具体的措置を命令又は労働省令に包括的に委任しているところ,その趣旨は,使用者又は事業者が講ずべき措置の内容が多岐にわたる専門的,技術的事項であり,その内容をできる限り速やかに技術の進歩や最新の医学的知見等に適合したものに改正していくためには,これを主務大臣に委ねるのが適当とされたことによるものと解される。
上記のような旧労基法及び安衛法の趣旨,目的に鑑みると,主務大臣であった労働大臣のこれらの法律に基づく規制権限は,粉じん作業等に従事
する労働者の労働環境を整備し,その生命,身体に対する危害を防止し,その健康を確保することをその主な目的として,できる限り速やかに,技術の進歩や最新の医学的知見等に適合したものに改正すべく,適時にかつ適切に行使されるべきものである(前掲最高裁平成16年4月27日第三小法廷判決参照)


また,本件において,一審原告らは,一審被告国による安衛法に基づく監督権限の不行使の違法性を主張している。
この点,安衛法は,第10章監督等において,この法律の施行に関する事務をつかさどる者を労働基準監督署長及び労働基準監督官と定め(90条)
,労働大臣,都道府県労働基準局長,労働基準監督署長及び労働
基準監督官に立ち入り,質問,検査,作業環境測定,作業や建設物の使用の一部又は全部の停止等の権限を付与する旨を定めており(91条,96条,98条,99条)
,労働大臣,都道府県労働基準局長,労働基準監督署
長及び労働基準監督官は,これらの規定に基づき,それぞれ建築現場における石綿関連疾患を防止するための監督権限を有しているということができる。
そして,労働大臣,都道府県労働基準局長,労働基準監督署長及び労働基準監督官の上記監督権限も,
労働者の生命,
身体に対する危害を防止し,
その安全と健康を確保することを目的とするものであることからすれば,安衛法は,労働者の生命,健康を確保するための規制措置を講じた上で,その実施状況について監督権限を行使することにより,規制措置の実効性を確保し,もって規制措置の速やかな普及,実施を図ることを求めているものと解される。


以上によれば,一審被告国(労働大臣等)による規制権限等(規制権限又は監督権限)の不行使が,具体的事情の下において許容される限度を逸脱して著しく合理性を欠くと認められるときは,その不行使により被害を
受けた者との関係において,国賠法1条1項の適用上違法となるものと解するのが相当である。

これに対し,
一審被告国は,
省令の制定が一般的規範定立行為である上,
本件のように一定の規制についての省令等が制定されていないことの違法が単独で取り上げられて問われる場合には,行政庁の判断権が未だ行使されていない以上,高度に政策的,専門的,技術的判断を要する事項についての行政庁の裁量を尊重すべきであり,その違法が認められる場合は極めて限定的に捉えられるべきであると主張する。
しかし,省令の制定は,法律によってその権限が付与され,付与された趣旨に従って行使すべきものである点において,他の規制権限と異なるものではないし,行政庁が一次的判断の行使として新たな省令を制定する場合と,二次的判断として従前の省令を改正する場合に,権限不行使についての裁量の範囲に差異を生じると解すべき合理的な理由もないから,一審被告国の上記主張は採用できない。
石綿関連疾患に関する医学的情報の集積ないし医学的知見の確立


医学的情報の集積ないし医学的知見の確立
本件において,一審原告らは,一審被告国が建築作業従事者の石綿関連疾患罹患を防止するための規制権限等の行使を怠ったことをもって国賠法1条1項の適用上違法であると主張しているところ,
上記のとおり,
一審被告国による規制権限等の不行使が国賠法1条1項の適用上違法であるというためには,当該規制権限等の不行使が具体的事情の下において許容される限度を逸脱して著しく合理性を欠くと認められる必要があるから,規制権限等を行使すべき作為義務の発生を導く予見可能性の前提として,特定の要因と特定の疾患との間の因果関係について,一定の医学的情報の集積ないし医学的知見の確立が必要というべきである。そして,上記のような特定の要因と特定の疾患との間の因果関係に係
る医学的情報の集積ないし医学的知見の確立が必要とされる理由に鑑みれば,この医学的情報ないし医学的知見は,ある症例報告や研究結果によって当該要因と当該疾病の関連性が確認されたというだけでは足りず,当該要因と当該疾病の有意な関連性について,複数の疫学的研究や動物実験等により確認される必要があるというべきである。
また,疫学的研究の結果,特定の要因と疾病との間に統計学的に有意な関連が認められても,偶然性,因果の逆転,バイアス(一定の方向性をもった誤差(偏り)
。選択バイアス,測定バイアス,情報バイアス)

交絡(広義のバイアスの一種で,要因Aと疾病Bとの関連が第3の要因Cによってかく乱されること)
等の影響を受けている可能性があるから,
特定の要因と疾病との関連性が一度観察されただけで,有意な関連性が確認されたということはできず,他の集団を対象とした疫学的研究で同様の結果が得られ,また臨床医学的知見や他の方法による調査研究と整合性があることなどの追試,検証が必要である。その上で,特定の要因と疾病との間に因果関係があるかどうかの判断は,関連の強固性(ある疾病と発生要因と疑われるものの関連性の強さ)関連の一致性

(異なっ
た研究方法,異なった対象集団,異なった地域で実施された研究において,繰り返し同じ結果が得られていること)
,関連の特異性(仮説として
の発生要因と結果との関係が必要かつ十分であること)
,関連の時間性
(要因への曝露が疾病の発生前に起こっていること)
,関連の整合性
(生
物学的知見,臨床医学的知見と矛盾がないこと)といった諸要素を考慮して,総合的に行う必要がある。
(以上につき,甲A318・87,12
7~136頁,乙アA89・8~15頁,乙アA91・18~19頁,乙アA92・17~22頁,弁論の全趣旨)
もっとも,上記のとおり,特定の要因と特定の疾患の有意な関連性について,複数の疫学的研究や動物実験等により確認される必要があると
いっても,およそ異論がないという程度まで確認される必要はないというべきである。このような意味における医学的見解の程度をもって,医学的情報の集積というか,医学的知見の確立というかは言葉の問題であって,それ自体に特段の意味はなく,以下においては,上記の意味における医学的情報の集積の程度をもって,
医学的知見の確立ということ
とする。
一審原告らは,石綿関連疾患がいずれも石綿粉じん曝露を原因とする重篤な不可逆性疾患であり,
基本的な予防対策が石綿粉じんの発生予防

曝露防止,石綿の代替化の推進である点で共通しているから,医学的情報の集積について,
石綿関連疾患ごとに検討する必要はないと主張する。
この点,石綿関連疾患がいずれも石綿粉じん曝露を原因とする重篤な不可逆性疾患であり,基本的な予防対策が石綿粉じんの発生予防・曝露防止,石綿の代替化の推進である点で共通していることは確かであり,本件において一審原告らが一審被告国による不行使を問題とする規制権限等は,いずれも石綿関連疾患発症の防止を目的とするものである。しかし,ひとくくりに石綿関連疾患といっても,石綿関連疾患ごとに,発症に要する石綿粉じん曝露量は異なり,それに応じて発症の原因となり得る作業内容や期間が異なり,
必要な規制の内容や程度も異なり得るから,
規制権限等不行使の違法性を判断する前提としての医学的知見の確立は,石綿関連疾患ごとに判断する意義がある。のみならず,本件の被災者らに即していえば,例えば,石綿肺の所見がなく,びまん性胸膜肥厚や石綿肺がん,あるいは中皮腫を発症した者が少なからず含まれており,その意味でも疾患ごとに医学的知見の確立時期を判断する必要性はあるというべきである。

各石綿関連疾患に関する医学的知見の確立時期
石綿肺

a
前記第2章事案の概要等の第2前提事実及び前記第1

の1(石綿肺に関する研究報告等)
によれば,
イギリスにおいては,
19世紀末から20世紀初頭にかけて石綿肺の最初期の報告がなされ,昭和5年にはミアウェザー報告が公刊されたことで石綿粉じんと石綿肺の関係性は徐々に明らかとなっていたが,同年に開催されたILOの国際けい肺会議等でも石綿肺が国際的な問題として取り上げられることはなく,我が国においても,石綿使用の拡大が欧米より遅れていたこともあり,諸外国での研究の情報が断片的に流入したのみで,症例報告もなされておらず,将来の研究が待たれる状況にあった。
我が国における石綿肺に関する最初の系統的調査である昭和12年から昭和15年にかけての保険院調査では,石綿取扱作業への従事期間及び粉じん飛散量が石綿肺罹患の二大因子であることが報告されたが,太平洋戦争により石綿肺に関する研究は中断された。戦後,保険院調査に参加していた宝来をはじめ,吉見,瀬良らにより,石綿肺の研究が再開され,各地の石綿工場での石綿肺の検診,石綿肺患者の剖検等が行われたが,なおその発生機転等については,将来の研究が必要とされた。
そこで,これらの研究を受けて,昭和31年度及び昭和32年度の労働衛生試験研究において,各地の石綿工場労働者の臨床検査,動物実験による石綿肺の発生機序の研究等が行われ,昭和33年3月31日に公刊された昭和32年度の研究報告書において,2年間の調査研究によって石綿肺の概略を明らかにすることができ,診断基準の設定にまで到達したことが宣言された。そして,上記のような石綿肺を含むじん肺に関する医学的知見を踏まえて,昭和35年にじん肺法が制定された。
以上の事実に照らしてみると,我が国において,石綿粉じん曝露と
石綿肺発症に関する医学的知見が確立した時期は,石綿粉じん曝露と石綿肺発症の因果関係を明らかにした昭和31年度及び昭和32年度の労働衛生試験研究の結果が昭和32年度の研究報告書として公刊された昭和33年3月31日頃と認めるのが相当である。
b
これに対し,一審原告らは,石綿粉じん曝露と石綿肺発症に関する医学的情報が集積した時期は,ミアウェザー報告が公刊され,ILOの国際けい肺会議が開催された昭和5年の時点か,遅くとも保険院調査が終了した昭和15年3月末の時点であると主張する。
しかし,ミアウェザー報告は,
石綿肺という命名がなされてから
わずか3年で,イギリスにおいても最初期の調査によるものであること,ILOの国際けい肺会議も,討議はほとんどけい肺に関するものであったことからすれば,これらによって石綿粉じん曝露と石綿肺発症に関する医学的知見が確立したとは認められない。また,保険院調査は,石綿肺に関する我が国最初の系統的調査であり,石綿粉じん曝露作業の危険性への注目を喚起した点で意義は大きいが,石綿肺の発生機転を解明したものではなく,その後の研究報告の経過等も踏まえると,その後の追試,検証等を待つ必要があったというべきであり,これを待たずに石綿粉じん曝露と石綿肺発症に関する医学的知見が確立したということはできない。したがって,一審原告らの上記主張は採用できない。
肺がん

a
前記第2章の1事案の概要等の第2前提事実及び前記第1

(肺がん及び中皮腫に関する研究報告等)によれば,欧米にお

いては,
戦前から石綿肺に肺がんが合併する症例が報告されていたが,
昭和20年代にかけても,石綿肺患者の剖検例において肺がんの発生確率が高いという知見があるにとどまっていた。石綿粉じんと肺がん
に関する疫学的調査の嚆矢は,昭和30年のドール報告であったが,ドール報告は,
喫煙の影響を考慮しない後ろ向きコホート研究であり,
その対象も大規模とはいえなかった上,昭和33年のブラウン・トルアン報告では,大規模な前向きコホート研究によって石綿の発がん性を否定する見解が示され,昭和26年のフォーヴァルト及び昭和38年のワグナーの動物実験の結果は,
石綿の発がん性に否定的であった。
そのような状況の中で,WHOが昭和38年に開催したがん予防に関する専門家委員会が昭和39年に公刊した報告書で,石綿による疾患として肺がんが例示され,昭和40年にUICC(国際対がん連合)が発表した報告と勧告で,石綿粉じん曝露と悪性腫瘍の間に関係
のあることが認められたものの,因果関係が認められるには至らず,繊維の種類によるリスクの差異,粉じん量による発がん率の差異,石綿と他の要因との関係等,種々の調査研究課題が設定された。これを受けて,昭和42年にクロスが動物実験により石綿粉じん曝露による肺がんの発生を確認するなど,各種研究が行われ,その結果を踏まえて,昭和47年にIARC(国際がん研究機関)がアスベストの生物学的影響に関する会議を開催し,UICCの報告と勧告で設定された上記調査研究課題に対する回答という形でまとめた報告書(IARC報告)で,すべての種類の石綿と肺がんとの間に因果関係が認められると総括した。
他方,我が国においては,昭和30年代半ば頃までは,ドール報告等の外国の研究が紹介されていたのみであり,昭和41年に第9回世界がん会議が我が国で開催されるなど,外国の知見が流入することはあっても,その症例は同年に至るまでわずか2例しかなく,統計的考察が不可能であったこともあって,石綿と肺がんとの関連性を否定する見解も存在した。しかし,その後,昭和45年前後に至って,外国
の研究の進展がさらに伝えられ,石綿のがん原性の根拠,機序の解明はなお不十分であるとする見解を残しつつも,石綿と肺がんの因果関係について異論がないとする見解が多数を占めるようになった。そして,一審被告国も,昭和46年には,石綿粉じんを多量に吸入するときは石綿肺を起こすほか,肺がんを発生することもあることが判明したとして,石綿取扱い事業場の環境改善等について」
と題する通達(乙アB23)を発出し,石綿のがん原性を前提として,石綿を有害物質(第二類物質)として規制対象とする旧特化則を制定した。以上の事実に照らしてみると,我が国において,石綿粉じん曝露と肺がん発症に関する医学的知見が確立した時期は,外国における石綿の発がん性に関する疫学的研究の進展が伝えられ,石綿と肺がんの因果関係について異論がないとする見解が多数を占めるようになり,一審被告国が,石綿粉じんの発がん性を前提とした「石綿取扱い事業場の環境改善等についてと題する通達を発出し,旧特化則を制定した昭和46年頃と認めるのが相当である。
b
これに対し,一審原告らは,石綿粉じん曝露と肺がん発症に関する医学的知見が確立した時期は,ドール報告が発表された昭和30年の時点か,遅くともUICCが報告と勧告を発表した昭和40年の
時点であると主張する。
しかし,ドール報告は,石綿と肺がんの関連性に関する最初の疫学的研究であり,その対象も大規模とはいい難く,喫煙等の発がん性の交絡要因を考慮していなかった上,その後,関連性を否定する研究も発表されたことからすれば,昭和30年の時点で,石綿粉じん曝露と肺がん発症に関する医学的知見が確立していたとはいえない。また,UICCの報告と勧告では,石綿と肺がんとの関係について,関
連性を超えた因果関係についての言及はなく,この時点では動物実験
においても石綿粉じん吸入による肺がん発症が認められていなかったことも併せ考えれば,昭和40年の時点で,石綿粉じん曝露と肺がん発症に関する医学的知見が確立していたとはいえない。
中皮腫
a
前記第2章の1事案の概要等の第2前提事実及び前記第1

(肺がん及び中皮腫に関する研究報告等)によれば,石綿労働

者への中皮腫の発生は戦前から報告されていたが,疫学的研究としては,昭和35年のワグナー報告が初めてであり,ワグナー自身,対象が少数であり,今後の詳細な調査が必要であることを自認していた。その後,石綿と中皮腫の関連性に関する疫学的調査が複数行われ,昭和40年にUICCが発表した報告と勧告で,石綿曝露と中皮腫
の間に関係のあることが認められたものの,因果関係が認められるには至らず,肺がんと同様に,繊維の種類によるリスクの差異,粉じん量による発がん率の差異,石綿と他の要因との関係等,種々の調査研究課題が設定された。これを受けて,昭和40年から昭和44年にかけて,スミスやスタントンらによる動物実験が行われ,石綿注入による中皮腫の発生が確認されるとともに,疫学的調査も進み,昭和40年にはニューハウスにより家庭内曝露や低濃度曝露でも中皮腫を発症しうることが示唆され,昭和46年にはマクドナルドが,昭和39年から昭和48年にかけてセリコフが,昭和47年にはワグナーが,それぞれ単一の種類の石綿曝露による中皮腫への影響を調査,研究し,これらの結果を踏まえて,昭和47年のIARC報告で,昭和40年のUICCの報告と勧告で設定された上記調査研究課題に対する
回答として,アンソフィライトを除くすべて種類の石綿が中皮腫を惹起し得ると総括された。また,昭和40年にニューハウスが,昭和41年の第9回世界がん会議でジャンリーベンらが,それぞれ家庭内曝
露や石綿工場の近辺に居住したことが原因で中皮腫が発症していることを報告し,昭和47年にワグナーやジルソンが,中皮腫は肺がんよりも少ない石綿粉じん曝露量で発症するようであると報告し,昭和47年のIARC報告でも,石綿を使用する工場の近隣の大気汚染について言及がなされた。
他方,我が国においては,我が国の研究者や国際会議を通じて,石綿曝露による中皮腫発症に関する外国の研究は紹介されていたものの,独自の疫学的調査等は行われず,昭和40年代に入っても,石綿と中皮腫の因果関係が間接的に支持されているといった程度の知見しかなかった。一審被告国が昭和46年に発出した石綿取扱い事業場の環境改善等についてと題する通達も,石綿曝露による肺がんの発生を前提とするものであり,中皮腫についてはその疑いがあるとされているにすぎなかった。
しかし,
労働省労働衛生研究所の坂部弘之により,
昭和47年度環境庁公害研究委託費によるアスベストの生体影響に関する研究報告で,IARC報告が紹介され(甲A31),昭和53
年の
石綿による健康被害に関する専門家会議検討結果報告書
(昭和
53年報告書)でも,昭和47年までのワグナーやジルソンの報告に基づき,肺がんを発生するに必要な曝露量よりも少量で中皮腫が発生する可能性があると指摘された。
以上の事実に照らしてみると,我が国において,石綿粉じん曝露と中皮腫発症に関する医学的知見が確立した時期は,IARC報告によって石綿と中皮腫発症の因果関係が認められ,その内容が労働省労働衛生研究所の坂部弘之によって紹介された昭和47年頃と認めるのが相当である。しかも,昭和47年には,石綿肺及び肺がんよりも少量の石綿粉じん曝露によって中皮腫が発症し得るという医学的知見も確立していたというべきである。

b
これに対し,一審原告らは,石綿粉じん曝露と中皮腫発症に関する医学的知見が確立した時期は,遅くともUICCが報告と勧告を
発表した昭和40年の時点であると主張する。
しかし,UICCの報告と勧告では,石綿と中皮腫との関連性
が示唆されたものの,関連性を超えた因果関係についてまでは言及されておらず,この点についてはさらなる調査,研究が必要とされたから,昭和40年の時点で,石綿粉じん曝露と中皮腫発症に関する医学的知見が確立していたとはいえない。
びまん性胸膜肥厚
前記第2章1事案の概要等の第2前提事実及び前記第1の

(びまん性胸膜肥厚に関する研究報告等)によれば,石綿肺にびま
ん性胸膜肥厚が伴うことは早くから知られていたが,びまん性胸膜肥厚が石綿肺を伴わない単独の疾患として認識されるようになったのは,諸外国においても1970年
(昭和45年)
から1980年
(昭和55年)
頃にかけてであり,我が国において労災認定の対象となったのは平成15年のことである。
上記事実に照らしてみると,我が国において,石綿粉じん曝露とびまん性胸膜肥厚発症に関する医学的知見が確立した時期は,石綿粉じん曝露と肺がん及び中皮腫発症に関する医学的知見が確立し,中皮腫が石綿肺及び肺がんよりも少量の石綿粉じん曝露によって発症し得るとの医学的知見が確立した昭和47年以降ということができる。
建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する一審被告国の予見可能性

建築作業従事者が石綿関連疾患に罹患する客観的な危険性
前記第1の2(建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する一審被告らの予見可能性に関連する事実)のとおり,以下の各事実
が認められる。
a
我が国においては,昭和30年代以降,一審被告国の住宅行政に基づき,住宅建築戸数が大幅に増加し,その中核となった日本住宅公団や住宅金融公庫が,耐火性等の観点から,仕様書で石綿含有建材の使用を指定したことに加え,
昭和40年前後からは,
石綿含有建材が次々
とJIS規格の認定を受け,建基法上の耐火構造等として指定されるようになり,
昭和40年以降,
石綿含有建材の使用量は大幅に増加し,
我が国の石綿の輸入量の7割を上回る量の石綿が建材として使用されるようになった。
また,建築現場においては,石綿含有吹付材の吹付作業及びその除去作業,各種石綿含有建材の切断,穿孔,研磨,混ぜ合わせ作業等により石綿粉じんが発生するところ,昭和30年頃から,切断,穿孔,研磨等に電動工具が普及し始め,昭和40年代にはその販売台数が急増したことにより,昭和40年以降,建築現場において石綿含有建材から発生し,飛散する石綿粉じんの量も増加した。
そして,建築現場では,石綿吹付作業とその他の作業,吹付作業以外の各作業を含めて,様々な職種の者が同時に並行して作業をすることが多く,建築作業従事者は,自ら取り扱う石綿含有建材から発生した石綿粉じんに曝露するだけでなく
(直接曝露)他の者の作業により

発生した石綿粉じんにも曝露する状況にあった(間接曝露)

さらに,建築現場は,屋根下地工事や外壁下地工事が行われると,開口部は窓部だけとなり,これと相前後して,建物の周囲に開口率の低いネットやシートが張られることから,建物内は屋内と同程度の粉じん滞留状態となり,建物外であっても,ネットやシートの内側は,外部との換気が十分できる状態ではなくなり,屋内と全く同じ程度といえないとしても,少なくとも屋内に準じた程度の粉じん滞留状態に
なるというべきである(ただし,ネットやシートが張られても,屋根上は,建物内と同程度又はこれに準じた程度の粉じん滞留状態になるものではない。
以下,
屋根上を除くネットやシートの内側を含めて
建設屋内という。。

b
粉じんの濃度測定は,昭和33年以降,現実的に可能となり,石綿粉じんのみの測定も,昭和43年にメンブランフィルター法が開発され,昭和46年には我が国でも使用されるようになって,現実的に可能となった。
また,粉じん濃度の評価指標(基準)としては,恕限度,許容濃度,抑制濃度,管理濃度の各概念が有用である。石綿粉じんについて,日本産業衛生学会(日本産業衛生協会)は,昭和40年に許容濃度を2㎎/㎥(33本/㎤)と勧告し,その勧告に基づき,一審被告国も,昭和46年に抑制濃度を上記と同じ数値に定めた。一審被告国は,昭和48年通達により,最近石綿が肺がん,中皮腫等を発生させることが明らかになったとして,抑制濃度を5本/㎤に改め,日本産業衛生学会も,昭和49年に,石綿のがん原性等に鑑みて,許容濃度を2本/㎤(いかなる時も15分の平均濃度が超えてはならない天井値を10本/㎤)に改めた。一審被告国は,昭和51年通達により,石綿の抑制濃度を2本/㎤(クロシドライトについては,0.2本/㎤)以下を目途とするよう指導することを指示し,これに沿って,昭和59年に石綿の管理濃度を2本/㎤に改め,昭和63年に石綿の管理濃度を5μm以上の石綿繊維につき2本/㎤
(クロシドライトについては,
0.2本/㎤)に改め,日本産業衛生学会も,昭和57年にクロシドライトの許容濃度を0.2本/㎤に改めた。そして,日本産業衛生学会は,平成13年に,許容濃度に代えて,過剰発がん生涯リスクレベルが10-3になる評価値を採用し,これをクリソタイルのみの石綿に
つき0.15本/㎤と定め,これを受けて,一審被告国は,平成16年に管理濃度を0.5μm以上の石綿繊維につき0.15本/㎤に改めた。
なお,
平成16年以降,
諸外国では石綿粉じんの許容濃度を0.
1本/㎤と定めている。
そして,建築現場における粉じん濃度測定の結果のうち,建設屋内作業における石綿粉じん曝露濃度についてみると,①石綿吹付作業については,湿式吹付でも6.05㎎/㎥(99.83本/㎤)を超え(昭和51年通達添付石綿関係資料
(昭和46年測定),事前湿潤

化装置を使用した場合でも5本/㎤を超えており
(英国労働省報告書。
昭和48年)②吹付石綿の除去作業については,

作業直後は20本/
㎤,12時間後でも1本/㎤であり(平成18年手引き)
,③石綿含有
建材の切断作業等については,作業場所における気中濃度あるいは作業者の個人曝露濃度が概ね1本/㎤を超えており(昭和48年の英国労働省報告書,昭和60年の石綿取扱い事業場実態調査研究報告書,昭和63年の久永測定,平成4年通達,平成9年マニュアル,平成18年手引き,平成17年日本労働衛生工学会・作業環境測定研究発表会)④電動丸のこを用いた作業については,

100本/㎤を超えるこ
ともあるなど
(昭和63年の久永測定)
,いずれも我が国において過剰
発がん生涯リスクレベルが10-3になる評価値として定められた0.15本/㎤や,諸外国が定める許容濃度0.1本/㎤をはるかに超えていることはもちろん,概ね昭和48年及び昭和51年の抑制濃度,昭和49年の許容濃度を超え,建築作業従事者の健康に有害な影響を及ぼす危険性を有するものであったということができる。
他方,建築現場における粉じん濃度測定の結果のうち,屋外作業における石綿粉じん曝露濃度については,我が国において過剰発がん生涯リスクレベルが10-3になる評価値として定められた0.15本/
㎤や,諸外国が定める許容濃度0.1本/㎤を下回る測定結果も存在したが(平成4年通達,平成9年マニュアル,平成17年日本労働衛生工学会・作業環境測定研究発表会)これらの濃度を上回る測定結果,
も多く存在し
(昭和62年の一般家屋壁材施工時の発塵状況調査結果,
昭和62年の海老原測定,平成9年マニュアル,平成9年のBKレポート,平成17年日本労働衛生工学会・作業環境測定研究発表会),中
には測定時間が2分ないし15分程度の短時間とはいえ,数十倍もの濃度となる測定結果もあった(昭和62年の一般家屋壁材施工時の発塵状況調査結果,
昭和62年の海老原測定,
平成9年のBKレポート)

その上,屋外作業でも,屋根工事や外壁工事では,作業者が石綿含有建材の切断等の際に発じん点付近に顔を近づけて作業することがあり,屋根工事では,作業の性質上,風向きによって体勢を変えることは困難であるため,風向きによっては粉じんを直接吸入することもあったことも併せ考えれば,屋外作業における石綿粉じん曝露濃度も,建築作業従事者の健康に有害な影響を及ぼす危険性を有するものであったということができる。
c
瀬良は,
昭和46年に
労働の科学において
石綿作業と肺疾患
と題する論文を掲載し,その中で,石綿吹付作業者39名中6名に石綿肺を認めたこと,比較的短い作業期間で発病しているのは注目すべきことであること,そのうち1例は我が国最初の死亡例であり,他の死亡例もあり,吹付作業については強力な予防指導を要するものと思われることを報告した。
また,労働省は,昭和46年に石綿取扱作業場のじん肺罹患状況について調査を行ったところ,鉱業は2つの事業場で有所見者率0%,建設業は12の事業場で有所見者率3.5%(同調査の当時,我が国における建設労働人口は約350万人であった。,製造業は174の)

事業場で有所見者率6.6%という結果であった。
そして,厚労省の発表によれば,平成19年度から平成22年度における労災保険法に基づく石綿関連疾患(ただし,肺がん,中皮腫,良性石綿胸水及びびまん性胸膜肥厚を含み,
石綿肺を含まない。によ

る業種別の保険給付の支給決定状況及び石綿救済法に基づく石綿関連疾患(ただし,肺がん,中皮腫,石綿肺,びまん性胸膜肥厚を含み,良性石綿胸水を含まない。
)による特別遺族給付金の支給決定状況は,
原判決本冊別紙18業種別・石綿曝露作業による労災認定等件数
のとおりであり,いずれの年度においても,上記の認定を受けた者の45%ないし50%が建設業に従事していた。
そこで,上記

の各事実に,石綿粉じん曝露の開始から各石綿関連疾

患発症までに要する期間に関する医学的知見を併せ考えれば,石綿粉じんに曝露する危険性のある建築作業従事者は,石綿含有建材の使用量が増加し,電動工具が多用されるようになった昭和40年頃から,建設屋内作業であるか屋外作業であるかを問わず,石綿関連疾患を発症する客観的に危険な状況に置かれていたというべきである。

上記アの危険性に関する一審被告国の予見可能性
石綿吹付作業
昭和35年に制定されたじん肺法及びじん肺法施行規則では,石綿吹付作業がじん肺にかかるおそれがあると認められる粉じん作業として定
科学」
において
石綿作業と肺疾患
と題する論文を掲載し,その中で,
石綿吹付作業者39名中6名に石綿肺を認めたこと,比較的短い作業期間で発病しているのは注目すべきことであること,そのうち1例は我が国最初の死亡例であり,他の死亡例もあり,吹付作業については強力な予防指導を要するものと思われることを報告し,労働省は,昭和46年
に石綿取扱作業場のじん肺罹患状況について調査を行ったところ,鉱業は2つの事業場で有所見者率0%,建設業は12の事業場で有所見者率3.5%(同調査の当時,我が国における建設労働人口は約350万人であった。,製造業は174の事業場で有所見者率は6.6%という結)
果であった。これらの事実に照らせば,遅くとも昭和46年には,吹付工が石綿関連疾患を発症する危険性が明らかになっていたというべきである。
そして,昭和51年通達添付の石綿関係資料に掲載された昭和4
6年の労働省による石綿含有率50%の吹付材の吹付作業中における石綿粉じん濃度測定結果は,湿式吹付においては6.05~8.64㎎/㎤(99.83~142.56本/㎤)で,乾式吹付においては18.83~20.88㎎/㎤(310.70~344.52本/㎤)であり,これは昭和46年当時の石綿粉じんの許容濃度2㎎/㎥(33本/㎤)を大幅に超えるものであったから,一審被告国は,昭和46年に,既に我が国においても使用されていたメンブランフィルター法を用いて石綿粉じん濃度を測定すれば,石綿吹付作業によって,その当時の許容濃度を超える石綿粉じんが発生していることを容易に認識できたはずである。したがって,一審被告国は,昭和46年中に,吹付工が石綿吹付作業によって石綿関連疾患を発症する危険性を認識することが可能であったというべきである。
建設屋内での石綿切断等作業
前記


aのとおり,昭和47年には,我が国においても,石綿肺

や肺がんよりも少量の石綿粉じん曝露によって中皮腫が発症し得ることについての医学的知見が確立し,これを受けて,一審被告国は,昭和48年通達により,当面,石綿粉じんの抑制濃度を5本/㎤以下とするよう指導することを指示した。この点,抑制濃度が作業場において最も石
綿粉じん濃度が高濃度となる局所排気装置のフード付近における石綿粉じん濃度の規制であること(旧特化則6条2項及び特化則7条2項は,局所排気装置の性能要件として,そのフードの外側,すなわち,作業場中で最も粉じん濃度が高くなる部分における有害物質の濃度が労働大臣の定める値を超えないことを求めていた。からすれば,

昭和48年通達
においては,作業場のその他の地点における石綿粉じん濃度を5本/㎤よりもさらに低濃度とすべきことが想定されていたというべきであり,一審被告国は,昭和48年の時点で,建築現場における石綿粉じん濃度が5本/㎤を超えれば,石綿切断等作業(石綿含有建材の切断,穿孔,研磨,塗布,注入,破砕,解体等を行う作業,並びに粉状の石綿含有建材の容器からの出し入れ及び混合を行う作業をいう。
以下同じ。に従事

する建築作業従事者が石綿関連疾患である中皮腫に罹患する危険性を有することを認識していたというべきである。
そして,昭和46年の木村菊二の作業現場の石綿粉塵に掲載され
た石綿工場における石綿板切断作業における石綿粉じん濃度の測定結果は,除じん装置がある場合でも7.4~10.0本/㎤で,除じん装置がない場合には10.8~16.2本/㎤であり,昭和48年の抑制濃度5本/㎤を大幅に超えるものであった。上記の測定結果は,石綿工場における石綿板切断作業に関するものであるが,建築現場における石綿切断等作業を比較した場合に,作業の時間や頻度,作業対象物の石綿含有率等の点で,作業中の石綿粉じん滞留状態が全く同じということはできないと考えられる。しかし,上記作業現場の石綿粉塵に掲載された石綿粉じん濃度の測定における石綿板の石綿含有率は明らかではないが,昭和51年の木村菊二の測定結果の石綿粉じん濃度測定で切断対象とされた石綿板の石綿含有率は20~30%であるところ,その測定結果と上記作業現場の石綿粉塵に掲載された石綿粉じん濃度の測定結
果を比較してみると,前者(昭和51年の測定)に比べて後者(昭和46年の測定)が相当低いから,測定精度の問題を考慮しても,後者の石綿粉じん測定で用いられた石綿板の石綿含有率は,20~30%よりも低いとうかがわれる。他方,昭和48年当時に製造・販売されていた吹付材の石綿含有建材には,石綿含有率が20%を超えるものも相当数存在した(一審原告らの主張する直接曝露建材一覧表,国交省データベース)しかも,

建築現場では,
石綿含有建材の切断作業だけでなく,
穿孔,
研磨,塗布,注入,破砕,解体等を行う作業や,粉状の石綿含有建材の容器からの出し入れ及び混合等の多様な作業が行われるから,建築現場における石綿切断等作業に関する一審被告国の予見可能性の判断に当たり,上記昭和46年の作業現場の石綿粉塵に掲載された石綿粉じん
cのとおり,労働省は,前記のとおり,昭和46年に石綿取扱作業場のじん肺罹患状況について調査を行ったところ,建設業の有所見者率3.5%という結果であった。これらの事情からすれば,一審被告国は,昭和48年に,既に我が国においても使用されていたメンブランフィルター法を用いて石綿粉じん濃度を測定すれば,建設屋内での石綿切断等作業によって,その当時の抑制濃度を超える石綿粉じんが発生していることを容易に認識できたはずである。
したがって,一審被告国は,昭和48年中に,建築作業従事者が建設屋内での石綿切断等作業によって石綿関連疾患を発症する危険性を認識することが可能であったというべきである。
屋外での石綿切断等作業
屋外での石綿切断等作業における石綿粉じん濃度については,一審被告国が昭和48年通達により指導を指示していた抑制濃度5本/㎤を超える測定結果は昭和62年の海老原測定の1件のみであり,また,昭和
49年に改訂された許容濃度2本/㎤を超える測定結果も,昭和62年の一般家屋壁材施工時の発塵状況調査結果,同年の海老原測定及び平成9年のBKレポートくらいであることに照らせば,平成13年に日本産業衛生学会により許容濃度に代わる過剰発がん生涯リスクレベルが10-3

になる評価値が発表されるまでの間において,一審被告国が,屋外で
の石綿切断等作業によって,その当時の抑制濃度や許容濃度を超える石綿粉じんが発生していることを容易に認識することが可能であったとは認められない。
他方,平成13年に日本産業衛生学会により許容濃度に代わる過剰発がん生涯リスクレベルが10-3になる評価値として発表された0.15本/㎤(クリソタイルのみの石綿)や,諸外国が定める許容濃度0.1本/㎤を超える測定結果は,それまでに複数存在し(昭和62年の一般家屋壁材施工時の発塵状況調査結果,昭和62年の海老原測定,平成9年マニュアル,
平成9年のBKマニュアル)中には測定時間が2分ない

し15分程度の短時間ではあるものの,上記評価値や許容濃度の数十倍もの濃度となる測定結果もあった(昭和62年の一般家屋壁材施工時の発塵状況調査結果,昭和62年の海老原測定,平成9年のBKマニュア屋根工事や外壁工事では,作業者が
石綿含有建材の切断等の際に発じん点付近に顔を近づけて作業することがあり,屋根工事では,作業の性質上,風向きによって体勢を変えることは困難であるため,風向きによっては粉じんを直接吸入することもあったところ,これらの事実は,一般的に容易に想定できることというべきである。
これらの事情からすれば,一審被告国は,平成13年中に,建築作業従事者が屋外での石綿切断等作業によって石綿関連疾患を発症する危険性を予見することが可能であったというべきである。


補足説明
一般的な補足説明
a
間接曝露に関する一審被告国の予見可能性
前記ア

aのとおり,
建築現場では,
石綿吹付作業とその他の作業,

吹付作業以外の各作業を含めて,様々な職種の者が同時に並行して作業をすることが多く,建築作業従事者は,自ら取り扱う石綿含有建材から発生した石綿粉じんに曝露するだけでなく
(直接曝露)
,他の者の
作業により発生した石綿粉じんにも曝露する状況にあった
(間接曝露)

しかし,石綿吹付作業自体について,吹付作業従事者の,他の作業からの間接曝露は考えにくいし,屋外での石綿切断等作業(屋根工事
とおり,直接曝露の関係では,平成13年以降については,一審被告国に屋外作業に従事する建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する予見可能性があったと認められるが,間接曝露の関係まで,一審被告国に同様の予見可能性があったと認めるに足りる証拠はない。
他方,建設屋内での石綿切断等作業については,様々な職種の者が同時に並行して作業をすることが多いことは,一般的に容易に想定できることというべきであるから,間接曝露の関係でも,一審被告国に建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する予見可能性があったと認めるのが相当である。そして,一審被告国に上記予見可能性が認められる前記理由からすれば,直接曝露と間接曝露とで,一審被告国に上記予見可能性が認められる時期を区別すべき合理的な理由は見当たらないから,間接曝露の関係でも,遅くとも昭和48年の時点で,一審被告国に上記予見可能性を認めるのが相当である。
なお,石綿吹付作業については,吹付工との関係では昭和46年中
に一審被告国において石綿関連疾患を発症する危険性を認識すること前記のとおり,
吹付作業による石綿粉じんの飛散を防止するには十分ではなかったとしても,大半の現場ではシートで覆う等の養生がされ,吹付作業現場と他の屋内作業の現場には一定の距離があったことからすれば,屋内作業に従事する者の間接曝露の関係で,吹付作業を他の屋内作業と区別する理由はないというべきである。
b
石綿関連疾患に関する医学的知見の確立時期と一審被告国に建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する予見可能性が認められる時期との関係
前記

