裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62962 
刑事22175民事40787
罪名
殺人
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
殺人の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
殺人を犯した場合、 2.3%の確率で無罪、
97.7%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役10年超」に処する。
74
23
4
111
130
150
171
56
130 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
懲役3年,執行猶予
とする前科のない殺人1件の事案の中では,軽い部類に位置付けられる。
懲役3年,執行猶予
れないが,殺人未遂罪における殺意は認められるのであるから,判示第1のとお...判示第1の殺人未遂罪について刑法43条本...示第1の殺人未遂の用に供した物であり,主
判示要旨:被告人が、かつて交際関係にあった被害者に対し、交際解消の理由等について説明や謝罪を求めたが、これを受けられなかったため、準備していたナイフを取り出して、被害者の上半身に向けて2度突きだしたが、いずれも被害者に止められたため、被害者に全治9日間の右上腕部切創等の傷害を負わせたにとどまった殺人未遂の事案で、争点である殺意の有無及び責任能力について、いずれも認めた上、被告人に懲役3年、執行猶予5年を言い渡した事例。
懲役3年,執行猶予
殺人被告事件...結果は重大である。もっとも,介護疲れを動機とする同種殺人事件では,人が亡...以上の事情からすると,本件は,介護疲れを動機とする同種殺人事件の中では
懲役4年
Aに対する殺人未遂について同法203条,...て,1罪として重い殺人未遂罪の刑で処断)...判示第1の殺人未遂罪について刑法43条本
判示要旨:被告人が、精神科の主治医であり男女関係にあった被害者を殺害しようと思い、牛刀等の刃物2本を購入して被害者の経営する診療所に侵入し、診察室にいた被害者の顔や頭付近に向けて右手に持った前記牛刀を振り下ろすなどしたが、全治約1か月の左頸部切創等の傷害を負わせたにとどまった殺人未遂等の事案で、争点となっていた殺意及び責任能力について、いずれも認めた上、被告人に懲役4年を言い渡した事例。
懲役4年6月
殺人未遂の用に供した物で被告人以外の者に
判示要旨:被告人が、元交際相手である被害者と被告人の長年の親友が男女関係にあることを知ったことから、被害者を殺害して自分も死のうと決意し、駐車場に駐車中の自動車内において、右手に持っていた包丁で左胸を突き刺したが、被害者に加療約1か月を要する左前胸部刺創等の傷害を負わせたにとどまった殺人未遂の事案について、中止未遂の成立を否定し、被告人に懲役4年6月を言い渡した事例
懲役3年,執行猶予
まず,本件は,親子関係に起因するものであるから,親に対する殺人未遂事案の量
懲役3年,執行猶予
判示要旨:被告人が、同居の母親である被害者への怒りから殺そうと考え、包丁で背中を突き刺したが、傷害を負わせるにとどまった殺人未遂被告事件において、犯行に被告人の精神障害の影響があったなどとして、被告人に懲役3年、執行猶予5年を言い渡した事案。
懲役5年6月
被告人は真意に基づく嘱託であると誤信したのであるから,嘱託殺人罪が成立す...ながら逮捕当初から嘱託殺人を主張していること,被害者のことを大事に思っ...供述について合理性を疑わしめるものとはいえないし,嘱託殺人自体も犯罪で
懲役3年6月
しても,本件が被害者1名に対する殺人の事案の中では比較的軽いものであり,か
懲役5年
外の事情によりAが死亡した可能性があるとして,因果関係を争い,殺人未遂罪が...以上によれば,配偶者に対する殺人という重大事案の中で,本件が執行猶予を付
懲役3年
殺人未遂被告事件...以上によれば,配偶者に対する殺人未遂(単独犯)の事案の中で,本件は重い部
判示要旨:無理心中しようと考え、妻である被害者に対し、包丁で切りつけるなどしたが、自らの意思により被害者を助けるため119番通報をしたため、傷害を負わせるにとどまったという殺人未遂事案において、中止未遂の成立を認め執行猶予に付した事案。
懲役4年
以上のとおり,本件犯行は,心中を動機とする殺人(単独犯,被害者1名,凶
