裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:63043 
刑事22190民事40853
罪名
詐欺
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
詐欺の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
詐欺を犯した場合、 4.3%の確率で無罪、
95.7%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
108
18
5
90
72
29
9
108 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
懲役2年6月,執行猶予
現金をだまし取った詐欺3件,大麻を所持した大麻取締法違反の事案である。...詐欺については,被告人自身が持続化給付金不正受給者となり,また,被告人と
懲役5年,執行猶予
被告人両名は,平成29年8月21日付けで詐欺罪で起訴され(以下,この...事件を「サステナブル補助金事件」という。),同年9月11日付けで詐欺罪及び...詐欺未遂罪で起訴された(以下,同起訴に係る公訴事実第1の各事件を「経常費補
懲役3年,執行猶予
うことか遊ぶ金欲しさに本件詐欺等を発案し,被告人Bを犯行に引き入れた上,本...うなどと考えて安易に犯行に加担し,遺失者役として詐欺行為を担ったのみなら
懲役3年
いてはP,判示第4についてはS,判示第5についてはUに対する各詐欺の...ーム代金名目で現金をだまし取ったという詐欺の事案である。
懲役2年6月
155条1項に,各詐欺の点はいずれも同法246条1項にそれぞれ該当するが,...判示第1及び判示第2の各有印公文書偽造とその各行使と各詐欺との間にはいずれ...の払戻しを受け,多額の現金を詐取したという有印公文書偽造,同行使及び詐欺の
懲役2年6月
被告人両名に対する詐欺被告事件...円を同社東北支店名義の口座に振込入金させたという詐欺の事案である。...だことが認められる。詐欺が財産犯であることに鑑み,利欲性の高さに着目すると,
懲役3年
詐欺被 告事件...た(原判示2)と される詐欺の事案 である。本件控訴 の趣意は,...とに対しては,概 ね次のとおり判示 して,詐欺に当た るとした。
懲役3年
詐欺未遂被告事件...)と詐欺の共謀を遂...から詐欺の故意も認められるというもの,第2に,事前共謀が認められないとして
懲役3年
という。 に対し委託した降灰収集運搬業務の受託代金に関する詐欺事件で...詐欺の故意はなく,...,②詐欺の故意及び共謀の有無,③都
懲役2年6月
詐欺未遂被告事件...捕されたため,詐欺の目的を遂げなかったものである。...【詐欺未遂罪が成立することについての補足説明】
懲役3年
虚偽有印公文書作成,虚偽有印公文書行使,詐欺被告事...ら,いずれも被告人において返還すべき支出であったとはいえず,詐欺罪は成...詐欺の点
懲役2年6月
平成27年3月27日付け起訴状記載の詐欺未遂の公訴事実は,...当裁判所は,判示詐欺の事実(以下では「B事件」という。)について被告人を...前記公訴事実記載の詐欺未遂の事実
判示要旨:バイク便を営む被告人が氏名不詳者らと共謀の上、氏名不詳者らが電話でうそを告げて現金を送付させようとしたが、電話相手が警察に相談したためその目的を遂げなかったとして詐欺未遂に問われた事案において、検察官の主張する当該犯行以前の氏名不詳者らとの包括的な詐欺の共謀の成立は認められないとした上、警察の騙された振り作戦によって現金入りにみせかけた荷物が発送された後、被告人が当該荷物受け取りの依頼を受けたことなどにより、氏名不詳者らの前記詐欺について共謀を遂げたことになるものでもないとして、詐欺未遂罪の成立が否定された事例
懲役3年
詐欺被告事件...同社への2億円の 融資を決定させた ,というものであ り,本件融資詐欺 の訴...融資詐欺における 欺罔行為の趣旨や 被告人らの意図, その実効性を明ら かに
懲役1年6月
情報を与えたとはいえない旨主張して,電子計算機使用詐欺罪の成立を争っている。
判示要旨:運送会社の連結車両の運転手が、ETCシステムにおいて、高速道路流入時の接地車軸数によって料金車種区分が認識され、料金が決定されることを利用して、高速道路の流入料金所直前で被けん引車の車軸を一時的に上昇させて車軸数計測器の上を通過し、料金車種区分上の「大型車」であると計測させた上、同車軸が降下した「特大車」の状態で高速道路を通行し、流出料金所で同計測結果を車載器から送信させて、通行料金の差額を同運送会社に得させた行為について、ETCシステムの事務処理に使用される電子計算機に虚偽の情報を与えたものと認めて、電子計算機使用詐欺罪の成立を肯定した事案
懲役2年
平成24年第524号,第614号,第707号 詐欺被告事件...平成24年7月20日起訴に係る詐欺の点については,...り,詐欺の故意や正犯意思がない(Aとの共謀が成立しないとの趣旨を含む主張と考えら