イのとおり,
石綿関連疾患に関する医学的知見の確立時期は,

石綿関連疾患ごとに判断すべきところ,石綿肺については昭和33年3月31日頃,肺がんについては昭和46年頃,中皮腫については昭和47年頃,びまん性胸膜肥厚については昭和47年頃以降と認められる。
他方,上記イのとおり,一審被告国に建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する予見可能性が認められる時期は,石綿吹付作業については昭和46年の時点,建設屋内での石綿切断等作業については昭和48年の時点,屋外での石綿切断等作業については平成13年の時点と認められる。
この点,石綿関連疾患に関する医学的知見は,一審被告国に予見可能性が認められるための前提となると考えられるから,一審被告国に予見可能性が認められる時期については,建築作業従事者の作業態様だけでなく,石綿関連疾患の種類も考慮する必要があるといえなくはない。しかし,石綿関連疾患は,いずれも石綿粉じん曝露を原因とする重篤な不可逆性疾患であり,
基本的な予防対策が石綿粉じんの発生


曝露防止,石綿の代替化の推進等である点で共通しているから,必ずしも石綿関連疾患ごとに一審被告国の上記予見可能性を個別に検討する必要はないというべきである。もっとも,一審原告らが主張する各規制権限等不行使の違法性の検討に当たっては,石綿関連疾患の種類が問題となる余地がないではないが,この点については,後に更に検討する。
一審原告らの主張に対する検討
a
情報収集調査義務
一審原告らは,一審被告国は,適時かつ適切に規制権限等を行使するため,情報収集・調査義務を負っていたというべきであるから,一審被告国による規制権限等不行使の違法性,その前提となる一審被告国の予見可能性の判断においては,一審被告国が現に認識していた事情だけでなく,情報収集・調査義務を果たした場合に判明したであろう事情も考慮すべきであると主張する。
しかし,一審原告らは,上記情報収集・調査義務の具体的な内容について主張・立証しないし,一審被告国が情報収集・調査義務を怠ったと認めるに足りる的確な証拠はないから,一審原告らの上記主張は採用できない。

b
一審被告国の予見可能性の基準時期
一審原告らは,一審被告国には,建築作業の態様を問わず,①昭和15年,
②昭和30年,
③昭和33年,④昭和35年,
⑤昭和40年,
⑥昭和46年,⑦昭和48年,⑧昭和50年,⑨昭和51年,⑩昭和54年,⑪昭和62年の各時点において,建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する予見可能性が認められるべきであり,建築作業の種類に即していえば,石綿吹付作業及び建設屋内での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者の関係では,遅くとも昭和46
年の時点か,どんなに遅くとも昭和48年の時点で一審被告国に予見可能性が認められるべきであり,また,屋外での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者の関係では,昭和46年の時点か,遅くとも昭和50年の時点,どんなに遅くとも昭和62年の時点で,一審被告国に予見可能性が認められるべきであると主張する。
まず,建築作業の態様(石綿吹付作業,建設屋内での石綿切断等作業,屋外での石綿切断等作業)によって,建築作業従事者の石綿粉じん曝露状況は異なり,一審被告国に予見可能性が認められる時期も異なるというべきであるから,前記のとおり,建築作業の態様ごとに一審被告国の予見可能性を検討すべきであって,建築作業の態様を問わず,一律に一審被告国の予見可能性を検討すべきであるとの一審原告らの上記主張は採用できない。
そして,
おり,いずれの石綿関連疾患についても医学的知見が確立していたとは認められないから,上記各時点で,一審被告国に予見可能性が認められる余地はない。
一審原告らは,一審被告国に予見可能性が認められる根拠として,③昭和3

年及び昭和32年度の労働衛生試験研究を挙げ,④昭和35年については,昭和35年のじん肺法及び同法施行規則の制定を挙げ,⑤昭和40年については,

昭和40年のUICC報告と勧告を挙げる。確かに,これらの事
実は,石綿関連疾患に関する医学的知見の確立時期を判断する上では
的知見の確立時期の認定根拠とした。しかし,一審被告国に予見可能性が認められるためには,建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する客観的な危険性の存在を前提として,その危険性に対する一審被告国の認識を検討する必要があり,その検討においては,石綿粉じん濃度の評価指標(基準)や規制状況,建築現場における石綿粉じん濃度の測定結果等も検討すべきであるところ,これらの事情は一審原告らの主張する上記各事実には表れていないから,上記各時点で,一審被告国に予見可能性があったとは認められない。
⑥昭和46年について,当裁判所は,石綿吹付作業に従事する吹付工の関係で,
同年中に一審被告国に予見可能性があったと認めたから,
問題となるのは,建設屋内及び屋外での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者の関係となる。この点,一審原告らは,一審被告国に予石綿含有
昭和43年の英国BOH
昭和46年の石綿取扱い事業場の「労働と科学の特集/石綿肺に掲載された瀬良,松下秀鶴及び河合清之,内藤栄治郎の各論文,

昭和51年通達及び添付の石綿関係資料に掲載された労働省による昭和46年の石綿吹付作業時の石綿粉じん濃度の測定結果,

同年のLumleyによる吹付石綿に関する

石綿粉じん濃度の測定結果(甲A1281)を挙げる。しかし,上記のとおり,一審被告国に予見可能性が認められるためには,建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する客観的な危険性の存在を前提として,その危険性に対する一審被告国の認識を検討する必要があり,その検
討においては,石綿粉じん濃度の評価指標(基準)や規制状況,建築現場における石綿粉じん濃度の測定結果等も検討すべきであるところ,及び

は,石綿粉じん濃度の測定結果であるものの,石綿吹付作業

に関するものであり,石綿切断等作業に関するものではないから,昭和46年中に,一審被告国に予見可能性があったとは認められない。⑦昭和48年,⑧昭和50年,⑨昭和51年,⑩昭和54年及び⑪昭和62年以降について,当裁判所は,建設屋内での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者の関係で,昭和48年中に一審被告国に予見可能性があったと認めたから,問題となるのは,屋外での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者の関係となる。この点,一審原告らは,一審被告国に予見可能性が認められる根拠として,これまでと同様に,それぞれの年前後におけるILO等の国際会議でまとめられた知見,安衛法や特化則の改正,行政の動き,学者の論文や著作,海外における行政上の報告,
石綿粉じん許容濃度ないし抑制濃度の厳格化,
労働省の通達,
石綿粉じん濃度の測定結果等多様な根拠を挙げている。
しかし,繰り返しにはなるが,上記のとおり,一審被告国に予見可能性が認められるためには,建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する客観的な危険性の存在を前提として,その危険性に対する一審被告国の認識を検討する必要があり,その検討においては,石綿粉じん濃度の評価指標(基準)や規制状況,建築現場における石綿粉じん濃度の測定結果等も検討すべきであるところ,一審原告らが指摘する石綿粉じん濃度の測定結果も,前記のとおり,屋外での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者の関係で,平成13年の時点において,一審被告国に予見可能性があったことの根拠となり得るとしても,それ以前の時点で一審被告国に予見可能性があったことの根拠となり得るような結果を示してはいない。

したがって,一審被告国の予見可能性の基準時期に関する一審原告らの前記主張も採用できない。
c
屋外作業(屋根作業)に関する一審被告国の予見可能性
一審原告らは,一審被告国の予見可能性を判断するに当たり,建
設屋内での石綿切断等作業と屋外での石綿切断等作業を区別する
必要はないと主張し,その根拠として,①屋根工事や外壁工事の作業態様,②昭和62年における石綿粉じん濃度の測定結果を挙げている。
確かに,

屋根工事や外壁工事では,

作業者が石綿含有建材の切断等の際に発じん点付近に顔を近づけ
て作業することがあり,屋根工事では,作業の性質上,風向きによって体勢を変えることは困難であるため,風向きによっては粉じんを直接吸入することもあった。しかし,そうであるとしても,前記
濃度測定の結果と屋外での石綿切断等作業における石綿粉じん濃
度測定の結果とで大きな違いがあることは明らかであり,これは,上記のような屋根工事や外壁工事の作業態様の点はあるにせよ,建設屋内と屋外とでは,石綿切断等作業により発生する石綿粉じんが希釈される程度,逆にいえば,石綿粉じんの滞留の状態に違いがあることによるものと考えられる。
また,一審原告らが主張する昭和62年における石綿粉じん濃度
の測定結果とは,一般家屋壁材施工時の発塵状況調査結果及び海老原測定を指すものと解されるが,これらの石綿粉じん濃度測定結果は,それらのみで屋外での石綿切断等作業による石綿関連疾患罹患に関する一審被告国の予見可能性を裏付けるほど有意なものとま
ではいえない。

したがって,一審原告らの上記主張は採用できない。
一審原告らは,建築中の建物の足場の周囲にネットやシートが設
置されることや京都の地域性から,屋根作業は,
屋外作業ではなく,
建設屋内作業というべきであると主張する。

等に関する事実)のウ
開放空間であるから,屋根作業を建設屋内作業と同視することはできず,一審原告らの上記主張は採用できない。
一審被告国の主張に対する検討
a
被害の実情が深刻であるとの事情を考慮する必要性
一審被告国は,一審被告国による規制権限等不行使の違法性の有無の判断に当たっては,当該不行使が問題とされる当時,被害の実情が相当深刻であったことが判明していたという事情が極めて重要な要素となると主張する。
しかし,一審被告国による規制権限等不行使の違法性の有無の判断に当たっては,当該不行使が問題とされる当時,被害の実情が相当深刻であったことが判明していたという事情が一つの考慮事情になるとしても,前記のとおり,石綿関連疾患はいずれも石綿粉じん曝露から
における石綿粉じん曝露等に関する事実)のア及びウの事実(特に,昭和40年以降,石綿含有建材の使用量が大幅に増加し,電動工具の普及により,建築現場において発生し,飛散する石綿粉じんの量も増加したこと,労働省が昭和46年に石綿取扱作業者のじん肺罹患状況について調査を行ったところ,
鉱業は2つの事業場で有所見者率0%,
建設業は12の事業場で有所見者率3.5%,製造業は174の事業場で有所見者率6.6%という結果であったこと,厚労省の発表によ
れば,平成19年度から平成22年度における労災保険法に基づく石綿関連疾患による業種別の保険給付の支給決定状況及び石綿救済法に基づく石綿関連疾患による特別遺族給付金の支給決定状況は,原判決本冊別紙18業種別・石綿曝露作業による労災認定等件数のとお
りであり,いずれの年度においても,上記の認定を受けた者の45%ないし50%が建設業に従事していたこと)に照らせば,後記のとおり,当裁判所が一審被告国による規制権限不行使の違法性を認める各時期において,石綿粉じんを原因とする石綿関連疾患の被害の実情が相当深刻であったことが判明していたといえるし,一審被告国としても,そのような事情を当然認識していたというべきである。したがって,一審被告国の上記主張は採用できない。
b
石綿工場と建築現場の相違を考慮する必要性
一審被告国は,石綿工場における石綿の製造・加工作業では,就労時間中,絶えず石綿含有率100%の原料を取り扱うのに対し,建築現場における建設屋内での石綿切断等作業では,就労時間中,絶えず石綿含有建材の切断等作業を行うわけではなく,取り扱う石綿含有建材の石綿含有率は低いから,石綿工場における石綿の製造・加工作業と建築現場における建設屋内での石綿切断等作業とでは,石綿粉じんの飛散状況が大きく異なり,したがって,作業者の石綿粉じん曝露量も大きく異なるから,一審被告国に建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する予見可能性が認められるか否かの判断に当たり,両作業の相違を考慮すべきであると主張する。
この点,確かに,石綿工場における石綿の製造・加工作業で取り扱う物の石綿含有率が常に100%であるかどうかはともかく,建築現場の石綿切断等作業で使用される石綿含有建材の石綿含有率が一般的にそれよりも低いことは容易に推察される。また,石綿の製造・加工
作業において,石綿を取り扱わない作業は想定しにくいのに対し,建築作業は,構築する建築物等によってその内容は様々であるものの,石綿粉じんが発生する石綿含有建材の切断等の作業は,建築作業の一部にすぎない。
これらの意味において,
石綿工場における石綿の製造・
加工作業と建築現場における建設屋内での石綿切断等作業とでは,石綿粉じんの飛散状態が異なり,作業者の石綿粉じん曝露量も異なり得ることは否定できない。
しかし,前記イ

のとおり,当裁判所は,建設屋内での石綿切断等

作業に関する一審被告国の予見可能性を判断するに当たり,上記のような石綿工場における石綿の製造・加工作業と建築現場における建設屋内での石綿切断等作業の相違を踏まえた上で,昭和46年の木村菊二の作業現場の石綿粉塵に掲載された石綿工場における石綿板切
断作業における石綿粉じん濃度の測定結果を考慮したところであり,この点が不合理であるとはいえない。
c
足場周囲のネット又はシート設置による影響
一審被告国は,建築中の建物の周囲にネットやシートが張られた後も,その外部との通気性は保たれており,建築現場が密閉状態になるわけではなく,石綿粉じんを発生させる作業は間欠的に短時間行われるにすぎないこと等から,建築現場における石綿粉じん曝露濃度は,昭和40年当時の許容濃度を下回ると主張する。

に関する事実)のウ

建物の建築工事は,その構

造により具体的な作業工程に多少の違いはあるものの,いずれにおいても,屋根下地工事や外壁下地工事が行われた段階では,建物の開口部は窓部だけとなり,これと相前後して,建物の周囲に開口率の低いネットやシートが張られることから,建物内は,屋内と同程度の粉じ
ん滞留状態となるというべきであり,また,建物外であっても,ネットやシートの内側は,外部との換気が十分できる状態ではなくなり,屋内と全く同じ程度といえないとしても,少なくとも屋内に準じた程度の粉じん滞留状態になるというべきである。したがって,一審被告国の上記主張は採用できない。
d
屋外での石綿切断等作業に関する一審被告国の予見可能性
一審被告国は,原判決が屋外での石綿切断等作業に関する一審被告国の予見可能性を認める根拠とした石綿粉じん濃度の測定結果(昭和62年の一般家屋壁材施工時の発塵状況調査結果,昭和62年の海老原測定,平成9年マニュアル,平成9年のBKレポート,平成17年日本労働衛生工学会・作業環境測定研究発表会)をみても,実験を行った際の切断の早さや,
現場における空気の流れ等も明らかではなく,
実験回数も限られたものであり,屋外での石綿切断等作業における石綿粉じん曝露実態を一般的に示したものとは到底いえないから,上記の各石綿粉じん濃度測定結果をもって,屋外での石綿切断等作業に係る一審被告国の予見可能性を裏付けるものとはいえないと主張する。確かに,上記の各石綿粉じん濃度測定における諸条件は必ずしも明確ではなく,実験回数もそれほど多くないことは否定できないが,そ平成13年に日本産業衛生学
会により許容濃度に代わる過剰発がん生涯リスクレベルが10-3になる評価値として発表された0.15本/㎤(クリソタイルのみの石綿)や,諸外国が定める許容濃度0.1本/㎤を超える測定結果が複数存在し,その中には測定時間が2分ないし15分程度の短時間ではあるものの,上記評価値や許容濃度の数十倍もの濃度となる測定結果もあったことは,一審被告国の予見可能性を判断する上で,相応の意味を有する事実というべきであるから,一審被告国の上記主張は採用
できない。
e
一審被告国の予見可能性の基準時期
一審被告国は,昭和46年,昭和48年及び平成13年の各時点において,石綿関連疾患の被害の実情が相当深刻であることが明らかとなっていたという事実は認められず,一審被告国に建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する予見可能性があったとはいえないと主張し,その根拠として,①中皮腫の労災認定件数,②胸膜プラーク(胸膜肥厚斑)の有所見率,③大阪労働基準局による昭和63年から平成6年までの調査結果,④昭和45年度以降の主要産業分野別(鉱業,建設業,製造業等)の労働人口と石綿関連疾患発生件数及びそれらの比率(暦年・累計,疾患別)
,⑤電動工具の普及状況,⑥労
働環境技術基準委員会の有害物等による障害の防止に関する対策について,⑦科学技術庁の諮問機関である資源調査会の報告及び⑧昭和50年3月1日発行の労働衛生を挙げる。しかし,以下のとお
り,一審被告国の主張する上記各事実は,いずれも,後記のとおり,当裁判所が一審被告国による規制権限不行使の違法性を認める各時期において,被害の実情が深刻なものではなく,一審被告国に予見可能性がなかったことを裏付けるものとはいえない。
①について,一審被告国は,我が国の労働者全般における中皮腫の労災認定件数が,昭和61年当時で9名,平成7年当時でも13名にとどまっていたこと(甲A67の2・9頁)を指摘する。しかし,前記のとおり,石綿関連疾患はいずれも石綿粉じん曝露から長期間を経て発症するものであり,特に,中皮腫については,平均潜伏期間が一般に肺がんよりも長く,
その多くが40年前後とされている。
そして,

のアのとおり,昭和40年以降,石綿含有建材の使用量が大幅に増加
し,電動工具の普及により,建築現場において発生・飛散する石綿粉じんの量も増加した。
中皮腫が労災と認定されたのは昭和53年が初めてであり,数が少ないとはいえ一審被告国が指摘する上記各年まで緩徐な増加がみられ(甲A67の1・49,55頁)
,上記のような医学的知見や昭和40
年以後の石綿使用量及び建築現場で発生する石綿粉じん量の増加を観察すれば,昭和40年以後の建築現場における石綿粉じん曝露による将来における中皮腫の発症が,放置できない状況にまで増加するという予測はごく普通に成立する。すなわち,一審被告国の指摘する中皮腫の労災認定件数は,
これを等閑視すべきものではなかったのである。

事実)のウでみたとおり,平成19年度から平成22年度までの中皮腫の労災認定件数は,毎年500件ないしこれを超える件数であり,このうち建設業従事者が占める割合は約半数に達している。
②について,一審被告国は,建築労働者の胸膜プラーク(胸膜肥厚斑)の有所見率が昭和58年から昭和62年の第1期調査結果で0.82%,平成9年の第2期調査結果でも1.62%にとどまっていたこと(甲A109),平成17年から平成18年の第3期調査結果でも6.75%であり,石綿肺1型以上は全体の2.94%にすぎなかったこと(甲A108)を指摘する。しかし,この点についても,①と同様である。むしろ,第1期調査では,対照群(事務作業者)はゼロであり,対照群に一例も胸膜プラークを検出することがないほどの擬陽性の極めて少ない診断基準で,建築労働者の0.82%に胸膜プラークが認められたとされているところ(甲A109・90頁)
,我が
国の建設業の就労者数は,昭和55年が約538万人,昭和60年が約526万人であったから(甲A173の1・60頁)
,第1期調査で

胸膜プラークの有所見率が0.82%であったとすれば,約4万3000人もの建築労働者に胸膜プラークの所見があったことになる。また,第2期調査でも,建築労働者の1.62%に胸膜プラークが認められ,第1期調査の2倍に増加した。さらに,第3期調査では,胸膜プラークの有所見率が6.75%で,第2期調査時と比較して4倍となり,平成17年の建設業就労者数は約539万人であったから(甲173の1・60頁)36万人以上に胸膜プラークの所見があったこ,
とになる。この点,海老原は,平成18年に45歳以上の者が建築作業を始めたのは石綿輸入量がピークを迎え,大部分が建材として消費される時期と一致しており,40歳以上では約10%,55歳以上では15%以上の者に胸膜プラークを認めるなど,多くの建築作業従事者が石綿曝露を受けて,生体反応としての胸膜プラークを有する深刻な状況が明らかとなったこと,建築作業従事者の肺がんは石綿曝露と密接な関連性があり,建築作業従事者の肺がんのほとんどが石綿関連関連疾患であると考えて詳しく検討することが重要であること,建築作業従事者のすべての職種の者に中皮腫のリスクが確実に増加しており,びまん性胸膜肥厚も建築作業従事者の多くの職種の者に発症していること等を指摘している(甲A109・15~18,31,39~47,48,104,105頁)

③について,一審被告国は,大阪労働基準局による昭和63年から平成6年までの調査結果においても,建設業の事業場における延べ2146名の石綿取扱従事者中,じん肺管理区分2以上の者は延べ2名にすぎず,肺がん又は中皮腫が過去に発生した事業場はゼロであったこと(乙アA294の1~7)を指摘する。しかし,この資料では,例えば,昭和63年度をみると,石綿取扱い事業のうち,製造業は106事業所,その全従業員数1万1225名,石綿取扱従事者115
7名が対象とされているのに対して,建設業の事業所数は27,その全従業員数は889名であり,石綿取扱従事者は543名が対象とされている。この数値をみると,製造業の数値に比して建設業の数値は著しく小さいようにみえ,年度が上がるにしたがって製造業の事業者数や従業員数が減少した分,建設業の占める割合は増えてはいるが,大阪府下における建設業全体を対象とした石綿粉じん被害の統計とみるには,疑問の余地が大きい。また,石綿取扱従事者が何を意味しているのかも明らかではなく,このままでは,この資料から読み取れるのは,大阪府下における製造業における石綿被害が深刻なものであることだけであり,建設業について深刻な被害が発生していなかったことを裏付けているということは困難である。なお,この資料の大阪府下における労災認定件数が正確なものであるとしても,そのことから建設業における石綿被害の深刻化がないといえないのは,前記①で説明したとおりである。付言すれば,平成19年度から平成22年度までの労災認定件数をみると,石綿粉じんに起因する肺がんも,ほぼ中皮腫と同様の増加を示しているのである。
④について,
一審被告国は,
昭和45年度以降の主要産業分野別
(鉱
業,建設業,製造業等)の労働人口と石綿関連疾患発生件数及びそれらの比率を検討した結果,製造業のうち,石綿工場(石綿スレート製造業,石綿管製造業,石綿布糸製造業,石綿ブレーキライニング製造業等)が含まれる産業分野である窯業・土石製品製造業の労働者
と建設業の労働者のじん肺,石綿関連疾患の発症率を比較した場合,建設業の労働者のじん肺発症率は,窯業・土石製品製造業の労働
者のじん肺発症率に比べて低かったこと(乙A306,307)を指摘する。しかし,石綿工場の労働者と建設業の労働者のじん肺,石綿関連疾患の発症率を比較すること自体により,建設業の労働者がじん
肺や石綿関連疾患を発症する危険性が低かったといえるものではない。⑤について,一審被告国は,我が国では,昭和30年頃から石綿切断等作業に電動工具が普及し始め,昭和40年代に入ってその販売台数が急増したところ,石綿関連疾患は,潜伏期間が極めて長く,石綿粉じん曝露からその発症までに極めて長期間がかかるから,被害の実情が相当深刻であることが明らかになるまでにはおのずと相当の期間を要することを指摘する。この点,確かに,一審被告国が指摘する上記事実自体は,①のとおりであるが,むしろ,そうであるからこそ,前記aで説示したとおり,後記のとおり当裁判所が一審被告国による規制権限不行使の違法性を認める各時期において,石綿粉じんを原因とする石綿関連疾患の被害の実情が相当深刻であったことが判明していたといえるし,一審被告国としても,そのような事情を当然認識していたというべきである。
⑥について,一審被告国は,労働環境技術基準委員会の有害物等による障害の防止に関する対策について(乙アB15)は,昭和45年9月に労働省が全国1万3665の事業場に立ち入って行われた石綿等46種類の有害物質の排出処理状況に関する総点検の結果を踏まえ,労働環境技術基準委員会が規制すべき有害物質,当面とるべき対策等についての検討結果をまとめたものであるところ,石綿は,有害物一覧表の備考欄にがん原性物質であることを示すAと記載さ
れておらず,微量な曝露ではなく,長期間あるいは短期間に相当程度曝露していたことによる健康障害を念頭においた規制の必要性が指摘されていることを指摘する。しかし,前記のとおり,昭和45年9月の時点では,石綿粉じん曝露と肺がん発症に関する医学的知見が確立していなかったとしても,昭和33年3月の時点では,既に石綿粉じん曝露と石綿肺発症に関する医学的知見は確立していたし,長期間あ
るいは短期間に相当程度曝露したことによる健康障害を念頭においた規制の必要性が指摘されていたことは,石綿粉じん曝露の危険性を前提としたものと解される。
⑦について,一審被告国は,科学技術庁の諮問機関である資源調査会が昭和47年11月までに審議決定した

資源問題からみた建材
(乙アA1081)によれば,その当時の視点で議論の中心となっていたのは,建築災害の中で最も問題になっている火災であり,石綿粉じん曝露による労働者の健康被害のおそれや,これを根拠とする石綿含有建材の規制については,議論の俎上にすら上げられていなかったことを指摘する。しかし,上記資源問題からみた建材は,文字ど
おり,資源問題の視点から建材について考察を加えたものにすぎず,そこで主に念頭に置かれている建材の安全性とは,建築工事の際
の安全性ではなく,完成建物の構造上の安全性にすぎないとうかがわれる(同・2~4枚目,234頁)。
⑧について,
一審被告国は,
昭和50年3月1日発行の
労働衛生
(乙アA1091)では,医学部の教授らによる職業がんの現状とその対策と題する座談会が行われたことが記載されているところ,同座談会では,石綿の危険性は指摘されたものの,その深刻性や将来における石綿被害増大の可能性についてまでは認識されておらず,石綿について法的規制を強化する必要があるとの議論もされていなかったことを指摘する。しかし,上記座談会は,
医学部の教授3名が,
様々
な職業がん一般について現状や予防等について語り合ったものであり,その中の一つとして石綿が紹介されているにすぎず,石綿の危険性とその使用実態を踏まえた対策や規制の在り方をテーマにしたものではない。また,座談会のメンバーは,医学部教授であり,様々な物質の発がん性,危険性の専門家ではあるが,石綿による健康被害や疫学調
査の専門家ではないとうかがわれる。他方,上記座談会では,
アスベストが直接の発がん物質か,発がんを促進させるものか決めることは難しいが,両方の性質をもっているように思われるアスベストに,よる発がん性を認めない人は世界に誰もいないと思うなどと石綿の発がん性,危険性に関する指摘があり,司会の久保田中央協会労働衛生サービスセンター所長が,

日本の場合は,産業で自主的に職業がんを防ぐような対策をしろといっても進まない。その意味で,むしろ法律的に決めるということも一つの方法だと思う

と述べ,法的規制の必要性を強調している(同・7,11,12頁)

一審被告国が講じてきた石綿粉じん曝露防止対策の有効性

当裁判所も,原審と同様,一審被告国が講じてきた石綿粉じん曝露防止対策(湿潤化措置,局所排気装置,関係者以外の立入り禁止,定期的粉じん濃度測定,石綿吹付作業の禁止,防じんマスクの着用,警告表示(建材メーカー及び事業者)
,安全衛生教育)は,いずれも有効かつ十分なもので
はなく,建築現場において実効性を有するものであったとはいえないと判断する。その理由は,次のイのとおり補正するほか,原判決の事実及び理由の第3章1当裁判所の判断欄の第1節被告国の責任の第旧労基法,安衛法に基づく規制権限の不行使の違法性の4(原判決
本冊177頁8行目から203頁初行まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。

原判決の補正
原判決本冊178頁7行目から8行目にかけての
,乙アA1019・5頁及び182頁4行目の甲A1278・17,62頁,をいずれも削る。
原判決本冊183頁10行目のその後,の次に昭和47年の
を加え,184頁13行目の14,15,を削る。

原判決本冊186頁7行目のその後,の次に昭和47年のを
加える。
原判決本冊188頁末行から189頁5行目までを削り,8行目末尾に行を改めて,以下のとおり加える。
これに対し,一審被告国は,昭和50年当時,石綿含有率5%以下の石綿含有建材が存在したことを認めつつ,石綿含有建材のほとんどが石綿含有率5%を超えるものであったから,これを規制対象とすれば,実質的にほぼすべての石綿含有建材が規制対象となり,その意味で,昭和50年改正特化則の規制が有効なものであったと主張し,その根拠として,国交省データベース(甲A393の1~5),「建築物の解体又は改修工事における石綿粉じんへのばく露防止のためのマニュアル(乙アA41の表1-3),石綿含有建築材料廃棄物量の予測量調査結果報告書(乙アA42の表3),せきめん読本(乙アA43の表7-12)を挙げる。しかし,一審被告国の主張は,上記資料のうちその主張に沿う一部分を取り出して,その根拠とするものにすぎない。むしろ,社団法人神奈川県不動産鑑定士協会編よくわかるアスベスト
(甲
A395・7頁)によれば,ロックウール工業会に加盟していない製造企業による販売やロックウール工業会に加盟している企業の製品でも在庫品の販売は継続されていたことが認められる。また,上記資料及び国交省データベース(甲A393の1~5)によれば,石綿含有吹付材には,吹付石綿や吹付ロックウールのほか,吹付バーミキュライト及び吹付パーライトもあり,吹付バーミキュライトは昭和63年まで,吹付けパーライトは平成7年あるいは平成9年頃までそれぞれ製造・使用されていたことが認められ(甲A395・8頁の図1)
,個別企業をみても,
一審被告日東紡績
(甲A393の2)朝日石綿工業,

一審被告ニチアス,
日本セメント,日本リペット工業(以上,甲A393の3)
,佐渡島(甲

A393の4)
,エービーシー商会(甲A393の5)といった複数の建
材メーカーが昭和55年以降も石綿含有率5%以下の吹付材の製造・販売を継続していたことが認められる。そして,建築物の解体等における石綿飛散防止検討会が平成17年11月に作成した建築物の解体等における石綿飛散防止対策の強化について(甲A396・4頁)には,昭
和30年から昭和49年までの吹付石綿の施工量と昭和43年から昭和54年までの吹付けロックウール(乾式)の施工面積が掲載されているところ,これらの数字を表にまとめたものが平成17年度環境省委託事業報告書建物の解体等に係る飛散防止マニュアルの図表1-7(甲A394・8頁)であり,同表をみれば,昭和50年以降も石綿含有吹付材が減ることなく,むしろ増加傾向で推移している。これらの事実に照らせば,昭和50年の特化則改正後も,石綿吹付作業による石綿粉じん曝露の機会は減少しなかったというべきであるから,一審被告国の上記主張は採用できない。

原判決本冊189頁17行目の184条を181条に改め,

え,192頁初行末尾に行を改めて,以下のとおり加える。
また,屋内での石綿切断等作業については,前記認定の各種の測定結果からすると,何らの措置をとらなければ,昭和48年に定められた抑制濃度基準5本/㎤,昭和49年に日本産業衛生学会が提唱した許容濃度2本/㎤,昭和51年通達で定められ抑制濃度基準2本/㎤を大きく超えた石綿粉じんに曝露することになるが,95%以上の粉じん捕集効率を有する防じんマスクを装着すれば,すべてではないが,概ね上記の抑制濃度あるいは許容濃度を超える石綿粉じんに曝露することを防ぐことができた。原判決192頁12行目の有効であったものの,を

有効であった。もっとも,

に,19行目の

十分であったということができる。

その着用が遵守されれば,上記評価値や許容濃度を超える石綿粉じん曝露を防ぐことができたということができる。

にそれぞれ改める。原判決193頁25行目から194頁3行目までの書証番号の末尾にいずれもの1を加え,同頁初行の18頁を17,18頁に,
3行目の11頁を11,12頁に,4行目の15頁を15,16頁に,5行目の12頁を12,13頁にそれぞれ改め,6行目冒頭のの1を削り,8行目の甲D2の37を甲D2の34に改め,24行目の甲A113の次にの1を,195頁初行の甲A104の次に・0-4頁を,196頁17行目
の甲A115の次にの1をそれぞれ加え,198頁6行目の50%を70%に,23行目の被告国の上記①ないし④の証拠を一審被告国が建築現場で防じんマスクが着用されていたとの主張の根拠として挙げる上記①ないし③の事実にそれぞれ改める。原判決本冊199頁15行目の「安衛法から16行目末尾まで及
び200頁13行目の「安衛法から14行目の第170号)ま
でをいずれも昭和50年表示通達に,200頁17行目の施行
を施工に,22行目の集じん装置を除じん装置にそれぞれ
改める。
石綿の使用を前提とした規制権限等不行使の違法性

防じんマスクの着用義務付け
石綿切断等作業
a
義務付けの有効性及び必要性
上記

(一審被告国が講じてきた石綿粉じん曝露防止対策の有効

性)で補正して引用した原判決(原判決本冊189頁13行目から199頁5行目まで)のとおり,防じんマスクは,建築現場におけ
る石綿粉じん曝露防止対策として有効であり,防じんマスクの着用により,屋外での石綿切断等作業においては,建築作業従事者の石綿粉じん曝露濃度を我が国における過剰発がん生涯リスクレベル
が10-3となる石綿粉じんの評価値0.15本/㎤及び諸外国が定める許容濃度0.1本/㎤を下回る程度にまで抑えることが可能であった。建設屋内での石綿切断等作業においては,防じんマスクを着用すれば,石綿粉じん濃度を昭和48年から昭和51年の抑制濃度ないし許容濃度までに抑えることは概ねできたが(ただし,上記抑制濃度ないし許容濃度以下に抑えることを確実にするには,集じん機付き電動工具との併用が必要であることは,後記

のとお

りである。,上記評価値以下に抑えるには至らず,防じんマスクの)
着用のみでは石綿粉じん曝露対策として十分とはいえなかった。
もっとも,
後記ウのとおり,
集じん機付き電動工具を使用すれば,
集じん機を装着しない場合に比して10分の1程度に石綿粉じん
濃度を低減させることが可能であり,建設屋内での石綿切断等作業においても,作業時間全体の平均曝露濃度は概ね2本/㎤を下回ると考えられるところ,昭和37年以降いずれの時期においても規格化されていた粉じん捕集率95%以上の防じんマスクを併せて使
用すれば,建築作業従事者の石綿粉じん曝露濃度は,我が国における過剰発がん生涯リスクレベルが10-3となる石綿粉じんの評価値0.15本/㎤及び諸外国が定める許容濃度0.1本/㎤を概ね下回ると認められる。
このように,防じんマスクは,集じん機付き電動工具と併用する
ことにより,建築作業従事者の石綿粉じん曝露濃度を低減させ,石綿関連疾患への罹患を防止するのに有効かつ十分な対策となり得
るものであった。

なお,石綿吹付作業については,後記
そして,前記

のとおりである。

(一審被告国が講じてきた石綿粉じん曝露防止対

策の有効性)で補正して引用した原判決(原判決本冊189頁13行目から199頁5行目まで)のとおり,建築作業従事者は,作業効率の悪化や息苦しさ等を理由に防じんマスクの着用を好まず,事業者が建築作業従事者に防じんマスクの着用を命じることもなか
ったことに鑑みれば,建築作業従事者に防じんマスクをより確実に着用させ,石綿粉じん曝露及び石綿関連疾患への罹患を実効的に防止するには,事業者に対し,石綿切断等作業に従事する建築作業従事者に防じんマスクを着用させることを義務付ける規定を,罰則をもって定めることが必要であったというべきである。
b
規制権限不行使の不合理性
昭和22年に制定された旧安衛則では,労働者に対し,粉じん作
業を行う場合に呼吸用保護具等を使用すべき義務が定められ(185条)これに違反した場合には罰則が科されていた上

(旧労基法4
4条,
120条1項)昭和47年に制定された有機則

(甲A450)
及び鉛則(甲A449)
,昭和54年に改正された金鉱則(甲A45
1)
,昭和61年に改正された炭鉱則(甲A452)では,それぞれ
鉛や有機溶剤,粉じんによる健康被害発生の可能性が高いと考えられる作業が具体的に特定され,使用者に対して当該業務に従事する労働者にマスク等の呼吸用保護具を着用させることが直接かつ明
確に定められていたから,石綿切断等作業においても,事業者に対し,建築作業従事者に防じんマスクを着用させることを義務付けることは容易であったというべきである。
そして,前記

(建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険

性に関する一審被告国の予見可能性)のイ

のとおり,一審被告国

は,昭和48年中には建設屋内での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性を予見可能であり,防じんマスクの着用が励行されていないことを認識できたはずであ
ることに照らせば,予見可能性が認められる翌年の昭和49年1月1日には,事業者に対し,建設屋内での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者に防じんマスクを着用させることを義務付ける直
接的かつ明確な規定を,罰則をもって定めるべきであった。しかるに,一審被告国は,事業者に対して労働者に呼吸用保護具を使用させる義務が罰則をもって定められた平成7年の特化則改正まで,これを行わなかったから,かかる一審被告国の規制権限不行使は著しく不合理であり,国賠法1条1項の適用上違法というべきである。なお,石綿粉じんの濃度あるいは曝露の抑制には,防じんマスク
の着用の他にも,集じん機付き電動工具を使用することも有用であり,集じん機付き電動工具を使用して石綿切断等作業を行った場合の石綿粉じん濃度は,昭和49年から平成13年までのクリソタイルの許容濃度である2本/㎤を概ね下回っている。そこで,これら2つの措置をどのように位置づけるのかも問題となり得るが,電動工具の使用環境,使用頻度,使用時間等は様々であり,集じん機付き電動工具を使用した場合でも,2~4本/㎤の石綿粉じん濃度が測定され得るのであり(昭和48年の英国労働省報告書)
,他方,防
じんマスクの着用を義務付けた場合でも,当時の防じんマスクの着用状況に鑑みると,それが罰則付きであったとしても,なお,その遵守を完全に期待できたとは考えにくい。そして,石綿粉じんの,生命,身体に対する重大な危険を考えると,建築作業従事者が石綿粉じんに曝露することを可能な限り防ぐ必要がある。このように考えると,理論的にはどちらか一方だけでも当時の石綿粉じんの許容
濃度ないし抑制濃度を超える粉じん曝露を防ぐことが一応可能な
ようにみえても,いずれかの措置が不要となることはなく,この二つの措置は併用してこそ,建築作業従事者の石綿粉じん曝露を当時必要とされた濃度以下に抑制することに万全を期することができ
たと認めるのが相当である。そして,一審被告国においても,集じん機付き電動工具の使用に加えて防じんマスクの着用を義務付け
なければ石綿粉じん濃度を当時の抑制濃度の水準以下に抑えるこ
とができない場合のあることを認識することができたというべき
である。
他方,一審被告国は,平成13年には屋外での石綿切断等作業に
従事する建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性を予見
可能であったから,その翌年の平成14年1月1日には,事業者に対し,屋外での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者に防じんマスクを着用させることを義務付ける規定を,罰則をもって定めるべきであった。しかし,一審被告国は,これに先立ち,平成7年改正特化則により,かかる規定を設けたから,屋外での石綿切断等作業について,防じんマスクの着用義務付けに係る規制権限不行使の違法性を認めることはできない。
石綿吹付作業
前記