判示要旨:知人への借金返済に思い悩み、脳性麻痺等の障害を有している息子との心中を決意し、息子をビニール紐で絞殺した事案。被告人は、息子の首をビニール紐で絞めたことはないとして、実行行為を否認したが、被害者の遺体の発見状況や解剖所見などから、被告人による実行行為を認定し、犯行態様の危険性が高いこと、動機に同情の余地がないとはいえない一方で、やむを得ないものともいえないことなどを考慮し、被告人を懲役4年に処した。
懲役3年
殺人未遂被告事件...保管中のつるはし1本〔略〕は判示殺人未遂の用に
判示要旨:被告人が、被害者に対し、その頭部をつるはしで殴打し、脳挫傷等の傷害を負わせた殺人未遂被告事件において、殺意を認めた上、被告人に懲役3年を言い渡した事例
懲役4年
判示要旨:子に対する殺人被告事件(自白)において、被告人に懲役4年を言い渡した事例
懲役4年
殺人被告事件
判示要旨:被告人が、重度の精神発達遅滞や自閉的傾向を有する次男(当時42歳)の頸部をロープで絞めて殺害した殺人被告事件において、被告人に懲役4年を言い渡した事例
懲役5年
本件公訴事実中殺人未遂の点については,被告人は無罪。...本件殺人未遂の公訴事実は,被告人が,判示第2記載の日時場所において,同...本件における争点は,殺人未遂罪の成否,すなわち,①被告人が本件けん銃の
判示要旨:パトカーの後部座席に乗っていた警察官に対してけん銃の銃口を向けて引き金を引いたが、弾丸が発射されずに殺害の目的を遂げなかったという殺人未遂、同じ日時場所のけん銃加重所持及びこれらに先行するけん銃発射の各公訴事実のうち、被告人がけん銃の銃口をパトカーの後部座席に向けて引き金を引いたという事実及びパトカーの後部座席の警察官に対する被告人の認識のいずれも認定することができないとして、殺人未遂の公訴事実につき無罪とした事例
懲役4年
危険なものではあるが,その行為態様が,殺人罪で想定される殺害行為...殺人罪の法定刑の下限をやや下回る懲役4年の実刑に処するのが相当で
懲役5年6月
殺人罪の犯人であると疑われている被告人にとって,被害者の承諾があっ...定的な殺意が認められ,判示のとおり,殺人罪が成立する。...化包丁1本は,判示殺人の用に供した物で犯人
判示要旨:2年近くにわたり日常的に暴言・暴力を受けてきた内縁の夫を刺殺した事案につき、弁護人による被害者の承諾及び心神耗弱の主張を退けた上、犯行に至る経緯、動機に被告人に同情の余地があることや、被告人が犯行当時罹患していた前頭側頭型認知症(FTD)の犯行への影響などを考慮し、被告人を懲役5年6月に処した事例。
懲役4年6月
殺人未遂,毒物及び劇物取締法違反...本件の争点は,殺人未遂について,①殺意の有無及び②責任能力の有無であ...入による急性中毒によって突発的に生じた殺人未遂の事案である。傷害結果は加療
懲役3年
い込んで被害者を殺害したものと認められるから,被告人には嘱託殺人...締め付けて,同人を頸部圧迫により窒息死させて殺害したという嘱託殺人...る。刑法が嘱託殺人罪として本来予定している犯罪類型は,被害者による
懲役3年
が完成しているため,直接その刑事責任を問うことはできないが,殺人の犯行後の...もっとも,被告人は,殺人,覚せい剤の使用及び所持の事実について,自首して
判示要旨:自ら出産した新生児を殺害した被告人が、その死体をタオルで包み、ポリ袋に入れるなどして自宅などに隠匿した死体遺棄の事案について、葬祭義務を果たさないまま放置した不作為による遺棄行為を起訴したものであるから、公訴時効の起算点は、警察官が死体を発見した時点であるという検察官の主張を排斥し、作為による死体遺棄罪が成立するとした上、公訴時効が完成しているとして、死体遺棄について免訴を言い渡した事例(裁判員裁判実施事件)
懲役3年6月
死体損壊,死体遺棄,殺人被告事件...くまで嘘をつきとおした結果,殺人の罪を免れたものの,これと密接に関連する死...経緯及び態様の類似する(2)及び(3)の殺人等の犯行を敢行したものである。
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(フィリピン人女性殺人等事件)
懲役3年
殺人被告事件
判示要旨:殺意の有無と、正当防衛又は誤想防衛の成否が争点となった殺人被告事件で、殺意を肯定した上で、殺害行為は、急迫不正の侵害に対して自己の権利を防衛するために行われたものではあるが、防衛行為としてやむを得ない程度を超えており、過剰防衛が成立するとした事案
懲役3年