懲役1年6月
為(詐欺罪の実行行為である人を欺く行為)といえないし,②被告人には詐欺の...用したという詐欺等の事件で神戸市内のB組総本部を捜索した際,同総本部内...したがって,本件署名行為は詐欺罪の欺罔行為に当たる。
懲役3年
め,ついに本件のようなその場しのぎの,あからさまな詐欺の犯行に及ぶに至...改めて考えてみれば,本件の詐欺は,著作権という権利の性質や被告人が著...かである。しかし,そのような面があったにしても,被告人の今回の詐欺で使
判示要旨:著名な音楽プロデューサーである被告人が、共犯者らと共謀の上、資産家の被害者に対し、自己の音楽作品の大半の著作権が音楽出版社等に譲渡等されていた事実を隠し、未だに全著作権を自ら所有しているかのように装って、これを買い取るように持ちかけ、譲渡代金の一部として5億円を騙し取ったという高額の詐欺の事案につき、被害弁償が全額なされ、極めて多額の慰謝料も支払われていることや被告人の反省状況・更生環境等を考慮して、懲役3年・執行猶予5年の判決が言い渡された事例
懲役1年6月
に,以下に説示するとおり,被告人については詐欺罪が成立するから,被告人を無...しかし,C1は,本件詐欺の被疑者として検察官の取調べを受けた際,E...C1は,上記2 (1)の別件での証人尋問において,詐欺の被疑者として取
判示要旨:市の職員である被告人が、共犯者と共謀の上、公共工事において、購入した真砂土を工事資材として使用し、請負代金を増額することを内容とする請負契約変更契約を締結させながら、実際には、無償で入手した真砂土を用いて工事が行われたにもかかわらず、製砂業者から購入した真砂土を搬入した旨の内容虚偽の出荷証明書を提出するなどして、市から請負業者に対し、上記変更契約に基づく請負代金を交付させたという詐欺被告事件について、原判決が、被告人の行為は欺罔行為に該当しないとして無罪を言い渡したところ、上記変更契約においては、購入した真砂土を使用することが契約内容となっていたから、詐欺罪が成立するとして、原判決を破棄して有罪とした事例
懲役2年
詐欺被告事件...両弁護人は,詐欺罪の成立自体は争わないものの,被告人Aらは本件居宅を住居
懲役6年
ことを繰り返すなどしており,いわば詐欺グループの一員といえ,X,Hとの強...さらに,Zも,詐欺グループの一員でこそないものの,同人が公判廷で述べる...本件は,自ら詐欺グループを創設したXが,約3年半にわたり,共犯者A
判示要旨:被告人らが共謀の上、深夜、山中の駐車場において、被害者に対して暴行を加えてその犯行を抑圧し、自動車や財布を強奪し、その際、被害者に全治約10日間の傷害を負わせたとの公訴事実につき、強盗の共謀及び上記財物に対する不法領得の意思の有無が争われたが、犯行前後の状況及び犯行態様等から、これらの存在が強く推認されるとした上で、これらの推認を覆す事情がないとし、強盗致傷の共謀及び不法領得の意思のいずれも認定した事例(その他、投資名下の詐欺の事案もあり。)。
懲役5年
て詐欺を幇助した。...同日,Cは,戊辰リサイクル事件について,詐欺等を概括的に認める旨...その詐欺に関する部分は認めなさい。 と言われ
執行猶予
本件公訴事実1ないし3及び5ないし7(詐欺)について...でなかったとしても,詐欺罪における不法領得の意思が認められると言う...いて,詐欺罪が成立することは明らかである。
懲役1年
し,合計1433万5522円を振込入金させたという保険金詐欺の
判示要旨:1 包括一罪を構成する一連の行為の中間に別罪の確定裁判が介在した場合と刑法45条後段の適用 2 包括一罪を構成する一連の行為が執行猶予付き懲役刑を言い渡した確定裁判の前後にまたがって行われた場合と刑法25条の適用
懲役2年8月
もって,団体の活動として,詐欺の罪に当たる行為を実行するための組織により,...罔行為を行ったことを理由に詐欺罪が成立することは争っていないものの,生活...から,被告人らが路上生活者の名義を用いてその申請を行ったとして詐欺の事実
判示要旨:路上生活者の生活保護費名目で金員を詐取するために3〜4名からなる集団を構成していた被告人らが、その集団の活動として、大阪市及び東大阪市の各社会福祉事務所から、7名の路上生活者の生活保護費名目で合計約494万円を詐取した組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律違反の事案において、3名に実刑、1名に執行猶予の判決が言い渡された事例
懲役3年
はCには錯誤がないから詐欺罪は成立せず,被告人は無罪である旨主張するの...以上検討してきたところから,被告人に詐欺罪が成立することは明らかであ...取したという詐欺2件の事案である。
懲役3年
(詐欺未遂罪の成否について)...の詐欺未遂罪が成立すると主張する。...して,詐欺未遂罪は成立しないと主張する。