(一審被告国が講じてきた石綿粉じん曝露防止対策の有効性)

で補正して引用した原判決(原判決本冊189頁13行目から199頁5行目まで)のとおり,石綿吹付作業については,防じんマスクを着用しても,石綿吹付作業者の石綿粉じん曝露濃度を我が国における過剰発がん生涯リスクレベルが10-3となる石綿粉じんの評価値0.15本/㎤及び諸外国が定める許容濃度0.1本/㎤以下に抑制することは困難であった。また,石綿吹付作業では,その性質上,石綿切断等作業とは
異なり,集じん機付き噴霧器等は観念することができず,集じん機を装着することによる石綿粉じん曝露濃度の低減を期待することはできない。そして,石綿吹付作業では,大量に粉じんが発生するため,ろ過材がすぐに目詰まりし,吸気抵抗が増して息苦しさを感じるようになる防じんマスクの着用は実効性に乏しい。
このように,石綿吹付作業においては,防じんマスクは,建築作業従事者の石綿粉じん曝露濃度を低減させ,石綿関連疾患への罹患防止に有効かつ十分な対策とはなり得ないから,防じんマスクの着用義務付けに係る規制権限不行使の違法性は認められず,後記イのとおり,送気マスクの着用義務付けに係る規制権限不行使の違法性を検討する必要がある。当事者の主張に対する検討
a
一審原告らの主張について
一審原告らは,建設屋内での石綿切断等作業について,原判決が
認めた昭和49年1月1日よりも早い時期,具体的には,昭和22年,昭和30年及び昭和47年の各時点で,防じんマスクの着用義務付けに係る一審被告国の規制権限不行使の違法性を認めるべき
であると主張する(一審原告らは,昭和50年についても主張するが,これを検討する意味はない。。

しかし,前記

(建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険

性に関する一審被告国の予見可能性)のイ

のとおり,建設屋内で

の石綿切断等作業に従事する建築作業従事者の関係で,一審被告国に予見可能性が認められる時期は昭和48年中であるから,一審原告らの主張する上記各時点で,防じんマスクの着用義務付けに係る一審被告国の規制権限不行使の違法性を認める余地はない。
一審原告らは,屋外での石綿切断等作業についても,防じんマス
クの着用義務付けに係る一審被告国の規制権限不行使の違法性を

認めるべきであると主張し,その根拠として,建築作業従事者は,建設屋内作業に従事するか,屋外作業に従事するかを問わず,昭和40年頃から石綿関連疾患に罹患する危険に曝されていたこと,屋根工事や外壁工事では,作業者が石綿含有建材の切断等の際に発じん点付近に顔を近づけて作業することがあり,屋根工事では,作業の性質上,風向きによって体勢を変えることは困難であるため,風向きによっては粉じんを直接吸入することもあったこと,屋外作業の危険性を示す石綿粉じん濃度の測定結果として,昭和62年の一般家屋壁材施工時の発塵状況調査結果が存在すること等を挙げる。しかし,前記

(建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険

性に関する一審被告国の予見可能性)のイ

のとおり,屋外での石

綿切断等作業に従事する建築作業従事者の関係で,一審被告国に予見可能性が認められる時期は平成13年中である一方,一審被告国は,これに先立ち,平成7年改正特化則により,事業者に対し,屋外での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者に防じんマスク
を着用させることを義務付ける規定を設けたから,一審原告らの上記主張は採用できない。
b
一審被告国の主張について
一審被告国は,これまで,旧安衛則,旧特化則,安衛則,特化則
等や行政指導等により,建築作業従事者の防じんマスク着用を相当程度確保してきたと主張する。
しかし,前記

(一審被告国が講じてきた石綿粉じん曝露防止対

策の有効性)で補正して引用した原判決(原判決本冊189頁13行目から199頁5行目まで)のとおり,建築作業従事者は,石綿粉じん曝露の危険性に対する認識の欠如を背景として,作業効率の悪化や息苦しさ等を理由に防じんマスクの着用を好まない実態が

あり,事業者は,法令上,呼吸用保護具の備付けが義務付けられていたものの,労働者に対して呼吸用保護具の使用を命ずることが義務付けられていなかったため,呼吸用保護具の備付けは不十分で,労働者にその使用を命じることもなかったのであるから,一審被告国が主張するような,建築作業従事者の防じんマスク着用が相当程度確保されていた実情は認められない。
一審被告国は,上記

に関し,安衛則593条及び特化則43条

による防じんマスクの備付け義務は,備え付けた防じんマスクを労働者に使用させることを当然の前提としていると主張する。
しかし,前記

(一審被告国が講じてきた石綿粉じん曝露防止対

策の有効性)で補正して引用した原判決(原判決本冊189頁13行目から199頁5行目まで)のとおり,防じんマスクの備付け義務を負う事業者が,当然にその使用を労働者に命じていたわけではなく,一審被告国自身,昭和54年改正金鉱則で,防じんマスクの備付け義務を防じんマスクを労働者に使用させる義務に改めたこ

(甲A451)平成7年改正特化則で防じんマスクの備付け義務

に加えて,防じんマスクを労働者に使用させる義務を規定したこと(乙アB36)に照らせば,安衛則593条及び特化則43条による防じんマスクの備付け義務に,防じんマスクを労働者に使用させる義務が含まれるとは解されない。したがって,一審被告国の上記主張は採用できない。
一審被告国は,上記

に関し,特化則5条2項は,事業者は,粉

じんが発散する屋内作業場について,局所排気装置の設置を義務付けながらも,同所において局所排気装置の設置が著しく困難なとき又は臨時の作業を行うときは,全体換気装置の設置又は湿潤化

の労働者の健康障害を予防するために必要な措置を講じなけれ

ばならないと規定しているところ,この等及び必要な措置
には,防じんマスク等の着用も含まれると主張する。
しかし,
防じんマスクの着用は,
石綿粉じんの曝露からの防御に,
それが十分ではないとしても,有力かつ必要不可欠な措置なのであるから,疑義を残さないよう,明確にその旨を定めるべきであり,明確な定めがあるからこそ罰則の発動も可能となるのである。しかるに,特化則5条2項では,局所排気装置の代替措置として,湿潤な状態にする等の措置の一つとして労働衛生保護具の使用が挙
げられるにすぎず(乙アA238・29頁)
,建設屋内での石綿切断
等作業について,労働衛生保護具(防じんマスク)を使用することが明確に義務付けられていたとは解されない。したがって,一審被告国の上記主張は採用できない。
昭和54年に
制定された粉じん則の適用があり,同年以降,事業者に対し,労働者に呼吸用保護具を着用させる義務が罰則をもって定められてい
たと主張する。
しかし,
労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令及び粉じん障害防止規則の施行について(昭和54年基発第382号,
乙ア
197)
によれば,粉じん則の規制の対象となる
粉じん作業は,
じん肺法に定める粉じん作業のうち,昭和50年改正特化則に
おいて予防措置が規定されている石綿に係る作業を除いたものと
同一と解されており(甲A245・2145頁,甲A461・21頁)石綿粉じん作業は粉じん則の適用対象には含まれない。したが,
って,一審被告国の上記主張は採用できない。
一審被告国は,石綿切断等作業における粉じん曝露防止対策とし
ては,粉じん発散防止措置が第一次的な方策であり,防じんマスク
の着用は補助的手段であると主張する。
しかし,前記

(一審被告国が講じてきた石綿粉じん曝露防止対

策の有効性)並びに後記ウ及びクのとおり,建築現場においては,粉じん発散防止措置として,湿潤化措置や移動式局所排気装置を含めた局所排気装置の設置が石綿粉じん曝露防止対策として有効な
措置であったとはいえず,集じん機付き電動工具の使用も,防じんマスクと併用しなければ,それだけで石綿粉じん曝露防止対策として有効な措置であったとはいえないから,防じんマスクの着用が補助的手段であるとはいえない。したがって,一審被告国の上記主張は採用できない。
一審被告国は,防じんマスクの着用に係る規制の実効性は事業者
の意思みならず,労働者の意思にも左右され,その意味で限界があったと主張する。
しかし,前記

(一審被告国が講じてきた石綿粉じん曝露防止対

策の有効性)で補正して引用した原判決(原判決本冊189頁13行目から199頁5行目まで)のとおり,防じんマスクには,その構造上,着用により吸気抵抗が生じて労働により呼吸が激しくなり,使用に伴って目詰まりが生じると息苦しさを感じ,下方視野に制約が生じ,釘を口にくわえて釘打ちができず,作業中に声が通らず,暑さを感じるなど,不快感や作業上の支障があり,また,建築作業従事者は,自己が取り扱っている建材に石綿が含有されていることや,石綿の危険性,防じんマスク着用の必要性について十分な認識を有していなかった。しかし,防じんマスクに上記のような不快感や作業上の支障等があるからといって,必要な規制をしないことに合理性があるとはいえない。むしろ,このような事情があるからこそ,防じんマスクの着用を義務付けた上で,行政上の監督指導を徹
底していれば,現場の意識も変わり得ると考えられるから,一審被告国は,防じんマスクの着用について実効性ある規制を講じる必要があったというべきである。したがって,一審被告国の上記主張は採用できない。
一審被告国は,以上のほか,①行政機関がいかなる内容の省令等をどの時点で制定するかについては,法律の委任の趣旨を逸脱しない範囲において,その専門技術的な判断に委ねられており,特に,規制措置を導入することを前提として,これをどのような仕組みや制度設計とするかについては,広範な裁量権が与えられていること,②原判決が建設屋内での石綿切断等作業との関係で防じんマスクの着用義務付けを認めた昭和49年の時点で,被害の実情が相当深刻であったことが判明していたという事情が認められないこと,③特化則の改正により事業者に対し労働者に防じんマスクを着用さ
せる義務付けがされた平成7年以前の時点では,建築作業従事者が石綿切断等作業により石綿粉じんに曝露する可能性自体は明らか
になっていたが,それにより石綿関連疾患を発症する危険性が高いとは考えられていなかったことを主張する。
しかし,前記

(規制権限不行使の違法性の判断基準)及び同

(建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する一審
被告国の予見可能性)で説示したとおり,一審被告国の上記各主張はいずれも採用できない。

送気マスクの着用義務付け
義務付けの有効性及び必要性
a
石綿吹付作業において,防じんマスクは,有効
かつ十分な対策とはなり得ないのに対して,送気マスクは,ホースで送気することによりマスクの面体の内側に新鮮な空気を供給するもの
であり(甲A458)
,粉じんを吸入することがないため,粉じん曝露
防止対策として有効である上,目詰まりによる吸気抵抗の増加を考える必要がなく,息苦しさが解消され,着用の実効性も確保される。このように,送気マスクは,石綿吹付作業者の石綿関連疾患への罹患防止に有効かつ十分な対策となり得るものであった。
b
しかし,前記

(一審被告国が講じてきた石綿粉じん曝露防止対策

の有効性)で補正して引用した原判決(原判決本冊189頁13行目から199頁5行目まで)のとおり,吹付作業者は,吹付作業において防じんマスクを着用することさえ少なかったから,防じんマスクほど着脱が容易でなく,場所をとる上,費用もかかる送気マスクを自主的に着用することは期待できない。したがって,吹付作業者の送気マスク着用を確保するためには,一審被告国において,事業者に対し,吹付作業者に送気マスクを着用させることを義務付ける規定を,罰則をもって定める必要があったというべきである。
規制権限不行使の不合理性
送気マスクの一種であるホースマスクのJIS規格が昭和28年に既に制定されており,昭和35年に制定された旧有機則及び昭和47年に制定された有機則では,一定の場合にホースマスクの着用が義務付けられていること(甲A450,1050)
,昭和38年にはトンネル工事で
もホースマスクが使われることがあったようにうがわれること(甲A185・92頁)に照らせば,昭和46年の時点で,送気マスクが技術的に利用可能な状態にあったものと認められる。
そして,前記

(建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に

関する一審被告国の予見可能性)のイ

のとおり,一審被告国は,昭和

46年中には石綿吹付作業に従事する吹付工が石綿関連疾患を発症する危険性を予見することが可能であり,石綿吹付作業では,石綿粉じん曝
露防止対策として防じんマスクが有効でないことを認識できたはずであることに照らせば,予見可能性が認められる昭和46年の翌年で,安衛法施行日である昭和47年10月1日には,事業者に対し,石綿吹付作業に従事する吹付工に送気マスクを着用させることを義務付ける直接的かつ明確な規定を,罰則をもって定めるべきであった。しかるに,一審被告国は,石綿含有率が5%を超える吹付材の吹付作業を原則として禁止し,例外的に作業を行う際には送気マスク等の着用を義務付けた昭和50年改正特化則の施行日の前日である昭和50年9月30日まで,これを行わなかったから,かかる一審被告国の規制権限不行使は,著しく不合理であり,国賠法1条1項の適用上違法というべきである。
なお,本件における被災者らの中には,昭和50年以降に石綿吹付作業に従事した者はいないから,昭和50年の特化則改正以降の規制の必要性,すなわち,石綿含有率5%以下の吹付材の吹付作業における送気マスク着用の義務付けの必要性については判断を要しない。
当事者の主張に対する検討
a
一審原告らの主張について
一審原告らは,石綿吹付作業について,原判決が認めた昭和47
年10年1日よりも早い時期,具体的には昭和40年の時点で,送気マスクの着用義務付けに係る一審被告国の規制権限不行使の違
法性を認めるべきであると主張する(一審原告らは,昭和47年及び昭和50年についても主張するが,これを検討する意味はない。。)
しかし,前記

(建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険

性に関する一審被告国の予見可能性)のイ

のとおり,石綿吹付作

業に従事する吹付工の関係で,一審被告国に予見可能性が認められる時期は昭和46年中であるから,昭和40年の時点で,送気マスクの着用義務付けに係る一審被告国の規制権限不行使の違法性を

認める余地はない。
一審原告らは,昭和50年改正特化則で,吹付作業の禁止対象と
なる吹付材につき,石綿含有率5%を超えるものとしたことに合理的根拠はなく,昭和50年から平成17年に石綿則で石綿吹付作業が全面的に禁止されるまでの間についても,送気マスクの着用義務付けに係る規制権限不行使の違法性を認めるべきであると主張す
る。
しかし,前記

のとおり,本件における被災者らの中には,昭和

50年以降に石綿吹付作業に従事した者はいないから,昭和50年の特化則改正以降の規制の必要性,すなわち,石綿含有率5%以下の吹付材の吹付作業における送気マスク着用の義務付けの必要性
については判断を要しない。
b
一審被告国の主張について
一審被告国は,原判決が石綿吹付作業に関する一審被告国の規制
権限不行使の違法性を認めた昭和49年の時点で,被害の実情が相当深刻であったことが判明していたという事情が認められないと
主張する。
しかし,前記

(建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険

性に関する一審被告国の予見可能性)のウ

aで説示したとおり,

一審被告国の上記主張は採用できない。
一審被告国は,規制権限を行使する立場の労働大臣が,新たに全
国一律の規制を設けるに当たっては,送気マスクの着用義務付けといった一つの規制を検討すれば足りるものではなく,広範かつ多様な事情を考慮しつつ,多角的に検討する必要があり,国民に対して法的拘束力を有する規制の内容やその当否を検討する上で相応の
時間も必要であると主張する。

労働大臣が新たな規制を定めるに際して,多角的な検討が必要で
あることはそのとおりであるが,本項で問題となっているのは,石綿吹付作業に従事する者が,不可逆的かつ致死的な疾患である石綿関連疾患に罹患する可能性があることを予見できる事情の下で,一審被告国が何をすべきであったかということである。これまで検討したように,一審被告国は,上記危険性を昭和46年の時点では予見可能であったと認められ,かつ,石綿吹付作業従事者が石綿粉じんに曝露することを防ぐためには,送気マスクの着用を義務付ける以外に適切な手段がなかったのであるから,上記時点以後において,一審被告国の裁量を論じる余地はないというべきである。一審被告国は,昭和50年に特化則を改正し,石綿含有量が重量比5%を超える製品の吹付作業を禁止し,例外的に重量比5%を超える製品の吹付作業をする場合には送気マスクの着用を義務付ける規制を設
けており,このような措置を講じたことをもって,適切に裁量権を行使したと主張するようであるが,本件の被災者らの中には昭和50年以後に吹付作業に従事した者は含まれておらず,昭和50年以後の石綿吹付作業についての規制の適否を論ずる意味はない。前記のとおり,昭和46年に石綿吹付作業に従事する者が石綿関連疾患に罹患することについて予見可能性が認められる以上,一審原告国の上記主張は失当というほかない。
一審被告国は,昭和50年の特化則改正により石綿吹付作業を原
則として禁止するなど,送気マスクの着用義務付けよりも強度な規制を行ったから,昭和47年時点で石綿吹付作業に従事する労働者に送気マスクの着用を義務付けなかったことは違法ではないと主
張する。
しかし,昭和50年の特化則改正により石綿吹付作業を原則とし

て禁止したからといって,昭和47年の時点で石綿吹付作業に従事する労働者に送気マスクの着用を義務付けなかったことが違法で
なくなるという関係にはない。したがって,一審被告国の上記主張は採用できない。

集じん機付き電動工具の使用義務付け
集じん機付き電動工具の概要
a
集じん機付き電動工具の意義
集じん機付き電動工具は,電動工具の駆動部分のカバーにダクトを設け,駆動部分,すなわち,切断等により粉じんが発生した箇所からダクトを通じて集じん機に粉じんを吸引し,吸引した粉じんをフィルタで捕捉した上で,浄化された空気を排出する装置をいい,電動工具と集じん機に相応するダストボックスの関係については,両者をホースで接続する形態のものとダストボックスを電動工具に直接取り付ける形態のものがあり得る(甲A240,244,438,454,甲A1276・5頁)


b
粉じん捕捉能力
一審被告ニチアスの富田雅行が平成2年6月に発表したアスベスト板の切断加工時の粉じん評価と題する論文(甲A241)によれば,実験室内で石綿含有建材(石綿含有率約10%のスレート板及び石綿含有率約12%のけいカル板)を電動丸のこで切断した際に発生する石綿粉じん濃度及び総粉じん濃度を集じん機の有無,防じんマットの有無の条件を違えて測定したところ,その結果は,原判決本冊別紙19集じん機,防じんマットの有無による粉じん濃度の違い
(た
だし,石綿粉じん濃度(本/㎤)欄及び集じん機排出口の石綿粉じん濃度(本/㎤)欄中の各石綿粉じん濃度をいずれも石綿濃度に改める。)のとおりであり(以下富田雅行の測定結果と

いう。,集じん機排出口における石綿濃度は,通常のフィルタ2枚に)
HEPAフィルタ(超高性能微粒子エアフィルタ)を併せて用いた場合0.004本/㎤以下であり,通常のフィルタを2枚使用した場合も,一部0.01本/㎤を若干超えるものがあるほか,概ね同水準には至らない。ただし,通常のフィルタを1枚使用したのみの場合は,1.015本/㎤と大きな値となる場合があり,集じん機としての性能を十分に満たしているとはいえない。したがって,集じん機に求められる粉じん捕捉能力は,通常のフィルタを2枚重ねるか,HEPAフィルタを併せて用いることで得られるということができる。
そして,
我が国においては,
昭和40年頃,いわゆるリーク
(漏れ)
のないHEPAフィルタの商品化が実現し,
国産化の基盤が形成され,
昭和45年以降,我が国の半導体産業の興隆とともに,HEPAフィルタは最盛期を迎えるに至り(甲A238)
,同年以降,HEPAフィ
ルタは実用可能であったということができ,通常のフィルタを2枚重ねて使用することは,
それ以前から可能であったということができる。
c
粉じん吸引能力
集じん機の粉じん吸引能力の大小を判断する上では,吸込み仕事率(風量×真空圧)が一つの基準となる(甲A1276・8頁)
。日本石
綿協会環境安全衛生委員会の名古屋俊士が平成11年に日立工機製電動丸のこC5YA及び同社製小型集じん機R30Yを用いて容積1㎥のチャンバー内で石綿含有スレート板切断時の粉じん濃度を測定する実験を行ったところ,集じん機を用いなかった場合と集じん機に紙製フィルタ及び防じんマスクのろ過材として使用されているミクロンフィルタを設置した場合の粉じん濃度は,後者は前者の約4000分の1となり,粉じん抑制率は,99.9%であった(甲C1の647。以下名古屋俊士の測定結果という。。したがって,R30Yの粉


じん吸引能力があれば,石綿切断等作業における石綿粉じんの吸入には十分であるところ,R30Yの粉じん吸引能力は,最大真空度5.39kPa,最大風量2.7㎥/分であり(甲A1276・7頁),原
判決本冊別紙19集じん機,防じんマットの有無による粉じん濃度の違いの実験で使用された各集じん機の粉じん吸引能力も,最大真空度は不明であるものの,最大風量は2.1ないし5.4㎥/分であった(甲A241)
。他方,昭和49年の日立工機の商品カタログに掲
載されている集じん装置付きグラインダにおける吸じん機の性能は,全圧として表されている最大真空度が140ないし250mmAq(水柱ミリメートルにして1.37ないし2.45kPaに相当),風
量が12.5ないし17㎥/分であった(甲A454)

したがって,昭和49年の集じん装置付きグラインダは,吸い込み仕事率において,R30Yとほぼ同等か,それよりも大きいほどであり,原判決本冊別紙19集じん機,防じんマットの有無による粉じん濃度の違いの実験で使用された集じん機の風量が2.
1ないし5.
4㎥/分であったことと比較しても,少なくとも風量については昭和49年の集じん装置付きグラインダが勝っていた。
義務付けの有効性及び必要性
a
富田雅行の測定結果(甲A241)によれば,石綿含有建材(石綿含有率約10%のスレート板及び石綿含有率約12%のけいカル板)を電動丸のこで切断した際に発生する石綿粉じん濃度及び総粉じん濃度を集じん機の有無,防じんマットの有無の条件を違えて測定したところ,その結果は,原判決本冊別紙19集じん機,防じんマットの有無による粉じん濃度の違いのとおりであり,集じん機付き電動工具を使用することにより,発生する石綿粉じん濃度が概ね5分の1から20分の1程度に減少した。

る事実)で補正して引用した原判決(原判決本冊160頁(表の部分を除く。7行目から166頁19行目まで。

昭和48年の英国労働省
報告書,昭和62年の一般家屋壁材施工時の発塵状況調査報告,昭和63年の久永測定,平成4年通達,平成9年マニュアル)のとおり,電動工具による石綿切断等作業による石綿粉じん濃度は100本/㎤を超えることもあり,この数値が2.5ないし5分という短期間の測定によるものであり,作業時間全体の平均値はより低い値であると考えられることを考慮しても,やはり高く危険な濃度と考えざるを得ない。しかし,集じん機付き電動工具を使用すれば,集じん機を装着しない場合に比して,石綿粉じん濃度を平均で10分の1程度に低減させることが可能となる。
そして,建設屋内での石綿切断等作業については,除じんないし防じん装置を用いた場合の石綿粉じん濃度は概ね2本/㎤を下回る測定結果であり,2本/㎤を上回る測定結果も,これが短時間の測定結果であることからすれば,作業者の作業時間全体の平均曝露濃度は2本/㎤を下回ると考えられる。このように,集じん機付き電動工具は,それ自体に,建築現場における石綿粉じん曝露防止対策として一定の効果が認められる。なお,建設屋内での石綿切断等作業における石綿粉じん濃度を昭和48年及び昭和51年の抑制濃度,昭和49年の許容濃度(5本/㎤又は2本/㎤)以下に抑えるためには,防じんマスクを併せて使用する必要がある。また,我が国における過剰発がん生涯リスクレベルが10-3となる石綿粉じんの評価値0.15本/㎤及び諸外国が定める許容濃度0.1本/㎤以下に抑えるには,粉じん捕集率95%以上の防じんマスクを併せて使用する必要がある。
そして,

さ等を理由に防じんマスクの着用を好まなかったところ,集じん機付き電動工具は,作業環境中の石綿粉じん濃度を下げ,防じんマスクの目詰まりを抑え,防じんマスクの着用を実効化させるという意味でも有効であった。
したがって,
建設屋内での石綿切断等作業については,
集じん機付き電動工具を防じんマスクと併用することで,建築作業従事者の石綿粉じん曝露を低減させ,
石綿関連疾患への罹患防止のため,
有効かつ十分な対策となり得るものであったというべきである。
他方,屋外での石綿切断等作業については,
現場における石綿粉じん曝露等に関する事実)で補正して引用した原判決(原判決本冊160頁(表の部分を除く。
)7行目から166頁1
9行目まで。昭和62年の一般家屋壁材施工時の発塵状況調査結果,昭和62年の海老原測定,平成9年マニュアル,平成9年のBKマニュアル)のとおり,平成13年に日本産業衛生学会により許容濃度に代わる過剰発がん生涯リスクレベルが10-3になる評価値として発表された0.15本/㎤(クリソタイルのみの石綿)や,諸外国が定める許容濃度0.1本/㎤を超える測定結果は,それまでに複数存在したが,集じん機付き電動工具を使用すれば,集じん機を装着しない場合に比して,石綿粉じん濃度を10分の1程度に低減させることが可能となり,短時間の作業の場合を除いて,概ね上記各基準値を下回る。したがって,屋外での石綿切断等作業については,集じん機付き電動工具は,それ自体で,建築作業従事者の石綿粉じん曝露を低減させ,石綿関連疾患への罹患防止のため,有効かつ十分な対策となり得るものであったというべきである。
b
建築作業従事者は,集じん機付き電動工具を用いると,切断等の作業効率が低下することや,ホースが作業性を妨げるなどの理由により集じん機の装着されていない電動工具を用いることが多く,集じん機
付き電動工具を自主的に使用する状況になかったこと
(甲A1051

25~26頁,1278・33~35頁,証人iの平成26年5月14日尋問24~26頁)に照らせば,一審被告国は,事業者に対し,建築作業従事者が電動工具を使用して石綿切断等作業を行う際には,その時点において建築現場で実用可能であった集じん機付き電動工具を使用させることを義務付ける規定を,罰則をもって定めることが必要であったというべきである。
規制権限不行使の不合理性
a
諸外国では,ドイツの工具メーカーであるFestool社が昭和40年に販売しているすべてのサンダーを集じん式のものとしたこと(甲A438)昭和47年の英国工場監督年報では,

サンダー及びド
リルに集じん機を設置し,石綿粉じんの発生を抑制することが推奨されていたこと(甲A1076)
,我が国でも,昭和49年に日立工機か
ら集じん装置付きグラインダが発売されたこと(甲A454)に照らせば,昭和49年の時点で,原判決本冊別紙19集じん機,防じんマットの有無による粉じん濃度の違いの実験に用いられた集じん機付き電動工具と同等の性能を有する集じん機付き電動工具を製作することが可能な技術的基盤が存在したということができ,
事業者に対し,
建築作業従事者に集じん機付き電動工具を使用させることを義務付けることは容易であったというべきである。

b
そして,前記

(建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性

に関する一審被告国の予見可能性)のイ

のとおり,一審被告国は,

昭和48年中には建築作業従事者が建設屋内での石綿切断等作業により石綿関連疾患を発症する危険性を予見可能であり,集じん機付き電動工具の使用が励行されていないことを認識できたはずであることに照らせば,予見可能性が認められる翌年の昭和49年1月1日には,
事業者に対し,建設屋内での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者に防じんマスクの着用とともにその時点において建築現場において実用可能な集じん機付き電動工具を使用することを義務付ける直接的かつ明確な規定を,罰則をもって定めるべきであった。
また,前記

(建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に

関する一審被告国の予見可能性)のイ

のとおり,一審被告国は,平

成13年中には建築作業従事者が屋外での石綿切断等作業により石綿関連疾患を発症する危険性を予見可能であり,集じん機付き電動工具の使用が励行されていないことを認識できたはずであることに照らせば,予見可能性が認められる平成13年の翌年の平成14年1月1日には,事業者に対し,屋外での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者に集じん機付き電動工具を使用することを義務付ける直接的かつ明確な規定を,罰則をもって定めるべきであった。
しかるに,一審被告国は,石綿含有率1%を超える石綿含有製品の製造を禁止した平成15年改正安衛令の施行日の前日である平成16年9月30日までの間,上記のような規制を行わなかったから,かかる一審被告国の規制権限不行使は著しく不合理であり,国賠法1条1項の適用上違法というべきである。
なお,一審被告国が,昭和48年には,建築作業従事者が,建設屋内での石綿切断等作業により石綿関連疾患に罹患する危険を認識し得たことはこれまで説明したとおりである。そして,一審被告国が建設屋内での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者に防じんマスクを着用させることを義務付ける規定を設ければ,一応,昭和49年に日本産業衛生学会が定めた許容濃度及び昭和51年通達で労働省労働基準局長が定めた抑制濃度である2本/㎤を超える石綿粉じんに曝露することを防ぐことができるとも考えられる。しかし,その当時の防じ
んマスクの着用状況に鑑みると,上記のような防じんマスクの着用を義務付けただけでは,それが罰則付きであったとしても,なお,その遵守が十分に期待できたとは考えにくく,このような措置に加えて,建設屋内で電動工具を使用して石綿切断等作業を行う際には,集じん機付き電動工具を使用させる必要があったことは,先に説示したとおりである。そして,このような措置は,石綿の閾値についての知見が確立しておらず,許容濃度等の低減化の可能性があり,現に平成13年には過剰発がんリスクレベルが10-3となる石綿粉じんの評価値を0.15本/㎤としており,このような状況への適応にも資するものであったということができる。
これらの事情からすると,一審被告国は,昭和49年において,防じんマスクの着用の義務付けに加えて,後記のとおり実用に不適であった重量が約200㎏前後もある集じん装置付きグラインダ等を除いて,その時点で実用可能であった電動丸のこ等の電動工具について,集じん機付きのものを使用することを義務付ける規定を,罰則をもって定めるべきであった。そして,このような義務付けが行われれば,昭和49年時点においては実用に問題があった電動工具も,上記評価値が定められた平成13年には実用が可能な改良が加えられ,他の集じん機付き電動工具もより使いやすい性能のものになっていた蓋然性は高い。
当事者の主張に対する検討
a
一審原告らの主張について
一審原告らは,建設屋内での石綿切断等作業については,原判決が認めた昭和49年1月1日よりも早い時期に,屋外での石綿切断等作業については,
原判決が認めた平成14年1月1日よりも早い時期に,
具体的には,上記各作業について,いずれも昭和22年,昭和35年
及び昭和47年の各時点で,それぞれ集じん機付き電動工具の使用義務付けに係る一審被告国の規制権限不行使の違法性を認めるべきであると主張する。
しかし,前記

(建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性

に関する一審被告国の予見可能性)のイ

及び

のとおり,建設屋内

での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者の関係で,一審被告国に予見可能性が認められる時期は昭和48年中であり,屋外での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者の関係で,一審被告国に予見可能性が認められる時期は平成13年中であるから,一審原告らの主張する上記各時点で,集じん機付き電動工具の使用義務付けに係る一審被告国の規制権限不行使の違法性を認める余地はない。
b
一審被告国の主張について
一審被告国は,富田雅行の測定結果(甲A241)及び名古屋俊
士の測定結果(甲C1の647)について,いずれも実験を行った際の切断の早さ,現場における空間の大きさや空気の流れ等が明らかでない上,実験回数も限られていたこと等から,集じん機付き電動工具一般の性能を明らかにするような実験結果とはいえないと
主張する。
確かに,上記各実験結果に係る実験回数が限られたものであるこ
とは否定できない。しかし,富田雅行の測定結果では,室内気積32.8㎥,換気量約200㎥/分,回転速度13,000rpm,ノコ歯直径100㎜とされ,名古屋俊士の測定結果でも,容積1㎥のチャンバー内で実験を実施したことやスレート板の切断時間や
切断本数等のデータが明らかにされていて,いずれも実験条件のデータは明確に示されている。
そして,富田雅行の測定結果について,使用された切断機は日立

製の集じん丸のこC-4YA1であるが,集じん機については,六工社製NILFISKGS801やNILFISKGS82
,アマノ製JV-15H等も使用されている。また,建築
現場における石綿粉じん濃度の多くが数本/L~数百本/Lとさ
れていること(甲A35・90頁)と比べると,富田雅行の測定結果の数値は高いものであるが,集じん機付き電動工具の性能,すなわち,集じん機付き電動工具を使用した場合と使用しない場合の石綿粉じん濃度の相違に関するデータとして有用なものであり,上記のとおり,実際に,集じん機付き電動工具を使用すれば,集じん機を装着しない場合に比して,石綿粉じん濃度を平均で10分の1程度に低減させることが可能と認められ,上記石綿粉じん濃度の数値の相違は,大きな意味を持つものとはいえない。
また,名古屋俊士の測定結果についても,容積1㎥のチャンバー
内で実験されたものであるが,集じん機付き電動工具の性能,すなわち,集じん機付き電動工具を使用した場合と使用しない場合の石綿粉じん濃度の相違に関するデータとして有用なものであり,実験された空間の広狭や気密性自体が大きな意味を持つものとはいえ
ない。
したがって,一審被告国の上記主張は採用できない。
一審被告国は,集じん機付き電動工具は,相当の重量があり,場
合によっては建築作業従事者に危険性を及ぼすことから,実用性に乏しいと主張し,その根拠として,我が国における電動工具市場において高いシェアを有する主要3社(株式会社マキタ,日立工機株式会社,リョービ株式会社)への照会に対する電動工具の仕様や販売実績等に関する回答結果(乙アA308~311)や,本件と同種の建設アスベスト訴訟における原告らの本人尋問供述(乙アA1
084・8頁~,乙アA1087・61頁~,乙アA1088・21頁~,39頁~,乙アA1089・16頁~,24頁~,乙アA1095・16頁~,乙アA1099・4頁~,乙アA1100・38頁~)等を挙げる。
確かに,昭和49年に日立工機が製造・販売していた集じん装置
付きグラインダの吸じん機部分は,重量が約200kg前後もあり(甲A454)
,日々刻々と作業場所や作業内容の変化する建築現
場において,必ずしも作業性の好ましいものとはいえない。したがって,昭和49年の時点で,日立工機製のグラインダのような電動工具を使用することを義務付けることは現実的ではないが,電動丸のこのように,当時においても建築作業において十分に実用に耐える集じん機付き電動工具が商品化されていたことが認められる(乙アA310)。そうであるにもかかわらず,一部の集じん機付き電動工具が実用に向かないことを理由に,実用化されているものも含めてすべての電動工具の不使用を一律に放置することは,建築現場において,当時の抑制濃度ないし許容濃度を超えることが明らかにされていた石綿粉じんに曝露する危険をその限度で放置するに等
しく,著しく不合理というべきである。そして,段階的にでも集じん機付き電動工具の使用を義務付けることは,集じん機付き電動工具全体の性能を改良し,実用性と安全性を向上させるインセンティブにつながり,建築現場での使用に支障のない集じん機付き電動工具の開発につながる蓋然性は高い。
また,確かに,建築作業従事者は,高所や狭い場所で,あるいは
足場の中を移動しながら作業を行うこともあることから,集じん機やそのホース,コードにつまずく等の危険がないとはいえない。しかし,これは建築現場における作業管理の問題というべきであって,
例えば,建材が建築現場に搬入された後,一定の作業スペースを確保した上で,まとめて建材の切断等作業を行うこと等により,上記危険を相当程度軽減できるはずであり,上記のような危険があるからといって,直ちに規制が困難であり,規制を行わなかったことに合理性があるということはできない。
一審被告国は,建築現場によっては,集じん機から空気が排出さ
れる際の気流による二次発じん等により作業環境の悪化を招くお
それもあると主張し,その根拠として,昭和62年の一般家屋壁材施工時の発塵状況調査結果において,測定結果の考察には,集じんボックス付き電動のこぎりを使用した場合,細かい石綿繊維が袋を突き抜けて作業者の呼吸面近くに粉じんを運搬してしまうために,従来の丸のこに比して石綿粉じん濃度が高くなると記載されてい
ること(乙アA206・5頁)を挙げる。
しかし,前記のとおり,集じん機付き電動工具とは,電動工具の
駆動部分のカバーにダクトを設け,駆動部分,すなわち,切断等により粉じんの発生する部分からダクトを通じて,集じん装置部分に向けて粉じんを吸引し,吸引した粉じんを捕捉して浄化された空気を排出する装置であり,集じんボックス付き電動のこぎりとはその構造,効果において異なり,上記測定結果の考察でも,吸引型集じん機に発じん防止用マットを用いた場合には,石綿及び総粉じん曝露濃度は,極めて低い濃度に抑制することが可能であると指摘されているから(乙アA206・5頁)
,昭和62年の一般家屋壁材施工
時の発塵状況調査結果は,一審被告国の上記主張を裏付けるものではない。また,集じん機からの排気による気流が二次発じんを生じさせる危険についても,集じん機付き電動工具の使用により,二次発じんの際の石綿粉じん濃度がそもそも低減される上,防じんマス
クと併用することで二次発じんによる石綿粉じん曝露を防止でき
る。したがって,一審被告国の上記主張は採用できない。
一審被告国は,建設屋内での石綿切断等作業について,①建築中の建物の周囲にネットやシートが設置されても,建設屋内の石綿粉じん滞留状態が石綿工場の石綿粉じん滞留状態と同様になるもの
ではなく,石綿粉じん曝露による被害の実情が相当深刻であったことが判明していたとの事情は認められないこと,②日本産業衛生学会が平成13年に示した過剰発がん生涯リスクレベル10-3の石綿粉じんの評価値0.15本/㎤を昭和49年の時点で防じんマスクの着用義務付けとともに集じん機付き電動工具の使用義務付け
を認める根拠としたことが不当であることを主張する。
しかし,①については,先に説示したとおり,建設屋内の粉じん滞留状態が石綿工場のそれと全く同じといえないとしても,建築中の建物の周囲にネットやシートが設置されると,その内側は建設屋内に準じた粉じん滞留状態となり,建築作業従事者が建設屋内での石綿切断等作業において石綿粉じん曝露により石綿関連疾患に罹
患する危険に晒されており,石綿粉じん曝露による被害の実情が相当深刻であったことが判明していた。
また,②については,昭和49年から昭和51年当時の抑制濃度ないし許容濃度であったクリソタイル2本/㎤(クロシドライトの場合は0.2本/㎤)を基準にしても,防じんマスクの着用と集じん機付き電動工具の使用の併用が必要であることはこれまで述べ
たとおりである。
一審被告国は,屋外での石綿切断等作業について,①平成14年当時,一審被告国には建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する予見可能性はなかったこと,②平成14年までに,一
審被告国は,屋外での石綿切断等作業についても,建築作業従事者の石綿粉じん曝露を防止するための種々の規制を講じてきたこと
を主張する。
しかし,①については,前記

