判例検索β > 平成18年(許)第45号
競公売に伴う賃借権譲受許可並びに建物及び土地賃借権譲受申立て却下決定に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件
事件番号平成18(許)45
事件名競公売に伴う賃借権譲受許可並びに建物及び土地賃借権譲受申立て却下決定に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件
裁判年月日平成19年12月4日
法廷名最高裁判所第三小法廷
裁判種別決定
結果棄却
判例集等巻・号・頁民集 第61巻9号3245頁
原審裁判所名東京高等裁判所
原審事件番号平成18(ラ)1052
原審裁判年月日平成18年9月12日
判示事項賃借権の目的である土地と他の土地とにまたがって建築されている建物について,借地権設定者が,借地借家法20条2項,19条3項に基づき,自ら当該建物及び賃借権の譲渡を受ける旨の申立てをすることの許否
裁判要旨賃借権の目的である土地と他の土地とにまたがって建築されている建物を競売により取得した第三者が,借地借家法20条1項に基づき,賃借権の譲渡の承諾に代わる許可を求める旨の申立てをした場合において,借地権設定者が,同条2項,同法19条3項に基づき,自ら当該建物及び賃借権の譲渡を受ける旨の申立てをすることは許されない。
参照法条借地借家法19条3項,借地借家法20条1項,2項
裁判日:西暦2007-12-04
情報公開日2017-10-18 06:35:34
裁判所の詳細 / 戻る / PDF版
主文
本件抗告を棄却する
抗告費用は抗告人の負担とする。
理由
抗告代理人鹿内徳行,同鹿児嶋康雄,同菅野智巳の抗告理由について賃借権の目的である土地と他の土地とにまたがって建築されている建物を競売により取得した第三者が,借地借家法20条1項に基づき,賃借権の譲渡の承諾に代わる許可を求める旨の申立てをした場合において,借地権設定者が,同条2項,同法19条3項に基づき,自ら当該建物及び賃借権の譲渡を受ける旨の申立てをすることは許されないものと解するのが相当である。なぜなら,裁判所は,法律上,賃借権及びその目的である土地上の建物を借地権設定者へ譲渡することを命ずる権限を付与されているが(同法20条2項,19条3項),賃借権の目的外の土地上の建物部分やその敷地の利用権を譲渡することを命ずる権限など,それ以外の権限は付与されていないので,借地権設定者の上記申立ては,裁判所に権限のない事項を命ずることを求めるものといわざるを得ないからである。
抗告人は,抗告人の設定した賃借権の目的である土地とこれに隣接するAの所有する土地とにまたがって建築されている建物及び上記賃借権の譲渡を受ける旨の申立てをするとともに,上記Aの所有する土地に設定された賃借権の譲渡を受ける旨の申立てをするものであるから,その申立てが不適法であることは明らかであり,これを却下すべきものとした原審の判断は,結論において是認することができる。論旨は採用することができない。
よって,裁判官全員一致の意見で,主文のとおり決定する。(裁判長裁判官田原睦夫

堀籠幸男

裁判官

裁判官

藤田宙靖

近藤崇晴)
裁判官

那須弘平

裁判官

トップに戻る

saiban.in