判例検索β > 昭和61年(あ)第1140号
公衆浴場法違反
事件番号昭和61(あ)1140
事件名公衆浴場法違反
裁判年月日平成元年1月20日
法廷名最高裁判所第二小法廷
裁判種別判決
結果棄却
判例集等巻・号・頁刑集 第43巻1号1頁
原審裁判所名大阪高等裁判所
原審裁判年月日昭和61年8月28日
判示事項公衆浴場法二条二項、大阪府公衆浴場法施行条例二条の各規定と憲法二二条一項
裁判要旨公衆浴場法二条二項及び大阪府公衆浴場法施行条例二条の各規定は、憲法二二条一項に違反しない。
参照法条憲法22条1項,公衆浴場法2条2項,大阪府公衆浴場法施行条例2条
裁判日:西暦1989-01-20
情報公開日2017-10-17 13:59:04
裁判所の詳細 / 戻る / PDF版
主 文
本件各上告を棄却する
理 由
弁護人林弘ほか二名の上告趣意は、公衆浴場法二条二項による公衆浴場の適正配置規制及び同条三項に基づく大阪府公衆浴場法施行条例二条の距離制限は憲法二二条一項に違反し無効であると主張するが、その理由のないことは、当裁判所大法廷判例(昭和二八年(あ)第四七八二号同三〇年一月二六日判決・刑集九巻一号八九頁)に徴し明らかである。
すなわち、公衆浴場法に公衆浴場の適正配置規制の規定が追加されたのは昭和二五年法律第一八七号の同法改正法によるのであるが、公衆浴場が住民の日常生活において欠くことのできない公共的施設であり、これに依存している住民の需要に応えるため、その維持、確保を図る必要のあることは、立法当時も今日も変わりはない。むしろ、公衆浴場の経営が困難な状況にある今日においては、一層その重要性が増している。そうすると、公衆浴場業者が経営の困難から廃業や転業をすることを防止し、健全で安定した経営を行えるように種々の立法上の手段をとり、国民の保健福祉を維持することは、まさに公共の福祉に適合するところであり、右の適正配置規制及び距離制限も、その手段として十分の必要性と合理性を有していると認められる。もともと、このような積極的、社会経済政策的な規制目的に出た立法については、立法府のとつた手段がその裁量権を逸脱し、著しく不合理であることの明白な場合に限り、これを違憲とすべきであるところ(最高裁昭和四五年(あ)第二三号同四七年一一月二二日大法廷判決・刑集二六巻九号五八六頁参照)、右の適正配置規制及び距離制限がその場合に当たらないことは、多言を要しない。 よつて、刑訴法四〇八条により、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり判決する。 平成元年一月二〇日
最高裁判所第二小法廷
裁判長裁判官 藤 島 昭 裁判官 牧 圭 次 裁判官 島 谷 六 郎 裁判官 香 川 保 一 裁判官 奥 野 久 之
トップに戻る

saiban.in