裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62602 
刑事22116民事40486
罪名
建造物侵入
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
建造物侵入の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
建造物侵入を犯した場合、 4.0%の確率で無罪、
96.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役1-3年」に処する。
15
4
1
17
16
13
2
15 件中 1/1 ぺージ
懲役6年
建造物侵入,強盗傷人被告事件...被告人の判示所為のうち,建造物侵入の点は刑法130条前段に,強盗傷人の...建造物侵入と強盗傷人との間には手段結果の関係があるので,刑法54条1項
懲役7年
第3の行為は同法60条,240条前段に,判示第4の行為のうち建造物侵入の点...するところ,判示第4の建造物侵入と窃盗との間には手段結果の関係があるので,...ち建造物侵入の点は同法60条,130条前段に,窃盗の点は同法60条,235
懲役6年
以上のとおりであって,被告人には,建造物侵入罪及び現住建造物等放火未遂
判示要旨:被害ビル内の飲食店の従業員である被告人が、同店経営者と共謀の上、同店の火災保険金を取得しようとして、同ビルに侵入し同店舗付近に火を放ったものの消火された建造物侵入、現住建造物等放火未遂被告事件で、弁護人は、被告人は共犯者と共謀しておらず無罪である旨、仮に共謀が認められるとしても放火された建物と人が現在していた建物とは別の建物であるとして非現住建造物等放火未遂が成立するにとどまる旨主張したが、いずれも排斥し、建造物侵入罪及び現住建造物等放火未遂罪の成立を認め、懲役6年を言い渡した事案。
懲役6年
判示要旨:被害ビル内で飲食店を経営する被告人が、同店従業員と共謀の上、同店の火災保険金を取得しようとして、同ビルに侵入し、同店舗付近の通路にガソリンをまいた上で火を放ったものの、スプリンクラーの放水によって消火され、同ビルの焼損には至らなかった建造物侵入、現住建造物等放火未遂被告事件において、被告人に懲役6年を言い渡した事例
懲役6年
建造物侵入幇助...建造物侵入) 建造物侵入,...【建造物侵入:平成29年6月8日付け請求書による訴因等変更後の平成2
懲役5年
建造物侵入の点...照らすと,本件は建造物侵入,窃盗事件の中でも悪質性の強い事案である。
懲役8年
上記両名に対する各建造物侵入,窃盗,傷害致死被告事件について,当裁判所は,...各建造物侵入の点...6につき,各建造物侵入と各窃盗は手段結果の関
判示要旨:被告人両名が、共謀の上、ひったくり及び複数回の侵入盗をしたほか、知人である被害者に対して、複数の薬物を多量に混入したアルコール飲料等を飲ませて死亡させた傷害致死等被告事件において、被告人両名にいずれも懲役8年を言い渡した事例
懲役6年
判示要旨:警察官が、被告人の承諾なく、その使用車両の底部にGPS端末を取り付けて、約3か月間にわたり1600回を超えて位置検索を行い、その位置情報を取得した捜査は違法であるが、弁護人が違法収集証拠として排除を求める各証拠の収集過程に重大な違法まではないなどとして、その証拠能力は否定されなかった事例
懲役6年
強盗致傷,建造物侵入,窃盗被告事...被告人の判示第1の所為のうち,建造物侵入の点は刑法130条前段に,窃盗の...40条前段にそれぞれ該当するところ,判示第1の建造物侵入と窃盗との間には手
判示要旨:ガソリンスタンドにおいて給油代金を支払わず逃走した際、被告人車両のドアハンドルをつかんでいた店員を引きずり負傷させた被告人に、暴行の故意を認めて強盗致傷罪が成立するとした事例
懲役8年
を強取し,上記暴行により傷害を負わせたという建造物侵入,強盗致傷の事案と,
懲役5年
ったという建造物侵入,非現住建造物等放火,同未遂の事案である。
判示要旨:大手ゴルフクラブ製造メーカーの社長であった被告人が、共犯者と共謀の上、自社工場に放火するなどしたとの公訴事実につき、犯行への関与を否定する旨の被告人の弁解を排斥し、共犯者の供述の信用性を肯定した上、被告人と共犯者との間の共謀を認定した事例。
懲役5年
そうであるならば,被告人の原判示第3及び第4に係る建造物侵入行為を
判示要旨:盗犯等の防止及び処分に関する法律2条3号の定める「門戸牆壁等ヲ踰越損壊シ」に該当するとされた事例
懲役6年
建造物侵入の点は刑法60条,130条前段に,窃盗の点は刑法60条,235条...にそれぞれ該当するところ,これらの建造物侵入と窃盗との間にはいずれも手段結...の建造物侵入,窃盗2件(判示第3及び第4)からなる事案である。
懲役10年
取締法違反,建造物侵入,強盗致傷被告事件...被告人の判示第1の所為のうち,建造物侵入の点は刑法130条前段に,強盗致...判示第1の建造物侵入と強盗致傷との間には手段結果の関係があるので,刑法5
15 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in