(建築作業従事者が石綿関連疾患

を発症する危険性に関する一審被告国の予見可能性)のイ

で説示

したとおり,一審被告国の上記主張は採用できない。
また,
ん曝露防止対策の有効性)で説示したとおり,一審被告国の上記主張は採用できない。

建材メーカーに対する警告表示の義務付け
義務付けの有効性及び必要性
a
法律に基づく規制の概要及び趣旨
昭和47年制定の安衛法57条では,労働者に健康障害を生ずるおそれのあるもので政令で定めるものを譲渡し,又は提供する者は,労働省令で定めるところにより,その容器に,名称,成分及びその含有量,労働省令で定める物にあっては,人体に及ぼす作用,貯蔵又は取扱い上の注意のほか,労働省令で定める事項を表示しなければならないと規定されたが,当初は石綿含有製品が同条の適用対象とされず,昭和50年改正安衛令及び昭和50年改正安衛則により,石綿含有量率が5%を超える石綿含有製品が適用対象とされた。
建材メーカーに対する警告表示の義務付けは,労働者に対し,石綿粉じん曝露が石綿関連疾患等の生命への危険を伴う重篤な健康障害を生じさせること及びその防止策を予め知らせることにより,石綿粉じん曝露防止対策の実効性を確保する意義がある。
しかし,前記

(一審被告国が講じてきた石綿粉じん曝露防止対策

の有効性)で補正して引用した原判決(原判決本冊189頁13行目
から199頁5行目まで)並びに前記ア(防じんマスクの着用義務付け)及び上記ウ(集じん機付き電動工具の使用義務付け)のとおり,建築作業従事者による防じんマスクの着用や集じん機付き電動工具の使用は確保されていなかったところ,
その一因は,
建築作業従事者が,
石綿粉じん曝露により石綿関連疾患に罹患する具体的な危険性や,これを防止するために防じんマスク及び集じん機付き電動工具の併用が必要であることについて,具体的認識を欠いていたことにあったというべきである。
したがって,安衛法57条が定める警告表示では,石綿粉じん曝露防止に係る規制を実効化するには十分とはいえず,石綿粉じん曝露が生命への危険を伴う重篤な健康障害を引き起こすことを認識することができる程度の具体的な危険性を表示するとともに,石綿を使用する労働者において,その健康障害を防止することができる適切かつ明確な対策を表示する必要があったというべきである。
b
追加的規制の具体的内容
表示内容
昭和50年表示通達(乙アB172)は,石綿及び石綿を含有す
る製剤その他の物の安衛法57条に基づく表示の具体的記載方法
については,名称,成分,含有量,表示者の氏名又は名称及び住所のほか,
注意事項として,
多量に粉じんを吸入すると健康をそこなうおそれがありますから,下記の注意事項を守ってください。1粉じんが発散する屋内の取扱い作業場所には,局所排気装置を設けて下さい。2取扱い中は,必要に応じ防じんマスクを着用して下さい。3取扱い後は,うがい及び手洗いを励行して下さい。4作業衣等に付着した場合は,よく落として下さい。5一定の場所を定めて貯蔵して下さい。
と記載すべきこととしているが,この多量に粉じんを吸入すると健康をそこなうおそれがありますとの文言は抽象的であり,このような表示では,建築作業従事者は,粉じんの吸入は身体によくないといった一般的な認識を持つにとどまり,石綿には発がん性があり,特に少量の石綿粉じん曝露でも中皮腫等の生命への危険を有する重篤な健康障害を発生させる危険性があることを具体的に認識
することは困難である。

の有効性)で補正して引用した原判決(原判決本冊183頁2行目から186頁2行目まで)並びに前記アないしウ(防じんマスクの着用義務付け,送気マスクの着用義務付け及び集じん機付き電動工具の使用義務付け)のとおり,建築現場においては,局所排気装置の設置が石綿粉じん曝露防止対策として有効なものではなく,石綿吹付作業では送気マスクの着用,石綿切断等作業では防じんマスクの着用及び集じん機付き電動工具の使用が数少ない有効な石綿粉
じん曝露防止対策であるにもかかわらず,昭和50年表示通達が定める取扱い上の注意には,

1粉じんが発散する屋内の取扱い作業場所には,局所排気装置を設けて下さい。2取扱中は,必要に応じ防じんマスクを着用して下さい。

との記載があるのみであり,建築作業に即した適切な石綿粉じん曝露防止対策は示されておら
ず,建築作業従事者に対して上記の適切な石綿粉じん曝露防止対策を明確に認識させることは困難である。
したがって,一審被告国は,昭和50年以降に現実に存在した規
制に加えて,建材メーカーに対し,石綿含有建材に,警告表示とし
て,石綿により引き起こされる石綿関連疾患の具体的な内容及び症状等並びに石綿粉じん作業に従事する際には,送気マスク(石綿吹付作業者)又は防じんマスク(石綿切断等作業者)を必ず着用し,石綿切断等作業に電動工具を使用する場合には,集じん機付き電動工具を使用する必要がある旨の表示を義務付ける規定を,罰則をもって定める必要があった。
規制対象
昭和50年改正安衛令及び昭和50年改正安衛則により,石綿含
有率5%を超える製品は,安衛法57条に基づく表示を行うべき対象とされたものの,石綿含有量5%以下の製品は,規制の対象外とされた。
しかし,
策の有効性)で補正して引用した原判決(原判決本冊187頁12行目から189頁12行目まで)のとおり,昭和51年通達に添付された石綿関連資料によれば,石綿含有率50%の吹付材の吹
付作業中の石綿粉じん濃度は,乾式吹付で310.70~344.52本/cm3,湿式吹付で99.83~142.56本/cm3であり,これによれば,石綿含有量率5%の製品の吹付作業中の石綿粉じん濃度は,
乾式吹付で31.
07~34.
45本/cm3,
湿式吹付で9.
98~14.25本/cm3となり,これは我が国において過剰発がん生涯リスクレベルが10-3になる評価値0.15本/cm3や諸外国が定める許容濃度0.1本/cm3を超えることはもとより,昭和49年から昭和51年当時の抑制濃度ないし許容濃度の指針であった
クリソタイル2本/㎤(クロシドライトの場合は0.2本/㎤)を大きく超えるものであり,石綿関連疾患を発症する危険性を有する石綿粉じん濃度であったこと,また,石綿含有吹付材には,吹付ロ
ックウールのほか,吹付バーミキュライト及び吹付パーライトもあり,吹付バーミキュライトは昭和63年まで,吹付けパーライトは平成7年あるいは平成9年頃までそれぞれ製造・使用されており,個別企業をみても,複数の建材メーカーが昭和55年以降も石綿含有率5%以下の吹付材の製造・販売を継続し,昭和50年以降も石綿含有吹付材が減ることなく,むしろ増加傾向で推移していること等に照らせば,一審被告国は,石綿含有率5%以下の製品についても,上記警告表示義務の対象とすべきであった。
規制権限不行使の不合理性
a
上記のような警告表示の義務付けは,建材メーカーの負担もごくわずかであり,容易に実現可能である。
現に,昭和50年表示通達では,石綿以外の物質については,アクリルアミドについて,
皮膚に付着したり,吸入したり,または飲み込んだりすると,吸収されて神経障害または皮膚障害を起こすことがあります,塩化ビニルについて,
急激に高濃度の蒸気を吸入すると麻酔症状が現れ,また,長期にわたって吸入すると重度の健康障害を起こすおそれがあります,クロロメチルメチルエーテルについて,
皮膚に付着すると火傷を起こし,蒸気を多量に吸入すると呼吸器官に重い障害をおこすおそれがあります,五酸化バナジウムについて,
吸入すると,せき等呼吸器の異常または中毒を起こすおそれがあり,また,目に入ると,炎症を起こすおそれがあります,コールタール(ピ
ッチ)について,
皮膚に付着すると火傷を起こしたり,長期にわたり蒸気(又は粉じん)を吸入すると,重い健康障害を起こすおそれがあります,トリレンジイソシアネートについて,
皮膚に付着したり,蒸気を吸入した場合,中毒または皮膚障害を起こすおそれがあります,
ペータープロピオラクトンについて皮膚に付着すると炎症を起こしたり,または蒸気を吸入すると粘膜傷害のおそれがありますなどと,
詳細かつ具体的な危険性の明示が求められており(乙アB172),本
件全証拠によっても,石綿について,これらと同様の警告表示義務を定めることが困難であったという事情は認められない。
b
に関する一審被告国の予見可能性)のイのとおり,一審被告国は,昭和46年中には,石綿吹付作業に従事する吹付工が石綿関連疾患を発症する危険性を,昭和48年中には,建設屋内での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性を,平成13年中には,屋外での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性をそれぞれ予見可能であり,上記のような警告表示の義務付けを必要とする事情についても認識できたはずである。
そうすると,一審被告国は,建材メーカーに対し,石綿含有吹付材については,予見可能性が認められる昭和46年の翌年で,安衛法施行日である昭和47年10月1日に,建設屋内での石綿切断等作業に使用される石綿含有建材については,予見可能性が認められる昭和48年の翌年の昭和49年1月1日に,屋外での石綿切断等作業に使用される石綿含有建材については,予見可能性が認められる平成13年の翌年の平成14年1月1日に,それぞれ当該製品の石綿含有量にかかわらず,石綿により引き起こされる石綿関連疾患の具体的な内容及び症状等を表示するとともに,石綿含有吹付材については,石綿吹付作業に従事する際には送気マスクを着用すること,その他の石綿含有建材については,石綿切断等作業に従事する際には防じんマスクを着用の上,電動工具を使用する場合には集じん機付き電動工具を使用する必要があることを表示するよう義務付ける直接的かつ明確な規定を,
罰則をもって定めるべきであった。
しかるに,一審被告国は,石綿含有率1%を超える石綿含有製品の製造を禁止した平成15年改正安衛令の施行日の前日である平成16年9月30日までの間,上記のような規制を行わなかったから,かかる一審被告国の規制権限不行使は著しく不合理であり,国賠法1条1項の適用上違法というべきである。
一審被告国の主張に対する検討
a
一審被告国は,建材メーカーに対する警告表示の義務付けと建築作業従事者の石綿関連疾患への罹患防止との因果関係が不明であると主張する。
しかし,前記

(一審被告国が講じてきた石綿粉じん曝露防止対策

の有効性)で補正して引用した原判決(原判決本冊189頁13行目から199頁5行目)のとおり,防じんマスク着用等の石綿粉じん曝露防止対策が実効性を欠いた一因は,建築作業従事者の石綿粉じん曝露の危険性に関する認識が不足していたことにあったところ,適切な警告表示の義務付けによって,建材メーカーの警告表示が履践されることにより,石綿粉じん曝露防止対策の実効性が確保されれば,建築作業従事者の石綿関連疾患への罹患を防止できたというべきであるから,一審被告国の上記主張は採用できない。
b
一審被告国は,昭和50年の改正安衛則が石綿含有率5%以下の石綿含有製品について警告表示を義務付けなかったことは不合理ではないと主張し,その根拠として,①その当時の石綿含有建材のほとんどが石綿含有率5%を超えるものであったから,これを規制対象とすれば,実質的にほぼすべての石綿含有建材が規制対象となったこと,②その当時の測定技術では,石綿含有建材の石綿含有率が5%以下の場合には,石綿含有率を正確に測定できなかったことを挙げる。

しかし,重量比で5%を超える石綿を含有する吹付材の使用が原則的に禁止された以後も,この比率に達しない石綿を含有する吹付材の使用が継続し,
むしろ増加傾向にあったことは先にみたとおりであり,
吹付材以外の建材では,
このような規制はされなかったが,
石綿を5%
以下の比率でしか含まない建材も多数使用されていたことは想像に難くなく,このような建材に含まれる石綿が発じんした際の発がん性も否定できないのであるから,これを警告表示の義務付けの対象から除外する合理的理由はないというべきであり,一審被告国の上記主張は採用できない。
また,②については,一審被告国は,その根拠として,平成7年当時には,
石綿含有物の石綿含有量を測定する技術
(定量分析)
として,
X線回折装置を使用するX線回折法と酸処理を行った試料を計量
する湿式分析法があったが(乙アA1070・46頁),湿式分析法が提案されたのは平成4年のことであり,昭和50年当時には,石綿含有物の石綿含有量を測定する技術はX線回折法のみであったところ(乙アB51),X線回折法では,石綿含有率が9.1%や数%以上の石綿含有物でなければ,石綿含有率を測定することは困難であったこと
(乙アA1071・150頁,
乙アA1076・59~60頁)
を指摘する。しかし,事業者にとって,石綿含有率5%以下の石綿含有建材の石綿含有率を正確に測定することが困難であるとしても,石綿含有建材を製造する建材メーカーは,自ら原材料である石綿と他の材料を配合・調整して石綿含有建材を製造するのであるから,当該石綿含有建材の石綿含有率が5%を超えるか,5%以下であるかを当然に把握しているはずであり,
他方,
規制者である一審被告国としても,
石綿含有建材の製造工程から,当該建材の石綿含有率を特定し,警告表示義務違反の有無を確認することができ,取締りに困難を生じるこ
ともないはずである。したがって,一審被告国の上記主張は採用できない。

事業者に対する警告表示の義務付け
義務付けの有効性及び必要性
前記

(一審被告国が講じてきた石綿粉じん曝露防止対策の有効性)

で補正して引用した原判決(原判決本冊200頁4行目から201頁10行目まで)のとおり,昭和50年改正特化則により,事業者は,石綿含有率が5%を超える製品を製造し,又は取り扱う作業場には,石綿等についての①名称,②人体に及ぼす作用,③取扱い上の注意事項,④使用すべき保護具を,作業に従事する労働者が見やすい箇所に掲示しなければならないとされ,①ないし③の掲示事項については,昭和50年表示通達(乙アB172)と同一内容として差し支えないとされ,④の掲示事項については,特別管理物質の取扱いの実態に応じ,保護具の名称を具体的に掲示するよう指導することとされた(甲A34・111頁)。
しかし,上記エ(建材メーカーに対する警告表示の義務付け)で説示したとおり,昭和50年表示通達で定められた警告表示の内容は,建築作業従事者が石綿粉じんの危険性及び対策の必要性を理解するために十分なものではなかった。
したがって,一審被告国は,昭和50年以降に現実に存在した規制に加えて,事業者に対し,建築現場における警告表示(掲示)として,石綿により引き起こされる石綿関連疾患の具体的な内容及び症状等並びに石綿粉じん作業に従事する際には,送気マスク(石綿吹付作業者)又は防じんマスク(石綿切断等作業者)を必ず着用し,石綿切断等作業に電動工具を使用する場合には,集じん機付き電動工具を使用する必要がある旨の表示を義務付ける規定を,罰則をもって定める必要があったというべきである。

規制権限不行使の不合理性
a
上記のような警告表示の義務付けは,事業者の負担もごくわずかであり,容易に実現可能である。

b
に関する一審被告国の予見可能性)のイのとおり,一審被告国は,昭和46年中には,石綿吹付作業に従事する吹付工が石綿関連疾患を発症する危険性を,昭和48年中には,建設屋内での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性を,平成13年中には,屋外での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性をそれぞれ予見可能であり,上記のような警告表示の義務付けを必要とする事情についても認識できたはずである。
そうすると,一審被告国は,事業者に対し,石綿吹付作業を行う建築現場においては,予見可能性が認められる昭和46年の翌年で,安衛法の施行日である昭和47年10月1日に,建設屋内での石綿切断等作業を行う建築現場においては,予見可能性が認められる昭和48年の翌年の昭和49年1月1日に,屋外での石綿切断等作業を行う建築現場においては,予見可能性が認められる平成13年の翌年の平成14年1月1日に,それぞれ当該製品の石綿含有量にかかわらず,石綿により引き起こされる石綿関連疾患の具体的な内容及び症状等を建築現場に表示(掲示)するとともに,石綿吹付作業を行う建築現場においては,
石綿吹付作業に従事する際には送気マスクを着用すること,
石綿切断等作業を行う建築現場においては,石綿切断等作業に従事する際には防じんマスクを着用の上,電動工具を使用する場合には集じん機付き電動工具を使用する必要があることを表示するよう義務付ける直接的かつ明確な規定を,罰則をもって定めるべきであった。

しかるに,一審被告国は,石綿含有率1%を超える石綿含有製品の製造を禁止した平成15年改正安衛令の施行日の前日である平成16年9月30日までの間,上記のような規制を行わなかったから,かかる一審被告国の規制権限不行使は著しく不合理であり,国賠法1条1項の適用上違法というべきである。
当事者の主張に対する検討
a
一審原告らの主張について
一審原告らは,原判決が事業者に対する警告表示義務違反を認めた上記各時期よりも早い時期に,具体的には,昭和22年,昭和30年及び昭和50年の各時点で,それぞれ事業者に対する警告表示の義務付けに係る一審被告国の規制権限不行使の違法性を認めるべきであると主張する。
しかし,前記

(建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性

に関する一審被告国の予見可能性)のイで説示したとおり,石綿吹付作業に従事する吹付工の関係で,一審被告国に予見可能性が認められる時期は昭和46年中であり,建設屋内での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者の関係で,一審被告国に予見可能性が認められる時期は昭和48年中であり,屋外での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者の関係で,一審被告国に予見可能性が認められる時期は平成13年中である。
したがって,
昭和22年及び昭和30年の各時点で,
事業者に対する警告表示の義務付けに係る一審被告国の規制権限不行使の違法性を認める余地はない。
また,
昭和50年の時点については,
石綿吹付作業及び建設屋内での石綿切断等作業を行う建築現場における警告表示の義務付けについて検討する意味はなく,屋外での石綿切断等作業を行う建築現場における警告表示については,一審被告国の予見可能性との関係で,事業者に対する警告表示の義務付けに係る一
審被告国の規制権限不行使の違法性を認める余地はない。
b
一審被告国の主張について
一審被告国は,事業者に対する警告表示の義務付けと建築作業従
事者の石綿関連疾患への罹患防止との因果関係が不明である,昭和50年の改正安衛則が石綿含有率5%以下の石綿含有製品につい
て警告表示を義務付けなかったことは不合理ではないと主張する。しかし,
建材メーカーに対する警告表示の義務付けの場合と同様,
一審被告国の上記各主張は採用できない。
一審被告国は,警告表示は,それ自体が労働者の石綿粉じん曝露
や石綿関連疾患罹患を防ぐものではなく,防じんマスクや集じん機付き電動工具の使用等の各種石綿粉じん曝露防止対策をとる必要
があることを労働者に認識させる契機を与える間接的な役割を持
つにすぎないから,直接的な石綿粉じん曝露防止対策である防じんマスクの着用や集じん機付き電動工具の使用義務付け等の規制と
は別個に,警告表示の義務付けに係る規制権限不行使が独立した違法事由となるものではないと主張する。
しかし,建築現場において石綿含有建材を適切に管理使用するた
めには,実際に石綿含有建材を取り扱う建築現場において,建築作業従事者に対し,石綿含有建材やそれから発生する石綿粉じんの危険性等を周知することが必要不可欠であり,警告表示は,粉じん曝露防止対策の実効性を確保するために有効かつ必要な措置である
から,警告表示が防じんマスクの着用や集じん機付き電動工具の使用等の各種石綿粉じん曝露防止対策をとる必要があることを労働
者に認識させる契機にすぎないとしても,警告表示の義務付けに係る規制権限不行使は独立した違法事由となるというべきである。したがって,一審被告国の上記主張は採用できない。

一審被告国は,上記

のとおり,警告表示は,それ自体が労働者

の石綿粉じん曝露,石綿関連疾患罹患を防ぐものではなく,防じんマスクや集じん機付き電動工具の使用等の各種石綿粉じん曝露防
止対策をとる必要があることを労働者に認識させる契機にすぎな
いから,警告表示の内容としても,防じんマスクの着用等の石綿粉じん曝露防止対策を実行する必要性があることがわかれば十分で
あり,それ以上に石綿により引き起こされる石綿関連疾患の具体的な内容や症状等の記載や,防じんマスクの着用等の必要がある旨の記載等まで事業者に義務付ける必要はないと主張する。
しかし,防じんマスクが作業効率を落とすものである以上,石綿
粉じん曝露により肺がんや中皮腫等の重篤な疾患が生じること等,石綿関連疾患の具体的な内容や症状,必ず防じんマスクを着用する必要がある旨を警告しなければ,建築作業従事者に防じんマスクの着用を促す警告表示の意味がない。また,法律で規定しきれない詳細な事項まで規定するのが省令であり,それが行政庁に規制権限が与えられている趣旨であるところ,前記エ(建材メーカーに対する警告表示の義務付け)で説示したとおり,現に,昭和50年表示通達では,石綿以外の対象物質に関しては,人体に及ぼす作用及び取扱い上の注意が詳細かつ具体的に記載されているから,石綿についてそのような記載をしなかった一審被告国の不作為は,明らかに著しく合理性を欠くというべきである。
他方で,一審被告国は,実際の建築現場では,昭和50年の改正
特化則に定められた事項よりも詳細な記載の掲示板が市販されて
いたと主張し,その根拠として,ユニット株式会社が製造・販売していた掲示板(乙アA148,149)を挙げる。
しかし,ユニット株式会社が当該掲示板の製造・販売を開始した

のは,平成17年に石綿則が制定された後であり,それ以前に個別に当該掲示板の発注があったことは確認できない
(甲A398)し

たがって,一審被告国の上記主張は採用できない。
一審被告国は,以上のほか,①原判決が認めた事業者に対する警告表示の義務付けに係る規制権限不行使の違法性を認めた前記各
時点において,被害の実情が相当深刻であったことが判明していたという事情が認められないこと,②建築作業従事者の石綿粉じん曝露防止対策として種々の規制を行ってきたことを主張する。
しかし,前記

(建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険

性に関する一審被告国の予見可能性)のウ

a及び前記

(一審被

告国が講じてきた石綿粉じん曝露防止対策の有効性)で説示したとおり,一審被告国の上記各主張はいずれも採用できない。

粉じん濃度測定の義務付け
当裁判所も,原審と同様,粉じん濃度測定の義務付けに係る一審被告国の規制権限不行使の違法性は認められないと判断する。その理由は,次の

のとおり補正し,後記

のとおり,一審原告らの主張に対する検

討を加えるほか,原判決の事実及び理由の第3章断欄の第1節被告国の責任の第1く規制権限の不行使の違法性の5
当裁判所の判

旧労基法,安衛法に基づ

(原判決本冊223頁19行

目から224頁23行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。
原判決の補正
原判決本冊223頁末行の「場の測定では,
」の次に個々のを,
224頁7行目の実効性に乏しいを実効性に乏しい上,測定される粉じん濃度は作業の内容や作業者によって異なり得るので,作業者全体に対する粉じん曝露対策に反映させることが困難であるをそれぞれ
加える。
一審原告らの主張に対する検討
一審原告らは,作業環境管理は,労働衛生管理(作業環境管理,作業管理及び健康管理の3管理)のうちで最も重要なものであり,建築現場では,諸対策を複合的に組み合わせて,石綿粉じん濃度を下げる必要があるから,諸対策が功を奏しているかどうかを検証するためには粉じん濃度の測定が不可欠であり,粉じん濃度測定は,管理使用の限界を画するという意味においても重要であると主張する。
確かに,前記

(一審被告国が講じてきた石綿粉じん曝露防止対策の

有効性)で補正して引用した原判決(原判決本冊177頁9行目から179頁16行目まで)のとおり,労働者の作業環境中に存在する有害物に起因する職業性疾病を予防するためには,当該有害物への曝露をなくすかその量を少なくすることが必要であり,その対策としての労働衛生管理の実施が重要である。しかし,定期的粉じん濃度測定は,作業環境管理に係る規制の一つとして位置付けられるが,これは他の作業環境管理に係る規制を適切に行うための情報収集手段であるから,それ自体の石綿粉じん曝露防止対策としての有効性を独自に判断することはできない。また,上記補正・引用に係る原判決が説示するとおり,建築現場における石綿粉じん濃度の一般的な把握という程度では有益であるが,特定の建築作業従事者の石綿粉じん曝露防止に資するものとはいえない。したがって,一審原告らの上記主張は採用できない。

石綿吹付作業の禁止
当裁判所も,原審と同様,石綿吹付作業の禁止に係る一審被告国の規制権限不行使の違法性は認められないと判断する。その理由は,次ののとおり補正し,後記

のとおり,一審原告らの主張に対する検討を加

えるほか,原判決の事実及び理由の第3章当裁判所の判断欄

の第1節被告国の責任の第1権限の不行使の違法性の5

旧労基法,安衛法に基づく規制

(原判決本冊224頁24行目から

227頁9行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。原判決の補正
原判決本冊225頁2行目の石綿吹付作業従事者の次にの直接の次に石綿吹付作業従事者以外の建築作業従事者のをそれぞれ加え,8行目の昭和50年にを昭和50年改正特化則でに改め,9行目の平成7年から10行目の禁止されるまで,までを削り,226頁5行目から末行までを以下のとおり改める。
ⅱ昭和46年から昭和50年まで前記のイのとおり,昭和46年には,石綿含有量が重量比50%の製品の吹付作業時に発生する石綿粉じん濃度が,乾式吹付で310.70~344.52本/㎤,湿式吹付で99.83~142.56本/㎤であることが判明しており,吹付作業現場に養生が施されたことを考慮しても,吹付作業現場ではないが,同一の建物の建築現場で働く建築作業従事者においても,相当量の石綿粉じんに間接的に曝露した蓋然性は高かった。したがって,この間,吹付材の石綿含有量の規制,防じんマスクの着用義務付けについて必要な規制がないまま放置されたことが,著しく合理性を欠くことはこれまで述べたとおりである。しかし,上記ⅰで述べたとおり,昭和50年特化則でされた重量比で5%を超える石綿含有吹付材の使用禁止と防じんマスクの着用に関する規制を行えば,一応,昭和48年に一審被告国が抑制濃度として指導した5本/㎤及び昭和49年に日本産業衛生学会が許容濃度として定めた2本/㎤を上回る間接曝露を抑えることはできたのであるから,それを超えて,石綿吹付作業を禁止しなかったことが著しく不合理であったとまではいえない。一審原告らの主張に対する検討
a
一審原告らは,昭和50年改正特化則は,吹付作業従事者のみならず,吹付作業の周辺作業従事者や建築現場周辺住民の間接曝露による健康被害の発生を未然に防止することも目的としたものと解すべきであるから,吹付作業の禁止を認めるべきであると主張する。
しかし,建築現場周辺住民の間接曝露があり得るかどうかはさておき,上記補正・引用に係る原判決のとおり,吹付作業とそれ以外の作業が同時並行的に行われることがあり,吹付作業者以外の建築作業従事者が吹付作業から発生した石綿粉じんに間接曝露することがあり得ることは当然考慮しなければならないが,昭和50年改正特化則により吹付材の石綿含有量が5%までに規制されたことから,防じんマスクを着用すれば,周辺作業者との関係でも石綿粉じん曝露を当時の抑制濃度基準である2本/㎤以下に抑えることができたから,石綿吹付作業の禁止という規制をしなかったことが違法とまではいえない。一審被告国において,石綿吹付作業の危険性を認識し得た昭和46年以降についていえば,昭和50年特化則による規制が遅きに失した(その意味で違法)とはいえるが,昭和50年特化則による規制により,周辺作業従事者の石綿粉じん曝露を,当時の抑制濃度にまで抑えることができた以上,石綿吹付作業の禁止の措置をとらなかったことを著しく不合理であるとまではいえず,
これを違法ということはできない。
したがって,一審原告らの上記主張は採用できない。

b
一審原告らは,昭和50年改正特化則が石綿含有率5%以下の石綿吹付作業を禁止対象から除外し,吹付作業従事者に送気マスクを着用させることを条件として建築物等への石綿吹付作業を禁止対象から除
外したことに合理性はないと主張する。
しかし,石綿吹付作業従者との関係では,送気マスクの着用によって,また,周辺作業従事者との関係では,吹付材に含有する石綿量の低減,防じんマスクの着用義務付けによって,石綿粉じん濃度を,当時の抑制濃度ないし許容濃度以下に抑えることは可能であったのであるから,昭和50年特化則で,石綿含有量5%以下の石綿吹付作業の禁止対象から除外したことが著しく不合理であるとまではいえない。ク
一審原告らの主張するその他の規制
当裁判所も,原審と同様,一審原告らの主張するその他の規制(電動ファン付きマスクの着用義務付け,特別教育実施の義務付け,局所排気装置設置の義務付け,作業場所の隔離及び排気装置に関する規制,プレカット工法の義務付け,吹付石綿の剥離除去作業に関する規制,事業者の警告表示に係る監督,建材メーカーの警告表示に係る監督,吹付石綿施工建物の所有者に対する通知の義務付け)に係る一審被告国の規制権限等不行使の違法性は認められないと判断する。その理由は,次のとおり補正するほか,原判決の事実及び理由の第3章の判断欄の第1節被告国の責任の第1基づく規制権限の不行使の違法性の5

当裁判所

旧労基法,安衛法に
(原判決本冊2

27頁10行目から232頁6行目まで)に記載のとおりであるから,これを引用する。
原判決の補正
原判決本冊227頁12行目及び22行目の各工場監督年報をい
ずれも工場監督(・産業衛生)年報に改め,229頁18行目の使用によって,の次に建設屋内での石綿切断等作業における
を加える。

石綿の使用を前提とした一審被告国による規制権限等不行使の違法性のまとめ

以上の検討に基づき,石綿の使用を前提とした一審被告国による規制権限不行使の違法性についてまとめると,以下のとおりとなる。
a
石綿吹付作業
違法期間
昭和47年10月1日(予見可能性が認められる昭和46年の翌
年で,安衛法の施行日)から昭和50年9月30日(昭和50年改正特化則の施行日の前日)まで
規制権限の根拠法令
安衛法22条(事業者が健康障害を防止するために必要な措置を
講じる義務),23条(事業者が労働者を就労させる建設物その他の作業場について,労働者の健康,風紀及び生命の保持のため必要な措置を講じる義務),27条1項(22条及び23条の規定により事業者が講ずべき措置の労働省令への委任)及び57条(警告表示及び労働省令への委任)
違法となる規制権限不行使
①石綿吹付作業者に対する送気マスクの着用義務付け,②建材メーカーに対する警告表示の義務付け及び③事業者に対する警告表示(掲示)の義務付け
なお,石綿吹付作業による間接曝露(周辺作業者や後続作業者)
の関係については,集じん機付き電動工具の使用義務付けを除いて次項bと同様である。

b
建設屋内での石綿切断等作業
違法期間
昭和49年1月1日(予見可能性が認められる昭和48年の翌年)から平成16年9月30日(平成15年改正安衛令の施行日の前日)まで

規制権限の根拠法令
安衛法22条,23条,27条1項及び57条
違法となる規制権限不行使
①防じんマスクの着用義務付け及び集じん機付き電動工具の使用義務付け,②建材メーカーに対する警告表示の義務付け及び③事業者に対する警告表示(掲示)の義務付け
c
屋外での石綿切断等作業
違法期間
平成14年1月1日(予見可能性が認められる平成13年の翌年)から平成16年9月30日(平成15年改正安衛令の施行日の前日)まで
規制権限の根拠法令
安衛法22条,23条,27条1項及び57条
違法となる規制権限不行使
①集じん機付き電動工具の使用義務付け,②建材メーカーに対する警告表示の義務付け及び③事業者に対する警告表示(掲示)の義務付け
補足説明

a
前記アのとおり,防じんマスクの着用義務付けのみの関係では,規制権限不行使の違法時期は,事業者に対して労働者に呼吸用保護具を使用させる義務が罰則をもって定められた平成7年の特化則改正までである。しかし,集じん機付き電動工具の使用や前記記載のような警告表示を行う必要性はその後も継続しているから,一審被告国がこれらの措置について規制権限の行使をしなかったことによる違法は,石綿含有率1%を超える石綿含有製品の製造を禁止した平成15年改正安衛令の施行日の前日である平成16年9月30日まで継続す
ることになる。
b
石綿吹付作業について,一審原告らは,一審被告国の規制権限不行使の違法性の根拠法令として,旧労基法42条(使用者が危害を防止するために必要な措置を講じる義務),43条(使用者が労働者を就業させる建設物及びその附属建物について,労働者の健康,風紀及び生命の保持に必要な措置を講じる義務),45条(42条及び43条の規定により使用者が講ずべき措置の命令への委任),48条(有害物の製造禁止)も主張しているから,一審被告国に予見可能性の認められる昭和46年の翌年である昭和47年1月1日から安衛法の施行日の前日である同年9月30日までの間についても,一審被告国の規制権限不行使の違法性が問題となり得る。しかし,健康被害を予見でき,規制措置を講ずる義務が認められるのが昭和46年であるとしても,規制措置を講ずるには,なお時間的な猶予が必要であるから,規制措置を講じないことが違法となるのは,上記義務が発生してから,その措置を講じるのに必要な期間を経過した時点というべきである。したがって,一審被告国において石綿吹付作業に従事する者が石綿粉じんの曝露により石綿関連疾患に罹患することを昭和46年に予見できたとしても,その防止のために送気マスクの着用を義務付ける措置等を講じなかったことが違法となる時期は,安衛法の施行日である昭和47年10月1日とすることが合理的である。

c
前記

(建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する

一審被告国の予見可能性)のウ

b(石綿関連疾患に関する医学的知

見の確立時期と一審被告国に建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する予見可能性が認められる時期との関係)のとおり,一審原告らが主張し,当裁判所が上記のとおり認めた一審被告国による規制権限不行使の違法性については,石綿関連疾患の種類が問題と
なる余地がないではないが,以上に説示したところに照らせば,石綿関連疾患の種類によって格別に考えるべき事情は見当たらない。
石綿の製造等禁止に係る規制権限不行使の違法性

石綿の製造等禁止に関する基本的な考え方
一審原告らは,一審被告国において,昭和30年,昭和40年,昭和47年,昭和53年,昭和62年,平成3年及び平成7年の各時点で,安衛法55条(製造等禁止)に基づき,石綿の製造等禁止措置をとらなかったことが著しく不合理であり,その規制権限不行使が国賠法1条1項の適用上違法であると主張する。
ところで,安衛法55条は,黄りんマッチ,ベンジジン,ベンジジンを含有する製剤その他の労働者に重度の健康障害を生ずる物で,政令で定めるものは,製造し,輸入し,譲渡し,提供し,又は使用してはならないと規定している。この規定は,製造又は取扱いの過程において,労働者に重度の健康障害を生ずる物質で,技術的に,健康障害を防止するのに十分な防護方法がない有害物質の製造等を禁止したものであり,石綿との関連では,平成7年にアモサイト及びクロシドライトが製造禁止物質と指定されている。確かに,昭和40年のUICC報告(甲A307,乙アA89)で,クロシドライトの曝露と中皮腫の発症が重要であることが示唆され,昭和47年のワグナー報告(乙アA40),ILO専門家会議(甲A307),IARC報告(甲A307,316)でもこれを支持する報告がされ,その後,クロシドライトの発がん性が特に強く,クロシドライトとアモサイトの発がん性はクリソタイルに対比して極めて大きいことは研究者の通説となっているから,クロシドライトとアモサイトについては,より早い段階で製造禁止物質に指定されるべきであったということはできる。しかし,クロシドライトについては昭和62年に,アモサイトについては平成5年に事実上使用が中止されているから,それ以前に製造禁止物質と
指定されなかったことを違法とするまでの事情があるとはいえない(この点については,後に触れる。)。また,安衛法55条は,前記のとおり,技術的に健康障害を防止するのに十分な防護方法がない有害物質を対象とした規定であるが,前記

(石綿の使用を前提とした規制権限不行使の違

法性)のアないしウ(防じんマスクの着用義務付け,送気マスクの着用義務付け及び集じん機付き電動工具の使用義務付け)で説示したとおり,石綿吹付作業については送気マスクの着用義務付けが,建設屋内での石綿切断等作業については,防じんマスクの着用義務付け及び集じん機付き電動工具の使用義務付け(併用)が,屋外での石綿切断等作業については,集じん機付き電動工具の使用義務付けが,それぞれ有効性及び必要性のある規制と認められ,これらの規制と同様に有効性及び必要性の認められる建材メーカー及び事業者に対する警告表示(掲示を含む。の義務付けの規制)
を併せて行うことにより,建築作業従事者の石綿粉じん曝露を防止することが可能であったというべきである。そうすると,これらの規制によって石綿の管理使用は可能であったということができるから,被規制者にとってより制約の大きい石綿の製造等禁止措置が必要であったとは認められない。

