判例検索β > 昭和58年(あ)第179号
児童福祉法違反、労働基準法違反
事件番号昭和58(あ)179
事件名児童福祉法違反、労働基準法違反
裁判年月日昭和59年11月30日
法廷名最高裁判所第二小法廷
裁判種別決定
結果棄却
判例集等巻・号・頁刑集 第38巻11号2989頁
原審裁判所名大阪高等裁判所
原審裁判年月日昭和57年12月9日
判示事項児童福祉法三四条一項九号にいう「児童の心身に有害な影響を与える行為をさせる」ことにあたる場合
裁判要旨満一八歳に満たない児童を、裸体の女性の下腹部を露骨に強調して撮影した写真集(いわゆるビニール本)の販売店で店員としてその販売に従事させることは、児童福祉法三四条一項九号にいう「児童の心身に有害な影響を与える行為をさせる」ことに該当し、この場合、必ずしも右写真集が刑法上のわいせつ物であることを要しない。
参照法条児童福祉法34条1項9号
裁判日:西暦1984-11-30
情報公開日2017-10-17 14:00:41
裁判所の詳細 / 戻る / PDF版
主 文
本件上告を棄却する
理 由
弁護人篠田健一の上告趣意は、事実誤認、単なる法令違反の主張であつて、適法な上告理由にあたらない。
なお、満一八歳に満たない児童を、裸体の女性の下腹部を露骨に強調して撮影した写真多数を掲載した写真集(いわゆるビニール本)の販売店で店員としてその販売に従事させることは、児童福祉法三四条一項九号にいう児童の心身に有害な影響を与える行為をさせることにあたり、この場合、必ずしも右写真集が刑法上のわいせつ物であることを要するものではないと解するのが相当であるから、これと同旨の原判断は正当である。
よつて、刑訴法四一四条、三八六条一項三号により、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり決定する。
昭和五九年一一月三〇日
最高裁判所第二小法廷
裁判長裁判官 木 下 忠 良 裁判官 鹽 野 宜 慶 裁判官 大 橋 進 裁判官 牧 圭 次 裁判官 島 谷 六 郎
トップに戻る

saiban.in