判例検索β > 昭和45年(オ)第210号
家屋明渡請求
事件番号昭和45(オ)210
事件名家屋明渡請求
裁判年月日昭和45年5月19日
法廷名最高裁判所第三小法廷
裁判種別判決
結果棄却
判例集等巻・号・頁集民 第99号161頁
原審裁判所名大阪高等裁判所
原審事件番号昭和44(ネ)721
原審裁判年月日昭和44年12月15日
判示事項家屋の賃借人が破産したことを理由とする解約申入と借家法一条ノ二
裁判要旨家屋の賃借人が破産したことを理由として賃貸借契約の解約を申し入れる場合には、借家法一条ノ二の適用はない。
参照法条民法621条,借家法1条ノ2
裁判日:西暦1970-05-19
情報公開日2017-10-18 07:01:33
裁判所の詳細 / 戻る / PDF版
主 文
本件上告を棄却する
上告費用は上告人の負担とする。
理 由
上告代理人辻中栄太郎の上告理由について。
本件において原審が民法六二一条を適用し、借家法一条ノ二の適用について考慮しなかつたのは相当であり、原判決になんら所論の違法はない。論旨は、独自の見解であつて、採用することができない。
よつて、民訴法四〇一条、九五条、八九条に従い、裁判官全員の一致で、主文のとおり判決する。
最高裁判所第三小法廷
裁判長裁判官 関 根 小 郷 裁判官 田 中 二 郎 裁判官 下 村 三 郎 裁判官 松 本 正 雄 裁判官 飯 村 義 美
トップに戻る

saiban.in