弁護人は,判示第2の殺人未遂について,被告人は,頸部を絞め付けられて...以上のとおり,判示第2の殺人未遂について,被告人は,自己の意思により...まず,殺人未遂の点を見ると,被告人は,あらかじめ包丁を用意し,被害者を大
懲役3年
判示要旨:知人である被害者から度重なる暴力や、いわれのない金銭等の要求を受けた末、被害者との関係を断ち切ろうと考え、殺意をもって、被害者方で同人の頸部を狙い包丁で数回突き刺すなどしたが、未遂に終わった事案で、執行猶予付きの有罪判決が言い渡された事例(懲役3年、4年間執行猶予/裁判員裁判対象事件)
懲役5年6月
判示要旨:友人である被害者から嫌がらせをされたと考えて怒りを募らせ、殺意をもって、被害者方で同人の首や顔面等を出刃包丁で数回切り付けたが、未遂に終わった事案で、公訴事実については争いがないが、殺意の形成過程が争点となった事例(懲役5年6月の実刑/裁判員裁判対象事件)
懲役3年
の1)は,判示第1の殺人未遂の用に供した物で被告人以外の者に属しないから,
判示要旨:殺意が争われた事例(裁判員裁判対象事件)
懲役3年
殺人罪は人の死亡を内容とする犯罪であり,人の死亡の事実その
判示要旨:当時83歳の被告人(第1回公判前に保釈)が、当時56歳で複数の難病を抱えた長男を他人に迷惑はかけられないと1人介護していたが、煙草の本数を巡る悶着から激高して、靴下等で首を強く絞めつけて殺害した殺人被告事件について、事件の経緯、被告人の年齢、境遇などをみれば、酌むべき点があり、本件の責任を一人被告人にだけ負わせ、厳しく断罪することには躊躇を覚えざるを得ないなどとして、刑の執行を猶予する判決を言い渡した事例。
懲役3年
本(平成22年押第16号の1)は,判示殺人の用に供した物で犯人以外の者に属
判示要旨:精神疾患にり患していた息子の両親である被告人両名が、息子の暴力から身を守るために、息子の首を電気コードで強く締め付けて殺害したという事案につき、過剰防衛の成立を認めた上、本件に至った経緯について同情すべき点が多々あるなどして、被告人両名に懲役3年、5年間執行猶予を言い渡した事例
懲役5年6月
殺人未遂,銃砲刀剣類所持等取締法違反...中120日をその刑に算入することとし,押収してある柳刃包丁1本は,判示殺人...本件は,殺人未遂,銃刀法違反の事案である。
判示要旨:殺意が争われた事例(裁判員裁判対象事件)
懲役5年
殺人,強制わいせつ被告事件...示第2の殺人の用に供した物で被告人以外の者に属しないから,同法19条1項2
懲役3年
本件は,殺人未遂の事案である。
判示要旨:殺意、中止未遂及び自首が争われた事例(裁判員裁判対象事件)
懲役4年
判示要旨:被告人両名が、共謀の上、心中するつもりで、知的障害者である息子の首をビニール紐で絞め付けるなどして殺害した事案に関し、被告人両名をそれぞれ懲役4年に処した事例
懲役4年6月
遂げなかった,という殺人未遂の事案である。
判示要旨:金銭トラブルから、知人男性に対し、殺意をもって、洋出刃包丁でその左胸部等を2回突き刺すとともに、その頭部を2回切るなどして、全治約1か月間の重傷を負わせた事案に関し、懲役4年6月に処した事例
懲役3年
たという殺人未遂の事案である。
懲役3年
したが,殺害するに至らなかったという殺人未遂の事案である。
判示要旨:被告人が両親を殺害しようとした殺人未遂の事案について、犯行当時、統合失調症のため心神耗弱の状態にあったと認め(弁護人は心神喪失を主張したが排斥)、懲役3年、執行猶予5年が言い渡された事例
懲役5年6月
刑責が科せられる殺人罪を犯すことはあまりにも目的と手段の均衡が失してい...する傷害を負わせたにとどまり,殺害するに至らなかったという殺人未遂の事案...そうすると,本件殺人が未遂にとどまったこと,本件当時,被告人が知的障害
判示要旨:知的障害者である被告人が、殺意をもって、当時3歳の男児を歩道橋上から約6.4メートル下のアスファルト路面へ投げ落としたものの、同児に加療約2か月間を要する傷害を負わせたにとどまり、殺害するに至らなかったという殺人未遂の事案につき、被告人が、当時知的障害及びこれに起因する激しい心理的葛藤状態にあったとして、心神耗弱を認め、懲役5年6月を言い渡した事例
懲役4年
件殺人について過剰防衛の成立を認め,概要「被告人は,Aが文化包丁で突...衛も成立しないことは明らかであり,本件殺人について,過剰防衛の成立を...公判供述および被告人の供述の信用性判断を誤った結果,本件殺人について
