裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62602 
刑事22116民事40486
罪名
建造物侵入
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
建造物侵入の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
建造物侵入を犯した場合、 4.0%の確率で無罪、
96.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役1-3年」に処する。
15
4
1
17
16
13
2
15 件中 1/1 ぺージ
無罪
 被告人の判示所為のうち器物損壊の点は刑法261条に,建造物侵入の点は同法
懲役1年
建造物侵入の点 刑法60条,130条前段
懲役2年6月
間にわたり同種の建造物侵入,窃盗の犯行に見張りとして加担していた。本件当日... 被告人の判示第1の1,2及び判示第2の1,2の各行為のうち,建造物侵入の...の3の行為のうち建造物侵入の点は同法60条,130条前段に,窃盗未遂の点は
懲役2年
金庫1個(時価約2万円相当)をそれぞれ窃取した,という建造物侵入・窃盗2件からな
執行猶予
 被告人の判示所為のうち,建造物侵入の点は刑法130条前段に,窃盗の点は同...法235条にそれぞれ該当するが,この建造物侵入と窃盗との間には手段結果の関
無罪
平成一〇年刑(わ)第二六三一号、平成一二年特(わ)第五六六号 建造物侵入、電波...第二 建造物侵入事件について(判示第二の事実)...一 弁護人は、判示第二の建造物侵入の事実につき、被告人は、いわゆる神戸児童
破棄
というものであつて、第一の事実につき建造物侵入罪、第二の(一)及び(三)の... 第一審判決は、右公訴事実第一の建造物侵入の事実については、ほぼ公訴事実に...沿う事実を認定して被告人D、同I、同Bにつき建造物侵入罪の成立を認め、第二
判示要旨:一、地方教育行政の組織及び運営に関する法律五四条二項と昭和三六年度全国中学校一せい学力調査の手続上の適法性 二、憲法と子どもに対する教育内容の決定権能の帰属 三、教育行政機関の法令に基づく教育の内容及び方法の規制と教育基本法一〇条 四、昭和三六年当時の中学校学習指導要領(昭和三三年文部省告示第八一号)の効力 五、昭和三六年度全国中学校一せい学力調査と教育基本法一〇条 六、教育の地方自治と昭和三六年度全国中学校一せい学力調査の適法性
破棄
と判示し、本件兇器準備集合罪を含む建造物侵入、放火等の各犯罪の実行につい...くその余の公務執行妨害、傷害、放火未遂、建造物侵入未遂、放火予備の各罪につ...ほか数名と共謀のうえ、一、の公務執行妨害、傷害、放火未遂、建造物侵入未遂な
判示要旨:兇器準備集合罪と共謀共同正犯の成否
破棄
判示要旨:一、 いわゆる東大事件に対するグループ別審理方式の適否 二、 弁護人が控訴趣意の陳述を肯んじない場合と手続の進行
破棄
 (一) 原判決がA駅の一番ホームにおける本件デモ行進を以つて建造物侵入罪...のであることを免れず、これを以つて建造物侵入罪に該当するとした原判決には毫... 原判決が確定した事実に法律を適用すると、被告人の原判示所為中建造物侵入の
判示要旨:一、 駅のホームが刑法第一三〇条の建造物に該当する事例 二、 日本国有鉄道における駅長の助役に対する勤務時間延長の業務命令を適法とした事例
破棄
同法四七条・一〇条により、重い建造物侵入罪の刑に法定の加重をした刑期範囲内
判示要旨:一 昭和三〇年七月法律第五一号による改正前の銃砲刀剣類等所持取締令第一条にいう「刀」「ひ首」「剣」「やり」「なぎなた」の意義 二 刑法第一三〇条にいう「人の看守する建造物」にあたる一事例
無罪
 まず本件公訴事実中建造物侵入罪の成否を見ることとする。生産管理には必然的...の意に反して侵奪するものであつて、刑法上建造物侵入罪を構成するは勿論である...体のみでは未だ以つて建造物侵入罪を構成すると謂うを得ず、暴行脅迫等の不法な
判示要旨:争議行為としての生産管理の非合法性
上告を棄却
判示要旨:一 證人申請の却下と裁判所の自由裁量 二 刑訴法第四一〇條第一三號の意義 三 強盜の見張と強盜の共同正犯
15 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in