判例検索β > 昭和42年(あ)第299号
児童福祉法違反
事件番号昭和42(あ)299
事件名児童福祉法違反
裁判年月日昭和42年12月2日
法廷名最高裁判所第二小法廷
裁判種別決定
結果棄却
判例集等巻・号・頁刑集 第21巻10号1339頁
原審裁判所名東京高等裁判所
原審裁判年月日昭和41年12月28日
判示事項一 児童福祉法第三四条第一項第九号にいう「正当な雇用関係」にあたらないとされた事例
二 同条項同号にいう児童を「自己の支配下に置く行為」があつたとされた事例
三 同条項同号にいう「児童の心身に有害な影響を与える行為」にあたるとされた事例
裁判要旨一 トルコ風呂経営者と児童であるいわゆるミストルコとの間の雇傭契約が、その児童の親権者の同意を得ていないものである場合、当該雇傭関係は、児童福祉法第三四条第一項第九号にいう「正当な雇用関係」にあたらない。
二 トルコ風呂経営者である被告人らと児童であるミストルコらとの関係の実体につき、出勤時間が定められ、無断欠勤、遅刻に対しては一定の制裁金が科せられていたこと、週に一、二回点呼があり、被告人らから客に対する態度等について注意がなされていたこと、出勤中自由な外出が認められていなかつたこと等の事実が認められ、被告人らのミストルコに対する使用関係が指導、監督につき相当強力な措置を含むものであつたとみられる場合(原判文参照)には、被告人らに前記条項第九号にいう児童を「自己の支配下に置く行為」があつたものと認めるのが相当である。
三 満一八歳に満たない児童が、トルコ風呂のミストルコとして、順番又は客の指名により入浴客に個々につき、個室内において水着姿で客の身体を洗いマッサージをするなど(原判文参照)の行為は、前記条項第九号にいう「児童の心身に有害な影響を与える行為」にあたる。
参照法条児童福祉法34条1項9号,児童福祉法60条2項
裁判日:西暦1967-12-02
情報公開日2017-10-17 14:14:03
裁判所の詳細 / 戻る / PDF版
主 文
本件上告を棄却する
理 由
弁護人向江璋悦、同坂本恭一の上告趣意第一点ならびに弁護人馬屋原成男の上告趣意第三点の一について。
論旨は、憲法違反をいう点もあるが、実質は児童福祉法三四条一項九号の解釈、適用に関する原判決の誤りを主張するものであつて、単なる法令違反の主張に帰し、適法な上告理由にあたらない(なお、本件各雇傭契約は、いずれも各児童の親権者の同意を得ていないものである以上、児童福祉法の右条項にいう正当な雇用関係に基くものではないとした原判決の判断は相当である。)。 向江、坂本両弁護人の上告趣意第二点ならびに馬屋原弁護人の上告趣意第一点の一について。
論旨は、判例違反をいうが、所論引用の各判例はいずれも事案を異にし本件に適切ではないから、前提を欠き、適法な上告理由にあたらない。
向江、坂本両弁護人の上告趣意第三点の一ならびに馬屋原弁護人の上告趣意第三点の二について。
論旨は、事実誤認、単なる法令違反の主張であつて、適法な上告理由にあたらない(なお、原判決認定の事実関係のもとにおいて、被告人らに、児童であるミストルコらを自己の支配下に置く行為があつたものと認めた原判決の判断は相当である。)。 向江、坂本両弁護人の上告趣意第三点の二について。
論旨中違憲の主張は原審で主張判断を経ず適法な上告理由とならない(当裁判所昭和三九年一一月一八日大法廷決定、刑事判例集一八巻九号五九七頁参照)。論旨のその余の部分は、事実誤認、単なる法令違反の主張であり、適法な上告理由とならない。 向江、坂本両弁護人の上告趣意第三点の三について。
論旨は、事実誤認の主張であつて、適法な上告理由にあたらない。 馬屋原弁護人の上告趣意第一点の二について。
論旨の(一)は、第一審判決における量刑の情状に関する判示をとらえ、その判例違反をいうものであり、右は原審で主張判断を経ていないものであるから、適法な上告理由にあたらない。論旨の(二)は、判例違反をいうが、実質は、原判決における量刑の情状に関する判示が証拠に基づかないものであるというのであつて、事実誤認、単なる法令違反の主張に帰し、適法な上告理由にあたらない。論旨の(三)は、判例違反をいうが、記録によれば、原審弁護人は、所論の就業規則を、情状証拠としてではなく、本件児童福祉法違反の事実を争う証拠として提出しているものであることが明らかであるから、論旨は前提を欠き適法な上告理由にあたらない。
馬屋原弁護人の上告趣意第二点について。
論旨の一は、憲法違反をいうが、その内容は既に同弁護人の上告趣意第一点において各判例違反として主張されたものと同一であり前示判断の如く、右各判例違反の主張は、あるいは論旨の前提を欠きあるいは実質において事実誤認、法令違反の主張に帰するなど、いずれも適法な判例違反の主張となり得ないものであり、憲法違反の主張としても適法な上告理由たり得ない。次に論旨の二は、憲法違反をいうが、その内容は、原判決の量刑の情状に関する判示文言の一部をとらえ、独自の見解によりその不当をいうものであつて、適法な上告理由にあたらない。また論旨の三は、憲法違反をいうが、その実質は、原審が弁護人の再開申請を容れなかつたことの不当をいうものであり、単なる法令違反の主張に帰し、適法な上告理由とならない。
馬屋原弁護人の上告趣意第三点の三について。 論旨は、単なる法令違反の主張であつて、適法な上告理由にあたらない(なお、原審認定の本件ミストルコらの行為を精神面、情操面の発育未成熟な児童の心身に有害な影響を与える行為とした原判決の判断に違法はない。)。
馬屋原弁護人の上告趣意第四点および第五点について。
論旨は、事実誤認、単なる法令違反、量刑不当の主張であつて、適法な上告理由とならない。
また、記録を検討しても、刑訴法四一一条を適用すべきものとは認められない。 よつて、同四一四条、三八六条一項三号により、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり決定する。
昭和四二年一二月二日
最高裁判所第二小法廷
裁判長裁判官 奥 野 健 一 裁判官 草 鹿 浅 之 介 裁判官 城 戸 芳 彦 裁判官 石 田 和 外 裁判官 色 川 幸 太 郎
トップに戻る

saiban.in