石綿の製造等禁止に関するその他の事情
石綿の管理使用の可否に関する医学的知見等
a
石綿の管理使用の可否に関する医学的知見等に関する事実は,前記第1の3

(石綿の管理使用の可否に関する医学的知見等)で認定し

たとおりである。
b
一審原告らが石綿の製造等禁止に関する主張を裏付けるとする石綿の管理使用の可否に関する医学的知見等について検討すると,以下のとおりである。
①昭和47年のILO専門家会議(甲A307・20頁,乙アA6・
40頁,原判決本冊102頁)では,クロシドライトは中皮腫の主要原因物質と考えられること,その他の種類の石綿が石綿肺を発症させることは古くから知られていたが,最近になって肺がんの発症に影響を及ぼすことが明らかになったことが,②昭和47年のIARC報告(甲A307・20~21頁,甲A316,原判決本冊102~104頁)では,すべての種類の石綿が肺がんを惹起し得ること,アンソフィライト以外のすべての石綿が中皮腫を惹起し得ることが指摘されているが,
他方で,
同じ報告では,
石綿の種類及び曝露の性質により,
リスクに明らかな差があること,職業曝露のレベルが低い場合には,過度の肺がんリスクは検出されないこと,石綿曝露と中皮腫発症との関連性についても,そのリスクは職業ごと,石綿の種類ごとに大きく異なることを示す証拠が増えており,中皮腫の患者の一部では,石綿曝露と既知の関連性がないことを示す証拠も得られているともされている。
また,③昭和62年の石綿・ゼオライトのすべて(甲A9,原判決本冊236~237頁)では,石綿はそれ自体発がん性のある物質であり,いかなる低濃度でも安全であるとする最小の閾値はないとされているが,他方で,一般大気中や室内環境等の極めて低濃度の石綿曝露による人体への影響を示す明白な事実は得られていないこと,低濃度の石綿粉じんへの生体曝露による危険予測は推計値であり,そのまま容認するには多くの問題があることが指摘されている。
そして,④昭和63年の現代労働衛生ハンドブック(甲A323,原判決本冊237頁)では,すべての労働者に絶対にがんが発症しないような数値(閾値)を見出すことは統計学的に極めて難しいとされているが,他方で,近年では,発がん物質について量-反応
関係が認められ,発がん性物質の発がん性の強さには6桁又は7桁の
大差があること,発がん性物質についても無作用量が存在し,許容濃度を決めることができるとの意見が主張されていることも指摘されている。
さらに,⑤平成元年のWHO石綿の職業的曝露限界(乙アA3の1・2,原判決本冊237~239頁)では,すべての種類の石綿が人に肺がん及び中皮腫を発症させる可能性があり,それ以下では健康に影響を与えないという閾値を示すことはできないとされているが,他方で,石綿関連疾患のリスクが非常に小さい管理レベルを達成することは,特にクリソタイルについては可能であるとの意見が表明された。
加えて,⑥平成8年のWHOクリソタイルの評価に関するプレリリース(乙アA115)では,石綿の種類がどうであれ,石綿に曝露すると石綿関連疾患を発症するおそれがあること,クリソタイルによる健康リスクが特に懸念されるのは,改装及び保守作業中のクリソタイル曝露であり,可能な限り、クリソタイルよりも安全な代替材料を検討すべきであことが指摘されているが,他方で,適切な管理使用がなされれば,クリソタイル採掘や石綿セメント製品の製造においては,石綿関連疾患発症のリスクをかなり低減できるとされている。その他,⑦昭和53年報告書(甲A5,乙アA40,原判決本冊110~113頁)では,石綿曝露と石綿肺合併肺がん及び中皮腫発症との関連性が明らかにされていること,すべての種類の石綿に肺がんを発症させる危険性があると考えられること,石綿粉じん濃度が低くても中皮腫が発症した例もあり,肺がんを発症させるのに必要な量よりも少量の石綿曝露でも発症する可能性があることが指摘され,⑧昭和57年の職業病-その認識への手引き(甲A291,原判決本
冊236頁)では,がん原性物質ががんを惹起するのに必要な曝露レ
ベルに閾値が存在するとしても,これを決定するための科学的方法は確立しておらず,すべてのがん原性物質に対して安全な曝露レベルを示すことはできないとされている。そして,一審原告らが挙げるその他の複数の文献,資料では,いずれも石綿粉じん曝露が石綿関連疾患を発症させる危険性や,石綿による健康被害の増加傾向の実態等が指摘されている。

要綱」(甲A456,乙アA170)では,石綿の管理使用を前提として,石綿を安全に使用するための実施要領が定められた。

36頁)では,石綿又は石綿含有製品の代替化,クロシドライト及びその繊維を含有する製品の使用並びにあらゆる形態の石綿吹付作業の原則禁止が盛り込まれたが,同条約は,
用するための実施要綱」を踏まえて採択されたものであり,クロシドライトの使用及び石綿吹付作業という特定の種類の石綿使用ないし特定の業種における石綿使用は禁止されたものの,クリソタイルを含むその他の種類の石綿使用やその他の業種における石綿の使用については,可能な範囲で限定的に使用することを規定したものであった。このことは,10条が労働者の健康を保護するために必要であり,かつ,技術的に実行可能な場合には,次の一以上の措置について,国内は石綿を含有する一定の種類の製品を権限のある当局が無害又は有害性がより低いと科学的に評価したその他の物質若しくは製品又は他の若しくは一定の種類の石綿又は石綿を含有する一定の種類の製品の使用を全面的に又は部分的に禁止すること。と規定し,13条が石綿
曝露作業における当局への通報,14条が石綿製品の表示等についてそれぞれ規定しており,石綿の管理使用を前提とした規定が置かれていたことからも裏付けられる。
そして,

平成元年のワグナーのアンフィボール仮説(乙ケ1

004・35頁,乙ケ1008・21頁)では,石綿による発がん性等の重大な被害は専らアンフィボール系
(角閃石系クロシドライト,

アモサイト等の石綿繊維)
によるものであるとする仮説が提唱された。
さらに,

平成17年の日出ずる国の産業保健(甲A319,

原判決本冊239頁)
では,
東敏昭により,
発がん物質に閾値はなく,
少しでも曝露を受ければ,それだけリスクが増加するというのが仮説であるものの,一本の繊維でも危険というのは現実的でなく,実際には一定以上の曝露があって初めて発現するというのが妥当と考える旨の見解が示された。
加え
判決本冊239頁)では,ようやく昭和61年に採択された石綿条約を石綿の継続的な利用を正当化又は承認するものとして用いてはならないこととされたものの,石綿への曝露から労働者を保護し,石綿関連の死亡や疾病の将来的な発生を予防するための最も効果的な措置は,石綿の将来的な利用をなくし,現在使われている石綿の把握と適正な管理であると宣言された。
c
以上のとおり,昭和46年には石綿が肺がんを発生させるとの医学的知見が,昭和47年には石綿が中皮腫を発生させ,中皮腫が肺がんより少量の石綿粉じん曝露によって発症し得るとの医学的知見がそれぞれ確立していたところ,我が国において,昭和57年にはすべてのがん原性物質に対して安全な曝露レベルを示すことはできないとの見解が,昭和62年には石綿はそれ自体がん原性のある物質であり,い
かなる低濃度でも安全であるとする最小の閾値はないとの見解がそれぞれ紹介されていた上,WHOも,平成元年にはリスクがないという石綿曝露レベルがあるとは明言できないとの結論を示していた。
しかし,他方で,上記各見解においても,低濃度の石綿曝露による人体への影響を示す明白な事実は得られておらず,閾値がないという考え方は,閾値を決定するための科学的方法が確立していないことを示すにすぎないものであり,また,安全対策を検討するに当たっての想定であって,発がん物質に閾値がないことから直ちにその製造等が禁止されるべきものではなく,どの程度のリスクまで社会的に許容できるかが検討されるべきである。そして,発がん性物質についても無作用量が存在し,許容濃度を決め得るとの見解や,一本の繊維でも危険というのは現実的でなく,実際には一定以上の曝露があって初めてがんが発現するとの見解もあり,現に,平成18年の第95回ILO総会決議に至るまでは,石綿条約やWHOにおいても,クリソタイルに関しては石綿関連疾患のリスクが非常に小さい管理レベルを達成することが可能であるとの見解に基づき,適切な管理の下での使用を前提とした勧告がなされていた。
以上によれば,我が国においては,少なくとも平成18年に至るまでに,石綿の使用を前提とした規制によっては建築作業従事者の石綿関連疾患への罹患を防止し得ないとの知見が確立していたとは認められない。
石綿含有建材の代替可能性
石綿の管理使用が可能であるとしても,石綿粉じんに曝露することにより石綿関連疾患を発症する危険がある以上,より安全な代替製品があるのであれば,安衛法55条の要件にかかわらず,石綿含有建材の製造を禁止するという選択肢はあり得るし,代替製品の性能や価格如何によ
っては,
禁止をすることが義務化するという事態も考えられる。
そこで,
この点について検討しておく。
a
石綿含有建材の代替可能性に関する事実は,前記第1の3

(石綿

含有建材の代替可能性)で認定したとおりであり,補足すると,石綿の代替化等検討委員会が取りまとめた平成15年の石綿の代替化等検討委員会報告書では,石綿含有建材の代替可能性について,石綿の代替繊維のIARCによる発がん性の評価がグループ3に再評価されたことや,石綿の使用等に関する国際動向等を踏まえた上で,①代替繊維を用いた製品で,JIS等の規格に適合し,又は国土交通省により不燃材としての認定を受けたものが製造され,既に商品化されていること等から,必要な性能を有する非石綿製品の製造は概ね技術的に可能と考えられること,②建基法の平成12年改正により不燃材料の基準及び関連するJIS規格が性能規定化されたことで,代替化が促進されやすくなっていること,③非石綿繊維製品への代替化は困難と考えられるものも,金属等の非繊維製品への代替化が可能であること,④代替品の使用により,防火,耐火,耐腐食,耐久性等の観点からの安全確保が困難となるおそれがあるとは考えられないこと,⑤建材製品のユーザーは,安全確保上石綿含有製品の使用が不可欠とは認識していないことから,非石綿製品への代替化が可能であると結論付けられた(乙アA132,原判決本冊243~244頁)

b
上記aの各事情を総合してみると,昭和50年代半ばから石綿含有建材の代替製品の開発が進められたものの,昭和年間には,とりわけ外装材について,代替製品では耐久性等の性能を十分に確保するに至らず,平成年間に入って,主な要求性能に関しては,石綿含有製品と同等程度の性能を有する代替製品が開発されるに至り,
技術及び性能面において,
石綿含有建材の代替化は可能になったということができる。

しかし,石綿含有建材の代替化については,その技術的可能性のみならず,その開発・普及のためのコスト,石綿代替品の危険性等も考慮する必要がある。
この点,前記のとおり,石綿含有建材は,石綿粉じん曝露による石綿関連疾患発症という人の生命・身体に対する有害性がある一方で,我が国における防災上不可欠な耐火性,耐久性,軽量性等を有し,火災や地震による建物の倒壊から人の生命身体を保護する有用性を有しており,・
先のとおりクリソタイルについては管理使用が可能な状況で代替化を待つことなく直ちに製造等を禁止すれば足りるということはできないし,石綿含有建材の代替化には相応のコストが必要であった。
また,前記のとおり,IARCは,石綿代替繊維の発がん性評価について,昭和61年(モノグラフとしての出版は昭和62年)に,ワラストナイト等をグループ3(ヒトに対する発がん性については分類できない)に分類・評価しながら,今後の調査結果からグループ1(ヒトに対して発がん性がある)又は2(おそらくヒトに対して発がん性がある又はヒトに対して発がん性があるかもしれない)に分類・評価される可能性があるとし,昭和62年(モノグラフとしての出版は昭和63年)には,グラスウール等をグループ2B(ヒトに対して発がん性があるかもしれない)に分類・評価し,平成13年(モノグラフとしての出版は平成14年)には,グラスウール等をグループ2Bからグループ3に再分類・評価した。これらの事実によれば,石綿代替品は,昭和62,63年当時でも発がん性への懸念が払拭できない状態にあり,平成13,14年頃までに発がん性への懸念が払拭されるまでは,
安全面においては,
石綿含有建材の代替化は困難であったと認められる。
一審被告国が石綿の製造等禁止措置をとるに至った経過等及び諸外国における規制状況

a
一審被告国が石綿の製造等禁止措置をとるに至った経過等は,前記第1の3

(一審被告国が石綿の製造等禁止措置をとるに至った経過

等)で認定したとおりであり,諸外国における規制状況に関する事実は,(諸外国における石綿の規制状況)

で認定したとおりである。
b
上記aの事実に照らしてみると,クロシドライト及びアモサイトについて,我が国がこれらの製造等を禁止したのは平成7年改正安衛令によってであるが,それぞれ昭和62年,平成5年には石綿業界により自主的に製造が中止されていたところ,これはイギリスよりは遅いにせよ,ドイツ,フランス及びEUと同時期である。
また,クリソタイルを含む石綿含有製品全般の製造等禁止についても,北欧諸国が昭和年間のうちに石綿使用を原則として禁止し,ドイツが平成5年に石綿の製造及び使用を原則として禁止したことを除けば,他のヨーロッパ諸国が石綿の販売,使用等を原則として禁止したのは平成10年前後であり,EUも平成11年に販売及び使用の禁止を決定したものの,その実施は平成17年までに行うものとされ,例外も認められていたことからすれば,我が国が平成15年に石綿含有率が1%を超える製品の製造等を禁止し,平成18年に全面的に製造等を禁止したことが,諸外国に比して特段遅いともいえない。アメリカ及びカナダにおいては,現在においても石綿含有建材の使用が認められているのであるから,尚更である。

c
なお,一審原告らは,石綿の製造等禁止に係る一審被告国の規制権限不行使の違法性を裏付ける事実として,昭和61年から平成元年のアスベスト・パニック又は学校パニック
(甲1476・40~
45頁)
,昭和62年のグッバイ・アスベスト
(甲A1479・5
~8頁)
,昭和62年から昭和63年のアスベスト根絶ネットワーク(アスネット)(甲1476・46頁),昭和63年までのアスベスト問題研究会及びアスベスト対策をどうするか(甲A1482・93頁~),昭和62年からの石綿対策全国連絡会議(石綿全国連)(甲A1476・46~47頁)
,平成2年のアスベスト対策の政策提言-アスベスト規制法(仮称)制定に向けて(甲A1436の34~37,甲A1453),平成2年のアスベスト規制法制定をめざす会(めざす会)(甲A1476・63~64頁),
平成2年9月のアスベストなんていらない(甲A1484),平
成3年3月のアスベスト規制法制定をめざすシンポジウム
(甲A
1455,1456),平成3年から平成4年のめざす会の活動(甲A1457の1),平成4年から平成5年の石綿製品の規制等に関する法律案(アスベスト規制法案)の提出,廃案等(甲A1471の1~7,甲A1476・65~68頁)を挙げる。
上記各事実に照らせば,
昭和61年頃から平成5年頃にかけて,

綿が社会問題化し,石綿の製造等禁止措置を求める各種団体が結成されて諸活動を行い,アスベスト規制法案が国会に提出されたことが認められる。しかし,アスベスト規制法案でも,クリソタイルの石綿製品については製造等の禁止を盛り込んでおらず,その他の石綿製品についても例外規定を設けるなど,石綿の製造等禁止法案としては例外的な使用を認めるものである。この法案は厚生委員会に付託されることなく廃案となり,社会党が再提出を目指したが,法制化が見送られ,同時期に連合が石綿を早期禁止するとの方針を変更し,平成6年5月には使用削減・使用制限への取り組みを進めるとして禁止から管理使用へと方針転換したとの報道がされた(甲A67の1・32~33頁,乙アA126,乙アB109)
。したがって,平成6年の時点
でも,石綿の製造等を全面的に禁止するとの社会的コンセンサスが得られていたということはできず,一審原告らの主張する上記各事
実を考慮しても,我が国が平成15年に石綿含有率が1%を超える製品の製造等を禁止し,平成18年に全面的に製造等を禁止したことが遅きに失したということはできない。

石綿の製造等禁止に関するまとめ
以上によれば,一審原告らが主張する平成7年に至るまで,当裁判所が認めた各規制措置により石綿の管理使用は可能であったと認められ,また,
一審被告国が講じてきた石綿の製造等禁止に関する規制は,石綿の危険性及び管理使用に関する医学的知見,石綿含有建材の代替可能性,諸外国における石綿の規制状況等に照らして合理性を有するものと認められ,これより早く石綿の製造等を禁止する規制を行わなかったことが許容される限度を逸脱して著しく不合理であるとはいえない。したがって,石綿の製造等禁止に係る一審被告国の規制権限不行使の違法性は認められない。一人親方等との関係における規制権限等不行使の違法性


一人親方等と旧労基法及び安衛法の保護対象(国賠法上の保護範囲)旧労基法及び安衛法は,粉じん作業(石綿吹付作業及び石綿切断等作業)に従事する労働者の労働環境を整備し,その生命,身体に対する危害を防止し,その健康を確保することを目的として,事業者に対し,粉じん等による健康障害を防止するために必要な措置を講ずる等の義務を課し,事業者が講じるべき措置の具体的内容を省令に委任している。上記にいう事業者とは,労働者を使用している者をいい,労働者
とは,事業者に使用され,賃金を支払われる者をいうから(安衛法2条2号,3号,労基法9条),労働大臣が有する省令制定権限は,基本的に上記の意味での労働者のために行使すべきものと解される。
しかし,仮に,労働者と認められない一人親方等(一人親方及び個人事業主)であっても,建築現場において,建築作業従事者として,石綿粉じん作業に継続的に従事していたことは,労働者と同様である。この
点,本件における被災者らの就労状況は,前記第1の4(本件における被災者らの就労状況,石綿関連疾患罹患状況及び石綿粉じん曝露状況。以下同じ。で認定したとおりであり,職種等による就労状況の違いはあ)
るにせよ,労働者と認められるか否かによって,就労状況に特段の違いがあるとはうかがわれない。このような一人親方等の就労実態に鑑みると,一審被告国が労働者保護のために石綿粉じん曝露防止対策としての規制権限を行使することにより,労働者と認められない一人親方等も,労働者と同様に,上記規制権限の行使により形成された安全な作業環境の下で建築作業に従事するという利益を享受することになる。このような労働者以外の者が享受する利益は,安全,すなわち,健康を損ない,生命を脅かす危険の除去という人間の生存に関わるものであるから,これをもって,労働者が上記利益を享受した結果に伴う反射的利益(事実上の利益)にすぎないとは直ちにいえず,以下のとおり,旧労基法,安衛法やこれら法に基づいて制定された規則及び規則に関連する告示等の関連法規を考慮すれば,少なくとも,労働者と変わらない時間作業場に所在する者や労働者の家族などの安全を保護する趣旨を含むものと解するのが相当である。
a
工場法は,労働者一般について,総合的かつ網羅的な保護規定を設けた最初の法律であったが,同法は,工場施設による危害の防止を図るため,13条で行政官庁は命令の定むる所に依り工場及附属建物並設備が危害を生し又は衛生,風紀其の他公益を害する虞ありと認むるときは予防又は除害の為必要なる事項を工事主に命し必要と認むるときは其の全部又は一部の使用を停止することを得と規定し,工場等からの危害を防止する公益的な趣旨の規定を設けていた。
戦後,工場法を土台として,新たに国際水準をもった労働保護法規として旧労基法(昭和22年法律第49号)が制定された。旧労基法
では,第五章安全及び衛生として,14か条にわたり危害防止

のための規定が設けられ,この章の規定は工場法の影響を強く残していた。このうち,危害の防止について定めていた旧労基法42条は,

使用者は,機械,器具その他の設備,原料若しくは材料又はガス,蒸気,粉じん等による危害を防止するために,必要な措置を講じなければならない。

と定めたが,労働環境等の整備に必要な措置を定めた同法43条が労働者の健康,風紀及び生命の保持に必要な措置を講じなければならないとして,労働者の保護を明確にしていることと比較すると,
同法42条にはそのような明確な定めはされておらず,
同条が労働者の危害防止措置だけを使用者に義務付けたものとは必ずしも言い切れない。
また,安衛法は,生産活動の活発化,技術革新の進展,雇用情勢の変化等に対応するため,昭和47年6月8日に労基法から独立した法律として公布されたが,その立法までの過程をみると,労働省は,昭和46年に発表した労働安全衛生法(仮称)の制定の中で,安衛
法の具体的な内容の一つとして

有害物取扱い事業場の規制の強化により,労働者の健康の確保と併せ公害を排除する。ことを示した上,

中央労働基準審議会に対して諮問を行った法律案の大綱ともいうべき労働安全衛生に関する法制についての基本構想では,安全衛生基
準の危険または健康障害の防止のために必要な措置を網羅的に掲
げた上,これら防止措置について

以上の措置の技術上の基準を定めるに当たっては,公害,公衆災害等労働災害と密接に関連するものの防止に資するものとしなければならないものとすること。

を示している(乙アA140)。
このような旧労基法42条の規定の文理や安衛法の制定過程からすると,旧労基法や安衛法の危害の防止等に関する規定の主眼は,労働
者の保護を目的とするものではあるが,労働者保護にとどまらず,少なくとも労働災害の防止に密接に関連する災害の防止をもその視野に置いて,その災害の被災者となり得る者の保護を図ることをも意図したものと解するのが自然である。そして,その後,この点について特段の修正がされた形跡はなく,そのまま安衛法が成立したことからすれば,
労働省の意図した趣旨が立法に取り入れられたものと解される。
このような危害の防止についての旧労基法42条や労働者の危険又は健康障害を防止する措置を定める安衛法第四章についての解釈は,
労働者以外にも多くの関係者が所在する労働現場の実態や上記のような立法の流れに沿うものということができる。
b
そして,旧労基法及び安衛法が定める労働者の危険又は健康障害を防止するための措置のうち,本件に関連する衛生に関する規定,特に粉じんについての規定をみると,旧労基法は,使用者は粉じん等による危害を防止するための必要な措置を講じる義務があるとし
(42条)

この規定を受けた旧安衛則172条以下でその具体的な措置が定められていた。具体的には,粉じん発散の原因除去のため,作業又は施設の改善に努める義務,場内空気の粉じんの含有濃度が有害な程度にならないように局所における吸引排出等の適当な措置を講ずべき義務,注水その他粉じん防止の措置を講ずべき義務,粉じんを発散し衛生上有害な場所に必要ある者以外の者の立入を禁止し,その旨を掲示すべき義務等が含まれており,これらの措置は,労働者ばかりではなく,労働者と変わらない状況で作業場内に所在する者一般に効力を有する措置である。そして,昭和46年に制定された旧特化則においても,石綿の発がん性を考慮して石綿を第二類物質として規制対象とし,局所排気装置の設置(8条),立入禁止措置(25条),更衣と洗濯のための設備の設置(31条)等を義務付け,昭和47年に制定された
安衛法23条や,同法27条1項に基づいて制定された安衛則及び特化則,昭和50年に改正された安衛則及び特化則においても,これらの措置の義務付けは,より詳細化される等して引き継がれた(この点については,前記引用に係る原判決本冊第2章第2節第7の1(21頁9行目から60頁3行目まで)参照)。
このように,労働者ばかりではなく,事業場に所在する者や石綿に関連する作業に従事する者に密接に関連する者らに対しても効果を有する措置の義務付けが,労働者だけを保護の対象としたものとみることには合理性がないというべきである。なお,この点では,例えば,更衣及び洗濯のための設備の設置義務が定められているが,この措置は,石綿に関連する作業を行う者の家人の安全をも考慮したものであることは明らかである(昭和51年通達参照。同通達では,労働者が着用する作業衣を家庭に持ち込むことにより,その家庭にまで災いの及ぶおそれがあることを理由に,石綿に汚染した作業衣を隔離して保管し,二次発じんを予防するために洗濯により除去し,その持出しは避けるものとされている。乙アB32)。
c
加えて,一審被告国は,昭和40年改正労災保険法による労災保険特別加入制度の導入前から,土木建築業の一人親方について,労災保険法の擬制適用を認め,その擬制適用の範囲は順次拡大していたところ(甲A256),昭和40年改正労災保険法で,労働者以外の者であっても,中小事業主や一人親方その他の自営業者とその事業に従事する者らを労働者に準ずる者として労災保険特別加入制度の対象とした。
労災保険特別加入制度は,擬制適用がされていた時代から保険加入が前提とされていたから,労基法や安衛法の労働者の危険又は健康障害を防止するための措置に関する規定とは制度的に異なるものではあ
るが,一人親方等の実態が一般労働者と何ら変わりがないことに着目してその保護を図ったものであることは,労基法や安衛法の労働者の危険又は健康障害を防止するための規定の保護範囲を考える上でも考慮すべき制度であるというべきである。
以上のとおり,労基法及び安衛法並びにその関連法規には,労働現場で生じる危険や健康障害について,労働者以外の者の保護をも念頭に置いていると解される規定があり,前記のとおり,作業場において一般的な効果を有する規定は,少なくとも一人親方,労働者と変わらない時間作業場に所在する者についても,その安全を図る趣旨のものと解するのが相当であり,そのような規定に基づく使用者に対する規制が,著しく合理性を欠く場合には,労働者ばかりではなく,一人親方や長時間事業場に所在する者との関係でも,国賠法上違法の評価を免れないというべきである。
もっとも,上記のとおり,一審被告国の規制権限不行使が労働者との関係で違法性が認められる場合において,労働者とともに石綿粉じん作業に従事する一人親方等が享受する利益は,労働者に保護される利益と同等の内容を持つというべきであって,その一人親方等の利益は,国賠法1条1項の適用上,法律上保護される利益に当たると解するのが相当であるとしても,一審被告国が行使すべき規制権限の内容によっては,上記のとおりいえないこともある。
すなわち,一審被告国が事業者に対し,事業者と雇用関係があるとはいえない一人親方等についてまで,防じんマスクないし送気マスクの着用や集じん機付き電動工具の使用を義務付けるべきであったとはいえないから,このような個々の労働者に着目した規制権限については,一審被告国が労働者との関係で規制権限を行使したとしても,これによって一人親方等が労働者の享受する利益と同等の利益を享受することに
はならず,一人親方等との関係で,一審被告国による上記各規制権限不行使の違法性は認められない。この点,一審原告らも,当審では,労働者性が認められない被災者らの関係では,上記各規制権限不行使の違法性は主張していない。
他方,就労環境という場所や有害物質という物に関する一審
被告国の規制権限の行使については,労働者とともに石綿粉じん作業に従事する一人親方等が享受する利益は,労働者に保護される利益と同等の内容を持つということができる。したがって,建材メーカー及び事業者に対する警告表示(掲示を含む。)の義務付けに係る一審被告国の規制権限不行使は,労働者性が認められない一人親方等との関係でも,違法というべきである(この点,一審原告らは,一人親方等の関係で,粉じん濃度測定及び石綿吹付作業の禁止に係る規制権限不行使の違法性も主張しているが,これらの規制権限不行使の違法性が認められないことは,既に説示したとおりである。)。
以上に対し,一審被告国は,①一人親方の保護の必要性と一人親方等が旧労基法及び安衛法の保護対象となるか否かは関係がないこと,②旧労基法や安衛法の諸規定等,昭和40年改正労災保険法による労災保険特別加入制度の導入は,一人親方等が旧労基法及び安衛法の保護対象となることを裏付けるものではないこと,
③国賠法1条1項にいう
違法
とは,公務員が個別の国民に対して負担する職務上の法的義務に違背することをいうところ,旧労基法及び安衛法では,労働者とは認められない一人親方等を保護対象として解釈する余地はないことを主張する。しかし,一審被告国の主張
示したところに照らし,採用できない。
また,一審被告国の主張③についても,繰り返しになるが,先にみたとおり,旧労基法及び安衛法の中には,工場内外の危害の防止,労働者
には限定されない第三者に対する危害の防止,労働者の家族の安全等,明らかに労働者以外の者を直接保護の対象とするものがみられ,また,実態が労働者と変わらないことに着目した労災保険特別加入制度とその運営等,
労働者以外の者の実情を考慮した規定が置かれている。
そして,
旧労基法42条及び安衛法23条及びこれらの関連規則のうち,就労環境という場所や有害物質という物に関する定めは,労働者に限
らず,作業場に所在する者等の健康や生命という人間の生存にかけがえのない利益を保護する役割を果たすものであるから,労働者と実態のほとんど変わりがない一人親方等を除外して,労働者だけを保護の対象としたものと解するのは不合理というべきである。したがって,一審被告国の主張③も採用できない。

本件における被災者らの労働者性
上記のとおり,一人親方等も旧労基法及び安衛法の保護対象となると解するのが相当であるから,被災者らの労働者性について検討する必要は少ないが,上記アのとおり,旧労基法及び安衛法上の労働者といえない被災者らの関係では,一審被告国に,建材メーカー及び事業者に対する警告表示(掲示を含む。
)に係る規制権限不行使の違法性のみが認められ,防じん
マスクないし送気マスクの着用義務付け及び集じん機付き電動工具の使用義務付けに係る規制権限不行使の違法性は認められないから,各被災者らの労働者性についても検討しておく。
一審原告A(番号1・被災者A´・左官)
前記第1の4

によれば,被災者A´は,建設屋内での石綿切断等作

業に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までとなるところ,そのうち少なくとも被災者A´がk左官で就労していた平成7年1月から同年12月までの1年については,同被災者に労
働者性が認められる。
他方,被災者A´は,上記のとおり一審被告国の責任期間となり得る期間のうち労働者性が認められる1年間を除く期間については,自らA´左官店を経営していたところ,本人尋問で,他の左官工と相互の現場に応援に入っていたこともあったが,その際には,応援してくれた同業者に対する応援の対価を原則として人数返しとしていた,タイムカードを毎日押すことはなかったと供述し(平成25年1月18日尋問4~5頁,同年3月14日尋問11,13,41頁)
,昭和62年の給与支払明
細書等の一部には,宛先としてA´左官店又はA´左官工業といった屋号が記載されていた(甲D1の18の3・6・7)
。しかし,被災者A´
は,本人尋問で,応援先から作業時間や作業内容の指示を受け,残業した分も含めて日当として対価の支払を受けていたとも供述するところ(平成25年1月18日尋問3~4頁)
,その供述を裏付ける出勤伝票
(甲D1の17の2の1)も存在する。また,昭和59年のタイムカード等には,終業時刻の18時を超える残業時間について,被災者A´に残業代が支給されていたとの記載がある(甲D1の17の2~13(すべての小枝番号を含む。)
)。そして,
昭和62年の給与支払明細書等の一
部には,被災者A´本人の名前も記載されていた(甲D1の18の1・2・4・5・8~12)
。さらに,昭和62年の家計簿(甲D1の16)

昭和59年の給料袋(甲D1の17の1)平成4年分の所得税の確定申,
告書及びメモ(甲D1の19の1・2)
,平成14年度及び平成15年度
の市民税・府民税申告書(甲D1の20・21)等は,いずれも被災者A´が左官作業の依頼先から給与として労務提供の対価の支払を受けていたことを示すものである。これらの事情を総合すると,少なくとも昭和59年,昭和62年,平成4年,平成14年及び平成15年の5年間についても,被災者A´に労働者性を認めるのが相当である。

したがって,昭和59年,昭和62年,平成4年,平成7年,平成14年及び平成15年の合計6年につき,被災者A´に労働者性が認められる。
一審原告B(番号2・被災者B´・電工)
前記第1の4

被災者B´は,建設屋内での石綿切断等作

業に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までとなるところ,そのうち昭和49年8月から昭和62年6月までの12年(1年未満切り捨て。以下,本項目について同様)につき,同被災者に労働者性が認められる。
一審原告C(番号3・被災者C´・電工)
前記第1の4

によれば,被災者C´は,建設屋内での石綿切断等作

業に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までであるところ,その全期間30年につき,被災者C´に労働者性が認められる。
一審原告D(番号4・被災者D´・左官)
前記第1の4

によれば,被災者C´は,建設屋内での石綿切断等作

業に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までであるところ,その全期間30年につき,被災者C´に労働者性が認められる。
一審原告E(番号5・被災者本人・配管工)
前記第1の4

によれば,被災者Eは,建設屋内での石綿切断等作業

に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日ま
でである。
ところで,被災者Eは,昭和37年4月から平成12年8月まで,T管工工業所
(平成4年以降は有限会社T管工業)
を経営していたところ,
一審原告らは,被災者Eが元請業者から詳細な指示を受けていたため,労働者性が認められると主張する。しかし,その主張によっても,被災者Eが労務提供の対価として報酬の支払を受けていたか否かは明らかではなく,使用従属関係を示す個別の書証は提出されていない。むしろ,被災者E自身,本人尋問で,T管工業を設立した当時は従業員を6名雇用し,最盛期には従業員を50名ほど雇用していた,年間売上げは3億円程度であったなどと供述している(16頁)。これらの事情に照らせば,一審被告国の責任期間となり得る昭和49年1月1日から平成16年9月30日までの全期間について,被災者Eに労働者性は認められない。
一審原告F(番号6・被災者F´・大工)
前記第1の4

によれば,被災者F´は,建設屋内での石綿切断等作

業に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までである。
ところで,被災者F´は,昭和38年9月から平成19年2月まで,自営の大工として稼働していたところ,陳述書(甲D6の1)及び本人尋問で,自ら元請となる仕事よりも,他の建築現場で応援に入る仕事の方が多く,作業時間,作業方法等について詳細な指示を受け,給与として日当の支払を受けていたなどと陳述・供述している。しかし,使用従属関係を示す個別の書証は提出されていない。また,その主張・供述等によっても,作業時間,作業方法等の指示は,建築作業の性質上,建物の品質確保,作業の安全性確保等のために必要なものであり,それだけ
で労働者性が裏付けられるものではない。むしろ,被災者F´が他の建築現場で応援に入る仕事が多かったという事実は,被災者F´に受注の有無や時間管理の自由があったことをうかがわせる事情である。これらの事情に照らせば,一審被告国の責任期間となり得る昭和49年1月1日から平成16年9月30日までの全期間について,被災者F´に労働者性は認められない。
一審原告G(番号7・被災者本人・内装工)
前記第1の4

によれば,被災者Gは,建設屋内での石綿切断等作業

に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までであるところ,そのうち昭和49年1月から昭和56年4月までの7年につき,被災者Gに労働者性が認められる。
一審原告H(番号8・被災者本人・大工)
前記第1の4

によれば,被災者Hは,建設屋内での石綿切断等作業

に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までであるところ,そのうち少なくとも被災者Hが叔父のnに雇用されていた昭和49年から昭和50年の2年については,同被災者に労働者性が認められる。
他方,被災者Hは,上記のとおり一審被告国の責任期間となり得る期間のうち労働者性が認められる2年を除く期間については,自らH工務店を経営していたところ,陳述書(甲D8の1)及び本人尋問で,仕事の依頼先から作業時間・作業方法に関する指示を受け,報酬の支払は日給月給制であったなどと陳述・供述している。しかし,使用従属関係を示す個別の書証は提出されていない。また,その主張・供述等によっても,作業時間,作業方法等の指示は,建築作業の性質上,建物の品質確
保,作業の安全性確保等のために必要なものであり,それだけで労働者性が裏付けられるものではない。
むしろ,
被災者Hは,
昭和51年以降,
H工務店の屋号を用いて職人を3人ほど雇い,1社に限られず,平安建設及び3社のハウスメーカーの下請け作業を行っていた
(甲D8の19)

これらの事情に照らせば,上記のとおり一審被告国の責任期間となり得る期間のうち労働者性が認められる2年を除く期間について,被災者Hに労働者性は認められない。
一審原告I(番号11・被災者I´・左官)
前記第1の4

によれば,被災者I´は,建設屋内での石綿切断等作

業に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までである。
ところで,被災者I´は,昭和37年4月から平成17年頃まで,I´左官店を経営していたところ,供述録取書(甲D11の1の1)で,特定の元請から指示を受けて仕事をしており,仕事の諾否の自由はなかったと供述している。しかし,使用従属関係を示す個別の書証は提出されていない。また,仕事に関する指示は,建築作業の性質上,建物の品質確保,作業の安全性確保等のために必要なものであり,それだけで労働者性が裏付けられるものではない。むしろ,被災者I´は,複数の職人を雇用した上で,複数の元請から仕事を請け負っていた(甲D11の1の1)これらの事情に照らせば,一審被告国の責任期間となり得る昭。
和49年1月1日から平成16年9月30日までの全期間について,被災者I´に労働者性は認められない。
一審原告J(番号12・被災者J´・左官,大工)
前記第1の4

によれば,被災者J´は,建設屋内での石綿切断等作

業に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責
任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までであるところ,被災者J´については,使用従属関係を示す個別の書証は提出されておらず,同被災者自身,陳述書(甲D12の1)及び証拠保全における本人尋問でも,使用従属関係を示す特段の陳述・供述をしていないから,上記全期間につき,被災者J´に労働者性は認められない。
一審原告K(番号13・被災者K´・電工)
前記第1の4

被災者K´は,建設屋内での石綿切断等作

業に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までであるところ,一審原告Kの陳述書(甲D13の25)によれば,被災者K´は,K´電工を経営するようになった昭和48年以降も,従業員を雇用せず,1人で電気工の仕事に従事してきたことが認められるが,使用従属関係を示す個別の書証は提出されておらず,一審原告Kの陳述書(甲D13の1)及び原審本人尋問における陳述・供述や,被災者K´の申述書等(甲D13の15・17)における陳述でも,使用従属性を裏付ける事情は,被災者K´がきんでんの下請をしていたということだけであって,上記全期間につき,被災者K´に労働者性は認められない。
一審原告L(番号14・被災者本人・電工)
前記第1の4

によれば,被災者Lは,建設屋内での石綿切断等作業

に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までであるところ,使用従属関係を示す個別の書証は提出されておらず,被災者Lの陳述書(甲D14の1)及び原審本人尋問における陳述・供述でも,使用従属関係を裏付ける事情は,同被災者が日建工業やトキコ
テクノの下請をしていたということだけであり,むしろ,同被災者が職人を雇用することもあったこと(甲D14の1・7)も考慮すると,上記全期間につき,被災者Lに労働者性は認められない。
一審原告M(番号15・被災者M´・鉄工)
前記第1の4

によれば,被災者M´は,建設屋内での石綿切断等作

業に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までであるところ,
使用従属関係を示す個別の書証は提出されておらず,
被災者M´の陳述書等(甲D15の1・4)及び本人尋問における陳述・供述でも,使用従属関係を裏付ける事情は,同被災者が竹内金物や京都府下の工務店の下請をしていたということだけであり,むしろ,同被災者が2人から5人程度の職人を雇用していたこと(本人尋問2頁)も考慮すると,上記全期間につき,被災者M´に労働者性は認められない。一審原告N(番号16・被災者本人・大工)
前記第1の4

によれば,被災者Nは,建設屋内での石綿切断等作業

に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までであるところ,そのうち昭和49年1月から平成5年までの20年につき,被災者Nに労働者性が認められる。
一審原告O(番号17・被災者O´・大工)
前記第1の4

によれば,被災者O´は,建設屋内での石綿切断等作

業に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までであるところ,そのうち昭和49年1月から平成10年3月までの24年につき,被災者O´に労働者性が認められる。
一審原告P(番号18・被災者本人・大工)