判示要旨:被告人が、自分を襲ってきた男性を殺害し、同人と行動を共にしていた男性に傷害を負わせたという殺人、傷害被告事件において、殺人につき過剰防衛の成立を認めて被告人を懲役4年に処し、傷害につき正当防衛の成立を認めて被告人を無罪とした原判決について、傷害の被害者及び被告人の各供述の信用性判断を誤った結果、事実を誤認し、さらに、刑事訴訟法321条1項2号前段に基づく目撃者の検察官調書の取調請求を却下した原審の訴訟手続には法令違反があり、これら事実誤認及び訴訟手続の法令違反が判決に影響を及ぼすことは明らかであるとして、原判決を破棄し、原裁判所に差し戻した事例
懲役3年
認定できるものの,父親死亡の結果との間に因果関係が認められないから,殺人...検察官が公訴事実中で父親死亡の死因を形成した殺人実行行為として主張す...なければ,いやしくも殺人のような重大事件の捜査など担当できまい 。 。
判示要旨:軽度精神遅滞を患い長年自室で引きこもり生活を送ってきた被告人が、父親に対し、殺意をもって、?金属製の棒様の物で頭部を何度も殴る行為、?指で首元の気管切開口(咽頭癌手術により呼吸口として開いたもの)を塞ぐ行為、?包丁で側頭部を刺す行為の三つの殺害行為を行い、その結果、気管切開口閉塞により父親を窒息死させたという公訴事実につき、(1) ?の実行行為については、これに関する被告人の自白が信用できず、窒息死の原因は他にも考え得るとして、証明不十分であるとし、(2) ?の実行行為については、被告人が自己の生命に対する父親からの侵害を誤信してした防衛行為であり、これまでの父親の暴行歴から被告人においても今回の侵害はある程度予期できていたし、積極的加害意思も無かったとは言い難いものの、引きこもり状況等の具体的情況に照らせば被告人に侵害回避義務を認めることができず、侵害の急迫性も否定されないことから、誤想防衛が成立するとし、(3) ?の実行行為については、心神耗弱状態においてなされたものであるとはいえ、殺意も認められるものの、父親死亡の結果が?の実行行為のみによって生じた可能性が否定できない以上、?の実行行為が死亡結果の発生に因果的に寄与したか疑問が残るとして、結局、?の実行行為による殺人未遂罪のみが成立するにとどまると判断した事案
懲役4年
きたものであるが,殺人未遂等で懲役4年となったものを含め,粗暴犯によるもの
判示要旨:被害者5名をけん銃で射殺した等の事案につき死刑の量刑が維持された事例(入間の組長ら5人射殺事件)
懲役3年
殺人,死体遺棄被告事件につき,被告人を懲役3年に処した事案...本件は,被告人が,自己が出産した男児を殺害し,その死体を遺棄した殺人,死
懲役3年
以上の次第で,被告人のVに対する殺人未遂行為について,過剰防衛が成立...被告人の所為は,Vに対する確定的殺意による殺人未遂罪を構成するが,自己の...殺害の目的を遂げなかったという殺人未遂の事案である。
判示要旨:被告人が、隣に居住する被害者とトラブルになり、所携の果物ナイフで同人を多数回突き刺したが、殺害目的を遂げなかったという殺人未遂被告事件において、殺意及び被告人の捜査段階における供述の任意性が争われ、検察官による取調べ状況を一部撮影したDVDを取り調べた結果、検察官は、被告人が理解力の低い状態にあることなどを利用して、殺意を認めるかのような供述内容を押しつけた疑いがあるとして捜査段階における供述の任意性を否定(同決定例参考添付)したものの、その余の証拠から、被告人の確定的な殺意が認められるとして、殺人未遂罪の成立が認められた事例。
懲役3年
判示要旨:73歳の被告人が長年にわたり自堕落な生活や家庭内暴力を続けてきた32歳の長男を絞殺したという事犯において、被告人夫婦は自分たちで考え得る諸々の手段を尽くして長男の更正に懸命の努力を続けてきたこと、犯行の直接の契機となった長男の無反省な態度に対する憤激も長年の経緯に照らせば誠に無理からぬものであること、体力の低下を感じていた被告人が、心身共に追いつめられた妻を長男から守りきれなくなることを恐れるとともに、金を手に入れるため手段を選ばなくなった長男が更に社会に害を及ぼすことを憂慮したことも相俟って殺意を形成するに至ったことなどの諸事情を総合考慮の上、被告人に対し懲役3年・執行猶予5年(求刑−懲役6年)の判決が言い渡された事例
懲役4年
判示要旨:正当防衛の成否及び量刑について補足意見が付された事例
130 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in