判例検索β > 昭和33年(オ)第436号
損害賠償請求
事件番号昭和33(オ)436
事件名損害賠償請求
裁判年月日昭和34年2月20日
法廷名最高裁判所第二小法廷
裁判種別判決
結果棄却
判例集等巻・号・頁集民 第35号431頁
原審裁判所名高松高等裁判所
原審裁判年月日昭和33年3月15日
裁判日:西暦1959-02-20
情報公開日2017-10-18 07:36:27
裁判所の詳細 / 戻る / PDF版
主 文
本件上告を棄却する
上告費用は上告人の負担とする。
理 由
上告代理人清家栄の上告理由第一点について。
記録を精査すれば所論の点に関する原判旨の正当であることをみとめることができる。
同第二点について。
民事訴訟における控訴審は第一審手続の続審であるから、適法な控訴の申立があつた以上、上告人が原審において所論のように事件の本案について、とくに控訴趣意の陳述をしなかつたとしても原審が本案について判断を示したことは正当であつて、原判決に所論のような違法ありとすることはできない。
よつて、民訴四〇一条、九五条、八九条に従い、裁判官全員の一致で、主文のとおり判決する。
最高裁判所第二小法廷
裁判長裁判官 小 谷 勝 重 裁判官 藤 田 八 郎 裁判官 河 村 大 助 裁判官 奥 野 健 一
トップに戻る

saiban.in