判示要旨:漁業を営んでいた被告人が、息子所有の漁船に放火して、息子を被保険者とする保険契約に基づき保険金を詐取しようと企て、上記漁船に放火した上、息子に損害原因を「火災」とする内容虚偽の請求をさせたが、保険組合が支払いを留保したため、詐欺については未遂にとどまった事案について、保険契約者である息子と被告人は経済的に一体のものと認められることから、被告人が情を知らない息子を利用して保険金請求させる行為は詐欺罪における欺罔行為にあたり、息子の行為に対する支配性も認められるとして詐欺未遂罪の成立を認めた事例
懲役3年
詐取した詐欺(判示第2),(3)弁護士等の関与を偽装するため弁護士及び行政...ように誤信させた詐欺の犯行も,上記の広告を見て依頼してきた被害者から,弁護...わないことを誓っていること,詐欺の被害者に被害金全額を返還して被害回復をし
懲役3年
判示要旨:被告人が犯行グループの実行行為役として偽造された免許証などを行使し、契約書を偽造して消費者金融会社4社からキャッシュカードを騙し取り、同カードを使用して現金を窃取した事案
懲役2年6月
被告人両名の控訴趣意中,詐欺に関する事実誤認及び法令適用の誤りについて...に財産上不法の利益を得させたという2項詐欺の事実を認定したが,被告人両名...には2項詐欺の故意,すなわち2項詐欺の成立に必要な欺罔行為についての認識
懲役1年6月
平成17年5月18日宣告 詐欺,補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法
懲役12年
殺人,死体遺棄,有印私文書偽造,同行使,詐欺被告事件...詐欺の点        刑法246条1項...文書の偽造とその行使と詐欺との間には順次手段
懲役2年
平成16年2月12日宣告 東京地方裁判所平成15年刑(わ)第2860号詐欺被...りの間に衆議院から合計1874万円余もの公金を詐取したという詐欺の事案であ...目される立場にあったのに,両名が共謀して,本件のような悪質な詐欺事件を敢行
懲役2年4月
項,159条1項に,詐欺未遂の点は同法60条,250条,246条1項に,第...罪名に触れる場合であり,有印公文書の各偽造とその各行使と詐欺未遂との間及び...有印私文書の各偽造とその各行使と詐欺未遂との間にはそれぞれ順次手段結果の関
懲役2年
う不正競争防止法違反,詐欺の各事案と,被告会社Aの札幌出張所長であった被告人... さらに,犯行の結果を見ると,判示第1の2の詐欺の各犯行については,その被害金
懲役2年
 1 判示第3の公訴事実には,被告人及びFの両名の詐欺の内容として「台北市...   判示第1の事実について弁護人は詐欺の事実自体は争わず被告人も当公判廷...において冒頭手続では事実を認めているが,旅程表提出の際の詐欺の意思につい
懲役3年
平成14年(わ)第1669号,第1732号 各詐欺被告事件...回避するためという動機が詐欺行為を正当化する理由になるわけも
懲役3年
    平成14年(わ)第223号,第235号詐欺被告事件...知りながらこれを制止しなかったというのみで,直ちに被告人Aに共謀共同正犯による詐欺罪が成...詐欺罪が成立する。
懲役3年
り,実被害を受けていないなどとして,詐欺罪は成立せず被告人は無罪である旨主...債務を履行していないとしても,詐欺罪の成立には何ら影響がないというべきであ...点はいずれも同法158条1項(155条1項)に,各詐欺の点は包括して同法2
懲役2年
代金の一部1億9562万7390円を詐取したという詐欺の事案である。
懲役3年
神戸地方裁判所 平成14年11月20日判決 平成13年わ第1219号 詐欺...として,詐欺の犯意ないしAとの共謀を否定する。また,弁護人も,第1回公判期...に虚偽を述べたとすれば,詐欺が成立すると解されるが,当裁判所は,被告人はそ
懲役2年
金口座に同額を振込入金させ,もって,人を欺いて財物を交付させたという詐欺の事案
懲役1年6月
書偽造,同行使,詐欺被告事件(認定罪名 詐欺)...行使するまでの間に,被告人がAとの間で有印公文書偽造,同行使及び詐欺の共謀...罪の証明がないが,関係証拠によれば,判示の限度で詐欺罪の共同正犯の成立が認
懲役2年
平成13年刑(わ)第2917号 詐欺被告事件
懲役1年6月
助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律違反,詐欺被告事件...1 弁護人は,被告人は本件各補助金の不正受給及び各詐欺の計画や実行に関与し...各補助金の不正受給及び各詐欺の計画や実行など事件の重要部分に関係した者らが
懲役4年
の各事実につき詐欺罪の成立を認め,これらををいずれも有罪としたが,被告人A...背任罪の成立を,第4の1及び2の各抵当証券販売事実につき詐欺罪の成立を認...罪である,原判示第4の1及び2の各抵当証券販売事実について詐欺の犯意及び故
108 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in