前記第1の4

によれば,被災者Pは,建設屋内での石綿切断等作業

に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までであるところ,このうち,昭和49年1月から昭和50年12月までは労働者性が認められるが,昭和51年以降については,使用従属関係を示す個別の書証は提出されておらず,手伝いとして働いていた際の報酬の方式や,元請業者からの指揮命令の存否等は明らかではない上,被災者Pの陳述書
(甲D18の1)
及び本人尋問における陳述・供述でも,
使用従属性を裏付ける事情は,同被災者が人を雇ったことはなく,市川工務店や他の親方の手伝いをしていた,
逆に手伝ってもらった場合には,
自分が来てもらった日に応じて報酬を支払っていたという程度であり,むしろ,被災者Pは,陳述書(甲D18の1)で,作業に使用する建材は自身が建材業者から仕入れていたと陳述している。したがって,昭和49年1月から昭和50年12月までの2年につき,被災者Pに労働者性が認められる。
一審原告Q(番号19・被災者本人・大工)
前記第1の4

によれば,被災者Qは,建設屋内での石綿切断等作業

に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までであるところ,そのうち昭和52年8月から昭和57年2月まで,昭和58年1月から昭和61年まで及び平成2年6月から平成16年9月までの合計22年につき,被災者Qに労働者性が認められる。
一審原告R(番号20・被災者R´・吹付工,大工)
前記第1の4

によれば,被災者R´は,石綿吹付作業に従事してい

たと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和47年10月1日から昭和50年9月30日までであると
ころ,
そのうち昭和47年10月から昭和49年8月までの1年につき,被災者R´に労働者性が認められる。
一審原告S(番号21・被災者S´・自動ドア工)
前記第1の4

によれば,被災者S´は,建設屋内での石綿切断等作

業に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までである。
ところで,被災者S´は,平成4年から平成24年7月まで,自動ドア取付業を経営していたところ,一審原告らは,扶桑電気工業京都支店が京都地域の大半の仕事を被災者S´に依頼し,同被災者は,扶桑電気工業京都支店の仕事を専属的に行っていて,同被災者に諾否の自由はなかったこと,被災者S´は,扶桑電気工業の仕事に従事するようになった当初,その技術指導を受け,その後,その指示に従って自動ドアの取付作業を行い,同作業について時間的・場所的な拘束を受け,作業量についても拘束されていたこと,被災者S´は,従業員を雇用したことがなく,その業務に代替性はなかったこと,工事請負契約書(甲D21の25)では定年制が定められていたこと,被災者S´は,自動ドアの取付作業に必要な部品を供給され,作業時には扶桑電気工業の作業服やヘルメットを使用していたこと等を根拠として,被災者S´には労働者性が認められると主張し,その主張を裏付ける証拠として,o及びpの各陳述書(甲D21の22・27),Sの各陳述書(甲D22の26・31),上記工事請負契約書,工事作業指示及び結果報告書(甲D21の28・29)等を挙げる。
確かに,一審原告らが提出する上記各証拠によれば,被災者S´が扶桑電気工業京都支店から依頼された自動ドア取付作業を行うに当たっては,
一定の指示を受けていたことがうかがわれるが,
そのような指示は,

建築作業の性質上,建物の品質確保,作業の安全性確保等のために必要なものであり,
それだけで労働者性が裏付けられるものではない。
また,
工事請負契約書(甲D21の25)から,被災者S´に諾否の自由や代替性がなかったとはいえないし,工事請負契約書で定年制が定められていたことや,同被災者が自動ドアの取付作業に必要な部品を供給され,作業時には扶桑電気工業の作業服やヘルメットを使用していたこと等も,労働者性を裏付ける事情として不十分である。むしろ,一審原告らも自認するとおり,扶桑電気工業の被災者S´に対する報酬の支払いは出来高払いであり,源泉徴収はされていないから,労務対償性があるということはできず,被災者S´が健康保険や労災保険に自ら加入し,工具や器具,
運搬費用等を自ら負担していたことや(甲D21の22・25),上記工事請負契約書で被災者S´の扶桑電気工業に対する損害賠償責任が定められていたことは,同被災者の事業者性を裏付ける事実ということができる。これらの事情に照らせば,一審被告国の責任期間となり得る昭和49年1月1日から平成16年9月30日までの全期間について,被災者S´に労働者性は認められない。
一審原告T(番号22・被災者本人・大工)
前記第1の4

によれば,被災者Tは,建設屋内での石綿切断等作業

に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までであるところ,そのうち少なくとも昭和51年から昭和63年までの13年につき,被災者Tに労働者性が認められる。
一審原告U(番号23・被災者U´・ガス配管工)
前記第1の4

によれば,被災者U´は,建設屋内での石綿切断等作

業に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日
までであるところ,そのうち昭和49年1月から平成12年4月までの26年につき,被災者U´に労働者性が認められる。
一審原告V(番号24・被災者V´1・大工)
前記第1の4

によれば,被災者V´1は,建設屋内での石綿切断等

作業に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までであるところ,その全期間30年につき,被災者V´1に労働者性が認められる。
一審原告W(番号25・被災者W´・機械工)
前記第1の4

によれば,被災者W´は,建設屋内での石綿切断等作

業に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までであるところ,そのうち昭和61年から平成16年9月までの18年につき,被災者W´に労働者性が認められる。
一審原告Xら(番号26・被災者X´・屋根工)
前記第1の4

によれば,被災者X´は,屋外での石綿切断等作業に

従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,平成14年1月1日から平成16年9月30日までであるところ,その全期間2年につき,被災者X´に労働者性が認められる。
一審原告Y(番号27・被災者本人・左官)
前記第1の4

によれば,被災者Yは,建設屋内での石綿切断等作業

に従事していたと認められるから,同被災者の関係で一審被告国の責任期間となり得るのは,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までであるところ,そのうち被災者Yが父親の経営するY左官店で左官作業に従事していた昭和49年1月から昭和58年12月までの10年に
つき,同被災者に労働者性が認められる。
これに対し,一審原告らは,被災者Yが自らY左官店を経営するようになった昭和59年以降も労働者性を認めるべきであると主張するが,被災者Y自身,陳述書(甲D27の1)及び本人尋問(21頁)で,その後も職人を常時複数人雇用してきたと陳述・供述しているから,労働者性を認めることはできない。
他方,一審被告国は,被災者Yが父親の経営するY左官店で左官作業に従事していたことを裏付ける証拠はないし,仮に,これが認められるとしても,被災者Yの父親が経営するY左官店に他の従業員はいなかったから,労基法116条2項(労基法は,同居の親族のみを使用する事業及び家事使用人については,適用しない。
)に該当すると主張する。し
かし,被災者Yは,陳述書(甲D27の1)及び本人尋問で,父親が経営していたY左官店に勤務していたと具体的に陳述・供述しているところ,その陳述・供述を覆すような証拠はない。また,被災者Yは,陳述書(甲D27の1)及び本人尋問で,父親がY左官店を経営していたときも,同被災者のほかに複数の職人が雇用されていたと陳述・供述しているところ,その陳述・供述は,上記のとおり,同被災者が自らY左官店を経営するようになった昭和59年以降も職人を常時複数人雇用してきたと陳述・供述していることに照らし,信用することができ,他に同被災者の上記陳述・供述を覆すような証拠はない。
2
建基法に基づく規制権限等不行使の違法性
建基法2条7号ないし9号に基づく指定・認定行為等の違法性

一審原告らは,一審被告国(内閣,建設大臣及び国土交通大臣。以下建設大臣等という。)が,建基法2条7号ないし9号に基づき,政令や告示
等により,石綿含有建材を使用した構造を耐火構造,準耐火構造として,石綿含有建材を不燃材料,準不燃材料,難燃材料として指定・認定したこ
と,その後,その指定・認定を削除しなかったこと,仮に,このような指定・認定をするのであれば,建築作業従事者が石綿含有建材の危険性を具体的に認識できる警告表示の義務付け,建築作業従事者に送気マスクの着用
(吹付工)
又は防じんマスクの着用及び集じん機付き電動工具の使用
(吹
付工以外)の義務付け及び事業者に対する粉じん濃度測定及び評価の義務付けを条件とすべきであったのに,そのような条件を付さなかったことが国賠法1条1項の適用上違法であると主張する。
ところで,前記1

(規制権限不行使の違法性の判断基準)で説示した

とおり,国又は公共団体の公務員による規制権限の不行使は,その権限を定めた法令の趣旨,目的や,その権限の性質等に照らし,具体的事情の下において,その不行使が許容される限度を逸脱して著しく合理性を欠くと認められるときは,その不行使により被害を受けた者との関係において,国賠法1条1項の適用上違法となるものと解するのが相当であり,公務員による規制権限の不行使が国賠法1条1項の適用上違法であるというためには,規制権限の根拠となる法令が存在し,それを行使するための要件が満たされていることに加え,規制権限の不行使によって損害を受けたと主張する個別の国民との関係で,当該公務員が規制権限を行使すべき職務上の法的義務を負い,その義務に違反したと認められることが必要である。したがって,本件において,建設大臣等が建基法2条7号ないし9号に基づいてした上記のような指定・認定行為等が,建築作業従事者との関係で国賠法1条1項の適用上違法といえるためには,建設大臣等が建基法2条7号ないし9号に基づき建築作業従事者に対して職務上の法的義務を負っていること,すなわち,同条項が建築作業従事者を保護の対象としていることが必要であるところ,その判断は,建基法全体の趣旨,目的等も参照しつつ,規制権限の根拠規定ごとの趣旨,目的等に基づいて行われるべきである。

これを本件についてみると,建基法は,我が国における建物のほとんどが木造であるため火災に対して脆弱であり,過去に火災のために大きな損害を被ってきたことに鑑みて,制定されたものである(乙アB111・1226頁)
。また,建基法2条7号ないし9号の文言上も,同条7号にいう
耐火構造とは,隣家の火災により容易に延焼せず,また,建物内で出火しても,通常は防火区画内で鎮火し,万一全焼しても火災後の耐力の低下が少なく,建物を倒壊には至らせない性能を担保した構造をいい(乙アB80・332頁)
,同条8号にいう防火構造とは,延焼を防止する等
の性能を有するものであるが,耐火構造ほどの防火性能を有するものではないものとされ(同・338頁)
,同条9号にいう不燃材料とは,通常
の火災時の加熱に対して多少の溶融又は赤熱を生じることはあっても,燃焼現象や防火上有害な損傷を生ぜず,かつ,防火上有害な煙又はガスを発生しないものをいうとされるなど,建物の構造や建築材料の火災に対する性能を要求しているにとどまる(同・327頁)

このような建基法の制定経緯や趣旨,目的,同法2条7号ないし9号の文言を併せ考慮すれば,建基法2条7号ないし9号の目的は,建物の構造の耐火性能等に関する最低基準を定め,建築の際にこれを遵守させることにより,完成した建物に火災が発生した際の延焼や倒壊を防止し,建物の居住者及び利用者,建物の所有者並びにその周辺住民等の生命,身体,財産を保護することにあるものと解され,建物の施工過程における建築作業従事者の生命,身体,財産の保護を目的とするものとは解されない。そうすると,建設大臣等には,建基法2条7号ないし9号に基づき,建築作業従事者との関係で,規制権限を行使すべき職務上の法的義務があるとはいえないから,一審原告らの主張するような建設大臣等の建基法2条7号ないし9号に基づく指定・認定行為が,建築作業従事者との関係で国賠法1条1項の適用上違法になることはない。


これに対し,一審原告らは,建基法2条7号ないし9号は,建築作業従事者の生命,身体,財産の保護をも目的とするものであり,同条項の委任の趣旨には,耐火性能等のみならず,安全性の確保が含意されていると主張し,その根拠として,①建基法1条は,
国民の生命,健康等の保護を
目的としていること,②昭和45年の改正建基法37条は,建築材料の品質について,指定建築材料ごとに建設大臣が定める安全上,防火上又は衛生上必要な品質に関する技術的基準に適合するものとして認定を受けたものでなければならないと規定していること,③昭和45年の建基法改正に伴って建基令が改正され,建基令108条の2が新設されて,建基法2条9号の不燃材料の性能基準として,
燃焼せず,かつ,防火上有害な変形,溶融,き裂その他の損傷を生じないこと(同1号)のみならず,
防火上有害な煙又はガスを発生させないこと
(同2号)
という基準が定められた
こと,④平成15年の建基法改正で,建基法28条の2が新設されて,いわゆるシックハウス対策のために室内の化学物質の発散に対する衛生上の措置が規定されたこと,⑤一審被告国は,ILOやWHOにおける石綿の発がん性に関する議論や吹付石綿に対する規制の議論を踏まえて,昭和48年に官庁営繕工事における技術的基準の一つである庁舎仕上げ標準の内部仕上げ表から石綿吹付材を削除し,昭和62年頃に学校の吹付石綿が飛散して健康障害をもたらす危険が重大な社会問題となったことから,昭和62年建設省告示1929号(甲B17)により,耐火構造の指定から吹付石綿を除外し,平成15年改正安衛令により石綿含有建材の使用が原則禁止となったことから,
平成16年国土交通省告示1172号
(甲
B22)
等で耐火等の性能を有する建材から石綿含有建材を削除するなど,安全性確保のために建基法2条7号ないし9号に基づく告示等の改正を行うなどしたこと(甲A87)
,⑥建基法90条は,工事施工者に建築工事の
危害防止措置を行うことを義務付け(1項)その危害防止措置の技術的基,

準を政令で定めるとしているところ
(2項)建築工事に内在する危害から,

一般通行人,隣地居住者だけでなく,工事関係人(建築作業従事者)の生命,健康をも保護するものと解されること(甲A138・923頁)を挙げる。
しかし,①については,建基法1条は,総則的規定にすぎず,同条から直ちに建設大臣等の建築作業従事者に対する具体的な義務が発生するとは解されないし,前記のような建基法の制定経緯や趣旨,目的に鑑みれば,建基法1条が建築作業従事者を含む国民の生命,身体等を直接の保護対象にしているとも解されない。
②については,昭和45年の改正建基法37条は,建築材料の品質について定めているが,その文言上,建物の安全性を確保するためのものであり,建物の建築過程における建築作業従事者の生命,身体等の保護を目的としたものと解することはできない。
③については,昭和45年改正建基令108条の2は,建基法2条9号を受けて,
通常の火災時の加熱に対する性能要件として,
防火上有
害な煙又はガスを発生しないことを定めたものであり,建物の建築過程における建築作業従事者の生命,身体等の保護を目的としたものと解することはできない。
④については,一審原告らが自ら主張するように,平成15年の改正建基法28条の2は,いわゆるシックハウス対策のために室内の化学物質の発散に対する衛生上の措置を規定したものであるから,建物の建築過程における建設作業従事者の生命,身体等の保護を目的としたものと解することはできない。
⑤については,一審被告国が一審原告らの主張するような規制措置をとったことは確かであるが,そのことから,直ちに建基法2条7号ないし9号が建物の建築過程における建築作業従事者の生命,身体等の保護を目的
としたものと解することはできない。なお,一審原告らは,その主張の根拠として,
アスベスト問題に関する国土交通省の過去の対応の検証
(甲
A87)を挙げるが,これを勘案しても上記判断は左右されない。⑥については,
後記イ
(建基法90条に基づく規制権限不行使の違法性)
で説明する。

また,
一審原告らは,
一人親方等について,
その生命,
身体等の保護が,
一審被告国の旧労基法及び安衛法に基づく規制権限行使によって図られない場合には,
建基法令に基づく規制権限行使によって図られるべきであり,
建基法令の関係でも,一人親方等が国賠法の保護対象となると主張する。この点,前記1

(一人親方等との関係における規制権限等不行使の違

法性)のアのとおり,当裁判所は,建材メーカー及び事業者に対する警告表示(掲示を含む。
)に係る規制権限不行使に限ってではあるが,一人親方
等との関係でも,一審被告国の規制権限不行使の違法性を認めたところである。なお,これを措くとした場合には,建基法令の関係では,前記1(一人親方等との関係における規制権限等不行使の違法性)のアで説示したところ(旧労基法及び安衛法の関係)とは異なり,上記イで説示したとおり,
建基法の目的や条文等に照らせば,
一人親方等についてはもちろん,
建築作業従事者一般について,建基法令が,建物の建築過程における建築作業従事者の生命,身体等の保護を目的としたものと解することはできない。
建基法90条に基づく規制権限不行使の違法性
一審原告らは,建基法90条2項は,建築現場の周辺住民や通行人のみならず,建築作業従事者の生命,身体等を保護することを目的とした規定であり,一審被告国は,同条項に基づき,建築作業従事者の石綿粉じん曝露による健康被害という危害を防止するための規制権限を有していたところ,旧労基法及び安衛法に基づき講じるべきであった規制と同様の規制を行わな
かった行為が国賠法1条1項の適用上違法であると主張する。
ところで,建基法90条1項は,
建築物の建築,修繕,模様替又は除却のための工事の施工者は,当該工事の施工に伴う地盤の崩落,建築物又は工事用の工作物の倒壊等による危害を防止するために必要な措置を講じなければならないとし,2項は,

前項の措置の技術的基準は,政令で定める。

と定めている。この条項における危害の防止には,建築中の建物における建築作業従事者に対する危害の防止が含まれているのは明らかであるから,建設大臣等が定める技術的基準において,危害の防止に必要な措置が定められておらず,そのことが著しく不合理である場合には,建築作業従事者との関係で,国賠法上違法というべき場合が想定できないわけではない。しかし,同条1項は,防止されるべき危害として崩落,倒壊といった物理的な作用によるものを例示している。
また,
建基令136条の2の20ないし136条の8も,
仮囲いの設置
(1
36条の2の20)
,根切り工事,山止め工事等による地盤の崩壊,周辺設備
の損壊の防止
(136条の3)基礎工事用機械等の転倒防止

(136条の4)

落下物に対する防護(136条の5)
,建物の荷重による倒壊防止(136条
の6)
,工事用材料の倒壊,崩落防止(136条の7)
,火災防止(136条
の8)など,いずれも建築現場において直ちに被害が発生する物理的な作用による種々の危険に対する防止措置を定めており,建基法90条が直ちに,建築作業従事者が石綿粉じんに曝露することによる危険に対する措置をも念頭においた規定であると解することには無理がある。
これらの事情に照らせば,一審原告らの上記主張は採用できない。建基法2条9号に係る立法行為又は立法不作為の違法性

一審原告らは,①一審被告国は,昭和53年,昭和62年,遅くとも平成7年の各時点で石綿含有建材の使用を禁止すべきであったから,建基法2条9号の石綿スレートの規定を削除し,石綿含有建材の使用を禁止
するための建基法改正をすべきであったのに,平成10年の建基法改正まで,そのような立法措置を怠ったところ,これは国賠法1条1項の適用上違法である,②一審被告国は,遅くとも平成7年の時点で石綿含有建材の使用を禁止すべきであったから,平成14年の建基法改正の際,同法28条の2(ホルムアルデヒド等の化学物質を含む建材の使用禁止又は制限)を創設した際,石綿含有建材についても使用を禁止する立法措置をとるべきであったのに,そのような立法措置を怠ったところ,これは国賠法1条1項の適用上違法であると主張する。これに対し,一審被告国は,一審原告らの上記各主張はいずれも時機に後れた攻撃方法であるとして,民訴法157条1項に基づき,その却下を求める。
ところで,一審原告らは,建基法2条9号に係る立法行為又は立法不作為の違法性自体については原審段階から主張していた。しかし,①の主張については,昭和25年の建基法制定時から同法2条9号の不燃材料の一つとして規定されていた石綿板に関する主張をしていたにとどまり,昭和45年の建基法改正により同条項の不燃材料の一つとして例示された石綿スレートに関する主張はしておらず,当審で違法時期の主張を変更した。また,②の主張については,原審段階では主張していなかった。そして,一審原告らは,2016年(平成28年)4月8日付け控訴審準備書面(国-1)で,石綿含有建材の使用禁止を念頭においた一審被告国の立法不作為の違法性について改めて主張するとしていたところ,2018年(平成30年)1月25日付け控訴審準備書面(国-15)対国最終準備書面その3により,上記各主張をするに至ったものである。これらの事実に照らせば,少なくとも②の主張は,新たな主張であり,故意又は重大な過失により時機に後れて提出された攻撃方法であるといえなくはない。
しかし,後記イのとおり,一審原告らの上記各主張については,一審原
告らと一審被告国の更なる主張・立証を待つまでもなく,その当否の判断が可能であり,訴訟の完結を遅延させることにはならないから,これを民訴法157条1項に基づいて却下することはしない。

国会議員の立法行為又は立法不作為が国賠法上違法と評価されるのは,立法の内容又は立法不作為が国民に憲法上保障されている権利を違法に侵害するものであることが明白な場合や,国民に憲法上保障されている権利行使の機会を確保するために所要の立法措置をとることが必要不可欠であり,それが明白であるにもかかわらず,国会が正当な理由なく長期にわたってこれを怠る場合などには,例外的に,国会議員の立法行為又は立法不作為は,国賠法1条1項の適用上違法との評価を受けるものと解するのが相当である(最高裁平成17年9月14日大法廷判決(民集59巻7号2087頁)。

これを本件についてみると,前記1

(石綿の製造等禁止に係る規制権

限不行使の違法性)で説示したとおり,平成7年又は平成14年の時点でも,一審被告国において石綿の製造等禁止措置をとらなかったことが著しく不合理であったとはいえず,上記

及び

国に,建基法2条7号ないし9号に基づく指定・認定行為等の違法性及び建基法90条に基づく規制権限不行使の違法性も認められない。そして,本件全証拠によっても,一審原告らの主張する立法行為又は立法不作為が国賠法1条1項の適用上違法との評価を受けるような上記事情を認めるには足りない。したがって,一審原告らの前記各主張はいずれも採用できない。
3
一審被告国の規制権限不行使の違法性と一審原告ら(被災者ら)の石綿関連疾患発症との因果関係及び一審被告国の責任
前記第2章事案の概要等の第2前提事実の5(石綿関連疾患

の概要)
のとおり,
石綿粉じん曝露と石綿肺及び肺がんの発症との間には
量-反応関係があり,中皮腫は石綿粉じんの低濃度曝露によっても発症するが,一般環境曝露程度では発症リスクは増加しないとされ,びまん性胸膜肥厚についても,石綿粉じん曝露期間が長くなるにつれて発症の可能性が上昇していく関係にある一方で,石綿粉じんの曝露期間や曝露量に比例して発症時期が早まり,症状が重篤化するという明確な知見はなく,石綿肺や肺がんの発症には10年,中皮腫の発症には1年,びまん性胸膜肥厚の発症には3年の職業曝露があれば,それだけでも当該石綿関連疾患を発症させる危険性があるとされている。
したがって,一審被告国の責任期間が各石綿関連疾患の発症に必要な職業曝露期間以上であれば,一審被告国の責任期間内の石綿粉じん曝露のみによっても被災者らに石綿関連疾患を発症させるに足る危険性があったということができるから,一審被告国の規制権限不行使の違法と被災者の石綿関連疾患の発症との間には相当因果関係が認められることになり,一審被告国は,当該被災者に対し,国賠法1条1項に基づき,石綿粉じん曝露による石綿関連疾患の発症に起因する損害について,損害賠償責任を負うというべきである。
ところで,本件における被災者らの就労状況,石綿関連疾患罹患状況等及び石綿粉じん曝露は,前記第1の4のとおりである。
他方,前記1

(建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関す

る一審被告国の予見可能性)のイで説示したとおり,一審被告国は,昭和46年中に,
吹付工が石綿吹付作業によって石綿関連疾患を発症する危険性を,昭和48年中に,建築作業従事者が建設屋内での石綿切断等作業によって石綿関連疾患を発症する危険性を,平成13年中に,建築作業従事者が屋外での石綿切断等作業によって石綿関連疾患を発症する危険性をそれぞれ予見可能であった。
また,前記1

(石綿の使用を前提とした規制権限等不行使の違法性)で

説示したとおり,本件における被災者らのうち,労働者性が認められる被災者の関係では,石綿吹付作業につき,昭和47年10月1日から昭和50年9月30日までの間,送気マスクの着用義務付け並びに建材メーカー及び事業者に対する警告表示
(掲示を含む。の義務付けに係る規制権限不行使の違

法性が認められ,建設屋内での石綿切断等作業につき,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までの間,防じんマスクの着用義務付け及び集じん機付き電動工具の使用義務付け並びに建材メーカー及び事業者に対する警告表示
(掲示を含む。の義務付けに係る規制権限不行使の違法性が認められ,)
屋外での石綿切断等作業につき,平成14年1月1日から平成16年9月30日までの間,集じん機付き電動工具の使用義務付け並びに建材メーカー及び事業者に対する警告表示
(掲示を含む。の義務付けに係る規制権限不行使

の違法性が認められ,また,前記1

(一人親方等との関係における規制権

限等不行使の違法性)で説示したとおり,労働者性が認められない被災者の関係でも,上記の各規制権限不行使の違法性のうち,少なくとも建材メーカー及び事業者に対する警告表示
(掲示を含む。の義務付けに係る規制権限不

行使の違法性は同様に認められる。
前記

に,
これらの事情を総合すると,
本件における被災者らについては,

いずれも一審被告国の責任期間(各被災者の石綿粉じん曝露期間と一審被告国の予見可能性及びこれを前提とする規制権限不行使の違法性が認められる期間が重なる期間)が,当該各被災者の罹患した石綿関連疾患の発症に必要な職業曝露期間を超えているから(本判決別紙14各被災者の責任建材検討表①~⑧⑪~㉗を参照)一審被告国の規制権限不行使の違法と被災者ら

の各石綿関連疾患の発症との間に相当因果関係が認められることになり,一審被告国は,被災者らに対し,国賠法1条1項に基づき,石綿粉じん曝露による石綿関連疾患の発症に起因する損害について,損害賠償責任を負うというべきである。

第3
1
一審被告企業らの責任
一審被告企業らの故意・過失
判断枠組み
市場に流通する製品の使用者は,一般に,当該製品に内在する危険を認識し,これを防ぐ手段を十分に有していない。これに対し,製品の製造・販売者は,製品の危険性を予見し,これを管理する手段と能力を十分に有しているから,製品使用者に対し,製品について社会通念上当然に具備すると期待される安全性を確保すべき注意義務を負っているというべきであり,特に,使用者の生命,身体の安全に関わる事柄については,侵害される法益の重大性に鑑み,最高,最新の学問,技術水準に基づいて当該製品から発生する危険を予見し,被害発生を防止するために必要かつ相当な対策を適時かつ適切に講ずべき高度の注意義務を負っているというべきである。
建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する一審被告企業らの予見可能性

判断
石綿関連疾患に関する医学的知見の確立等
前記第2の1

(石綿関連疾患に関する医学的情報の集積ないし医学

的知見の確立)で説示したとおり,我が国において,石綿粉じん曝露と石綿肺発症に関する医学的知見は,昭和31年度及び昭和32年度の労働衛生試験研究の結果が昭和32年度の研究報告書として公刊された昭和33年3月31日頃に確立し,石綿粉じん曝露と肺がん発症に関する医学的知見は,石綿粉じんの発がん性を前提とした昭和46年通達が発出され,旧特化則が制定された昭和46年頃に確立し,石綿粉じん曝露と中皮腫発症に関する医学的知見は,IARC報告によって石綿と中皮腫発症の因果関係が認められ,その内容が労働省労働衛生研究所の坂部弘之によって紹介された昭和47年頃に確立し(同年には,石綿肺及び
肺がんよりも少量の石綿粉じん曝露によって中皮腫が発症し得るという医学的知見も確立していた。,石綿粉じん曝露とびまん性胸膜肥厚発症)
に関する医学的知見は,石綿粉じん曝露と肺がん及び中皮腫発症に関する医学的知見が確立し,中皮腫が石綿肺及び肺がんよりも少量の石綿粉じん曝露によって発症し得るとの医学的知見が確立した昭和47年頃以降に確立した。
そして,上記の医学的知見の根拠となるべき研究報告等は公刊されていて誰でも入手可能であったことや,石綿取扱い事業場に対する監督指導を求めた昭和46年通達の内容や旧特化則の内容については一審被告企業らも当然認識すべきものであったことに鑑みれば,一審被告企業らは,上記各時点で,石綿含有建材にはこれを使用する建築作業従事者の生命,身体を侵害する危険性が内在しており,石綿粉じん曝露が石綿関連疾患を発症させることを予見することが可能であったというべきである。
石綿含有建材の建築現場への到達及びその予見可能性
前記第1の2

(建築現場における石綿含有建材の使用等に関する事

実)のとおり,建築中の建物の各部分及び建築作業の各工程において,様々な建材メーカーが製造・販売した各種の石綿含有建材が使用されていた。石綿含有建材を含めた建材は建物の建築に必然的に使用されるから,一審被告企業らは,石綿含有建材を製造・販売した建材メーカーとして,自らの製造・販売した石綿含有建材が市場を通じて建築現場に到達し,他社の製品とともに同一の建築現場で使用されることを認識し,あるいは容易に認識することができたはずである。
建築作業中の石綿粉じん曝露及びその予見可能性
前記第1の2

(建築現場における石綿粉じん曝露等に関する事実)

のとおり,建築現場では,石綿含有建材を使用した石綿粉じん作業,特
に石綿吹付作業や電動工具を用いた石綿切断等作業によって大量の石綿粉じんが発生するほか,様々な職種の者が同時に並行して作業を行うため,建築作業従事者は,自ら取り扱った石綿含有建材から発生した石綿粉じんに曝露するだけでなく
(直接曝露)他の作業により発生した石綿

粉じんにも曝露した(間接曝露)
。その曝露濃度は,吹付工による石綿吹
付作業について,昭和46年時点で当時の許容濃度(33本/㎤)を大幅に超え,建設屋内での石綿粉じん作業について,昭和48年時点で当時の抑制濃度(5本/㎤)を大幅に超え,屋外での石綿切断等作業について,平成13年時点で我が国における過剰発がん生涯リスクレベルが10-3となる評価値(0.15本/㎤)を超えていた。
このため,前記第2の1

(一審被告国が講じてきた石綿粉じん曝露

防止対策の有効性)及び同

(石綿の使用を前提とした規制権限不行使

の違法性)のとおり,石綿粉じん曝露防止対策として,石綿吹付作業については送気マスクの着用,建設屋内での石綿切断等作業については防じんマスクの着用及び集じん機付き電動工具の使用,屋外での石綿切断等作業については集じん機付き電動工具の使用がそれぞれ必要かつ有効でありながら(なお,防じんマスクの着用も必要かつ有効なものであるが,これは平成7年の特化則改正により義務化されている。,建築作業)
従事者は,石綿粉じん曝露により石綿関連疾患に罹患することについての具体的危険性と具体的対策についての認識を欠き,作業の効率等を優先させて上記の各対策を講じないまま作業することが多かった。
これらの事情に照らせば,一審被告企業らは,石綿含有建材を製造・販売する建材メーカーとして,自らの製造・販売した石綿含有建材が建築現場でどのように使用されているかを把握し,具体的な使用状況における安全性を確保すべきであったところ,現に,建材メーカーの担当者が営業のために建築現場を訪問し(甲A1084・12~13頁),ある

いは建築現場から粉じんの発生が多いなどといった情報が建材メーカーに提供されることもあったから(甲A1278・38頁)
,建築現場にお
ける石綿粉じん作業の実態,建築作業従事者の石綿粉じん曝露濃度,有効な石綿粉じん曝露防止対策とその実施状況等を認識し,あるいは建築現場を調査し,石綿粉じん濃度を測定するなどして,容易に認識することが可能であったというべきである。
なお,一審被告太平洋セメントは,建材メーカーの担当者が他社であり取引先である事業者の建築現場を調査することは容易でないと主張するが,事業者が他社であり取引先であるからといって,建築現場の調査ができないというものではないし,
調査という程度のものではなくとも,
建築現場を訪問すれば,建築現場における石綿粉じん作業の実態等を把握することは可能というべきであるから,一審被告太平洋セメントの上記主張は採用できない。
自社製品の石綿含有性に関する予見可能性
一審被告企業らは,石綿含有建材の製造・販売企業であるから,自らが製造・販売した石綿含有建材に石綿が含有されているか否かを認識していたというべきである。
小括
以上のとおり,一審被告企業らは,石綿含有建材を製造・販売する建材メーカーとして,自らが製造・販売した石綿含有建材が建築現場に到達し,他の建材メーカーが製造・販売した建材とともに使用されて,建築作業従事者を石綿粉じんに曝露させていること,石綿粉じん作業における石綿粉じん曝露濃度は,石綿関連疾患を発症させる危険性を有する水準のものとなっていたこと,石綿粉じん曝露防止対策として,石綿吹付作業については送気マスクの着用,建設屋内での石綿切断等作業については防じんマスクの着用及び集じん機付き電動工具の使用,屋外での
石綿切断等作業については集じん機付き電動工具の使用がそれぞれ必要かつ有効でありながら,建築作業従事者が,石綿粉じん曝露により石綿関連疾患に罹患することについての具体的危険性と具体的対策についての認識を欠き,作業の効率等を優先させて上記の各対策を講じないまま作業することが多かったことを認識し,あるいは容易に認識することが
石綿関連疾患を発症する危険性に関する一審被告企業らの予見可能性が認められる時期は,
一審被告国の関係と同様に,
石綿含有吹付材の製造・
販売行為については,石綿吹付作業に従事する吹付工との関係で昭和46年中,
建設屋内での石綿粉じん作業に使用される石綿含有建材の製造

販売行為については,同作業に従事する建築作業従事者との関係で昭和48年中,屋外での石綿切断等作業に使用される石綿含有建材については,同作業に従事する建築作業従事者との関係で平成13年中とそれぞれ認めるのが相当である。

補足説明
一般的な補足説明
a
間接曝露に関する一審被告企業らの予見可能性
前記ア

によれば,一審被告国の関係と同様,建設屋内での石綿粉

じん作業については,間接曝露の関係でも,一審被告企業らに建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する予見可能性があったと認めるのが相当である。
b
石綿関連疾患に関する医学的知見の確立時期と一審被告企業らに建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する予見可能性が認められる時期との関係
一審被告国の関係と同様,石綿関連疾患に関する医学的知見は,一審被告企業らに予見可能性が認められるための前提となると考えられ
るから,一審被告企業らに予見可能性が認められる時期については,建築作業従事者の作業態様だけでなく,石綿関連疾患の種類も考慮する必要があるといえなくはないが,石綿関連疾患は,いずれも石綿粉じん曝露を原因とする重篤な不可逆性疾患であり,基本的な予防対策が石綿粉じんの発生・曝露防止,石綿の代替化の推進等である点で共通しているから,必ずしも石綿関連疾患ごとに一審被告企業らの予見可能性を個別に検討する必要はないというべきである。もっとも,一審原告らが主張する一審被告企業らの義務違反の検討に当たっては,石綿関連疾患の種類が問題となる余地がないではないが,この点については,後に更に検討する。
一審原告らの主張に対する検討
a
医学的知見の確立を求めることの不当性
一審原告らは,①一審被告企業らの予見可能性の前提として医学的知見の確立を求めることは不当であり,一審被告企業らの予見可能性の程度としては,建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する抽象的危険性に係る認識可能性があれば足りると解すべきである,②仮に,一審被告国との関係では,規制権限行使の前提として,医学的知見の確立が必要であると解されるとしても,一審被告企業らとの関係では,予見可能性の前提として,石綿関連疾患の発症に関する抽象的な危険性があれば足り,
医学的知見の確立は不要と解すべきである,
③仮に,
一審被告企業らの予見可能性の前提として,医学的知見の確立が必要であるとしても,石綿粉じんがいずれかの石綿関連疾患を発症させる危険性があることについて予見可能性があれば足り,石綿関連疾患ごとに予見可能性を検討する必要はなく,
遅くとも昭和33年の時点で,
また,石綿工場と建築現場を別異に解するとしても,どんなに遅くともじん肺法が制定された昭和35年の時点で,一審被告企業らにすべ
ての石綿関連疾患に係る予見可能性が認められると主張する。
しかし,①及び②については,一審被告企業らに対し,法的義務としての(共同)不法行為に基づく損害賠償責任を負わせるためには,一審被告企業らの予見可能性の前提として,医学的知見の確立を求めるのが相当であるから
(ただし,
医学的知見の確立の意義については,
一審被告国の関係で説示したとおり,特定の要因と特定の疾患の有意な関連性について,複数の疫学的研究等により確認される必要があるが,およそ異論がないという程度まで確認される必要はないというべきである。,一審原告らの上記各主張は採用できない。

また,

必ずしも石綿関

連疾患ごとに一審被告企業らの予見可能性を個別に検討する必要はないというべきであるが,後記bのとおり,昭和33年及び昭和35年の各時点で,一審被告企業らに建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する予見可能性を認めることはできない。
b
予見可能性の基準時期
一審原告らは,一審被告企業らには,建築作業の態様を問わず,①昭和22年,②昭和30年,③昭和33年,④昭和35年,⑤昭和40年ないし昭和41年,⑥昭和46年の各時点で,建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険性に関する予見可能性が認められるべきであると主張する。
まず,一審被告国の関係で説示したとおり,建築作業の態様(石綿吹付作業,建設屋内での石綿切断等作業,屋外での石綿切断等作業)によって,建築作業従事者の石綿粉じん曝露状況は異なり,一審被告企業らに予見可能性が認められる時期も異なるというべきであるから,前記のとおり,建築作業の態様ごとに一審被告企業らの予見可能性を検討すべきであって,建築作業の態様を問わず,一律に一審被告企業
らの予見可能性を検討すべきであるとの一審原告らの上記主張は採用できない。
そして,①昭和22年及び②昭和30年については,一審被告国の関係と同様,いずれの石綿関連疾患についても医学的知見が確立していたとは認められないから,上記各時点で,一審被告企業らに予見可能性が認められる余地はない。
一審原告らは,一審被告企業らに予見可能性が認められる根拠として,

特殊健康診断指導指病予防のための労働環境の改善等の促進について及び労働環境における職業病予防に関する技術指針(乙アB13,14)を挙げ,④
昭和35年については,昭和31年の特殊健康診断指導指針についてでふきつけの文言が削除されたが,昭和35年制定のじん肺法でふきつけの文言が復活したこと(乙アB11,12)を挙げ,⑤昭和40年ないし昭和41年については,昭和39年に開催されたニューヨーク科学アカデミー主催のアスベストの生物学的影響に関する会議の報告書(甲A140)により,石綿粉じん曝露により中皮腫が発症することが明らかとなったことを挙げる。
しかし,これらの事実は,石綿関連疾患に関する医学的知見の確立時期を判断する上では相応の意味を有し,あるいは石綿粉じん濃度に関する規制状況を示すものではあるが,一審被告企業らに予見可能性が認められるためには,建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する客観的な危険性の存在を前提として,その危険性に対する一審被告企業らの認識を検討する必要があり,その検討においては,石綿粉じん濃度の評価指標(基準)や規制状況,建築現場における石綿粉じん濃度の測定結果等も検討すべきであるところ,これらの事情は一審原告ら
の主張する上記各事実には表れていないから,上記各時点で,一審被告企業らに予見可能性があったとは認められない。
⑥昭和46年について,当裁判所は,石綿吹付作業に従事する吹付工の関係で,同年中に一審被告企業らに予見可能性があったと認めたから,問題となるのは,建設屋内及び屋外での石綿切断等作業に従事する建築作業従事者の関係となる。この点,一審原告らは,一審被告昭和37年の労働衛生保護具検定規則の一部を改正する省令の施行並びに防じんマスク肺法に規定する粉じん作業に係る労働安全衛生規則第173条の適用7)を挙げる。しかし,これらの事実は,石綿粉じん濃度に関する規制状況を示すものではあるが,上記のとおり,一審被告企業らに予見可能性が認められるためには,建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する客観的な危険性の存在を前提として,その危険性に対する一審被告企業らの認識を検討する必要があり,その検討においては,石綿粉じん濃度の評価指標(基準),規制状況,建築現場における石綿粉じん濃度の測定結果等も検討すべきであるところ,建設屋内・外における石綿切断等作業との関係では,これらの事情は一審原告らの主張する上記各事実には表れていないから,昭和46年の時点で,一審被告企業らに予見可能性があったとは認められない。c屋外作業(屋根作業を含む。)に関する予見可能性一審原告らは,一審被告企業らの予見可能性を判断するに当たり建設屋内での石綿切断等作業と屋外での石綿切断等作業を区別する必要はないと主張し,その根拠として,①建築作業従事者の石綿関連疾患発症に係る予見可能性が認められるためには,医学的知見の確立は不要であり,抽象的な危険性に対する認識で足りること,②昭和22年に制定された旧労基法(乙アB2)昭和31年に発出,された「特殊健康診断指導指針について(昭和31年通達。乙B1
2)
,昭和35年に制定されたじん肺法(乙アB19)では,建設屋
内と屋外での石綿切断等作業について異なった規制はされていな
いこと,③昭和48年の時点において,屋外での石綿切断等作業であれば安全であるという合理的な指標は存在しなかったことを挙
げる。
しかし,①については,前記aで説示したとおり,一審原告らの上記主張は採用できない。
また,②及び③については,労働関係法令における規制内容が一審被告企業らの予見可能性が認められる時期に直ちに結びつくも
のとはいえず,むしろ,一審被告国の関係で説示したとおり,建設屋内での石綿切断等作業における石綿粉じん濃度測定の結果と屋
外での石綿切断等作業における石綿粉じん濃度測定の結果とでは
大きな違いがあり,これは,建設屋内と屋外とでは,石綿切断等作業により発生する石綿粉じんが希釈される程度,言い換えれば,石綿粉じんの滞留の状態に違いがあることによるものと考えられる
から,建設屋内と屋外での石綿切断等作業について一審被告企業らに予見可能性が認められる時期が異なることには合理性があり,一審原告らの上記各主張は採用できない。
一審原告らは,屋根作業にかかる一審被告企業らの予見可能性に
ついて,建設屋内作業と同様に一審被告企業らの予見可能性を認めるべきであると主張し,その根拠として,これまでと同様の医学的知見に関する主張のほか,建築中の建物の足場の周囲にネットやシ
ートが設置されることや京都の地域性から,屋根作業は,屋外作業ではなく,建設屋内作業というべきであることを挙げる。
しかし,一審被告国の関係で説示したとおり,建築中の建物の屋
上は開放空間であるから,屋根作業を建設屋内作業と同視することはできず,一審原告らの上記主張は採用できない。
一審被告企業らの共通主張に対する検討
a
石綿関連疾患に関する医学的知見の確立
一審被告企業らは,同じく石綿繊維といっても,クロシドライト及
びアモサイトとクリソタイルでは,中皮腫を含めた発がん性に大きな違いがあり,
中皮腫の発症性については,
クロシドライトが最も強く,
クリソタイルに比較して500倍の発症性を有し,アモサイトも,クリソタイルに比較して100倍の発症性を有することが医学的知見として確立しており,クリソタイルについては,特に少量曝露による中皮腫を含めた発がん性に関する医学的知見は現在も確立されていないと主張し,その根拠として,石綿ばく露と石綿関連疾患-基礎知識と補償・救済(乙ケ1001),昭和46年制定の旧特化則で石綿の
抑制濃度が2㎎/㎥(33本/㎤)と定められたこと,昭和47年のIARC報告(甲A307・20頁,甲A316),その後に発表された論文や研究報告等,例えば,WHOが平成元年に発表した石綿の職業的曝露限界と題する報告(乙アA3の1・2),ワグナーが平成元年に提唱したアンフィボール仮説(乙ケ1004・35頁,乙ケ1008・21頁),ワグナーがIARC報告を平成2年の医学的知見によってアップデートした論文(乙ケ17の1・2),ドナルドソンの平成22年の論文(乙ケ15の1・2),中村栄三ほかの平成22年の論文アスベスト小体と悪性胸膜中皮腫
(乙ケ18),厚生労働省の
下に設置された石綿による疾病の認定基準に関する検討会が平成

24年2月に公表した報告書(乙ケ1018)等を挙げる。
確かに,石綿ばく露と石綿関連疾患-基礎知識と補償・救済
上記
(113頁)では,クロシドライト及びアモサイトとクリソタイルでは,中皮腫を含めた発がん性に大きな違いがあり,中皮腫の発症性については,クロシドライトが最も強く,クリソタイルに比較して500倍の発症性を有し,アモサイトも,クリソタイルに比較して100倍の発症性を有すると指摘されている。
しかし,石綿関連疾患に関する医学的知見の確立時期については,前記ア

(前記第2の1

(石綿関連疾患に関する医学的情報の集積

ないし医学的知見の確立)
)で説示したとおりである。クロシドライト
及びアモサイトとクリソタイルでは,中皮腫を含めた発がん性に違いがあり,石綿の種類による危険性の違いは大きいが,クリソタイルであっても人体に有害であることに変わりはなく,一審被告企業らが挙げる上記法令や論文,研究報告等も,クリソタイルだけは例外的に危険ではないとの確たる知見を示すものとはいえない。
例えば,
上記
石綿による疾病の認定基準に関する検討会が平成24年2月に公表した報告書では,

クリソタイルについて角閃石族石綿と同じ基準で評価する現行の労災認定基準は,石綿ばく露労働者の幅広い救済という観点を考慮しているものであると判断する。(6頁末尾)とされる

一方,結論的には,
クリソタイルのみのばく露については,発症リスクが2倍になる累積ばく露量に関する見解に大きな幅があることから,現時点においては,これまでと同様に,角閃石族石綿とクリソタイルを区別することなく,25本/ml×年を肺がんの発症リスクが2倍になる累積ばく露量とみなすのが妥当である。とされており(3頁)

肺内石綿繊維数等の指標の見直しを行っているわけではない。したがって,一審被告企業らの上記主張は採用できない。

b
他社製品による石綿粉じん曝露と一審被告企業らの認識
一審被告企業らは,個々の一審被告企業らが自己の建材を製造・販売するに当たってどのような注意義務を負うかは,当該一審被告企業がどのような建材を製造・販売しているかによって左右される個別の問題であり,自ら知見がなく,コントロールもできない他社製品による石綿粉じん曝露も含めて予見可能性を判断するのは不当であると主張する。
しかし,一審被告企業らの予見可能性の有無は,客観的な事実を前提とした評価であるところ,前記ア

のとおり,建築中の建物の各部

分及び建築作業の各工程において,様々な建材メーカーが製造・販売した各種の石綿含有建材が使用されており,石綿含有建材を含めた建材は建物の建築に必然的に使用されるものであること,そして,一審被告企業らは,相互に,また,一審被告企業ら以外の石綿含有建材の製造・販売企業と競合関係にあったことに照らせば,自らの製造・販売した石綿含有建材が市場を通じて建築現場に到達し,他社の製品とともに同一の建築現場で使用されるという客観的な事実を認識し,あるいは容易に認識することができたはずである。したがって,一審被告企業らの上記主張は採用できない。
c
建築作業中の石綿粉じん曝露に関する一審被告企業らの認識
一審被告企業らは,①原判決が石綿吹付作業に係る一審被告企業らの予見可能性の根拠とする労働省が昭和46年に行った石綿含
有率50%の吹付材の吹付作業中における石綿粉じん濃度測定結
果は,(測定箇所)15か所平均」と記載されており,これは単に15か所の測定結果の平均値を意味し,時間荷重平均を意味するものではないと解される,②建築作業従事者は,建築現場において,石綿含有建材に限られない多種多様な建材につき,各種作業(切断作業,研磨作業,運搬作業,設置作業等)に従事しており,1日8時間もの間,常に石綿含有建材の切断作業のみを継続しているわけではないから,切断作業の測定結果を一審被告企業らの予見可能性の根拠とするのは不当である,③原判決が屋外での石綿切断等業に係る一審被告企業らの予見可能性の根拠とする日本産業衛生学会が平成13年に発表した過剰発がん生涯リスクレベルが10-3になる評価値0.15本/㎤は,かかる濃度のクリソタイル粉じんに1日8時間,週5日(週40時間),50年間曝露した場合に,平均寿命に到達するまでに石綿に起因する肺がん又は中皮腫で死亡する者が1000人に1人の割合で生じる可能性が高まるという意味にとどまり,ある建築作業従事者の石綿粉じん曝露濃度が短時間あるいは瞬間的に上記数値を超えることがあれば,当該建築作業従事者が肺がん又は中皮腫に罹患する,あるいはその可能性が有為に高まるといった数値ではなく,むしろ著しく低い可能性を意味するにとどまるから,上記評価値を一審被告企業らの予見可能性の根拠とするのは不当である,④原判決が屋外での石綿切断等作業に係る一審被告企業らの予見可能性の根拠とする石綿粉じん濃度の測定結果は,1件を除き,昭和59年から昭和63年にかけて測定されたものであり,昭和63年当時の石綿含有建材から発生する石綿粉じん濃度と約15年後の石綿含有建材から発生する石綿粉じん濃度が同一であるという証拠はないと主張する。まず,①については,確かに,労働省が昭和46年に行った石綿含有率50%の吹付材の吹付作業中における石綿粉じん濃度測定結果(甲A390の2)は,15か所の測定結果の平均値とされている。しかし,上記測定結果が15か所の測定結果の平均値を意味するとしても,その測定数値は,湿式吹付であっても,6.05~8.64㎎/㎥(99.83~142.56本/㎤)という高濃度であり,短時間曝露であっても危険な曝露量である上,吹付工は,1日に少なくとも時間単位で吹付作業に従事し,年間を通じれば石綿粉じんに曝露する時間は多大なものとなるのであるから,何らの措置を講じなければ,このような高濃度の石綿粉じんに曝露する吹付工が石綿関連疾患を発症することを予見することは容易である。上記測定値が15か所の平均であることが,一審被告企業らの予見可能性を否定する根拠とならないことは明らかである。次に,②については,昭和46年の石綿板切断作業における石綿粉じん濃度の測定結果(甲A1207)は,工場内におけるものではあるが,除じん装置があっても昭和48年の抑制濃度5本/㎤を超え,除じん装置がなければ更に抑制濃度を大きく逸脱するものであったから,建築工事における石綿含有建材の切断作業が一日中続くものではないとしても,年間における曝露量は多大なものとなり,建物内の建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する危険に晒されていることを予見するに十分な石綿粉じん濃度である。したがって,一審被告企業らの上記主張は採用できない。また,③については,日本産業衛生学会が平成13年に発表した過剰発がん生涯リスクレベルが10-3になる評価値0.15本/㎤(乙アA178・104頁)の意味内容が,一審被告企業らの主張綿粉じん曝露等に関する事実)のイのとおり,平成13年までに,上記評価値や,諸外国が定める許容濃度0.1本/㎤を超える測定結果が複数存在したことに加え,建築現場には数多くの石綿含有建材が集積し,建築作業従事者が多種多様な作業の中でそれぞれ長年にわたって発じん作業を行ってきたことに鑑みれば,上記評価値をもって一審被告企業らの予見可能性の根拠とすることが不合理であるとはいえない。したがって,一審被告企業らの上記主張は採用できない。そして,④については,確かに,原判決が屋外での石綿切断等作業に係る一審被告企業らの予見可能性の根拠とする石綿粉じん濃度の測定結果は,平成16年から平成17年にかけて行われた測定結果(甲A1288)を除き,昭和59年から昭和63年にかけて測定されたものであるが,その後,石綿含有率が低減傾向にあったために石綿粉じん濃度が低くなっていたことを裏付ける証拠はない。したがって,一審被告企業らの上記主張は採用できない。一審被告企業らは,石綿粉じん作業における防じんマスクの着用は,一審被告国の規制によって相当程度確保され,そのように認識・期待していたところ,かかる期待は合理的なものであったから,建築現場において,建築作業従事者が防じんマスクを着用していないことの予見可能性もなかったと主張する。しかし,一審被告企業らにおいて,石綿粉じん作業における防じんマスクの着用が一審被告国の規制によって相当程度確保されていると認識し,期待していたことについては,これを認めるに足りる証拠はない。むしろ,建築現場において防じんマスクの着用が確きた石綿粉じん曝露防止対策の有効性)で認定・判断したとおりである。したがって,一審被告企業らの上記主張は採用できない。d予見可能性の基準時期一審被告企業らは,一審被告企業らが石綿含有建材を製造・販売していた当時,石綿は管理使用すれば安全であるとの見解が支配的であったから,仮に,一審被告企業らに予見可能性が認められるとしても,その時期は一審被告国の予見可能性が認められる時期よりも遅いと主張する。しかし,前記アで説示したとおり,一審被告企業らは,石綿含有建材の製造・販売企業であるから,自らが製造・販売した石綿含有建材に石綿が含有されているか否かを認識し,あるいは容易に認識することができたというべきであることに加え,自らが製造・販売した石綿含有建材が建築現場に到達し,他の建材メーカーが製造・販売した建材とともに使用されて,建築作業従事者を石綿粉じんに曝露させていること,石綿粉じん作業における石綿粉じん曝露濃度は,石綿関連疾患を発症させる危険性を有する水準のものとなっていたことを認識し,あるいは容易に認識することができたというべきである。したがって,一審被告企業らに予見可能性が認められる時期が,一審被告国の予見可能性が認められる時期よりも早い時期と認められることはあっても,遅い時期と認められることはないというべきである。したがって,一審被告企業らの上記主張は採用できない。一審被告企業らの個別主張に対する検討a一審被告クボタ(番号7・ク)及び同ケイミュー(番号8・ケ)一審被告クボタ及び同ケイミューは,他社製品による石綿粉じん曝露を含めて予見可能性を判断するのは誤りであると主張し,その根拠として,①一審被告ケイミューの㉝石綿含有住宅屋根用化粧スレートについては,建方工事や屋根下地工事が行われた後,外壁が取り付けられる前に,開放空間である屋根上で使用されるものであるから,他社製品による石綿粉じん曝露という実態は存在しないこと,②一審被告ケイミューの⑮石綿含有スレートボード・フレキシブル板及び㉟石綿含有窯業系サイディングについても,これらはいずれも外壁材として使用されるものであるところ,標準作業工程(乙ケ7)によれば,上記各建材施工時に同時に行われている可能性があるのは軒天工事及び内装工事のみであるが,納まりや防水性確保等の観点から,軒天下地工事→外壁下地工事→軒天仕上工事の順で施工されるのが一般的であり,軒天工事は完全な開放空間で行われるから,軒天材から石綿粉じんが発生したとしても,速やかに大気中に希釈され,外壁材の施工時に建物の開口部はサッシ等により閉ざされているから,他社製品による石綿粉じん曝露という実態は存在しないことを挙げる。この点,一審被告ケイミューの㉝石綿含有住宅屋根用化粧スレート並びに⑮石綿含有スレートボード・フレキシブル板及び㉟石綿含有窯業系サイディングは,いずれも屋外での石綿切断等作業で使用綿切断等作業においては,一審被告企業らに間接曝露に係る予見可能性は認められないから,上記一審被告企業らには,上記各建材を直接取り扱う建築作業従事者が石綿粉じんに曝露し(直接曝露)石,綿関連疾患を発症する予見可能性が認められることはともかく,それ以外の建築作業従事者が上記各建材から石綿粉じんに曝露し(間接曝露),石綿関連疾患を発症する予見可能性までは認められない。その意味で,上記各建材に関する限り,一審被告クボタ及び同ケイミューの上記主張には理由がある。一審被告クボタ及び同ケイミューは,日本産業衛生学会が平成13年に発表した過剰発がん生涯リスクレベルが10-3になる評価値0.15本/㎤を根拠として屋外での石綿切断等作業における予見可能性を判断するのは不当であり,上記一審被告企業らが製造・販売した石綿含有建材には,建築作業従事者に石綿関連疾患を発症させる実質的な可能性はないと主張し,その根拠として,①慶応大学が昭和62年5月に屋外で測定した一審被告ケイミューの石綿含有建材施工時の個人曝露濃度は,許容濃度をはるかに下回り,石綿含有外壁材(0.098本/㎤)及び石綿含有屋根材(0.0017本/㎤)のいずれについても,過剰発がん生涯リスクレベル1/1000を下回るものであったこと(乙ケ4),②一審被告ケイミューの石綿含有屋根材の切断等作業には押し切りカッターが使用されることを挙げる。日本産業衛生学会が平成13年に発表した過剰発がん生涯リスクレベルが10-3になる評価値0.15本/㎤を根拠として屋外での石綿切断等作業における予見可能性を認めることが不合理であるとはいえない。そして,確かに,①の個人曝露濃度の測定結果(乙ケ4)は,一審被告クボタ及び同ケイミューの上記主張を裏付けるものであり,また,②の一審被告ケイミューの石綿含有屋根材の切断等作業には押し切りカッターが使用されるとの点については,これを裏付ける証拠として,「図解建築工事の進め方(乙ケ1024)石綿含有建材調査報告書(施工,現場等における実態調査)(乙ケ4・24,68頁)「カラーベス,
ト(住宅屋根用化粧スレート)施工動画」
(乙ケ1031)カラー,ベスト施工動画テロップ要約
(乙ケ1032)等が存在する。この
点,①の個人曝露濃度の測定結果は,一審被告ケイミューの石綿含有建材を押し切りカッターで切断する実験によるものであるから,②の点(一審被告ケイミューの石綿含有屋根材の切断等作業には押し切りカッターが使用されるのか)が問題となるところ,上記石綿含有建材調査報告書(施工現場等における実態調査)では,石綿含有建材(内装材,外壁材,屋根材)の切断方法について,

各業界で使用している切断工具は電動丸鋸が主体となっているが,材質によって手動カッター,押し切りカッター,帯鋸等も使用されている。

とされ,屋根材の切断の際に常に押し切りカッターが使用されるとはされていないこと,屋根工であった被災者X´(番号26)は,本人尋問で,一審被告積水化学工業のセキスイ瓦Uのような波形の屋根材は主にサンダーで,それ以外の屋根材(一審被告ケイミューのカラーベストも含まれる。
)は主に押し切りカッターで切断する
が,後者の切断にサンダーも使用していた,サンダーを使用して屋根材を切断すると,ほこりだらけで真っ白になるほど粉じんが発生し,押し切りカッターを使用して屋根材を切断するときでも粉じんが発生していたなどと具体的に供述していること
(3~5,13頁)
に照らせば,一審被告ケイミューの石綿含有屋根材の切断等作業の際に,常に押し切りカッターが使用されていたとは断定できない。したがって,一審被告クボタ及び同ケイミューの上記主張は採用できない。
b
一審被告新日鉄住金化学(番号11・チ)
一審被告新日鉄住金化学は,京建労(全京都建築労働組合)が行ったアンケートでは,特に大工や電工について,吹付材の剥がし作業時の石綿粉じんの発生量は少ないという回答が多く,左官工である被災者Y(番号27)も,本人尋問で,

吹付材を斫る作業で落ちてくる粉じんは微々たるもんであった。

と供述しているから,電工,配管工らの後続作業者がその職種の作業の前提として吹付済みの吹付材の剥がし作業を行ったとしても,これによって曝露した石綿粉じんは微量であり,石綿含有吹付材の剥がし作業について,一審被告新日鉄住金化学に予見可能性はないと主張する。
確かに,証拠(甲A1090の1~6,甲A1091の1~71)によれば,京建労(全京都建築労働組合)が行ったアンケートでは,
大工や電工について,吹付材の剥がし作業時の石綿粉じんの発生量は少ないという回答もあることが認められ,被災者Y(番号27)も,本人尋問で,吹付材を斫る作業で落ちてくる粉じんは微々たるもんで(建築現場における石綿含有建材の使用等に関する事実)のアで認定したとおり,建築現場における作業態様として,大工,内装工,電工,配管工らが各職種の作業の前提として,施工された石綿含有吹付材の剥がし作業を行うことがあったと認められるところ,上記部分で指摘した各証拠,すなわち,本件における被災者らの陳述(甲D2の34・2~5頁,甲D5の1・5~7頁,甲D6の1・5頁,甲D14の1・4~6頁,甲D15の1・2~3頁,甲D19の1・4頁,甲D24の1・3~4頁,甲D26の1・3~4頁),本件と同種の別件訴訟における証人や原告らの証言・供述(甲A1084・21~24頁,甲A1301・14~20頁,乙アA1087・9,90,93頁,乙アA1089・12頁,乙アA1095・17頁,乙アA1100・4頁)等からすれば,上記のような剥がし作業により剥離する吹付材の塊や飛散する粉じんは相応の量であったと認められる。したがって,一審被告新日鉄住金化学の上記主張は採用できない。c一審被告積水化学工業(番号13・テ)一審被告積水化学工業は,同一審被告の予見可能性については,同一審被告の㉝石綿含有住宅屋根用化粧スレート(商品名・セキスイかわらU)の製造・販売期間である昭和50年から平成2年までの間に存在した石綿粉じん濃度の評価基準である日本産業衛生学会が勧告する許容濃度(クロシドライトを除く石綿粉じんにつき,2本/㎤)を基準に判断すべきであると主張する。この点,㉝石綿含有住宅屋根用化粧スレートは,屋外での石綿切断等作業に使用される石綿含有建材であるところ,前記アのとおり,同作業に従事する建築作業従事者との関係で一審被告企業らに予見可能性が認められる時期は平成13年中と認めるのが相当であるから,製造・販売期間が昭和50年から平成2年までである一審被告積水化学工業の㉝石綿含有住宅屋根用化粧スレート(商品名・セキスイかわらU)について,同一審被告の予見可能性は認められない。d一審被告太平洋セメント(番号16・ニ)一審被告太平洋セメントは,同一審被告の②石綿含有吹付ロックウール(スプレーコート)について,予見可能性は認められないと主張し,その根拠として,①一審被告太平洋セメントは,昭和46年にスプレーコートの製造・販売を始めたが,その当時,旧特化則(乙アB17)により,建築作業従事者の石綿による健康障害を防止するため,事業者に対しては,発じんの抑制に関する義務,呼吸用保護具を備える義務,石綿を取り扱う作業場への関係者以外立入り禁止及びその旨の表示義務等が課されていたこと,②事業者は,建築作業従事者に対し,労働契約に基づく安全配慮義務として,石綿関連疾患の発症防止対策を講じる義務を負っていたから,一審被告太平洋セメントは,事業者において法令が定める安全管理等が行われることにより,建築作業従事者に石綿関連疾患が生ずることはないと認識していたこと,③一審被告太平洋セメントは,スプレーコートについて,系列化された特定の吹付施工業者(基本的に各都道府県に1社ずつ)との間で,売買基本契約書や「施工管理および品質保証に関する覚書等を締結し,この吹付施工業者に対してのみスプレーコートを販売し
(販工店制度)
,これらの吹付施工業者は,
元請ゼネコンの担当者との個人的な信頼関係に基づいて,基本的に特定の元請ゼネコンからのみ発注を受けていたから,一審被告太平
洋セメントが製造・販売したスプレーコートを同系列ではない建築作業従事者が一般的に取り扱うことはあり得ず,スプレーコートの吹付作業及び原料投入作業は,販工店により行われていたところ,その作業については,一審被告太平洋セメント及び同一審被告系列の販工店で組織するスプレーコート安全衛生協議会
(通称SP会)
による安全衛生パトロールが行われ,養生囲いの設置や防じんマスクの着用に不備がないか等について厳しく指導されていたため,かかる吹付施工業者からは,現在までに建築作業従事者が石綿関連疾患に罹患したとの報告を受けたことがないことを挙げる。

しかし,
きた石綿粉じん曝露防止対策の有効性)
で認定判断したとおり,

一審被告国が講じてきた石綿粉じん曝露防止対策は,いずれも有
効かつ十分なものではなく,建築現場において実効性を有するも
のであったとはいえないから,一審被告太平洋セメントの予見可
能性を否定する事情とはいえない。


また,②についても,上記①と同様であり,事業者が建築作業従事者に対し労働契約に基づく安全配慮義務として石綿関連疾患
の発症防止対策を講じる義務を負っていたとしても,必要な安全
管理等を十分行っていたとは認められないから,一審被告太平洋
セメントの予見可能性を否定する事情とはいえない。


そして,③については,一審被告太平洋セメントが,その製造に係る吹付材であるスプレーコート及びスプレーコートウェット
を系列の施工会社(以下販工店という。)に販売しているよ
うにうかがわれ(乙ニ9,16,35,36,42),系列外の
施工会社が同一審被告の製造した吹付材を使用したことをうかが
わせる具体的な証拠はない。

(ⅰ)

しかし,このような系列があるとしても,一審被告太平洋

セメントは,系列の販工店を基本的には各都道府県に1社配置
していた(乙ニ16,42)というのであるから,販工店の系
列化ということだけでは,直ちには被災者らが同一審被告の販
売した吹付材に由来する石綿粉じんに曝露する可能性がなかっ
たことを示すわけではなく,また,販工店の系列化が,後述の
シェアによる推計を覆すほどに被災者らが同一審被告の販売し
た吹付材に接する機会を減じる事情になるともいえない。
この点について,一審被告太平洋セメントの建材事業部にお
いてロックウールの営業等に長年従事していたh(以下h
という。)は,当審で提出された同人の陳述書(乙ニ42)に
おいて,①同一審被告の京都における販工店は株式会社サカイ(以下サカイという。)であり,同社はゼネコンであるO
社とT社の担当者の信用を獲得したが,他の元請けゼネコン担
当者には食い込めず,京都府下では,他の元請けゼネコン系列
の建築現場にはスプレーコートやスプレーコートウェットを納
品していなかったこと,②他方,建築業界では,工事も材料も担当者同士の強い信用で結びつき,系列化されている(す
なわち,建築作業従事者は,特定のゼネコンの系列の発注する
工事にしか携わらない。)ことから,各建築作業従事者が同種
の建材製品を製造シェアや販売シェアに比例して満遍なく使用
するというようなことはあり得ないこと,③一審被告太平洋セメンが販工店に販売した製品により石綿粉じんに曝露したとい
うためには,被災者ごとに,系列販工店(京都であれば,サカ
イ)と取引のあるゼネコンの系列に属して工事をしたことを立
証する必要があることを述べる。

しかし,上記①の事実のうち,京都における一審被告太平洋セメンの販工店がサカイであるとする陳述記載は一応信用する
ことができるとしても,サカイがO社とT社の工事しか受注せ
ず,他のゼネコン系列の工事には関与していなかった事実につ
いては,他の裏付けもなく,これをそのまま採用することは困
難である。もっとも,一般的な建設工事の受注状況から推認し
て,
サカイにおいて一部のゼネコンが発注した工事を主に請け,
他のゼネコンが発注した工事を請けることが困難であったとい
う限度では,hの供述を信用していいと思われる。
また,上記②の事実については,建設業界における重層的な下請構造からすれば,建築作業従事者が一つ又は複数の特定の
系列の建築工事に従事するということは,一般的な傾向として
理解はできる。この点,hの供述は,そのような関係は何年も
続き,かつ,他の系列工事の受注が困難となるような強い固定
的なものとするようである。しかし,元請け,下請の関係が重
層的に続く関係では,hが述べるような固定的な関係が,すべ
ての階層で継続するとは考えにくく,時間の経過や人間関係の
多様化から,底辺に近づくほど,系列による固定は弱まり,流
動的なものとなり得ることは想像に難くない。他方,被災者ら
は,すべてではないが,勤務先あるいは受注先等を具体的に述
べているのであるから,それが一審被告太平洋セメンとの系列
販工店の属するゼネコンの系列に属さないのであれば,そのこ
とを具体的に指摘することに困難はさほどないと思われるのに,
この点の指摘はされていない。
結局,本件の証拠だけでは,一審被告太平洋セメントによる
販工店の系列化等の事情が,後述のシェアによる推計を不合理

なものとするほどに,被災者らが同一審被告の販売した吹付材
に接する機会を増減させる事情になるということは困難である。
(ⅱ)

また,一審被告太平洋セメントは,会員各社及び各事業所

の安全衛生の計画指導と災害防止,労働管理の向上等を目的と
して,
販工店等を会員とするスプレーコート安全衛生協議会
(平
成23年当時の名称は太平洋スプレーコート安全衛生協議会。
乙ニ38)を組織し,毎年活動方針を決めて,年間複数回のパ
トロールを実施していたほか(乙ニ39),同一審被告が加盟
するロックウール工業会でも安全パトロールが実施されていた
ようである。したがって,同一審被告は,系列の販工店が行う
吹付作業について,その品質の確保と同時に,吹付作業従事者
の安全確保のために一応の施策を講じていたということはでき
る。また,ロックウール工業会が作成した施工技能ハンドブッ
ク(乙ニ6・昭和62年改訂版)には,吹付作業に際し,粉じ
んが外部に飛散しないようシート等で囲い,必要に応じた作業
区画ごとに養生囲いを行うことが記載されており,平成20年
代の吹付作業現場の様子を撮影した写真やDVD(乙ニの2・
3)では,吹付作業現場をシートで囲み,床に開いた貫通穴に
も蓋をしていることが映し出されている。しかし,吹付作業は
著しい粉じんを発生させる作業であるから,そのような粉じん
が他所を汚染することを防ぎ,他所で作業する者の作業を妨げ
ないためには,粉じんの発がん性の有無にかかわらず養生囲い
は必要となり,また,吹付作業現場にある貫通穴の閉塞は転落
防止の観点からも必要となるものである。そして,石綿工場や
石綿含有建材の製造工場の近隣において中皮腫の発生が報告さ
れたこと(甲A307の1・14,20~21頁,甲A316

の1・2,乙アA89・18頁)にも鑑みると,石綿粉じんの
発がん性を考慮すれば,吹付作業現場の粉じん飛散を防ぐため
の養生囲いは,他所での作業者や後続の作業者の粉じん曝露を
防ぐ緻密なものである必要があるというべきである。しかし,
平成20年代の吹付作業現場の状況をみても,これが上記のよ
うな緻密なものであるかは十分に確認できないし,仮に緻密な
ものであったとしても,スプレーコートがノンアス化された昭
和53年10月以前も同様であったと考えることには飛躍があ
るといわざるを得ない。昭和50年9月頃,完成したばかりの
都庁第3庁舎に同一審被告が施工した耐火被覆材が落下すると
いう事故が発生しているが
(乙ニ7)このような例をみても,

マニュアルがどうあれ,養生囲いをしていたというだけで石綿
粉じんの飛散を防止できていたとは考え難く,養生囲いという
施策の存在は,同一審被告の予見可能性を否定する事情とはい
えない。
また,一審被告太平洋セメントは,同一審被告のスプレーコート
について,予見可能性は認められないと主張し,その根拠として,①石綿含有吹付ロックウールは,火災による火熱から建物の鉄骨を保護するために鉄骨全体を被覆し,鉄骨が直接火熱にさらされないようにすることにより建物の耐火性能を確保する耐火被覆材であ
るから,一度施工された吹付材が施工後に剥がされることは予定されていないこと,②仮に,吹付材について剥がし作業を行う必要があるとしても,
その箇所は少なく,
必要最小限度の範囲であるから,
削ぎ落とす量はごく少量であり,かつ短時間の作業である上,吹付け後の吹付材は湿った状態であり,その後1週間程度で乾いていくものであるところ,大工,内装工,電工,配管工らが吹付材の剥が
し作業を行うとしても,連続した工程で建築現場に入ることになるから,吹付材はまだ湿った状態であり,当該箇所の吹付材がボトボトと落下するだけで,粉じんが舞うという状態にはならず,1週間程度を経過した後は,吹付時にロックウールと石綿が水と混合され,吹付け後にコテ押さえがされ,固められて硬化しているから,石綿が単独で浮遊することはないことを挙げる。
しかし,①については,一度施工された吹付材が施工後に剥がさ
における石綿含有建材の使用等に関する事実)のア

で認定したと

おり,建築現場における作業態様として,大工,内装工,電工,配管工らが各職種の作業の前提として,施工された石綿含有吹付材の剥がし作業を行うことがあったと認められるところ,一審被告太平洋セメントは,
石綿含有建材を製造・販売する建材メーカーとして,
自らの製品による危険性を防止するべく,当該製品の使用状況や危険性の状況を認識し,安全性を確保するための措置を具体的にとるべきであり,建築作業従事者の石綿粉じん曝露及び石綿関連疾患罹患の危険性を把握していなければ安全性を確保する義務を負わな
いということはできないから,同一審被告の予見可能性を否定する事情とはいえない。
また,②については,一審被告太平洋セメントの主張を裏付ける証拠として,DVD(乙ニ1,2)
,写真撮影報告書(乙ニ3)
,h
の陳述書(乙ニ9・4~5,7,15~16頁,乙ニ16・14~17頁,乙ニ34・3~5頁,乙ニ42・10~12頁)等が存在するが,前記b(一審被告新日鉄住金化学の主張に対する検討)で認定・判断したとおり,上記のような剥がし作業により剥離する吹付材の塊や飛散する粉じんは相応の量であったと認められるとこ

ろ,①と同様,一審被告太平洋セメントは,石綿含有建材を製造・販売する建材メーカーとして,自らの製品による危険性を防止するべく,当該製品の使用状況や危険性の状況を認識し,安全性を確保するための措置を具体的にとるべきであり,建築作業従事者の石綿粉じん曝露及び石綿関連疾患罹患の危険性を把握していなければ
安全性を確保する義務を負わないということはできないから,同一審被告の予見可能性を否定する事情とはいえない。
e
一審被告日東紡績(番号25・ム)
一審被告日東紡績は,昭和36年から昭和50年までの間,②石綿含有吹付ロックウール(スプレーテックス)を,昭和49年から昭和62年までの間,③湿式石綿含有吹付材(スプレーウェット)をそれぞれ製造・販売していたところ,これらの施工をしていたのは,一審被告日東紡績(昭和36年~昭和40年)又は一審被告日東紡績の子会社であったスプレーテックス工事株式会社(昭和40年~昭和47年)若しくは日東紡スプレー工事株式会社(昭和47年~)が認定した特定の下請事業者であったから,一審被告日東紡績が,昭和40年以降,吹付作業の状況や建築作業従事者の石綿粉じん曝露の実態等を正確に把握できる立場にはなく,上記時期以降について,予見可能性は認められないと主張する。
確かに,証拠(乙ム9・14頁,乙ム10・3頁,乙ム11)によれば,一審被告日東紡績の主張する上記事実が認められるが,一審被告日東紡績は,石綿含有建材を製造・販売する建材メーカーとして,自らの製品による危険性を防止するべく,当該製品の使用状況や危険性の状況を認識し,安全性を確保するための措置を具体的にとるべきであり,建築作業従事者の石綿粉じん曝露及び石綿関連疾患罹患の危険性を把握していなければ安全性を確保する義務を負わないというこ
とはできないから,一審被告日東紡績の上記主張は採用できない。一審被告企業らの警告表示義務違反

判断
前記のとおり,建築作業従事者が十分な石綿粉じん曝露防止対策を講じないまま石綿粉じん作業に従事していた原因の一つは,石綿粉じん曝露の危険性とその対策についての具体的認識を欠いていたことにあることに照らせば,一審被告企業らは,石綿含有建材を製造・販売する建材メーカーとして,建築作業従事者が上記認識の欠如から石綿粉じんに曝露し,石綿関連疾患に罹患する結果を回避するため,必要かつ相当な対策を適時かつ適切に講ずるべき義務があったというべきである。
そして,建材メーカーに対する警告表示の義務付けに係る一審被告国の規制権限不行使の違法性に関して説示したとおり,建築作業従事者に取り扱い建材の石綿含有の有無及び石綿粉じん曝露の危険性とその対策を具体的に認識させるに足りる警告表示を行うことは,石綿粉じん曝露防止対策の実効性を確保するのに必要かつ有効な対策であるから,一審被告企業らは,石綿含有建材を製造・販売する建材メーカーとして,当該建材自体又はその最小単位の包装に,石綿含有の有無及び量,その危険性(石綿粉じん曝露により石綿肺,肺がん,中皮腫等の生命に危険をもたらす重篤な疾患を発症する危険があること)及び対策(石綿吹付材であれば送気マスクの着用,それ以外の石綿含有建材であれば防じんマスクの着用及び集じん機付き電動工具の使用)等を明確かつ具体的に,印刷又はシール貼付その他適切な方法によって表示すべき義務があったというべきである。もっとも,以上は,新築工事に従事する建築作業従事者との関係で述べたものであり,改修や建替の前提となる解体作業に従事する者は,建材メーカーの警告表示を直接視認することがない上,現場監督らからの指揮監督により,警告表示の内容が伝達されることも期待できないから,解体作
業従事者との関係においては,警告表示による結果回避可能性はないというべきである(なお,改修工事で新規に施工される石綿含有建材の関係では,警告表示義務が認められる。。

そして,かかる警告表示は,建材自体の性質を変更するものでも,特段の技術を要するものでもないから,かかる警告表示義務の履行は,建材メーカーである一審被告企業らにとって容易であり,前記のとおり認められる予見可能性の成立時期から間をおかずに実現可能なものである。そうすると,一審被告企業らは,自らの製造・販売する石綿含有吹付材について,吹付工との関係では昭和47年1月1日から,建設屋内での石綿粉じん作業において使用される石綿含有建材(石綿含有吹付材,石綿含有保温材,耐火被覆材,断熱材,内装材,床材,混和剤)について,同作業に従事する建築作業従事者との関係では昭和49年1月1日から,屋外での石綿切断等作業において使用される石綿含有建材(屋根材,外壁材,煙突材)について,同作業に従事する建築作業従事者との関係では平成14年1月1日から,各石綿含有建材の販売終了時まで,上記の内容及び方法による警告表示を行う義務があったというべきである。
ところが,前記のとおりの予見可能性を有する一審被告企業らの中に,自らの製造・販売する石綿含有建材について,上記の内容及び方法による警告表示を行っていたと主張する者はおらず,また,本件全証拠によっても,一審被告企業らが,上記の内容及び方法による警告表示を行っていたとは認められない。
したがって,前記のとおりの予見可能性を有する一審被告企業らには,製造・販売した石綿含有建材及びこれを取り扱う職種に応じて,昭和47年,昭和49年あるいは平成14年の各1月1日以降,当該石綿含有建材の販売終了までの間について,警告表示義務違反が認められる。
なお,一審被告国の関係と同様,当裁判所が上記のとおり認めた一審被
告企業らの警告表示義務違反については,石綿関連疾患の種類が問題となる余地がないではないが,以上に説示したところに照らせば,石綿関連疾患の種類によって各別に考えるべき事情は見当たらない。

当事者の主張に対する検討
一審原告らの主張について
a
建替工事や改修工事における解体工事と警告表示義務違反
一審原告らは,製品の製造・販売企業は,当該製品の新品としての使用者に対してだけでなく,後続作業者(二次加工者)
,中古品として
の使用者や廃棄物の使用者らに対しても,かかる使用が想定される場合には,当該使用者との関係でも警告表示義務を負い,それを懈怠した場合には不法行為責任を負い,石綿含有建材についても,後続作業(二次加工)
や解体作業が想定される場合には,
石綿含有建材の製造・
販売業者は,当該作業者との関係で,警告表示を行う義務があると主張する。
確かに,
認することによって,当該建材の石綿含有の有無,石綿粉じん曝露の危険性とその対策を具体的に認識し,石綿粉じん曝露防止対策の実効性が確保されることのみを予定するものではなく,事業者や元方事業者が当該建材の発注時や現場への搬入時に警告表示を視認し,現場監督を通じて,建築作業従事者に当該建材の石綿含有の有無,石綿粉じん曝露の危険性とその対策を具体的に認識させ,石綿粉じん曝露防止対策の実効性が確保させることをも予定するものであるところ,後続作業者(大工,内装工,電工,配管工ら)の関係では,現場監督らからの指揮監督により,石綿含有建材に付された警告表示の内容が伝達されることも期待されるから,建材メーカーが行う警告表示に結果回避可能性があるということができるが,上記アのとおり,解体工事に
ついては,上記のような現場監督らによる警告表示の内容の伝達は期待できないから,結果回避可能性があるとはいえない。この点,一審原告らが主張するように,
建物がいつかは解体されるものである以上,
新築工事のときに将来解体工事が行われることも予め想定されているといえなくはないが,そうであるとしても,新規施工時に危険性の継続
(解体工事)
も念頭においた警告表示を行うことは非現実的であり,
結果回避可能性がないといわざるを得ない。解体作業従事者の石綿粉じん曝露及び石綿関連疾患罹患防止対策は,事業者が安全配慮義務を履行することに委ねるほかないというべきである。したがって,一審原告らの上記主張は採用できない。
b
石綿含有建材施工後の警告表示義務違反
一審原告らは,石綿含有建材の製造・販売企業は,製造・販売後の事情により,当該建材の危険性の公表,指示・警告,販売停止,回収等の措置を講じることが義務付けられる場合があると解されるところ,昭和50年改正特化則により石綿吹付作業が原則として禁止された昭和50年の時点で,また,遅くとも平成7年改正安衛令によりクロシドライト及びアモサイトの製造等が禁止され,前記のとおり一審被告国においてクリソタイルも含めたすべての石綿の製造等禁止の措置をとるべき義務があったと解すべき平成7年の時点において,危険性公表・警告義務等を負っていたと主張する。
しかし,以上に説示したとおり,建材メーカーの警告表示義務は,新規に製造・販売する石綿含有建材に付する警告表示の問題であり,製造・販売後の事後的な警告表示というものを観念することはできない。また,建材メーカーの警告表示義務と石綿の製造等禁止(石綿不使用義務)とは別の問題である。したがって,一審原告らの上記主張も採用できない。

一審被告企業らの共通主張について
a
a表示
一審被告企業らは,石綿含有建材にaマークを表示して,建築
作業従事者らに石綿含有の事実を知らしめていたと主張するが,前記アで説示したところに照らせば,
aマークの表示では,一審被告企
業らが負う義務に基づく警告表示の履行として十分でないから,その主張は採用できない。

b
警告表示の態様及び内容
一審被告企業らは,石綿含有建材に付される警告表示の態様及び内容としては,石綿が含有されている事実,大量の粉じんを吸引すると健康を損なうおそれがあることから必要に応じて防じんマスク着用等の粉じん対策をすべきこと等が表示されていれば必要にして十分であると主張し,その根拠として,①警告表示は,建築作業従事者が直接視認することによって,当該建材の石綿含有の有無,石綿粉じん曝露の危険性とその対策を具体的に認識し,石綿粉じん曝露防止対策の実効性が確保されることのみを予定するものではなく,現場監督らを通じてこれらの対策を建築作業従事者に具体的に認識させ,石綿粉じん曝露防止対策の実効性が確保されることをも予定するものであること,②個々の建材については,寸法の小さなものや凹凸があって特殊な形状のものも存在するから,建材そのものに個別に前記内容の警告表示を行うことは現実的に極めて困難であり,不可能を強いるものであること,③建築作業従事者は,建材を取り扱う専門家であり,建材に石綿が含有されているかどうかを分析する能力はないにせよ,一般消費者とは全く異なる地位にあることを挙げる。
①については,後記c(周辺作業者又は後続作業者に対する警告表示義務違反)で説示するとおり,その指摘自体は正当ではあるが,そ
のことと警告表示の態様及び内容とは全く別の問題であり,警告表示が,現場監督らを通じてこれらの対策を建築作業従事者に具体的に認識させ,石綿粉じん曝露防止対策の実効性が確保されることをも予定するものであるからといって,一審被告企業らが負うべき警告表示義務における警告表示の態様及び内容が一審被告企業らの主張する程度でよいということになるものではなく,一審被告企業らの主張を裏付ける事情とはいえない。
また,②については,前記アで説示したような内容及び方法による警告表示を行うことが著しく困難とまでいうことはできないから,一審被告企業らの主張を裏付ける事情とはいえない。
そして,③については,後記e(建築作業従事者の専門家性)で説示するとおり,一審被告企業らの主張を裏付ける事情とはいえない。c
周辺作業者又は後続作業者に対する警告表示義務違反(警告表示による結果回避可能性)
一審被告企業らは,吹付材や仕上材のように包装への警告表示によるほかないものや,建材自体に警告表示がされてもその後の塗装等によって見えなくなるものについて,当該包装に触れる機会のない者や当該建材の初期の取付に関与しない者(石綿含有吹付材については吹付工以外の者,それ以外の建材については取付後の作業を行う大工,内装工,電工,配管工ら)が警告表示を視認することはないから,これらの者の関係では,警告表示による結果回避可能性がないと主張する。
しかし,
警告表示は,
建築作業従事者が直接視認することによって,
当該建材の石綿含有の有無,石綿粉じん曝露の危険性とその対策を具体的に認識し,石綿粉じん曝露防止対策の実効性が確保されることのみを予定するものではない。事業者や元方事業者が当該建材の発注時
や現場への搬入時に警告表示を視認し,現場監督らを通じて,建築作業従事者に当該建材の石綿含有の有無,石綿粉じん曝露の危険性とその対策を具体的に認識させ,石綿粉じん曝露防止対策の実効性が確保させることをも予定するものである(甲A1051・48,49,54ないし56頁,甲A1278・12頁,被災者H本人6頁,同L本人35頁,同P本人40頁)
。なお,ここでいう現場監督とは,労
基法9条にいう労働者に対する指揮監督者に限られないから,一
人親方等との関係でも,建材メーカーとしての一審被告企業らによる警告表示による結果回避可能性は認められる。
そして,前記第1の2(建築作業従事者が石綿関連疾患罹患を発症する危険性に関する一審被告らの予見可能性に関連する事実)で認定したとおり,建築現場においては,石綿吹付作業と他の作業,吹付作業以外の各作業が同時に並行して行われることがあり,また,建築作業従事者(大工,内装工,電工,配管工ら)が石綿含有吹付材施工後の剥がし作業から石綿粉じんに曝露することがあったところ,以上に説示したところに照らし,同時並行作業が行われる場合の周辺作業者の関係では,現場監督等を通じて,警告表示の内容が伝達されることが期待されるといえるし,後続作業が行われる場合の後続作業者(大工,内装工,電工,配管工ら)との関係についても,現場監督が建築現場におけるすべての作業を統括し,各作業の進捗状況を確認してこれが円滑に行われるように指揮監督すべき立場にあること(甲A1084・44~45,47頁,甲A1331参照)に鑑みれば,現場監督らが先行作業で使用される石綿含有建材に付された警告表示を視認する機会はあると考えられるところ,その場合には,当該警告表示の内容を後続作業者に積極的に伝達することが期待されているというべきであるから,周辺作業者や後続作業者との関係でも,建材メーカー
としての一審被告企業らによる警告表示による結果回避可能性は認められるというべきである。
したがって,一審被告企業らの上記主張は採用できない。
d
法令上限論等
労働安全衛生法令
一審被告企業らは,労働安全衛生法令によって警告表示の対象と
なる石綿含有建材及び警告表示の内容は定められているから,一審被告企業らとしてはこれを遵守すれば足り,それ以上の警告表示義務を負うことはないと主張する。
しかし,安衛法57条及びこれを受けた昭和50年改正安衛令,
昭和50年改正安衛則,昭和50年表示通達等は,公権力による強制力をもって労働災害の発生を防止する見地から,最低限の基準を明文化したものにすぎない。
したがって,一審被告企業らが上記各法令の定める基準を遵守し
たからといって,石綿含有建材を製造・販売する建材メーカーとして負うべき警告表示義務を尽くしたということはできず,一審被告企業らの上記主張は採用できない。
JIS規格
一審被告企業らは,JIS規格に定められた基準を遵守していて
も労働安全衛生上許されないことがあり得ることを想定すること
は不可能であり,JIS規格に従わない製品を製造・販売することは,JIS規格を尊重した調達を行うこととされている国や地方公共団体のみならず,他の需要家との関係でも事実上不可能であったと主張する。
しかし,JIS規格は,建材自体の品質,性能,安全性に関する
ものであり,前記のとおり認めた一審被告企業らの警告表示義務が
これと矛盾,抵触するものではないから,一審被告企業らの上記主張は採用できない。
建基法令
一審被告企業らは,昭和38年,昭和39年及び昭和44年に建
基法令で石綿含有建材が耐火構造等に指定されたことは,一審被告国が当該石綿含有建材の安全性を表明したことと同義であり,一審被告企業らとしてはこれを信頼するのが当然であると主張する。
しかし,その後の昭和46年に,石綿の発がん性を前提とした昭
和46年通達(甲A83)が発出されて,石綿が第二類物質として規制対象とされるとともに,石綿の取扱いについて各種の義務を課した旧特化則(乙アB17)が制定されたことからすれば,建基法令で石綿含有建材が耐火構造等に指定されたことは,石綿それ自体の危険性を前提として,一定の防護措置を講じれば石綿を安全に使用できることを意味しているにすぎないというべきであり,建基法令のみに着目し,石綿に関する他の関係法令等を考慮しない一審被告企業らの信頼は保護に値しない。したがって,一審被告企業らの上記主張は採用できない。
e
建築作業従事者の専門家性
一審被告企業らは,建築作業従事者は,建築作業及び建材について専門的知識を有し,石綿含有建材の危険性も十分認識しているから,建材メーカーが建築作業従事者に対して負うべき警告表示義務は,一般消費者に向けて製品を製造・販売する者が負う警告表示義務に比して軽減されると主張し,その根拠として,本件の被災者らは,京建労(全京都建築労働組合)又はその上部団体である全建総連(全国建築労働組合総連合)等を通じて,建材への石綿の含有の有無やその危険性等について独自に調査し,対策を講じる能力,手段を有していたこ
とを挙げる。
しかし,建築作業従事者が専門知識を有するのは建築作業についてであって,建材や石綿の危険性等についてではなく,建築作業従事者は,日常の業務の中で建材を取り扱っているにすぎず,建材への石綿の含有の有無及びその危険性について独自に調査して予見し,対策を講じる能力も手段も有していない点で,一般消費者と変わるところはない。なお,一審被告企業らにおいて,本件の被災者らが建材への石綿の含有の有無やその危険性等について独自に調査し,対策を講じる能力,
手段を有していたことの根拠として挙げる証拠は,
京建労の
建築ニュース(乙マ1007の1~21),新聞記事(乙ラ27),全建総連のHP(乙ラ40),証人iの証言(平成26年7月9日尋問分29,45~46頁)であるが,京建労や全建総連が労働組合として石綿問題に取り組み,その情報を一定程度組合員に提供していたとしても,そのことから建築作業従事者が建材や石綿の危険性等について専門的知識を有していたとはいえないし(証人iの平成26年5月14日尋問34,38頁)
,上記新聞記事についても同様である。し
たがって,一審被告企業らの上記主張は採用できない。
f
警告表示義務違反の基準時期
一審被告企業らは,仮に,一審被告企業らに警告表示義務違反が認められるとしても,一審被告企業らに予見可能性が認められる時期は一審被告国の予見可能性が認められる時期よりも遅く,警告表示に係る一審被告国の規制権限不行使の違法性が認められる時期よりも,一審被告企業らに警告表示義務違反が認められる時期の方が遅いと主張する。
しかし,前記

(建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する一審被

告企業らの予見可能性)のイ

dで説示したとおり,一審被告企業ら

に予見可能性が認められる時期が,一審被告国の予見可能性が認められる時期よりも早いと認められることはあっても,遅いと認められることはないというべきであるから,一審被告企業らの上記主張は採用できない。
一審被告企業らの個別主張について
以下の一審被告企業らのうち,一審被告クボタ,同ケイミュー,同新日鉄住金化学,同積水化学工業,同太平洋セメント及び同日東紡績は,警告表示義務違反がないことの根拠として,予見可能性がないことを挙げているが,上記一審被告企業らの予見可能性の有無については,前記
企業らの予見可能性)
項では繰り返さない。
a
一審被告クボタ(番号7・ク)及び同ケイミュー(番号8・ケ)
一審被告クボタ及び同ケイミューは,同一審被告らに警告表示義務違反は認められないと主張し,その根拠として,一審被告ケイミューは,
販売店工事店等に対する文書の配布

(遅くとも昭和53年以降)

施工者に対する小冊子の配布
(遅くとも昭和61年以降)施工説明書

による警告(遅くとも昭59年以降)
,端面保護材への警告表示(遅く
とも昭和61年以降)を通じ,直接又は間接に,建築作業従事者に対し,必要かつ相当な警告表示を行ってきたことを挙げる。
しかし,一審被告クボタ及び同ケイミューは,上記のとおり行っていたと主張する警告表示の内容を裏付ける証拠として,
梱包意匠図
(乙
ケ27,1019,1020)を提出しているものの,その警告表示は,建材自体又はその最小単位の包装への表示ではない上に,石綿特有の危険性に関する記載がなく,防じんマスクは必要に応じて着用すればよいとして,その着用を義務付けるものではないし,いかなる場
合に着用が必要であるかも記載されておらず,防じんマスク以外の集じん機付電動工具等に関する記載はないものである。すなわち,前記アで説示した石綿含有の有無及び量,その危険性(石綿粉じん曝露により石綿肺,肺がん,中皮腫等の生命に危険をもたらす重篤な疾患を発症する危険があること)及び対策(石綿吹付材であれば送気マスクの着用,それ以外の石綿含有建材であれば防じんマスクの着用及び集じん機付き電動工具の使用)等を明確かつ具体的に記載したものではなく,建築作業従事者に当該石綿含有建材の危険性及び石綿粉じん曝露防止対策を具体的に認識させるものとはいえないから,実効性のある警告表示ということはできない。したがって,一審被告クボタ及び同ケイミューが警告表示義務を尽くしたとはいえない。
b
一審被告新日鉄住金化学(番号11・チ)
一審被告新日鉄住金化学は,同一審被告に警告表示義務違反は認められないと主張し,その根拠として,一審被告新日鉄住金化学は,石綿含有ロックウール吹付材について,ロックウール工業会の加盟会社として,標準仕様書に記載された材料及び施工基準により,ロックウール吹付材の施工を行っており,標準仕様書の責任施工を果たす
ため,
認定特約店の制度を設け,研修を受けたロックウール吹付材
の十分な施工能力を有する事業者のみを特約店に認定した上で,ロックウール吹付材の施工を認定特約店のみに行わせることとし,作業マニュアルを作成して,認定特約店の作業者に対し,養生囲い等,作業マニュアルの履行の徹底を求めていたこと,また,一審被告新日鉄住金化学が製造するロックウール吹付材は,認定特約店の発注に基づいて認定特約店に納入され,これを付吹工が施工するという商流・物流となっており,同一審被告が元請・元方事業者や認定特約店以外の事業者との間で発注や納入を行うことはなく,ロックウール吹付材の包
装を元請・元方事業者や認定特約店以外の事業者,あるいは現場監督が目にする機会はほとんどなく,それらの者から建築作業従事者に警告表示が伝達されることもほぼ皆無であったことからすれば,警告表示義務は尽くされ,警告表示に回避可能性はなかったことを挙げる。しかし,一審被告新日鉄住金化学が石綿含有ロックウー吹付材について標準仕様書の責任施工体制をとっていたことや,同建材の商
流・物流には同一審被告が指摘するような特徴があるという事実関係については,一審原告らも争っておらず,関係証拠(乙チ6,8,13~15)によっても認められるが,一審被告新日鉄住金化学の認定特約店が同一審被告の吹付材を納入し,これを施工した建築現場の仕事を本件の被災者らがしていなかったと断定できるだけの客観的な証拠はない。また,一審被告新日鉄住金化学が,認定特約店制度を設けて,吹付作業の品質の確保と,吹付作業従事者の安全を図っていたことは認められるが(ただし,同一審被告が着用を義務付けた防じんマスクが送気マスクに匹敵するようなものであったのかは確認できない。),養生囲いは,石綿粉じんが発がん性を有することを前提とした緻密なものでなければ,吹付作業により発生した石綿粉じんの作業場所以外への飛散を十分に防ぐ機能を有していたとはいえない。同一審被告は,養生囲いを行ったというだけで,その目的・性能については主張・立証をしておらず,特に昭和50年代においては,単に養生囲いをしていたというだけでは,吹付作業現場以外への吹付作業による石綿粉じんの飛散がなかったとは認め難い。また,養生囲いは,石綿の発がん性等を警告する効果を有するものではないから,警告表示義務を尽くしたといえないことは明らかである。さらに,前記のとおり,現場監督が建築現場におけるすべての作業を統括し,各作業の進捗状況を確認してこれが円滑に行われるように指揮監督すべき立場に
あることに鑑みれば,現場監督らが石綿含有ロックウール吹付材に付された警告表示を視認する機会はあると考えられるところ,その場合には,当該警告表示の内容を建築作業従事者に積極的に伝達することが期待されていたというべきであり,このことは責任施工体制が
とられていた場合であっても同様である。これらの事情に照らせば,一審被告新日鉄住金化学が警告表示義務を尽くしていたということはできないし,
警告表示に結果回避可能性がなかったともいえないから,
同一審被告の上記主張は採用できない。
c
一審被告積水化学工業(番号13・テ)
前記

(建築作業従事者が石綿関連疾患を発症する一審被告企業ら

の予見可能性)の

製造・販売期間が昭和50年から

平成2年までである一審被告積水化学工業の㉝石綿含有住宅屋根用化粧スレート(商品名・セキスイかわらU)について,同一審被告の予見可能性は認められないから,
警告表示義務についても認められない。
d
一審被告大建工業(番号14・ト)
一審被告大建工業は,①石綿含有建材の取付け後に加工作業を行う電工,配管工らの後続作業者が当該建材の警告表示を視認することはないから,警告表示による結果回避可能性はなく,後続作業者の関係では,一審被告大建工業に警告表示義務違反は認められない,②石綿含有けい酸カルシウム板第1種は,内装材のほか,軒天材としても使用され,軒天材は屋外で切断されるから,軒天材として使用される㉓石綿含有けい酸カルシウム板第1種については,一審被告大建工業に警告表示義務違反が認められるとしても,その発生時期は内装材のそれよりも相当遅いと主張する。
しかし,①については,前記
工業の上記主張は採用できない。

cで説示したとおり,一審被告大建

また,
建材の使用等に関する事実)のアのとおり,石綿含有けい酸カルシウム板第1種は,
基本的に内装材として使用されるものである。
この点,
一審被告大建工業は,石綿含有けい酸カルシウム板第1種が軒天材としても使用されることを裏付ける事実として,本件と同種の別件訴訟の原告であるqの本人尋問調書(乙ト1013)及びrの陳述書(乙ト1014の1・2)を提出するところ,同建材が軒天材として使用されることがあり得るとしても,軒天材として使用することが同建材の通常の使用方法であったとは認められない。
本件の被災者らの中に,
同建材を軒天材として使用した旨を陳述・供述する者はおらず,本件の被災者らが石綿含有けい酸カルシウム板第1種を軒天材として使用したことを認めるに足りる証拠もない。したがって,一審被告大建工業の上記主張は採用できない。
e
一審被告太平洋セメント(番号16・ニ)
一審被告太平洋セメントは,同一審被告に警告表示義務違反は認められないと主張し,その根拠として,①建材の選定は,元方事業者や一次下請が設計監理者の承認を得て行うが,建材の選定及び発注の段階で,元方事業者らが吹付材の包装を視認する機会はなく,選定された建材が建築現場に搬入される際も,下請業者の職長(吹付材については,吹付工事を行う施工業者)が荷受けし,元方事業者らが包装を視認することはないから,元方事業者らが現場監督を通じて,包装に触れる機会のない者(吹付材の場合には,吹付工以外の職種の者)に包装上の警告表示の内容を認識させることはできず,警告表示による結果回避可能性はないこと,②一審被告太平洋セメントは,石綿含有吹付ロックウール(スプレーコート)について,建材だけが流通しないように販売先の系列化を図り,その系列の販工店では,作業現場に
おける養生囲いの設置等について厳しく指導するなど,施工の安全性を確保する態勢をとっていたから,警告表示義務を尽くしていたというべきことを挙げる。
しかし,①については,一審被告太平洋セメントは,当該事実を裏付ける証拠として,本件と同種の別件訴訟の原告であるsの本人尋問調書(甲A1084・11~12頁)を挙げるところ,確かに,同人の供述の中には,当該事実を裏付ける部分はあるが,この点を裏付ける客観的な証拠はないし,仮に,当該事実が認められるとしても,前記のとおり,現場監督が建築現場におけるすべての作業を統括し,各作業の進捗状況を確認してこれが円滑に行われるように指揮監督すべき立場にあることに鑑みれば,現場監督らが石綿含有ロックウール吹付材に付された警告表示を直接視認し,あるいは下請業者の職長から警告表示の内容を伝達される機会はあると考えられるところ,その場合には,当該警告表示の内容を建築作業従事者に積極的に伝達することが期待されていたというべきであり,このことは販工店制度体
制がとられていた場合であっても同様である。したがって,②の事情は,一審被告太平洋セメントの警告表示義務違反を否定する事情とはいえない。
また,②については,前記

(建築作業従事者が石綿関連疾患を発

症する一審被告企業らの予見可能性)の

dで説示したとおり,本

件の被災者らが一審被告太平洋セメントの系列店の仕事をしていなかったと断定できるだけの客観的な証拠はないし,安全教育や養生囲いがされていたとしても,これらがどこまで徹底されていたかを認めるだけの客観的な証拠もないから,③も,一審被告太平洋セメントの警告表示義務違反を否定する事情とはいえない。
f
一審被告ニチアス(番号23・マ)

一審被告ニチアスは,同一審被告に警告表示義務違反は認められないと主張し,その根拠として,①原判決が,吹付材や仕上材のように包装への警告表示による他ない建材について,当該包装に触れる機会のない者や当該建材の初期の取付けに関与しない者(吹付材については,吹付工以外の職種の者,それ以外の建材については,電工,配管工らの後続作業者)に対しても,事業者や元方事業者が当該建材の発注時や現場への搬入時に警告表示を視認し,現場監督等を通じて,建築作業従事者に警告させることも予定していると判断した根拠となる前記各証拠は,裏付け証拠として不十分であること,②一審被告ニチアスは,同一審被告が製造・販売した石綿含有吹付ロックウールについて,建材だけが流通しないように販売先の系列化を図り,その系列の吹付施工業者では,
施工の安全性を確保する態勢をとっていたから,
警告表示義務を尽くしていたというべきであることを挙げる。
しかし,
拠とした証拠は,
j及びfの証人尋問調書
(甲A1051,
1278)

本件の被災者H,同L及び同Pの各本人尋問供述であるところ,j及びfは,いずれも本件と同種の別件訴訟における専門家証人(現場監督)であり,その証言の信用性を否定すべき事情は見当たらない(前記eのとおり,一審被告太平洋セメントが援用するsの本人尋問調書は直ちに信用できない。)
。したがって,①は,一審被告ニチアスの警
告表示義務違反を否定する事情とはいえない。
また,②については,tの陳述書(乙マ1018)によると,一審被告ニチアスが製造した③湿式石綿含有吹付材のトムウェットを初めとして,①吹付石綿のトムレックス,②石綿含有吹付ロックウールのスプレイクラフトの施工は,
いずれも責任施工とされていたことから,
同一審被告が製造・販売する吹付材を使用する工事は,子会社である
トムレックス工事株式会や同一審被告の各支店が受注し,指定協力会社に発注しており,指定協力業者以外の業者が材料だけを購入して吹付材を施工するということはなかったとされている。このような指定協力会社等による施工体制の中で,同一審被告が製造した吹付材の販売先施工会社が限られていたことは一応認められ,その中で施工管理や従事者の安全に関する措置がとられたであろうことは一応推認することができる。しかし,それ以上にどのような具体的な安全・衛生措置がとられたのかを認定できるだけの証拠はなく,また,本件の被災者らが一審被告ニチアスの系列店の仕事をしていなかったと断定できるだけの客観的な証拠はないから,③も,一審被告ニチアスの警告表示義務違反を否定する事情とはいえない。
g
一審被告日東紡績(番号25・ム)
一審被告日東紡績は,同一審被告に警告表示義務違反は認められないと主張し,その根拠として,一審被告日東紡績が製造・販売した吹付ロックウール(スプレーテックス)及び湿式石綿含有吹付材(スプレーウェット)については,特定の下請業者が施工しており,一般の吹付業者が取り扱う可能性は低く,特に京都府下には下請業者が存在しなかったから,上記各建材が流通することはほとんどなかったことを挙げる。
しかし,一審被告日東紡績が製造・販売した石綿含有吹付材を特定の下請業者が施工しているという事実は,同一審被告が警告表示義務自体を免れる根拠となるものではない。
また,
uの陳述書
(乙ム11)
によると,同一審被告は,責任施工の観点から,勉強会に出席する等して認定を得た特定の事業者のみに施工・管理させるという体制をとっていたことが一応認められるが,同一審被告が認定した特定の下請業者は,大阪府・大阪市近郊では,株式会社ダンレー工産,昭和工業
株式会社,兵庫県神戸市近郊では有限会社高松工業所があったというのであるから,それにもかかわらず,何故京都府下やその近郊において施工実績がほとんどないといえるのかについて納得できる説明はなく,結局,本件の被災者らが一審被告日東紡績の系列店の仕事をしていなかったと断定できるだけの客観的な証拠はない。さらに,安全教育や養生囲いがされていたとしても,これらがどこまで徹底されていたかを認めるだけの客観的な証拠もないから,これらも,一審被告日東紡績の警告表示義務違反を否定する事情とはいえない。
h
一審被告エム・エム・ケイ(番号32・ワ)
一審被告エム・エム・ケイは,同一審被告に警告表示義務違反は認められないと主張し,その根拠として,安衛法57条,昭和50年改正安衛令,昭和50年改正安衛則及び昭和50年表示通達により,自らが製造・販売する石綿含有建材(石綿の含有量が重量の5%以下のものを除く。
)について,警告表示を義務付けられた後,これを出荷す
る際に,当該建材の品名,寸法,数量,製造工場名,ロット番号,製品規格に関する合否の判定,検査員氏名を表示した検査票を製品の包装に添付ないし印刷し,この検査票に製品の名称(押出成形セメント板,波板等)
,成分(石綿,クリソタイル石綿等)及び石綿含有率(5
~15%等)を表示し,また,人体に及ぼす作用ないし貯蔵又は取扱い上の注意として加工上の注意事項を表示してきたことを挙げ,
裏付け証拠として,
印版変遷資料の件と題する連絡文書及び検査票
(乙ワ5の1~5)を提出する。
しかし,一審被告エム・エム・ケイの警告表示は,建材自体又はその最小単位の包装への表示ではない上に,
人体に及ぼす作用の記載
は健康を損なうおそれがありますという一般抽象的な記載にとど
まり,
石綿の具体的な危険性に関する言及はなく,加工上の注意事項」
の記載も,防じんマスクを必要に応じて着用して下さいとの表示であり,着用を義務付けるものではない。すなわち,前記アで説示した石綿含有の有無及び量,その危険性(石綿粉じん曝露により石綿肺,肺がん,中皮腫等の生命に危険をもたらす重篤な疾患を発症する危険があること)及び対策(石綿吹付材であれば送気マスクの着用,それ以外の石綿含有建材であれば防じんマスクの着用及び集じん機付き電動工具の使用)等を明確かつ具体的に記載したものではなく,建築作業従事者に当該石綿含有建材の危険性及び石綿粉じん曝露防止対策を具体的に認識させるものとはいえないから,実効性のある警告表示ということはできない。したがって,一審被告エム・エム・ケイの上記主張は採用できない。一審被告企業らの石綿不使用義務違反ア判断一審原告らは,昭和40年,昭和46年,昭和50年,昭和53年,昭和62年,平成3年及び平成7年の各時点で,一審被告企業らが石綿不使用義務を負っていたと主張する。しかし,前記第2の1法性)で説示したところに照らせば,一審被告企業らの石綿不使用義務の存否の判断においても,石綿の製造等禁止に係る一審被告国の規制権限不行使の違法性の有無の判断と同様に,まず,石綿の管理使用の可能性を検討すべきであり,これに併せて,一審被告企業らに石綿不使用義務を課することにより失われる便益(社会的有用性)や,石綿の代替品の技術的可能性やその開発・普及のためのコスト,石綿の代替品が新たな健康被害等を生じさせる可能性といった石綿の不使用義務がもたらすリスク等も考慮する必要があるというべきである。ところで,前記第2の1(石綿の使用を前提とした規制権限等不行使で説示したところを併せれば,一審被告国が講じるべきであった規制措置(石綿吹付作業については送気マスクの着用義務付け,建設屋内での石綿切断等作業については,防じんマスクの着用義務付け及び集じん機付き電動工具の使用義務付け(併用),屋外での石綿切断等作業については,集じん機付き電動工具の使用義務付け,石綿粉じん作業については建材メーカー及び事業者に対する警告表示(掲示を含む。)の義務付け)並びに一審被告企業らが石綿含有建材を製造・販売する建材メーカーとして負う警告表示義務の履行により,建築作業従事者の石綿粉じん曝露及び石綿関連疾患罹患を防止することは可能であり,石綿の管理使用は可能であったということができる。そして,前記第2の1法性)で説示したとおり,我が国においては,少なくとも平成18年に至るまでに,石綿の使用を前提とした規制によっては建築作業従事者の石綿関連疾患への罹患を防止し得ないとの知見が確立していたとは認められず,平成年間に入って,技術及び性能面において石綿含有建材の代替化は可能になったものの,平成13,14年頃までに発がん性への懸念が払拭されるまでは,安全面においては,石綿含有建材の代替化は困難であったと認められる。これらの事情に照らせば,一審被告企業らに,前記のとおり認められる警告表示義務より制約の大きい石綿不使用義務があったということはできず,一審原告らの上記主張は採用できない。イ一審原告らの主張に対する検討一審原告らは,①一審被告企業らの石綿不使用義務の存否の判断に当たっては,石綿の不使用による石綿含有建材の製造・販売企業への影響や代替製品の安全性等を考慮すべきではなく,仮に,代替製品の安全性等を一つの考慮要素とするとしても,石綿は決して建材に必要不可欠な材料ではなく,市場には常にノンアス建材が存在しており,昭和62年には,多くのノンアス建材が製造・販売されて公共建物のノンアス化が進み,平成3年には,全種類の石綿含有建材がノンアス化されて相当程度普及していたから,代替製品の安全性等を過大視することは相当でない,②一審被告国が講じてきた種々の規制措置にはいずれも実効性がなく,建築現場における石綿の厳格な管理使用は著しく困難ないし不可能であったと主張する。しかし,上記アで説示したとおり,一審原告らの上記各主張はいずれも採用できない。2一審被告企業らの共同不法行為責任共同不法行為の判断枠組みア共同不法行為(民法719条1項)に関する一般的な解釈民法719条1項前段(狭義の共同不法行為)民法719条1項前段は,数人が「共同の不法行為によって他人に損害を加えたときは,各自が連帯してその損害を賠償する責任を負うと規定している。これは,複数の行為者が関与して加害行為が行われる場合,被害者は,各行為者の関与の態様,各行為者の行為と結果との関係等を把握するのは困難であり,このような被害者側の立証の困難性を考慮し,被害者保護という観点から,複数の行為者の行為が共同の不法行為と評価することができる場合に,共同行為と結果との間に因果関係が認められることを要件として,共同行為者各人が全損害についての賠償責任を負い,かつ,各人が自己の行為ないし損害との因果関係がないか,部分的にないことを主張・立証することによる減免責を許さない旨を定めた規定であると解される。すなわち,被害者側は,各共同行為者の行為及びその関連共同性
(関連共同行為)
,並びに関連共同行為と結

果との因果関係を主張・立証すれば,個々の共同行為者の行為と結果との個別の因果関係や寄与度を主張・立証しなくとも,共同行為者各自に対し,共同不法行為と相当因果関係のある全損害について賠償を求めることができるとしたものと解される。そして,上記のとおり,加害者側に上記のような厳格な責任を課する以上,
同項前段の
共同の不法行為
と評価できるためには,結果の発生について各共同行為者の加害行為が客観的に関連し共同していること(客観的関連共同説)で足りるが,各共同行為者の加害行為が当該被害者に対する権利侵害ないし損害の発生との関係において,社会通念上一体をなすものと認められる程度の緊密な関連共同性があることを要すると解するのが相当であり,この社会通念上一体をなすものと認められる程度の緊密な関連共同性を認めるためには,共謀,教唆,幇助,相互に双方の行為を利用するといった共通の意思の存在,資本的・経済的・組織的結合関係といった共同の利益の享受,時間的・場所的近接性といった主観的又は客観的に緊密な一体性が認められることが必要であると解される。
民法719条1項後段(加害者不明の共同不法行為)
民法719条1項後段は,
共同行為者
のうちいずれの者がその損害
を加えたかを知ることができないときも,同様とすると規定している。これは,特定の複数の共同行為者について,それぞれ因果関係以外の点では独立の不法行為の要件が具備されている場合において,複数の行為のいずれもがそれのみで損害を発生させる危険性をもち,被害者に生じた損害が当該複数の行為者の行為のいずれか(単独又は複数)によって発生したことは明らかであるが,現実に発生した損害がそのいずれによってもたらされたかを特定することができないとき,すなわち,択一的競合の場合に,
択一的競合関係にある複数の行為者の間におけ
る因果関係の証明の困難さを緩和し,被害者保護の観点から,発生した
損害と複数の行為者の各行為との因果関係の存在を推定する規定であると解される。この場合には,共同行為者は,自己の行為と被害者側に発生した損害との間に因果関係が存在しないことを主張・立証することにより,免責が認められる。そして,同条1項後段により因果関係が推定されるという効果があり,
事実的因果関係が不明であるにもかかわらず,
加害者は,全損害の賠償という重い義務を負うことになるから,共同不法行為者の範囲をそのような義務を負担するに相応しい者に限定するとともに,行為者側にも防御の手かがりを与える必要がある。そのような趣旨から,同条1項後段に基づく請求を行う場合には,被害者側において共同行為者の範囲を特定する必要があり,特定された者以外の者によって損害がもたらされたものではないこと(他原因者の不存在)を証明することが必要であると解するのが相当である。

建築作業従事者の石綿粉じん曝露の実態等
前記第2章事案の概要等の第2前提事実の5(石綿関連疾

患の概要)及び前記第1の1(石綿関連疾患罹患に関する医学的情報の集積ないし医学的知見の確立に関連する事実)のとおり,石綿関連疾患は,いずれも石綿粉じん曝露から長期間を経過して発症するものであり,一般に石綿粉じん曝露量と石綿関連疾患発症との間には量-反応関係があるとされるものの,中皮腫については,短期間の少量曝露によっても発症し得るとされている。
また,前記第1の2(建築作業従事者が石綿関連疾患罹患を発症する危険性に関する一審被告らの予見可能性に関連する事実)及び同4(本件における被災者らの就労状況,石綿関連疾患罹患状況及び石綿粉じん曝露状況)によれば,本件の被災者らは,いずれも長期間にわたり建築作業に従事して石綿粉じんに曝露し,
石綿関連疾患に罹患した点で共通しているが,
その職種は様々であり,後記のとおり,職種ごとに,作業態様(石綿吹付
作業,
建設屋内での石綿切断等作業及び屋外での石綿切断等作業)
,作業内
容,取り扱う建材の種類や使用方法等を